恵俊彰。 ホンジャマカ

恵俊彰は韓国人?実家や家族&嫁や子供の情報まとめ

恵俊彰

提供 穏やかな笑顔の裏に「マッチョ」な一面も秘める恵俊彰(C 朝日新聞社 コロナ禍を挟んで、東出昌大、渡部建の二大不倫騒動と大ネタが続き、今年もワイドショーは元気だ。 なかでも平日昼枠において、安定した人気を誇っているのが、恵俊彰司会の「ひるおび!」(TBS系)である。 2011年あたりから、この時間帯における視聴率トップをほぼ独走。 かつてTBSのこの枠が業界用語でいうゴミ箱(数字がとれない時間帯)だったことを思うと、隔世の感がある。 本題に入る前に、その苦難の歴史(1985~2000年)を番組名で振り返ってみよう。 「コント山口君と竹田君のおじゃまします」「新伍のお待ちどおさま」「ぴりっとタケロー」「悠々!お昼です」「吉村明宏のクイズランチ」「素敵な気分De!」「わいど!ウォッチャー」「山田邦子のしあわせにしてよ」「ちょっと言わせて」「黄金のレシピ」「宮本和知の熱血!昼休み」「おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ」「マダムんむん」「スーパー知恵MON」……。 番組名を羅列しただけでも、その迷走ぶりが伝わってくる。 ちなみに、この期間は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)が昼の顔として君臨。 バラエティーでは勝ち目がなかったが、1996年に「TBSオウムビデオ問題」を認めたことにより、同局はワイドショーからも撤退することになる。 2000年からは、福留功男の「ベストタイム」で巻き返しを図ったものの、V字回復とはいかなかった。 そんななか、04年に「(特)情報とってもインサイト」がスタートする。 TBSにとって8年ぶりのワイドショー復活であり、この司会に起用されたのが恵だ。 同局はその後も福澤朗に「ピンポン!」をやらせるなど試行錯誤を続けたが、恵は後番組の「きょう発プラス!」や別枠の「2時っチャオ!」でも結果を残した。 そして、09年春、ついに「ひるおび!」が始まるのである。 この番組も当初はそれほどでもなかったが、転機となったのは11年。 東日本大震災による報道への関心アップと「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)スタートによる「いいとも」とのバラエティー同士のつぶし合いが追い風になった。 ただ、長期安定の理由はもちろんそれだけではない。 司会を務める恵の功績は見逃せないだろう。 ではなぜ、彼がTBSの昼枠を立て直すことができたのか。 鍵となるワードというか、人物は「長渕剛」だ。 じつは恵、鹿児島市出身で、長渕と同じ公立中学に通った。 恵はこの大先輩に憧れ、コンサートにも行ったという。 その心酔ぶりを「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で語ったときには、浜田雅功から「おまえ、痛いやっちゃな(笑)」などとあきれられていた。 しかし、本気で誰かに憧れることの効果はバカにできない。 たとえば、野球界において、長嶋茂雄のマネばかりしていた中畑清がそれなりに長嶋っぽい人気選手になれたように、恵にも長渕イズムのようなものが刷り込まれ、それが成功へと導いていくのだ。 そのひとつが「肉体改造」である。 長渕は虚弱な子供で、少年期にはガリガリの体をプールで女子に笑われるなど、悔しい思いを味わった。 それがのちの筋トレによるマッチョ化につながるわけで、似たコースをたどった作家の三島由紀夫同様、思想的にも右傾化していった。 恵の場合は、肥満からのダイエットだ。 ホンジャマカで世に出たときは石塚英彦が「大デブ」だったのに対し「小デブ」と呼ばれていたが、約20キロ痩せることで現在の体形になった。 この変化が、キャラ立ちももたらすわけだ。 そして、もうひとつが「他ジャンルへの進出」である。 長渕は役者もこなすことでカリスマ性を高めたが、恵もまた、司会をやることで幅を広げた。 グルメタレントとして売れっ子になった石塚との住み分けという意味もあったのだろう。 