難しい 漢字。 難しい漢字

ちょっと難しい漢字の送り仮名の読み方【485個】一覧|難読漢字

難しい 漢字

漢字には、その漢字ができた経緯や意味が存在しています。 そのため、使われている漢字を見ただけで、その意味を理解することができ、その意味から文やその話の予測をたてることができます。 このことから、漢字を知っていることで全てとはいきませんが、ほぼ全てに近い熟語の意味を理解することができます。 また漢字を知ることで楽しみが増え、そのことが新しい漢字を知ろうとする意欲に繋がり、そのことが漢字の魅力だと言えます。 日本語には、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」を使って文を書きますが、ひらがなやカタカナだけで文を書いた場合は、どこで切って読んでいいか分かりにくく、また文の意味もとりづらくなり文に締まりがありません。 しかしその文に、漢字を入れることで締まりのなかった文が、読みやすくなります。 また漢字を入れたことで、文の内容を予測するのにも役立つため、文を書くのに漢字はとても大切なアイテムです。 この象形文字とは、見たものを線などの絵を基本とした文字形態の一覧になり、その絵は時間が経つにつれて崩れていき漢字へと変化しています。 この象形文字は、1番ポピュラーな成り立ちとなります。 またこの象形文字の一覧は、別名を「ヒエログリフ」とも呼ばれています。 最も古い文字は紀元前3100年前のシュメール文字の一覧となり、メソポタミアの南部で誕生しました。 また1番代表的な文字が、エジプト文字になります。 また元が絵なため、漢字の予想がつきやすく見ていても面白いのが特徴です。 この「麒麟」は、面白いことに動物のキリンだと勘違いされますが、中国の神話に登場する「霊獣」のことになります。 また日本の芸人さんの中には、コンビ名が麒麟のコンビがいるため、難しい漢字の中でも「麒麟」は書く機会があると言える漢字です。 一般的に鮟鱇は、「西のフグ鍋、東の鮟鱇鍋」と言われるくらい、関東の冬を代表する鍋料理です。 この鮟鱇は、見た目は深海魚なため少しグロテスクですが、全てが食べられるムダのない魚です。 また世間一般では、高級魚としても知られている魚になります。 ぜひ寒い冬には、鮟鱇鍋を堪能しつつも、漢字も書けるように練習してみてはいかがでしょうか。 この躑躅とは、春から夏にかけて花を咲かせる躑躅のことです。 ツツジの漢字は、中国では「躊躇 ためらう 」意味があり、羊が躑躅を食べて足踏みしながら死亡したことから、「躑躅」の漢字で表されるようになりました。 この鼈とは、亀と似た見た目をしている鼈のことです。 鼈は、見た目からも分かるように亀の1種になり、漢字もどことなく似ています。 そんな鼈は、栄養価がとても高いことでも知られており、鼈鍋としても楽しまれています。 この蝦蛄とは、春~初夏に旬を迎える甲殻類の1種になり、食用の蝦蛄はお寿司のネタとしてよく食べられています。 漢字で表記されている事は稀ですが、よく食べられているのが和食なため、漢字でも読めるようにしておくことをおすすめします。 蠃は、陸に住んでいる巻き貝の1種になり、貝は退化することでなくなりました。 カタツムリは、「蝸牛」とも表記することができ、この蝸牛は読める人が多いです。 しかし最も難しい「蠃」も読めるようにぜひ覚えてみましょう。 鱷は動物園などにいる鱷 ワニ のことです。 鱷も簡単な漢字の「鰐」なら読める方が多い漢字になりますが、少し難しい方の「鱷」も「鰐」と似ている漢字なため、この機会にぜひ覚えて読めるようになってください。 難しい漢字も読めたり書けたりすると面白い! 今回は、読み方や書き方が「難しい漢字」について紹介いたしました。 日本には「ひらがな・カタカナ・漢字」の3種類が存在しますが、漢字を使うと文章を引き締め読みやすくできたりするため面白いです。 またそんな漢字の中には、書くことや読み方などが難しいものがたくさんあり、最も画数や多い漢字も存在します。 難しい漢字を知っておけば、難しい本などもスラスラ読むことができますよね。 難しい漢字の読み書きができるようになると、なにより自分の自信へになります。 ぜひ難しい漢字の一覧を作って最も難しい漢字を学んでみては。

