嘘つきローランド。 シークエンスはやとも(霊見え過ぎ芸人)【ホンマでっか】で霊視が怖すぎる!

フランク・シャーウッド・ローランド

嘘つきローランド

Gacktさんは、プライベートでローランドさんを弟のように可愛がっているようで、 たびたび一緒に写っている画像がSNSで散見されています。 プライベートであまりにも仲が良いので、 似てきてしまったのでしょうか。 話し方も雰囲気も似ていると書かれていますよね。 本当に兄弟か?と言われたらそれはどうやら違うようです。 ローランドが整形で顔が不自然!高校時代とのギャップがやばい! ローランドさんは整形をしていて、目が明らかに不自然と話題になっています。 また、 高校時代はサッカーに明け暮れていたとのことで、 その頃のサッカー少年とは見違えるほどの変わり様だそうです。 全然違いますね。 これは言わずもがな整形しまくっていると思います。 目も違いますけど鼻が全然違いますね。 高校時代のローランドさんは、本当に普通のサッカー少年という感じでしょうか。 しかし、帝京高校サッカー部だなんて、余程サッカーがお上手だったのかもしれませんね。 高校時代の旧友と写る写真も見つけました。 また、調べていたら 本名まで出てきました。 ローランドさんが整形してようと、してまいと、知ったこっちゃな〜い。 昔知らんし〜。 それなりに美しいなら別にいいやん。 歯や歯並びは綺麗な方がいいけど、あのセラミック?!の白過ぎる白と作り物みたいな歯並びは震える。 もう少し自然なんがいいなぁ…。 見た目は関係ない。 」 「 昔を知らないし美しければ良い」 と色々な意見がありました。 まとめ いかがでしたか? Gacktさんも中身というか芯が強いと言われているので、 芯が強く中身が薄っぺらくないというところで 共通しているところがあるのかもしれませんね。 これは似ていると言われてもおかしくはないでしょう。 また、整形しているので高校時代とは顔が全然違いますが 最終的には人を引きつける魅力は中身にあるのかもしれませんね。 見た目は確かに大事だと思いますが、 見た目だけ良い人というのはたくさんいますから。 やはりどこかカリスマ性があるのでしょう。 ご覧頂きありがとうございました。 似ていると言われていたGacktさんの記事はこちらです。

次の

源藤アンリが嘘つきであざとい!ハーフなの?鼻が汚い&整形疑惑!

嘘つきローランド

contents• ローランド推しの山崎エリイとは? 何事にもこだわりのあるローランドが山崎エリイさんを推す理由について語っています。 声優で歌手で歌が凄くうまい人は他にもいると思いますが、この推しかたは珍しいですね。 山崎エリイ=歌手&声優• 社会科見学するために地上に降りてきた天使• 声が浮世離れしている感じ• 声が素敵な人良くないですか?• 歌声は天性• 才能がある人を見ると仕事のモチベーションがアガる• 山崎エリイの『Pearl tears』• 本名:山崎エリイ• 生年月日:1997年11月20日• 年齢:22歳• 出身地:千葉県• 血液型:O型• 身長:162cm• 特技:クラシックバレエ、ダンス• 趣味:ピアノ、ハープ、読書• 所属事務所:ホリプロ• グランプリは田所あずささん、ファイナリストには木戸衣吹さん、Machicoさん、大橋彩香さんなど。 もともと、歌手の松田聖子さんが好きだった母親の影響から、山崎エリイさんは歌手になることを目指していたそうです。 ところが、山崎エリイさんが最初に応募したのがたまたま声優オーディション。 しかも、アニメには詳しくなかったそうで、 他の応募者がアニソンを熱唱する中で、山崎エリイさんだけが松田聖子の曲でファイナリストに進出したわけですが、 結局、山崎エリイさんはホリプロに所属し、2013年に声優としてデビューしてしまいました。 そして、2014年に同じくファイナリストだった木戸衣吹さんとeverythingというユニットを結成し、音楽活動をスタートすることができました。 2016年にはソロアーティストとしてファーストアルバム『全部、君のせいだ』をリリースし、翌年にはユニットeverythingのファーストアルバム『colorful Shining Dream First Date』をリリース。 そして、アルバムリリースの翌月にeverythingの解散を発表して、山崎エリイさんのソロ・ファーストシングル『十代交響曲』をリリース。 そうして、山崎エリイさんは声優から歌手・アーティストへの道を進んでいったようです。 山崎エリイのインスタとツイッター.

