ハンド ドリップ。 コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

【楽天市場】コーヒー専門器具 > ハンドドリップ:FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店

ハンド ドリップ

ハンドドリップに必要な準備 ハンドドリップに必要な準備は下記の通り。 今回はペーパーフィルターを使った「ペーパードリップ」についてご紹介します。 お好みのコーヒー(豆から挽く場合はコーヒーミルも)• ペーパーフィルター• ドリッパー• コーヒーサーバー• ドリップポット• メジャースプーン・キッチンスケール(電子はかり)• コーヒーカップ ペーパーフィルターではなく、布のネルフィルターを使った「ネルドリップ」の手順はこちらをご覧ください。 コーヒー エスプレッソなら「極細挽き」、サイフォンなら「中挽き」など、使用する器具によって適した挽き方があります。 ペーパーフィルターなら 「中細挽き」が最も相性が良いとされています。 すでに挽いてあるコーヒーを使っても良いですし、豆を買ってコーヒーミルを挽いても良いでしょう。 ミルを持っていない場合はお店で挽いてもらえるか相談してみてください。 お店の人に「ペーパードリップ用に挽いてください」と伝えれば、適した粒度に挽いてもらえるので安心です。 ご自身で挽いてみたい方はこちらもチェック。 フィルターには、ペーパーフィルター、布フィルター、ステンレスフィルターといった種類があり、なかでも一番使いやすくポピュラーなのが、ドリッパーにセットして使う ペーパーフィルターです。 フィルター自体も比較的安価で手軽に買い求めることができるので、ハンドドリップの入門編として、まずはペーパーフィルターでの淹れ方を抑えておきましょう。 紙の細かな繊維を通すことで、コーヒーがすっきりとした味わいになります。 ペーパーフィルターには、茶色っぽい無漂白タイプと、白い漂白タイプがあります。 無漂白だと紙(素材となる木)の香りがどうしても気になる人は、漂白タイプを使うと良いでしょう。 塩素などを使って漂白していた昔のイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今は体に害がなく、コーヒーの香りも邪魔しない「酸素漂白」フィルターがほとんどです。 角度などの形状や、底の穴の大きさや数により、ドリッパー内でのお湯のとどまり方、つまりコーヒーの粉とお湯の接触時間が変わるので、それによりコーヒーの味わいが変化します。 円錐型や台形型といった形状の違いや、コーヒーが落ちる穴の数やそのサイズ、「リブ」と呼ばれる内側の溝の付き方など、特徴はさまざま。 また素材は陶器やガラスがスタンダードですが、ワイヤーやシリコンといった持ち運びしやすくアウトドアなどでも活躍しそうなドリッパーも登場しています。 細口のドリップポット ハンドドリップは、コーヒー粉に注いだお湯がコーヒーの成分を抜き出しながら落ちていくことでコーヒーを抽出していく方法です。 そのため、お湯をどんなタイミングでどう注ぐかが、味を決める大きな要素になるわけですが、 ドリップ専用に作られた細口ポットを使うと、お湯を注ぐ微妙な加減(注ぐお湯の量やスピードなど)がコントロールしやすくなります。 もちろん、専用のドリップポットが無くてもお湯は注げますが、あればハンドドリップが格段に楽しくなるのも事実。 チャンスがあれば、マイドリップポットを手に入れてみましょう。 最近ではドリップで使うことを想定して、湯沸かし機能が付いた電気ケトルにも細口タイプのものも増え、選択肢も広がっています。 サーバー ドリッパーから落ちてくるコーヒー液を受け止めるのがサーバーです。 コーヒー器具のメーカー各社が出しているものの多くは耐熱ガラス製。 杯数の目盛りが付いているなど、抽出するコーヒーの量がわかりやすく、洗浄もしやすいので初めて揃える方にはおすすめです。 このほか、保温性の高いステンレス製サーバーもありますし、陶器のコーヒーポットなどもサーバーとして使うことももちろんできますが、中身が見えにくく抽出量がわかりにくいので、キッチンスケールの上で湯量を量りながら淹れるなど工夫は必要になります。 メジャースプーン・キッチンスケール コーヒー粉をすくう際にあると便利なのがコーヒーのメジャースプーン。 木製、ステンレス製、銅製など様々な素材のものがありますが、実はコーヒー用として販売されていても、メーカーによりスプーン1杯の量はさまざま。 お持ちのスプーンすり切り1杯分の量を知っておくと良いでしょう。 正確な量を計るためには、キッチンスケール(電子はかり、デジタルスケール)がオススメです。 キッチンスケールの上にサーバーとドリッパーを乗せてから電源を入れ、メモリを0にセットし、その上からコーヒー粉を乗せることで粉の量を計ることができます。 コーヒーカップ コーヒーを楽しむためには、「器」も欠かせません。 コーヒーカップにも種類がいくつか分かれており、スタンダードタイプは1杯あたり120〜140ccほどの容量。 喫茶店などでもよく見かける標準サイズです。 