五 等 分 の 花嫁 119。 🥇 五等分の花嫁【116話】最新話ネタバレ 2020

【五等分の花嫁 113話感想】四葉おめでとう!!これもう四花嫁確定でしょ!!

五 等 分 の 花嫁 119

週刊少年マガジンの人気漫画『五等分の花嫁』最新話115話のネタバレです! ずっと追いつけなかった四葉に初めて追いついた。 そして、21話と重なるこの構図。 しかし上杉は追いかけっこの末に四葉を捕まえ、 ついに四葉は想いを告げました。 「ずっと好きでした」と言われ、上杉の反応は・・・? そして、 それでは、気になる『五等分の花嫁』最新話115話のネタバレ・あらすじ・考察など、是非読んでみてください。 スポンサードリンク やらなくちゃいけないこと 駅にいる上杉の耳に、 学園祭で浮かれて告白するやつは馬鹿という話が聞こえてきて、上杉は冷や汗をかきます。 そんな上杉の元に一花が駆け寄ってきました。 一花は息抜きしたいと言うと上杉を屋内遊技場に連れてきました。 二人でバトミントンを始めると上杉はすぐに息が切れました。 一花は構わず、 こういうのに付き合ってくれるのは妹と上杉だけだと言います。 さらにそのままでいてほしい、 「君のそういうとこに惹かれてたんだもん」と言いました。 上杉は空振りしたあと、「四葉から何も聞いていないのか?」と言いました。 一花は 昨日父との食事だったから上杉の話題はあまりでなかった、何かあったのかと聞き返します。 二人でベンチに座ったあと、上杉が四葉は自分を好きだと言ってくれたと話すと、一花は 「で?で?どうなったの?」とはしゃぎます。 上杉は好きと言った四葉は「ですがすみません」 「まだやらなくちゃいけないことがあります」と言ったと話します。 今ならわかること 一花は付き合ってないんだと驚き、今日起きたときにはもう四葉は出かけていた、「やらなくちゃいけないことってなんだろう」と言います。 上杉はわからない、 やばい地雷を踏んだかもと不安がります。 一花は、 今の上杉はまだ誰のものでもないのか、と思います。 しかし上杉の背中を叩くと、しゃきっとして、二人は両想い、くよくよしてたら嫌われると言って、上杉にお礼を言われました。 一花は修学旅行で二乃が言った「たとえあんたが選ばれる日が来たとしても私は・・・祝福したかった・・・!」という言葉を思い出し、 今ならその意味がわかると思います。 帰り道、一花は上杉が四葉に好きと言ってないと指摘します。 すると上杉は「そんなわけ・・・あるな・・・」と言い、一花に 「やらなくちゃいけないことがあるのってフータロー君の方じゃ・・・」と言って焦らせます。 一花は自分で練習してもいいと言いますが、すぐに冗談だと言って上杉に怒られました。 スポンサードリンク すれ違う姉妹の気持ち 二乃と話をした四葉は、二乃に突き飛ばされ 「ふざけないで」と言われました。 四葉は昨日のこと、今までのことを謝りたいと言ってさらに怒られます。 二乃は自分が上杉を好きだと知っていたはず、それがわかって昨日を迎えたはず、「今あんたに心配なんかされたくないわ!」と言うと、四葉は 「心配だよ二乃は大切な家族だもん」と返しました。 すると二乃は このままの関係が続くなら姉妹の縁を切ると言いました。 一花が家に帰ると家にいたのは五月だけでした。 一花は五月に 上杉と四葉はまだ付き合っていないのを聞いていたかと尋ねます。 五月は「そうですか・・・」と言った後、 応援したいけどみんなのことを考えると素直におめでとうと言えないと返しました。 スポンサードリンク 最大限の愛情表現 「すっ 好きだ!」、上杉はタヌキの置物に向かって叫びました。 