ただ、適性に加え、努力もしたのだと思う。 そんな恵の司会スタイルに影響を与えたのが、関口宏。 なにしろ「東京フレンドパークII」(TBS系)では17年にわたって共演した。 ホンジャマカとして着ぐるみでハイパーホッケーをしたりしながら、彼はその司会ぶりを見ていたのである。 たとえば、恵は関口がちょくちょくゲストの名前を忘れるため「あなた」と呼ぶことで切り抜けていた話をしたことがある。 そんなある意味、いいかげん(良い加減)なスタンスが意外と有効なことにも気づかされたのだろう。 実際、関口は長年「サンデーモーニング」(TBS系)という一大帝国を築いているのだ。 関口の同番組における長期安定ぶりはじつに33年、自分の事務所のタレントを次々とレギュラーに送り込むなど、豪腕なところも見せている。 一見ソフトで、意外とコワモテという二面性も、両者に共通する特徴だろう。 ただ、恵のコワモテっぽさはわかりにくい。 前面に出さないよう、気をつけてもいるのだろう。 それが一瞬、垣間見えたのが、4月30日のふかわりょうとのやりとりだった。 その発端はコロナ報道について、ふかわがこんな疑問を投げかけたことだ。 「こういう形で出演しながら葛藤のようなものがあるのは、人々の余裕を奪っている一因に、朝から晩までスマホやテレビをつければコロナのことを扱っている。 (略)たとえばこの『ひるおび!』がこのコロナを扱わなくなるときが来るとしたら、それはどういう状況なのかというのをちょっと伺いたいなと」 これに対し、恵はコロナばかりやっている番組への批判だと勘違いしたのだろうか。 最初は冷静だったが、しだいに気色ばみ、やや憮然としながら、 「東日本大震災が起きたときに、この国どうなるんだろうなと思ったけれども、スポーツで立ち上がったり、ボランティアで立ち上がったり、動きだしたから。 今、集まることもできないのよ!(略)ごめんね、毎日毎日ふかわくんにしてみりゃつらいかもしんないけどさ、24時間。 でも我々としては我々なりにやれることをやりたいのよ!」 と、いつもより高い声でまくしたてたのである。 たじろいたふかわはさらに説明を試みたものの、ぎくしゃくした空気のまま、CMに切り替わった。 なお、恵とふかわは同じ事務所の先輩後輩だが、タイプは対照的だ。 3浪して大学進学(早大志望だったらしい)を諦めた恵に対し、ふかわは慶應大卒。 出身地も、鹿児島と横浜である。 そのあたりも、このやりとりに関係したのかもしれない。 ただ、このときの恵はまさに長渕イズムを感じさせた。 というのも、コロナ禍のような状況においては「戦う」というのがその主義者のとるべきスタンスだからだ。 たとえば、6月8日の「スッキリ」(日本テレビ系)で長渕は新曲を紹介しながら「コロナなんかにね、負けてたまるか」と熱く語った。 また、東日本大震災のときには「復興」と題した文章に「自然が憎い」「地球よ 貴様が狂っている」「私たち人間の力をみくびると ただではおかない」などとつづっていたものだ。 これには当時、違和感も覚えたが、その後、長渕が航空自衛隊松島基地で行った慰問ライブのニュースを見て、考えが少し変わった。 沖縄から被災地に来たという隊員が「今日の出来事で自分が出来る極限が伸びた感じがします」と喜んでいたのだ。 こうした戦うスタンスに励まされる人もいるのである。 恵についても、こういう長渕イズムが根っこにあり、そこに好意を抱く視聴者が一定数いるのだろう。 もちろん、これを全開にしてしまうと離れる視聴者も少なくない。 「ひるおび!」と「バイキング」(フジテレビ系)の違いはそういうところだったりもする。 あくまでふだんはソフトに振る舞い、たまにコワモテを見せるのがいいのだ。 このバランスが、昼のワイドショーには合っている。 争いはあまり好まないが、ときにはキレたいという日本人の気質にもちょうどいいのかもしれない。 早稲田大学第一文学部除籍後、ミニコミ誌『よい子の歌謡曲』発行人を経て『週刊明星』『宝島30』『テレビブロス』などに執筆する。 著書に『平成の死 追悼は生きる糧』『平成「一発屋」見聞録』『文春ムック あのアイドルがなぜヌードに』など.

