お参り。 節分四方参り(吉田神社・壬生寺・・・)

「伺います」と「参ります」正しい使い方は?意味の違いや例文を紹介

お参り

よく「ただいま係の者が参ります」というように自分以外の社員や店員が「来る」場合にも「参ります」という意味で用いられます。 「来る」の「参ります」の意味合いとしては「行く」と意味が近いのがポイントです。 また、「来る」を謙譲語で表した場合「参ります」という意味にもなります。 例えば「バスが参りました」であれば「バスが来ました」という意味になります。 さきほどの「係の者が参ります」という表現も「係の人が来ます」といった意味になります。 「来る」としての意味での「参ります」は、相手が目上の立場であれば「お迎えの車が参りました」「バスが参りました」など気遣いの意味で使いましょう。 以後気をつけて参ります」 ・「ご指摘ありがとうございました。 以後気をつけて参ります。 」 謝罪の一文として使われることが多いのが「以後気をつけて参ります」という表現の仕方です。 「気をつけて参ります」は「~する」「~していく」の謙譲語になりますので「気をつけて参ります」の表現としては敬語として間違ってはいません。 また、通常の言葉にすると「今後は同じことがないように努力します」という意味として伝わりますので、問題はありません。 しかし、人によっては「気をつけて参ります」は『心がこもっていない』などの印象を受ける方もいますので、その場合は「大変申し訳ございませんでした、肝に銘じておきます」と付け加えるとより誠意が表れた表現になるでしょう。 参りますゆえ ・「ただいま、参りまする」 ・「行って参りまする」 「参りまする」は「ます」のと同じ意味で、「ます」を丁寧に表現した古い敬語の1つです。 「参りまする」の意味としては「参ります」と同じ意味で使い方も間違ってはいませんが、現在ではビジネスの場や目上の方に使う言葉としてはふさわしくはありません。 また、語尾がかわいらしい印象を受けることから若者の間で使われることが多いのもこの「参りまする」の特徴といえるでしょう。 友人や家族の間でふざけてみたい時などに使うと盛り上がれるます。 参りますか.

