6 月 下旬 時候 の 挨拶。 6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

時候の挨拶6月上旬の例文と書き出しや結び!梅雨入りの時期に

6 月 下旬 時候 の 挨拶

公式な文章に必ずと言っていいほど 用いられる時候の挨拶。 時候の挨拶は季節や天候に応じた心情、 季節感を表す言葉です。 もっぱら、頭語のあとに続きますね。 時候の挨拶は「季節感」が大切です。 24節気72侯を覚えておけば 時候の挨拶はお手の物! また、その月の旬のもの、 行事なども知っていれば、 すらすらと書けるようになりますよ。 6月は言わずと知れた梅雨の時期です。 24節気では6月初めは小満、 6月中頃までは芒種、 6月下旬は夏至に分かれています。 72候は24節をさらに細かく分けたものです。 5月21日〜6月4日頃は小満(しょうまん)。 生命が成長する頃です。 6月に関係あるのは、72侯の末侯 「麦秋至」(むぎのときいたる)。 初冬に撒かれた麦が小麦色に熟すころ、 という意味です。 この頃は「麦秋」とも呼ばれ、 旧暦4月の異名にもなっています。 「麦秋の候」として使い、 梅雨入り前の時期の時候の挨拶です。 季節的には初夏に当たりますので、 「初夏の風が感じられる頃となりました」 など、初夏の季節感を感じる挨拶文と 組み合わせて使いましょう。 6月5日〜6月20日頃は芒種(ぼうしゅ)、 稲や麦など穂の出る植物の種を撒く頃。 本格的な梅雨の始まりでもあります。 この頃は「芒種の候」と書き出します。 72候では、6月5日〜9日までの期間は 初候の蟷螂生(かまきりしょうず)。 かまきりが卵からかえるころ、と意味です。 6月10日〜15日は、次候「腐草為蛍」 (くされたるくさほたるとなる)。 草の中から蛍が明かりを灯しながら 飛び交う頃、という意味です。 古く、蛍は暑さに蒸れて腐った草から生まれる と信じられていました。 蛍は夏を感じさせる虫です。 夏の季語でもあります。 6月16日〜6月20日は 末候「梅木黄」(うめのみきばむ)。 タワワに実った青梅が 黄色く色づき始める頃です。 「梅の実が熟す頃の雨」だから 「梅雨」という、という説もあります。 6月21日〜7月5日は24節では夏至です。 夏至は本格的な夏の到来、 暑さが本格的になる頃ですね。 6月21日〜6月25日、夏至の初候は 「乃東枯」(なつかれくさかるる)。 夏枯草と呼ばれるウツボグサが枯れる頃 という意味です。 6月26日〜6月30日頃は 「菖蒲華」(あやめはなさく)、 菖蒲の花が美しく咲き始める頃。 6月の晦日、つまり30日は 「夏越の禊」が各地の神社で行われます。 茅の輪を潜って半年分の厄と穢れを祓い、 残り半年を無病息災で過ごせるように願う神事です。 30日に出す文書で利用しても、素敵ですね。 いくつか知っていれば強い?!6月の挨拶文を覚えよう!手紙使える挨拶事例集 6月は、梅雨入りから、初夏、そして 夏を本格的に迎える季語がふさわしい 時候の挨拶です。 入梅は6月11日頃。 