デスクトップ pc おすすめ。 【コスパ最強】デスクトップパソコンのおすすめメーカーランキング

デスクトップパソコンの各メーカーおすすめ最強ランキング10選

デスクトップ pc おすすめ

2020年4月版 Mac購入ガイド おすすめの機種はこれだ Apple社のパソコンであるMacには大きく分けて6種類あります。 私たちは いったいどの Mac を選ぶべきなのでしょうか? 見た目や「なんとなく」で高価なMacを選んでいいのか、不安ですよね。 Mac系サイトを運営して13年の私はこれまでたくさんのMacを何十台も自腹で購入して試してきました。 その経験を踏まえて ベストなMacをご紹介します。 とくにMac初心者の人に読んで、理解していただきたいです。 同時に おすすめできないMacについてもご紹介します。 実は買ってはいけないMacがあります。 最高のパフォーマンスを安価に楽しめるMacがこれ。 27インチiMac Retina 5Kが2019年3月にアップデートされました。 2020年現在、MacであれWindowsであれ、新規で購入するパソコンにはメモリを16GB搭載するのがトレンドです。 可能なら32〜64GB積むとより長く使えます。 この事実をぜひ頭の片隅に入れておいてください。 買ってはいけない:起動ドライブにHDDを使っているMac 現在のMacのラインナップの中にはハードディスクを依然として採用しているモデルがあります。 HDDを起動ドライブとしているMacは買ってはいけません。 具体的には以下のデスクトップ型Macです。 5インチ iMac 2. 3GHzプロセッサ• 5インチ Retina 4Kディスプレイ 3. 6GHzクアッドコアプロセッサ これらのMacは標準状態でHDDを起動ドライブとしています。 2020年のいま、HDDを起動ドライブとしたMacを選ぶ理由はありません。 私たちが選ぶべきなのは「SSD」か「Fusion Drive」を採用したMacです。 できればSSD搭載モデルがいいでしょう。 Appleはマーケティングの理由から、あえて廉価で低い性能のハードディスクモデルをラインナップに入れて、わざとカオスを作っています。 そのような安価なだけの、HDDを起動ドライブとしたMacは絶対に避けていただきたいのです。 ノート型Macの買い方 上記で、買ってはいけないMacについて解説しました。 ここからは 買うべき Mac についてご説明致します。 まずノート型Macについてです。 多くの方がデスクトップ型Macよりもノート型Macを選んでいます。 買うべきMacは16インチMacBook Pro 16インチのMacBook Proが2019年11月に発売されました。 Appleの新型ノート型Macです。 16インチのMacBook Proは、P3の広色域対応のRetinaディスプレイを採用。 16インチMacBook Proの注目点 16インチのMacBook Proは、Magic Keyboardを搭載しています。 前モデルまでのバタフライ構造からシザー構造に変更されました。 デスクトップ用のキーボードのMagic Keyboardに近い打鍵感を楽しめます。 以前のバタフライ構造は約0. 5mmのストロークでしたが、新しいシザー構造は約1mm。 これだけでも「買い」です。 また16インチ MacBook ProはTouch BarとTouch IDを搭載していますが、Escキーが独立するようになりました。 この Esc キーは、けっこう使うんですよ。 絶対に独立した存在の方が使いやすいです。 メモリは64GBまで搭載可能。 メモリは標準状態で16GBあります。 職業でお使いの方は、32GBか64GBすると良いです。 データ量が非常に重たいものであったり、一時的に3Dを扱うような作業があるならば、第9世代の2. 4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサを選ぶとより快適に作業できます。 ストレージは512GBから。 まず十分と言えます。 大容量ライブラリを扱うならばTB単位で選べます。 最大8TBまで。 CPUに第10世代のIntel Core i3プロセッサを積んでいます。 文書作成などオフィス用途やちょっとした動画編集であれば、MacBook Airでも十分こなすことができます。 映像編集をゴリゴリするなど、計算をたくさんするようなソフトウェアを使う目的があれば、MacBook Proを選んでください。 