次の

モンブラン・ノーランド (もんぶらんのーらんど)とは【ピクシブ百科事典】

嘘つきローランド

株式会社を連結している ローランド株式会社(: Roland Corporation)は、の大手メーカー。 自らが創業したを退社したが、(47年)にで創業。 長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点をに置いていたが、(17年)に、本社を浜松に移転した。 概要 [ ] スタジオ、ライブ向けのプロ用から家庭用まで、多様な楽器ジャンルの製品を展開する総合メーカー。 主に、、、、、DJ機器、やの製品を開発・製造・販売する。 やとともに、日本を代表する楽器メーカーのひとつである。 初期には、(、)の演奏時に音色を加工する機器「」や演奏用スピーカーアンプ( JCシリーズ JC-120など)、プリセット式のリズムマシン、音響ミキサーの製造を行っている。 (昭和48年)からはやなどの製造も手がけるようになった。 後半には、富士弦楽器(現・)との合弁で「富士ローランド」を設立し、の製造を開始した。 には音楽用デジタル、マイクロコンポーザーMC-8を発表。 以降コンピュータと電子楽器の連携に注力し、1981年には、等と共に規格を提唱した。 社名は中世ヨーロッパの叙事詩である『』の主人公ローランからとられている。 創業者の梯は日本国外への展開を考え、どの国の言葉で発音してもよく聞こえるような2音節からなる響きのよい社名を探し、まず「R」から始まる言葉にすることを決めた。 これは創業当時の電子楽器業界ではRから始まる社名があまり使われておらず、イニシャル1文字で社名を書いたときに都合がよいと考えたからであったという。 これらの条件にあてはまる単語として最終的に「ローランド」が選ばれた。 の会員企業である。 1987年には同社初のフルデジタル・シンセサイザーD-50を発表、ヒット商品となった。 その後デジタルが主流の時代になると、プロやハイアマチュア向けに拡張ボードで波形を供給できる音源モジュール、を発表した。 2000年代以降は、ライブ向けの軽量シンセサイザー、シーケンサー搭載のワークステーション型シンセサイザーなどの製品を中心に販売している。 その一方で、クラブ音楽等で根強いアナログ式音源へのニーズを意識した、デジタル信号処理でアナログ音源を再現したアナログ・モデリング方式の製品も展開。 近年は完全アナログ方式を望む声に合わせ、デジタル・アナログ統合型のシンセサイザーや、他社との協業企画によるフル・アナログ音源なども製品ラインナップに加えている。 DTM関連事業 MIDI規格が制定された後、同社はMT-32等、様々な楽器音をマルチパートで同時発音できる製品を開発。 これにパソコン用シーケンサー・ソフトウエアを付属させたパッケージ商品(「ミュージくん」など)を発売し、生演奏ではなくにデータを入力することで楽器を演奏する手法(狭義の)を提唱した。 このようなパッケージは特に日本国内で受け入れられ、ホビー層を中心に高い人気を得た。 にはDTM向けに特化した音源モジュールとして フォーマット音源を発売。 同フォーマットは、後に通信カラオケデータの標準音源としても活用された。 電子ピアノ事業 早くから取り組みがなされ、創業2年目の1973年には、アナログ音源電子ピアノ EP-10、翌74年には純電子方式としては初めて鍵盤タッチによる強弱表現を可能にしたEP-30を発売した。 1986年にはSA Structured Adaptive 方式デジタル音源を備えたプロ向けステージピアノ「RD-1000」を発売。 従来にない表現力・リアルさを実現した同音源は、「HP」シリーズをはじめとする家庭用モデルにも転用された。 その後も30年以上に渡り、88鍵個別サンプリング音源、ピアノの構造や弦素材をモデリングする「V-Piano」音源など、ピアノに特化した様々な音源方式を導入。 また鍵盤機構や、家庭用モデルの再生系、ペダル機構、外観デザイン等についても、アコースティックピアノをよりリアルに再現すべく技術開発が繰り返されている。 現在、デジタルピアノ市場においてはヤマハ、カワイ、他各社と並ぶ主要ブランドとなっている。 電子ドラム・打楽器関連事業 打楽器事業には、1985年「OCTAPAD」(初代・音源を内蔵しないMIDIパッドコントローラー)の発売により本格参入した。 同カテゴリで先行していた英SIMMONS社を追う形で、数年に渡り販売した。 90年代前半には「コンパクト・ドラム・システム」にコンセプトを改めて電子ドラム製品を復活。 