梅雨にかかるものは、 11日をすぎてから使うようにした方がいいですね。 6月時候の挨拶 《改まった手紙に適したもの》 「初夏」「麦秋」「万緑」「向夏」「薄夏」〜6月上旬 4日頃まで 「芒種」「鳴神月」「入梅」「長雨」「紫陽花」〜6月上旬 5日から20日頃まで 「夏至」「短夜」「梅雨晴」「霖雨」〜6月下旬 21日以降 これらには、「〜候」や「〜みぎり」と 組み合わせて使用します。 言い換えても使えます。 「初夏」は 「夏のは始まりが感じられる頃となりました」 「麦秋」は 「麦が黄金色に輝く頃になりました」 「紫陽花」は 「紫陽花の花が、雨の中咲き誇っています」 「短夜」は 「夏至が近づき、夜が徐々に短くなってきています」 「霖雨」は 「幾日も雨が降り続く季節となりました」 など、単語の裏にある風景を 言葉に置き換えると、悩むことなく 時候の挨拶に発展できますね。 時候の挨拶の後には、 相手のことを慮る文章を続けましょう。 例えば 「梅雨の候 貴社におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」 「夏至の候 貴殿におかれましては ご健勝の趣、何よりと存じます」 「紫陽花が雨の中咲き誇っております。 〇〇様もますますご健勝のことと存じます。 」 「菖蒲の花が咲く頃となりました。 ご健勝のこととご拝察申し上げます」 というように、時候の挨拶から、 季節感を感じるような挨拶文が でき上がります。 また、 旬のものなどをうまく取り入れると、 素敵な挨拶文ができあがりますね。 6月の季節の挨拶は手紙以外にも使える?!使える場面を詳しくご紹介! 季節の挨拶は、送付状や挨拶状、 お礼状にも利用できます。 メールにも利用することはできますが、 「メールの文章は短く要点を抑えて」 という考え方もあるので、 送る人を鑑みて臨機応変に対応しましょう。 贈り物の添え状の文面は、 時候の挨拶と贈る品の説明を記せば 相手のことを考えて贈る品物だということが伝わります。 お礼状、 お世話になっている方への挨拶文など、 気持ちを伝えることを目的とし、 今後のお付き合いも円滑に進めるために、 時候の挨拶はほどよい緩衝材になります。 まとめ 時候の挨拶は、日本の円滑な お付き合いを促すためのツールです。 相手も同じ季節を感じられるように、 手紙を呼ぶときに ふと、季節の移ろいを感じられるように 相手を慮って記す挨拶です。 現在ではそのような意味は薄れていますが 手紙の書き書き始めの緩衝材として、 堅苦しい印象になりがちなビジネスレターを 柔らかな印象にするために、 時候の挨拶は欠かせません。 「世界では使っていないから」 「日本みたいに四季がどの国にもないから」 「時候の挨拶は無駄」 と切り捨てるのは簡単です。 しかし、長い年月で培われた 日本の美しい文化を 「無駄」の一言で切り捨てるのは、 少し寂しい気持ちになりますね。 時候の挨拶は、相手を思いやる気持ち とともに記される挨拶です。 それを念頭に置いて、 季節にふさわしい挨拶文を記しましょう。