ほかにも、結婚披露宴やフルコースの食事の際に提供される小さめのカップは「デミタス」と呼ばれ、フランス語で「半分のカップ」を意味し、その名の通りスタンダードの半分ほどの容量が入ります。 容量以外にも、素材や形による違いがあり、コーヒーを飲むために適した温度を保つ工夫がされているものも。 せっかくならこだわりたいコーヒーカップの選び方も、ぜひ参考にしてみてください。 ハンドドリップの基本的な手順 ここからは、ペーパーフィルターを使ったハンドドリップの淹れ方をご紹介します。 基本的な手順と、おいしく淹れるためのコツを見ていきましょう。 湯温は95度に。 あらかじめ抽出器具を温めておこう まずは汲みたての水を沸騰させます。 このとき、あらかじめドリッパー、サーバーなどの抽出器具、カップやソーサー、スプーンなどを温めておきましょう。 コーヒーを淹れる過程で器具に温度が奪われできあがりの温度が下がってしまうのを防ぐためです。 やかん等で沸かしたお湯を専用のドリップポットに移すか、湯沸かし機能付きドリップポットを使うと効率的ですね。 ペーパーフィルターへコーヒーの粉をセット ペーパーフィルターの接着部分を折って、ドリッパーにセットします。 台形フィルターのように居る場所が二辺ある場合は、底を折ってから、側面を底と逆方向に折ると、ドリッパーにフィルターがフィットして安定します。 コーヒー1杯分なら約12gを目安に、メジャースプーンやキッチンスケールでコーヒー粉を計量し、フィルターに入れます。 このとき、ドリッパーを軽くゆすって、粉の表面を平らにしましょう。 偏りがあると、お湯を注いだ時、湯が粉の少ない方へ流れてしまい、コーヒー全体からまんべんなく成分を引き出すことができません。 【コーヒー粉の目安量】• 1杯分:10〜12g• 2杯分:20g• 4杯分:35〜40g 3. 少量のお湯でコーヒーを蒸らす コーヒーの美味しい成分を引き出すために必要なのが「蒸らし」です。 コーヒーの粉全体にそっとお湯をのせるようなイメージで、1杯分なら約20cc目安をコーヒーの粉に均一に注ぎ、20秒ほど待って蒸らします。 コーヒーの中には焙煎した時に発生したガスがまだ残っているのですが、少量のお湯を注ぐことでガスを追い出し、お湯とコーヒーの粉を馴染みやすくするためです。 この「蒸らし」の作業をしないと、コーヒーの成分をしっかり引き出すことができず、軽いコーヒーになってしまいます。 ペーパードリップで美味しくコーヒーを淹れるときの重要なプロセスだと覚えておいてください。 「の」の字を描くようにお湯を注ぐ 蒸らしが終わったら、平らにならした粉の中心から「の」の字を書くように、お湯がフィルターに直接当たらないように注いでいきます。 お湯はなるべくコーヒーの粉を荒らさないよう、低い位置から静かに注ぎましょう。 3回に分けて注ぐときは注いだお湯が落ちきる前に、次のお湯を注いでいきます。 1杯分のお湯はあっという間に注ぎ終わってしまうのでお湯の落ちる状態を見ながら気を抜かずに。 コーヒー液がサーバーに落ちきったらできあがりです。 サーバーのコーヒーを均一に整えて出来上がり サーバー内のコーヒーを軽く回して混ぜて均一に整え、コーヒーカップに注げば出来上がりです。 フィルターの中のコーヒーのかすの表面に、細かい泡は残っていますか? この泡は、雑味のもととなるアク。 これが残っていれば雑味のないクリアな味わいになっているはずです。 おいしく召し上がれ! 美味しく淹れるために知っておきたいポイント ハンドドリップはこだわれば奥が深いもの。 ひと工夫できる点がいくつもあります。 基本的な淹れ方をマスターしたら試してほしいポイントもご紹介します。 コーヒーの鮮度を保つ コーヒーは挽いてから時間が経つと空気などに触れることで鮮度が落ちてゆきます。 焙煎から時間が経っていないものほど鮮度が良く、鮮度の良さは当然味にも影響しますので、コーヒーを購入したら、キャニスターなどの保存容器を使用し、密閉した状態で冷蔵庫で保存しましょう。 また、空気に触れる表面積が少ないため、粉状になったコーヒーよりも鮮度が保ちやすいのは「豆」。 ミルを使い、コーヒーを淹れるたびに豆を挽いて淹れるのもおすすめです。 「水」にもこだわってみる 水にはミネラルの含有量によって「硬水」や「軟水」といった区分がなされていますが、一般的にコーヒーに合うのは「軟水」とされています。 コーヒーの成分はミネラルに反応しやすい性質を持っており、「硬水」のようなミネラルの多い水だと味わいが変化してしまうためです。 それでもエスプレッソなど苦味を味わうようなコーヒーは「硬水」が適していたりするので、まずはご自身が味わいたい飲み方から考えてみてはいかがでしょうか? ハンドドリップで自分だけの味を見つけよう ハンドドリップの基本的な手順はいたってシンプル。 習得するのにそれほど時間はかかりません。 とはいえ、すべてを手作業で行うため、各プロセスにおいての微妙な加減が味を左右するのも、奥深く面白いところ。 ハンドドリップにチャレンジして、自分だけのコーヒーの味を追求してみてはいかがでしょうか? さまざまなコーヒーの淹れ方をこちらでもご紹介しています。

