ホテルモントレルフレール大阪。 ホテルモントレ ル・フレール大阪 宿泊予約【楽天トラベル】

ホテルモントレ ル・フレール大阪

ホテルモントレルフレール大阪

ホテルモントレ株式会社 Hotel Monterey Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒556-0017 湊町1丁目2-3 設立 9月 事業内容 ホテル運営 代表者 代表取締役社長 山本 啓之 資本金 1億円 純利益 16億1539万円(2019年03月31日時点) 純資産 119億0930万1000円(2019年03月31日時点) 総資産 181億0837万円(2019年03月31日時点) 従業員数 1,536名(2018年1月1日現在) 支店舗数 19 主要株主 株式会社 外部リンク ホテルモントレ( Hotel Monterey)は、 ホテルモントレ株式会社がで展開、運営するホテルチェーン。 ホテルモントレ ラ・スール大阪(2012年11月) 親会社のマルイトが保有する建物(マルイトXXビル)に入居する形態で運営されているものが多い。 主に西洋各地の伝統的建築様式をヒントに内外装をデザインしたホテルを展開している(括弧内はイメージ・モデルとした世界各国の都市や街を示す)。 一部のホテルの名称にある「ラ・スール(:la soeur)」および「エルマーナ(:hermana)」はいずれも「姉妹」、すなわち姉妹館であることを意味するが、単独で展開している地区も存在する。 北海道• :1994年6月開業()• :2000年12月開業() 東北• :2004年4月開業()• :2010年10月開業() 関東• :2000年6月開業()• :2000年6月開業(パリ)• :2006年9月開業()• :2007年4月開業(ロンドン)• :2006年3月開業() 近畿• :2007年3月開業(英国・)• :2000年5月開業(ウィーン)• :2005年9月2日開業()• :2009年7月27日開業(英国・グラスミア)• ホテルモントレ姫路:2018年3月開業(・)• ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー:2016年11月1日開業(ヨーロッパ)• ホテルモントレ ル・フレール大阪:2018年8月27日開業(日本) 九州・沖縄• ホテルモントレ長崎:1997年4月開業()• ホテルモントレ ラ・スール福岡:2003年6月開業()• ホテル モンテ エルマーナ福岡:2017年3月1日開業(フランス・)• ホテルモントレ福岡:2020年4月開業(博多) 営業を終了したホテル [ ]• ホテルモントレ グラスミアハウス:大阪市北区。 1996年4月開業、2009年3月31日閉館(英国・グラスミア) 後継ホテルとして「ホテルモントレ グラスミア大阪」が大阪市浪速区に開業。 建物は取り壊されたのち、上記の「ホテルモントレ ル・フレール大阪」が開業予定。 ホテルモントレ山王:東京都大田区。 1986年4月開業、2011年6月30日閉館() ホテルモントレの1号館だった。 建物は解体され、「ザ・山王タワー」が建設された。 ホテルモントレアマリー:兵庫県神戸市。 1992年7月開業、2015年3月31日閉館(デンマーク) 建て替えの上、上記の「ホテル モンテ エルマーナ神戸 アマリー」として再開業。 ホテルモントレ神戸:1989年10月開業、2017年12月31日閉館() 山王に次ぐ2号館として開業。 建物は解体され、隣接地にが2019年秋に開業予定。 関連項目 [ ]• - ルーツを同じくする企業 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ].