パフォーマンスを求める作業は、MacBook Airには荷が重いです。 MacBook Airの利点の一つはバッテリーの持ちの良さです。 11時間のインターネット閲覧ができるとAppleは述べています。 MacBook Air にはTouch ID指紋認証センサーがついています。 Apple T2 Securityチップを生かしたモデルであり、セキュリティ性能が高まっています。 MacBook Pro 13インチからTouch Bar を取り払ったモデルのようです。 MacBook Air13インチは2つのThunderbolt 3ポートを搭載しています。 MacBook Air はクアッドコア i5にするとパフォーマンスがぐんと向上します。 クリエイティブな用途ならば、メモリを16GBにするいいです。 ストレージは256GBでまずは十分です。 必要な人は512GB、1TBをお求めください。 16インチに比べて一回り小さいマシンで、 より可搬性重視です。 13インチのMacBook Proは(Touch Bar搭載モデル)は、2. 3GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサを搭載。 美しいTrue ToneテクノロジーのRetinaディスプレイを備えています。 またバッテリー性能についてはMacBook Air に次いで性能が良く、Apple公称10時間のインターネット閲覧ができます。 13インチMacBook Proの注目点 2019年の13インチのMacBook Proは以前のモデルと比較して大きな躍進があります。 昨年までのデュアルコアからクアッドコアに進化。 2倍の性能アップです。 ただ、16インチのMacBook Proに比べて、13インチMacBook Pro はCPU・グラフィック・メモリ回りなど性能に妥協があることは知っておくべきです。 これらは統合型グラフィックスです。 一方、16インチMacBook Proは 独立したGPUを搭載しており、グラフィックス性能は際立っています。 メモリについては13インチモデルは最大でも16GBどまりです。 とはいえ、2019年の13インチMacBook Proは大きな性能進化を図っています。 16インチMacBook Proの高性能には及びませんが、MacBook Airの性能に満足できない方にうってつけの機種が13インチMacBook Proです。 データ量が非常に重たいものであったり、一時的に3Dを扱うような作業があるならば、第8世代の2. Apple公式サイトでメモリ16GBに変更すると長く使えます。 下位モデルには、ストレージ128GBのモデルがありますが、128GBがフルで利用できるわけではないということにご留意ください。 OSで20GBほど持っていかれるので、実際に使えるのは 80GBほどです。 下位モデルを選ぶにしても、最低でも256GBを選ぶ方がいいです。 16インチ MacBook Pro のようなキーボード周りのアップグレードがもしかするとあるかもしれません。 ここで2019年度の各大学生協の推奨パソコンを参考にしてみましょう。 まず東京大学生協では、駒場モデルパソコンと銘打って「MacBook Air 2018年型 」を推奨しています。 学生さんにとって手が届きやすくて、それでいて先進的な性能を持っているといえます。 軽量で持ち運びもしやすいです。 なお以下は主要大学生協での2019年度のおすすめのパソコンです。 大学生協 おすすめのパソコン 東京大学生協 MacBook Air 京都大学生協 MacBook Air 東京工業大学生協 13インチMacBook Pro 慶應義塾生協 SFC MacBook Airと13インチMacBook Pro 東京大学駒場キャンパスの生協では、MacBook Airが駒場モデルパソコンとして売られています。 新入生の3人の1人がこの駒場モデルパソコンを持っているそうです。 快適に持ち運べるのがアピールポイントです。 また、京都大学生協・慶応大(看護医療学部)の各生協もMacBook Air を推していることがわかります。 一方、東工大、慶応SFCでプログラミング・デザイン専攻向けは、MacBook Pro が推奨されています。 どんな大学に通う学生さんであれ、「MacBook Air 13インチ」、「MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載)」は 4年間の学業に使えて、手が出しやすい価格のパソコンであると言うことができます。 