荒野 金券。 荒野行動の金券入手法とは?

荒野行動のアップデート後の金券配布はPUBGとの訴訟が原因?真相を解説!

荒野 金券

荒野行動の金券もらえない時の対処法まとめ!金券配布の理由を解説! 金券配布の理由を解説! 今回の金券配布についてついてですが、以下の理由になります。 3月28日のアップデート内容には 全体的なアイテムの変更が含まれており、 一部アイテムが削除されたり外見が変更になります。 アイテムの外見変更に関してですが、荒野行動は他のゲームから パクリ疑惑で訴訟を起こされており、 裁判で負けてしまったことで見た目を変更せざるをえなくなったようです。 そのため、それらのアイテムのスキンを持っている ユーザーへの補償として金貨が配布されています。 いきなり課金アイテムを削除してしまってはユーザーから不満の声が上がってしまうので、 変更になったスキンを持っているユーザーに対して ショップ販売価格の3倍の金貨がお詫びとして補填されています。 今回の対応に歓喜しているユーザーもかなり多いようですね! 今回変更が入ったアイテムは以下の通りです。 圧力鍋蓋(削除)• パラシュート:影の代理人• 感謝祭:グルメTシャツ• 萌えショーパン• アイコン枠:恋人専用 削除された圧力鍋は今後シャベルに統合され、 銃弾を弾く機能も引き継いでいます。 荒野行動の金券もらえない時の対処法 金券のもらい方はゲーム内のメッセージに 「 アイテム外見のアップグレードに関する補償」または「 近接武器のアップグレードに関する補償」というタイトルのシステムメッセージが届いています。 運営からメッセージが届かなかった方は、 対象のスキンを持っていなかったということで残念ながら金貨は貰えません。 無課金の方でもアイテムを持っていればもしかすると金貨が届いているかもしれません。

次の

『荒野行動』の金券バグが一転“神運営”とはどういうこと? 多くのプレイヤーを巻き込んだ騒動の真相を解明

荒野 金券

ゲーム内で発生している金券バグについて、現在全力でシステム修復中です。 皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ございません。 それは12日に発見されたものと同じように、チャットウィンドウにある文字列を入力すると金券を獲得できるというものだった。 一種のお祭り騒ぎ状態はなおも続いた。 金券コード流出の件はあるハッカーと関係していたことが判明しました。 しかし、その人の正体は判別できません。 これが本当にバグだったとしたらメーカーにとっては大問題だが、結果的にプレイヤーはバグなのか仕様なのかわからないサプライズ演出を体験したことになる。 なお、前述の攻略サイトやインフルエンサーの投稿なども、今回の演出に関するプロモーションだという。 だが少なくとも、この数日間でプレイヤーたちが見せた盛り上がりは、ふつうにログインキャンペーンを行なっただけでは実現できない規模だった。 事実、SNSでは「神運営」やそれに類する喜びの声も見受けられた。 テーマはサイバーハック。 警察とハッカーのスキンが今シーズンの象徴だ。 ハッカーは『荒野行動』の秩序を乱すために妨害活動を実施。 金券のコード漏えいも計画の一部の可能性がある。 このハッカーが、シーズン11のメインキャラクターであるようだ。 バグ(に見せかけた演出)で獲得できた金券は、ハッカーがプレイヤーのために奪い取ったものだという。 この段階で事情を察した名探偵はどれくらいいたのだろうか。 このような仕掛けによって話題はゲーム外へ飛び出し、SNSを中心にディスカッションを起こさせた。 既存のプレイヤーに普段とは違う楽しみを提供するのと同時に、まだプレイしていない層および過去にプレイしていた層にまで『荒野行動』を巡る話題を届けた。 これこそが、今回の演出における大きな目的だったのではないだろうか。

次の

荒野行動裏ワザで金券増殖チートは詐欺?無料で入手する方法!

荒野 金券

ゲーム内で発生している金券バグについて、現在全力でシステム修復中です。 皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ございません。 それは12日に発見されたものと同じように、チャットウィンドウにある文字列を入力すると金券を獲得できるというものだった。 一種のお祭り騒ぎ状態はなおも続いた。 金券コード流出の件はあるハッカーと関係していたことが判明しました。 しかし、その人の正体は判別できません。 これが本当にバグだったとしたらメーカーにとっては大問題だが、結果的にプレイヤーはバグなのか仕様なのかわからないサプライズ演出を体験したことになる。 なお、前述の攻略サイトやインフルエンサーの投稿なども、今回の演出に関するプロモーションだという。 だが少なくとも、この数日間でプレイヤーたちが見せた盛り上がりは、ふつうにログインキャンペーンを行なっただけでは実現できない規模だった。 事実、SNSでは「神運営」やそれに類する喜びの声も見受けられた。 テーマはサイバーハック。 警察とハッカーのスキンが今シーズンの象徴だ。 ハッカーは『荒野行動』の秩序を乱すために妨害活動を実施。 金券のコード漏えいも計画の一部の可能性がある。 このハッカーが、シーズン11のメインキャラクターであるようだ。 バグ(に見せかけた演出)で獲得できた金券は、ハッカーがプレイヤーのために奪い取ったものだという。 この段階で事情を察した名探偵はどれくらいいたのだろうか。 このような仕掛けによって話題はゲーム外へ飛び出し、SNSを中心にディスカッションを起こさせた。 既存のプレイヤーに普段とは違う楽しみを提供するのと同時に、まだプレイしていない層および過去にプレイしていた層にまで『荒野行動』を巡る話題を届けた。 これこそが、今回の演出における大きな目的だったのではないだろうか。

次の