うなぎ 温め方。 うなぎ蒲焼きの温め方は?はなまる流はフライパンと洗い流しがコツ!

うなぎの美味しい温め方、レンジが最強って知ってた?

うなぎ 温め方

うなぎを美味しく温める方法 うなぎの蒲焼きをスーパーで購入しますか?その時はうなぎをどの様にして食べましたか? フライパンでそのまま温めたり、トースターで焼いたり。 美味しいはずのうなぎが家だとどうしても味が落ちてしまう、なんて事ありますよね。 せっかくうなぎを手に入れたのであれば、お店に出てくるような美味しいうなぎを食べたいですね。 では、どうすれば美味しいうなぎが食べれるのでしょうか。 ちょっとしたコツで劇的に美味しくなるのです。 今回はうなぎの温め方をご紹介します。 スーパーで購入のうなぎの場合 材料• うなぎの蒲焼き 一尾• 付属のタレ1袋• 酒大さじ6 まずはタレと酒をフライパンに入れて軽く一煮立ちさせます。 ここにうなぎの蒲焼きを入れてタレをからませて3分ほど煮たら出来上がりです。 スーパーなどで購入するうなぎは暖かい場合も多くそこまで解凍をしなくてもいいので簡単に短時間煮ると美味しく出来ます。 スーパーの蒲焼きは表面にタレが塗ってあるだけの蒲焼きが多いのでタレに一手間かけてうなぎにタレを染み込ませると美味しさが倍増します。 お酒をしっかり飛ばす事もポイントです。 お酒を入れる事でうなぎの臭みが抑えられます。 ちょっとお酒の風味が効いた大人の蒲焼きもとてもいいですね。 試してほしい温め方 材料• うなぎの蒲焼き 一尾• ウーロン茶 適量• 付属のタレ 1袋• 酒 タレと同じ分量 うなぎをまずフライパンに入れます。 うなぎと同じ高さになるまでウーロン茶を注ぎ、フタをして中火で3分ほど煮込みます。 次にこのウーロン茶で煮込んだうなぎをアルミホイルの上にのせて、タレとお酒を混ぜたものをハケで均等に塗ります。 余熱をした魚焼きグリルで2分ほど焼いたら出来上がりです。 グリルで焼きすぎると焦げたりパサパサになるので2分程度がおススメです。 ウーロン茶で煮るなんて!!と感じる方もいるかもしれませんが、ウーロン茶にはタンニンが含まれており、このタンニンが皮に含まれるコラーゲンによって硬くなった皮を柔らかくする働きがあるのです。 お酒とタレを混ぜ合わせたタレを塗ることによりうなぎの臭みが消え、香ばしくなり、格段に美味さがアップします。 食べてみてびっくり。 ウーロン茶で煮たのにまったくウーロン茶の香りなど気になりません。 むしろ、ウーロン茶の香ばしさによってうなぎが上品に仕上がります。 上手な温め方 材料• うなぎの蒲焼き 一尾• 付属のタレ 1袋• 熱湯 適量• サラダ油 適量 うなぎをザルの上に乗せます。 まんべんなく熱湯をかけます。 かけおえたらキッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取りましょう。 一度表面についているタレを流します。 さらにこの熱湯をかけることによってうなぎの臭みを取る事も出来ます。 次にフライパンにサラダ油を熱し、うなぎの皮目を1分、もう片方を30秒程揚げ焼きにします。 油を軽く取り、タレをかけたら完成です。 ポイントは少し油を大目に入れる事。 最後に油を取るので脂っこくなく、少しカリッとした感触もありとても美味しく召し上がれます。 ただ焼くだけ、電子レンジで温めるだけなのであれば、一度熱湯ををかけてからの方法でやってみてください。 うなぎの旨味はコラーゲン うなぎは加熱をすると筋肉の繊維がほぐれて、旨味や脂成分が出てきます。 また、コラーゲンが魚の中で最も多く存在しています。 このコラーゲンが冷めて固まる事で固いうなぎになってしまいます。 そのコラーゲンを溶かす意味でも熱湯をかけると皮の周りにあるコラーゲンはトロトロになるので固いうなぎが柔らかく、さらに臭みを取る事で美味しいうなぎに変身します。 その下準備を終えてから再度、タレを塗り、焼く事で中はふっくら、外はカリッとしたうなぎの蒲焼きになります。 すごくふっくらさせたい場合は焼く前に お酒を大さじ一杯程度とタレを塗り、アルミホイルで包んでから魚焼きグリルで焼くとふっくらした蒲焼きになります。 まとめ スーパーで買ううなぎはどうしても美味しくないというイメージがありますが、温める時にちょっとした手間をかける事で劇的に美味しくなります。 スーパーのうなぎはお店に比べると安いです。 せっかくのうなぎ、美味しく温めてから召し上がってください。