次の

恵俊彰の実家は金持ち!学歴と年収もスゴイ恵家のファミリーヒストリー

恵俊彰

メンバー [ ] 詳細はそれぞれの項目を参照。 現メンバー [ ]• (担当)• (担当) 11人体制時代のメンバー [ ]• 大森竜太• 山口浩• 小林隆彦• 斉藤智子• 松本美貴(現・恵俊彰夫人) 概要 [ ] 1983年、当時が若手お笑いタレントグループ「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)を立ち上げ。 石塚がその第1期生として参加し 、恵が第3期生として参加した。 このBIG THURSDAYには石塚と恵以外にも、(後の)、、、らが参加し、2か月に一度のペースで定期的にスタジオにてライブを行っていた。 1988年6月4日、ファクトリーにて、11人体制でホンジャマカ初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL. 1」を開催する。 同年、の演芸番組『』でグランドチャンピオンを獲得している。 しかしその直後にメンバーが減少していき、最終的には石塚と恵の2人だけになったため、1989年にお笑いコンビ「ホンジャマカ」として再始動した。 コンビになってからもホンジャマカ単独でのイベントやライブを積極的に行い、バカルディ(現・)とともに1990年代初期の関東を代表するコンビとなった。 「抑えの利かない田中君」などのショートコントは、のも好きだったと語っている。 元々石塚と恵の体型はあまり大差が無く、いわゆる同士のコンビだった。 そのため、コンビ結成当時は「大デブ小デブでホンジャマカ」をキャッチフレーズに活動していた。 しかし、1992年から1993年頃に恵が意を決したダイエットで劇的に痩せたため、現在ある姿の「デブと痩せのコンビ」になったのである。 この事について石塚は、「相方の食事まで食べるなどしてさらに太った」などとネタで話すことがある。 1990年代末期からは石塚・恵ともに個人での活動に重点を置くようになり、2人がホンジャマカを名乗って出演する機会は少なくなっている。 また、共にネタ見せをすることも無くなり、それぞれグルメリポーターや司会者や俳優としての活動が中心になっている。 石塚曰く、ホンジャマカとは元々お笑いコンビではなく、ソロでやっていた者同士によるユニットとのことである。 しかしながら、その後もコンビを解消することなく活動を続けており、の『』(2011年3月まで)には長年ホンジャマカとして出演、2017年以降の特番『』にも引き続き出演している。 また、2010年初頭にはコンビ結成から20年が経過したのを記念し、2人揃っての『』や『』、の『』などにゲスト出演して回った。 このライブを開催するにあたり、期間限定で、、、をメンバーに迎えた。 脚本はが、演出はが担当した。 2016年4月2日に放送されたTBSの演芸番組『2016春』にも2人揃って参加し、同局では22年ぶり となるコントの披露を行った。 受賞歴 [ ]• 1988年 グランドチャンピオン• 1992年 爆笑王誕生 初代5週勝ち抜きチャンピオン• 1992年 第9回杯争奪OWARAIゴールドラッシュ 優勝• 1994年 平成5年度(1993年度) 第31回 芸能部門新人賞 出演 [ ] 「」も参照 テレビ番組 [ ]• (1986年 - 1987年、) - ホンジャマカ結成以前に出演。 (1988年 - 1992年、)• (1990年、) - 準レギュラー。 (1990年 - 1991年、テレビ東京) - 準レギュラー。 (1992年 - 1993年、)• (1992年 - 1993年、)• (1993年・2003年・2004年・2008年、フジテレビ)• (1993年、フジテレビ)• 赤坂お笑いオールスターライブ(1993年 - 1994年、TBS)• (1993年 - 1995年、)• (1994年 - 1996年、)• (1994年 - 2011年、TBS) - 「」の対戦相手、アトラクションのデモ役を担当。 (1994年、フジテレビ) - 同番組出演時のキャッチコピーは「ライブの帝王」。 (1995年 - 1999年、フジテレビ) - 旅人役の石塚は不定期出演、司会の恵は毎週出演。 (1997年10月 - 1998年3月、TBS)• (1998年10月 - 2003年9月、TBS)• (2000年、)• (2002年 - 2003年、)• (2003年 - 2010年、朝日放送) - リポーターの石塚は月に数回の出演、ナレーターの恵は毎週担当。 2016春(2016年4月2日、TBS)• 動画配信 [ ]• 東北ユースきっぷ、GO・GOサマーきっぷ(1995年夏)• デジタルムーバ F201 HYPER・F203 HYPER (1997年、)• (2001年 - 2003年) 声優 [ ]• その他 [ ] CD [ ] いずれも(現・)より発売。 このうち「世界で一番はやい告白」は、恵が出演していたラジオ番組『』()の企画から生まれた曲である。 愛の保健室(1993年10月21日、ホンジャマカ+、FLDF-10260)• シーン 1 「ちょっと行ってくる」• シーン 2 「今 開けます」• 愛の保健室(オリジナル・カラオケ)• パパとママのいない日曜日(オリジナル・カラオケ)• 世界で一番はやい告白(1994年4月6日、ホンジャマカ、FLDF-10274) - 92位• 世界で一番はやい告白(オリジナル・カラオケ)• BIG ONE LOVE (オリジナル・カラオケ) DVD [ ]• ホンジャマカLIVE '93 - '94 JAPAN TOUR (2010年10月27日、) - 1994年に発売されたライブビデオ2本の内容を同時再録したDVD。 ジュンカッツ時代のも出演している。 パチンコ [ ]• ホンジャマカのぐるぐるパーク(2005年5月、) 脚注 [ ] []• 女性自身 2017年1月21日. 2020年7月2日閲覧。 『ウチくる!? 』(フジテレビ)2010年2月21日放送分でホンジャマカがゲスト出演した際に当時のパンフレットが紹介された。 2009年12月8日. 2009年12月8日時点のよりアーカイブ。 2014年7月4日閲覧。 2004年3月7日. 2010年4月8日閲覧。 日本テレビ 2010年2月23日. 2010年4月8日閲覧。 TBS. 2016年4月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月3日閲覧。 2010年6月6日閲覧。 2 2009年4月2日. 2017年12月3日閲覧。 『縮刷版』 、1997年10月14日、14頁。 外部リンク [ ]•