最もおすすめできるノート型Macは、です。 キーボードは打ちやすく、性能は申し分ありません。 出し切った感のある傑作と言えます。 次におすすめは、軽量なです。 持ち運びするならこれ。 価格が119,800円と手が出しやすいコスパマシンです。 軽量なオフィス、コミュニケーションが主体ならMacBook Airがいいです。 は、美しいRetinaディスプレイや打ちやすいキーボードを備えています。 小ぶりでパワフルなマシンが欲しい人にふさわしいモデルです。 しかし、そうは言っても性能の点で16インチMacBook Proに劣ります。 キーボードもそのうち刷新されるかもしれません。 デスクトップ型Macの買い方 次にデスクトップ型Macについてご紹介します。 買うべき Mac は 27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル Mac のラインナップで、私が真っ先におすすめするデスクトップMacは「」です。 このiMac 5K Retinaディスプレイモデルでみる写真は ため息が出るほど素晴らしいです。 私は iMac Retina 5K を2台使っています。 27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは大きなデスクトップマシンですから、ノート型Macのように気軽に持ち運びできるような機動力がありません。 しかし、ご自宅や職場でしか使わないというならば 27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルが最良の選択です。 価格比で考えた場合、より有利なパフォーマンスを得られます。 iMac 5Kのディスプレイは工場出荷時に色が調整(キャリブレーション)されています。 写真を楽しむのに最も適したパソコンといって差し支えありません。 27インチの広大なディスプレイはどのMacよりも大画面であり、たくさんの情報を表示させることができます。 iPhoneやiPadのような高精細なRetina表示なので、字がとても綺麗に表示されます。 27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは写真だけがウリではありません。 ウェブブラウザをたくさん開けたり、iMovieやFinal Cut Pro X でムービーを編集したり、GarageBandで作曲したりする作業を快適にこなすことができます。 またMicrosoft のOffice はRetinaディスプレイに対応しています。 私はこの広大な27インチRetinaディスプレイでExcelを毎日使用しています。 たくさんのセルを巨大な画面いっぱいに表示させることができるので、生産性が向上します。 iMac 5K Retinaディスプレイモデルの魅力はオールインワンであることです。 ノート型Macと同じようにディスプレイと本体が一体となっています。 中には「iMacを自宅に設置することのが面倒だ。 ちゃんとできるだろうか」と心配の方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、iMac に関しては、そのような心配は無用です。 iMac はシンプルな構造です。 段ボールから開梱したら、電源ケーブルを繋ぐだけであっという間にパソコンが使えるのです。 もう一回り小さい21インチiMac 4K Retinaディスプレイモデルもありますが、設置スペースがあるならば断然27インチiMac 5Kがおすすめです。 ストレージはApple公式サイトでSSDに変更することをおすすめします。 より速くなり、より快適に使えます。 CPUは変更の必要はありません。 メモリは標準の8GBのままでもいいですが、Apple公式サイトで16GBに変更することをおすすめします。 32GBか64GBにしておくと長く使えます。 ユーザは後から増設できます。 マウスは「」に変更してください。 Magic MouseよりもMagic Trackpad 2の方が使いやすいです。 CPUにXeonを採用しており、現行Mac Proをベンチマークで上回っています。 iMac ProはiMac 5K をスペースグレイにし、精悍な雰囲気をたたえています。 CPUだけではなく、メモリ・ストレージ・グラフィック等、全てにおいて非常に魅力的なマシンといえます。 