次の

うなぎのおいしい温め方(ガッテン流)

うなぎ 温め方

冷凍うなぎの温め方とコツ 冷凍うなぎを美味しく仕上げるための温め方のコツはいくつかありますが、まず一つ目は 解凍する時に自然解凍するということです。 うなぎが凍っている場合は、食べる前日に冷蔵庫に移し、じっくり自然解凍します。 どうしても時間がないという場合は、電子レンジで解凍する方法もありますが、この時に注意してほしいことがあります。 電子レンジによって違うかもしれませんが、電子レンジの解凍機能は一部火が通ってしまう場合があります。 私はこれで失敗したんですよ。 解凍が終わって取り出してみると、温かくなっていて一部火が通って硬くなっていました。 ジューシーなうなぎを想像していたのに、ゴムのような食感になってしまいショックを受けた記憶があります。 このように電子レンジで解凍すると、温まってしまったり一部火が通ってしまい、身が乾燥したり硬くなって味まで変わってしまうこともあります。 電子レンジで凍ったうなぎを解凍する場合は、中を確認しながら早めに取り出すなどして下さいね。 うなぎを美味しく仕上げるためのコツの二つ目は、 「酒」をかけることです。 うなぎを温める時に料理酒をうなぎに数滴たらすことで、うなぎの臭みを消しふっくらした仕上がりになります。 かけすぎてしまうと風味が変わってしまいますので、お酒の量はうなぎ一尾につき小さじ1杯程度にしましょう。 うなぎの温め方 電子レンジを使う方法 電子レンジでうなぎを温める場合は、温めすぎると先ほどお話ししたように身が乾燥したり硬くなってしまいますので、温めすぎに注意して下さい。 電子レンジを使って温めるときは、• うなぎの身の水分が蒸発してしまうのを防ぐため• うなぎの臭みを消すため• ふっくら仕上げるため そのために、 料理酒をうなぎに数滴たらし、ラップをかけて温めます。 うなぎをよりふっくらと仕上げたいという場合は、クッキングシートを使って温めるのがオススメです。 クッキングシートに皮側を下に向けて置き、料理酒を数滴ふりかけます。 そして、周りのクッキングシートでうなぎを包み電子レンジで加熱すると、ふっくらした仕上がりになります。 うなぎの温め方 炊飯器を使う方法 炊飯器でうなぎを温める?と思ってしまうかもしれませんが、これが意外と美味しいんですよ。 ご飯を炊いた炊飯器の中には水蒸気がたくさんありますので、その水蒸気で美味しいうなぎが出来上がります。 炊飯器を使って温める方法は、とても簡単です。 うなぎをラップで包み、炊いた炊飯器のご飯の上に置きます。 そして炊飯器の蓋をして、保温で10分程度温めれば完成です。 この方法は、冷凍うなぎではなくてもスーパーなどで安く買ってきたうなぎや、固くなってしまったうなぎ、中国産の激安うなぎでもふっくら仕上げることができるんですよ。 うなぎの温め方 まとめ 冷凍うなぎを美味しく仕上げるコツは、解凍する時から始まっています。 食べる日が決まったら、前日から冷蔵庫に移してじっくり解凍しておくようにしましょう。 解凍したうなぎを温めるときは、数滴の料理酒をかけて温めるようにします。 せっかくのうなぎなので、一手間かけて美味しく食べたいですね。

次の

うなぎの蒲焼きのおいしい温め方で簡単なのはレンジとフライパン!

