高速道路横転死亡事故。 【10月 大型トラックにも自動運転搭載!】これで悲惨な高速道路の事故を減らせるか!?

名古屋高速・大型タンクローリー横転で運転手死亡事故の現場は?影響は?

高速道路横転死亡事故

2.どんな事故が多いの? 高速道路で発生しやすい事故には、次のようなものがあります。 (1)簡易分離の区間における反対車線はみ出し ポストコーンなどの簡易なもので仕切られた片側1車線道路において、走行中の車が何らかの理由で反対車線にはみ出して対向車と正面衝突。 (2)逆走 誤って進行方向と逆の方向に走行(逆走)し、向かってくる自動車と正面衝突。 特に最近は、認知症やその疑いのある高齢ドライバーの割合が増加傾向。 (3)停車している車や、降車して路上に降り立った人に衝突 車両故障や事故などで、本線車道または路肩に停止した自動車や、路上に降り立った人に後続車が衝突。 ・事故事例 交通量が少ない高速道路で、単独交通事故を起こした運転者が、車内に留まり、110番通報している最中に後続車に追突された事故。 事故発生当時、三角停止表示板などの停止表示器材の表示はなし。 (写真提供:警察庁) (4)車外へ放り出される ガードレールなどへの衝突によって、乗車している人が窓ガラスを突き破って車外へ投げ出され、堅いアスファルトに激突したり、後続車にひかれたりするケース。 (5)渋滞最後尾への追突 車両故障や事故、工事などの様々な理由で発生した渋滞の最後尾で停車・減速している自動車に、後続車両が気付くのが遅れ追突。 (6)二輪車の関係する事故 二輪車が、単独でガードレールに衝突したり、他の車両と衝突して二輪車が転倒したりする事故が多い。 なお、(3)のケースをみると、高速道路上に人が降り立った原因として多い順に、事故、車両故障となっています。 高速道路での交通事故には、「車両故障が起こらないようにしていれば」または「停止表示器材を携行して、故障や事故のときにきちんと表示していれば」未然に防げたケースもあります。 事故防止の対策として、高速道路の利用前には次の点を確認しましょう。 (1)出発前の十分な点検・整備 走行中に故障が発生しないよう、自動車の定期点検や日常点検をきちんと行いましょう。 日常点検に関する詳しい情報はこちら (2)発炎筒や停止表示器材の携行 高速道路を走行する場合には、発炎筒はもちろんですが、三角停止表示板などの停止表示器材を自動車に常備し、使い方も覚えておきましょう(詳しくは後述)。 なお、発炎筒には有効期限があるほか、停止表示器材は標準で備え付けられていない場合があるので注意してください。 4.事故防止のポイント その2 走行中のルールとマナー いわゆる「あおり運転」などの悪質・危険な運転が重大な事故を引き起こす原因になる一方、ちょっとした不注意やルール・マナー違反が大きな事故につながることもあります。 高速道路では次のようなルールとマナーを守りましょう。 (1)追越車線ばかりを走らない、左側から追い越さない 追越車線(車線が複数ある場合の一番右側の車線)は追越しのための車線なので、追越しが終わったら速やかに走行車線に戻りましょう。 事故の発生や気象の変化などによって、危険防止のため臨時の最高速度が指定される場合もあります。 また、前の車が急停止した場合に備え十分な車間距離をとってください。 目安は時速100キロでの走行時なら100メートル、時速80キロでは80メートルです。 なお、路面が濡れていたり、タイヤがすり減っていたりするときは、この2倍程度の車間距離を心がけましょう。 さらに、急な割り込みやジグザグ運転、車間距離を詰めて異常に追い上げるなどのいわゆる「あおり運転」は、重大な交通事故につながる悪質・危険な行為ですから絶対にやめましょう。 周りの車の動きなどに注意し、相手の立場について思いやりの気持ちを持って、ゆずり合いの運転をすることが大切です。 また、サービスエリアやパーキングエリアから本線に戻る際に進行方向を間違えないよう注意しましょう。 なお、逆走車が現れることがありうることも念頭に置いて走行しましょう。 