ボタニカルシャンプー 比較。 パーマヘアー向けシャンプーのおすすめ7選!ボタニカルも

ボタニカルシャンプーのおすすめ7選!ボタニストやダイアンなど

ボタニカルシャンプー 比較

Menu• ダイアンボタニカルの特徴 宮崎あおいさんのCMで話題のダイアンボタニカルシャンプー。 市販で販売されている為、ドラッグストアなどの店頭で見かけた方も多いのではないでしょうか。 パッケージもいかにも「植物由来」ということが強調されたデザインの為、一目見ても「ボタニカル」シャンプーだとわかります。 そんなダイアンボタニカルシャンプーですが、他のシャンプーと比べてどんな特徴があるのか気になりますよね。 成分の良さ 詳しい成分についてはこの後解説しますが、ダイアンボタニカルシャンプーは成分の良さにも定評があります。 市販で販売されているシャンプーには、価格を抑える為に肌に刺激の強い「石油系界面活性剤」が使用されています。 しかし、ダイアンボタニカルは90%天然由来の成分が配合されている為、肌に刺激の強い石油系界面活性剤は使用されていません。 さらにノンシリコンでエタノールやパラペン、合成色素や鉱物油がフリーと子供や肌の弱い方でも使用できる優しい成分作りが特徴です。 価格の安さ 近年、自然派を謳ったシャンプーが数多く販売されています。 その多くは1本1000円以上と、通常のシャンプーよりも高いことがほとんどです。 しかし、このダイアンボタニカルはなんと480ml入って税抜924円と他のシャンプーと同様、比較的安く購入することができます。 シャンプーは毎日使用するものですから、少しでも安い方が続けやすいですよね。 市販で購入できる! そしてダイアンボタニカルの一番大きな特徴として、どこでも購入ができるという事です。 口コミがとても良いシャンプーや、成分が優しいシャンプーって結構通販や美容室でしか購入できない事が多く、手に入れにくいことで使用することをためらっている方も多いのではないでしょうか。 その点ダイアンボタニカルシャンプーは本当にどこでも購入が可能です。 ドラッグストアはもちろんの事、スーパーでも購入できるので、夕飯の買い物ついでにシャンプーも購入することができてしまうのです。 バラエティーショップや雑貨屋でも取り扱いがあるので本当にどこでも購入することができる手に入れやすいシャンプーということです。 ダイアンボタニカルシャンプーは種類が豊富! ダイアンボタニカルシャンプーは何と言っても種類が豊富です。 通常のシャンプーは種類が出ていても3つまでがほとんどでした。 しかし、ダイアンボタニカルシャンプーの種類はなんと6種類!• ディープモイスト• リフレッシュ&スムース• リフレッシュ&モイスト• ボタニカルモイスト• ダメージリペアリング• モイストリラックス そんなに必要?と思うほど種類が登場しています。 たしかに、髪質や使用効果って十人十色で似ているようで違いますよね。 なので、シャンプーのそれぞれの目的に合ったものを使用したいのが本音ですが、どのメーカーも似たり寄ったりな種類がほとんどです。 6つも種類があるということは、色々な髪質の方が使用しやすい種類展開になっているということで、ダイアンボタニカルシャンプーはより多くの人が使用しやすいようになっているというわけですね。 ダイアンボタニカルシャンプーの成分! ダイアンボタニカルシャンプーには6つも種類があるので、今回はよりボタニカル成分の強い「ボタニカルモイスト」の成分を詳しく見ていきたいと思います。 ボタニカルモイストは90%以上が天然由来の成分で出来ています。 それを聞いただけでも充分優しいことがわかります。 気になる洗浄成分は何が含まれているのでしょうか。 様々な植物由来成分 ローズマリー葉エキスやラベンダー花エキスなど、10種類以上の植物由来エキスが多く配合されています。 これにより、90%以上植物由来ということも納得です。 化学成分を使用していたところを、植物由来の成分で補う為優しいシャンプーにできるというわけですね。 さらに、様々な成分を配合することで価格の高騰を防ぎ安価に私たち消費者に提供できるということではないでしょうか。 ダイアンボタニカルシャンプーの香り シャンプーを選ぶとき、そのシャンプーの効果を気にされる方が一番多いと思いますが、次に香りを気にされる方も多いのではないでしょうか。 香りに持続力のあるシャンプーだと、次の日の夕方まで香ってフレグランス代わりになるのでちょっと楽しい気分になれますね。 ダイアンボタニカルシャンプーはどの種類もすべて香りがしっかりと残るタイプになっています。 誰もが好きなタイプの香りからちょっと好みが分かれそうな甘めの香りまでいろんな種類が存在します。 それでは種類ごとどんな香りなのか紹介したいと思います。 モイストリラックス シトラスハーブの香り。 やはりリラックス効果を目的としたシャンプーのため、成分も9つのハーブが使われており、香りもハーブのさわやかさが人気のシャンプーです。 恐らく、ダイアンボタニカルシャンプーの中でも一番ハーブの香りが強めで、ボタニカルシャンプーらしさを感じる方もいるかもしれませんね。 ダイアンボタニカルを試したい! シャンプーを使用する時、出来ればお試し品を使ってから購入したい方も多いのではないでしょうか。 ダイアンボタニカルシリーズには90mlのお試しパウチが存在します。 価格も1袋100円ほどなので試し安く、旅行用のシャンプーとしても持ち運びが可能です。 どこのお店でも取り扱いしているわけではありませんが、かけた時は是非購入してみてください。 ダイアンボタニカルシャンプーのまとめ ダイアンボタニカルシャンプーの種類や効果、成分について解説しました。 身近なお店で取扱いしている為、いつでも購入しやすく、価格も普通のシャンプーほどなので、ボタニカルシャンプーを使用してみたいけれど、自分に合うかわからないという、ボタニカルシャンプー初心者さんにとてもオススメのシャンプーシリーズです。 今後も種類が増える可能性もあるので注目のシャンプーシリーズと言えるでしょう。 ダイアンボタニカルシリーズを使用して、素敵に香って素敵な髪質を手に入れましょう!.

