お 弁当 テクニック。 美味しく見せるお弁当の詰め方!おかずをバランス良くキレイに飾るテクニック

お弁当作りをがんばりたい一人暮らし女性に贈る!時短テクニックとメニュー 【samsungpaybirthday.dja.comI】

お 弁当 テクニック

お弁当を作りたいけど時間がない…そんな悩みをお持ちの方いらっしゃいませんか?でも、実はテクニックさえ知っていれば、 朝のたった10分もあれば余裕で美味しいお弁当が作れちゃうんですよ! 今月発売の『てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当』 文藝春秋 の著者で、大人気料理家の井上かなえさんに、お弁当作りの「時短テクニック」を教えてもらいました。 さらに、仕事と家庭とを両立されている井上さんに時間管理の方法も伺いましたよ。 テクニック1:ついでの下準備 前日の 晩ごはんの支度のついでに何を作るかおおよその献立を考え、包丁で切ったり、下味を絡めたりとひと手間をすませておくこと。 テクニック2:「常備菜」を用意 常備菜が何品か冷蔵庫にあると楽ちん!大葉やミニトマトなどの素材も、洗ってタッパーに入れておくなどするだけでも朝は時短になります。 テクニック3:調理器具のお任せ料理 レンジ調理やグリル調理を活用して、 ほっといたら出来る一品を献立に入れる。 一見ささいなことに感じる「野菜を洗っておく」ということも、洗った後に水気をきったり、調理道具を出したり、地味に作業も増えているので手間は大幅カットできているのかも。 この積み重ねが時短に繋がるんですね! オススメレシピ 『きのこの旨煮』 材料(作りやすい分量)• まいたけ 100g• エリンギ 100g• 【A】みりん、醤油 各大さじ1ずつ• 【A】桜海老 大さじ1 作り方• まいたけ、エリンギはそれぞれ食べやすい大きさに切る。 鍋に1のキノコとAを入れて火にかける。 時折かき混ぜながらキノコのかさが減ってしんなりするまで煮詰める。 働くママとして、時間の使い方で心掛けていることを教えてください。 スケジュールは朝一番に確認し、必要ならばToDoリストを作成します。 今日作らねばならないものや、試作しなければならない料理なども一覧にして冷蔵庫など目立つ場所に貼っておき、終わったものはチェックしていきます。 朝の時間は特に、娘たちも勉強タイムになっているので、3人がそれぞれ静かに机に向かって集中する時間になっています。 井上さんの一日のスケジュールを教えてください。 5:30 起床、部屋の片づけをしながらお弁当を作る。 6:00 お弁当おかずを冷ましている間に、洗顔や歯磨き、洗濯など。 娘たちを起こす。 6:30 お弁当箱に詰めながら朝ごはん作り。 娘たちはこの時間、食卓で朝勉強をしています。 7:00 娘とわたしたちが朝食とメールの返信。 スケジュール確認など。 8:00 オット、長男が朝食。 洗濯物を干す、掃除機を掛ける。 10:00 コラム記事を書いたり、レシピを書いたり、ブログ記事を書いたり(1日に何回も書いては下書きの状態に。 分けて書いているので)引き続きパソコンに向かう。 11:00 食材などの買い出し。 12:00 昼食と休憩。 13:00 料理の試作、撮影、レシピのパソコン入力など。 17:00 晩ごはんの支度。 合間にブログやレシピを書く(分量、作り方などメモ代わりに) 18:00 晩ごはん 19:00 メールの返信や翌日のスケジュール確認など。 20:00 お風呂 20:30 読書 (この時に娘にマッサージをしてもらっている) 23:00 オットの晩ごはんの支度、片づけ。 翌朝の米を研いでセット。 23:30 就寝 『てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当』 『てんきち母ちゃんの 朝10分、あるものだけで ほめられ弁当』 文藝春秋 豚の薄切り肉、鶏肉、キャベツ、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ・・・など、いくつかの、冷蔵庫などによくある素材だけで、いかに豊富な弁当バリエーションを作り分けるかにこだわった弁当レシピ本。 電子レンジ、魚焼きグリル、フライパンなどの同時活用で、朝10分でラクラク作れるのに、 味にも見た目にもシビアな、中高生女子にも「おいしい、かわいい~」と、喜ばれるお弁当ばかり。 レシピ数約200掲載!