次の

難しい(むずかしい)の類語・言い換え

難しい 漢字

先日、某生放送でチャットしていて、 難読漢字の話になったんですよね。 「読めそうで読めない・・・っていうか、なにこの漢字!? 」と思ったことありませんか?例えばこんな漢字。 蝸牛・雨虎・翻車魚・孑孑 普段ほとんど目にすることはありませんが、『 読めそうで読めない漢字』や『 成り立ちが特殊な漢字』っていっぱいあります。 今回は、初級・中級・上級・超上級とレベル分けをして、難読漢字をクイズ問題形式で出したいと思います。 もちろん、上記の漢字も入っていますよ。 誠に勝手ながら、これを読んでしまったあなたへの挑戦状です! それぞれいくつ読めたのかアンケートを付けてみましたので、よければぜひポチッてください!(回答結果は随時溜まっていきますので、他の人がどれくらい読めたのか分かりますよ!クイズだと思って是非チャレンジしてみてください) 初級編 まずは初級編です!比較的目にすることも多い漢字をピックアップしてみました。 結構読める漢字も多いのではないでしょうか? 問題• 子守熊• 案山子• 百舌鳥 回答(解説と由来) 海星 読み ひとで 字の如く「海の中にある星の形をした生物」ということで「 ひとで」です。 これは比較的易しかったでしょうか。 心太 読み ところてん あのちゅるんとした喉越しの良い食べ物「 ところてん」です。 なぜこう書くかというと、俗に「 こころふと」と呼ばれていて、この漢字が当てられたようです。 非常に易しい漢字ですが、こんな読み方をするとはなかなか思わないですよね。 賽子 読み さいころ ギャンブル系の漫画が好きな方はわかる方多いですよね。 六面体の転がすやつ「 さいころ」です。 「 賽子」と書きます。 「 賽は投げられた」という言葉がありますが、「 賽」だけでサイコロの意味を成します。 それにコロという接尾語が付いたようです。 蝸牛 読み かたつむり 虫偏に咼(うずの意味も)、そして牛のような角があるので「 かたつむり」です。 食用かたつむりもありますよね。 美味しかったですが、あれは見た目が食欲をそそりませんでした(笑) 所謂 読み いわゆる 普通に日常的に使いますよね「 いわゆる」。 これは漢文の「 謂フ所ノ」から来ています。 似ているところで、「所有」を「あらゆる」と言いますね。 贔屓 読み ひいき 「 今後ともご贔屓に」とよく使われますね。 「 ひいき」は「 自分の気に入った者に目を掛け力を添えて助けること」を意味します。 中国の伝説上の生物である「贔屓」が語源で、「支えてその物に力を貸す」という意味で使われていることから、現在の使われ方になったようです。 熊猫 読み パンダ パンダを中国語で読むと「 熊猫」になるので、別名漢字として入れてみました。 ちなみに最後に「猫」と付いていますが、「ネコ科」ではありません。 「 哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科」なので、熊に分類されます。 紛らわしい…。 子守熊 読み コアラ 「 コアラ」の別名で「 子守熊」と書きます。 これも漢字の読みか?という点では、ちょっと違いますが、お気になさらず。 ちなみに、「熊」と書きますが「クマ科」ではなく「 コアラ科」です。 こちらも紛らわしい…。 案山子 読み かかし 田んぼとかによく立っているとされていますよね。 非常に手抜き感のある「 かかし」が想像できると思います。 もともとは、悪臭で鳥や獣を追い払っていたことから、「 嗅がし」と呼んでいたのが濁りが取れて「かかし」となったようです。 当て字のようです。 百舌鳥 読み もず 鳥の一種である「 もず」のことです。 漢字3文字なのに、読みは2文字という不思議な漢字です。 この名称は「モ」が鳴き声、『ズ』が鳥を表す接尾語とする説が有力です。 色々な鳥の音を真似ることから、この漢字が当てられたと考えられます。