PCM音源によるリアルな生ドラム音と小型パッドの組み合わせにより、場所を取らずヘッドホンも使える練習キットとして人気を呼んだ。 1997年には、独自開発のメッシュヘッド(打感や静粛性に優れた網状素材の打面)や新音源などを備え、よりアコースティックドラムに近い演奏感を実現した「V-Drums」シリーズを発売。 以降同シリーズを基幹製品とし、主な電子ドラムメーカーのひとつとして事業を継続している。 この他、サンプリング・パッドや電子音源を組み合わせたカホンなど、ドラムス以外の電子打楽器もしばしば製品化している。 レコーディング機器事業 1995年、ハードディスクに演奏を記憶して楽曲作成ができるを発表。 また2000年代前半には、小型高音質フィールドレコーダー(Rシリーズ)を市場に投入した。 プログラマブル・リズムマシン〜ダンスミュージック向け製品 同社は80年代、プログラム可能なリズムマシン「TR-808」「TR-909」、ベース音源「TB-303」などを市場に投入。 生産完了後、その独特のアナログサウンドが主にクラブ/ダンスミュージックのアーティストに評価され重用された。 2014年以降は、同分野に再び参入する形で新製品 AIRA シリーズ、Boutique シリーズ を展開している。 その他の事業分野 楽器商品としては、2016年同社初のデジタル管楽器「エアロフォン」を発売し、管楽器分野への参入を果した他、サブスクリプション方式によるソフトウエア音源提供サービス「Roland Cloud」も立ち上げ、DAWプラグイン音源事業の取り組み強化を打ち出している。 楽器関連以外の事業としては、業務用音響機器(デジタルミキサーなど)の開発・販売、海外ブランドのオーディオ周辺機器(ヘッドホンやモニタースピーカーなど)の輸入販売、音楽教室の運営なども行っている。 ブランド [ ] 現行ブランド [ ] Roland メインとなるブランド。 (平成22年)以降は、レコーダー、業務音響機器、コンピュータミュージック関連ハードウエアも使われている。 各種、ギターアンプ及びギター・ベース周辺機器、などのブランド。 V-MODA [ ] 高級ヘッドホンなどのブランド。 、DJ向けを中心とするヘッドホンを展開していた米 V-MODA LLCの株式を取得して子会社化したことにより、ローランド(株)のブランドとなった。 販売終了ブランド [ ] EDIROL by Roland レコーダーなどに使われた旧ブランド。 時期によりコンピュータミュージック関連ハードウェアにも使用された。 2010年(平成22年)9月、Rolandブランドに統合された。 RSS by Roland ライブミキサーなど業務音響機器の旧ブランド。 2010年(平成22年)9月、Rolandブランドに統合された。 RSSはRoland System Solutions の頭文字。 同社の3次元音響処理技術「Roland Sound Space」もRSSと表記されるため混同されやすいが別語。 Cakewalk by Roland コンピュータミュージック関連ソフトウエア商品のブランド。 一時期は関連ハードウエア製品にも使用された。 「by Roland」は、開発元の米Cakewalk社が、ローランドによる株式取得によりグループ会社となって以降付記されたもの。 2013年9月同社がCakewalkをギブソンに売却したことにより使用を終了。 1988年にローランドの資本傘下となり、デジタル技術を応用したクラシックオルガン製品を展開していたが、2016年1月、オランダの Vandeweerd family に事業売却された。 その後 株 河合楽器製作所がロジャース社の日本代理店となっている。 沿革 [ ]• (47年) - 資本金3300万円で(現在の)に設立。 (48年) - 同社初のシンセサイザーSH-1000発売。 (52年) - 国内初 のGR-500発売。 (59年) - に音楽教室を開設。 (昭和60年) - に音楽教室を開設。 (昭和63年) - 第2部に上場。 (5年) - 本社を大阪市北区に移転。 (平成8年) - を取得。 (平成10年) - 第2部に上場。 (平成11年) - 東証・大証第1部に上場。 を取得。 (平成13年) - ビクター・テクニクス・ミュージック株式会社を子会社化。 (後に吸収合併)• (平成17年) - 本社をの細江工場(現・本社工場)内に移転。 (平成25年) - 創案の功績により、創業者・梯郁太郎が社設立者であるデイヴ・スミスとともにテクニカル賞を個人名で受賞。 (平成26年) - MBOを実施し上場廃止。 