タッキー ホモ。 【日本のタブー】SMAPがやめた理由もわかる。ジャニー喜多川の性的虐待が信じがたい……。|イケハヤ大学【ブログ版】

【エンタがビタミン♪】タッキーにマジ“ホモ疑惑”!? さらにはSMAPのアノ人も!!

タッキー ホモ

ジャニー喜多川の 性犯罪被害者はメジャーデビューを果たす前の「 ジャニーズJr. の少年たち」といわれています。 なかでも驚きなのが 20歳になる前の 未成年の少年たち がジャニー喜多川さんに犯されていたということです。 現在ではジャニー喜多川さんの性犯罪者や少年愛の話題はメディア等でほとんど語られることがありませんが、 性的虐待の詳細や被害者が誰なのかについてはこれまでの「裁判」と「暴露本」で明らかにされてきました。 性的虐待の 被害者の中には暴露本を出版した元・ 光GENJIの 木山将吾さんのほか、ジャニーズJr. 時代の SMAPや TOKIOの候補メンバーも含まれているという噂があります。 さらにジャニーさんの後継者として注目されている 滝沢秀明さんも被害に遭っていたという説もあり 「 掘られた 」少年たちは1人や2人ではないという可能性も囁かれています。 週刊文春とジャニーズ事務所の裁判で証言に立った2人の「少年」 ジャニーさんのJr. タレントたちへの 性的虐待は都市伝説として囁かれていた時期もありましたが、 残念なことに 最高裁での裁判でも認定されており、 現在では「秘められた事実」となっています。 裁判のきっかけは1999年に「週刊文春」がジャニーさんの 性的虐待や 性的行為を告発する記事を発表し、 ジャニーズ事務所が 名誉毀損で「週刊文春」を提訴したことに始まります。 その裁判の過程では性的虐待の証人として 元ジャニーズJr. の2人が出廷し、 裁判の場でジャニーの手によって行われていた性的行為を赤裸々に語ったことで、 ジャニーさんの 少年愛 や ホモ に関する都市伝説が公然の事実となったわけです。 このとき証言に立った元ジャニーズジュニアは2人とも 未成年でした。 この時の少年らの証言内容は月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が詳しく報じています。 そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。 普通に触ってきた。 ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。 これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。 出典:『噂の真相』(2002年2月号)• 1988年|『光GENJIへ』(データハウス)北公次・元フォーリーブス• 1989年|『ジャニーズの逆襲』(データハウス)中谷良・元ジャニーズ• 1996年|『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)平本淳也・SHADOWの元メンバー• 1997年|『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)豊川誕• この暴露本の著者は元・光GENJIの 木山将吾さんで、序章にはこのように書かれています。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。 被害者の声はここまで力強いのかと思うほど、 ジャニーさんが亡くなった今でこそ強い思いが伝わってきます。 木山将吾さんの「実体験」にもとづいたこの暴露本では 「 木山将吾さんがジャニー喜多川の 愛人にされていた」 「 僕はジャニー喜多川と 性行為をした」 といったとんでもない内容が綴られています。 この暴露本のタイトルがなぜ「Smapへ」なのか理由については詳しく語られていません。 しかし、光GENJIのバックで踊っていたスケートボーイズのうち選抜された6人が、 SMAPメンバーの中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草彅剛・香取慎吾さんだったわけですから、 木山将吾さんが経験した 性的被害の数々を SMAPのメンバーも「 目の当たりにしていた 」あるいは「 被害に遭っていた 」としてもおかしくありません。 ジャニーズJr. 6名から6名が選抜されSMAPが結成されたのは1988年、 そしてジャニーさんの性的虐待が認定された裁判が起こったのは1999年です。 もしかするとジャニーズタレントの先輩としての責任感もあり、 木山将吾さんは 本当のことを語れない 現役SMAPメンバーに向けた思いを込めてこのようなタイトルを付けたのかもしれません。

次の

ジャニー喜多川の性犯罪被害者は誰?SMAPも少年愛や性的虐待の対象に…?