最高峰のMacが欲しい人にとって、最良のマシンが iMac Pro です。 ただし、値段が高いのがネックです。 一番ベースモデルで558,800円します。 プロならばCTOカスタマイズをするでしょうから、さらに10万円・20万円と価格があがる場合もあります。 ノーマルのiMac 5Kが2台、下手したら3台買えるほどです。 とはいえ、iMac Proは「少しでもパフォーマンスが欲しいユーザ」にとって最良の選択であることは間違いがありません。 もし価格の面がクリアできれば選ぶべきです。 5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデルってどうですか? 27インチiMac 5Kよりもう一回り小さい「21. 5インチiMac 4K Retinaディスプレイモデル」も販売されています。 設置スペースがあるならば断然27インチiMac 5Kがおすすめです。 設置スペースが狭いなら21. 5インチモデルも有力な候補です。 5インチiMac 4Kモデルは美しい4Kディスプレイを搭載します。 27インチの性能をそのままに、画面サイズを一回り小さくした感じです。 HDDモデルは避けてください。 HDDの遅さがボトルネックとなり体感速度が低下します。 Apple公式サイトでSSDに変更してください。 CPUは変更の必要はありません。 メモリは標準の8GBのままでもいいですが、Apple公式サイトで16GBにすることを強くおすすめします。 32GBにしておくとさらに長く使えます。 マウスは「」に変更してください。 Magic MouseよりもMagic Trackpad 2の方が使いやすいです。 いっぽうより安価なRetina非対応iMacも併売されています。 Retina非対応のiMacは120,800円から購入できます。 Retinaよりも2. 2万円安いので魅力的です。 3GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサを採用。 十分な速さを有しているといえるでしょう。 ただ標準では1TBのハードディスクを採用しているのでこれがボトルネックとなります。 ぜひ Apple公式サイトでSSDを選んでください。 またApple公式サイトでメモリを16GBにすることを強くお勧めします。 後から増設するのはできないわけではないですが、非常にめんどくさいことになります。 Apple公式サイトでSSDを選んでください。 最初からメモリを16GBにするとさらに長持ちします。 マウスはに変更することをおすすめします。 デスクトップ型Mac:Mac miniについて 「」の魅力が2018年10月、ついにアップデートされました。 Mac miniの魅力は拡張性です。 Thunderbolt 3は4つあるし、USB 3は2つもあります。 さらにHDMI、Ethrenet、3. 5mmヘッドホンジャックがあります。 これだけの端子があれば、まず文句ないでしょう。 SDカードスロットがないですが、そこは仕方ないですね。 ディスプレイやキーボード、マウスはお手持ちの Windows のものを流用して使うことができます。 価格は89,800円から。 決して安くないですが、かといって高いとも言えません。 数年使うことを考えたら投資するに値するでしょう。 CPUは、通常用途ではIntel Core i3で大丈夫です。 プロは3. 2GHz 6コアIntel Core i7に変更すると良いです。 メモリは通常は8GBで大丈夫です。 しかし長いこと利用することを考えると、16GBにすると長持ちします。 32GBだと完璧です。 メモリは自分で交換するのは難しいですから、できればCTOでアップルに作業をやらせるのがいいです。 保証もあります。 2019年12月にアップデートされました。 Mac Pro タワー型 ¥598,800• Mac Pro ラック型 ¥649,800 Mac Pro は桁外れのパフォーマンスを有しております。 まさにプロ向けです。 Mac にはたくさん種類があり、特徴があります。 Macが欲しい方はまず「」を選んでください。 この高性能なMacを買っておけば後悔することはありません。 美しいTrue Tone搭載Retinaディスプレイを積んでいます。 またTouch BarやTouch IDを搭載しています。 メインマシンとして十分使えます。 美しいTrue Tone搭載Retinaディスプレイを積んでいます。 