次の

「参ります」の意味と使い方・敬語表現・「伺います」との違い

お参り

背景 [ ] のとして公家・寺家・武家が加持祈祷を行っていただったが、中世の戦乱の影響で領地を荒らされ、式年遷宮が行えないほど荒廃していた。 その伊勢神宮を建て直すため、神宮で祭司を執り行っていたは外宮に祀られているを広めるため、農民に伊勢神宮へしてもらうようにを配るなど各地へ布教するようになった。 中世には、現世に失望し来世の幸福を願い沢山の人々が寺院へ巡礼した。 やがて、神社にも巡礼が盛んになった。 街道の関所が天下統一により撤廃され、参詣への障害が取り除かれた。 以降はを初めとする交通網が発達し、参詣が以前より容易となった。 世の中が落ち着いたため、巡礼の目的は来世の救済からが中心となり、観光の目的も含むようになった。 の品種改良や農業技術の進歩に伴い農作物(特に、江戸時代の税の柱であった米)の収穫量が増え、農民でも現金収入を得ることが容易になり、商品経済の発達により現代のや旅行記に相当する本も発売された。 当時、庶民の移動、特に農民の移動には厳しい制限があったが、参詣に関してはほとんどが許される風潮であった。 特に商家の間では、伊勢神宮に祭られている天照大神は商売繁盛の守り神でもあり、農家の間ではの守り神でもあったから、子供や奉公人が伊勢神宮参詣の旅をしたいと言い出した場合には、親や主人はこれを止めてはならないとされていた。 また、たとえ親や主人に無断でこっそり旅に出ても、伊勢神宮参詣をしてきた証拠の品物(やなど)を持ち帰れば、おとがめは受けないことになっていたという。 また、庶民の移動には厳しい制限があったといっても、伊勢神宮参詣の名目でさえ発行してもらえば、実質的にはどの道を通ってどこへ旅をしてもあまり問題はなく、参詣をすませた後にはやなどの見物を楽しむ者も多かった。 流行時にはおおむね本州、四国、九州の全域に広がったが、などの信徒が多い地域には広まりにくかった傾向がある。 死人が生き返ったなど、他の巡礼にも付き物の説話は数多くあるが、巡礼を拒んだ真宗教徒が神罰を受ける話がまま見られる。 一番多いのは、おふだふりである。 村の家々に神宮大麻()が天から降ってきたと言う。 これは伊勢信仰を民衆に布教した (後述)がばら撒いたものだともいわれる。 伊勢神宮参詣は多くの庶民が一生に一度は行きたいと願う大きな夢であった。 お伊勢講 [ ] しかし、制度上は誰でも伊勢神宮参詣の旅に行くことは可能だったとはいえ、当時の庶民にとっては伊勢までの旅費は相当な負担であった。 日常生活ではそれだけの大金を用意するのは困難である。 そこで生み出されたのが「お伊勢講」という仕組みである。 「」の所属者は定期的に集まってお金を出し合い、それらを合計して代表者の旅費とする。 誰が代表者になるかは「」で決められる仕組みだが、当たった者は次回からくじを引く権利を失うため、「講」の所属者全員がいつかは当たるように配慮されていたようである。 くじ引きの結果、選ばれた者は「講」の代表者として伊勢へ旅立つことになる。 旅の時期は、が利用される。 なお、「講」の代表者は道中の安全のために二、三人程度の組で行くのが通常であった。 出発にあたっては盛大な見送りの儀式が行われる。 また地元においても道中の安全が祈願される。 参拝者は道中観光しつつ、伊勢では代参者として皆の事を祈り、土産としてや新品種の農作物の種、やの織物などの伊勢近隣や道中の名産品や最新の物産(軽くてかさばらず、壊れないものがよく買われた)を購入する。 無事に帰ると、帰還の祝いが行われる。 江戸時代の人々が貧しくとも一生に一度は旅行できたのは、この「講」の仕組みによるところが大きいだろう。 また、この「お伊勢講」は平時においては神社の氏子の協同体としても作用していた。 「お伊勢講」は畿内では室町中期から見られた現象だが、全国的になったのは江戸以降である。 江戸時代が過ぎてもこの仕組みは残った。 なお戦後は講を賭博行為とみなしたにより解散させられた(を参照)。 しかし、地域によっては現在でも活動を続けている伊勢講もある。 伊勢神宮参拝は数年に一度行うのみとして、簡素な宴席のみを毎年行う習慣が残存している地域もある。 「お伊勢講」が無かった地域では、周囲からの餞別(せんべつ)が旅行費の大半を占めていた。 御師の活躍 [ ] 御師が産業の大神であるを、農民に広めたのがお蔭参りのきっかけである。 御師は数名ずつのグループに分かれて各地に散らばり、農村部でを配ったり、豊作祈願を行ったりして、その年に収穫されたを初穂料として受け取る事で生計を立てていた。 伊勢神宮の神田には全国から稲穂の種が集まり、参宮した農民は品種改良された新種の種を持ち帰った。 も中頃になると、農業技術の進歩により、農家の中に現金収入を得られる者が増え、新たな知識や見聞、物品を求めて旅をしようと思い立つ者が現れるようになった。 しかし、農民の移動に規制があった江戸時代に旅をするにはそれなりの理由が必要で、その口実として伊勢神宮参詣という名目が使われるようになった。 当時、他藩の領地を通るために必要不可欠なの発行には厳しい制限があったが、伊勢神宮参詣を目的とする旅についてはほぼ無条件で通行手形を発行してもらえたためである(この他にも、参詣や参詣など、寺社参詣目的の旅についてはおおむね通行手形の発行が認められていた。 通行手形の発行は、在住地の・などの代表者またはに申請した)。 この口実には、御師が各地の農民に対して伊勢神宮参詣の勧誘活動を行っていたことも理由になっていたようである。 こうしてに旅立った者は、滞在時に大抵、自分達の集落を担当している御師のお世話になっていた。 御師は伊勢参拝に来る人をもてなすため、自分の家でを経営している事が多かった。 