また、故障時など止むを得ないときに十分な幅員のある路肩に駐停車する場合や料金所、警察官による命令などで停止する場合を除いて駐停車禁止です。 やむを得ず駐停車する際には二次的な事故回避のためのルール(詳しくは「」を参照)を守りましょう。 路肩は自動車が走行する場所ではありません。 故障その他の理由によって止むを得ない場合を除き、走行や駐停車をしてはいけません。 ・渋滞最後尾や異常事態の発生時にはハザードランプの点灯を 前方での渋滞によって減速・停車させる場合や、前方に落下物や停車中の事故車両など異常な状態を発見した場合には、後続車の追突回避や注意呼びかけのため、ハザードランプを活用しましょう。 ・ヘッドライトはハイビームが基本 一般道路よりも走行速度が速いことから、遠方の状況を早めに把握する必要があるため、夜間やトンネル走行時にはヘッドライトを上向き(ハイビーム)にするのが基本です。 なお、すぐ前方に走行車がいる場合や対向車とすれ違う場合などは、ヘッドライトを下向き(ロービーム)に切り換えるよう心がけましょう。 高速道路の走行に慣れていても、意外に誤った認識や走り方をしている場合があります。 ご自身の走り方や認識が正しいかどうか、下記のページで改めてチェックしてみてください。 5.事故防止のポイント その3 故障や事故が発生したとき 万一、高速道路で故障や事故が発生し、やむを得ず駐停車するときは、二次的な事故を起こさないようにすることが重要です。 後続車に十分注意をして、次のような対応をとってください。 (1)ハザードランプを点灯させ、路肩に停車 追突防止のため、ハザードランプで故障や事故発生の合図をしましょう。 故障時には急ブレーキをかけずに減速し、できるだけ路肩に寄せてハザードランプを点灯したまま停車してください。 (2)発炎筒、停止表示器材を後方に設置 乗員は、全員すぐにガードレールの外など安全な場所に避難してください。 後続車に十分注意して、停車した車の後方で、後続車から見やすい場所に発炎筒や停止表示器材を設置しましょう。 (3)引き続きガードレールの外側など安全な場所に避難 引き続きガードレールの外側など安全な場所に避難。 車に戻ったり、路上に残ったりしないでください。 (4)発生した故障・事故状況を通報 まずは、下記のいずれかに通報する。 受話器をあげれば道路管理者交通管制室につながる。 通報内容は、故障または事故の種別、停車場所(路肩にあるキロポストなど)、負傷者の有無など。 <取材協力:警察庁 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

東名高速夫婦死亡事故

高速道路横転死亡事故

高速道路横転死亡事故被害者「加藤孝」の年齢、プロフィールを紹介 年齢は恐らく26歳です。 これ以上は、調べてみたところこれといった情報がありませんでした。 一般人だから当然なのでしょうか? それともあまり有名ではないからなのでしょうか? 情報が入り次第更新していきたいと思います。 高速道路横転死亡事故被害者「加藤孝」の経歴を紹介 こちら、調べてみたところこれといった情報がありませんでした。 一般人だから当然なのでしょうか? それともあまり有名ではないからなのでしょうか? 情報が入り次第更新していきたいと思います。 運転も荒っぽいし。 ちゃんと教育してるタクシー会社は、乗り降りの時、ドアを直接開閉してくれるとこがある。 証拠についてはちゃんとやってたやん。 和解は遺族側の主張を加害側が認めたってこと。 警察では過失は認められなかったってそりゃタクシーに巻き込まれた可能性もあるって程度の状況証拠しかなかったら無理だろ。 タクシー運転手ももう少し慎重に発進すべきだったけども。 。oO あーあーあー drinkbar2013 高速道路横転死亡事故の被害者で後部座席に乗っていた男性「加藤孝」て誰?本名、年齢、経歴 いいね3分前 交通事故鑑定人さ、 誰もがわかる事故原因なんやけど。 同じ映像何回も流すし 全然話進んでないし どんだけ真相を伸ばすんや。 