タッキー ホモ

滝沢秀明はこの3月に36歳を迎える年男。 2018年の上半期は役者業一色となりそうだ。 1~2月は、初の弁護士役を演じる連ドラ「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(フジテレビ系で2月3日スタート)の撮影。 3月は、主演と演出を担う恒例の舞台「滝沢歌舞伎2018」の稽古に追われ、4~5月は東京・新橋演舞場、6月は初の愛知・御園座で本番を迎える。 プライベートタイムは当分、お預けだ。 「仕事漬けになることで事務所関係者は胸をなでおろしている」というのは、古参の芸能ジャーナリストだ。 「1月2日の『クレイジージャーニーSP』(TBS系)でタッキーのもう一つの顔、火山探検家が明らかになりました。 彼はこれまで『趣味は登山』とファンやスタッフに公言していましたが、実際に訪れていたのは、戦地さながらの危険地域でした。 この春から夏にかけては、プライベート返上で撮影、稽古、本番に臨まなければならないため、関係者はホッとひと安心です」 滝沢が今まで「登山」といっていたのは、溶岩湖めぐりのことだった。 これは、溶岩が長時間滞留して湖のようになった場所のことで、往復の道のりはもちろん、目的地も5分と踏みとどまっていられないほど危険だという。 高熱マグマのため有毒ガス、落石など、どこから何が襲ってくるかわからないからだ。 そんなデンジャラスゾーンに足しげく通っていることが事務所にバレたら、即刻禁止を言い渡されると思い、ひた隠しにしてきたのだ。 「5年ほど前、TBSの特番でバヌアツ共和国のマルム火山を訪れているんですが、これが大きなきっかけとなったようです。 そこから、5大溶岩湖といわれるコンゴ民主共和国のニーラゴンゴ山、エチオピアのエルタ・アレ火山、バヌアツ共和国のマルム火山とベンボウ火山の4つを制覇。 『クレイジージャーニー』では、東京から飛行機で13時間もかけて、4度目のバヌアツ共和国で2度目のベンボウ火山を訪れましたが、この国は火山密集地域なので探検家からすると聖地だそうです」(前出・芸能ジャーナリスト) 登山の際には、日本人のまとめ役、カメラマン、ドクターと、外国人のテクニカルリーダー、テクニカルアシスタントを携え、自身はアタックリーダーという立場。 ベースキャンプで張るテントは、大人1人が足を伸ばして寝られるサイズ。 寝袋、ベッドも用意し、全身を覆う火山用ヒートスーツはニュージーランド産のオーダーメイドで50万円だ。 火山ガスや雨に強いラック(崖を下る際の装置)も特注。 まさにガチの火山探検家なのである。 今年の下半期にはどこへ向かうのか。 (北村ともこ).

次の

滝沢秀明(タッキー)の性格悪すぎでヤバい!今井翼とは険悪!

タッキー ホモ

「 何でも、大きな病を患っているというジャニーさんが、自分の後継者にタッキーを指名したというのです。 これは内部のみならず、芸能界を揺るがす大人事となりそう」(スポーツ紙記者) '16年のSMAP独立、解散騒動において、彼らのマネージャーを務めていたIさんが退社。 次期社長ともウワサされた彼女がいなくなったことで、メリー喜多川副社長の娘であるJさんが座をものにした、と見られていた。 「その後のジャニーズはまさに彼女主導のもとで動いていますが、ジャニーさんは納得していないということでしょうか。 黄金期」のリーダー格だった。 そして'06年に始まった『滝沢演舞城』、'10年から自ら演出を手掛ける『滝沢歌舞伎』でも多くのJr. を従えてきた。 「 『Kis-My-Ft2』や『Sexy Zone』、また今年デビューした『King&Prince』、そしてデビューを夢見るJr. らは、舞台でタッキーの背中を見て育ちました。 彼の演出によって輝きを放つことができているといっても過言ではない。 タッキーは裏方としても、タレントをまとめていける力があるようだ。

次の