次の

お弁当テクニック

お 弁当 テクニック

節約と健康に効果があるお弁当。 忙しくても頑張れる、一人暮らし向けお弁当作りテクニックをご紹介します 会社や学校でのお昼ご飯は外食やコンビニ弁当などで済ませているという人も多いと思いますが、節約や健康を意識すると、手作りお弁当もおすすめです。 お弁当を手作りするというと、「朝から時間がない」「大変そう」という声を聞きますが、コツさえわかってしまえば、一人分のお弁当ならそれほど面倒ではありません。 それに自分が食べるものなんだもの、ちょっとくらい手抜きでいいかげんだっていいと思いませんか。 そんな一人暮らしのための時間短縮、手間もかからない簡単お弁当づくりのプチテクニックをお届けします。 新生活を始めた社会人や大学生の方、ぜひ試してみてください。 料理といえば包丁と火を使うのが当たり前のようですが、それを省くだけで、時間も手間もぐんと減らすことができるんです まず、お弁当を作るときには、これを意識してみましょう。 だって、朝からお弁当のために包丁と火を使うのは面倒くさい。 ガイド記事「」でもご紹介しましたが、火を使えば鍋やフライパンも使うことになり、包丁を使えばまな板も使うことになり、それを洗う手間って結構面倒なもの。 その代わりに電子レンジやキッチンバサミを多用します。 また、市販品も含め、冷凍食品を上手に使うのもポイント。 冷凍食品の利用法は、のちほど詳しく紹介します。 もちろん、まったく使わないで仕上げるのはやっぱり難しいですが、これを意識したお弁当づくりをするだけで、時間はぐんと短縮できるんですよ。 一人暮らしのお弁当は、夕ご飯の残りでもOK カレーにシチュー、麻婆豆腐に焼きそば、焼きうどん、炒飯や中華丼など、お弁当としてはイメージしにくいものも持っていってみると、意外と美味しいことも。 保温機能のあるお弁当箱だと便利です 一人暮らしのお弁当は、自分で作って自分で食べるもの。 残りものだってOKだし、何日も同じものを食べ続けることになったって、気にする必要ありません。 だって、普段の食事も作りすぎてしまったら、何日も続けて食べること、きっと一人暮らしなら珍しいことではないですよね。 あえてお弁当用に詰めることを考えて、夕ご飯を多めに作るのも、もちろんOK。 持っていくものも、よほどのものでなければ、何でもアリ。 職場には電子レンジがあれば、前日の夕ご飯で作ったカレーやシチューなどを温めなおして食べるのもいいでしょう。 保温ランチジャーを使えば、温め直しも必要ありません。 ただし、カレーなどは料理によってはかなりニオイがしますので、許される環境かどうかはご自身で判断してくださいね。 なお、夏場は残りものを詰めることは衛生面で心配なこともあります。 冷蔵庫がない場合は避けた方が安心です。 一人暮らしのお弁当は、ご飯はたくさん炊いて冷凍しよう ご飯はお弁当1回分ずつで冷凍しておくと便利。 おかずを全部作って持っていかなくても、足りない分はお惣菜を買い足してもいいですよね お弁当に持っていく主食の基本となるのは、ご飯(お米)だと思います。 でも、これも毎日お弁当のために炊くには「夜のうちにお米を研いで……」なんて考えていると、意外と面倒。 普段から一度にたくさんご飯を炊いて、お弁当箱の大きさに合わせて冷凍し、朝には電子レンジで解凍するだけでいいようにするのがおすすめです。 人によって食べる量や麺やパンなどを食べる頻度で違ってきますが、私の場合は5合炊くと、ちょうど1週間でなくなるくらい。 時間のある週末にお米を炊き、冷凍して、またその週に備えるようにすると楽でした。 なお、お米のおいしい冷凍方法は、ガイド記事「」でご紹介しています。 一人暮らしのお弁当は、おかずもたくさん作って冷凍しよう ハンバーグなど、お弁当にも使えそうなおかずは、一度にたくさん作って冷凍。 朝は解凍し、温めなおして詰めるだけでOKです ご飯だけでなく、お弁当に使いやすいおかずも冷凍しておくと、お弁当づくりが一気に簡単になります。 すべて電子レンジにかけて詰めるだけなら、10分もあれば十分です。 