コロナ 広島 県 感染 者。 広島県が新型コロナ感染を隠蔽?公表しない理由を調査!

患者等の発生状況

コロナ 広島 県 感染 者

卒業式と言っても、県立大学は感染拡大を防ぐために卒業式は中止し、小規模な学位記授与式での対応をしていたとのことです。 しかし、学位記授与式には新型コロナ感染者である20代女性は出席していますので、濃厚接触者はいると思われます! 福岡県在住の県立広島大卒業生20代女性の詳細 福岡県在住の県立広島大卒業生20代女性の詳細をお伝えしたいと思います。 3月5日〜13日欧州旅行 イギリス・フランス・スペイン・ドイツ 14日に欧州旅行 イギリス・フランス・スペイン・ドイツ から帰国 19日に発症し喉の痛みや鼻水の症状 21日山口県下関市実家に帰省 23日マスクして県立広島大学学位記授与式に出席し、実家に戻る 26日筑後市の自宅へ移動 医療機関受診 28日新型コロナ感染確認確定し入院 大学側は1月以降の海外旅行は自粛する様に伝えていたということでしたが、20代女性は行動を自粛することもなく3月5日〜13日に欧州旅行 イギリス・フランス・スペイン・ドイツ と パンデミック状態の国を旅行し楽しみ帰国しています。 帰国してからは公共交通機関を利用していているのではないかと思われ、県立広島大学学位記授与式に出席し友達や周囲の卒業生をも巻き込んでいる可能性は十分にあります。 福岡県在住の県立広島大卒業生20代女性の入院先病院 福岡県在住の県立広島大卒業生20代女性の入院先である病院は 聖マリア病院 ではないかと思われます。 しかし、20代女性は広島から山口県の実家や就職先の福岡県まで 公共交通機関を利用されているとされます。 新幹線、電車となるとさらに感染者が増加する可能性が高いと思われます。 県立広島大学は公立女子大学が共学化して県内他大学と合併で「広島県立大学」から名称変更され「県立広島大学」になったことで非常に紛らわしい名称になってしまい、 【県立広島大学】と 【国立広島大学】が混同されて勘違いしている人が多く見受けられました。 福岡県在住の県立広島大卒業生20代女性の画像が!? のアカウントから。 当日の様子。 これは感染拡大していそう…。 20代女性がどこにいるかはわかりませんが、かなり 密集しているので新型コロナが感染してないかが心配されますね。 県立広島大卒業生20代女性が卒業式に出席していたことに対するネットの反応 県立広島大学さん、件の女性の濃厚接触者はいないって言ってるけど、それは無理があるよ。 SNS調べれば簡単に見れるけど、みーんな振袖着てスーツ着て頬寄せ合って写真パシャパシャしてんじゃん。 当然マスクもつけてないよ。 失笑もん。 こんな時期にヨーロッパ旅行とかマジでイカれてる。 どうしても卒業旅行で海外行きたいなら、そのまま日本人も卒業してくれ。 すでに福岡県筑後市での就職も決まっていたであろうと思われますが、安静にしていただきたいですね。 大学からも海外渡航へ自粛するよう通達もありながら、なぜこのご時世に欧州に旅行に行ったのか。 3月5日となるとすでに欧州ではパンデミック状態であり、感染することも考えられたはずです。 意識の低さが表れ、19日に症状が出ていたにも関わらず卒業式に出席。 一つの行動で周囲のたくさんの人に迷惑をかけることが明確です。 少しでも変わった症状があるのなら新型コロナを疑うべきであり、自分の身を守り他者を守る行動を心がけたいですね!.

