ハーフ っ ぽい 顔。 ハーフ顔の特徴!!体つきと顔からみてとれるハーフらしさ!

広瀬すずはハーフなのか?母親がフィリピン人なことを隠す噂あり

ハーフ っ ぽい 顔

小松奈々さんといえば、ティーン誌モデル出身で「世界で最も美しい顔」にノミネートされ、エキゾチックな顔立ちが印象的なモデル・女優ですね。 最近では、売れっ子俳優の菅田将暉(27)さんと熱愛報道が出たり、と益々注目されています。 そんな小松奈々さんの顔立ちってとても「ハーフっぽい」んですが、ハーフなのか?それとも? プライベートがなかなか見えないイメージがある菜奈さんのハマっている意外なことや、家族とのエピソードなど、普段の顔が垣間見えるインタビューから気になる小松奈々さんの魅力に迫ってみました。 その後そのエキゾチックな風貌で数々のファッション誌でも人気を博し、ティーンから人気絶大のモデルとなりました。 その後、女優として活動。 しかし、出演した映画はどれも高い演技力とその魅力で大注目を集めています。 『渇き。 』で鮮烈な女優デビューを果した小松菜奈。 中島哲也監督や園子温監督など気鋭監督たちから高い評価を受ける 小松奈々さん自身は、オーディションを受けたとき、 「正直、手応えなんて全然なくて、周りはみんな、演技が出来る子たちばかりで、自分だけ出来な過ぎて、その場にいるのがつらかったです。 だから、決まったときはものすごくビックリしました」。 そんな風に語るも、撮影現場では新人と思えないほど、伸び伸びとした演技をしていたようで監督も大物がきた!とおもったそうですよ。 すでにクローズされていますが、小松奈々さんは、自身でブログを運営していた時期があり、そこでハーフを否定。 これまでファンからも小松奈々さんの顔立ちは注目されていたので回答したのでしょう。 ブログの中で小松菜奈は何故ハーフと思われていたのかについても述べていたようですね。 なんでも、 小松菜奈さん本人によると、 母が沖縄出身で父が佐賀県出身なんだとか。 両親が二人とも九州出身なのですね。 顔立ちの濃さは遺伝からということがわかります。 たしかに、日本人ばなれしてます。 なんといっても、 アンニュイな目元 眠たそうな瞼と、眉と目の距離の狭さ。 あと、目のカタチが横幅が長いように感じられますね。 この目元は、たしかに持ってうまれたご両親からの授かりものですが、ご本人曰くあまりメイクはしないのだそう。 誌面のインタビューにて、ハマっているメイクを明かした小松奈々さん。 「リップだけとか、ラインだけとか」と基本的にはあまりしないというが、「最近、赤のアイラインはよくしてるかな。 リップはボルドーが好きです、冬なので」と言い「わりと顔が濃いほうなので、あんまりやりすぎないように、足したり引いたりを意識しています」と明かしていました。 もちろん、メイクの研究をするのは好きだとも語っていましたが、ご自身の顔のつくりを考えて、作り込んだメイクよりも引き算でメイクなのでしょう。 体重は非公開ということですが、おそらく40kg後半くらいではないかと推定されます。 スタイル抜群とはいえ、実は食べると、食べただけ太る体質なんだそう。 そんな小松奈々さんの気になるダイエットは? -1年間ずっと、走ることを習慣にしてます。 散歩も大好きなんですけど、汗をかくことがやっぱり一番いいと思う。 疲れてる時も走ると頭がリフレッシュされて気持ちいいからおすすめ。 がポイントといい、「毎日いろいろしたら肌が逆にボロボロになっちゃう。 でも大事な日の前日、『この日は絶対に肌の調子をよくしよう!』っていう日だけはパックをします」と語られているようです。 ほかにも、技のダンス小学3年生から中学3年生まで習っていたそうですし、きっと幼い頃の習いごともカラダつくりに一役かっていそうですね。 ちょっとM(エム)な発言と、天然さがあるようですね。 