普段の食事を作るときに小さいものを作ったり、小分けにしたりして冷凍しておきます。 冷凍を上手に活用すれば、食材の無駄も減って、さらに節約に。 我が家の冷凍庫によく入っていたものをご紹介します。 ハンバーグ……お弁当用に小さいものを作って冷凍。 一口トンカツ・唐揚げ……解凍するときはトースターで焼くとベタベタしない。 ひじきの煮物・切干大根の煮物……小分けにして冷凍。 かぼちゃの煮物……解凍すると形が崩れてしまうことも。 茹でた青菜(ほうれん草・小松菜など)……解凍して、おひたしや胡麻和え、からし和えなどにする。 詳しくは「」「」などもあわせてお読みください。 一人暮らしのお弁当は、市販の冷凍食品も利用しよう 冷凍食品のカボチャを使えば、サラダも煮物も短時間で作れます 市販の冷凍食品を使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、お弁当には「あと1品」というときに便利です。 もちろん全部手作りの料理を詰められればいいですが、それができないからお弁当そのものを作らないというのではモッタイナイ。 節約面から考えると、やや値段が上がってしまいますが、それでも外食やコンビニ弁当よりはリーズナブル。 解凍して、ご飯に混ぜこんだり、さっと炒めたり、ドレッシングで和えたりするだけで、冷凍食品を使ったように見えなくなります。 冷凍食品のかぼちゃを使って作るサラダのレシピは「」で紹介しています。 一人暮らしのお弁当は、3分できる常備菜を お弁当の彩りまで気を配ることで見栄えだけでなく、栄養素の偏りもなくなるという効果があります。 余裕が出てきたら、意識してみて 一人暮らしのお弁当は何より簡単に作れるのが一番ですが、見栄えだってよければ、それに越したことはないですよね。 お弁当箱を開いた瞬間においしそうに見えるためには、赤と黄と緑の食材が入っていること。 これがポイントです。 あるものを適当に詰めると、茶色がメインのお弁当になりがちです。 同僚や友達に「どんなお弁当作ってるの?」なんて覗かれたときに、あんまり色彩の悪いお弁当というのもちょっと気になります。 ミニトマトや卵、冷凍枝豆など、簡単に添えることができる食材を常備しておくといいでしょう。 また、お弁当箱や、食材を指すピック、おかずを入れるカップを3色のいずれかにしておくという裏技も。 ピックやカップは100円ショップなどでも可愛いものがたくさんありますので、楽しくお弁当づくりをしたい人にもおすすめです。 一人暮らしのお弁当箱は、詰めやすく 持ちやすいものを 愛用していたお弁当箱。 小ぶりでおかずも詰めやすく、電子レンジにも対応しているので、重宝します これまでいろいろな形のお弁当箱を使ってきましたが、個人的に使いやすかったのはあまり深すぎない、2段になっているもの。 ご飯とおかずは別に入れられた方が味や色が混ざってしまう心配がなく、深すぎるとおかずを複数詰めると埋もれてしまって詰めにくく感じます。 また、食べ終わったら入れ子にして小さく持って帰れるものがおすすめです。 電子レンジが使えるのなら、対応したものだと温かいお弁当が食べられます。 また、お弁当箱を鞄に入れて持ち運びたい人は、鞄の大きさに見合ったものを選ぶようにしましょう。 最近はビジネスバックにも入れられるような細身のものもあります。 以前のものになりますが、一人暮らしの男性におすすめのお弁当箱をまとめた「」という記事があります。 参考にどうぞ。 お弁当づくりにあると便利なグッズ・調理器具 普段ある調理器具で対応することもできますが、毎日作ることに慣れてくると、お弁当づくり用に使い勝手のよいものがほしくなることがあります。 私が使っていて便利だったグッズと調理器具をご紹介します。 また、電子レンジやオーブンもOKなので、このまま調理にも使えます。 アルミや紙のカップもありますが、使い捨てではないシリコンカップは節約にもつながります。 カラフルでキュートな形のものもあり、お弁当に彩りやアクセントにも。

次の

【簡単】丼ものお弁当の人気おすすめレシピ17選!時短テクニックや注意点も!

