ゆうちょ。 ゆうちょ銀行

株式会社ゆうちょ銀行について | JAPAN POST GROUP RECRUIT

ゆうちょ

記号と番号がそれぞれ、支店番号と口座番号に思われがちですが、そうではありません。 ただ、この記号と番号から、支店番号、支店名(店名)、口座番号、そして発行した都道府県名を割り出すことができます。 変換公式は以下の通りです。 記号・番号から振り込み用の店名・預金種目・口座番号への変換公式(他の金融機関口座へ送金する場合など) 2、振替口座の場合(例) 店名の漢数字の読み方 〇 一 二 三 四 五 六 七 八 九 ゼロ イチ ニ サン ヨン ゴ ロク ナナ ハチ キユウ 変換する際の法則(ルール) 「記号」が1から始まる場合 店番は「記号」の2〜3桁目の数字の最後に「8」をつける。 口座番号は、桁数にかかわらず「番号」の最後の「1」をとる。 預金種目は、「当座預金」となる。 上記の法則により自分で変換することもできますが、 以下のサイトより、振込用の店名・預金種目・口座番号を自動変換することができます。 取扱店番号 記号から割り出す、支店名、支店番号、口座開設エリア一覧 マルチとは、「記号」の前から2桁と3桁の数字。 別名、「府県番号」と呼ばれ、 この数字からどこの都道府県で開設された口座かがおよそわかるようになっています。 マルチコード マルチコードに該当する都道府県 全銀システム上の支店名 全銀システム上の支店番号 00・ 01 東京都 ・ 008・ 018 02・09 神奈川県 ・ 028・098 03 埼玉県 038 04 群馬県 048 05・10 千葉県 ・ 058・108 06 茨城県 068 07 栃木県 078 08 山梨県 088 11 長野県 118 12 新潟県 128 20・ 21 愛知県 ・ 208・ 218 22 三重県 228 23 静岡県 238 24 岐阜県 248 31 石川県 318 32 富山県 328 33 福井県 338 40・ 41 大阪府 ・ 408・ 418 42・ 43 兵庫県 ・ 428・ 438 44 京都府 448 45 奈良県 458 46 滋賀県 468 47 和歌山県 478 51 広島県 518 52 鳥取県 528 53 島根県 538 54 岡山県 548 55 山口県 558 61 愛媛県 618 62 徳島県 628 63 香川県 638 64 高知県 648 70 沖縄県 708 71 熊本県 718 72 大分県 728 73 宮崎県 738 74・ 75 福岡県 748 76 長崎県 768 77 佐賀県 778 78 鹿児島県 788 79 奄美地区(鹿児島県) 798 81 宮城県 818 82 福島県 828 83 岩手県 838 84 青森県 848 85 山形県 858 86 秋田県 868 90 小樽地区(北海道) 908 91 十勝国(北海道) 918 92 釧路国(北海道) 928 93 根室国(北海道) 938 94 渡島国(北海道) 948 95 後志国(北海道) 958 96 胆振国(北海道) 968 97 石狩国(北海道) 978 98 天塩国(北海道) 988 99 北見国(北海道) 998.

次の

株式会社ゆうちょ銀行について | JAPAN POST GROUP RECRUIT

ゆうちょ

誠実で高い志を持った チャレンジングな力を求めています ゆうちょ銀行は、幅広いお客さまに安定的な金融サービスを提供する「最も身近で信頼される銀行」を目指しており、国内最大規模の銀行としての役割を果たしながら、常にお客さまの声に耳を傾け様々なニーズにお応えできるよう、新規分野にも積極的に取り組み、更なる利便性の向上に努めています。 私たちは、お客さまの生活全般への貢献ということを心がけ、それを日々実現していくための基盤を固めることが重要だと考えています。 全国233の直営店と約24,000の郵便局という、他に例を見ない規模のネットワークが私たちに与えられた最大の武器であり、私たちがお預かりする180. 9兆円の貯金は、お客さまと築いてきた信頼の証です。 これをどこまで維持・活用できるかは「人」にかかっているといっても過言ではありません。 これからもお客さまの生活全般へ貢献する金融サービスを提供するため、誠実で、高い志を持ったチャレンジングな力を求めています。 地域活性化ファンドへの積極的な参加、運用拡大に向けた新会社の設立 【POINT:日本経済の発展への貢献】• エクイティ資金の供給により日本の基幹産業となりえるテクノロジー企業やベンチャー企業などの経営を支援。 全国からお預かりした資金を地域産業を含めて国内に循環させることで、ゆうちょ銀行ならではの形で日本経済の発展に貢献。 事業トピック キャッシュレス決済の促進 高まるキャッシュレス決済ニーズへの対応や地域活性化に対応するため、ゆうちょ銀行ではVisaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」を発行しています。 更に、2019年5月に「スマートフォンを活用した新しい決済サービス(ゆうちょPay)」等の取扱いを開始しました。 地域活性化ファンドへの参加 当行は、お客さまからお預かりした大切な資金を地域に循環させていくために、地域金融機関と連携し、事業承継や起業・創業の支援等を目的とするファンドへの参加を積極的に推し進めています。 これまで以上に地域経済の発展・成長に貢献できるよう、さらに地域金融機関との協業関係を深めてまいります。 ATMネットワークの拡充 ゆうちょ銀行は約29,800台のATMネットワークを保有しており、さらなるATMの利便性向上に取り組んでいます。 2017年1月から、16言語対応の小型ATMを全国のファミリーマートや空港などに順次設置しています。 今後も、地域金融機関とも積極的に連携しつつ、お客さまのライフスタイル・ニーズに応じたサービスを提供してまいります。 投資信託の販売拡大 ゆうちょ銀行は、「貯蓄から資産形成へ」の流れに貢献するべく投資信託の販売に取り組み、2027年度末には投資信託残高10兆円を目標としています。 そのために、直営店でのファイナンシャル・コンサルタント(FC)を中心とした丁寧な提案等に注力をすることで、お客さまの生活に寄り添った資産形成のサポートを行っています。 これからも、全国の郵便局ネットワークと連携して「相談するならゆうちょ」というブランド構築を目指し、投資信託の販売体制の拡充やFC社員の育成を推進してまいります。