天然さを感じられるコメント 何だろう……フワフワしているというか……すごい天然だなって思ったりする部分もあったり、でも、すごく真面目だなあ、って現場でも思ったり。 演技を褒めてもらったりすることもありますが、シビアな世界なので、全然できなくて怒られることとか、「もっとこうして」とダイレクトに要求されて精神的に苦しいこともあります。 女優業をはじめてから、すごく活き活きできるようになりました。 一方で「負けず嫌い」を公言 「どんな状況に立たされても負けたくないって気持ちが先にくる。 監督に怒られて泣いたりしたこともあったけど、それをバネにもっと上手くなってやろうって、さらに燃えました。 周りの役者さんの演技を見て学んで、一歩一歩成長して、もっといろんな役に挑戦したい!」 当時はモデルと女優の両立に対して、本人の葛藤もあったようですが持ち前のポジティブさと負けず嫌いもあったのですね! これからさらに注目を集めること間違いなしの女優さんとなりそうです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

広瀬すずはハーフなのか?母親がフィリピン人なことを隠す噂あり

ハーフ っ ぽい 顔

小松奈々さんといえば、ティーン誌モデル出身で「世界で最も美しい顔」にノミネートされ、エキゾチックな顔立ちが印象的なモデル・女優ですね。 最近では、売れっ子俳優の菅田将暉(27)さんと熱愛報道が出たり、と益々注目されています。 そんな小松奈々さんの顔立ちってとても「ハーフっぽい」んですが、ハーフなのか?それとも? プライベートがなかなか見えないイメージがある菜奈さんのハマっている意外なことや、家族とのエピソードなど、普段の顔が垣間見えるインタビューから気になる小松奈々さんの魅力に迫ってみました。 その後そのエキゾチックな風貌で数々のファッション誌でも人気を博し、ティーンから人気絶大のモデルとなりました。 その後、女優として活動。 しかし、出演した映画はどれも高い演技力とその魅力で大注目を集めています。 『渇き。 』で鮮烈な女優デビューを果した小松菜奈。 中島哲也監督や園子温監督など気鋭監督たちから高い評価を受ける 小松奈々さん自身は、オーディションを受けたとき、 「正直、手応えなんて全然なくて、周りはみんな、演技が出来る子たちばかりで、自分だけ出来な過ぎて、その場にいるのがつらかったです。 だから、決まったときはものすごくビックリしました」。 そんな風に語るも、撮影現場では新人と思えないほど、伸び伸びとした演技をしていたようで監督も大物がきた!とおもったそうですよ。 すでにクローズされていますが、小松奈々さんは、自身でブログを運営していた時期があり、そこでハーフを否定。 これまでファンからも小松奈々さんの顔立ちは注目されていたので回答したのでしょう。 ブログの中で小松菜奈は何故ハーフと思われていたのかについても述べていたようですね。 なんでも、 小松菜奈さん本人によると、 母が沖縄出身で父が佐賀県出身なんだとか。 両親が二人とも九州出身なのですね。 顔立ちの濃さは遺伝からということがわかります。 たしかに、日本人ばなれしてます。 なんといっても、 アンニュイな目元 眠たそうな瞼と、眉と目の距離の狭さ。 あと、目のカタチが横幅が長いように感じられますね。 この目元は、たしかに持ってうまれたご両親からの授かりものですが、ご本人曰くあまりメイクはしないのだそう。 誌面のインタビューにて、ハマっているメイクを明かした小松奈々さん。 「リップだけとか、ラインだけとか」と基本的にはあまりしないというが、「最近、赤のアイラインはよくしてるかな。 リップはボルドーが好きです、冬なので」と言い「わりと顔が濃いほうなので、あんまりやりすぎないように、足したり引いたりを意識しています」と明かしていました。 もちろん、メイクの研究をするのは好きだとも語っていましたが、ご自身の顔のつくりを考えて、作り込んだメイクよりも引き算でメイクなのでしょう。 