笠井 アナ ブログ インスタ グラム。 笠井信輔アナが語った「悪性リンパ腫」その衝撃の発覚経緯とは?

笠井信輔アナの病院はどこ?抗がん剤は何回投与したのか現在病状も!|ゆき*ログ

笠井 アナ ブログ インスタ グラム

shinsuke. kasai がシェアした投稿 — 2019年12月月25日午前2時37分PST 悪性リンパ腫で闘病中の笠井アナですが、24日は抗がん剤の副作用で頭髪が抜けることに備えて「ベリーショートカット」にしました。 抗がん剤治療をする患者さんは、ほとんどの方が丸坊主にするそうですが、笠井アナはそこまでの勇気がなかったので、ベリーショート止まりにしたそうですよ。 そして、24日、髪を切ったことを報告するブログを書き終わり、最後の誤字脱字のチェックをしていた 瞬間、その「奇跡」は起きたのだそうです! その奇跡とは・・・ 山下達郎さんの「クリスマス・イブ(イングリッシュバージョン)」が突然イヤフォンから流れ始めたのだそうです! 突然・真夜中の12時過ぎに一人病室で聞く「クリスマス・イブ」。 笠井アナの心にどんなに染みたことでしょう。 笠井アナは高校時代から「山下達郎」のファンで、パソコンには山下達郎さんの曲が135曲も入っているそうです。 それが突然、 しかもクリスマスに、 しかも抗がん剤治療の最中に、 しかもパソコンの135曲中の1曲が「山下達郎さんのクリスマス・イブ」だった。 辛いことも嬉しいことも、全てありのままに曝け出している。 ブログを書くことで、気持ちが高ぶるのなら、笠井さんのブログなのだから、ヤフコメなどの批判は気にせず、思う存分書けばいい。 — きりこ📎絶対に諦めない! kirikosun 笠井信輔さんのブログ さすがです。 闘病中ということを 忘れてしまうほど 内容が濃くて つい、ひきつけられて 読んでしまいます。 私もこれくらい 文章が書けたらなぁ…。 — 📎📎📎にゃんだる📎📎📎 smaglex117 なんだか笠井アナのブログ読んでたら泣けてきた… 最近ホント涙腺がイカれてる!!笑 — 神経内分泌癌マン。 素晴らしい人柄なんだろうなぁ。 ブログを読んで泣けるのは、みんな、 理由は違ってもそれぞれにつらい経験があって、それを乗り越えてきた思いが、今の笠井アナの姿に重なるからだと思います。 日本中が笠井アナを応援してる!そう感じました。

次の

【笠井アナ現在の癌病状】ブログに綴る生存への希望と奥さんの愛

笠井 アナ ブログ インスタ グラム

悪性リンパ腫で闘病し4月30日に退院したフリーアナウンサーの(57)が15日、文化放送『くにまるジャパン 極』(月〜金 前9:00)に自宅からリモート出演し、仕事復帰を果たした。 第一声では「こんなに早く声をかけていただいて幸せです」と喜びを語った。 笠井アナは「フリーになってすぐに出させてもらったので、最初の仕事が『くにまるジャパン』は感慨無量です。 フリー後、すぐに使ってくれたので一生、忘れないでしょうね」と番組への感謝の思いを口にした。 入院生活については「具合が悪いときと、元気なときを行ったり来たりして、変わった入院生活を送っていました」といい、抗がん剤治療については「回数を重ねるごとに慣れるという意見もありますが、3回目からドンドンときて、6回目が一番きつかったです。 何も食べなくても大丈夫な感じなんですが、食べないと体力が減るので、食べることが戦いでした」と闘病生活を語った。 さらに「自分自身は池江璃花子さんに励まされました。 僕より症状はきついはずですが、復活して『次の次のオリンピックを目指す』というのを見たときは泣きました。 自分がこんなことでくじけてはいけない」と池江選手の姿に勇気をもらったことを明かした。 退院後については「ほとんど部屋にこもっている」とし「食事も家族とは別です。 家族団らんも一切ありません。 コロナにかかる方が怖いので」と、まずは自身の体を大切にしていくとした。 13日に自身のインスタグラムを更新した笠井アナは「フリーになってすぐにお世話になった文化放送の朝の人気番組『くにまるジャパン極」』が、早速、声をかけてくれたのです」と報告。 さらに、きょう15日にはラジオ出演前にブログを更新。 体調を気遣う声に対しては「自宅の自室から電話をかけるだけですので、全然問題ございません。 むしろ、『話す仕事』へ久しぶりに復帰できると言うことで、気持ちが上がり、幸せな気分でいます。 免疫力が上がって体にはとても良いことだと自分では感じています。 それだけ、仕事が、話すことが好きなんです」と意気込んでいた。 笠井アナは昨年12月19日に病を公表し、その後約4ヶ月にわたり入院していたが、4月30日に退院した。