上場子会社であったローランド ディー. 株式会社に当社が保有する同社株式の一部を譲渡し、同社を持分法適用関連会社化。 (平成27年) - 持分法適用関連会社であったローランド ディー. 株式会社株式の一部を売却したため、同社は持分法適用関連会社ではなくなる。 (平成30年) - 子会社であったボス株式会社を吸収合併。 MBOによる上場廃止 [ ] 2014年(平成26年)、楽器事業が四期連続赤字に陥っていた同社は、5月14日アメリカの・タイヨウファンドと三木純一社長によるを実施すると発表。 この買収は同月15日から6月25日までを買収期間としたが 、7月14日までに延長された。 この買収に対し、創業者の梯郁太郎が「悪辣な乗っ取りだ」として反発。 2014年(平成26年)5月1日に開催されたの臨時理事会の招集手続を問題視して理事会をやり直しとなり 、同年6月20日の評議員会では売却賛成が3分の2以上に満たないことで否決となった。 そして、2014年(平成26年)6月27日の株主総会では、会社側が「ローランド芸術文化振興財団(現・かけはし芸術文化振興財団)」としての総会出席者は専務理事であるとして、同財団理事長で当社創業者の梯郁太郎を個人株主扱いとした。 このため、株主総会でも梯郁太郎と三木社長がMBOの是非を巡り激しく応酬する形となった。 また、この株主総会は先述の通り買い付け期間が7月14日までに延長されたことから、買い付け期間中の株主総会という異例のものとなった。 そうした混乱はあったものの、2014年(平成26年)7月14日までに発行株式の約82. ローランド芸術文化振興財団保有分を含む残余株式はローランドが買い取る形となり、上場廃止となった。 主要製品 [ ] アナログシンセサイザー [ ]• モジュラーシンセサイザー• System100, System100M, System500, System700• Promars• SHシリーズ• SH-09, SH-1, SH-2, SH-2000, SH-3A, SH-5, SH-7, ,• Jupiterシリーズ• Jupiter-4, Jupiter-6, Jupiter-8• Junoシリーズ• JXシリーズ• JX-3P, JX-8P, JX-10• MKSシリーズ• MKS-80 Super Jupiter, MKS-70, MKS-30, MKS-10, MKS-7• Boutiqueシリーズ• SE-02• 音源ユニット• , GR-500, GR-700• 内蔵型シンセサイザー• MC-202• デジタルシンセサイザー [ ]• D-5, D-10, D-20, D-50, D-70, D-110• U-20, U-110, U-220• JD-800, JD-990, JD-XA, JD-Xi• JP-8000, JP-8080• JV-30, JV-35, JV-50, JV-80, JV-90, JV-880, JV-1000, JV-1010, JV-1080, JV-2080• XP-10, XP-30, XP-50, XP-60, XP-80• XV-88, XV-2020, XV-3080, XV-5050, XV-5080• Fantom, Fantom-S, Fantom-X, Fantom-XR, Fantom-G,FANTOM• JUNOシリーズ• JUNO-D, JUNO-Di, JUNO-DS, JUNO-G, JUNO-Gi, JUNO-STAGE• FAシリーズ• FA-06, FA-07, FA-08• Grooveboxシリーズ• , MC-307, , MC-808, MC-909,• AIRAシリーズ• SYSTEM-1, SYSTEM-1m• SYSTEM-8• TB-3, VT-3• Boutiqueシリーズ• JP-08, JU-06, JX-03, VP-03, TB-03, SH-01a, D-05• V-Synthシリーズ• V-Synth GT• JUPITERシリーズ、他• JUPITER-50, JUPITER-80• INTEGRA-7• SH-201• GAIA SH-01• VariOS• DJ-70 他多数 リズムマシン [ ]• TRシリーズ• TR-505, TR-606, TR-626, TR-707, TR-727, , , TR-8, TR-09, TR-8S• Rシリーズ• R-5, R-8, R-8M, R-8mkII ピアノ、オルガンなどの鍵盤楽器 [ ]• ステージピアノ• アナログステージピアノ MP-700, MP-600, EP-09• デジタルステージピアノ RD-700, RD-800, RD-1000, RD-2000, V-Piano, FP-90, FP-60, FP-30• 電子オルガン• 家庭用電子オルガン AT-75, AT-100, AT-300, AT-500, AT-800, AT-900C, AT-900• AT-350C• VK-09, VK-7, VK-77, VK-8, VK-9, VK-88, VK-8M(モジュールタイプ)• VR-760, VR-700, VR-09• C-200, C-230, C-330, C-380, C-30 C-30のみ電子チェンバロ• 英語:ロジァース・インストゥルメンツ : デジタルクラシックオルガン。 教会、ホテルなどの施設に導入されている大型オルガンが中心。 Vアコーディオン(電子アコーディオン)• FR-1, FR-1B, FR-1X, FR-1Xb, FR-3, FR-3b, FR-3s, FR-3sb, FR-3X, FR-3Xb, FR-5, FR-5b, FR-7, FR-7b, FR-7X, FR-7Xb, FR-8X,FR-8xb, FV-200• VP-330 Vocoder Plus• VP-550, VP-770, VP-7• SVC-350• ストリングスキーボード, 他• RS-505 Paraphonic Strings• RS-09• SA-09 Saturn 打楽器 [ ]• ()(電子ドラム) シーケンサー [ ]• アナログ出力デジタル• CSQ-100• CSQ-600• マイクロコンポーザー 同社初。 8ch仕様で合計5400音記憶可能。 定価1,200,000円。 CPUは。 MC-4 FSKインターフェイスが追加されMTRとの同期レコーディングが可能となった。 記憶媒体はカセットテープインターフェースを使用した。 デジタルキーボードレコーダーMSQシリーズ MIDI系• MSQ-100• MSQ-700• マイクロ・コンポーザーシリーズ MIDI系• MC-500 発売 MIDIシーケンサーである。 入力2系統出力2系統。 シーケンスソフトはMRC、2DDフロッピーディスクから起動して使用する。 CPUは。 後にMC-500からMC-500mkIIに基板交換する有料バージョンアップサービスが存在した。 MC-300 発売。 定価98,000円。 MC-500のローコスト版。 入力1系統、出力2系統。 MC-500mkII 1988年発売。 定価180,000円。 シーケンスソフトは大幅に改良されたSuper-MRC。 CPUをZ80からZに変更しメモリーを倍に増やしたモデル。 MC-50 発売。 定価78,000円。 MC-500mkIIのローコストモデル。 このモデルからシーケンスソフトが化されている。 内蔵しているROMはSuper-MRCとSuper-MRP。 Super-MRCをROMで内蔵したため大幅に使い勝手はよくなったが、メモリーはMC-500mkIIより少ないためMC-500mkIIと同様に複数の曲をロードする場合問題がでるケースがある。 MC-50mkII 発売。 MC-50にSMFの対応などしたマイナーチェンジ版。 四分音符あたりの分解能は480。 従来の2DDから2HDのサポート、HDDやZIPドライブの拡張や音源モジュールの内蔵が可能。 MC-80EX 1999年発売。 定価138,000円。 EXはMC-80にSC-88PRO音源モジュールであるVE-GSProを内蔵したもの。 音楽制作関連機器 [ ]• (サウンド・キャンバス)• (バーチャル・サウンド・キャンバス)• - マルチトラックハードディスクレコーダー• (スタジオ・キャンバス)• (現:) - USB接続マルチトラックオーディオキャプチャーユニット、およびUSB接続ポータブル• - USB接続マルチトラックオーディオキャプチャーユニット• ミュージック・プロダクション・システム• MV-30「STUDIO M」• MV-8000 音楽制作ソフトウェア• シリーズ - Cakewalkが開発するソフトウェア 2013年9月24日、ローランドは傘下にあった米Cakewalkをに売却することを発表。 以降2017年まで、SONARはギブソンが既に買収していたのTASCAMブランドの製品として販売された。 音響関連機器 [ ] ' RSS:業務用音響機器のブランド• - ライブ用ミキシング・システム• - メモリー・カード・レコーダー 音楽教室 [ ] (59年)より「ローランドミュージックスタジオ」を運営し、(22年)に「ローランド・ミュージック・スクール」へ改称した。 (平成13年)付けでを用いる・の音楽教室部門 ビクター・テクニクス・ミュージック株式会社を買収し、社名をローランドミュージックスタジオへ改称の上「ローランドRMS音楽教室」へ再編。 国内音楽教室業界において・に次ぐ第3位の規模となる。 (平成13年)にビクター・テクニクス・ミュージックから承継した特約店が運営する教室と、国内8ヶ所でローランド直営センタースクールの他、(平成20年)に「ローランド・サテラ」という直営スクールを運営していたが、後に特約店運営教室に移管された。 ローランド・ミュージック・スクール [ ]• スクール運営グループ() 開講科目 [ ]• 幼児科()• コース• コース 音楽教室主催イベント [ ] ローランド ・フェスティバル 4つの部門により構成される。 [オルガン・ステージ] (旧:ローランド ・オルガン・ミュージックフェスティバル) 自由曲または課題曲で参加する、オルガン・ソロ演奏のステージ。 参加資格はローランド・ミュージック・スクール会員のみ。 各予選(楽器店大会/センター予選/ビデオ予選いずれか)ごとに審査し、入賞者の中からファイナル代表者を選出。 ファイナルにて各部門ごとにグランプリ1名、準グランプリ1名を表彰。 ローランド・オルガン ミュージック・アトリエによるオルガン・ソロ演奏 【パフォーマンス・ステージ】 Vアコーディオン、シンセサイザー、エアロフォンなどのソロ演奏、デジタルピアノやオルガンでの弾き語り、自分で制作した音源をバックに歌うなど、ローランド製の電子楽器を使ったソロパフォーマンス。 参加資格は会員、会員外を問わず可能。 ビデオ予選にて優秀賞・各賞数名を表彰。 【Vドラム・ステージ】 全国のVドラマーが集結するVドラムの祭典! ローランド Vドラムシリーズによるドラム・ソロ演奏。 参加資格は会員、会員外を問わず可能。 ビデオ予選にて優秀賞・各賞数名を表彰。 優秀賞受賞者はファイナル進出。 ファイナルにて各部門ごとにグランプリ1名、準グランプリ1名を表彰。 【アンサンブル・ステージ】 友達同士で、ご家族で、先生と一緒に。 ローランド製の鍵盤楽器を中心に、2種類以上の楽器編成で参加するアンサンブル演奏のステージ(2名以上~10名以下)。 ビデオ予選にて優秀賞・各賞数組を表彰。 優秀賞受賞グループはファイナル進出。 ファイナルにて各部門ごとにグランプリ1組、準グランプリ1組を表彰 ピアノ・ミュージックフェスティバル(旧:ファンタスティック・ピアノコンクール) ポピュラー曲中心のピアノコンクール。 参加はローランド・ミュージック・スクール会員の他、一般も可能。 全国を13地区に分け、代表1名がファイナルへの出場権を得る。 ローランド・プロデュースショップ [ ] ローランドがプロデュースする、楽器店内の専門コーナー。 専門スタッフを配置し、ユーザーサポートの役割も担っている。 Planet ローランド電子ドラム、シンセサイザー、コンピュータ関連機器を専門に展示・販売コーナー Planet X 「Planet」をコンパクトにした展示・販売コーナー Roland Foresta ローランドのデジタルピアノを専門に展示・販売コーナー 主要工場・研究所 [ ]• 本社工場(浜松市北区)• 都田工場(浜松市北区)• 浜松研究所(浜松市北区)• 都田試験センター(浜松市北区)• 東京オフィス()• 大阪オフィス() 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 梯郁太郎『ライフワークは音楽 電子楽器の開発にかけた夢』 、2001年、41頁。 - 内のページ。 - RODGERS INSTRUMENTS US LLC WEBサイト• - RODGERS INSTRUMENTS US LLC WEBサイト• WAVE KIT Guitar Synthesizerが先行していた可能性もある。 - ローランド ディー. 株式会社 ニュースリリース• - 国税庁 法人番号公表サイト• 朝日新聞社. 2014年5月15日• 2014年7月4日. 2014年7月12日閲覧。 朝日新聞社• 2014年6月20日. 2014年7月12日閲覧。 - ローランド ニュースリリース• - ローランド ニュースリリース• 出典:2001年7月31日、 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 MyRoland -•

次の