HiroyukiT7585 高速道路横転死亡事故の被害者で後部座席に乗っていた男性「加藤孝」て誰?本名、年齢、経歴 いいね3分前 交通事故鑑定人、CM前に幼なじみの写真出た。 再現CGも色々思い出す。 Sばる subasuba361 高速道路横転死亡事故の被害者で後部座席に乗っていた男性「加藤孝」て誰?本名、年齢、経歴 いいね3分前 タクシードライバーならば、結果の予測はついてたよね? 思った通りだったでしょ? 要するに、防げた事故だったのよ。 それで金貰ってるならしっかりやれよ。 どんな客がくるかなんてわからない。 なのに亡くなった方が悪いなんてよく言えるな。 接客業やったことねーだろ。 人殺しておいて、罪にも問われず生きてる奴いっぱいいるんだろうな。。。 猫の肉球はまるでタピオカ kikomix1 高速道路横転死亡事故の被害者で後部座席に乗っていた男性「加藤孝」て誰?本名、年齢、経歴 いいね5分前 交通事故鑑定人 白い影だけで証拠になるの? まータクシー会社も これ以上テレビで騒がれて炎上も嫌だし、和解しとくか。 というところか。 第三者からすると ほんとにそれが真実なの? と、スッキリはしないな。 ただ、こんな単純な内容に1時間もかけなくても。 ) しらいしごーれむ captaingolem 高速道路横転死亡事故の被害者で後部座席に乗っていた男性「加藤孝」て誰?本名、年齢、経歴 いいね5分前 警察だってちゃんとしてるよ。 疑わし気は罰せずてね。 さすがにあんな画質が悪い映像だけで逮捕はできないでしょ。

次の

名古屋高速・大型タンクローリー横転で運転手死亡事故の現場は?影響は?

高速道路横転死亡事故

この事故を起こしたあと車外に出た際に、後続の車両にはねられ同日心臓破裂により死亡しました。 coldrain 日本のロックバンドであるcoldrainは、 SILVERSTEINとのツアーのためアメリカのテキサス州を移動していた 2016年3月20日に、メンバーらがのったツアーバスが横転する事故に見舞われました。 この事故でメンバーやスタッフに怪我は無く、事故直後にオフィシャルツイッターで メンバーの無事を報告しました。 BRAHMAN 日本のロックバンドであるBRAHMANは、2013年6月3日に山陽道上り車線において、 ボーカルのTOSHI-LOWを除くメンバーが乗った機材車が事故に見舞われました。 この事故ではメンバー等は軽症で済み、事故により大破した車両は 6月8日に幕張メッセで行われたライブ会場に持ち込まれ、 ファンらがメッセージを書き込めるよう展示されました。 この事故でドラマーでパンクバンドTOTALFATのメンバーでもあるBuntaが上腕三頭筋損傷により全治三週間の怪我を負いました。 KEMURI 日本のスカパンクバンドであるKEMURIは、2003年9月21日に福島県内の東北自動車道下り線において メンバーが運転する機材ワゴン車が横転する事故に見舞われました。 この事故で車を運転していたメンバーの森村亮介が車外に投げ出されて死亡し、 助手席に乗っていた平谷庄至も車外に投げ出され骨盤を骨折する全治7ヶ月の大怪我を追い、 バンドは無期限活動停止となりました。 またこの事故で、横転したKEMURIの機材車を避けようとした後続車4台もそれぞれぶつかるなどして、 2名のけが人が出ました。 SECRET 7 LINE 日本のメロディックパンクバンドのSECRET 7 LINEは、 2015年8月31日にメンバーが乗っていた機材車が横転する事故に見舞われました。 この事故でメンバーのSHINJIが死亡し、同じくメンバーのRYOとTAKESHIが軽症を負いました。 eastern youth 日本のロックバンドであるeastern youthは、 2003年10月にアメリカツアー中のメンバーやスタッフが乗った機材車が高速道路で横転する事故に見舞われました。 この事故はソルトレイクシティへ向かう途中のフリーウエィ25号線で発生し、 機材等が破損したもののメンバー等は軽症で命に別状はありませんでした。 