スバル 軽 自動車。 スバルの軽自動車全8車種一覧!自社開発をやめてしまった理由とは?

スバル(SUBARU)の中古車 車種・モデル別一覧

スバル 軽 自動車

スバル・レックス(REX)とは? 太平洋戦争前は中島飛行機という航空機メーカーだったスバル。 航空技術を応用して生み出された軽四輪規格の小型車、スバル360の成功は、日本における軽自動車開発の火付け役となりました。 それに端を発するスバルの軽自動車開発は、その後のスバル R-2、そして今回ご紹介するスバル レックスへと引き継がれ、1972年から1992年までスバル車種のボトムレンジを支え続けました。 その20年もの間にオイルショック、排ガス規制、二度の軽自動車規格改正という波乱に満ちた時代の中で、さまざまな改良や時代のニーズに合わせた画期的な技術を盛り込み、3代に渡って進化し続けたスバルの影の立役車です。 スタイリングは、それまでのスバル 360やR-2に比べ、マーケットを意識したややオーソドックスな形へと変化しつつも、その中身は時代を先取りしたコンセプトや新機構を積極的に取り入れた野心味に溢れた車です。 現在のスバル車に見られる質実剛健な車造りへの過程が垣間見えるスバル レックス。 その進化の過程を、この記事でお伝えしたいと思います。 スバル360のおすすめ記事はこちら! 初代スバル レックス(1972〜1986年) 出典: 大成功を収めた「てんとう虫 スバル360」をさらに進化させたモデルとして生み出されたスバル R-2ですが、他社の強力な競合車種の影に隠れ、わずか3年で生産を終了という結果に終わってしまいました。 そのR-2に代わって1972年に投入されたのが、スバル レックス(REX)です。 リアエンジン・リアドライブの駆動方式と四輪独立懸架など、基本的なメカニズムはスバル R-2を踏襲していますが、外観はそれまでの個性的な丸いデザインから、流行を取り入れた、やや角ばったスタイルへと変更されました。 販売された14年の間、排ガス規制や軽自動車規格改定でエンジンは3度も変更され、ボディは当時としては軽自動車では珍しい4ドアを追加するなどマイナーチェンジが幾度となく繰り返され商品力を高めています。 軽自動車規格改定に合わせられた後期型は、1977年度カーオブザイヤー軽乗用車部門を受賞しています。 はクラス最長を誇り、操縦安定性にも貢献しています。 それにともない、外観デザインも初代フォルクスワーゲン ゴルフに似た、より保守的なものへと変化しました。 パワートレーンは初代から持ち越しですが、スバル レックスでは唯一となるモデルを追加。 軽自動車初のベンチレーテッドブレーキディスクを採用。 また、パートタイムが初めて採用されたのもこの2代目レックスです。 フロントガラスの傾斜や、ボディ面の段差を少なくするフラッシュサーフェース処理で空力特性を向上させたデザインになったのもこの頃からです。 画期的な技術を盛り込んだ3代目スバル レックス 3代目スバル レックスの大きなトピックはフルタイムの追加、Eの投入、そして4気筒エンジンの搭載です。 他社の軽自動車の多くが3気筒エンジンを採用するなか、レックスは音振に優れた4気筒エンジンならではの滑らかなエンジンフィーリングを与えられました。 このことから、走りに対するスバルのこだわりが車全体に見てとれます。 2回目の軽自動車規格変更に伴い、エンジンを660ccに拡大。 フラグシップモデルとなるレックス VXは660cc4気筒エンジン+スーパーチャージャー+四輪独立+四輪駆動で圧倒的なパフォーマンスを手に入れ、そのコンセプトは後にモータースポーツで人気を博すことになるスバル ヴィヴィオ RX-Rへと受け継がれることになります。 他社がを用いてパワーを稼ぐなか、スバル レックス VXだけがスーパーチャージャーを採用しました。 過給機付きエンジンでは、圧縮した空気と、それに応じた燃料をエンジン内に押し込んで爆発させることにより、強大な爆発力を生み出せることができるため、自然吸気では成し得ない圧倒的な加速力を生み出せるのです。 それに対し、スーパーチャージャーはエンジンの動力をベルトを介して作動させるので、絶対的なパワーでは劣るものの、ターボのように排気圧が少ない低回転域では過給器が作動しないターボラグという現象がなく、低回転から安定した過給を行うことが可能なのです。 スバルの合理的な組み合わせ スバル レックスにスーパーチャージャーが搭載された理由は、スポーツモデルとしての4気筒エンジンの低速トルク不足を補うのに、低回転から過給できるスーパーチャージャーの特性が最適だったからです。 低速からレスポンスの良いスーパーチャージャーと、四輪独立+四輪駆動でパワーを余すこと無く路面に伝える走行性能は、ラリーで戦うスバルならではのグレード設定です。 ベースモデルの5ドア・5MTの10. 15モード燃費が18. この数値は他社競合車種にわずかに劣る数値ですが、内部抵抗の大きい4気筒エンジンを搭載しながらこの数値は立派なものです。 そして、実燃費の方はというと最低で8. 8kmLというデータでした。 平均値は17. この頃の車は、現在ほど安全性能や環境性能が求められていなかったので、その分車体を軽く造ることが可能であり、燃調もパワー重視のセッティングにできるため、ここまでの燃費性能を叩き出せたのでしょう。 ちなみにスーパーチャージャー付きVX・の燃費のカタログ燃費は16. 最も新しい年式でも1992年ですので、との重課税対象となってしまいます。 Eは電磁クラッチの耐久性に問題があり、故障が多いため、避けたほうが無難です。 ボディは経年劣化により、サビやヤレが多いでしょう。 ブッシュなども劣化していると思われますが、メーカーによる部品供給は現在では終了していますので長期間の維持は難しいと思われます。 現在ある車体は大切に扱って欲しいと切に願います。 スバルのこだわりと良さを感じる1台。 古い車好きの方にはとっても良い車。 シンプルな室内・四角いデザインに、ノスタルジーを感じます。 人気薄なのか?比較的安価で入手可能ではないでしょうか。 出典: 【良い点】 とにかく燃費がよく意外に早い660車! 出典: 【良い点】小回りが効くので駐車が便利です。 少しのスペースがあれば停める事ができます。 さらに燃費も良いので経済的にもお得になります。 出典: 「好き者には、たまらなく好き」 実用性を備えながらも、ややマニアックな目線がスバル車の最大の魅力のようです。 2017年4月時点の中古車情報では1台のみで価格は48万円となっています。 数少ない車種となっているので欲しい方は早めに手に入れておきましょう。 スズキ アルトやダイハツ ミラの影に隠れて地味な存在であるスバル レックスですが、スバル独自のコンポーネントを多用し、車に対する試みや、考え方を具現化した隠れた軽自動車の王様だと思います。 中でもスーパーチャージャー搭載のスバル レックス VX、後のスバル ヴィヴィオ RX-Rは手のひらサイズのラリーカーとして魅力あふれる製品です。 スバルの歴史や名車に関する記事はこちら! スバルの新型情報やおすすめ記事はこちら!.