次の

ホテルモントレ ル・フレール大阪の口コミ・評判

ホテルモントレルフレール大阪

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

ホテルモントレ ル・フレール大阪 宿泊プラン一覧【楽天トラベル】

ホテルモントレルフレール大阪

クラス:ビジネス・観光向けホテル 口コミ評価:4. 0 ホテルモントレ ル・フレール大阪の客室の中の様子や備品は?アメニティグッズの種類や朝食メニューの内容などが口コミ通りなのか、宿泊記を交えて詳しく紹介します。 JR大阪駅より徒歩5分~10分の好アクセスな立地にある、2018年開業の新しいホテル。 館内に宿泊者専用のサウナ付き温浴施設「トリニテ」があり、観光やビジネスにおすすめのホテルモントレ ル・フレール大阪。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は、JR「大阪」駅、大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅から近く、大阪観光やビジネスの拠点として便利な立地にあるホテルです。 関西のみならず、関東・北海道・東北・九州・沖縄に展開をするホテルモントレブランドのホテルのひとつとして、2018年8月27日に新規開業しました。 客室数は345室で、客室の種類はダブルルーム、クイーンルーム、ツインルーム、コーナーツインルームの4タイプ。 いずれも日本の伝統的な「文様」と「あかり」をテーマにした落ち着きのある上質な和イメージのお部屋です。 また、館内にサウナ付き温浴施設「トリニテ」があるのも評判の高さの理由でしょう。 今回はホテルモントレ ル・フレール大阪に泊まってきたので、お部屋や朝食・アメニティなど、予約サイトの口コミや評価に書かれていることが本当なのか感想を交えてご紹介します。 Contents Menu• ホテルモントレ ル・フレール大阪は、JR「大阪駅」、阪急電鉄や大阪メトロ「梅田駅」からのアクセスも便利な立地。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は大阪市北区曽根崎新地にあり、公式サイトにはJR「大阪」駅から徒歩約5分、大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅から徒歩約5分と書かれています。 しかし、実際にJR大阪駅の改札口から歩いて行ったところ、10分ちょっとかかりました。 地下道などで最短のルートを利用すれば10分以内で着くのかもしれませんが、よほど大阪駅・梅田駅周辺の地理に明るい人でないと難しいのではないでしょうか。 通常は大阪駅・梅田駅からのアクセスは10分程度を見ておいた方がよさそうです。 なお、ホテルモントレ ル・フレール大阪の最寄り駅は、JR東西線「北新地」駅となります。 曽根崎通りに面して「ホテルモントレ ル・フレール大阪」のロゴが掲げられているので、すぐに見つけることができるでしょう。 エントランスは曽根崎通側ではなく、建物の横側にあります。 車の場合は、ホテルの立体駐車場(33台収容)を1泊2,000円で利用可能です。 駐車場は先着順となっており、予約は受け付けていません。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のフロントロビーは2階。 基本のチェックインは15時、チェックアウトは11時です。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のフロントロビーは2階にあるので、エントランスから入ったら正面のエレベーターで2階に上がりましょう。 フロントカウンターは、和の文様をデザインしたスタイリッシュな雰囲気です。 フロントクラークは2~3名ほどで対応しており、外国人ゲストが多いため、その対応に少し時間がかかっていましたが、チェックイン・チェックアウトの対応はスムーズでした。 なお、ホテルモントレ ル・フレール大阪ではチェックイン時に宿泊料の支払いをすることになっています(事前のクレジットカード決済の場合を除く)。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の基本チェックインは15時、チェックアウトは11時となっています。 チェックイン前やチェックアウト後に荷物を預かってもらうこともでき、多くの観光客がキャリーバッグ等を預かってもらっているようでした。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の客室タイプは、ダブルルーム、クイーンルーム、ツインルーム、コーナーツインルームの4タイプ。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は17階建てのホテルで、客室は3階~17階にあります。 客室は全345室で、客室の種類はダブルルーム、クイーンルーム、ツインルーム、コーナーツインルームの4タイプ(全室禁煙)です。 各客室の広さは以下の通り。 ダブルルーム…19㎡、ベッド幅160cm• クイーンルーム …21㎡、ベッド幅180cm• ホテルモントレ ル・フレール大阪のルームキーはカードタイプで、それが客室フロアキーを兼ねています。 つまり、宿泊者以外は客室フロアに入ることができません。