体重は非公開ということですが、おそらく40kg後半くらいではないかと推定されます。 スタイル抜群とはいえ、実は食べると、食べただけ太る体質なんだそう。 そんな小松奈々さんの気になるダイエットは? -1年間ずっと、走ることを習慣にしてます。 散歩も大好きなんですけど、汗をかくことがやっぱり一番いいと思う。 疲れてる時も走ると頭がリフレッシュされて気持ちいいからおすすめ。 がポイントといい、「毎日いろいろしたら肌が逆にボロボロになっちゃう。 でも大事な日の前日、『この日は絶対に肌の調子をよくしよう!』っていう日だけはパックをします」と語られているようです。 ほかにも、技のダンス小学3年生から中学3年生まで習っていたそうですし、きっと幼い頃の習いごともカラダつくりに一役かっていそうですね。 ちょっとM(エム)な発言と、天然さがあるようですね。 天然さを感じられるコメント 何だろう……フワフワしているというか……すごい天然だなって思ったりする部分もあったり、でも、すごく真面目だなあ、って現場でも思ったり。 演技を褒めてもらったりすることもありますが、シビアな世界なので、全然できなくて怒られることとか、「もっとこうして」とダイレクトに要求されて精神的に苦しいこともあります。 女優業をはじめてから、すごく活き活きできるようになりました。 一方で「負けず嫌い」を公言 「どんな状況に立たされても負けたくないって気持ちが先にくる。 監督に怒られて泣いたりしたこともあったけど、それをバネにもっと上手くなってやろうって、さらに燃えました。 周りの役者さんの演技を見て学んで、一歩一歩成長して、もっといろんな役に挑戦したい!」 当時はモデルと女優の両立に対して、本人の葛藤もあったようですが持ち前のポジティブさと負けず嫌いもあったのですね! これからさらに注目を集めること間違いなしの女優さんとなりそうです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

ハーフじゃないのにハーフ顔な女性芸能人まとめ[女優・モデル]

ハーフ っ ぽい 顔

祖先のDNAが発現してるんでしょうね。 日本人の祖先は南や北や西や東から流れ着いているので、DNAによって濃い顔、薄い顔ってだけではなくて、いろいろな「顔相」があるんです。 そして、それは見た目だけでなく性格にも関係しているんです。 モンゴリアン〔小さくて細い目、または切れ長で一重瞼。 エラの張った角顔。 ねばり強く頑固。 逆境に強い親分気質。 〕 ミカドニアン〔目と眉の間が広い。 目は細めで切れ長。 顔は長く、体毛は薄い。 神経質で几帳面な知性派。 しっかりもの。 〕 ドラグーン〔細長い顔。 目は普通か大きめ、切れ長の二重瞼。 アゴは細い。 社交的で個性派思考。 プライドが高い。 〕 ヤマタイ〔丸顔か角顔、童顔。 目は普通か大きめの二重か奥二重。 安定志向。 気配り人間。 団体行動に向く。 〕 トロピカル〔大きな目。 くっきりとした二重。 鼻が上下に短い。 色黒で厚い唇。 熱し易く冷め易い。 情熱的で楽天的。 〕 オリジン〔目が二重か奥二重。 顔が大きく角張っている。 色白、体毛が濃い。 温厚誠実で楽天的。 おおらかで凝り性。 〕 モザイクミックス〔目が細く小さい。 ダンゴ鼻、厚い唇。 アンバランスで個性的な顔。 ムラッ気がある。 マニアックでオタク気質。 〕 ブレンドミックス〔卵型の顔。 全体的に小作りでアクがない。 顔のどこにも特徴がない 客観的な判断力に優れ、冷静沈着〕 カオロジィ で検索してみましょう。 A ベストアンサー >純日本人でも、外人のような顔の人が生まれることってあるんでしょうか? まず全人類はみなアウストラロピテクスの子孫ですから、 人間が勝手に「国籍」というものを作っただけで、 黄色人種でも白人っぽかったり黒人っぽかったりしてもおかしくないです。 これは高校時代、地学の先生が「類人猿から現代人への進化の過程」の授業中におっしゃった言葉の引用です。 