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】旧字体(旧漢字)と新字体(新漢字)の相互変換アプリ

難しい 漢字

漢字の中には読めそうで読めなかったり、何と読んでいいのか想像もできない漢字が結構あるものです。 画数が多くて読めない漢字が多いように思うのですが、画数は少ないのに読めない漢字も案外多いようですよ。 今回はそんな読み方が難しい漢字とその意味を100個紹介します! 難読漢字の読み方と意味一覧 まずは漢字だけを見て考えてみましょう! その後、少しスペースを空けて読み方を書いています。 「扁桃(へんとう)」は和名で、「平たい桃」という意味があり、アーモンドと桃の実の形が似ているからだといわれています。 蔓の部分は利尿作用があり漢方薬に用いられ、「小水が通じる蔓の木」ということで「木通」の漢字が当てられたそうです。 「蜊」の一文字だけで「あさり」と読むこともあります。 アシカは海洋生物で、姿がロバに似ていたことから「海驢」の漢字が当てられたといわれています。 一見、花には見えないので、花を咲かせずに実をつける果物ということで「無花果」の漢字が当てられたそうです。 「鵜飼」は、鵜という鳥に水中で魚を飲み込ませた後、水上に引き上げて魚を吐き出させます。 「享」という字には「ずんぐりしている」という意味があり、鳥へんを付けて「鶉」という漢字になったそうです。 風もないのに動いているように見えることから「独(ひとりで)活(活動する)」という漢字が当てられたそうです。 熱く煮て食べることから「温飩(うんどん)」となり、さらに転じて「饂飩」になったといわれています。 okraの発音から「おーかれ(んこん)」となったという説があり、オクラではなく陸蓮根と呼ばれていた時期もあったそうですよ。 「鬼蜻蜓」とも書きます。 食事の汁もののことを「つけ」と言いましたが、室町時代の女房言葉(宮中に仕える女性が使う言葉)では「御(お)」を加えて丁寧に「御つけ」と呼びました。 更に丁寧に「御御(おみ)」を付け加えて「御御御付」になったという説があります。 嬶(かかあ)は、妻や女性の親しみを込めた呼び方ですが、ぞんざいに呼ぶ場合に用いることもあります。 かかしの語源は「嗅がし(かがし)」といわれており、獣肉や魚を焼き、串に刺して田畑に立て、そのにおいで鳥や獣を追い払ったことがかかしの由来といわれています。 漢字の案山子はもともと中国の僧侶が用いた言葉で「案山」は山の中でも平らな場所を表し、「子」は人形を表しており、中国の宋の時代の禅書である景得伝灯録の「僧曰、不会、師曰、面前案山子、也不会」から案山子という字が当てられたといわれています。 ちなみに現代の中国語でかかしは「稻草人」と書くそうですよ。 女は一人なら静かだが、三人集まっておしゃべりに夢中になるととても騒がしいということで「女」が3人集まって「姦しい」という言葉が作られたという説があります。 「希」という字には「細かい」という意味があり、ニシンの小さな卵が集まっていることから、魚へんを付けて「鯑」になったという説があります。 ちなみにかたつむりの「かた」は螺旋状の殻が笠に似ににていることから「笠」が語源といわれており、つむりは、「つぶり」や「つぶろ」同様、貝のことを指しているそうです。 また、かたつむりのことを「でんでんむし」といいますがこれは出出虫(ででむし)が変化した言葉だと言われおり、「角よ出よ出よ」と子どもたちがはやし立てたからことから来ているという説があります。 中国語が由来していて、美しい金色の羽を表しているそうです。 「花椰菜(はなやさい)」とも読み、キャベツ類の花を表しているそうです。 ちなみにブロッコリーは「芽花椰菜(めはなやさい)」「緑花椰菜(みどりはなやさい)」と書くそうです。 他に「袋鼠(袋を持つねずみという意味)」や「長尾驢(長いしっぽという意味)」と書くこともあります。 ちなみに、石川啄木(いしかわたくぼく)が、啄木という名前をペンネームにしたのは故郷の盛岡には、きつつきが多く、少年の頃に療養していた際、外から聞こえてくるきつつきが木を叩く音に慰められたからだといわれています。 キリギリスはほかに「螽蟖」「蟋蟀」と書くこともあります。 一般的に「かんぱん」と読みますが、造船や船乗りなど、船に関する人たちは「こうはん」と読むそうです。 果物の「柿」は「市=なべぶた+巾」で分かれていますが、杮(こけら)は分かれず突き抜けています。 杮とは木材を切ったり、削ったりしたときに残る木片や木屑のことです。 建築工事の最後に屋根などに残った杮を払い落すことから「杮落し(こけらおとし)」という言葉が生まれたそうです。 