御師の宿屋では盛装した御師によって豪華な食器に載ったやの山海の珍味などの豪勢な料理や歌舞でもてなし、農民が住んでいる所では使ったことがないようなのに寝かせる、など、参拝者を飽きさせないもてなしを行った。 また、伊勢神宮や伊勢観光のガイドも勤め、参拝の作法を教えたり、伊勢の名所や歓楽街を案内して回った。 この時、が祀られている外宮を先に参拝しが祀られている本殿の内宮へ向かうしきたりで、という。 お蔭参りが農村に与えた影響 [ ] お蔭参りに行く者はその者が属する集落の代表として集落から集められたお金で伊勢に赴いたため、手ぶらで帰ってくる事がはばかられた。 また、当時、最新情報の発信地であったお伊勢さんでや、などを知り、見聞を広げるための旅でもあった。 お蔭参りから帰ってきた者によって、最新の(例:最新のの柄)や(例:新しいのがもたらされる。 に代わって、手動式風車でおこした風でを選別するが広まる)、や(に起源を持つが各地に広まる)が、実際の品物や口頭、紙に書いた旅の記録によって各地に伝わった。 これが餞別やの始まりであるという説もある。 変遷 [ ] (年号のみ記載のあるものは、厳密にはお蔭参りではないが、群参の顕著な年である) 中世 [ ] お蔭参りの前段階として、集団参詣が数回見られる。 前期 [ ]• (15年)• (3年) 慶安のお蔭参りは、記録が少なく、詳しいことはわかっていない。 「寛明日記」によると、の商人が流行らせたと言う。 の関での調べによると、正月下旬から3月上旬までで一日平均500-600人が参詣し、3月中旬から5月までで平均2100人が参詣したという。 参詣するものは皆「白衣」を着ていた。 参詣者:• 当時の日本総人口:1781万人(1650年)• 発生地域:江戸• 期間:1月~5月• (元年)• (14年)• (2年) 宝永のお蔭参りは、本格的なお蔭参りの始まりで、2ヶ月間に330万~370万人が伊勢神宮に参詣した。 のの記載によると、4月上旬から1日に2~3千人がを通り、最高は1日23万人である。 参詣者:330万~370万人• 当時の日本総人口:2769万人(1700年)• 発生地域:• 期間:• (3年)• (享保8年)• (享保15年)• (元年)• (5年) 中期 [ ]• (8年) 4月11日、から女・子供ばかりの集団が仕事場の山から無断で離れて、着の身着のままやってきたのが明和のお蔭参りの始まりと伝える。 ピーク時には地元では、自分の家から道路を横切って向かいの家に行くことすら困難なほど大量の参詣者が町の中を通っていった、と当時のにかかれている。 参詣者らは「おかげでさ、ぬけたとさ」と囃しながら歩いてきた。 集団ごとに幟を立てていたが、初めは幟に出身地や参加者を書いていたが、段々と滑稽なものや卑猥なものを描いたものが増えてきたという。 お囃子も、老若男女がそろって卑猥な事々を並べ立てるようなものになった。 参詣者:200万人• 当時の日本総人口:3110万人(1750年)• 発生地域:の• 期間:4月~7月(5ヶ月間)• 経済効果: 街道沿いの物価が高騰した。 1升が50文が相場のときに、4月18日には58文に上がり、5月19日には66文、6月19日には70文まではね上がった。 は5月3日で8文だったものが、5月7日には13-15文になり、5月9日には18-24文に急上昇した。 沿いの富豪による「施行」も盛んに行なわれた。 無一文で出かけた子供が、を持って帰ってきたといった事もあったという。 初めは与える方も的な思いもあって寄付をしていたが、徐々にもらう方ももらって当然と考えるようになり感謝もしなくなって、中にはただ金をもらう目的で参詣に加わる者も出てきた。 (3年) 後期 [ ]• 伝播地域は、明和よりも狭かったが、参加人数は大幅に増えている。 何故か参詣するときに、を持って行って伊勢神宮の外宮の北門で置いていくということが流行った。 のの風習が広まったとも言う。 参詣者:427万6500人• 当時の日本総人口:3228万人(1850年)• 発生地域:阿波• 期間:閏3月初~8月末• 経済効果:86万両以上 物価上昇が起こり、で13文のが200文に、で16文のが300文に値上がりしたと記録されている。 (2年) 末期 [ ]• (3年) ええじゃないか。 厳密にはお蔭参りには入らないがお蔭参りの影響を受けている。 を参照。 に入り、が伊勢神宮へ行幸したのをきっかけに伊勢神宮の性質が変容し、さらに、がの活動を禁じたために、民衆の伊勢神宮への参拝熱は冷めてしまった。 『おかげ年』にあたる明治23年()のには、「お蔭参りの面影もなし」という内容の記事が掲載された(教育テレビ 『知るを楽しむ 歴史に好奇心』 10月放送分より)。 お蔭参り(抜け参り)に参加した著名人 [ ]• (の父) 少年時代に抜け参りに参加した。 その経緯は自著『』に詳しい。 (8代藩主) 脚注 [ ] []• ただし、江戸幕府が信仰を厳しく禁じていたキリスト教の信者()に対しては通行手形の発行が許可されることはなかった。 現存する通行手形には、申請者がキリシタンでないことを証明する旨が明記されているものが多い。 関連項目 [ ]• - 「お伊勢詣りをして加良須に詣らぬは片参宮」• - 「伊勢へ参らば朝熊を駆けよ、朝熊駆けねば片参り」• - 「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」• - 「抜け詣り」を題材としたの。 参考文献 [ ]• 旅の文化研究所 編『絵図に見る伊勢参り』(河出書房新社、2002年)• 金森敦子『伊勢詣と江戸の旅 道中日記に見る旅の值段』(文春新書、2004年) 外部リンク [ ]• 奈良女子大学学術情報センター• 『ケンプェル江戸参府紀行』 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

