フジクラ 株価。 フジクラ【5803】株の基本情報|株探(かぶたん)

フジクラ(5803) 2020年3月期通期連結決算発表の日程及び第172期定時株主総会にかかる基準日設定に関するお知らせ

フジクラ 株価

みんかぶ予想株価は「336円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株式会社フジクラ

フジクラ 株価

00 2020年6月12日 1,743,000 2,280,700 132,300 167,100 1. 31 2020年6月5日 1,610,700 2,113,600 199,400 -203,200 1. 31 2020年5月29日 1,411,300 2,316,800 223,600 480,600 1. 64 2020年5月22日 1,187,700 1,836,200 584,200 -122,700 1. 55 2020年5月15日 603,500 1,958,900 -51,900 -69,500 3. 25 2020年5月1日 655,400 2,028,400 121,800 -330,900 3. 09 2020年4月24日 533,600 2,359,300 -158,600 140,600 4. 42 2020年4月17日 692,200 2,218,700 -61,000 174,800 3. 21 2020年4月10日 753,200 2,043,900 60,900 -71,600 2. 71 2020年4月3日 692,300 2,115,500 -35,500 89,600 3. ・ 信用残時系列データは、信用銘柄でない場合、表示されません。 ・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 ・ 年初来高値・安値は、1月1日から3月31日までは昨年来高値・安値(前年1月1日からの最高値・最安値)を表示しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。 ・ 時系列データは東京証券取引所 ・ 大阪取引所 ・ 名古屋証券取引所 ・ 野村総合研究所 ・ モーニングスター ・ リフィニティブ・ジャパンからの提供を受けています。

次の

フジクラ (5803) : 株価/予想・目標株価 [Fujikura]

フジクラ 株価

本社所在地 〒135-8512 1-5-1 設立 事業内容 通信電子機器材料の製造販売など 代表者 : 代表取締役: 資本金 530億75百万円 (2017年3月31日現在) 発行済株式総数 3億6,086万3,000株 (2014年3月31日現在) 売上高 連結:7,400億円 単体:3,717億円 (2018年3月31日現在) 純利益 連結:183億円 単体:57億円 (2018年3月31日現在) 純資産 連結:2,072億42百万円 単体:1,283億98百万円 (2014年3月31日現在) 総資産 連結:5,372億81百万円 単体:3,640億23百万円 (2014年3月31日現在) 従業員数 連結:57,632名 単体:2,530名 (2017年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 9. 株式会社フジクラは、に本社を置くや、等を製造するメーカーである。 (・・)の一角。 の接続で必要な「光ファイバ融着接続機」で世界首位。 ・等に使われるで世界3位。 光ファイバーでは世界6位。 オフィスビルを中心とした複合施設であるも運営している。 の月曜会に属しており、三井業際研究所及びの会員企業である。 主力製品・事業 [ ]• 各種通信電子機器材料の製造及び販売• 光ファイバーケーブルの製造及び販売• 通信システムの製造及び販売• 電子材料の製造及び販売• 電力システムの製造及び販売• 被覆線の製造及び販売• マグネットワイヤの製造及び販売• 各種機器電材、金属材料の製造及び販売 事業所所在地 [ ]• 本社 - 東京都江東区木場1-5-1• 佐倉事業所 - 1440• 鈴鹿事業所 - 三重県鈴鹿市岸岡町1800• 沼津事業所 - 静岡県沼津市双葉町9-1• 石岡事業所 - 茨城県石岡市柏原4-2(柏原工業団地)• 佐倉研究所 - 1440• 海外事業所 - アメリカ、メキシコ、ブラジル、イギリス、シンガポール、マレーシア、タイ、中国、ベトナム、ルーマニア、インド、ロシア、モロッコ、 沿革 [ ]• (明治18年) - 創業。 (明治43年)3月 - 藤倉電線株式会社を東京・に設立。 (大正12年)1月 - 本社・工場を現在地に移転。 (昭和24年)5月 - ・に上場。 (2013年3月21日に大証上場廃止)• (昭和43年)4月 - に本社事務所を設置。 (昭和52年)10月 - 五反田藤倉ビルに本社事務所を移転。 (昭和59年)8月 - に現地法人のFujikura(Thailand)Ltd. を設立。 (昭和60年) - 創業100周年を機に Fをモチーフにしたシンボルマークを導入。 (昭和62年)1月 - にFujikura Federal Cables Sdn. Bhd. を合弁で設立。 1987年(昭和62年)2月 - に現地法人のFujikura International Management(Singapore)Pte Ltd. (後のFujikura Asia Ltd. )を設立。 (昭和63年)6月 - イギリスに現地法人のFujikura Europe Ltd. を設立。 (平成2年) 3月 - 深川本社工場跡に現本社ビル竣工。 五反田より本社事務所を移転統合。 (平成4年)10月 - 株式会社フジクラに社名変更。 (平成10年)2月 - タイにFujikura Management Organization(Thailand)Ltd. を設立。 (平成12年)6月 - シンガポールにFujikura Technology Singapore Pte. Ltd. を設立。 2000年(平成12年)7月 - にFujikura Fiber Optics Vietnam Ltd. を設立。 (平成13年)4月 - に藤倉電子(上海)有限公司を設立。 (平成15年)5月 - 中国に藤倉亨通光電有限公司を設立。 2003年(平成15年)7月 - 中国に藤倉貿易(上海)有限公司を設立。 (平成16年)3月 - 中国に藤倉(無錫)有限公司を設立。 (平成17年)1月 - に電力事業を譲渡、との電力事業の統合を完了。 ととの三社で統合・合弁でを設立。 2005年(平成17年)3月 - を子会社化。 にAmerica Fujikura Ltd. を設立。 2005年(平成17年)12月 - タイにFujikura SHS Ltd. を設立。 (平成18年)10月 - のAuxiliar de Componentes Electricos, S. (平成19年) - 本社ショールームリニューアル。 イットリウム系酸化物超電導線材、世界記録更新。 ファイバーテック株式会社買収。 (平成20年) - スペインACE社を子会社化。 (平成21年) - 長浜洋一、12代社長に就任。 (平成22) - タイのグループ7社を統合しFETL社設立。 オプトエナジー社を買収。 深川工場跡地再開発「深川ギャザリア」完成「フジクラ 木場千年の森」オープン。 (平成24年) - の保有株式全部をのに売却。 (平成25年)10月 - によりを化。 関係会社 [ ] 3月現在、子会社120社及び関連会社19社が存立する。 国内グループ企業 [ ] 関連会社 [ ]• (東証1部上場、24. (東証1部上場、20. かつてのグループ企業 [ ]• (古河電工と共同出資)• ユニマック(と共同出資) 野球部 [ ] 藤倉電線時代のからにかけては部を所有し、の強豪として勇名を馳せた。 また、東京の実業団野球選手が集まった連合チーム「」の中心として練習グラウンド・世話人・費用・選手を提供し、11年連続出場・優勝3回・準優勝4回の成績を挙げた。 出征によって連合チームの編成が難しくなると、単独チームとして出場し第12回()、第13回()に大会連覇を果たした。 も第25回()で準優勝するなど活躍したが、に休部した。 主な所属メンバー [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の