お 弁当 テクニック

お昼のお弁当を手作りした場合の節約額 学校や職場でのお昼は、外食するよりも手作りのお弁当を持っていく方が節約になります。 毎日のことですので、日々積み重ねると差は大きいです。 ここでは、手作りのお弁当を持っていくと、どれくらい節約できるかを解説します。 お弁当を手作りした場合の費用 お弁当を手作りした場合、1食あたりどれくらいの費用がかかるのでしょうか。 ここでは、主食はごはんで、おかずとしてソーセージ、卵焼き、ミートボール、ミニトマトを入れたお弁当で計算していきます。 ごはんは1杯で20円、ソーセージは3本で80円、卵は1個で15円、ミートボールは2個で70円、ミニトマトは2個で10円だとすると、合計で195円です。 おかずの内容によって費用は多少変動しますが、大体1食200円でお弁当を作れます。 手作りしない場合との節約効果の違い お昼にどんなものを食べるかによって、費用はどれくらい違うのかを検証していきましょう。 コンビニやスーパー、惣菜店などで買ってきたものや、デリバリーなどで配達してもらったものを食べる中食の場合、コンビニやお弁当屋さんで購入すると500~700円くらい、スーパーで購入すると400円くらい、お惣菜だけを購入すると200~300円ほどです。 外食にした場合、丼ものなら500円以内、定食だと800~1100円ほどになります。 お弁当を手作りした場合とこれらを比較すると、自宅で食べる場合は200~500円、外食だと300~900円程度高くなる計算です。 これを毎日続けていけば、その差はかなり大きくなります。 一人暮らしのお弁当作りにおすすめの時短テクニック 一人暮らしの人がお弁当を作るにあたっては、なるべく時間と手間をかけずに作るポイントを押さえておきましょう。 ここでは、知っておくとお弁当作りが楽になる、おすすめの時短テクニックを紹介します。 電子レンジを駆使する 一人暮らしのお弁当作りの時間をより短縮するために、電子レンジを駆使すると良いです。 電子レンジは、コンロで調理するのと比べて短時間で調理ができるメリットがあります。 電子レンジは温めるだけでなく、解凍機能を駆使すれば肉などの解凍もすぐにできますし、かぼちゃや炒め玉ねぎなどの下茹でや下ごしらえも簡単に行うことが可能です。 卵焼きをコンロで作るのが面倒なときは、器に溶いた卵を入れて電子レンジで加熱すれば、素早く火を通すことができます。 食材は事前にまとめてカットしておく 一人暮らしのお弁当作りをする際には、食材を事前にまとめてカットしておくと便利です。 よく使う野菜は休みの日などにまとめてカットしておき、チャック付きの密閉袋に入れておきましょう。 そうすれば、3~4日は保存することができます。 カットした野菜を冷凍庫で凍らせておけば、冷凍したまま調理することができ、鮮度も保たれるのでおすすめです。 野菜の中には冷凍すると生食に向かないものもありますが、加熱して食べるのであれば、ほとんどの野菜が冷凍できます。 夕飯を作るときにお弁当も作る 一人暮らしで夕飯を自炊しているなら、夕飯を作るときに翌日のお弁当も一緒に作ってしまうのがおすすめです。 一人分の食事は意外と作りにくく、材料を買っても使い切ることができず、余ってしまうことも少なくありません。 そうなると、結果的にムダになってしまいます。 夕飯のおかずとお弁当のおかずを一緒に作るようにすれば、料理もしやすくなりますし、食材も使い切りやすくなるため、ムダを減らすことが可能です。 休日に作り置きをしておく お弁当作りの時間を短縮するコツとして、おかずを毎回全種類作るのではなく、作り置きできるものをいくつか用意しておく方法があります。 休日などの時間のあるときに、日持ちのする料理を何種類かまとめて作っておきましょう。 密閉容器などに入れて冷蔵庫に保存しておくと、数日間は十分持ちます。 冷蔵よりも冷凍の方が、より長く日持ちしますので、冷凍できる密閉パックに入れて冷凍するのがおすすめです。 冷凍保存する際には、お弁当用のカップなどにあらかじめ小分けして冷凍しておきましょう。 使う時は、凍ったままそれをお弁当箱に詰めるだけでよいので、かなり楽ができます。 