マキシマムザホルモン 日本のミクスチャーロックバンドであるマキシマムザホルモンは、 自身のサイトの2001年4月7日の記事で、 機材車が高速道路のインターチェンジで衝突事故に巻き込まれたと記載しています。 記事では、事故はインターチェンジでチケットを受け取る際に発生し、 追突した相手側はヤクザだったようですが現金2万円と名刺を受け取ったと書いています。 yonige 大阪府寝屋川市出身の3人組ガールズバンドのyonigeは、 2016年1月8日に名古屋のライブに出演するために移動中高速道路で事故に遭いました。 この事故でメンバーの命に別状は有りませんでしたが、機材車が廃車になりました。 ジラフポット 大阪の3ピースバンドジラフポットは2015年3月20日にメンバーが乗った車が事故に遭いました。 この事故でメンバーが負傷しライヴ活動を休止していましたが、6月から活動を再開させました。 The Cheserasera 日本のロックバンドであるThe Cheseraseraは、 2013年12月12日に新潟から東京へ向かう途中の機材車が雪によるスリップ事故に見舞われました。 この事故で車は全損しましたがメンバーに怪我は泣く機材も無事であったため、 事故当日に東京でのライブに参加しました。 EACH OF THE DAYS 日本のハードコアバンドであるEACH OF THE DAYSは、 2013年12月にメンバーが乗った車がトラックと衝突する事故に見舞われました。 この事故でメンバーのNorioが背骨を折る重傷、他のメンバーも打撲などを負いました。 LUNKHEAD 日本のロックバンドであるLUNKHEADは、 2014年11月25日の正午頃に中国自動車道を走行中にメンバーやスタッフを乗せた車が事故に見舞われました。 この事故でメンバーの合田悟が腕と頭部に怪我を負いました。 the Lucy 日本のロックバンドであるthe Lucyは、 2015年12月に機材車が事故に遭うトラブルに見舞われました。 この事故でメンバーに怪我は無かったようですが移動手段がなくなったため、 仙台で行われる予定であった 「こらふぇす2015」への出演をキャンセルしました。 ACTROID 日本のロックバンドであるACTROIDは、 2013年2月16日に大阪のライブへ向かう途中に機材車が事故に巻き込まれました。 この事故で機材車は大破し、メンバーのhiroakiが首などの骨折、 他のメンバー3名も軽症を負いました。 ピアノゾンビ 日本のロックバンドであるピアノゾンビは、 2009年に機材車が大破する事故に見舞われ メンバーのアキパンマンが入院しました。 犬神サアカス團 日本のロックバンドである犬神サアカス團は、 2015年5月7日に大阪に向かう途中の高速道路で 機材車両が炎上する事故に巻き込まれました。 この事故はサービスエリアのガソリンスタンドで、 レギュラーガソリンと軽油を間違えて入れられたのが原因で、 「のんちゃん」と呼ばれていた機材車は廃車となったようです。 DMBQ 日本のロックバンドであるDMBQは、 2005年11月5日にアメリカ合衆国のツアー中に、 相手側の車両に追突事故を起こされメンバーの西浦真奈が亡くなり、 他のメンバーも重軽傷を負いました。 NOB メロコアバンドであるNOBの乗ったワンボックスカーは、全国ツアー中の2004年6月10日の午前11時頃に、 新潟県新津市の磐越道下り線でパンク修理の為に路肩に停まっていたマイクロバスに衝突しました。 この事故でNOBのメンバーである鎌田真輔と、マイクロバスの修理の為に後方確認を行っていた2名が亡くなり、 メンバーのテツヤが腕の骨折と足を切断する大怪我を負いました。 MAKE MY DAY 日本のラウドロックバンドであるMAKE MY DAYは、 2014年3月8日に静岡県内の高速道路でタイヤがバーストする事故に見舞われました。 この事故でメンバーのNoriが胸を強打しましたが、他のメンバーに怪我などはありませんでした。 