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は繁華街に近い立地ではありますが、女性の一人旅や出張でも安心して泊まれそうです。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の全客室にシモンズ社製ポケットコイルマットレスのベッドがあります。 モダンで洗練された雰囲気のお部屋は、新しくてきれいです。 今回はホテルモントレ ル・フレール大阪の最上階(17階)のクイーンルームに泊まってきたので、お部屋の様子と備品を詳しく紹介します。 ベージュとブラウンを基調にした、モダンで洗練された雰囲気のクイーンルームは、客室面積が21㎡とダブルルームより少し広く、ベッドも大きめです。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のベッドはシモンズ社製のポケットコイルマットレスを採用しており、ゆったりと心地よく眠れます。 枕はふんわりタイプともっちりタイプの2種類があり、さらにボスルタークッション(円筒形の背当て・抱き枕)もありました。 ベッドの上にはグンゼと共同開発したというオリジナルパジャマ(セパレートタイプ)。 綿100%の肌触りのよいパジャマです。 ホテルモントレ ル・フレール大阪にはベッドの横、窓際に丸テーブルとイスがあります。 簡単な飲食はここでできるでしょう。 また、加湿機能付空気清浄機(プラズマクラスター搭載)はホテルの全客室に標準装備されているとのこと。 冬場、乾燥しがちな就寝中も加湿ができるのが良いですね。 ベッドの足元方向の壁には壁掛けの薄型テレビがあります。 ホテルモントレ ル・フレール大阪では全客室でインターネット接続(有線LAN・Wi-Fi)ができ、詳細はこのテレビ画面で確認できました。 その右側には鏡台を兼ねたデスクがあります。 電源もデスクの前面と鏡の下に2箇所あり、パソコンを広げての作業もしやすいでしょう。 デスクの隅には電話機のほか、無料スマホ「handy」も。 今回は使わなかったのですが、このホテルは外国人ゲストが多いので、周辺の観光情報を調べるのに重宝しそうです。 デスクの横(部屋の隅)には電気ポット、アイスペール、カップ、グラス、ティーバッグとインスタントコーヒーのセットがあります。 その下の扉の中には冷蔵庫(空)が入っていました。 ホテル内に自動販売機はないため、飲み物などはホテルモントレ ル・フレール大阪の1階にあるコンビニエンスストアで買ってくると良いでしょう。 そして、反対側の隅(窓に近いコーナー)にはスリムなクローゼットがあります。 中には木製ハンガーが数本、消臭スプレー、ブラシ、靴磨き、靴べら、セーフティボックス。 しかし、「客室に入って上着を脱ぐ」「外に出るときに靴べらを使って靴を履く」シーンはたいてい客室ドア近くで行われるため、ドアから最も遠い窓際コーナーにクローゼットがあるのは少し導線が悪いと言わざるを得ません。 設計上そうせざるを得なかったのかもしれませんが、ドアの内側で靴を履こうとして、靴べらを取りに部屋の隅まで戻るというのは、ちょっとなぁと思いました。 この客室は建物の角に位置していたため、もしかしたら他の客室は違うのかもしれませんが……。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の高層階のお部屋からは大阪キタの高層ビル群が見え、きれいな夜景も楽しめます。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は大阪駅・梅田駅近くにあるため、高層階のお部屋からは高層ビル群の見える景色を楽しめます。 今回は最上階(17階)の西向きのお部屋だったため、夕暮れ時には、窓の外に上写真のような景色が広がっていました。 だんだんと西の空がオレンジ色に染まり、ビルの灯りとのコントラストが強くなっていく様子も美しかったです。 夜景も都会らしい雰囲気できれいです。 翌朝の景色。 同じ風景でも昼と夜とではまるで印象が違うのに驚きます。 ホテルモントレ ル・フレール大阪は、予約時に客室の階層(フロア)を選ぶことができません。 また、クイーンルームなら高層階、というように客室タイプで階層が決まっているわけでもないようです。 ホテルに確認をしたところ、高層階に泊まりたい場合は、リクエストとして要望を伝えてもらえれば(当日空きがあれば)なるべく要望に沿うようにしてくれるとのことでした。 確約ではありませんが、景色を楽しみたければリクエストしてみると良いでしょう。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の浴室はバストイレがいっしょになったユニットタイプ。 コンパクトですが、新しくて清潔です。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のバスルームは、お風呂とトイレがいっしょになったユニットタイプです。 コンパクトではありますが、新しいホテルだけあって水まわりは清潔で、気持ちよく使えます。 トイレは洗浄機付き便座(ウォシュレットタイプ)です。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のアメニティグッズは基本的なレパートリー。 宿泊に必要なものは一通り揃っています。 トイレと浴槽の間に洗面台があり、正面に曇り止め加工が施された鏡がついています。 