ご飯は1食ごと分けて冷凍する ご飯を毎日炊くのが大変な場合、まとめて炊いて1回分ずつ小分けして冷凍しておくと、使うときに1食分ずつ解凍すればよいので便利です。 ごはんは冷蔵よりも冷凍の方が味が落ちることなく、美味しく食べられます。 炊きたてのごはんを乾燥させないようにするため、なるべく早くラップに包み、粗熱を取ってから平たくして急速冷凍しましょう。 解凍するときは、ラップをはがしてお皿に入れ、電子レンジで温めます。 加熱するときは、途中でほぐすことで均一に温めることが可能です。 手抜きでもおいしそうに見えるお弁当をマスターする 一人暮らしのお弁当作りにかける時間をなるべく短縮するためには、手抜きでもおいしそうに感じられるお弁当を作ることもポイントです。 ここでは、手間はあまりかかっていなくても、おいしく食べられるお弁当を紹介します。 丼 手間があまりかかっていなくてもおいしそうに見えるお弁当の代表例は、丼です。 丼の場合、おかずが1品でもおかしくありませんし、ボリュームもあり食べ応えもあります。 豚丼や親子丼、牛丼などの定番の丼以外にもバリエーションがいろいろとつけられるのもポイントです。 例えば、ごはんの上にハンバーグと目玉焼きを乗せると、ロコモコ丼になります。 お弁当の盛り付けが面倒に感じられるときは、丼にするのがおすすめです。 カレーライス カレーライスも、意外とお弁当として持っていくことができるメニューです。 一人分のカレーライスは作りにくいですが、お弁当に持っていくなら、夕飯のメニューとしても作りやすくなります。 カレーライスをお弁当に持っていくときは、ごはんとカレールーを別々の入れ物に入れましょう。 ただし、カレールーは冷めると固くなってしまうため、注意が必要です。 電子レンジのある職場であれば問題はありませんし、保温機能のついたランチジャーを持っていれば、温かいまま持っていくことができます。 缶詰 おかずに困ったら、缶詰を使う方法もあります。 特に、サバ缶やツナ缶などは、それ自体に味もついているので便利な食材です。 缶詰は年単位で日持ちもしますので、安いときに購入しておくと、さまざまな使い方ができます。 おかずのレパートリーに困ったときは、これらの缶詰をマヨネーズで和えるだけで立派な一品として使うことが可能です。 何もおかずがないとき、最終的な手段として、缶詰をそのまま持っていくこともできます。 一人暮らしでもお弁当作りが簡単になる作り置きメニュー 一人暮らしでもお弁当をなるべく短時間で簡単に作るには、作り置きできるメニューを時間のあるときにあらかじめ用意しておくのがコツです。 ここでは、作り置きができてお弁当のおかずに使えるメニューを紹介します。 ハンバーグ お弁当作りを簡単にするメニューの1つにハンバーグがあります。 お弁当用にするときは、成型した後に加熱して、1つずつラップに包みましょう。 よく冷ましてからチャック付きの袋に入れて余分な空気を抜いてから冷凍保存するとよいです。 使うときは、ラップをはがしてお皿に置いて、電子レンジで加熱します。 トマト缶と一緒に煮込めば煮込みハンバーグにすることが可能です。 煮物 煮物も作り置きができる時短メニューです。 筑前煮や野菜の煮物などは日持ちし、作りたてよりもしばらく経ってからの方が、味がなじんでおいしく食べられます。 保存容器に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。 中でも、肉じゃがなどはお弁当のメインのおかずにもなり、副菜としてすきまを埋めるのにも便利です。 野菜が無理なく食べられるので、何種類か用意しておくとよいでしょう。 酢の物 酢の物も日持ちし、副菜としてお弁当に利用可能です。 たくさん作ったときは、アルコール消毒をした容器に入れて、冷蔵庫に保存しておきましょう。 お弁当箱のすきまを埋めてくれる1品になります。 また、酢には腐敗を予防する働きもありますので、夏のお弁当にもぴったりです。 カレー カレーは1回分ずつ小分けにしてジッパー付きの袋に入れて冷凍しておくとよいです。 