トレッド ストーン シーズン 2。 『トレッドストーン』(Season1)がむちゃくちゃ面白かった

『トレッドストーン』(Season1)がむちゃくちゃ面白かった

トレッド ストーン シーズン 2

マット・デイモン主演映画『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ 「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」の主要キャスト、および登場人物の設定が判明した。 米が報じている。 『ボーン・アイデンティティー』(2002)に始まった『ボーン』シリーズは、記憶喪失の暗殺者 の物語をリアリティあふれる展開とアクションで描き、多くのファンを獲得。 計5作品の米国興行収入は累計8億ドルを突破した。 2018年11月、「トレッドストーン」の主人公J・ランドルフ・ベントリー役に『戦火の馬』(2011)や『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』(2018)の ジェレミー・アーヴァインが起用されたことが報じられた。 CIAのスパイとして要人暗殺の任務に挑んでいたところ、国際的な陰謀に巻き込まれるという設定だ。 また準主役には、ドラマ「センス8」(2015-2018)の ブライアン・J・スミスが配された。 自分自身についての隠された真実を知り、人生が変化していく石油掘削作業員ダグ・マッケナ役を演じる。 自身の決断によって仲間のスパイを死なせたことから、同僚から疎まれるCIAエージェントのミスター・エドワーズ役を演じるのは、「MR. 潜入任務に長けた実力の持ち主という設定だ。 また、ジャーナリストのタラ・コールマン役には女優の トレイシー・イフェアチョア。 危険な真実に迫りすぎたがゆえにキャリアを失った過去を持つが、国際的陰謀の真相を追うことになる。 『ビューティー・インサイド』(2015)や実写映画版『人狼』(2018)の韓国人女優 ハン・ヒョジュは、北朝鮮で夫や子どもと穏やかな生活を送っている女性を演じる。 知られざる自身の過去に直面するなか、自らの生活との間で葛藤する役どころだ。 またロシア人の愛国者ながらも裏切られてしまった女性ペトラ役には、ベテラン女優の ガブリエル・シュラニツキー。 同じくロシア人で、祖国の計略を推し進めるためなら手段を選ばないKGBエージェント役には、1992年生まれの注目女優 エミリア・シュールがキャスティングされた。 このように登場人物と出演者の顔ぶれを並べただけでも、本作「トレッドストーン」がアメリカ・ロシア・北朝鮮と世界を股にかけ、各地で物語が進行する構成であることがうかがえる。 特徴的なのは、暗い過去や秘密を背負った登場人物が多いことだろう。 国際的陰謀とCIAの計画をめぐる一大群像劇とともに、キャラクター個人の内面を掘り下げていくストーリーに期待したい。 エグゼクティブ・プロデューサー&脚本を担当するのは「HEROES」(2006-2010)のティム・クリング。 プロデューサー・チームには『華氏451』(2018)のラミン・バーラニ、『ゲティ家の身代金』(2018)のブラッドリー・トーマス、ドラマ「Beyond(原題)」のジャスティン・レビーなどが名を連ねた。 『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」は2019年撮影予定。 Sources: Deadline(, ).