Apple公式サイトでメモリを16GBに変更にすると長く使えます。 「Macを毎日のように持ち運ぶよ」という先進的なモバイラーにとっては「」がベストです。 デスクトップが欲しい方は、「」を検討してください。 クアッドコアのCPUを搭載しており、処理速度は申し分ありません。 ウェブを見るのも、写真を編集するのも、文書作成するのも、27インチという広大で美しいディスプレイで快適に行えます。 ちなみに27インチiMacの大きさは、 高さ:51. 6 cm、幅:65. 0 cm、スタンドの奥行き:20. 3 cmです。 ご自身の机に乗るかご検討ください。 「」は素晴らしい性能ですが、値段が55万円とプロ向けです。 職業上、その性能が必要なプロの方のみが選んでください。 一般の方は iMac 5Kディスプレイで全く問題ないです。 Macを初めて購入される方へのメッセージ Macを初めて購入しようとお考えの方は、ノートなら「」・「」のうちどれかを買っておけば、まず失敗したと思うことはありません。 たくさんのメリットがある Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。 中には量販店で購入されることを考えている方もいらっしゃるかもしれません。 しかしApple公式サイトには様々なメリットがありますよ。 量販店やAppleの路面店とは異なり、Apple 公式サイトではご自身の望むスペックのMacを選ぶことができます。 例えば、メモリを増量したり、ストレージを増やしたり、プロセッサを変更したりできます。 そしてよく聞くのがキーボードのカスタマイズです。 「日本語JISキーボードではなく、英語キーボードを選んでよけばよかった」というユーザさんもいらっしゃいます。 ローマ字入力をされている方には、 より合理的な配列の英語キーボードをおすすめしています。 また例えば iMac には VESA搭載モデルがあります。 こちらもカスタマイズモデルなので、 Apple 公式サイトでしか手に入りません。 ちなみにこのVESA搭載モデルは隠れた人気機種です。 私も次にiMacを買うときは、VESA搭載モデルにしようと心に決めています。 届いたらすぐにFinal Cut Pro XやLogic Pro Xが使えるのは便利です。 まとめますと、中には品揃えの乏しい家電量販店もありますが、Apple公式サイトではカスタマイズを含めてすべて揃っているのが強みです。 家電量販店だと、人ごみがうっとおしかったり、対面接客が煩わしかったりすることがあります。 販売員のスキルによって、いいかたのニュアンスが変わったり、情報の伝わり方にバラツキが出たりすることがあります。 しつこくオプションを勧められたりするかもしれません。 しかし、Apple公式サイトには商品説明が詳細に書いてあります。 ユーザが欲しい情報が すべて載っています。 写真も豊富に掲載されています。 例えばApple のローンなど、きちんと理解して購入したいようなものでも じっくりと時間をかけて説明を読んで理解することができます。 Macの購入の際に、一緒に購入した方が良さそうな周辺機器についてもオンラインストア上でピックアップしてくれます。 とても行き届いた設計がなされているのです。 Macを購入するのに、わざわざ都心の銀座や表参道、新宿、あるいは名古屋・栄、大阪・心斎橋まで、交通費をかける必要はありません。 Apple 公式サイトであればMacを迅速に配送してくれます。 カスタマイズしなければ1日で納品してくれます。 運送業者は安心のクロネコヤマトです。 例えば27インチの iMac 5Kは10kgを越えるぐらい、かなり重いです。 私はこれまで iMac を二度、店舗から持ち帰ったことがありますが、帰る道すがら手が痛くなりました(笑)。 Apple に配送を頼めばよかったと後悔するほど重たいですよ(笑い)。 電車で運んでいる途中も、大切なMacをぶつけないかヒヤヒヤして運んでいました。 Macの配送のような手間のかかることは、すべてApple 公式サイトに任せればいいです。 送料は無料です。 Apple 公式サイトはApple自身が運営している直販サイトです。 偽物などをつかまされることのない、安心感があります。 またApple 公式サイトではサードパーティの製品も置いてありますが、Apple独自のテストを行った上で製品を並べています。 いわばセレクトショップのようなもので、いい加減なものは置いてありません。 