藍華柳 日本のビジュアル系バンド藍華柳は、 2006年3月20日の午前8時40分ごろに兵庫県の山陽自動車道目坂トンネル上り線 で追突事故に見舞われました。 この事故はトンネル内で藍華柳のワンボックスカーがトラックに追突し壁に接触して停止後、 さらに別のトラックに追突されました。 この事故でメンバーのシャグラスとULIおよびスタッフが足や頭部の骨折、 他のメンバーも打撲などの軽症を負いました。 LUCHe. 日本のヴィジュアル系バンドであるLUCHe. は、 2014年9月4日にライブ向かう道中で車両事故に見舞われました。 我羇道 日本のヴィジュアル系バンドである我羇道は、 2010年2月12日に名神高速道路信楽IC出口付近で、 メンバーとスタッフを乗せた機材車が事故に見舞われました。 この事故でメンバーのpiyoが車外逃げ出され頭部を強打し死亡しました。 vistlip 日本のヴィジュアル系バンドであるvistlipは、 2010年7月30日に長野県中野市の上信越道永江第1トンネル内で、 機材車のワンボックスカーが横転する事故に見舞われました。 この事故でマネージャーの女性が全身を強く打ち亡くなり、 メンバーは軽症を追いました。 酔奴隷 日本のヴィジュアル系バンドである酔奴隷は、 2004年8月25日に新潟県塩沢町の関越自動車道下り線石内トンネルで、 車両が側壁に衝突する事故に見舞われました。 この事故で、メンバーの「獅葉」が車外に投げ出され死亡し、 同じくメンバーの「ゆー」が片腕を切断する重症を負いました。 諦~アキラ~ 日本のヴィジュアル系バンドである「諦~アキラ~」は、 2003年3月15日に高速道路上で機材車が故障し道路脇に停車している際に、 トラックに突っ込まれる事故に見舞われました。 この事故でメンバー等は骨折などの重軽傷を負いました。 キャンゼル ヴィジュアル系バンドであるキャンゼルは、 2010年1月10日にツアー中のメンバーを乗せた機材車が事故に見舞われました。 この事故でボーカルのいっちが右鎖骨骨折、ギター椎名未緒が右手小指中二骨骨折し。 共に全治1ヶ月前後の重症を負いました。 Deshabillz 日本のヴィジュアル系バンドであるDeshabillzは、 1998年5月7日にX JAPANのギタリストhideの葬儀に向かうため、 ライブ会場から葬儀会場へ向かう際に機材車が事故に見舞われました。 この事故でメンバーの美歪が亡くなった他、 同じ機材車に乗っていたMadeth gray'llのメンバーである歪も亡くなりました。 EVIST 岡山県のゾンビバンドEVIST(エゴイスト)は、 2014年8月24日に神戸の高速道路でスリップにより機材車が横転する事故に見舞われました。 この事故で車が大破し楽器や機材が破損したようですが、メンバーに大きな怪我などはありませんでした。 「てんさい」と「HAKLO」 2019年7月13日に山口県の高速道路において、ビジュアル系バンド「てんさい」と「HAKLO」のメンバーが乗った機材車が横転し、車両が大破する事故が発生しました。 この事故でてんさいメンバーの「那央弥」「ジュニア」の2名が重度の打撲、HAKLOメンバーの「ビビ」が手足や腹部裂傷の重症を負いました。 事故の原因は雨天時の急カーブでスリップし横転したものと見られています。 詳細 あゆみくりかまき 3人組アイドルグループの「あゆみくりかまき」は、 2015年12月27日にメンバーを乗せた自動車の後輪がパンクし、 車両が横転する事故に見舞われました。 この事故でメンバー等は、頚椎捻挫などの捻挫、挫創、打撲などの怪我を負い、 年末に控えていたCOUNTDOWN JAPANなどの出演をキャンセルしました。 Smile 福岡・筑豊のご当地アイドルであるSmileは、2015年3月29日に メンバーが乗った自動車が中国自動車道でタイヤのバーストによる事故に見舞われました。 この事故でメンバーの4名(岩井愛璃、稲垣梨菜、中谷萌、森澪歌)が重傷を負い、河野真恋と廣瀬麻乃が軽症、 運転をしていた男性スタッフも怪我を負いました。 なお、2015年6月6日のイベントで事故に遭ったメンバー全員が復帰しました。 