次の

〇新型コロナウイルス感染症に関する情報について【まとめサイト】

コロナ 広島 県 感染 者

Contents• しかし、さまざまな状況からして、感染者数を隠蔽している可能性はあります! 中国地方で一番大きな観光都市である広島には、外国からの来客も多く訪れます。 もちろん中国人観光客も多いです。 原爆ドームや厳島神社、平和記念公園など、人が集まる観光スポットも多々あります。 そして、広島カープというプロの球団もあります。 飛沫感染でも広がる新型コロナウイルスが、たくさんの人が集まる場所で広がらないとみるのは無理があります。 国の方針では、少々の体の不調では自宅療養を推奨し、病院で検査をさせないようにしていますが、 それは感染者数の数を増やさないためだという噂もあります。 上記のような状況からして、感染者は出ていても隠蔽しているか、 あるいは感染者が出ないようにただ検査を遅らせているか、 そのどちらかの可能性が高いと考えている人が多くいるのです。 広島県だけではなく、他の大都市としても同じような状況が見られます。 広島でコロナ出てないのは行政が隠蔽してるからなんだろうねぇ。 広島は観光の街だから。 インバンや国内ツアー、修学旅行と今からどんどん増えていく時期。 宮島口フェリーターミナルに、広島駅の改修もした。 原爆資料館もしかり。 ここでコロナ出たらヤバイから隠蔽して言わないだけだと思うよ。 修学旅行のシーズンも迫っていますし、せっかく改修した広島駅も空振り状態になってしまいます。 そのような事態を避けるために、広島県が隠蔽しているのではないかというコメントです。 広島 コロナって調べたらめっちゃ隠蔽ってでくる まぁ、クルーズの人9人に外国人の多い観光地が2カ所、他県で感染確認された人が出張にきてたし出てないの確かに不思議だよな — 🍩ぺろり🍩 peroperocooo 横浜に停泊していたクルーズ船(ダイヤモンド・プリンセス号)には、9名の広島県人が乗船していたようですね。 その9名が陰性と判断されて下船し、広島県に戻ってきたとしたら、その後陽性になる可能性があってもおかしくありません。 クルーズ船から下船した人が、最初は陰性でも後に陽性となったケースは、他の都市でも出ています。 広島が同じような道を辿っても不思議はありません。 ・PCR検査について来週中に医療保険を適用する ・民間に直接検査依頼を行うことが可能になる これにより、検査を受けやすくなるため、陽性反応と診断される人の数は増えると思われます。 表に出ていなかった感染者数が増えてくるので、広島や中国地方から感染者が出るのも、時間の問題かもしれません。 広島県が隠蔽しているとしても、その証拠があるわけではありません。 上述した内容は、状況を見た上での推測の範疇であることを踏まえてお読みください。 今の日本で重要なのは、医療崩壊を起こさないようにすることです。 かつて、新型インフルエンザが流行した際、人々が医療機関を訪れて、医療現場が混乱をきわめました。 重症でもない人がたくさんむやみに病院にやってくると、 多くのお医者さんが感染しやすくなり、病院内で患者間の感染も広がり、感染者数が爆発的に増えてしまいます。 そのようなパニック状態を防ぐため、国や県は国民に対し、むやみな行動を慎むような対策をとっている、と考えられます。