次の

スバル(SUBARU)の中古車 車種・モデル別一覧

スバル 軽 自動車

4kg・m 9. 4kg・m 6. 1kg・m 6. 6kg・m 9. 3kg・m 6. 6kg・m 9. 3kg・m 9. 4kg・m 6. 1kg・m 5. 8kg・m 車両重量 880kg 890kg 790kg 750kg 900kg 710kg 980kg 920kg 870kg 950kg 最小回転半径 4. 4m 4. 7m 3. 6m 4. 2m 4. 2m 4. 2m 4. 6m 4. 4m 4. 5m 4. 4m JC08モード燃費 31. 4万円 150. 6万円 140. 4万円 172. 8万円 65. 3万円 137. 4万円 88. 4万円 102. 5万円 93. 6万円 135. 7万円 74万円 94. 8万円 140. 9万円 153. 9万円 128. 5万円 155. 4万円 126. 8万円 138. 9万円 76. 6万円 131. 6万円 評価・レビュー 中古車検索 商用車の自社製サンバーは今でも中古車市場で人気! 富士重工業のブランド、スバルは最初に販売した車が軽自動車のスバル360で、以後、深く軽自動車産業に関わっていましたが、2012年2月に軽自動車生産を終了、現在はダイハツからのOEM供給車を販売しています。 スバルの軽自動車人気ランキングに入っているサンバーのバンやトラックはダイハツからのOEMですが、サンバーはスバルが長く使っている商用車のネーミングであり、2012年に販売を終了した現在でもスバルの自社製サンバーは中古車市場で人気があります。 自社製サンバーが高い人気を集めていたのは直列4気筒エンジンを床下に横置きし、後輪を駆動させるリアエンジン・リアドライブ方式と、商用車でありながら普通車にもあまり採用されなかった4輪独立懸架を採用していたことです。 高スペックの走行性能から「農道のポルシェ」とアダ名がつけられていました。 もちろんスバルは商用車に無駄な技術を投入していたわけではなく、リアの床下にエンジンをレイアウトしたのは後輪に荷重をかけるためで、空荷の際でも十分なトラクションを得ることが目的でした。 また4輪独立懸架は4輪のうち、どの車輪が伸長しても荷台は水平に保てるので荷物の安定性が高められるという役目を果たしています。 また直列4気筒エンジンは3気筒よりもスムーズな回転が得られる反面、トルク不足が指摘されましたが、スバルはスーパーチャージャーを装着することによってトルク不足を解消しています。 OEM元車との差別化を図るステラ! 直列3気筒のデメリットは震動ですが、これは主にアイドリング状態の時に強く感じられます。 しかし現在の3気筒エンジンはアイドリング時に停止させる機能がついているため、デメリットはほとんど解消されました。 これもスバルの直列4気筒エンジンが姿を消す理由のひとつになっています。 直列4気筒エンジンと4輪独立懸架はスバル軽自動車の特徴でもありましたが、その高い技術は評価されながらも販売台数という実績に結びつかず、トヨタグループの傘下に収まることが決まると同時に軽自動車業界からの撤退が発表されました。 現在、スバルの人気自動車ランキングの車種はOEMですが、それらの車種には自社製軽自動車のネーミングがつけられており、エクステリアに関しては小技ですが変化をつけています。 ステラの元車はスーパーハイトワゴンのですが、フロングリルをなどと同じくヘキサゴングリルに変更、またステラカスタムには専用デザインのバンパーだけでなくブラック塗装の大型フォグランプカバーを装着するなどOEM元車との差別化を図っています。