一花の言った 「自分の中の最大限の愛情表現をそのまま伝えればいいんだよ」という言葉を自分なりに消化した結果、この練習をすることになったのです。 上杉は「ふっサンキュー一花先生・・・」と言うと、 もう少しでマスターできる気がすると思います。 荒れる海を見ながら四葉は 「上杉さんか皆を選ばないといけない」「でも私は・・・」と考えます。 そこに三玖が現れました。 四葉が三玖と声を掛けると、三玖は 「私 四葉」と二回も言いました。 三玖は四葉と同じリボンをしていて、 自分が選ばれないなら四葉になって上杉と付き合う作戦を考えた、「どうかな?」と言います。 四葉は少し考えたあと、真剣な顔で 「だめじゃないかな・・・倫理的に」と返しました。 ただ四葉の気持ちを考えたらすぐに付き合うという発想にはならないかと納得しました。 諦める気満々だったのに、逃れられない状況で告白させられたところです。 自分だけ上杉と付き合ってみんなを傷つける覚悟はすぐにはできないでしょう。 それこそ114話で五月が上杉に言った 「余計な気遣いは傷つけるだけ」ですが・・・。 怒られてばかりの四葉なので、 四葉が幸せにならなくても傷つくと誰かが優しく言ってあげてほしいです。 相変わらず 一花と上杉の距離感がいい感じでした。 長女と長男、遠慮なく寄り掛かれるところがいいんでしょうね。 二乃も相変わらず暴力的で、三玖も相変わらず発想がキレていました。 一番の見どころは 上杉のタヌキへの予行練習です。 何をマスターできるのかはわかりませんが、 とにかく人に見られないように気をつけてほしいですね。 スポンサードリンク 見どころは3つ! 今後の見どころを3つ予想します。 上杉の答え、鐘の下のキス、五人の花嫁です。 具体的にどういった展開になるのか考えてみました。 上杉の答え 好きな子から「ずっと好きでした」と言われた上杉。 驚きながらも嬉しそうな顔をしていたので、ここから 二人は付き合う流れになるはずです。 ただその前に「ずっと」とはいつからなのかを上杉が気にする、もしくは四葉が言及するはずです。 四葉は6年前の京都で上杉と出会った少女です。 二人の間にあった特別な時間、このことが明らかにならないまま付き合うという流れになるのは不自然です。 今後は四葉がいつから上杉のことを好きだったかという話になり、京都で出会ったときの話になると予想します。 二人が京都でした お願い事が何かもわかるかもしれませんね。 告白の途中、 クラスの人たちに発見されて打ち上げに連行される流れにはならないでほしいですね。 スポンサードリンク 五人の花嫁 上杉に好意を抱いた5人の姉妹。 彼女たちの中で唯一上杉が選んだのは四葉でした。 最終回まであとわずかとなった今、 四葉が花嫁になることが濃厚です。 今後は四葉の花嫁姿が見られると考えますが、 他の4人の花嫁姿も見られるのではないかと考えています。 というのも32話で描かれた結婚式当日のエピソードの中で気になる部分があるからです。 らいはが見つけたたくさんの花嫁衣裳、そしてその衣装の前で係の人が言った、 なんでこんなことになっているのか、手配ミスかという発言です。 らいはは無邪気に一日でこんなに着替えるのだと言っていましたが、ドレスの数は10着近くありました。 別のカップルの衣装とも考えられますが、 五つ子が花嫁衣装で現れる伏線とも考えられます。 結婚式で五人の花嫁が現れる、そうすることで タイトルの伏線回収となるのではないでしょうか。 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【五等分の花嫁の結末最終回ネタバレ】四葉とラストはどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