次の

濃厚接触、広島市に23人 市内2人目の新型コロナ感染女性

コロナ 広島 県 感染 者

会見内容まとめ 発表内容、行動歴、感染経路 2020年3月20日、 広島県尾道市の 40代男性が 新型コロナウイルスに感染していたことが判明しました。 広島県では、2人目の感染者となります。 広島県尾道市は下記の場所です。 第一報は下記の通りです。 広島県の発表によりますと、感染が確認されたのは、尾道市在住の会社員の男性(40代)で、今月17日夕方に39度台の発熱と咳、倦怠感などの症状を訴えたあと、翌日は自宅で療養し、19日には、咳と倦怠感の症状はなくなったということです。 しかし、男性は、今月6日から15日にかけて、フィリピンに出張していたこともあり、接触者外来にて検体を採取し調べたところ、きょうになって新型コロナウイルスの陽性反応があると判定されました。 男性は、現在、感染症指定病院に入院しています。 男性の妻と2人の娘についても、検査を行っているということです。 フィリピン出張時の男性の同行者は4人で、健康状態については確認中。 16日の出勤時は、自家用車で移動し、事業所2カ所に立ち寄り、1時間程度滞在したということで、1か所については接触者はなく、もう1か所については確認中ということです。 さらに、19日の尾道市内の医療機関での対応ですが、男性はマスクを着用し、車の中に待機。 医師、看護師は、車の窓から問診を行うなどの対応をとったことから、ここでの濃厚接触者はないと見ています。 3月の上旬に フィリピンに出張していたということで、 フィリピンで感染した可能性は高いですね。 また、同行者が4人いたということですが、感染している可能性は高いと思われます。 フィリピンは 日本よりはまだまだ少ないですが 新型コロナウイルスへの感染拡大が進んでおり、 フィリピン政府はかなり積極的な体制を敷いています。 下記のように、施設関係は業務停止の命も出ています。 人口の半分以上が制限下にあるとの報道もありますね。 1 フィリピン政府は,3月17日から4月13日午前零時までの期間,ルソン地域全域において「強化されたコミュニティ隔離措置(Enhanced Community Quarantine)」を実施中であり,各家庭における厳格な自宅隔離措置や,大量輸送用の公共交通機関の運行停止,スーパーや病院,銀行等を除く商業施設・公共施設の業務停止など幅広い措置が実施されております(以下,参考を参照)。 2 これに伴い,現在,マニラ首都圏においては,外出禁止令が施行され,周辺の州との境界においては検問が強化されており,空港へのアクセスを含め利用可能な公共交通機関が運行を停止しています。 宿泊施設の中にも閉鎖されるものが出てきています。 今回の感染男性はマニラにも出張していたようですので、おそらく3月17日からのフィリピン政府による隔離措置前に緊急で帰ってきた可能性も高いのではないでしょうか。 行動歴・感染経路 報道内容によると下記の通りです。 3月6日〜3月15日 フィリピンのセブ、マニラに出張 3月16日 自家用車で出勤。 事業所2カ所に立ち寄り、1時間程度滞在。 3月17日 山口県内に家族旅行。 宿泊施設に一泊 3月18日 帰宅 3月19日 検査 帰国後に立ち寄った事業所の場所は明らかになっていませんが、下記の発表の通り感染拡大は限定的のようです。 16日の出勤時は、自家用車で移動し、事業所2カ所に立ち寄り、1時間程度滞在したということで、1か所については接触者はなく、もう1か所については確認中ということです。 症状については、広島県から正式な発表がありました。 3月17日 火 夕方に発熱(39. 強行的な家族旅行ではなかったにせよ、宿泊施設の方への感染が心配されますね。 その後自宅で療養して3月19日には、咳と倦怠感の症状はなくなったということですが、現在は入院中とのことです。 追加の報道が入りましたら追記いたします。 コロナ感染した会社員男性は誰?会社名は? 感染した男性の情報について、現在報道されている内容は下記の通りです。 性別 男 年齢 40代 職業 会社員 居住地 広島県尾道市 会社名についてはまだ報道されていません。 感染の拡大度合いによっては発表されるかもしれませんね。 こちらは、追加の報道がありましたら更新いたします。 入院している病院 感染症指定医療機関 はどこ? この感染した男性は、 感染症指定医療機関に入院しているとのことです。 広島県の 感染症指定医療機関は下記の通りです。 病院名 広島大学病院 地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立舟入市民病院 福山市民病院 独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター 国家公務員共済組合連合会 吉島病院 国家公務員共済組合連合会 呉共済病院 公立学校共済組合 中国中央病院 総合病院 庄原赤十字病院 追加情報がありましたら記載させていただきます。 まとめ ここでは、 2020年3月20日、広島県で2人目となる新型コロナウイルス感染者について説明しました。 行動歴を見ると、おそらく出張への同行者と家族への感染している可能性は高いのではと思われます。 追加の報道がありましたら追記させていただきます。 以上、この記事が、あなたのお役に立ちましたら幸いです。

次の