次の

【トレッドストーン】あらすじ感想:ジェイソン・ボーン映画シリーズをベースにした新作海外ドラマ

トレッド ストーン シーズン 2

2019年10月にアメリカで放映開始した海外ドラマ 「トレッドストーン」の後続感想です。 「トレッドストーン」は 映画「ジェイソン・ボーン」シリーズのドラマ版で、ジェイソン・ボーンたち暗殺者を生み出したトレッドストーン計画の前日譚の話です。 ここでは第4話~第6話を紹介します。 あらすじなんかどうでもいい、Gさんの感想を聞かせてよ!というおかしな方は目次から一番下まで飛んでいきなさいね。 海外ドラマ【トレッドストーン】第4話~6話あらすじと感想 第4話あらすじ ダグの妻サマンサはトレッドストーン計画の医師担当でした。 サマンサが撃ち殺したトレッドストーンの掃除屋の遺体を、動揺の色を見せながらも手際よく始末していくサマンサを同じ目で見れなくなってしまうダグ。 サマンサによると、任務を完了しないと掃除屋は次々と現れ、任務を遂行しなければ二人とも殺されるに違いないと言います。 捕まっていたアセットの一人スティーブンは、トレッドストーンのウェルズ医師を殺して施設から逃亡する。 ダグが追いつき、スティーブンの娘との再会を助けることを条件に、スティーブンたちを呼び覚ましたのは誰か探るのを手伝って欲しいと依頼、スティーブンが承諾する。 第5話あらすじ ダグは、見知らぬ武装した男たちに拾われ、強盗の任務を説明される。 目的地に着いたらそこに標的の女がいたので、強盗の任務やってるフリして女を暗殺する。 時は1973年、ジョンは自分に何が起きたかを探っていた。 ブタペストで自分のアパートを突き止めたジョンだが、そこでKGBの指示の下、仲間のCIAエージェント?の拷問や殺人をしていた自分の動画記録を発見して愕然とする。 ソーユンは中国に冷戦時代のミサイル「スティレット6」の書類の届け物を依頼され、中国に行く。 書類のなかに夫が持っていた青写真が見えたため、ソーユンは書類を奪い返そうとする。 受け取るアセットの女と乱闘になり、ソーユンは銃で撃たれてしまう。 第6話あらすじ 撃たれたソーユンはなんとか近隣の村まで歩いていき、村民に助けられる。 ソーユンは北朝鮮に戻ります。 ジョンは悶々としたままバーで女に誘われてヒッピーの地下パーティに行き、ストレスを和らげるドラッグを飲んで過去を少しずつ思い出す。 そんなドラッグありー? CIAの活動中にKGBに捕らえられたジョンは洗脳され、セケイダ計画の被験者になっていた。 洗脳されたジョンはKGBの命令でCIAのエージェントを殺していた。 すべてを思い出したとき、地下パーティ会場にKGBが急襲してきてジョンは再びペトラに捕まってしまう。 ときは現在。 ダグは悪徳政府の追手から逃げる。 エレン・ベッカーは上司にトレッドストーンの後始末をしろ=トレッドストーンを知る者は始末しろという命令を受ける。 エドはスティーブンと手を組み、トレッドストーン関係者と攻防する。 エドとスティーブンは、セケイダたちを覚醒させたのは誰なのか探ろうとする。 第4話~第6話まで観た感想 「ジェイソン・ボーン」シリーズのドラマか…と馬鹿にしていたけれど、思ったより悪くないですよー。 全10話でしょうから、複雑なあらすじは無理かもしれないけど、考えてみれば「ホームランド」だって「ブレイキング・バッド」だって13話だもんね。 やればできるんだよ、お前たちは! 役不足ではないかなぁーと思われたダグもそれほど悪くないし、トレッドストーン関係者で唯一まったく記憶がない、ある意味真っ新なダグがこれからどう変わっていくのか楽しみだったりする。 もしかしたら妻ンサが殺されてしまうような気がしないでもない。 妻ンサが「あんたが任務を遂行しないと、わてら殺されますわ」言ってたけど、そもそもパンチパーマの掃除屋さんの男が任務を遂行すりゃ良くない? わざわざ「暗殺なんかしたくないなぁ…」という渋々態度のダグと死闘を繰り広げてまでして暗殺任務を無理強いしなくても、お前が暗殺ミッションしたほうが話早いんじゃない? ダグより強かったくらいなんだし。 ダメなのか。 パンチパーマかけてる掃除屋 最初は体制派のエドが真相を知ってトレッドストーン計画の被験者で不安定な精神状態のスティーブン・ヘインズと手を組むあたりも良い。 エドは上司のエレン・ベッカーとは懇意だし、「へインズを始末しろという命令が下ったわ」とCIAの意図を伝えられて、板挟みにある美味しいキャラなので、丁寧に描いてほしいなぁ。 ただこの先エドたちがどういう戦法でいくのか疑問だけど。 エレン・ベッカーが映画のパメラ・ランディに近い存在であるなら、エレン・ベッカーが密かにエドたちに協力する方向性になるかと想像するのだけど、もしかしたらどっちつかずの存在になるような気がしないでもない。 主演のジョンは冷戦時代に生きる男なので、はっきりいってもうどうでも良くない?トレッドストーンがどうだったかというよりKGBのセケイダ計画と洗脳の概要を説明しちゃってるし。 さらに「I remember everything! (全部思い出したー)」というジェイソン・ボーンのあの緊張感溢れる記憶復帰モーメントを再現しているのだが、思い出し方がスーパー安易。 断片的に過去を思い出したジョンはやさぐれていたところで女に誘われてヒッピーの地下パーティに繰り出す。 そこでストレスを和らげるドラッグをすすめられる。 ドラッグでトリップしていたら、まさかの アイ・リメンバー・エヴリシン! そんな思い出し方あるか。 アイ・リメンバー・エヴリシン!多分、俳優も「こんな思い出し方ってありー?」と納得がいっていないままのドラッグトリップ演技。 予想に反して健闘しているのが北朝鮮でがんばってるソーユンです。 ソーユンじゃなくてスーヤンかもしれないし、ソユンかもしれない。 その辺は分からないので字幕が出るまで勘弁して下さい。 突然、北朝鮮から中国まで宅配メッセンジャーのお仕事頼まれたりと大忙しのソーユン。 インディアン系のエージェントと一悶着になり撃たれてしまった瞬間は 「ソーユン!」と叫ばせてもらいました。 ソーユン健気で可愛いんだよ。 北朝鮮から中国まで宅配メッセージをお届けするソーユン というわけで、アクションも迫力あり(とりわけエド&ヘインズ、ソーユンあたりが頑張ってる)、なかなか面白いのでおススメ! 面倒なことに足突っ込んじゃったエド君 oclife.