次の

【楽天市場】コーヒー専門器具 > ハンドドリップ:FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店

ハンド ドリップ

もくじ• それはハンドドリップコーヒーには 再現性がないから。 レストランなどでは 毎回同じ味の飲食物を出さなければならないので、珈琲豆はブレンドを使い、抽出はコーヒーメーカーを使うのが一般的。 (ブレンドに関して👇) ハリオのドリッパーが美味しくなる訳 ドリッパーはカリタじゃなくハリオですか? ハリオがおすすめです。 どこが違うのですか? サイフォンなどは浸漬法といって珈琲粉をお湯や水に 漬けこむ抽出方法です。 透過法のドリップコーヒーは浸漬法と違い、珈琲粉とお湯が長時間接しないので クリアーな味のコーヒーになります。 ただドリッパーの種類によっては、ドリッパー底部で お湯が溜まる構造になっている物もある。 お湯が溜まらない構造のドリッパーは2019年現在、 ハリオのV60👇だけ。 ハンドドリップではお湯の注ぎ方で味を作っていく。 ですのでお湯を自在にコントロール出来るドリップポットが必要になります。 お湯を自在にコントロールできるのでしたらどんなドリップポットでも構わないのですが、当店ではタカヒロ製のポットを推薦器材にしています。 珈琲豆を挽いて香をかぐ• お湯で蒸らして香りをかぐ• 膨らみを見てアロマを吸う• カップに注ぎ美しさに酔う こういった工程を楽しむことがハンドドリップの意義であり、趣味と言われるゆえん。 逆に腕前で珈琲の味に かなり差が出ます。