お蔭参り

お参り

【お参り】秋の七五三お参りシーズンは毎年10-11月 神社やお寺にお子さんたちが七五三の衣装を着飾ってお参りにきている、秋になるとそんな七五三の風景が見れるようになります。 そんな秋の「七五三お参りシーズン」がいつなのかは 毎年10月後半〜11月中旬頃 となります。 今現在でも11月15日の七五三の日はっても伝統ある日として大切にされており、この日が秋のお参りシーズンのポイントの日となります。 この11月15日より前に七五三のお祝い・お参りを行うのが一般的です。 とくに 10月後半〜11月中旬頃までの土日祝日や大安の日 などは、七五三の参拝と祈祷をあげてもらうお子さんとそのご家族で、神社・お寺の境内は混雑します。 祈祷の申し込みで行列ができるなんてのもよく起きることです。 ゆったりと時間をかけて神社でお参りを行うために、また子供の機嫌を考えてあえて時期をずらす、といったことも賢い選択です。 また最近では、プロカメラマンに依頼して「 神社・お寺での七五三出張撮影(ロケーションフォト)」する方も多くなりました。 そういったロケ撮影をお願いする場合、やはり混み合う11月15日前後よりも時期をずらして撮影すると、子供のノビノビとしたいい表情を撮影してもらうことができます。 撮影料が割引になりお得なだけでなく、様々な特典が早い時期の撮影だと受けることができるからです。 また写真館によっては、 「写真は前撮りで早い時期に先に撮影し、そして11月のお参りの時は着付(&ヘアーメイクも)をしてくれる」といったパック・セットのサービスを提供している所も多くあります。 ぜひ最寄りの写真館や撮影をお願いしたいと思っているフォトスタジオに事前に聞いて、賢く活用しましょう。 こちらのフォトギャラリーページで当サイト登録の写真館・フォトスタジオの素敵な七五三写真をじっくり見ることができます。

次の