望月いそこ 新聞記者。 東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴

東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴 望月記者「弟とはほとんど連絡をとっていません。。。詳しいことは分からないので、コメントは控えさせてください」

望月いそこ 新聞記者

東京新聞社会部記者。 慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞に入社。 千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材する。 2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。 東京地裁・高裁での裁判を担当し、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などをテーマに取材。 17年4月以降は、森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。 話題の本でしたがなかなか手にとる機会がなかったのですが 某108円で本が売られてる店で売ってたので購入しました 道中に読破したんですが読後感があまりいいものじゃなかった 彼女の生い立ち新聞記者になるまでの話両親をがんで失ったという身の上話はともかく ここ数年のいわゆるもりかけ事件や山口敬之氏の伊藤詩織さんに対しての レイプ疑惑などを明らかに偏った目線で安倍政権が悪いに結び付ける描写はどうかと思いました なんかまるで自民党が悪の権化のように書かれててあまりいい気分はしませんでした 新聞記者ならもう少し客観的に記事を書けないのかと ここのレビューにもありますが野党から立候補するつもりなの?とそれを思いました 官邸の定例会見で官房長官に不思議な主張を長時間行い、記者クラブの司会者から「質問は要点をまとめて簡潔にお願いします」と注意を受けても、官房長官から「この場は政府に関する質疑をする場で、あなたの要求に答える場ではない」と注意されても主張を止めない様子を動画サイトでみて、どのような人物か興味が沸き読んでみた。 やはりこの人物は、基本的に思い込みが強く、結論ありきで客観的な事実を軽視(未確定の情報や憶測で結論に至っている)している印象を受けた。 相手の立場や意見を推し量れず、現実からズレた自己主張を繰り返し、周りから相手にされなくなっただけなのに「私の追及から逃げるなんてやましいことがあるに違いない」と思い込んで、執拗に攻撃しているとも受け取れる。 周囲からの指摘や注意をすべて跳ね除け、周りから味方が一人もいなくなっても一切省みることなく周囲を悪として切り捨て、ひたすら自分を正当化する神経は凄いとしか言いようがない。 悪人を退治する的なフィクション小説を書いたら面白いに違いない。 ジャーナリストとして官房長官に喰ってかかる望月記者に敬意を払いたい。 望月記者は菅官房長官定例会見に風穴を開けたが、これは特異なことでは一切無く、それまでの記者クラブ、少なくとも現在の日本のジャーナリストの姿勢がおかしかったのである。 本書は後半に進むにつれて痛快であるが、本書に大きく欠けている点がある。 それはジャーナリズムとは何か、ジャーナリストの仕事とは何であるかについての解説である。 よってその知識が欠けていると、ジャーナリストとして当たり前のことをしている望月記者に対して、本書を読んでも結局奇異な人だという感想に留まってしまうことはあるだろう。 しかしながら、ジャーナリズム論についてはジャーナリスト本人による解説より、即ち例えば本書の中で展開されるよりも、研究者によってなされる方が適切であると思う。 従って、本書を読むにあたっては適当なジャーナリズム論の解説書を併読されることをお勧めする。 書店の新書コーナーに平積みされていたので手にとってみました。 どこの新書も、「最先端の「知」を手軽に読者に届ける」と言うポリシーを謳っており、 事実国際的な経済情勢の分析や最先端の宇宙物理学、脳神経科学や数学の最新のレポートを纏めた著作物も多い中で、同じ「新書」のカテゴリーの中にこんな本が紛れ込んでいるところに、出版社の見識の低さを感じてしまいます。 自然科学にせよ人文科学にせよビジネスにせよ、「感情」や「情熱」はその結果を求める為に必要ですが、この著者としての「結論」は既に決まっていて、それを感情的にがなりたてるだけの内容には全く共感できません。 むしろ、これまで求められた客観的な事実を淡々と記述する自然科学や経済学の書籍にこそ、真実を求めてきた著者の感情や情熱を感じますが、この人の文章は結論ありきで歪んだメガネをかけたまま歩んできた過程を露出されているようで、とても読むに耐えません。 読者は、新書選びにも「目利きが必要である」ことを喚起してくれる点だけが(知的な意味では)唯一の美点です。 メディアの重要な役割は権力者に対するチェック…言い古された言葉ではあるが、それを実行できているメディア、そしてジャーナリストは、残念ながら今の日本えは数少ないのではないだろうか。 報道の自由の世界ランキングでは、日本は67位と、先進国とは思えない位置にある。 以前はもっと自由だったはずなのに、安倍政権になってから、順位を大きく落としている。 日本のメディアが「死滅」しそうなそんな状況下で、望月氏は彗星のごとく登場したジャーナリスト。 そんな彼女がどんな信念に基づいて取材を行っているのかが書かれている。 森友・加計問題、集団的自衛権問題、共謀罪問題、伊藤詩織さん事件など、まともな感覚を持つひとであれば「おかしい」と感じることが次々とこの国では起きている。 このような状況下望月氏は何を思い、どんな信念のもとに行動しているのか、この本ではわかりやすく述べられている。 決して難しい本ではなく、誰でも読みやすい文体で書かれたものである。 是非一人でも多くの人に読んで欲しいと思う。