次の

恵俊彰の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

恵俊彰

メンバー [ ] 詳細はそれぞれの項目を参照。 現メンバー [ ]• (担当)• (担当) 11人体制時代のメンバー [ ]• 大森竜太• 山口浩• 小林隆彦• 斉藤智子• 松本美貴(現・恵俊彰夫人) 概要 [ ] 1983年、当時が若手お笑いタレントグループ「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー)を立ち上げ。 石塚がその第1期生として参加し 、恵が第3期生として参加した。 このBIG THURSDAYには石塚と恵以外にも、(後の)、、、らが参加し、2か月に一度のペースで定期的にスタジオにてライブを行っていた。 1988年6月4日、ファクトリーにて、11人体制でホンジャマカ初ライブ「BIG THURSDAY ホンジャマカ VOL. 1」を開催する。 同年、の演芸番組『』でグランドチャンピオンを獲得している。 しかしその直後にメンバーが減少していき、最終的には石塚と恵の2人だけになったため、1989年にお笑いコンビ「ホンジャマカ」として再始動した。 コンビになってからもホンジャマカ単独でのイベントやライブを積極的に行い、バカルディ(現・)とともに1990年代初期の関東を代表するコンビとなった。 「抑えの利かない田中君」などのショートコントは、のも好きだったと語っている。 元々石塚と恵の体型はあまり大差が無く、いわゆる同士のコンビだった。 そのため、コンビ結成当時は「大デブ小デブでホンジャマカ」をキャッチフレーズに活動していた。 しかし、1992年から1993年頃に恵が意を決したダイエットで劇的に痩せたため、現在ある姿の「デブと痩せのコンビ」になったのである。 この事について石塚は、「相方の食事まで食べるなどしてさらに太った」などとネタで話すことがある。 1990年代末期からは石塚・恵ともに個人での活動に重点を置くようになり、2人がホンジャマカを名乗って出演する機会は少なくなっている。 また、共にネタ見せをすることも無くなり、それぞれグルメリポーターや司会者や俳優としての活動が中心になっている。 石塚曰く、ホンジャマカとは元々お笑いコンビではなく、ソロでやっていた者同士によるユニットとのことである。 しかしながら、その後もコンビを解消することなく活動を続けており、の『』(2011年3月まで)には長年ホンジャマカとして出演、2017年以降の特番『』にも引き続き出演している。 また、2010年初頭にはコンビ結成から20年が経過したのを記念し、2人揃っての『』や『』、の『』などにゲスト出演して回った。 このライブを開催するにあたり、期間限定で、、、をメンバーに迎えた。 脚本はが、演出はが担当した。 2016年4月2日に放送されたTBSの演芸番組『2016春』にも2人揃って参加し、同局では22年ぶり となるコントの披露を行った。 受賞歴 [ ]• 1988年 グランドチャンピオン• 1992年 爆笑王誕生 初代5週勝ち抜きチャンピオン• 1992年 第9回杯争奪OWARAIゴールドラッシュ 優勝• 1994年 平成5年度(1993年度) 第31回 芸能部門新人賞 出演 [ ] 「」も参照 テレビ番組 [ ]• (1986年 - 1987年、) - ホンジャマカ結成以前に出演。 (1988年 - 1992年、)• (1990年、) - 準レギュラー。 (1990年 - 1991年、テレビ東京) - 準レギュラー。 (1992年 - 1993年、)• (1992年 - 1993年、)• (1993年・2003年・2004年・2008年、フジテレビ)• (1993年、フジテレビ)• 赤坂お笑いオールスターライブ(1993年 - 1994年、TBS)• (1993年 - 1995年、)• (1994年 - 1996年、)• (1994年 - 2011年、TBS) - 「」の対戦相手、アトラクションのデモ役を担当。 (1994年、フジテレビ) - 同番組出演時のキャッチコピーは「ライブの帝王」。 (1995年 - 1999年、フジテレビ) - 旅人役の石塚は不定期出演、司会の恵は毎週出演。 (1997年10月 - 1998年3月、TBS)• (1998年10月 - 2003年9月、TBS)• (2000年、)• (2002年 - 2003年、)• (2003年 - 2010年、朝日放送) - リポーターの石塚は月に数回の出演、ナレーターの恵は毎週担当。 2016春(2016年4月2日、TBS)• 動画配信 [ ]• 東北ユースきっぷ、GO・GOサマーきっぷ(1995年夏)• デジタルムーバ F201 HYPER・F203 HYPER (1997年、)• (2001年 - 2003年) 声優 [ ]• その他 [ ] CD [ ] いずれも(現・)より発売。 このうち「世界で一番はやい告白」は、恵が出演していたラジオ番組『』()の企画から生まれた曲である。 愛の保健室(1993年10月21日、ホンジャマカ+、FLDF-10260)• シーン 1 「ちょっと行ってくる」• シーン 2 「今 開けます」• 愛の保健室(オリジナル・カラオケ)• パパとママのいない日曜日(オリジナル・カラオケ)• 世界で一番はやい告白(1994年4月6日、ホンジャマカ、FLDF-10274) - 92位• 世界で一番はやい告白(オリジナル・カラオケ)• BIG ONE LOVE (オリジナル・カラオケ) DVD [ ]• ホンジャマカLIVE '93 - '94 JAPAN TOUR (2010年10月27日、) - 1994年に発売されたライブビデオ2本の内容を同時再録したDVD。 ジュンカッツ時代のも出演している。 パチンコ [ ]• ホンジャマカのぐるぐるパーク(2005年5月、) 脚注 [ ] []• 女性自身 2017年1月21日. 2020年7月2日閲覧。 『ウチくる!? 』(フジテレビ)2010年2月21日放送分でホンジャマカがゲスト出演した際に当時のパンフレットが紹介された。 2009年12月8日. 2009年12月8日時点のよりアーカイブ。 2014年7月4日閲覧。 2004年3月7日. 2010年4月8日閲覧。 日本テレビ 2010年2月23日. 2010年4月8日閲覧。 TBS. 2016年4月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月3日閲覧。 2010年6月6日閲覧。 2 2009年4月2日. 2017年12月3日閲覧。 『縮刷版』 、1997年10月14日、14頁。 外部リンク [ ]•

次の