LONGMAN 愛媛県の3人組メロディックパンクバンドであるLONGMANは、2015年10月12日にツアーからの帰途中、淡路島の高速道を走行していた際にイノシシにぶつかる事故に見舞われました。 この事故でメンバー等は怪我も無く無事でありましたが、車両は損傷が激しく廃車となったようです。 詳細: 機材車の事故に見舞われた海外のミュージシャン ディリンジャー・エスケイプ・プラン アメリカのメタルコア、ハードコアバンドであるディリンジャー・エスケイプ・プラン The Dillinger Escape Plan は、ツアー中の2017年2月13日にポーランドでツアーバスの事故に見舞われました。 この事故はバンドとスタッフが乗っていたツアーバスが、ポーランドのクラクフの会場に向かっていた際に発生し、メンバーとスタッフら13名が怪我を負いました。 幸いバンドメンバーに重傷者はいませんでしたが、バンド側はクラクフでのライブをキャンセルしました。 アドレナリン・モブ アメリカのへヴィメタルバンドである、アドレナリン・モブ(Adrenaline Mob)は、2017年7月15日にコンサート会場のフロリダ州セントピーターズバーグに向かう途中にメンバーの乗っていたRV車の車がパンクし、路肩に停車したところバンドの楽器や機材を乗せたセミトレーラートラックが突っ込む事故に見舞われました。 この事故で、ベーシストのDave Zが亡くなり、ヴォーカルのラッセル・アレンや他のメンバー、マネージャー、運転手等が重症となっています。 マーカス・ミラー アメリカ合衆国のジャズ・フュージョンベーシストであるマーカス・ミラー(Marcus Miller)は、 ヨーロッパツアー中の2011年11月25日にスイスのウーリ州のハイウェイでツアーバスが横転する事故に合いました。 この事故では運転手1名が死亡し、ツアーメンバーなど11名が怪我を負いました。 メタリカ アメリカ合衆国のヘヴィメタルバンドであるメタリカ(Metallica)は、 ヨーロッパツアー中の1986年9月27日にスウェーデンでツアーバスのスリップ事故に合いました。 この事故ではメンバーでベーシストのクリフ・バートンが横転したバスの下敷きになり死亡しています。 マイリー・サイラス アメリカ合衆国の歌手であるマイリー・サイラス(Miley Ray Cyrus)は、 2014年3月17日にツアーバスが炎上する事故に遭遇しました。 このバスにはマイリー・サイラスの妹や母親やツアーマネージャーが乗っていましたが、 幸いにもけが人は出なかったようです。 また、2009年11月にもバージニア州リッチモンドでツアーバスの車列の1台が横転し、 運転手1名が死亡、スタッフ9名が怪我をする事故にも合っています。 ブリトニー・スピアーズ アメリカ合衆国の歌手であるブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)のツアーバスは、 オーストラリアツアー中の2009年11月26日にニュー・サウス・ウェールズ州パークス付近で、 強風に煽られ横転する事故に遭遇しています。 このバスにはブリトニー本人は乗っておらず無事でしたが、バスの運転手が怪我を負いました。 Bayside アメリカ合衆国のパンクバンドであるBaysideは、2005年10月31日に メンバーとスタッフを乗せたバスが横転する事故に合いました。 この事故でドラマーのJohn Beatz Holohanが死亡し、他のメンバーやスタッフも重軽傷を負いました。 ルー・グラム アメリカのロックシンガーで元フォリナーのメンバーであるルー・グラム(Lou Gramm)は、 1975年にニューヨーク州高速道路で機材車が事故にあり機材車と機材の大半を失いました。 Viola Beach イギリスのインディーズバンドViola Beach(ビオラビーチ)のメンバーとマネージャーを乗せた車が、 2016年2月13日にスウェーデンの首都ストックホルム近郊のセーデルテリエの運河にかかる橋を走行中、 障壁に衝突した弾みで橋から転落しました。 