次の

人気104商品の成分を徹底比較!おすすめのスカルプシャンプー20選|UPDAYS

ボタニカルシャンプー 比較

出典: 頭皮や髪のキューティクルを整え、美しいパーマヘアをキープするために、保湿成分の含まれているものを選びましょう。 シャンプーに含まれている保湿成分には、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンの他に、アルガンオイルやホホバオイルなどがあります。 一般的にセラミドやアルガンオイルは保湿力の高い成分として、高級な成分のシャンプーに多く含まれています。 ただし、保湿力の高い成分が地肌に合う成分というわけではないので、自分の頭皮や肌に合ったものを選ぶことが大切です。 ヘマチンが含まれているとダメージ補修に ヘマチンはタンパク質と結合して、髪を修復する効果があるとされる成分です。 ヘマチン配合のシャンプーを使うことでダメージを受けた髪を補修して、パーマ持ちの良いなめらかで潤いのある髪に仕上げることができます。 また、ヘマチンは縮毛矯正やパーマで使用した薬剤のダメージを和らげる働きを持っているため、パーマなどをかける際に使用した薬剤の残留で受けるダメージの緩和も期待できます。 ヘマチンの他にも、ケラチンや加水分解コラーゲンといった成分が補修成分です。 成分表示をチェックして、補修成分配合の商品を選びましょう。 ノンシリコンシャンプーもチェック.

次の

ボタニカルシャンプーはどこが安い?販売店を独自比較!