次の

入院中の笠井アナ ミルクボーイの影響でコーンフレークを食べようとするが...: J

笠井 アナ ブログ インスタ グラム

「人は顔ではわからない」 と、いう言葉がある一方、 「顔を見れば、その人がわかる」 と、いう言葉もあります。 言葉って、その時々で違うことを言いますから、 その人がどう受け取るかだけなんですよね。 今朝から「笠井アナ」の「悪性リンパ腫」が、大きな話題になっています。 僕は、連絡こそ取っていませんが、 「笠井アナ」、大好きな人です。 「笠井アナ」の場合は、上で書いた後者の方ですね。 良い人が顔に滲み出てる。 彼は、 真面目な人。 嘘が言えない人。 一生懸命物事に取り組む人。 責任感の強い人。 誰からも愛される人。 僕は、数回しかお会いしたことはありませんが、 その「数回」だけで、そう感じました。 いや、手を振ってくれた。 僕は、それが嬉しかったんです。 彼をテレビで見る度、 いつも、 「会いたいなぁ」 と、思っていました。 もちろん、今も。 病名に「悪性」が、つけられてしまいましたが、 ここで、数回語ってきたように、身体は宇宙です。 細胞のひとつひとつは、自分が全てですので、自分が生きることしか考えてない。 「細胞」という、人生を歩んでいるだけです。 それによって、臓器が生きていられる。 また、その臓器も自分が全てで、その自分の働きがヒトのためだとは思っていない。 僕は、細胞、臓器の全てに「脳」があると語りました。 全てが「縮図」ですからね。 そして、もし、それらが弱っていたら、 「元に戻りたい」「助けてほしい」と、願ってる。 免疫細胞もそう。 ヒトのために戦ってるわけではない。 自分が生きるために戦ってるのです。 細胞は「ヒト」の存在を知りませんからね。 つまり細胞にとって「ヒト」は、我々人間が言うところの「神」だと思うのです。 例えば、その人が「疲れた」と、横になって身体を休めた時、 身体の中は「願いが叶った」と、思ってる。 笠井さん、身体の願いを聞いてあげてください。 薬は、身体を元に戻すお手伝いをしてるだけ。 そして、同じようにお医者さんもそう。 お医者さんが病気を治すのではなく、病気を治すために一生懸命になってサポートをしてくれる人。 全ては「縮図」です。 身体の中の声、願いを聞いてあげてください。 そして、身体の中に、 「必ず、治してあげる」 と、「神」となって、身体を救ってあげてください。 「意識」が全てです。 「病は気から」 これは、もう、日常句のようになっていて、その言葉自体の本当の力を忘れがちですが、 「意識が身体を変える」 と、言えば、言葉に魂が宿るでしょう? 「縮図」の過程では、笠井さんは細胞にとって「神」です。 細胞に「信仰」があるかと聞かれれば、そのようなものはないでしょう。 しかし、細胞は「助けて欲しい」と、願っている。 助けてあげてください。 助けることが助かること。 元気になられたら、 また、お会いしましょう。 なら、今の、僕のファミリーも、 また、 「笠井さーん!!!」 と、手を振りますよ。 書いているうちに、気持ちが安らかになってきました。 安心してきたな。 ご病気、必ず回復させてくださいね。 お会いできる日を楽しみにしています。 COMMENT BlogのコメントはFellowsの有料会員のみが投稿できます。 サイトにログイン後コメントをご記入ください。 笠井信輔アナのコメント•

次の