エクセル 条件 に 合う データ を 抽出。 表の中から同じ検索条件で条件に合うデータだけを順に取り出す方法

複数の条件に合うものを抽出する方法(別シートへの書き出しも可能)

エクセル 条件 に 合う データ を 抽出

個人情報は既存の商品購入履歴や新規顧客獲得するために非常に重要な情報となります。 しかしシステムの規模が大きくなるにつれて業務を行う時間は変わらないのに情報が膨大になり必要な情報を取得するのに大量の時間を要することもあるでしょう。 そこで Excel関数を上手く用いて「 Excel(エクセル)でデータ抽出」を行う方法をご紹介したいと思います。 業務の効率化に利用して下さい。 Excelでデータ抽出する方法その1:「VLOOKUP関数」 顧客情報は管理する項目が多いため、1つのまとまった情報ではなく Excelデータ抽出すると別シートにて表記されるケースがあります。 一緒の情報として確認したいといった場合に利用したい関数が「 VLOOKUP関数」になります。 「 VLOOKUP関数」は各Excelデータに共通項目があれば突き合わせをして1つのシート上にまとめられる機能となります。 1-1.「関数の挿入」を選択します。 (今回は最終購入日まで合わせます) 1-5.取得したい「最終購入日」は4列目なので列番号に「4」を入力します 1-6.最終購入日が挿入されました。 Excelでデータ抽出する方法その2:「IF関数」 「 IF関数」を用いることで条件指定の結果を Excel上にデータ抽出することが出来ます。 今回は購入金額によってランクの表記を表したいと思います。 以下のサンプルを用いて「 IF関数」でランキングを設定していきたいと思います。 2-1.「関数の挿入」を選択します。 2-2.関数分類を「すべて表示」に変更し、「IF関数」を選択します。 別の指定方法でも作成出来ます。 「VLOOKUP関数」同様に件数が増えれば下にコピーしていくだけで同じ関数の指定を引き継いで表示することが出来ます。 Excelでデータ抽出する方法その3:「COUNTIFS関数」 IF関数で条件付けが出来るようになるとそれぞれの件数が何件あるのかを集計したくなります。 例えば先ほどの利用ステージもそれぞれのステージに何人の顧客がいるのかを把握することで分析や営業戦略に活かすことにもつなげることが出来ます。 今回はステージが複数存在するので「 COUNTIFS関数」を利用します。 この関数を用いてステージ毎に何人の顧客数がいるのかを集計していきたいと思います。 3-1.集計したいセルにカーソルを移動し、「関数の挿入」を選択します。 3-2.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIFS関数」を選択します。 3-3.関数の分類を「すべて表示」に変更し「COUNTIF関数」を選択します。 ブロンズの条件は「10,000円以内」なので以下の指定となります。 他の関数同様に件数が増えても「検索範囲」を広げることで追加出来ます。 最後に 今回は比較的簡単で汎用性に特化した関数を紹介しました。 利用する人が複雑で利用出来なければ後々廃れていってしまう機能になってしまいます。 単純且つ利便性の良い仕組みの構築を目指して頂いてそのきっかけになれれば嬉しいです。 件数が膨大になっても Excelで簡単にデータ抽出出来るのが今回紹介しました関数のメリットになるので、まだ件数が少ない内から採用を検討頂ければと思います。

次の

【Excel 関数】表から条件に合うデータのみを抽出して並べる

エクセル 条件 に 合う データ を 抽出

何度もごめんなさい。 の方で、Sheet1のB1セルに日付を入力するとSheet2に表示させたい! といった内容のコトがありましたので、 またまた顔を出しました。 Sheet2の1行目は項目行で2行目以降に表示するとします。 Sheet1のB~G列データをSheet2のA~F列に表示させます。 これでSheet1のB1セルに日付を入力すると その日付のデータのみが表示されると思います。 4・5です。 前回は急いでいたものでエラー処理を考慮していませんでした。 エラー処理を含めたコードにしてみました。 Count, "B". End xlUp. Row With Target If. Value "" Then If IsDate. Text. Select Exit Sub End If Else ActiveSheet. Count, "B". End xlUp. Row With Target If. Text. Value "" Then Range Cells 3, "B" , Cells lastRow, "G". シート1のB列にあるデータが"渋谷区"のとき シート2のE74からE80くらいまでに シート1のC列のデータを上から順に抽出されるようにしたいです。 【シート1】 A B C 1 東京都 渋谷区 PC 2東京都 港区 PC 3東京都 新宿区 マウス 4東京都 渋谷区 ペン 5東京都 渋谷区 モニタ ・ ・ ・ 10 【シート2】 E 74 PC 75 ペン 76 モニタ ・ ・ ・ 80 【補足】 元の表(シート1)を編集することがあるので 自動的に反映されるよう、関数で作成できたらと思います。 シート2の構成上、抽出後のソートや、フィルタオプションは避けたいです。 わかりづらい文章で申し訳ございませんが どなたかいいアドバイスがありましたら教えてください。 お礼は明日になってしまいますが、必ずご返答いたします。 よろしくお願いいたします。 エクセルの表である条件にあてはまる行を 別シートに順番に抽出されるような関数を教えてください。 シート1のB列にあるデータが"渋谷区"のとき シート2のE74からE80くらいまでに シート1のC列のデータを上から順に抽出されるようにしたいです。 【シート1】 A B C 1 東京都 渋谷区 PC 2東京都 港区 PC 3東京都 新宿区 マウス 4東京都 渋谷区 ペン 5東京都 渋谷区 モニタ ・ ・ ・ 10 【シート2】 E... C1:C11,SMALL IF シート1! E74:E80セル範囲を選択します 3. 参考まで Q 希望日 りんご ばなな みかん 担当 配達チェック 6月1日 2 1 山田 6月3日 4 2 佐藤 6月1日 3 山田 済 6月2日 1 佐藤 6月2日 2 山田 というデータがsheet1に入力されています。 <条件> ・担当 山田のもの ・6月2日以前(このデータでは1日と2日) ・配達チェックが済でないもの(空白です) この条件を満たすものをsheet2に抽出したいのです。 希望日 りんご ばなな みかん 担当 配達チェック 6月1日 2 1 山田 6月2日 2 山田 とsheet2に表示させるには関数でできますか? できれば、セル参照でA1セルに6月2日、B1に山田と入力すると抽出されるととても便利なのですが・・・。 皆様のお知恵を拝借させてください!! 希望日 りんご ばなな みかん 担当 配達チェック 6月1日 2 1 山田 6月3日 4 2 佐藤 6月1日 3 山田 済 6月2日 1 佐藤 6月2日 2 山田 というデータがsheet1に入力されています。 <条件> ・担当 山田の... A ベストアンサー こんばんは! 一例です。 A:A,SMALL Sheet1! 検索するとマクロを使うと書いていますが、マクロはほとんど使ったことが無いのもあって、わかりませんでした。 シート1 A列(日付8ケタ+商品番号6ケタ) B列(売上額) 20130515000004 300 20130515000006 100 20130518000004 300 20130519000001 500 20130519000004 300 ・・・ ・・・ をA列の日付部分上8ケタを使って日別にシートを分け、 シート名をuriage20130515 uriageと日付8ケタ という名前にしシート名+CSV形式で保存したいです。 シート2 シート名:uriage20130515 A列 B列 20130515000004 300 20130515000006 100 シート3 シート名:uriage20130518 A列 B列 20130518000004 300 シート4 シート名:uriage20130519 A列 B列 20130519000001 500 20130519000004 300 このように自動で別シートに分割した上で、シート名CSV形式で保存まで自動でできるとありがたいです。 自動化できるならシートを分割するマクロ、シート名でCSV保存するマクロが一つのマクロになっていても、分かれていてもOKです。 このようなことはできますか? よろしくお願いします。 エクセル2010で1シートのデータを項目別に別シートへ自動的に分割する方法で困っています。 検索するとマクロを使うと書いていますが、マクロはほとんど使ったことが無いのもあって、わかりませんでした。 シート1 A列(日付8ケタ+商品番号6ケタ) B列(売上額) 20130515000004 300 20130515000006 100 20130518000004 300 20130519000001 500 20130519000004 300 ・・・... csv" application. name activesheet. name then w. delete next application. end xlup. row if isnumeric h. csv" for append as 1 print 1, h. offset 0,1. entirerow. copy worksheets s. range "A65536". end xlup. offset 1 end if next for each w in worksheets w. columns "A:B". autofit next exit sub errhandle: worksheets. count activesheet. #「CSVを書き出す」のが目的で「別シートに振り分ける」こと自体に目的はないと思いましたが,まぁご相談なのでシートに書き出しも追加しました。。。 と思って書き足してったら無駄に長いマクロになっちゃいました。 あんまりイミなかったです。 csv" application. name activesheet. name then w. delete next a...

次の

表の中から同じ検索条件で条件に合うデータだけを順に取り出す方法

エクセル 条件 に 合う データ を 抽出

プログラムを作っていると、対象データを抽出するという処理が よく出てきます。 何件かあるデータを順番よく参照していき 条件にあうデータを出力する処理を考えてみたいと思います。 方法はいくつかありますが、今日は超やさしい基本パターンを 説明していきます。 例:シート1にあるデータを参照して、条件にあうデータをシート2へ編集する。 等、条件を決めておく事が大事です。 プログラムの流れ。 最初に2行目を参照する。 処理するデータがあるか判定する。 氏名が空白なら、終了。 空白でなければ、抽出判定。 住所、つまりB列を参照し、沖縄県か判定する。 沖縄県なら、シート2へ書き出した後、次の行を参照する。 以外なら読み飛ばし、次の行を参照する。 そんな、単純な処理ですが、セルを参照したり 分岐したり、繰り返し(ループ)処理があったり 基本的な命令がでてきます。 次のような、マクロになります。 Sub 抽出処理 Dim gyo1 As Integer '変数の定義 シート1の行番号をカウント Dim gyo2 As Integer '変数の定義 シート2の行番号をカウント Application. Loop Application. ・・・ 3が入っていたら セルc3を参照します。 この、サンプルのデータを作成して、コードをそのまま真似て作ってみると マクロの動きが少し理解できるかもしれませんよ。

次の