ボタニカルシャンプー 比較

エクストラストレート 髪のうねりや広がりを抑えてくれるのが特徴のシャンプー のハズなんだけど、逆にうねってしまいました。 このシャンプーは、くせ毛にはあまり良くないみたい。 くせ毛対策ならの方がいいと思います。 エクストラダメージリペア 「傷んだ毛先やパサつきをダメージ補修」が特徴。 実際は寝癖が付きやすくペタンコな髪に。 水でリセットすれば、しっとり重めで柔らかい髪質になりました。 エクストラシャイン 「毛先までなめらかにまとまってツヤ髪へ」が特徴。 やっぱり寝癖が付きやすく、洗浄力が高めなので髪の内側が乾燥しているのかも。 手触りはツルツルでサラサラ。 うねりは出やすいみたいです。 成分をチェック メーカーがアピールしているのは、「オーガニックアルガンオイル」と「ビューティケラチン」です。 うるおいを与え、ダメージを補修できるとされています。 エクストラシャインの成分一覧 洗浄成分は「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」や「スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na」が使われていて、硫酸系ほどではないけど洗浄力は強め。 補修、保湿成分はかなり種類が多く配合されています。 ただ、種類が多いということは一つ一つの量が少ないので、効果は薄くなっているハズ。 実際、びっくりするほどの効果はありませんでした。 パーフェクトビューティはどれがいいの? 実際に3つのシャンプーを使ってみた仕上がりの違い比較してみます。 エクストラストレートは真っ直ぐにならずにうねるし、ダメージリペアもうねるしペッタンコ。 パーフェクトビューティの中から選ぶとすれば、エクストラシャイン一択なんじゃないかな。 ダイアンボタニカルの種類と違い 90%以上が天然由来成分というのがこだわりなのが、ダイアンボタニカル。 ディープモイスト ホイップシアバターで乾燥から守ってくれるシャンプー。 泡立ちはすごく良くて、本当にホイップクリームのような泡になります。 ディープモイストなのに、仕上がりに潤いはなくてパサパサ。 ハリコシもないので、髪がペタンコになってしまいました。 リフレッシュ&スムース オリーブ洗浄成分と10種のボタニカルエキスが特徴。 泡立ちはよく、柔らかい泡です。 仕上がりは、まとまりがよく、軽い髪質に。 くせ毛になりやすいのがデメリットかな。 リフレッシュ&モイスト 乾燥肌も優しく洗うというのが特徴。 仕上がりはなかなか良くて、まとまっていてくせ毛も改善してるんです。 潤いもあります。 ただ、ハリが無いので、猫っ毛さんには合わないかもしれません。 ボタニカルモイスト 「潤い補修でサラサラ髪に」というのが特徴。 泡立ちはクリーミーな感じ。 ダイアンボタニカルのシリーズの中では、一番しっとりしてるんじゃないかな。 その分、ボリュームは出ませんでした。 うねりがひどいのもデメリットかな。 ダメージリペアリング 希少オイルと植物エキスの潤いでダメージ補修というのが特徴。 泡立ちは、徐々によくなってモコモコに。 うねり補修効果もあると書かれてるんだけど、実際は強めにうねりが出ちゃってました。 潤いがあるけど、ハリも少し出るのでペタンコにはならないのが良いところです。 モイストリラックス 9種のハーブで紫外線で乾燥した髪を潤すというのが特徴。 元々限定商品だったんだけど、人気があったから定番商品になったみたい。 仕上がりはツヤツヤでサラサラ。 うねりは抑えられて真っ直ぐなんだけど、前髪にかけて大きくクルンとなる感じ。 ボリュームは抑えられて、ちょっと硬めの髪質かな。 ツヤが一番出るシャンプーです。 成分をチェック メインの洗浄成分は全てスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naで、植物由来だけどそこそこ洗浄力と刺激が強い成分。 ボタニカルモイストの成分一覧 植物由来だからボタニカルと言ってるけど、低刺激ではないんです。 ノンシリコンだけど、ポリクオタニウム-10という皮膜成分の配合量が多そう。 カチオン化ポリマーなのでシリコンより吸着力が強いのが特徴。 地肌にも吸着しやすいので、地肌への刺激が心配される成分です。 ダイアンボタニカルはどれがいいの? 6つのシャンプーを使ってみた仕上がりの違い比較してみます。 髪の仕上がりとして一番バランスがいいのが「リフレッシュ&モイスト」 うるおいもあって、くせ毛も改善、まとまりもいいんです。 一番しっとり感があるのが「ボタニカルモイスト」 ツヤツヤに仕上がるのが「モイストリラックス」です。 選ぶのならこの3つの中からなんじゃないかな。 