元・代々木ゼミナールの講師をしていた先生なので信じて間違いないでしょう。 あと私の一家、何度も中国と香港に渡航しましたが、行く先々で韓国人だと思われてました。 家は中国人から見たら韓国系の顔に見える家系なのでしょう。 昔、大和朝廷があった所で渡来人の多かった近畿地方は朝鮮系の遺伝子を持つ人が多いと思います。 まあ、顔が外人っぽいことで学校でいじめられたりしなければよいのです。 ご存知と思いますが、ダルビッシュさんは顔つきのことで学生時代苦労されたようです。 A ベストアンサー 「今だから国際結婚なんかはよく聞きますが、昔でもそんなものがあったんですかね?」 日本にポルトガル人が来航した戦国時代以来、 「日本女性が外国人の現地妻 妾 になること」 あるいは 「外国人が日本の女郎屋の客となること」 は、横浜、神戸、長崎などを中心にごく普通のことでした。 有名な例が、アメリカ領事ハリスの現地妻になった「唐人お吉」です。 こういう女性は「らしゃめん」と呼ばれました。 明治時代、長崎には冬になるとウラジオストックからロシア艦隊が寒さを逃れるために毎年来航し、ロシア将兵が利用する専用のホテルがあり、多数の女性 女郎 がいたそうです。 そのホテルの女将の「稲佐お栄」と呼ばれる人は長崎の郷土史に名を留めています。 この方は、ロシアの皇太子 後の最後の皇帝・ニコライ二世 が長崎に来た時に「夜伽をした」と伝えられています。 戦国時代から江戸時代初期の鎖国までの間は西日本の各地に外国の商人などが直接来ていました。 鎖国の時代は、長崎にはオランダ人と中国人が「商館」を有しており、丸山遊郭の遊女のうちの「選ばれた人」が出張していたと言われます。 「避妊」が可能になったのは20世紀になってからのことです。 それまでの間、日本女性と外人男性がさまざまな形で「交われ」ば、一定の確率で混血児が生まれるのが避けられません。 wikipedia. 楠本イネは、「女郎の生んだ混血児」ではありましたが、シーボルトの弟子たちの庇護を受け、本人も優秀な人だったようで、混血児としては恵まれた人生を送り「日本最初の女医」として歴史に名を残しています。 それでも、一般的な意味では「苦難に満ちた生涯」であったと言えるでしょう。 ウィキペディアの記事はかなり正確と思いますが、吉村昭の書いた伝記『ふぉん・しいほるとの娘』は確実な史料を調べて書かれた信頼の置けるものですので推薦します。 さて、楠本イネのように「恵まれた境遇」でない混血児の方が圧倒的に多かったのは想像がつくでしょう。 民俗学の泰斗である宮本常吉氏が編纂した「日本残酷物語」という叢書があります。 現在は平凡社から出版されております。 この本の中で 「横浜あたりに行くと、外国人にしか見えない男が、粗末な身なりで、人力車夫や沖仲仕といった底辺労働に従事しているのを見る」 と言う記述があります。 外人を相手にする女郎が外人の子を妊娠し、堕胎に失敗して出産した子が成人した場合、男は上記のように肉体労働者になったでしょう。 女は、見栄えが良いので女郎として商品価値が高いですから遊郭の中で育てられて女郎にされたのではと思いますが、そうした記録は目にしたことがありません。 16世紀から20世紀に至るまでに、恐らく10万人単位で生まれたそうした「混血児」の男女は、結婚することも出来ず、子孫を残せずに死んでいった人が多いと思われます。 女性であれば、女郎にされて梅毒に罹患し、20代で死んだ人が殆どでしょうし、男性であっても結婚することは困難だったでしょう。 amazon. そうした「混血児」の中で幸運にも自分のDNAを後世に残せた人がいて、そのDNAがどこかで混じり、子孫に突然出てくることは可能性としてはあると思います。 質問者様は 「私自身兄弟の末っ子に一人西洋系の外国人っぽい子がいるのですが」 とのことですが、私はそのような方をお二人存じ上げています。 1 私の親戚にそのような女性がいます。 