メーカー自身が運営しているから 2週間以内ならMacの交換返品が可能です。 Macを購入後「私には合わない」「初期不良に当たってしまった」と感じても、Apple 公式サイトであればサポートに連絡してMacを返品したり、あるいは別のスペックのものに交換したりできます。 私たちユーザがちゃんと満足できるレベルのものを提供するし、満足できなければ返品・交換を受け付けるというAppleの姿勢が表れています。 だから、Apple 公式サイトでは 安心して購入できます。 Apple は未来ある学生さんを応援する企業であることでよく知られています。 Macには学割が用意されており、学割価格で購入できます。 しかも対象は学生さんや教職員だけではありません。 PTAの役員も対象です! ご自身がPTA役員でなくても、奥様が幼稚園や学校でPTAをやっていませんか? もしそうなら学割の対象です。 AppleはPTAで忙しく活動される保護者の方にも割引価格で使ってほしいと考えています。 上記の内容をご参考になさって、ぜひともご自身にとってベストなMacを入手してください。 Macは安い買い物ではありません。 Apple公式サイトであなたのこだわりのMacを作り上げてください。 最低限必要なスペックはこの記事で説明しましたので、わからないところは是非もう一度読み返してみてください。 最大24回の分割支払いまでAppleが金利を負担するというお得なキャンペーンです。 このキャンペーンについては、下記の当サイト記事にて詳しく解説しておりますので、分割払いを考えている方はぜひご参照ください。

次の

SSDのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

デスクトップ pc おすすめ

6型 46,800 円 税別 〜 C1 シリーズ [11. 6型HD]• 6型 59,800 円 税別 〜 F5 シリーズ [15. 6型フルHD] X5 シリーズ [15. 3型 ハイエンド 99,800 円 税別 〜 K シリーズ 第9世代CPU [15. 3型フルHD]• タブレット 39,800 円 税別 〜 【タブレット】MT-WN1004-V2 【タブレット】 MT-WN1004-V2-Pro 【スタディパソコン】 mouse E10• PCゲームを徹底的に楽しめる ようにチューニングされた ハイエンドゲームPCブランド• ライトゲーマー向けパソコン 13. 3型ゲーミングモバイル ライトゲーマー向けパソコン 15. 6型ゲーミングノート ミドルゲーマー向けパソコン 15. 6型ゲーミングノート ヘビーゲーマー向けパソコン 15. 6型ゲーミングノート• 拡張性・可搬性に優れるデスクトップPCから、 高い色域の液晶パネルを採用したノートPCまで、クリエイターのためのPCを豊富にラインアップ。 3型 4K-UHD ノングレア• CREATOR• マウスコンピューターは、お客様のご利用目的・ご予算に沿って、自由にカスタマイズしたパソコンをご提供する、BTOパソコンメーカーです。 デスクトップパソコン・ノートパソコン・タブレット・スマートフォンなどの多彩なラインナップを展開しています。 またメインブランドの「mouse」をはじめ、ビジネスPC「MousePro」、ゲーミングPC「G-Tune」、クリエイターPC「DAIV」と、あらゆる用途に対応するブランドをご提案しております。 CPUやSSD、メモリやグラフィックス、光学ドライブなど幅広いパーツを増設・カスタマイズすることが可能で、ノートパソコンに比べ拡張性・コストパフォーマンスに優れているのが特長です。 マウスコンピューターでは、コンパクト型・スリム型・ミニタワー型・マクロタワー型・ミドルタワー型・フルタワー型を採用しています。 サイズによって向き不向きがあるので、一般事務からゲーミング、動画や写真の編集まで用途や予算に応じて、ぜひ最適なものをお選びください。 CPU、メモリ、ハードディスク、SSD、グラフィック、液晶ディスプレイなど豊富な選択項目から、お客様のご希望に合わせたカスタマイズが行えます。 またパーツのみでなく、サポート期間の延長や、より充実したサポート項目がついた「安心サポート」など、サービス・サポートのカスタマイズも承っております。 ご注文をいただいたパソコンは、長野県・飯山工場でスタッフの手によって一台一台丁寧に組み立てられます。 組み立て後も品質チェックや負荷試験などを行い、厳しい検査をクリアしたものだけを出荷しています。 休日や深夜でも、マウスコンピューターのユーザーの皆様をサポートいたします。 サポートWEBサイトでも、製品についてのお問い合わせやご不明な点をFAQ形式にて回答しております。