次の

Biography

ハンド ドリップ

こんにちは。 ドリップを自宅で淹れ始めて5年が経ちました。 普段、「趣味は何?」と聞かれると、自然と「コーヒーです」と答えるのですが、意外と驚かれたりします。 職場でもインスタントや缶、コンビニのコーヒーなんかを飲んでいる光景はよく見かけるのですが、実際に自宅でコーヒーを淹れている人はかなり少数派のようです。 たまに興味を持ってくれる人がいて、「 どんな器具を揃えればいいの?」と聞かれることもあるのですが、なかなか口頭で説明しづらいものがあります。 笑 そういったこともあり、今回は、そのような「 コーヒーを淹れたことのない身近な人に向けて、僕がおすすめするとしたら」ということを念頭において、 「 自宅でハンドドリップをはじめる際におすすめのコーヒー器具」を紹介してみたいと思います。 この記事を一通り見ていただければ、あまりコーヒーに馴染みのない方でも、ある程度、揃えるべき器具のイメージは掴んでいただけるかと思います! コーヒーを淹れる3つの工程 器具の紹介をはじめる前に、 コーヒーを淹れる手順をイメージできない人に向けて、任意で下の3つの工程に分けてみました。 コーヒー豆を挽く• お湯を沸かし、温度を調節する• ドリップする この3つの工程のそれぞれで何が必要か、という形で紹介していきたいと思います。 コーヒー豆を挽く 買ってきたコーヒー豆を挽き、粉にします。 <ここでのPoint> コーヒー豆は焙煎してから時間が経つと酸化してしまうため、 新鮮なコーヒー豆を用意することをおすすめします。 コーヒーミルをひとつとっても様々な種類があり、ここでは3つに分けて紹介します。 A 手挽きミル• B 簡易的な電動ミル• C グラインダー 本格的な電動ミル これからはじめる人には、価格的にお手頃な AかBをおすすめします。 「ごりごり」コーヒー豆を挽き、手作り感が味わえます。 <ここでのPoint> 湯温によって、コーヒーの味に変化があります。 沸騰直後のお湯でコーヒーを淹れると苦味が出過ぎてしまったり、逆に湯温が低いと、コーヒー豆に含まれている様々な成分を十分に抽出できなく、味気がなくなってしまったりします。 ブルー色を持っていますが、本当にいい色です。 ちなみに僕は、ケトルでお湯を沸騰させた後、ドリップポットに移しています。 そうすることで、温度もだいたいちょうどいいくらいになります。 Pointでも書いた通り、 沸騰直後のお湯では高温過ぎて苦味が多く抽出されてしまうし、冷め過ぎても豆の成分が十分に抽出できなくなってしまいます。 この 温度計測は地味な作業ながら重要なポイントになりますので、 必ずなんらかの温度計を用意してください。 これなら 自動的に温度が測れるのでお勧めです。 容量が350mlで、一人分のコーヒーを淹れるのに最適ということもあり、僕はこのポットを愛用しています。 可愛いデザインも気に入っています! 関連記事: 3. <ここでのPoint> ここでも「測る」ということが重要になってきます。 湯温を調節する際に温度計を使うように、 ドリップする時も、 サーバー コーヒーの受け の下にスケールを置き、 湯の投入量 or抽出量 と抽出時間を計測することをおすすめします。 ここでは、普段自分が使っていて、個人的におすすめする ハリオの「V60」と、一般的に初心者の方におすすめとされている カリタの「ウェーブドリッパー」を紹介したいと思います。 A ハリオV60 僕がおすすめするのは「V60」というドリッパーです。 注ぐスピードによって味の変化の振れ幅が大きいため、初心者には不向きとの意見もありますが、逆に言えば、試行錯誤によって、 自分の好みの味に調節しやすい、という点で、僕はこのドリッパーをおすすめします。 ドリップをする際には、 量と 時間を測る必要があります。 A 量を測る 湯温と同じように、 湯量でも味の濃い薄いが変わってきます。 B 時間を測る 抽出時間に関しても、 長ければ苦味が出やすくなったり、早すぎても抽出成分が十分に出切らなかったりします。 以上、ハンドドリップに必要な6つの器具を紹介しました。 ドリップポット• 温度計• サーバー• ドリップスケール これらを揃えれば、自宅でハンドドリップのコーヒーを淹れることができます。 器具はお手頃なものから高価なものまでありますが、 僕は値段は気にせず、 デザインにこだわることをおすすめします。 やはり、日常的に目にしたり触れたりするものは、自分が気に入ったデザインのものを選ぶことで、多かれ少なかれ日々の暮らしが心地よくなります。 せっかく器具を揃えたのに使わないでいたらもったいないです。 ぜひ、自然とコーヒーを淹れたくなる、愛着が持てそうなものを選んでください。 「美味しく淹れるのに大切なこと」というテーマで考えてみた記事もありますので、よかったらこちらも参考にしてみてください。

次の