コロナ 安倍 首相。 安倍首相 コロナ失政への批判でストレス、深刻な体調不良説(NEWS ポストセブン)

【新型コロナ】安倍首相が記者会見せず「雲隠れ」している様子が一目で分かるグラフ登場、第二波到来も臨時国会は召集せず

コロナ 安倍 首相

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、初の記者会見をする安倍晋三首相=29日午後、首相官邸 「率直に申し上げて政府の力だけでこの戦いに勝利を収めることはできない。 一人一人の国民の理解と協力が欠かせない」。 首相は29日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染抑制へ向け、危機感を交えつつこう訴えた。 ただ、一連の政府対応は「後手後手」「場当たり的」との批判も受ける。 首相会見からは、具体的な判断や行動を民間に委ねざるを得ない実態も垣間見え、国民の不安解消につながったかは未知数だ。 首相は27日、小中学校や高校などの「全国一斉休校」を唐突に要請。 十分な準備や法的根拠がない中での決断は「見切り発車」の印象が否めず、学校現場や各家庭には困惑が広がっている。 首相は会見で今回の判断を「断腸の思い」とした上で「多くの子どもや教職員が日常的に長時間集まる、同じ空間を共にすることによる感染リスクに備えなければならない」と理解を求めた。 混乱回避に向けて、休職した保護者の所得減少に対応する新助成金の創設など、支援策を説明。 「私が決断した以上、私の責任においてさまざまな課題に万全の対応を取る決意だ」と力を込めた。 大規模イベントの自粛要請なども含め、首相はこの間、感染封じ込めへ「政治決断」を連発してきた。 側近の一人は「何より集団感染が怖い。 うだうだ議論してもしょうがない」と指摘。 今後もあらゆる手だてを講じる構えだ。 ただ、一斉休校の結果、国民生活に多大な影響が生じれば、批判の矛先が首相に向かうのは避けられない。 自民党幹部は「吉と出るか凶と出るか分からない」と懸念を示した。 首相サイドは、国会審議や政府対策本部などを通じ、情報発信に努めたと主張する。 しかし、感染拡大に関する不正確な情報が拡散し、全国的にトイレットペーパーが品薄となるなどの現象が出ている。 政権内からも「正しい情報が全然発信できていない」(主要閣僚)との不満が漏れ、首相は自ら「トイレットペーパーは十分な供給量、在庫が確保されており、冷静な購買活動をお願いしたい」と国民に説いた。 会見を受け、自民党の政調会長は取材に対し「政府に全力で協力し、積極的に提言していく」と表明。 公明党の幹事長は「率直に国民に協力を求めた点は非常に評価できる」との談話を出した。 一方、立憲民主党の政調会長はコメントで、「新味はなく、大変残念だ」と批判した。 会見は、首相自身の説明を求める与野党の声に押される形で実施され、予定時間の20分を超えて36分間に及んだが、最後は記者の質問を途中で打ち切った。 3月2日からの参院予算委員会でも首相は野党から厳しい追及を受け、さらなる対応策や説明を求められそうだ。

次の

安倍首相コロナ対策失態は中国の影響力工作か

コロナ 安倍 首相

安倍晋三Twitterより 4連休の初日である本日23日、東京都の新規感染者数がついに366人を記録した。 昨日22日も全国の新型コロナ新規感染者数は792人(厚労省発表。 NHKまとめでは795人)となり、ついに過去最多を更新。 さらに、大阪府や愛知県、福岡県、埼玉県などの新規感染者も過去最多となり、感染が全国で急拡大していることがはっきりとした。 だが、そんな最悪のタイミングで、安倍政権は「Go Toトラベル」を開始させたのである。 新型コロナ対応として絶句するほかない状況だが、しかし、安倍首相は総理会見を開くこともなく、昨日22日の記者団のぶら下がりでは「こういう機会に説明もさせていただいている」「西村経済再生担当大臣からも菅官房長官からもほぼ毎日説明している」と言い放ち、説明責任を放棄した。 感染症対策の陣頭指揮に立つ人物が、無用な混乱と不安を招いておきながら、国民に直接説明することさえ投げ出すとは……。 あまりにも無責任すぎて開いた口が塞がらないが、しかし、安倍首相は昨晩、さらに信じられないような行動に出た。 昨日17時50分から約20分、新型コロナ対策本部に出席すると、安倍首相は官邸をあとにし、銀座に直行。 高級ステーキ店で、なんと王貞治氏や杉良太郎氏らと会食を楽しんだのだ。 時事通信の首相動静には、こう記載されている。 〈午後6時30分、東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」着。 自民党の二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理、元宿仁事務総長、プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、洋画家の絹谷幸二氏と会食。 午後8時19分、同所発。 午後8時45分、私邸着。 産経新聞は〈王氏は東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事を務めており、来年夏に延期となった東京五輪などについて意見交換したとみられる〉と伝えているが、ここまで全国で感染が広がるなかで、内輪で五輪の話をしているような場合ではない。 さらに、政府は「夜の街」を連呼してホストクラブやキャバクラなどを目の敵にしているが、実際には会食や飲み会でも感染は広がっており、政府の分科会のメンバーである舘田一博・日本感染症学会理事長も「特に東京は、接待を伴わない会食や通常の飲み会などでの感染が起きてきているので、今後、こうした場所での感染が増えてくるかどうかを注意深くみていかないといけない」(NHKニュース22日付)と警鐘を鳴らしている。 こうした警告に対し、感染を広げまいと不要不急の外出を自主的に自粛している都民は少なくないはずだ。 にもかかわらず、安倍首相は21日にも高級フランス料理店「シェ松尾 松濤レストラン」で長谷川榮一首相補佐官ら側近たちと会食をおこない、昨晩には大人数での会食を再開させたのである。 しかも、見過ごせないのは、会食メンバーには「Go Toトラベル」で重大疑惑が持ち上がったばかりの自民党・二階俊博幹事長がいたことだ。

次の

首相、全国の小中高校に3月2日からの臨時休校を要請:朝日新聞デジタル

コロナ 安倍 首相

どれだけ雲隠れしているのかが一目で分かるグラフが登場しました。 詳細は以下から。 これがそのグラフ。 3月下旬からの日本の数との日程をまとめたもの()ですが、第一波の時はあれだけ露出していたにもかかわらず、第二波では1ヶ月半にわたっての「雲隠れ」状態にあることが。 離島を含む日本全国での感染拡大が進む中でのトラベル推進や再配布といった各種政策の最高責任者・。 豪雨災害の対応についても会見は行われていません。 など、国民の多くが直接説明を望むトは山積みの中、なぜ雲隠れしているのでしょうか。 なお、これだけ喫緊の課題が多ければ臨時国会の召集もに入ってきますが、政権が動く気配はなし。 なのが現状です。 を見る 【新型コロナ】安倍首相が記者会見せず「雲隠れ」している様子が一目で分かるグラフ登場、第二波到来も臨時国会は召集せず 関連ニュース•

次の