次の

【2020年】Mac購入ガイド (おすすめのノート型・デスクトップ型)

デスクトップ pc おすすめ

タワー型のおすすめモデル• 省スペース型のおすすめモデル• 一体型のおすすめモデル• デスクトップパソコンのメリットは? デスクトップパソコンを選ぶ最大のメリットは、何と言ってもスペックの高さです。 モデルにもよりますが、ノートパソコンでは搭載できない高性能なCPUやグラフィックボードを搭載でき、ゲームや動画編集などが快適に行えます。 また、モデルによっては、購入後にユーザー自身がメモリーやHDDなどのパーツを交換することもできます。 メーカー保証外となるパーツ交換は上級者向けではありますが、購入後にパワーアップできるのはデスクトップパソコンの魅力と言えるでしょう。 同じ「Core i7」「Core i5」「Core i3」というブランドでも、デスクトップパソコン向けのCPUは、ノートパソコン向けのCPUよりも処理性能は高め。 なお、コンパクトな省スペース型モデルや一体型モデルの中には、消費電力の少ないノートパソコン向けのCPUを採用しているモデルもあります AMDの「Ryzen」、インテルの「第9世代Coreプロセッサー」など、最新CPUが続々と登場しており、デスクトップパソコンの性能はますますパワーアップしています。 ストレージも価格とスピードを両立したOptaneメモリーなど、新しい技術が登場しています 好みのディスプレイを使えるのもデスクトップパソコンのいいところです。 複数のウィンドウを開いて作業するのに適した、大画面で高解像度なディスプレイを組み合わせれば、作業効率が高まります。 最近は手ごろな価格の大型液晶ディスプレイが増えており、価格. comで調べると1万円台でフルHD解像度の24型液晶ディスプレイが購入できます。 5万円も出せば4K解像度のモデルすら選べます。 PCゲームをヘビーにプレイするなら、応答速度の速いディスプレイを選ぶといいでしょう。 複数台の液晶ディスプレイを使ってマルチディスプレイ環境を構築しても面白いかもしれません。 もちろん、ディスプレイだけでなく、キーボードやマウスも好きなものを選べます。 デスクトップパソコンの種類と選び方 デスクトップパソコンにはさまざまな種類がありますが、代表的なもとのとしてタワー型、省スペース型、一体型の3つがあります。 タワー型は、拡張性の高さが大きな魅力。 高性能なパーツを搭載しているモデルが多く、特に高性能なグラフィックボードを搭載したモデルは、高いグラフィック性能が求められるゲームやグラフィック用途に適しています。 比較的簡単にパーツの交換ができるので、購入後にメモリーやHDDを交換したいという人にも向いています。 設置場所を取るのが難点ですが、スペックや拡張性を重視するならタワー型を選ぶといいでしょう。 省スペース型は、本体がスリムで、文字通り設置スペースを取らないのが魅力。 ただし、本体がスリムな分だけ、内部のスペースが狭く、高性能なグラフィックボードを搭載しにくいなど、タワー型よりもスペックは少しだけ落ちます。 一体型はディスプレイとパソコン本体が一体になったモデル。 ディスプレイを別途用意したり、接続したりする手間がなく、ほぼディスプレイのみの設置スペースですむのが特徴です。 また、国内メーカー製を中心に、画質や音質にこだわったモデルが多いのもポイント。 なかにはテレビチューナーを内蔵したモデルもあり、テレビ兼HDDレコーダーとしても利用できます。 最近は新モデルが出ていませんが、USBメモリーサイズのスティックPCもあります。 HDMI入力端子を備えたテレビに挿すだけで、テレビがパソコンに早変わりする手軽さが魅力です。 スペックは必要最低限で、主な用途はインターネットやメールに限られますが、リビングで手軽に使えるマシンがほしいなら、スティックPCをチェックしてみるといいでしょう。 タワー型のおすすめモデル 1. マウスコンピューター「LUV MACHINES AG400XN-M2SH2-KK」 高コスパなハイスペックマシン マウスコンピューターのタワー型デスクトップパソコンは、バランスのとれたスペックと手ごろな価格が魅力で、豊富なラインアップが揃っています。 comで一番人気があるのは、「LUV MACHINES AG400XN-M2SH2-KK」(価格. com限定)。 