ご本人いわく 「子供の時に外人の女の子から英語で話しかけられた」 「学校でガイジンとからかわれた」 とか。 実際、若い時の写真を見ると「イギリスの若い女性」で十分通用する容姿で度肝を抜かれました。 また、容姿だけでなく行動パターンも「外人っぽい」点があり、非常に興味深い方です。 2 九州の某県出身で、ギリシャ人?と思うような容姿の方を知っています。 最初に会ったときは本当に驚きましたが、優秀な方で某企業の幹部になっておられます。 私の経験から来る推測が多いですが「純日本人なのに外国人顔」ではなく「記録は残っていないが、何世代か前に外人の血が混じったから外国人顔がたまに出る」のではないでしょうか。 これを立証するのは「人権」の問題もあり実際は不可能ですが。 「今だから国際結婚なんかはよく聞きますが、昔でもそんなものがあったんですかね?」 日本にポルトガル人が来航した戦国時代以来、 「日本女性が外国人の現地妻 妾 になること」 あるいは 「外国人が日本の女郎屋の客となること」 は、横浜、神戸、長崎などを中心にごく普通のことでした。 有名な例が、アメリカ領事ハリスの現地妻になった「唐人お吉」です。 こういう女性は「らしゃめん」と呼ばれました。 明治時代、長崎には冬になるとウラジオストックからロシア艦隊が寒さを逃れるために毎年来航し、... A ベストアンサー 先日同じような質問に回答したのですが、回答には主観も入ると思います。 ご了承ください。 > 1 顔が濃いと言われた場合、良い意味に捉えるべきなのですか? あまりいい意味ではない場合もあるかもしれません。 > 2 「顔は薄いけど、彫りは深い」という顔立ちもありますか?具体的にどういう顔立ちですか? 目の大きさが関係すると思います。 彫りは深いけれど、目があまり大きくない顔。 目が細めの顔。 有名人でいうと、西島秀俊さんでしょうか。 > 3 「顔が濃くて、彫りも深い」と、「顔は薄いけど、彫りは深い」では、どちらのほうが美的に良いのでしょうか? これは好みによって違うと思いますが、日本人は欧米人のような顔を美形だと思う人が多いので、「顔が濃くて、彫りも深い方」が美的に良いと思われるかもしれませんね。 以下、ご参考まで。 同様の質問で回答した内容です。 彫りが深い : 顔全体で見ると、各パーツの高低差がある。 鼻が高く、頬が出ていない。 目が大きくて幅も広いので、顔の皮膚より下に目があるように見える。 有名人で言うと、阿部寛さん、平井堅さん、北村一輝さんなど。 顔が濃い : 目鼻立ちがはっきりしているだけで、各パーツの高低差がない。 目は大きいけれど鼻が低い。 鼻は大きいけれど高さがない。 横から見ると、頬の高さと鼻の高さに差がない。 顔のつくりは派手だが、美人とは言えない場合もあるかも。 有名人で言うと、今いくよさん、フィギュアスケートの鈴木明子さん、松崎しげるさんなど。 先日同じような質問に回答したのですが、回答には主観も入ると思います。 ご了承ください。 > 1 顔が濃いと言われた場合、良い意味に捉えるべきなのですか? あまりいい意味ではない場合もあるかもしれません。 > 2 「顔は薄いけど、彫りは深い」という顔立ちもありますか?具体的にどういう顔立ちですか? 目の大きさが関係すると思います。 彫りは深いけれど、目があまり大きくない顔。 目が細めの顔。 有名人でいうと、西島秀俊さんでしょうか。 > 3 「顔が濃くて、彫りも深い」と、「顔は薄いけど、彫り... A ベストアンサー 私、と書かれているので女性と推測。 先ず色白を想像。 美人ではあるが目元は少し下がった可愛らしい顔が多い。 ロシアは全体的に寒い地域が多く、口を開けて喋ると寒いので自然と口は閉じた状態で表情を替えずに喋る民族。 それが表情にも当然出るため、少し固めの表情で、良くも悪くも冷たい印象を与える。 大口開けて笑ったりはしない訳です。 昨今ロシア人も日本に増えました。 