次の

東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴

望月いそこ 新聞記者

東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者(45)は今なお官房長官会見に出席し、舌鋒鋭く菅義偉官房長官への追及を続けている。 事件記者として鳴らした望月記者。 自伝本『新聞記者』が原案の映画まで作られ、講演会も引く手あまた。 もはや新聞記者の枠に収まらない活躍である。 身内とは実弟の龍平氏の話。 彼は現在、会員制サロンを開き、いかにも怪しい方法で金を集めている。 龍平氏はもともと「劇団四季」で俳優として活躍し、独立して「蒼龍舎」を設立。 プロデューサー、脚本家として活動しているが、そちらの成果はどうもイマイチ。 むしろ、ツイッターで、〈東日本大震災は人工地震〉とか、〈原爆は落とされたんじゃなく 打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ 本当の悪は誰でしょ〉と胡乱な呟きをして炎上する人物として、ネット界で名が通っている。 会員を「公開処刑」 目下、サロンの会員数は無料、有料あわせて5千人程度と思われるが、 「龍平氏のサロンは、有名なオンライン詐欺と手口が同じなんです」 と、経済評論家の上念司氏が指摘する。 その手口は、 「日本では換金するのが難しいイラクの通貨ディナールを、ほぼ確実に値上がりするかのように言って販売しています。 インドネシアルピアやベトナムドンでも同じことをやっている。 特定の外国の通貨の騰貴を、期日を決めて具体的に予測する。 これを、サロンで会員から会費をとってやる場合は、投資顧問登録が必要。 投資顧問業違反や詐欺にあたる可能性があります」 イラクディナール詐欺は逮捕者も出ている案件。 警察HPにも注意喚起が掲載されている。 続いて、親族が会員の女性が語る。 「この緊急事態宣言の中、4月から6月にかけて大阪や北海道、京都などで5回も合宿を行っています。 それを恐れて、声を上げる人がいないんです」 このような実弟について、望月衣塑子記者は、 「弟とはほとんど連絡をとっていません。 ツイッターの炎上は人から聞いて知っていますが、オンラインサロンについての詳しいことは分からないので、コメントは控えさせてください」 実弟も、鋭く追及していただきたいものだ。 ワイド特集「政治利用する人 される人」より• あわせて読みたい関連本•

次の

東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴(デイリー新潮)