五 等 分 の 花嫁 119

119話:五つ星ツアー フータローが家庭教師する意味 ずばり、今回の裏テーマは「夢」です。 夢についてはこれまでもフータローが追求してきました。 77話 もともと五姉妹の家庭教師は彼女たちの成績を上げてあげるため。 フータロー自信もそれしか目的意識はありませんでした。 それが途中から単純に成績を上げるだけでなく 「夢」を見つけてあげることが家庭教師としての卒業と思うようになったのです。 成績だけでいえばあいつらはもう卒業までいける力を身につけています。 それでいいと思ってた。 だけど五月の話と…こいつ武田の話を聞いて思い直しました。 次の道を見つけてこその卒業。 俺はあいつらの夢を見つけてやりたい。 フータローが家庭教師をする意味。 それは成績を上げるだけにとどまらず、家庭教師を通じて姉妹に夢を見つけてあげること。 夢を見つけてはじめて フータローは家庭教師卒業となるのです。 5つ子が見つけた「夢」 ・一花…女優 ・二乃…ケーキ屋 ・三玖…料理の道(パン屋?) ・四葉…????? ・五月…教師 思い返せば四葉以外はみんな夢を見つけてあげてましたわ。 こうして振り返ると、四葉だけ夢を明かさなかったのが壮大な伏線にもなってたね。 四葉の夢だけ「空位」だった もちろん四葉にも直球で夢を訪ねたことがありました。 79話 四葉、お前将来なりたいものとかあるか? 家庭教師として「5つ子の夢を見つけてあげたい」と宣言し、一花さんも二乃も三玖ちゃんも五月もちゃんと夢を見つける中で四葉だけ「夢」がありませんでした。 当時はあくまでも進路についてで、スポーツの道を見つけてあげたいとか考えてたフータローでしたが、残る四葉だけが「夢」についてなにも語られなかったのは今回のエピソードを読んで 「なるほど!そうだったのか!」と膝を打つってもの。 中学生時代のトラウマで自分が特別になってはいけないことや、他人を優先すると決めた四葉が見つけた夢が大感動ですね。 四葉の夢は… 「お嫁さん」と明かされたのです。 感動! 夢はお嫁さんでした お嫁さんです うおおおおおおおお! ドラクエ風に言えばこんな感じだ。 フータローは勢いでプロポーズを唱えた。 四葉は忘れていた夢を思い出した。 「お嫁さん」だった。 効果は抜群だ!読者Aはニヤニヤしている。 読者Bは悶絶してゴロゴロ転げ回ってる。 読者Cは換気の叫びをあげた。 読者Dは感涙している。 読者Eは昇天した。 今回、改めてフータローから尋ねられれば「あったといえばあったけど…だけどあれは…」「もう忘れちゃいました!あははは」からのお嫁さんですからね。 これまで四葉だけ「夢」を明かさなかった壮大な伏線が最高に効いてるな。 こうして5つ子全員が「夢」を見つけらたわけよ。 最後の最後に四葉だけ明かされなかった「夢」がお嫁さんというのはキレイな顛末だったのではないでしょうか。 またね。 四葉の笑顔が最高なんだ。 100万ドルの四葉笑顔 四葉笑顔(偽?) 四葉といえば笑顔がチャームポイントでもありました。 普通に笑ってる時も多いけど、もっと多いのは「これ絶対、本当は笑顔じゃない作りものだろ!」って読者が推測できてしまうような笑顔です。 代表的なのは目を閉じながらの 「逆への字口笑顔」と 「声に出さないししし笑顔」です。 作り笑いしてる感が半端なく、その前後で悲しい顔してたり泣いてるところも描かれていたことが頻繁にあった。 ししし笑顔は声に出して「ししし」と言ってるのは(おそらく)本当の笑顔っぽいけど、声に出さない口閉じて歯を全開にするのはフェイク笑顔率が非常に高いです。 へたしたら全部作り笑い説まである。 フータローの恋を応援するって言いながら見せたり、寝てる隙きに最後のキスをする時など、ニセモノ笑顔じゃんって丸わかりでしたからね。 <関連記事> そんないしし笑顔でプロポーズ快諾ってのは非常に良い。 本気で混じりっけ無しのししし笑顔 モチのロンで、この歯を見せたのは 純度100%のマジもんししし笑顔でしょう。 もっと突っ込むと、四葉のトレードマークでもあるししし笑顔ってフータローの影響ではと思ったり思わなかったり。 小学生の頃の四葉はこんな笑い方してなかったからね。 当時のフータローがよくしてた笑い方です。 小学生の頃のフータロー ししし笑顔はフータローの真似をしてた説! フータローからの影響でししし笑顔するようになったと考えると、かなりの頻度で偽笑顔だったものの、最後の最後でプロポーズの返事として100%マジのガチでししし笑顔を見せていたのはとても感動的です。 感無量だよ! 四葉のししし笑顔 ・フータローの真似をしてた説 ・偽笑顔で頻繁に使ってた ・混じりっけ無しの本心からししし笑顔 完璧やね! 左手を取ります いつかきっと、私の夢を叶えてください あとね。 あとね。 フータローの告白&プロポーズでひり手を伸ばして、四葉も左手を取るのが最高だよね。 これは学園祭ラストの流れを踏まえたものの続きとなっていますな。 <関連記事> 115話 114~115話の学園祭最終日…。 天下分け目の決戦で四葉が花嫁と決まったわけで、両想いだったものの、フータローが伸ばした左手をスカして手に取ってくれませんでした。 「ずっと好きでした」と述べてるのにも関わらずである。 以下の理由でフータローの左手を取れなかったわけ。 ずっと好きでした。 ですがすみません。 まだやらなくちゃいけないことがあります。 んで、三玖ちゃんや二乃への報告ってケジメもつけたわけで、改めて左手を取るって流れが良いっすな。 ようやくフータローの手を取ったわけで、それが左手。 次は結婚式で指輪を嵌めるんやろな。 また取れなかった左手を取る「まで」の演出もヤバイ! ブランコが壊れた件 ブランコ壊れる フータローが飛んだ時、ブランコが壊れしまいました。 おそらくメタ的な意味合いで 「姉妹のために生きなきゃいけない」「自分は幸せになってはいけない」って決めていた四葉の呪いを…鎖としても枷としても断ち切る演出だったと推測される。 四葉は落ち込んだ時にこの公園のブランコをギコギコすることに定評がありましたからね。 ブランコをぶっ壊すことで、もう他の姉妹が第一で自分の幸せは二の次ってアイデンティティの鎖と枷が切れたのでしょう。 だからプロポーズを了承したと。 メタ的な演出も素晴らしければ、個人的に押したいのはフータローの記録の執念よね。 四葉の記録にずっこけながらも… ドサッ 一見すると、四葉のブランコ飛びは一歩も動いてないので、フータローの記録は四葉に全然及んでおりません。 ずっこけたし。 「もし俺がそこまで飛べたら聞いてほしい話がある」とキリッと格好つけていたのにも関わらず、残念ながら四葉の位置まで飛べていませんよ。 走り幅跳びなどの記録なら勝者は四葉である。 しかしながら、徒競走ルールなら身体の一部が先にゴールすれば勝利なのでギリギリ指先で勝利を掴んでもいる。 このブランコ飛びこだわりは37話からはじまりました。 その後も挑戦し続けており、記録は残念ながら届かずでありました。 ブランコではないけど、学園祭最終日の四葉追いかけっこにも通じている。 37話 四「記録更新!上杉さんはここまで来れますか?」 風「舐めんなよ!」 残念!左靴だけしか届かず! 77話 (まだ足りないか) 残念!努力を続けるが四葉の位置まで届かず! 114話 この先、何度もうまずき続けるだろう。 こんなだせぇ俺の勝手な願いなんだが、その時には四葉、隣にお前がいれくれると嬉しいんだ ずーっと四葉の記録…横に立てなかったフータローである。 正確にいえば今回の記録もずっこけたので横に立ってはいない。 だ・け・ど! 意地と根性でブランコぶっ壊れながらも 四葉の横に届いたわけです。 フータローの執念にアッパレやってください。 現時点では四葉の横に立って並べてないが、 「立って並べる男になれるよう精進する」と言っての告白&プロポーズには素直に感動です。 いつかきっと、フータローは色んな意味において四葉の横に立って並べる男になるのだろう。 そんなメタ的な意味を出すのがブランコです。 これはきっと最終回(?)かエピローグ(?)の伏線だな。 四葉が落ち込んだ時に来る公園のブランコはこわれてしまったが(修理されるかもしれんけどね)、まだ作中でほのめかしていたブランコはもう一つあります。 それが 四葉たちの祖父がやってる旅館です。 最後の伏線は旅館のブランコ説 78話 うん。 すっごく楽しかったよ。 昨日はお父さんとたくさん遊びに行ったんだー。 お兄ちゃんがいなかったのは残念だけど、 凄いところにブランコがあってね。 この旅館も最初は驚いちゃったけど…とってもいいところ 作中で描かれてないが、四葉が落ち込んだ時にぎこぎこ漕ぐ公園のブランコの他に、 祖父が営む旅館にブランコがあるらしい。 詳細不明ですけど「凄いところ」に存在するブランコが気になるマン。 こちらのブランコはどういった意味合いなのでしょう。 十中八九、じいさんが四葉のために作ったブランコっぽいよね。 四葉保管計画のラストを飾るものになりそうな匂いがプンプンしますわ。 旅館の凄いところにあるブランコ…私気になります! <こちらもどうぞ> いや、あれはちゃんとヒントになってるんだよ。 ふらついた一花を受け止めた時に一花は素で喋ってるけど風太郎は誰だ?と言ってる。 混浴に突っ込んできた二乃もリボン着けてないだけでほぼ素なのに見分けられてない。 三玖もヒントだし続けたけどガチで分からんとモノローグが出てる。 五月を見分けることができるなら事件は起こってない。 四葉にだけは違和感を抱いたってことだから。 演技うまいっていう後付けは余計だったと思うけどね。 スクランに関しては何度も間違えられた三玖が初めて見分けて貰えた話だから三玖のベストエピソードなのは変わらないと思うけど。 泥塗られたように感じる人は最初に見分けれるようになったことに拘りすぎ気がする。 過程に関しては完全に同意。 海回だけじゃ分かりにくい。 告白でそれに触れるセリフあればまだマシだったんだけどなぁ。