次の

『ジェイソン・ボーン』シリーズはこの順番で見よう:映画全5作品の時系列一覧を徹底解説

トレッド ストーン シーズン 2

マット・デイモン主演映画『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ 「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」の主要キャスト、および登場人物の設定が判明した。 米が報じている。 『ボーン・アイデンティティー』(2002)に始まった『ボーン』シリーズは、記憶喪失の暗殺者 の物語をリアリティあふれる展開とアクションで描き、多くのファンを獲得。 計5作品の米国興行収入は累計8億ドルを突破した。 2018年11月、「トレッドストーン」の主人公J・ランドルフ・ベントリー役に『戦火の馬』(2011)や『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』(2018)の ジェレミー・アーヴァインが起用されたことが報じられた。 CIAのスパイとして要人暗殺の任務に挑んでいたところ、国際的な陰謀に巻き込まれるという設定だ。 また準主役には、ドラマ「センス8」(2015-2018)の ブライアン・J・スミスが配された。 自分自身についての隠された真実を知り、人生が変化していく石油掘削作業員ダグ・マッケナ役を演じる。 自身の決断によって仲間のスパイを死なせたことから、同僚から疎まれるCIAエージェントのミスター・エドワーズ役を演じるのは、「MR. 潜入任務に長けた実力の持ち主という設定だ。 また、ジャーナリストのタラ・コールマン役には女優の トレイシー・イフェアチョア。 危険な真実に迫りすぎたがゆえにキャリアを失った過去を持つが、国際的陰謀の真相を追うことになる。 『ビューティー・インサイド』(2015)や実写映画版『人狼』(2018)の韓国人女優 ハン・ヒョジュは、北朝鮮で夫や子どもと穏やかな生活を送っている女性を演じる。 知られざる自身の過去に直面するなか、自らの生活との間で葛藤する役どころだ。 またロシア人の愛国者ながらも裏切られてしまった女性ペトラ役には、ベテラン女優の ガブリエル・シュラニツキー。 同じくロシア人で、祖国の計略を推し進めるためなら手段を選ばないKGBエージェント役には、1992年生まれの注目女優 エミリア・シュールがキャスティングされた。 このように登場人物と出演者の顔ぶれを並べただけでも、本作「トレッドストーン」がアメリカ・ロシア・北朝鮮と世界を股にかけ、各地で物語が進行する構成であることがうかがえる。 特徴的なのは、暗い過去や秘密を背負った登場人物が多いことだろう。 国際的陰謀とCIAの計画をめぐる一大群像劇とともに、キャラクター個人の内面を掘り下げていくストーリーに期待したい。 エグゼクティブ・プロデューサー&脚本を担当するのは「HEROES」(2006-2010)のティム・クリング。 プロデューサー・チームには『華氏451』(2018)のラミン・バーラニ、『ゲティ家の身代金』(2018)のブラッドリー・トーマス、ドラマ「Beyond(原題)」のジャスティン・レビーなどが名を連ねた。 『ボーン』シリーズのスピンオフドラマ「トレッドストーン(邦題未定、原題:Treadstone)」は2019年撮影予定。 Sources: Deadline(, ).

次の