バスアメニティとして、歯ブラシセット、マウスウォッシュ、カミソリ、ヘアゴム、圧縮スポンジ、コットンセット、シャワーキャップ、また、ディスペンサー式のシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー、フェイス&ハンドソープが置かれていました。 ハンドタオル、バスタオル、Panasonicのマイナスイオンドライヤーもあります。 ホテルモントレ ル・フレール大阪には、レストラン「パルテール」、サウナ付き温浴施設「トリニテ」などがあります。 ホテルモントレ ル・フレール大阪のロビーフロア(2階)には、レストラン「パルテール」があります。 こちらは朝食ブッフェの会場となるほか、17時~22時はディナーにも利用可能です。 (21時ラストオーダー/日曜定休) 3階にはコインランドリー(乾燥機能付き洗濯機5台)があり、連泊の方に便利です。 洗濯のみの場合は1回300円、乾燥のみの場合は1回100円で、洗剤は不要です。 飲料の自動販売機はありませんが、建物の1階にコンビニがあるので特に困りません。 各フロアのエレベーターホールにはズボンプレッサーが用意されており、自由に借りることができます。 ビジネスの出張などのシーンに重宝しそうです。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の大浴場はサウナ付き温浴施設の「トリニテ」。 3階にはサウナ付きの温浴施設「トリニテ」があり、宿泊者は誰でも無料で利用できます。 入り口にいるスタッフにルームキーを見せ、ロッカーのカギをもらいましょう。 浴場はそこまで広くはなく、時間帯によっては混雑しますが、夕方や深夜であれば比較的空いているようです。 (今回夕方17時台に訪れたときは誰もいませんでした。 ) 大浴槽のほか、男性浴室にはドライサウナ、女性浴室にはミストサウナがあります。 脱衣室も新しくてきれいで、ロッカー、洗面化粧台、アメニティなどが揃っていました。 ただし、タオルは用意されていないので、客室のタオルを持参しましょう。 温浴施設「トリニテ」の利用時間は16:00~24:00(最終受付23:00)、6:00~11:00(最終受付10:30)となっています。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の朝食は、2階レストラン「パルテール」で和洋ブッフェ形式でいただけます。 ホテルモントレ ル・フレール大阪に朝食付きプランで宿泊すると、2階ロビーフロアにあるレストランで、和食・洋食を取り合わせたブッフェ形式での朝食をいただけます。 朝食付きプランでない場合は、大人2,400円、小学生1,200円(税・サ込)を支払えば、当日でも利用可能です。 (前日までにフロントで予約をしておくと少し安くなります。 ) レストラン内は朝の光が差し込む、明るく開放的なスペースです。 朝食は焼きたてのパン、和食、サラダ、デザートなど数多くのメニューが揃っています。 特に、パンはクロワッサン、ソフトロール、デニッシュ、北海道ミルク、パンオショコラなど種類が豊富でした。 卵料理、ベーコン、ソーセージ、だし巻き玉子、焼き魚、ご飯、お粥、味噌汁なども。 正直なところ、朝食の値段はやや高めに感じたので、パパッと軽く食べてすぐ観光やビジネスに出かける予定ならちょっともったいないですが、ブランチを兼ねてゆっくり食事を楽しむのなら、良いのではないしょうか。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の口コミと評判は?実際に泊まってみた感想とおすすめ度。 ホテルモントレ ル・フレール大阪に実際に泊まってみた感想としては、大阪駅からホテルまでが公式サイトにある案内(徒歩約5分)よりも遠かったこと、客室Wi-Fiのスピードが遅かったことは気になりましたが、それを除けば設備や接客ともに満足しています。 お部屋はモダンな落ち着いた雰囲気で、ベッドの寝心地もよく、何より新しくてきれいなのが良かったです。 また、温浴施設があり、ゆったりと足を伸ばしてお湯に浸かれるのも旅行や出張で疲れた体にはありがたいもの。 周辺には飲食店やコンビニも多く、食事をしたりお酒を飲んだりするのには困りません。 大阪駅前・梅田駅前というには少し距離があるものの、大阪観光やビジネスの拠点として便利な立地で、価格も比較的手ごろで、おすすすめできます。 エキストラベッドで3名1室宿泊も可能なので、家族や友人での旅行に利用すれば、お得に泊まれそうです。 ホテルモントレ ル・フレール大阪の最安値をCheck! ホテルモントレ ル・フレールの最安値料金が簡単に見つかる! ホテルモントレ ル・フレール大阪の最安値をCheckしたいなら、宿泊予定日の最安値を簡単に比較できる「トリップアドバイザー」がおすすめ! ホテルの料金は予約サイトによって様々。 33台収容可能。 1泊2,000円。 予約不可(先着順) 館内施設・サービス 宿泊者専用温浴施設「トリニテ」、レストラン「パルテール」、コインランドリー クレジットカード VISA、JCB、AMEX、Diners Club、MasterCard、UC、DC、NICOS、UFJ、セゾン チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00 公式サイト ホテルモントレ ル・フレール大阪フォトギャラリー.

次の