脊髄損傷 maco。 全国脊髄損傷者連合会 山形県支部 プロジェクト活動

全国脊髄損傷者連合会 山形県支部 プロジェクト活動

脊髄損傷 maco

脊損のもののけ姫 Maco 初めましてMacoと申します。 もののけ姫のように田舎の山の中で育ち、 茅葺職人の見習いとして 日本の古き良き文化財を守っていました。 ですが、 2018. 12 転落事故で脊髄損傷 T8 を受傷し 下半身麻痺の車椅子ユーザーとなったのです。 「脊髄損傷になりたてホヤホヤの方!! 初期が1番大切です! 私で良ければ情報共有できるので LINE からぜひ連絡ください」 このブログでは 感じたことや、カラダの変化、 自分がどんな生活を送ってきて これからどう脊髄損傷と向き合って暮らしていくのかを お伝えできればと思います。 エネルギー源でもあった山々を ハンターとして駆け巡り 野生動物と向き合っていた私ですが、 以前までの自分が出来たことに執着するのではなく、 車椅子でも…。 車椅子であるからこそ出来ることはたくさんある! ということを身をもってお伝えしていきます。 と思いブログを立ち上げました。 個人の考えなどが多く含まれてることをご理解頂ければと思います。 com.

次の

106 起立性低血圧の症状と対処法【自律神経障害】【克服】

脊髄損傷 maco

YouTuber渋谷真子は誰? 渋谷真子のプロフィール• 本名:渋谷真子• 生年月日:1992年生まれ 28歳(6月2日現在)• 出身地:山形県鶴岡市• 職業:茅葺職、YouTuber• 特技:狩猟 24歳の時に銃の免許をとり猟師になります。 26歳の時脊髄損傷となり車椅子生活になってしまいます。 現代のもののけ姫Macoとは? 車椅子生活をする前はかなりイケイケな感じの方だったようです。 そして24歳の時に銃の免許をとり猟師として活動をしていました。 なんと熊を仕留めたとインスタグラムに投稿されていました。 まさにもののけ姫ですね。 渋谷真子の事故はいつ?なにが原因で車いすに? 茅葺職人の見習中に転落 実家がある山形県で父親の家業を継ぐ為に茅葺職人の見習いをしていました。 仕事中に3mほどの高さから転落したことで脊髄を損傷し車椅子生活になったようです。 【第2の人生の始まり】 12日、自分の不注意で高所から転落。 落ちた瞬間でも意識はあり、ポッケに入れていた自分のスマホの心配をしていた。 笑 なんなら自撮りもしてみた。 それと同時に背中に痛みがあり腰から下の感覚も無ければ痛みもない。 一瞬にして「脊損やな」と感じた。 特に泣くことも喚くことも無く 救急車の中でも普通に会話をしていた。 病院到着後 7時間近い手術。 やはり診断は 12本ある背骨のうちの8本目(数字が大きいほど酷い)が折れ神経を傷つけた「脊髄損傷」. ヘソから下の感覚は全くない。 排便も1人では出来ないし、勝手に出る。 完全介護状態。 2週間が経った今、足の反射とかも起き始めて経過は良好。 でも、歩けるようになるかは運とか奇跡とか努力とかのリハビリ次第。 とりあえずは車椅子生活。 引用:インスタグラム 普通の人だと、絶望的になってしまうところを渋谷真子さんは逆に同じような人を励まそうとYouTubeやSNSでの発信を続けています。 自分も辛い中そういう事が出来るのでかなり強い人ですね。 渋谷真子さんは全く悲観していない? 渋谷真子さんは落ちた瞬間は意識はがあったそうです。 またポッケに入れていた自分のスマホの心配をし、自撮りをしていたみたいです。 病院に運ばれている間、自身で脊損と冷静に受け止めていたそうです。 退院後は1人でクアラルンプールに海外旅行をしています。 こんな感じにはなったけど ウソついたり無理してるわけでもなく一度も悲観してない。 落ち込む事が1ミリもなかった。 落ち込む理由が見当たらない。 可哀想でもなんでもない。 こうなったらこうなったなりに楽しみ方はたくさんあるし、 自分で開こうと思えば道は幾らでもある。 茅葺職人として頑張るって決めた事が出来なくなったのは悔しいけど 違うカタチでもかやぶき屋は支えて行けると思ってる!. でも いつどうなるか。 なんてやっぱりわからない。 だから、 「明日やればいい。 」なんて話はない。 毎日後悔しない日々をどれだけ送れるか、 そしてこんな感じになっても生きていく術をちゃんと身につけるべき。 これを読んだ人には、一回真剣に自分の生活環境を考えてみてほしい。 ぉいはネットビジネスしてる。 だからこそ入院してもスマホがあればそれなりにだけど収入が得れる。 批判はありながらも、いざこうなってみてそういう収入源があって良かったと思う。 備えあれば憂いなし。 引用:インスタグラム 渋谷真子のYouTuberとしての活動 同じ状況やその他の病気の人に勇気や元気を与える為に、女性では話しにくい事も話してくれています。 スポンサーリンク 渋谷真子に世間の声は? 渋谷真子さんは本当にすごい方ですね。 まとめ 人気急上昇中の車いすYouTuberの渋谷真子(Maco)さんは元々は 茅葺職人の見習いや マタギ(狩猟)をしていました。 しかし茅葺職人の見習い中に高所から転落してしまい、この事故が原因で車椅子での生活になったようです。 中途障害者にも関わらず、すごい明るい方でYouTubeでは女性では語りにくい事を赤裸々に話しています。 脊髄損傷してからまだ数年の中でとても力強く発信をされていました。 今回は車いすYouTuberの渋谷真子(Maco)さんが誰なのかをまとめてみました。 これからの活動を応援していきたいですね!.