この事故でメンバー4人全員とマネジャーの計5人が亡くなりました。 Decapitated ポーランドのデスメタルバンドであるDecapitated(ディキャピテイテッド)は、 2007年11月2日にベラルーシでツアーバスが木材を積んだトラックに衝突する交通事故を起こしました。 この事故でドラマーのヴィテックが死亡、 当時ヴォーカルであったコヴァンも昏睡状態となり意識は回復したものの 重度の障害を負ってしまいました。 Baroness アメリカ合衆国のへヴィロックバンドであるBaroness(バロネス)は、 ツアー中だった2012年8月15日にツアーバスが高架橋から約9メートル転落した事故に巻き込まれました。 この事故でギター・リードボーカルであるJohn Baizleyは左腕切断寸前の大怪我を負い、 ベースとドラムのメンバーは怪我のためバンドを脱退しました。 SYLOSIS イギリスのヘヴィメタルバンドであるSYLOSISは、 2013年9月のアメリカツアー中にメンバー等が乗った機材車が車両事故に見舞われました。 この事故でメンバー等に大きな怪我は有りませんでしたが、 車両が大破したためアメリカツアーを中断しました。 DEATH ANGEL アメリカ合衆国のスラッシュメタルバンドであるDEATH ANGEL(デス・エンジェル)は、 1990年にネバダ州ラスベガスでツアーバスが事故を起こし、 ドラマーであるアンディ・ギャレオンが頭部に大怪我を負いました。 My Ticket Home アメリカ合衆国のメタルコアバンドであるMy Ticket Homeは、 2016年1月29日に機材車が爆発炎上する事故に見舞われました。 この事故で機材車は全焼しましたが、メンバーに大きな怪我などはありませんでした。 EARLY GRAVES アメリカ合衆国のヘヴィメタルバンドであるEARLY GRAVESは、 2010年8月1日にメンバー等が乗る車がオレゴン州からネバダ州に移動する際に事故に見舞われました。 この事故でボーカルのMakh Danielsが亡くなりました。 THE GHOST INSIDE アメリカ合衆国のメロディックハードコアバンドThe Ghost Insideは、 2015年11月19日にメンバーやスタッフが乗るバスが事故に巻き込まれました。 この事故でバスの運転手を含む2名が死亡し、メンバー全員も大怪我を負い、ギタリストのZach Johnsonが左足の小指と薬指を切断、 ドラマーのAndrew Tkaczykも片足を失いました。 HARDCORE SUPERSTAR スウェーデンのロックンロールバンドであるHARDCORE SUPERSTARは、2007年にドイツにおいてツアーバスが壊れ、 予定していたDownload Festivalに参加できずに出演をキャンセルしました。 SOILENT GREEN アメリカのへヴィメタルバンドであるSOILENT GREENは、 「EXTREME MUSIC FOR EXTREME PEOPLE TOUR」の移動中の2001年12月4日に、 アメリカ合衆国ワシントンのハイウェイにおいて乗っていた車が雪でスリップし横転する事故身に周れました。 この事故でギターのブライアン・パットンとベースのスコット・ウィリアムスが肩などを骨折し、 来日公演であったEXTREME THE DOJO Vol2などをキャンセルや延期しました。 また、2002年4月11日にもツアー中のバンが事故を起こし、 ベーシストのジョニー・モデルが鎖骨を骨折、ボーカルのファルゴウストが下半身不随の大怪我を負いました。 この事故の影響でファルゴウストは2003年までリハビリや治療を行わなければなりませんでした。 その他車両の事故に見舞われたミュージシャン Sabaton スウェーデンのへヴィメタルバンドSabaton(サバトン)は、チュニジアでPVを撮影に行った際に、帰路にて交通事故に遭い負傷しました。 メンバー等数名は負傷し、予定していたいくつかの公演をキャンセルしています。

次の