次の

ゆうちょ銀行の振込手数料・他行間の振込はココがポイント! [銀行・郵便局] All About

ゆうちょ

全国約3万台のゆうちょATMならいつでも手数料無料で引き出せる 給与振込用の銀行口座やネット銀行など、さまざまな銀行がありますが、ぜひ持っておきたいのがゆうちょ銀行の口座です。 最大の魅力は、ゆうちょ銀行のATMは全国にあるということ。 旅行や急な出張などでお金が必要になっても困りません。 全国どこでもお金を引き出せる安心感は、ほかの銀行にはないメリットです。 ではATM利用手数料はどうなっているのでしょうか? 【動画でゆうちょ銀行を手数料無料で使う方法を解説】 ゆうちょ銀行のATMは、曜日や時間帯などにかかわらず、手数料なしで預け入れや引き出しが可能です。 つまり 深夜や土日、祝日に関係なく、営業時間内であれば手数料はゼロということ。 低金利でいくら預けても利子がほとんどつかない時代だからこそ、ありがたいサービスです。 ちなみにATM稼働時間は最長で、平日・土曜日は23時55分~0時05分の10分間を除くほぼ24時間、日曜・祝日は午前0時05分から21時までです。 稼働時間は最長でという制限はありますが、たとえば平日21時まで利用できるATMは、東京23区で 約360台あります(ファミリーマート設置のゆうちょATMを除く)。 大手銀行の場合は、通常手数料無料で利用できるのは18時までなので、比較しても断然お得といえるでしょう。 全国約5000カ所のファミリーマートでもゆうちょATMが使える 出先でゆうちょATMが見つけられない……そんなときは、ファミリーマートに設置されたゆうちょATMの利用が便利です。 第3月曜日のみ7時から営業開始ですが、それ以外は曜日にかかわらず、ほぼ24時間利用ができます。 預け入れや引き出し手数料はもちろん無料です。 ゆうちょ銀行のWebサイトでファミリーマートのゆうちょATMを検索すると、2020年6月で全国 約5000店舗に設置されていることがわかります。 さらに、ファミリーマートやデイリーヤマザキなどのコンビニや、ライフ、サミットなどのスーパー、ショッピングセンターなどに設置されたイーネットATMでも、一部の時間帯でゆうちょカードの利用手数料が無料で使えます。 無料で引き出しできる時間帯は、平日8時45分~18時、土曜日9時~14時。 それ以外の時間帯や日曜日・祝日は、220円の手数料がかかります。 ゆうちょ銀行以外のATMで無料で使えるのは、いまのところイーネットATMだけ。 イーネットATMは全国に 約1万3000台設置されています。 ゆうちょ銀行への振り込みもネットなら無料でできる ゆうちょ銀行への振り込みを行うには、現金で総合口座に送金する「電信払込み」と、総合口座同士で送金する「電信振替」があります。 電信払込みはゆうちょ銀行または郵便局の窓口で、現金を添えて手続きするというもの。 払込金額5万円未満で手数料は550円、5万円以上で770円となっています。 電信振替は窓口とATM、ゆうちょダイレクトで手続き可能ですが、ATMの利用なら回数に関わらず1回100円 、ゆうちょダイレクトの利用は月5回まで無料となっています。 ゆうちょ銀行への振込が多い人は、ゆうちょダイレクトを開設しておくといいでしょう。 ゆうちょ銀行口座への振り込みにかかる手数料 税金や各種料金の支払いもゆうちょ銀行なら無料 また、ゆうちょダイレクトを利用すれば、23時55分~0時05分を除くほぼ24時間、税金や各種料金の支払いもパソコンや携帯電話・スマホから簡単に払込みができます。 ペイジーマークのついた払込書の支払いは、「ゆうちょPay-easy ペイジー サービス」が利用でき、ゆうちょダイレクトのほかATMからの支払いが可能。 ゆうちょ銀行や郵便局の窓口に並ばなくても、ATMやネットから手軽に支払いができて便利なうえ、払込み手数料は原則無料です。 このように、ゆうちょ銀行には手数料無料で使えるさまざまなサービスがあります。 まだゆうちょ銀行の口座を持っていないなら、作っておくといろいろと便利です。 【関連記事をチェック】•

次の