次の

現代のもののけ姫Macoの年齢などのwiki風プロフ!事故で車椅子に?おすすめグッズは?

脊髄損傷 maco

【名前】現代のもののけ姫Maco(げんだいもののけひめまこ) 【本名】渋谷真子(しぶやまこ) 【生年月日】1992年生まれ 【年齢】28歳 2020年6月時点) 【出身地】山形県鶴岡市 【ツイッター】 【インスタグラム】 Macoさんはギャル風の見た目ですが、高校生の頃から夜遊びなど派手に遊んでいたそうです。 高校卒業後は、地元の企業に就職。 24歳の時に狩猟免許を取得して、マタギとしても活動していたとのこと。 熊を仕留めたこともあるそうで、マタギとして本格的に活動していたことがうかがえますね。 ちなみに、 現代もののけ姫という名前ですが、小さい頃から周りに猿やクマなどの動物がいる環境で育ちマタギもしていたので、もののけ姫感があると感じて付けたそうですよ。 — 2020年 6月月7日午後7時38分PDT Macoさんは父親が茅葺き屋根職人で、その後を継ごうと2018年の春から見習いとして働いていたそうです。 1950年に建築基準法で市街地での茅葺き屋根が禁止されたため、茅葺き屋根の家は急速に減少。 現在では、茅葺き屋根職人は全国で100人ほどしかいないそうです。 2018年の7月12日、Macoさんは民家の屋根からバランスを崩して転落してしまいます。 約3メートルの高さから落下し、庭の池にあった石に背中を打ちつけてしまいました。 落下直後にもMacoさんに意識はあり、父親にスマホが壊れていないかどうかを確認したそうです。 でも、背中より下の感覚がなく脊髄を損傷していると思ったそうです。 病院に運ばれ7時間にも及ぶ手術を受けましたが、背骨の12本中8本目が損傷していて、損傷レベルはMAX5だったそうです。 手術後に目覚めた時には、へそから下の感覚がなかったとのこと。 父親と母親は泣いていたそうですが、Macoさんはそんな両親をなだめていたとそうです。 下半身麻痺になったからといって悲観する理由は私の中に一ミリもありませんでした。 とMacoさんのブログには綴られています。 ものすごい精神力ですよね。 インスタで車いすの生活でもキラキラしている海外の女性の姿を見て、希望を持ったそうです。 こういった経緯があるから、自分もYouTubeなどで情報を発信していこうと考えたのかもしれませんね。 現代のもののけ姫Maco 渋谷真子 が炎上した理由は?永田町事件とは?【動画】 Macoさんは「永田町事件!!めちゃくちゃ辛い気持ちになりました。 」という動画で炎上したことがあります。 それがコチラの動画です。

次の