次の

レックスはスバル軽自動車の牽引役!スーパーチャージャーと維持費や評価は?

スバル 軽 自動車

4kg・m 9. 4kg・m 6. 1kg・m 6. 6kg・m 9. 3kg・m 6. 6kg・m 9. 3kg・m 9. 4kg・m 6. 1kg・m 5. 8kg・m 車両重量 880kg 890kg 790kg 750kg 900kg 710kg 980kg 920kg 870kg 950kg 最小回転半径 4. 4m 4. 7m 3. 6m 4. 2m 4. 2m 4. 2m 4. 6m 4. 4m 4. 5m 4. 4m JC08モード燃費 31. 4万円 150. 6万円 140. 4万円 172. 8万円 65. 3万円 137. 4万円 88. 4万円 102. 5万円 93. 6万円 135. 7万円 74万円 94. 8万円 140. 9万円 153. 9万円 128. 5万円 155. 4万円 126. 8万円 138. 9万円 76. 6万円 131. 6万円 評価・レビュー 中古車検索 商用車の自社製サンバーは今でも中古車市場で人気! 富士重工業のブランド、スバルは最初に販売した車が軽自動車のスバル360で、以後、深く軽自動車産業に関わっていましたが、2012年2月に軽自動車生産を終了、現在はダイハツからのOEM供給車を販売しています。 スバルの軽自動車人気ランキングに入っているサンバーのバンやトラックはダイハツからのOEMですが、サンバーはスバルが長く使っている商用車のネーミングであり、2012年に販売を終了した現在でもスバルの自社製サンバーは中古車市場で人気があります。 自社製サンバーが高い人気を集めていたのは直列4気筒エンジンを床下に横置きし、後輪を駆動させるリアエンジン・リアドライブ方式と、商用車でありながら普通車にもあまり採用されなかった4輪独立懸架を採用していたことです。 高スペックの走行性能から「農道のポルシェ」とアダ名がつけられていました。 もちろんスバルは商用車に無駄な技術を投入していたわけではなく、リアの床下にエンジンをレイアウトしたのは後輪に荷重をかけるためで、空荷の際でも十分なトラクションを得ることが目的でした。 また4輪独立懸架は4輪のうち、どの車輪が伸長しても荷台は水平に保てるので荷物の安定性が高められるという役目を果たしています。 また直列4気筒エンジンは3気筒よりもスムーズな回転が得られる反面、トルク不足が指摘されましたが、スバルはスーパーチャージャーを装着することによってトルク不足を解消しています。 OEM元車との差別化を図るステラ! 直列3気筒のデメリットは震動ですが、これは主にアイドリング状態の時に強く感じられます。 しかし現在の3気筒エンジンはアイドリング時に停止させる機能がついているため、デメリットはほとんど解消されました。 これもスバルの直列4気筒エンジンが姿を消す理由のひとつになっています。 直列4気筒エンジンと4輪独立懸架はスバル軽自動車の特徴でもありましたが、その高い技術は評価されながらも販売台数という実績に結びつかず、トヨタグループの傘下に収まることが決まると同時に軽自動車業界からの撤退が発表されました。 現在、スバルの人気自動車ランキングの車種はOEMですが、それらの車種には自社製軽自動車のネーミングがつけられており、エクステリアに関しては小技ですが変化をつけています。 ステラの元車はスーパーハイトワゴンのですが、フロングリルをなどと同じくヘキサゴングリルに変更、またステラカスタムには専用デザインのバンパーだけでなくブラック塗装の大型フォグランプカバーを装着するなどOEM元車との差別化を図っています。

次の