杮落しとは新築、または改築した劇場や映画館などで行われる、初めての興行のことをいいます。 武帝は不老不死を求め、その皿の上にたまった露に仙薬といわれた「玉の屑」を混ぜて飲んでいたそうです。 その像の空中に手をかざした形がうちわのようなサボテンに似ていることから「仙人掌」と書いてサボテンを意味するようになったと言われています。 中国では、ウチワサボテンを「仙人掌」、球のような丸いサボテンを「仙人球(せんにんきゅう)」と書くそうです。 また、サボテンという読み方の由来ですが、シャボン(石鹸)が由来と言われています。 江戸時代に油汚れを落とすためにサボテンが使われたそうなのですが、石鹸のように汚れがよく落ちることからシャボンと呼ばれ、それがサボテンに変化したと言われています。 貝原益軒の大和本草にも「誠に草中の異物なり。 油の汚れをよくとる」との記述があるそうです。 「鸚哥」は中国語が由来し、「イングー」と発音するものが訛って「インコ」となったといわれています。 そばかすという読み方は、そばかすの斑点がそばの実を粉にしたあとのそば殻に似ていることから来ているそうです。 日本人の苗字とされ、「だいと」や「おとど」と読むこともあります。 サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音を漢字にしたものが「菩提達磨」です。 もともとの由来は中国語の「美人局」という言葉ですが、それに日本語の「筒持たせ」という読み方を当てたものです。 「筒持たせ」はサイコロ博打の際に使われていた言葉で、細工した筒を使ってイカサマすることいいましたが、それが転じて人を騙す意味にも使われるようになり、「美人局」という漢字に当てられたといわれています。 それ以前に中国から伝えられた「モロコシ」という植物と似ていたことから「唐(舶来という意味)のモロコシ」ということで「とうもろこし」になりました。 しかし「モロコシ」は「唐黍」という漢字が用いられており、「唐唐黍(とうもろこし)」となってしまいます。 そこで、モロコシの別の漢字「蜀黍」に「玉」の字をあてて「玉蜀黍」としたそうです。 「玉」は、「玉黍(たまきび・黄金色の実が美しく並んでいることが由来)」からきています。 ところてんの材料であるテングサは中国から伝わりましたが、その俗称が「心太(こころふと)」だったそうです。 葉っぱがぴったりとくっついているように見えることから、男女がくっついている様子に似ているので「合歓木」という漢字になったそうです。 但し、芭蕉の木とバナナの木は、両方ともバショウ科バショウ属に分類される大型多年草ですが、芭蕉の木に成る実はバナナと違い、食用に向きません。 「雛」は「小さい、かわいい」という意味があり、「小さくかわいい花を咲かせるケシ」ということで「雛罌粟」の漢字が当てられたそうです。 ぼうふらは短い棒状の生き物でくねくね体を振って浮いたり沈んだりするので、棒振虫(ぼうふりむし)と呼ばれていましたが、ぼうすりむしのむしが省略され、「ぼうふり」となり、転じて「ぼうふら」と呼ばれるようなったと言われています。 「孑孑」という漢字には孤立した、ちっぽけななどの意味があり、小さな蚊の幼虫が泳いでいる様子を表しているそうです。 中国ではペルシャのことを「菠薐(ほりん)」と呼んでいたので、ペルシャから伝わった野菜ということで「菠薐草」となり、日本にもそのまま伝わったそうです。 酸漿は漢方薬などに使われ、中国からそのまま伝わってきたそうです。 他に「鬼灯(ほおずき)」と書くこともあり、こちらは、鬼が持つ提灯を連想しているそうです。 ミルラとは北アフリカ原産の樹木からとったゴム樹脂のことで、ミイラ作りに使われていたそうです。 「雨」と「英」から成っていて、「英」には「花」という意味があり、みぞれは花のように降ることから「霙」という漢字になったそうです。 中国には「湯婆(たんぽ)」というものがあり、「婆」は妻や母のことで、妻や母のかわりに暖を取るものという意味があります。 日本に伝わった時「たんぽ」だけでは何のことかわからないので「湯(ゆ)」という字を加えて「湯湯婆」になったそうです。 読める漢字、読めない漢字はいくつありましたか? 普段、なにげなく使っている言葉も、漢字にすると「こんなの読めない!」と思うようなものがありますよね。 公魚や黒子のように漢字は簡単なのに読むのが難しい漢字もありますし、魑魅魍魎や雛罌粟のように書くのも読むのも難しい漢字もあります。 少しずつ覚えていって、読めない漢字が読めるようになると嬉しいですよね! 関連: 関連: - ,.

次の