うなぎ 温め方

うなぎをフライパンでふっくらさせる美味しい焼き方一つ目は、たれと酒で煮る方法です。 再加熱の準備が出来たうなぎのほかに、付属のたれと酒が必要になります。 分量は、たれ一袋につき酒大さじ6杯ですが、好みで調整してください。 この、たれと酒で煮る焼き方だと、うなぎの身にしっかりとたれの味をしみこませることができます。 出来上がりも、柔らかくふっくらとした仕上がりになります。 たれと酒で煮るうなぎのふっくら美味しい焼き方• たれと酒をフライパンに入れて、ひと煮立ちさせます。 フライパンにうなぎを入れます。 たれをかけながら3分ほど煮て完成です。 緑茶に含まれるタンニンには、うなぎの皮を柔らかくする効果があります。 緑茶を使っても味は残らないので、美味しいふわふわのふっくらとしたうなぎが食べられます。 緑茶は、ペットボトルのものを使用して下さい。 家で茶葉から淹れた緑茶を使うと、渋みが残ることがあります。 緑茶が無い場合は、同じくタンニンを含んでいるウーロン茶を使用しても大丈夫です。 緑茶を使ったうなぎのふっくら美味しい焼き方• 皮を下にしてうなぎをフライパンに入れます。 うなぎと同じくらいの高さまで緑茶を入れます。 緑茶がなくなるまで、3~5分ほど煮ます。 緑茶の水分がなくなったら、たれをかけて完成です。 両面焼きグリルの場合は、下準備の終わったうなぎをグリルに入れて、3~5分焼くだけです。 片焼きグリルの場合は、まずグリルに水を張って1~2分予熱します。 薄く油を塗ったアルミホイルを用意し、皮を下にしてうなぎを乗せて2分ほど焼きます。 裏返して1分焼いたら再び裏返して皮を下にし、たれを塗って1分ほど焼いたら出来上がりです。 また、アルミホイルで包む方法もあります。 薄く油を塗ったアルミホイルの上に、皮を下にしたうなぎを置いて包みます。 3分ほど蒸し焼きにしたあと、アルミホイルの上部を開きます。 うなぎにたれを塗って、そのまま1分グリルで焼きます。 これで出来上がりです。 グリルパンとは、グリルのできる、鋳鉄でできたフライパンのことです。 熱伝導と保温性に優れており、様々なメーカーからおしゃれなグリルパンが発売されています。 使い方は各グリルパンによって異なります。 日立のグリルパンの場合は、うなぎの蒲焼の皮を下にして入れ、全体に水50mlをかけてからフタをします。 そしてメニューの「蒸し焼き」から、「蒸し野菜」「弱」を選んで加熱するだけです。 グリルパンは底が波型になっているため、余分な脂が落ちるからあとでうなぎから拭く手間もありません。 加熱が済んだら、たれをかければ出来上がりです。 グリルパンはおしゃれなので、中身を皿に移さず、そのまま食卓に出せることも特徴です。 少し深めの皿に、凍ったままの冷凍うなぎを置きます。 置いたら、うなぎの全体に料理酒を振りかけます。 ふんわりラップをして温めます。 温める時間は、500wで1分30秒くらいです。 冷凍うなぎの入っていた袋に記載されている場合がありますので、それを参考にしてください。 また、皿に乗せるさい、わりばしをつかってうなぎを浮かせるのもおすすめです。 電子レンジで温め終わっても、すぐにラップを取らないでください。 しばらくそのままにして蒸します。 そうすると、よりふっくらとした仕上がりになります。 なべではなく、フライパンを使う方がおすすめです。 その方がうなぎを切らずにそのまま入れられます。 まずは、フライパンに水を入れて沸騰させます。 沸騰したら、冷凍うなぎを中に入れます。 冷凍うなぎを入れて再沸騰したら、3~4分でうなぎを取り出します。 大きくて厚みのあるうなぎの場合は、5~6分温めてから出してください。 取り出すときは、フライ返しを使うのがおすすめです。 市販のうなぎはフライパンやグリルを使ってふっくら美味しく温めよう スーパーなどで売っている市販のうなぎは、あんまり美味しくないと思っていても、少し手間を加えるだけでふっくら美味しく温められるということが分かりましたね。 魚を焼くなら魚焼きグリルですが、フライパンでもうなぎを美味しく温められました。 料理酒や緑茶など、焼く際に意外なアイテムを使う事がふっくら柔らかくうなぎを温めるポイントでした。 一度知ってしまえば、これからも家で美味しいうなぎを食べられますね。 ぜひ楽しい食卓を囲んでください。 うなぎといえば、夢にうなぎが出てくる方いませんか?それはただ単にうなぎが食べたいのではなく、何か意味があるのかもしれません。 こちらの記事で、うなぎの夢占いの意味15選を紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。

次の