ダイアンボヌールの種類と違い ダイアンの中でも香りにこだわっているのがダイアンボヌール。 フランス産の天然香料を使った香水のような香りに仕上げているみたい。 天然由来成分が98%以上というのも特徴です。 グラースローズ(ダメージリペア) 天然由来成分でダメージ補修できるというのが特徴。 泡立ちはそんなに良くありません。 基本の洗浄成分はダイアンボタニカルと似たような構成です。 補助でクラフトソープと言っている、• オリーブオイル• アルガンオイル• ババスオイル の洗浄成分が使われています。 髪の内側からダメージ補修するような成分は無さそう。 なのでハリコシはなく、柔らかい髪質になります。 潤いやツヤもなく、ふんわり軽い仕上がりです。 オレンジフラワー(モイストリラックス) うるおって自然なツヤ髪になるというのが特徴のシャンプー。 こちらは香水っぽい香りがかなり強めでした。 仕上がりは、確かにツヤが出てうるおっています。 前髪がクルンとうねるのだけがデメリットかな。 ブルージャスミン(ダメージリペア&シャイン) ダメージケアができるシャンプーのハズなんだけど、補修効果は感じられませんでした。 香りはすっきり、さわやかな感じなんだけどかなり弱め。 パサパサで寝癖がひどくついてしまいました。 ブルージャスミンの成分一覧 ベタインやアミノ酸系が補助で使われているので、少し刺激は緩和されているハズ。 精油による保湿だけなので、すすぎをしっかりすると潤いはあまり残りませんでした。 ダメージ補修効果はなさそうです。 ダイアンボヌールはどれがいいの? 3つのシャンプーを使ってみた仕上がりの違い比較してみます。 グラースローズはダメージリペアシャンプーなはずなんだけど、補修力がなく、柔らかく、ふんわりした髪質に。 オレンジフラワーは、うたい文句通り、うるおってツヤのある髪質になります。 前髪がクルンとうねってるのがデメリットかな。 ブルージャスミンはパサパサでまとまりませんでした。 ダイアンボヌールオーガニックの種類と違い コスメキッチンとの共同開発で生まれたのが、ダイアンボヌールオーガニック。 COSMOSのオーガニック認証を取得しています。 ローズ&ネロリ(ダメージ&リペア) オーガニック系だけど泡立ちが良く、モッチリした泡で洗えます。 アピールされている保湿成分はアルガンオイルとシアバター。 でも、そこまで補修、保湿力があるワケではなく、髪質がすごく改善するワケではありません。 髪の表面は整っているけど、ちょっと潤い不足で広がりやすい髪になります。 ベルガモット&セージ(モイスト&スムース) こちらも泡立ちが良く、モッチリした泡で洗えます。 アピールされている保湿成分はマラクジャオイルとマルーラオイルの2つのオーガニックオイル。 髪の仕上がりはモイストというほど潤いはなく、こちらも広がりやすい髪質に。 悪い仕上がりじゃないけど、お値段的に期待してるほどの仕上がりではないかな。 成分をチェック ベルガモット&セージの成分一覧 全シリーズの中で、ボヌールオーガニックだけがアミノ酸系で低刺激です。 オーガニック系なので、積極的にダメージを補修するような成分はなく、精油で保湿するのがメイン。 「グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド」というカチオン化ポリマーの配合量が少し多めで、指通りの良さはこの成分のおかげなんじゃないかな。 ダイアンボヌールオーガニックはどれがいいの? 2つのシャンプーを使ってみた仕上がりの違い比較してみます。 ローズ&ネロリの方がハリが強めで、うねりも少な目です。 保湿力はどちらもあまり差はないかな。 香りはどちらも柑橘系だけど、ローズ&ネロリはネロリの感じが強く、少しビターな匂い。 ベルガモット&セージの方が幅広い人に受けそうな気がします。 ダイアンの選び方とおすすめ 価格で選ぶならパーフェクトビューティ。 髪の仕上がり的に、エクストラシャインになるでしょう。 ダイアンボタニカルの6つの中でも次の3種類は髪質的にアリ。 リフレッシュ&モイスト• ボタニカルモイスト• モイストリラックス この中から髪質に合わせて選ぶのがいいんじゃないかな。 香りで選ぶなら「ボヌール」と「ボヌールオーガニック」 ただし、ボヌールは値段の割に髪質は良くないんです。 成分にこだわるならボヌールオーガニック。 COSMOS認証のオーガニックシャンプーで、唯一アミノ酸系の低刺激な洗浄成分です。 髪質はそこまで改善しないので、オーガニックにどれだけ価値を見出せるかです。 僕が全ての中から選ぶなら、ダイアンボタニカルの「リフレッシュ&モイスト」 価格と髪の仕上がりのバランスが良く、ダイアンの中では一番コスパが高いシャンプーだと思います。

次の