望月いそこ 新聞記者

望月衣塑子記者の質問!頭おかしい?反日? 東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者の 菅義偉官房長官に対する質問に対し、 官邸報道室から 抗議の 申し入れが 再三行われていました。 その事により、 官邸側と望月衣塑子記者側の 各擁護者が激しい対立を見せています。 官邸側の擁護者からは、 「頭おかしい」 「反日」 等の批判が巻き起こっています。 一方の望月衣塑子記者は、 山本あすかさん(仮名)という 中学2年生が応援してくれた事を 菅氏に突き付けています。 しかし、ネット上の官邸側の 擁護者は、この山本あすかは 本当に存在するのかと疑問を 投げかけるなど、現時点で、 激しい応酬が起こっています。 また、 ネット上では、望月衣塑子記者の 夫は朝日新聞の記者であり、 裏で 共謀している等のウワサが 流れています。 望月衣塑子記者の夫は本当に 朝日新聞の記者で、 共謀をしているのでしょうか? 望月衣塑子記者の経歴と共に 迫って行きます。 記事前半では、 官邸側の擁護者が頭おかしい、反日、 と批判している望月衣塑子記者の質問と その問題点について触れて行きます。 記事後半では、 望月衣塑子記者の経歴と夫について、 詳しく見て行きます。 望月衣塑子記者の頭おかしい、反日と批判された質問! 望月衣塑子記者のした質問の内、 特に頭おかしい、反日と批判された 質問には以下の様な物が挙げられます。 1、沖縄・辺野古に関する質問 特に、埋め立て用の土砂に 沖縄側が指定した環境に配慮した 黒石岩ズリでは無く、赤土を 使用しているのではないかという、 「 赤土」質問が批判されました。 官邸側は望月衣塑子記者に、 「表現が適切ではない。 」 「正確でない質問。 」 「事実誤認。 」 と反論しました。 2、入管法改正案の強行採決に関する質問 入管法改正案が強行採決されたという 趣旨の発言をした際に、 官邸側が以下の様な反論をしました。 「野党も出席していたので、 強行採決とは言えない」 以上のような質問に対し、 官邸を擁護する側からは、 「頭おかしい」、「反日」という 意見がネットを中心に起こりました。 では、この質問のどこに、 問題があったのでしょうか? 望月衣塑子記者の質問の問題点! 沖縄・辺野古の赤土質問に関しては、 官邸側は、後に以下の様な具体的な 反論をしています。 ・現場において、環境汚染対策は 成されている。 ・ 沖縄県による 立ち入り検査を 受けている。 ・仕様書通りの材料が使われている事を 沖縄防衛局が確認している。 入管法改正案に関しても、 賛成多数で可決されている為に、 正式な手順で通された法案と 言えます。 官邸側の擁護者は、 これ等の理由から望月衣塑子記者の 質問がおかしいと述べているのです。 しかし、官邸側の反論には、 穴があると望月衣塑子記者の 擁護者側は述べています。 赤土問題に関しては、 ・実際に土砂を投入された際に、 赤土が多く使用されていたと県職員が 認める。 ・立ち入り検査とサンプル提供を県が 要請したが 国が拒否。 ・沖縄防衛局が提供したのは、 過去の検査報告書。 等の反論が起こっています。 入管法改正案の強行採決に関しては、 主要野党の 反対意見は無視され、 38時間という短い審議時間での 採決が成されたとして、 多くのメディアが強行採決と取り上げた と反論しています。 官邸側擁護者と望月衣塑子記者擁護者の 対立はまだまだ続く事になりそうです。 スポンサード・リンク 望月衣塑子記者の経歴は?夫は朝日新聞の記者? 望月衣塑子記者の夫が、 朝日新聞の記者だというウワサが 広まっている事は前述しました。 更に、ネット上では夫と共に、 日本を陥れる為に他国と共謀している 外国の スパイとまで言う人まで! そこまで疑われる程の 経歴なのでしょうか? 実際に望月衣塑子記者の経歴を 見て、真偽を確かめてみましょう。 望月衣塑子記者の経歴! 望月衣塑子記者は次の様な 経歴を持っています。 ・東京都生まれ ・慶應義塾大学法学部卒業 ・東京・中日新聞入社 ・ 日本歯科医師連盟ヤミ献金疑惑を スクープ ・防衛省の武器輸出、軍学共同を取材 ・ 森友 学園・ 加計学園問題を取材 官邸擁護者側からすると、 気に食わないようなテーマを 多く扱ってきた経歴の持ち主だと 言えます。 望月衣塑子記者の夫!朝日新聞の記者というのは本当? 望月衣塑子記者の夫は朝日新聞の 記者である 立松朗氏であると 言われています。 官邸擁護者側が、過去の記事や 望月衣塑子記者のツイートから 予想しています。 望月衣塑子記者自身も、 夫は同業者である事を認めています。 しかし、望月衣塑子記者や立松朗氏が 明言をしていない事もあり、 あくまで 可能性が高いウワサとして 留まっています。 経歴を見る限りでは、 スパイは少し言い過ぎですが、 夫が朝日新聞記者なのは、 否定も肯定も出来ないウワサだと 言えます。

次の