次の

【時候の挨拶】6月下旬の言葉とは?梅雨の季節もあと少し!

6 月 下旬 時候 の 挨拶

手紙を書く上で大切な6月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 梅雨の季節である6月は、雨にまつわる時候の挨拶が多いですが、同じ6月でも上旬と下旬では微妙に変化します。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いことです。 6月上旬の季節感 6月の上旬は、 爽やかな初夏の気候と、 梅雨に入る湿度の高い気候が混在します。 行事的には、衣替えという会社や学校も多いかもしれませんね。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 梅雨の季節6月は雨にまつわる時候の挨拶が豊富です。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 紫陽花の花や蛍、田植え、衣替えなどが6月らしい事柄ですね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの6月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 6月上旬の時候の挨拶 6月の上旬は、初夏の爽やかな気候が過ぎ、 梅雨入り前のぐずついたお天気に入っていきます。 時候の挨拶も、初夏の爽やかさに触れるものから、梅雨入りをお見舞いするものへ軸足を移します。 南北に長い日本では、地域によっては6月上旬にすでに本格的な梅雨に入っているということもあります。 手紙のお相手のお住まいの地域に合わせて、梅雨入り前の挨拶か梅雨時の挨拶か、選んで使いましょう。 また、 衣替えのあった学生たちの白いシャツや、 田植えを終えた田んぼの青々しさに、 季節の変化を感じる時期ですね。 これらの6月上旬の気候を表す表現を手紙のTPOで書き分けると次のようになります。 改まった時候の挨拶• 桜桃の候、折、みぎり• 初夏の候、折、みぎり• 入梅の候、折、みぎり• 麦秋の候、折、みぎり• 薄暑の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 清々しい初夏を迎え• 梅雨の季節を迎え• 衣替えの季節となりましたが 親しい人への時候の挨拶• すがすがしい初夏の季節となりましたが• 梅雨入りも近いようですが• 田植えも終わり• 衣替えの季節 では、6月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月上旬の時候の挨拶の例文• 衣替えを迎え、道行く人の装いも半袖が目立つようになりましたが、皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降り注ぐ頃となりました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 清々しい初夏を迎え、木々の緑も日増しに深くなってまいりました。 ご一同様には、なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。 緑の香りが漂う初夏のころ、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 田になみなみと水が張られ、いよいよ田植えの季節となりました。 皆様にはますますご壮健のことと存じます。 入梅を控えて不安定な空模様が続いておりますが、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜びいたします。 梅雨の前触れでしょうか、昨日今日と湿っぽい風が吹いておりますが、• 梅雨前線が近づいてきましたが、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 6月中旬の時候の挨拶 6月の中旬は、 本格的な梅雨のシーズンというところが多くなります。 その年によって、梅雨入りしたのに雨が降らない空梅雨だったり、しとしとと長雨が続いたりとまちまちながら、ジメジメと蒸し暑くうっとうしい天気が続く時期ですね。 気分が滅入りそうな気候ではありますが、 雨に濡れた紫陽花や 梅雨の合間の晴れた空などの美しさを挨拶に用いて、清々しさが感じられる時候の挨拶がおすすめです。 6月中旬の代表的な時候の挨拶をTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 黄梅の候、折、みぎり• 梅雨寒の候、折、みぎり• 梅雨晴れの候、折、みぎり• 長雨の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 梅雨寒ながら• 長雨が続きますが• 梅雨の晴れ間の青空が 親しい人への時候の挨拶• うっとうしい梅雨の季節• 雨上がりに大きな虹• 梅雨寒の毎日ですが• 紫陽花の花も美しく では、6月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月中旬の時候の挨拶の例文• 雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。 皆さんお元気でいらっしゃいますか。 紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 今年は空梅雨なのか、雨が降らず暑い日が続いておりますね。 お元気でお過ごしでしょうか。 五月雨に近くに川の水も水分増えたような気がします。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 連日の雨で外出もままなりませんが、思いがけず家の中で楽しみを見つけました。 降り続く雨に木々の緑もいよいよ濃くなりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 うっとうしい梅雨の季節となりましたが、お変わりございませんか。 雨上がりの空にかかる虹を見て清々しい気持ちになりました。 お元気でいらっしゃいますか。 梅雨寒の毎日ですが、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 梅雨空が恨めしい今日この頃ですね。 お元気でいらっしゃいますか。 連日の雨もひと休み、今日は久しぶりの青空です。 皆様、お変わりございませんでしょうか。 梔子の香り漂う季節となりました。 皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 まだ六月の末だというのに、厳しい暑さに見舞われています。 お変わりございませんでしょうか。 雨上がり、新緑がひときわ濃くなった気がします。 お元気でしょうか。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日ざしが降り注いでいます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しい頃、むしむしとした日がつづきます。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。 今年ももう半分が過ぎますね。 時の流れの速さに少々あせりを感じます。 その後、いかがお過ごしですか。 清流に若鮎が躍る季節となりました。 いよいよ本格的な夏の訪れですね。