喋れませんがロシア語かの判断は出来ますので何気に視線を向ける事が多いですが、やっぱりロシア人だな、と感じる事が殆ど。 余談ですが、近所の「クリエイト」にスーツやワンピース姿の男女の年配の集団が居た事がありました。 薬局に外国人の集団ですから、かなり異様。 しかも住宅地なのに皆キッチリした格好をしている。 遠目に見たら思い切りロシア人。 そこで何気に近付いたらやっぱりロシア語を話している。 ちょっと癖を掴んだら判る人種なのです。 たぶん2人とも、純日本人だと思うのですが…なぜこの人たちの瞳は茶色なのでしょう? ちなみにどっちも男性です。 カラコンなどではないそうです。 髪の色は特に茶色ということもないです、1人は白髪です(歳は50代くらい)。 老化現象なのでしょうか? でも、全ての人がそういう色の目ではないような気もします。 大きな病気などはたぶんどちらもしていないと思います。 視力も悪くないみたいです(1人はすごく良いらしい)。 単に、生まれつきなのでしょうか? あと、こういう色の瞳の場合、嫌な思いをすることがあったりするのでしょうか? 私は綺麗だと思うのですが…。 仲が良い1人は私にいわれるまで瞳の色が茶色いことに気がつかなかったということで、特に嫌そうではなかったですが… 御存知の方、回答いただければ幸いに存じます。 A ベストアンサー 日本人って、自分たちの瞳が黒い、と思い込んでいるようですが、世界中探しても瞳が黒い人ってのは存在していません。 程度の差こそあれ日本人のほとんどは茶色の瞳だそうです。 (視能訓練士の友人いわく) アメリカの免許証などでも日本人の名前は、brown、と書かれるみたいですよ。 たぶんあなたの瞳も、濃い茶色なんじゃないでしょうか? また、生粋の日本人でも、稀に瞳の青い人も入るみたいです。 特に東北の方に多いようですが、ずっと大昔に日本に渡ってきた渡来人の血が流れているから、と言われているようです。 しかし、その理由は定かではありません。 あなたの友人は、瞳の色が明るい茶色だという、遺伝なんじゃないでしょうか。 昔から日本にすんでいた、弥生人・縄文人・アイヌ民族・琉球民族。 オランダ人・ポルトガル人・中国人、東南アジア人、またシルクロードに乗って渡ってきたペルシャ人など、日本人には意外と多くの人種の血が流れてるんです。 顔が一人ひとり違うように、瞳の色も髪の色も肌の色も、同じ日本人でもいろんな人がいます。 それを、認めていくことが大事なんだと思います。 日本人って、自分たちの瞳が黒い、と思い込んでいるようですが、世界中探しても瞳が黒い人ってのは存在していません。 程度の差こそあれ日本人のほとんどは茶色の瞳だそうです。 (視能訓練士の友人いわく) アメリカの免許証などでも日本人の名前は、brown、と書かれるみたいですよ。 たぶんあなたの瞳も、濃い茶色なんじゃないでしょうか? また、生粋の日本人でも、稀に瞳の青い人も入るみたいです。 特に東北の方に多いようですが、ずっと大昔に日本に渡ってきた渡来人の血が流れているから、と言われてい... Q 私の母親なんですが、若い頃めちゃくちゃ色白で、焼けても黒くならないタイプで (新潟出身なんですが、新潟ですごい色白な扱いだったみたいなので相当白いと思います) 赤ちゃんの頃の写真を見たら、髪は黒いけどくりくり 目の色も普通に茶色ですが平均より薄めで、太陽が結構眩しいらしいです。 背は170以上あります。 顔は日本人というかあっさりめの顔です。 しかし洋もの好きなのでその影響もあるかもしれませんが、 外人ぽいってたまに言われるそうです。 母のお姉さんは顔が外人さんぽく 母のお祖母さんも外人さんぽい顔だったそうで、 お姉さんはお祖母さんからその要素を受け継いだみたいです。 私がロシアの血入ってるのかな?みたいな話をして 言われてみれば、お祖母さんはロシアのおばあちゃんぽい感じかも と母は言ってました。 外人ぽいと言っても南方系ではないです。 