次の

『五等分の花嫁』115話 感想:選んだ未来とそれぞれの想い!中野四葉がたどり着く答えは…?

五 等 分 の 花嫁 119

Contents• 結婚式のシーン これまでの結婚式のシーンを見ていってまず一番疑問に感じるのは結婚式の五つ子の会話シーンで敬語を喋ってる人が一人もいないんですよね。 何故誰も敬語を喋らないのか? その理由は勿論結婚相手が五月でないことがバレてしまうからですよね。 逆に考えるとこれから五月が敬語キャラでなくなる恐れがあります。 逆に終盤まで敬語喋ってたらヤバイです。 結婚式の会話シーンを見てみると四葉と一花は外せそうです。 「かな」「あはは」「考えちゃうね」「緊張してそー」 みたいな喋り方をするやつは四葉か一花しかいない。 つまりこの二人は外せると 次にニ乃ですがニ乃は五つ子で結婚する可能性が一番高かったです。 その理由はピアスが結婚式でアップされていたからですね。 ただニ乃は五月に変装しているときペディキュアを落とさないからわかるのではないかと思います。 五月の姿でキスしたくないとも言ってるのでニ乃ではない気がします。 後は三玖と五月に絞られます。 五月の好きなもの 五月と決定ずける根拠は敬語の件だけでなく結婚式の一番最初のシーン。 お昼ご飯が超豪華とライハが言っています。 そもそもなんでわざわざ五月を暴食キャラ設定にしたのか? 上杉家は貧しい家庭なので風太郎は焼き肉抜き定食とか頼んでます。 焼き肉抜き定食とか全く受けなさそうなネタや上杉家の貧しい食卓。 それらを伏線として無理矢理関連づけるために暴食キャラという設定にしたのかもしれません。 五月と結ばれるために用意されたストーリー。 そんなように感じます。 110話を見た後の追記 文化祭イベントで風太郎は五つ子全員とキスをするのですが五月だけ風太郎とキスしませんでした。 五月は未だ風太郎に惚れていないし恋愛感情も抱いていないので五月と風太郎のキスは想像すらできませんでしたが 結果的に五月は風太郎とキスしませんでした。 つまり五月が花嫁で確定したということです。 結婚式で風太郎が花嫁とキスするのは二回目です。 初めてじゃないでしょ。 思い出して五年前のあの日を。 それもそのはず花嫁は最終回まで風太郎と二回目のキスをしてをしてはいけない。 五月が風太郎と最後までキスしないということは五月が結婚相手で確定ということです。

次の