冷蔵保存でもよいのですが、日持ちの点では冷凍の方がおすすめです。 お弁当に持っていくときは、前日に冷蔵庫に移動させてゆっくり解凍するのがコツです。 そして、食べるときに電子レンジで温めましょう。 なお、カレーに入れたじゃがいもは、冷凍することで品質が変わってしまうので、じゃがいもを取り除くか、つぶしてから冷凍するとよいです。 スパゲッティ スパゲティも作り置きができるため、一人暮らしのお弁当におすすめです。 スパゲティはゆでた後で保存しておくことができます。 冷凍する場合は、油をからめてからラップに包んで急速冷凍しましょう。 解凍は電子レンジで加熱するか、フライパンでソースとからめて調理します。 また、ゆでて水を切った後に冷蔵庫で一晩保存すると、モチモチの食感になりますので、ナポリタンにぴったりです。 他にも、ハンバーグを煮たトマトソースをかけるのも、簡単でおすすめの方法になります。 一人暮らしでお弁当作りを続けるコツ 一人暮らしをしている人がお弁当作りを無理なく続けていくためには、いくつかのコツを押さえておくことが必要です。 ここでは、お弁当作りを長く続けていくために、知っておきたいポイントを紹介していきます。 シリコンカップを使わない お弁当のおかずを小分けしたり味移りを防いだりするシリコンカップは、洗ってくり返し使えるため、節約することを意識しているなら便利なアイテムです。 しかし、使うたびに洗わなくてはならないため、面倒に感じるときもあるでしょう。 また、シリコンカップはきれいに洗わなければ、雑菌が繁殖して不衛生になりがちです。 洗うのが面倒だと感じてしまう人は、使い捨てのカップを使った方がよいでしょう。 冷凍食品も活用する 一人暮らしでお弁当を作り続けていくためには、冷凍食品も上手に活用するのがおすすめです。 一からすべて自作しようと思うと、時間も労力もたくさんかかるため、負担に感じてしまうことも少なくありません。 最近ではレンジでチンしなくても、お昼の時間までに自然解凍されるものや、1回分の使い切りサイズのものなど、便利な新商品がどんどん登場しています。 ご飯だけは炊いて中食を利用する 一人暮らしの人でお弁当を作るのが大変なときや疲れたときは、ご飯だけを炊いておいて、おかずはスーパーやコンビニなどで買ってくる中食を利用するのも1つの方法です。 外食やお弁当自体をコンビニやお弁当屋さんで購入するのと比較すると、お惣菜だけを購入するのは、1食分のお弁当を作る値段とそれほど変わりはありません。 たまにはお弁当作りを休む 一人暮らしの人がお弁当作りを長続きさせるために、たまにはお弁当作りを休むのも1つの方法です。 何が何でも作らなくては、という強迫観念に襲われてしまっては、長続きできません。 適度に息抜きをしないと、楽しみながら作ることも難しくなってしまいます。 時には、いつも頑張っている自分にご褒美ランチとして少し豪華なランチを食べにいくなど、メリハリをつけることによって、かえって無理なく長く続けることができます。 忙しい朝ではなく夜に準備をしておく 一人暮らしの人がお弁当作りを続けるためには、慌ただしい朝ではなく、前日の夜に準備しておくのがおすすめです。 朝は身じたくなどで何かと忙しいので、その合間を縫ってお弁当作りの時間を確保するのは大変でしょう。 前日の夜に作っておけば、余裕をもって朝の時間を過ごすことができます。 もし、前日の夜に時間がなくて作れなかったときは無理をせず、その日はお弁当を買うか外食にするとよいです。 一人暮らしのお弁当は楽しく作るのがコツ! 一人暮らしでお弁当を作るのは大変そうに感じてしまうかもしれませんが、楽に作れるコツを押さえて作ることを習慣にしてしまえば、それほど難しくはありません。 時には手抜きをしたり休みを入れたりしながら、お弁当作りを楽しみましょう。 キッチンスペースの充実したお部屋なら、お弁当作りをもっと楽しめる! 部屋探しはWoman. CHINTAIで! Woman. CHINTAIでは、「女性専用物件」「セキュリティ物件」など、女性がお部屋探しでこだわりたい条件で検索できちゃいます。 CHINTAIでお部屋探し!.

次の