ビッグ(1988)。 Big (1988) / ビッグ

ビッグ(1988) : 作品情報

ビッグ(1988)

解説 早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。 製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。 出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。 1988年製作/104分/アメリカ 原題:Big 配給:20世紀フォックス ストーリー ジョッシュ・バスキン(デイヴィッド・モスコウ)はニュージャージーに住む12歳の少年。 ビリー(ジャレッド・ラッシュトン)という仲良しの少年がいて、野球とコンピユータ・ゲームが好きな普通の男の子だが、早く大人になりたいといつも思っていた。 最初は馴れない生活だったが好きなオモチャが仕事の対象なのだから、遊びながらどんどん新製品のアイディアを出したりして、すっかり社長のマクミラン(ロバート・ロッジア)に気に入られる。 第1副社長のポール・ダヴェンポート(ジョン・ハード)からはにらまれるが、美人でやり手の重役スーザン(エリザベス・パーキンス)には興味を持たれ、徐々にジョッシュとスーザンは真剣に愛し合うようになる。 大人の生活にもすっかり馴れたジョッシュだったが、スーザンを騙し続けることに耐えられず、全てを告白するが、スーザンが信じるわけはなかった。 2人は別れを惜しみながらしっかりと抱き合う。 懐かしい我が家に返って行ぐジョッシュが、服がだぶだぶになりもとの12歳にもどっていくのを、スーザンはいつまでも見守っていた。

次の

ビッグ Big (1988) ≪ 音楽 映画 ≪ サントラ.jp

ビッグ(1988)

解説 早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。 製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。 出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。 1988年製作/104分/アメリカ 原題:Big 配給:20世紀フォックス ストーリー ジョッシュ・バスキン(デイヴィッド・モスコウ)はニュージャージーに住む12歳の少年。 ビリー(ジャレッド・ラッシュトン)という仲良しの少年がいて、野球とコンピユータ・ゲームが好きな普通の男の子だが、早く大人になりたいといつも思っていた。 最初は馴れない生活だったが好きなオモチャが仕事の対象なのだから、遊びながらどんどん新製品のアイディアを出したりして、すっかり社長のマクミラン(ロバート・ロッジア)に気に入られる。 第1副社長のポール・ダヴェンポート(ジョン・ハード)からはにらまれるが、美人でやり手の重役スーザン(エリザベス・パーキンス)には興味を持たれ、徐々にジョッシュとスーザンは真剣に愛し合うようになる。 大人の生活にもすっかり馴れたジョッシュだったが、スーザンを騙し続けることに耐えられず、全てを告白するが、スーザンが信じるわけはなかった。 2人は別れを惜しみながらしっかりと抱き合う。 懐かしい我が家に返って行ぐジョッシュが、服がだぶだぶになりもとの12歳にもどっていくのを、スーザンはいつまでも見守っていた。

次の

ビッグホーン ベーシック ロング パートタイム4WD 5MT(1988年12月) のカタログ情報(6000508)|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ビッグ(1988)

Blu-ray仕様:本編105分(エクステンデッド・バージョン131分[吹替無し])、1. 78:1(ビスタサイズ) 英語:5. 1ch DTS-HD Master Audio、日本語:2ch DTS このBlu-rayは製作25周年記念版として、劇場公開版に26分ほど未公開分も再編集し追加したエクステンデッド・バージョンも収録されている。 しっかり再編集されているので全体を崩すことなく、より深くドラマが楽しめる内容になっている。 「ビッグ」あらすじ ある日、目覚めたらオトナに!? 20世紀FOX公式サイト Blu-ray「ビッグ」より引用。 All rights reserved. All Rights Reserved. 公式サイトのあらすじ(Blu-rayパッケージ裏面の紹介文と同じ)が余りに短すぎてこれでは流石に内容が分かりづらい。 しかも身体がまだ小さいから、やってみたいことや乗ってみたい乗り物が、できなかったり乗れなかったり。 好きな女の子(もしくは男の子)の前でいいところを見せたい。 「もっと大人だったら…」と子供の頃に一度くらいは想うことがあるはず。 そんな感じの映画。 そういう遊びのマシーンらしい。 このゲーム機、アメリカには実際に存在するらしく。 この形自体は映画の後から作られたモノなのか、元々存在するものなのかは分からないがアメリカ旅行記などのブログを拝見するとたまに遭遇する。 必ず「映画ビッグの…」と紹介されているので映画を見て探しに言ったのかも知れない。 なんとも羨ましい。 残念ながら映画そのままの形では存在していないようだが、このような占いというか「おみくじ」的に遊ぶマシーンは映画以前の古くからあったようだ。 中には米国の大統領トランプを模したモノまである。 何故「大きくなりたい」と願っちゃったのか 「私は大人になりたい」と言えば良かったのだが、「I wish I were big」って言ったら「私は大きくなりたい」。 確かに願いは叶った。 初め映画を見た時は「大人」になったと思っていた。 見る人皆がそう思ったはず。 占いマシーンは間違っていない。 大きくなったジョッシュ(トム・ハンクス)の身体でも中身は子供のままなので、行動がすべて子供。 ここからが役者トム・ハンクスの見せ所で素晴らしく子供らしい行動を演技する。 トム・ハンクスは凄いと思った瞬間だった。 そして、それが劇中至るところで「ああ、子供ってこういう動きや行動するなぁ」と思えることをやってのけるその演技力に驚いた。 コメディ映画なので、あり得ない設定だからリアルさは無いはずだがいつの間にか映画に引き込まれ、トム・ハンクスが普通の子供に見えてくる。 Blu-rayのパッケージにもなっている。 本作では有名なシーンなのだが、そのピアノの演奏に感動する。 勿論中身が子供(の設定)だから決してスマートには演奏しないし、子供でもできる楽曲を奏でる。 「Heart and Soul」を弾き始め、途中で促されて「Chopsticks」の演奏に移行する。 ここでもやはり「あぁ、子供の頃にコレを弾いたことある」と思い出し、たどたどしくもあり楽しそうに演奏するジョッシュ(トム・ハンクス)がカット割りはあるもののフルで見せるので感動した。 「Chopsticks(チョップスティック)」は学校の音楽室にあるピアノでも遊びで弾いた事がある人もいるだろう。 「Heart and Soul(ハート・アンド・ソウル)」はアメリカの作曲家でピアニストのホーギー・カーマイケル(Hoagy Carmichael)の曲。 ちなみに、この巨大な足踏みピアノはニューヨーク5番街に実在した玩具店FAOシュワルツ(FAO Schwarz)ブランドのもの。 FAOシュワルツは残念ながら2009年にトイザらスが買収して傘下になってからは次々と店舗は閉店になり、2015年には舞台にもなったニューヨーク5番街の店舗が最後に閉店した。 しかし2016年(昨年)にトイザらスがFAOシュワルツを玩具・雑貨製造大手のスリーシックスティー・グループに売却する事になり、スリーシックスティーはFAOブランド玩具を2017年中に復活させ製造と卸売りを始める考えを示している。 今、FAOシュワルツのホームページ()にも復活の兆しが…。 また、あの巨大ピアノを置いてくれるだろうか。

次の