次の

時候の挨拶6月上旬の例文と書き出しや結び!梅雨入りの時期に

6 月 下旬 時候 の 挨拶

時候の挨拶 6月下旬 夏至の候、梅雨の候、短夜の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶6月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の6月の上旬~中旬にあたる 芒種の時期には 初候(6月5日頃) 蟷螂生(かまきりしょうず) かまきりが生まれるころを言います。 次候(6月10日頃) 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる) 蛍の光が草むらから見え始めるころを言います。 (*昔は腐った草が蛍になると考えられていたようです。 ) 末候(6月15日頃) 梅子黄(うめのみきばむ) 梅の実が黄色くなって熟す頃を言います。 時候の挨拶6月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の6月の中旬~下旬にあたる 夏至の時期の七十二候には、 初候(6月20日頃) 乃東枯(なつかれくさかるる) 夏枯草の花が枯れたように見える頃を言います。 「夏枯草」 かごそう はうつぼ草の異名で、他の花は開く時期なのに、冬に芽を出したうつぼ草が枯れていくことを惜しんだ言葉です。 次候(6月25日頃) 菖蒲華(あやめはなさく) あやめの花が咲き始める頃で、梅雨到来といわれていました。 末候(6月30日頃) 半夏生(はんげしょうず) 半夏 からすびじゃく が生え始める頃で、田植えの時期の目安とされました。 雑節として半夏生があり、この時期に各地方で振る舞われた食べ物などもあります。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 青葉の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 梅雨寒の日が続きますが、お変わりございませんか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして6月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶6月上旬の書き出し例文• 衣替えの季節となりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。 向暑の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 くちなしの花が香る季節ですね。 皆様お元気ですか。 初夏の候、お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 梅雨入りを感じさせる天気が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶6月中旬の書き出し例文• 長雨が続きますが、皆様お健やかにおすごしでしょうか。 薄暑の候、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 今年もすでに半年を過ぎてしまいましたが、時が経つのは早いものですね。 芒種の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年は空梅雨で暑い日が続いております。 皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 時候の挨拶6月下旬の書き出し例文• カエルの鳴き声が盛んになる季節、いかがお過ごしでしょうか。 夏至の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 今年も庭先に梅がたくさん実る季節となりました。 そちらはいかがですか。 梅雨の候、お元気でお過ごしのことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、体調万全でお過ごしですか。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【6月上旬】 梅雨入りも間近ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 【6月中旬】 梅雨空が続きますが、くれぐれも健康にはお気をつけ下さい。 【6月下旬】 梅雨明けも今しばらくの辛抱です。 風邪など引かれませんように。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶6月上旬の結び例文• 天候不順の日が続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。 梅雨入りも近づいてきましたが、お体おいとい下さい• 衣替えをして気分も一新!嫌な梅雨も元気に乗り切っていきましょう。 雨模様の中にも初夏の気配を感じます。 お互い体に気をつけましょう。 当分は雨続きになりそうですが、体調にはお気をつけ下さい。 時候の挨拶6月中旬の結び例文• 梅雨明けには今しばらくかかりそうですが、くれぐれもお体に気を付けて。 長雨が続いております。 体調を崩されませんようお気をつけください。 蒸し暑い日が続きますが、心が滅入らないよう祈っております。 うっとおしい梅雨ではありますが、紫陽花やくちなしなどこの季節だけの楽しみもあるので堪能したいですね。 心をふさぐような梅雨空が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 時候の挨拶6月下旬の結び例文• 梅雨寒の日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 梅雨明けももう間近です。 また夏は一緒に海へ行ってみましょうね。 空梅雨で雨も少ない気候ですが、健康にはぜひともご留意くださいませ。 あと数日もすれば梅雨明けのようでございます。 ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 楽しい夏ももうすぐですので、梅雨に負けずがんばりましょう。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 6月の時候の挨拶に入れる季語 6月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは6月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に6月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に6月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな6月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 衣替え、田植え、麦刈り、てるてる坊主、鮎解禁、父の日、ジューンブライド、夏のボーナス、梅干し、さくらんぼ、あんず、ざくろ 【気候】 夏至、半夏生、梅雨、入梅、梅雨寒、長雨、蒸し暑さ、湿気 【自然】 カタツムリ、カエル、ホトトギス、ホタル、さつき、あやめ、紫陽花、アマリリス、くちなし、芍薬、花菖蒲 これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 6月は夏至や梅雨の時期 6月は1年で最も昼の時間が長い夏至が6月21日頃にやってきます。 また、その夏至から11日後を半夏生とよび、田植えの時期としていました。 そんな夏至には様々な面白いことや、世界各国の夏至のお祭りなどもあります。 まずはこちらのページで、夏至の意味って何なのかを見てもらうとわかりやすくなると思います。 参考ページ その年によって変化はありますが、だいたいの目安にもなるので、ぜひこちらも一度読んでみてくださいね。 あとがき 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして6月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また夏至や梅雨など、6月ならではの特徴についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、6月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の