北の日本海側(秋田~新潟)にはロシア系の血が少し入ってるという説を知って 母の家系にも少し入ってるかも?と思い興味を持ったのですが (新潟の東北寄りの方の田舎です) 日本人でも外人ぽい人って結構いるし それが全部外人さんの血が入ってるからって訳ではないだろうしなぁという感じもあります。 ぶっちゃけ、血が混ざると美人になるイメージがあるので なんかそういうのに憧れるなぁ位の気持ちなんですが・・・^^; はっきりとした信憑性はない説みたいですが 周りやご自身が似たような感じの方や、そういう説に関して詳しい方など 回答していただけると嬉しいです。 私の母親なんですが、若い頃めちゃくちゃ色白で、焼けても黒くならないタイプで (新潟出身なんですが、新潟ですごい色白な扱いだったみたいなので相当白いと思います) 赤ちゃんの頃の写真を見たら、髪は黒いけどくりくり 目の色も普通に茶色ですが平均より薄めで、太陽が結構眩しいらしいです。 背は170以上あります。 顔は日本人というかあっさりめの顔です。 しかし洋もの好きなのでその影響もあるかもしれませんが、 外人ぽいってたまに言われるそうです。 母のお姉さんは顔が外人さんぽく 母のお祖母さんも... A ベストアンサー 日本列島で人類は誕生してませんので、どこからか移住してきたって事ですね。 人類はアフリカで誕生して以来、ダイナミックに地球上を移動したから繁栄したんだと思います。 地球上の全ての生物は拡散するDNAを持っているようですね。 ちなみに地球上の全ての生物の起源は同じだったようですね。 人間もゴキブリも同じです。 移住の手段ですが、1万年前に氷河期がありましたので、大陸と日本列島が氷でつながっていた可能性があり、北海道・本州北部は北から歩いてきた事はあると思います。 アメリカ・インディアンは、シベリアからアラスカへ歩いて渡ったと言う説があります。 王道は船ですね。 釣りに出た船が流されて日本に来て定着したと言う話はちょっと怪しいかな? 通常男性だけでしょうから、女性がいないと絶えます。 私は流された人が海路や住みやすい陸地を発見して、積極的に家族単位、コミニティ単位で移住したんだと思います。 幸い日本列島は、北から見れば寒くなく、南から見れば暑くない住みやすい緯度にあります。 Q 女性が手を振る時ってどんな時、どんな相手ですか? 女性の方、回答お願いします。 最近仲良くなった(仲良くなりはじめた)女の子によく手を振られます。 ぼぼ毎回会うごとに手を振ってくれるのですが、振ってくれる条件があります。 周囲に誰もいない時や、周りに誰かいてもお互いに全く知らない人、または彼女と仲が良い友人(2人とか少人数)がいるときに振ってくれます。 手を振る時は、会ってすぐの時か、別れる時(帰るなど)です。 彼女を見たら振っていたり、僕の友達から「手振ってるよ」と言われて気付くことや、 彼女と話ていて「そろそろ行かなきゃ」と去る時に「頑張ってください」とか「気をつけて」と言われながら振られます。 手を振るのは、大きく振るのではなく、手元で小さく小刻みに「バイバイ」みたいな感じでしてくれます。 女性の方が上記のように男性に手を振るのはどのような時、どのように思っている相手の時ですか?? ちなみに、彼女をみていると、他の人にはやっていないみたいです。 くだらないかもしれませんが、回答よろしくお願いします。 女性が手を振る時ってどんな時、どんな相手ですか? 女性の方、回答お願いします。 最近仲良くなった(仲良くなりはじめた)女の子によく手を振られます。 ぼぼ毎回会うごとに手を振ってくれるのですが、振ってくれる条件があります。 周囲に誰もいない時や、周りに誰かいてもお互いに全く知らない人、または彼女と仲が良い友人(2人とか少人数)がいるときに振ってくれます。 手を振る時は、会ってすぐの時か、別れる時(帰るなど)です。 彼女を見たら振っていたり、僕の友達から「手振ってるよ」...

次の