8コアの「Ryzen 7 3700X」、16GBのメモリー、256GB SSD+2TB HDDというハイスペックなマシンです。 グラフィックボードには「GeForce GTX 1650」を備えており、日常作業はもちろん、ゲームや動画編集なども快適にこなせるでしょう。 com最安価格は99,800円。 コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。 クチコミではコストパフォーマンスのよさに加え、動作音の静かさや処理速度の速さを評価する書き込みがいくつかありました。 高コスパなハイスペックマシンを探している人はチェックしてみてください。 日本HP「Pavilion Gaming Desktop 690-0072jp」(価格. com限定) 「Core i7-9700」「GeForce GTX 1660」搭載のゲーミングPC 8コアCPUの「Core i7-9700」と「GeForce GTX 1660」を搭載するゲーミングPC。 メモリーは16GB、ストレージは256GB SSD+2TB HDDとハイスペックなマシンです。 他社の同等スペックのモデルと比べると、5,000円〜1万円ほど安いのが魅力です。 ゲームはプレイしないという人は、グラフィックボードを搭載いない「Pavilion Gaming Desktop 690-0071jp」(グラフィックレスエディション)を検討してみるといいでしょう。 ドスパラ「Magnate IM」(価格. com限定) 安くて高性能! オーソドックスなタワー型 老舗パソコン専門店、ドスパラのオリジナルモデル。 CPUにはベース動作周波数が2. 90GHz、ターボ・ブースト利用時が最大4. 10GHzのパワフルな「Core i5-9400」(Coffee Lake Refresh)を搭載しています。 メモリーは8GB、ストレージは240GB SSDと控えめなスペックですが、その分、価格が安いのが魅力。 com最安価格は56,980円。 12cmの大型ファン、400Wの静音電源、豊富な拡張ベイなど、タワー型デスクトップらしく拡張性が高く、2スロット占有タイプのグラフィックボードも搭載できます。 安くて高性能なタワー型デスクトップパソコンを探している人は要チェックです。 省スペース型のおすすめモデル 4. デル「Inspiron スモールデスクトップ プレミアム」 オーソドックスな省スペースモデル 省スペース型デスクトップパソコンの王道とも言えるオーソドックスなモデル。 際立った特徴はありませんが、同価格帯のほかのモデルよりもスペックがワンランク上なのが魅力です。 CPUには6コアの「Core i5-9400」(2. 90GHz、最大4. 10GHz)を搭載。 メモリーは8GB、ストレージは256GB SSD+1TB HDDというスペックです。 データの読み書きが高速なSSDと大容量のHDDは、使い勝手のよい組み合わせです。 Office Home and Business 2019を搭載するモデルも用意されています。 一体型のおすすめモデル 8. 画質を少し落として長時間録画できる「セミファインロング」モードを使えば、地上デジタル放送の番組を最長約4314時間も録画できるので、見たい番組がたくさんあるテレビ好きにもピッタリです。 サウンド面では、YAMAHAサウンドシステムを採用しており、ハイレゾ音源の再生にも対応。 「Core i7-8565U」や3TBの大容量HDD+Optaneメモリーなど、スペック面も充実しています。 テレビとパソコンを1台で済ませられるので、1人暮らしの方にピッタリな1台と言えるでしょう。 もちろん、書斎や自室のテレビを兼ねたパソコンとして選ぶのもありです。 アップル「iMac」 19万円台で5Kディスプレイを搭載 Macの一体型デスクトップと言えば「iMac」です。 現行モデルは2019年3月にリフレッシュされ、CPUやGPUがパワーアップし、処理性能が最大60%高速になりました。 5型モデルと27型モデルの2つの画面サイズがラインアップされていますが、設置場所に余裕があるなら大きな画面の27型を選びたいところ。 com最安価格193,843円と、非常にコストパフォーマンスが高いのがその理由です。 CPUは6コアの3. 0GHz Core i5、メモリーは8GB、ストレージは1TB Fusion Drive、GPUは「Radeon Pro 570X」と、幅広い用途に使えるスペックです。

次の