ラーメン 王。 ラーメン王 (らーめんおう)

ラーメン王 (らーめんおう)

ラーメン 王

人物 [ ] 生まれ。 などを経験。 免許を取得している。 日本協会(JSA)認定シニアソムリエ、ワインエキスパート。 SAKE DIPLOMA、チーズプロフェッショナル協会(CPA)認定チーズプロフェッショナル 1995年、当時交際のあった女性が応募して出場したの「ラーメン王選手権」で第3回、第4回と連続優勝し、その後ラーメン評論家として活動することとなった。 「神の舌を持つ男」がで「和歌山ラーメン」「Wテイスト」「スープOFF」など数々のブームを起こし、「インスパイア系」「鶏白湯ラーメン」などのジャンルも確立。 また、数種類の麺を一杯の丼の中で合わせたり、数種類の香味油を使い分けて複数のメニューを提供するといった技法を考案した。 2003年、食のであるゼッター(現:ゼッター)を設立。 2005年、株式会社cache cacheを設立。 初のスープ春雨&火鍋専門店「七宝麻辣湯」やワイン・パイチューBAR「LeBrassage et la Distillation」を経営。 合宿型ラーメン屋開業塾「食の道場」では塾長に就任しており、日本を代表する料理人100人以上で構成された組織「超人シェフ倶楽部」では初年度の理事を務めた。 ラーメン本の執筆をはじめ、「お台場ラーメンPARK in 福井」などのイベントやのプロデュース、の開発コンサルタントなど食全般に活動の幅を広げて現在に至る。 食べ歩きのスタイルとしては「一つの食を極める為には様々な食を知る必要性がある」をモットーにラーメンに限らずほぼ毎日毎食、様々な料理を外食している。 評論の公平を期するため特定のを飲み、その感じ方で味覚の状態を把握している。 少食であり、例えばラーメンを食べる場合は基本的に麺を半分にして注文する。 小学生時に自身の味覚が人並み以上に発達していることに気づき、中学生時には漫画「」を読んで食の世界に興味を抱くようになる。 以来食べ歩きや極少量の食品を溶かした水を利きするなど独自の方法でを訓練して自身の味覚に絶対の自信を有するようになった。 その味覚の鋭敏さは「」中の味覚検査で実証された。 以前はオレンジ色の服をトレードマークとして着用していたが、膨張色だからという理由で近年は黒い服を着用していることが多い。 ブログやtwitterなど閲覧無料のwebサイトであまりラーメンについて言及しないのは、お金を払ってラーメンの情報を購入してくれる会社や読者に対する仁義であるとしている。 ラーメン本 [ ]• 『ラーメン王』()1998年• 『業界最高権威 TRY認定 ラーメン大賞』(講談社)2000年(第一回)より現在にかけてTRY審査員として参加• 『通販ラーメン厳選110杯』()2002年• 1ラーメンガイド2007』(双葉社)2006年• 『ラーメンの真髄』(KKベストセラーズ)2007年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2008』(双葉社)2007年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2009』(双葉社)2008年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2010』(双葉社)2009年• 『神ラーメン』(双葉社)2011年• 『石神秀幸のラーメンマップ東京』(幹書房)2012年• 『ラーメン最強うんちく』(晋遊舎)2014年 レシピ本 [ ]• 『石神秀幸のチョキチョキクッキング』()2009年 漫画本 [ ]• 『』連載の『』『』(原作:、作画:)にも協力している。 『』連載の「」では原作者。 (作画:大谷じろう)1999年 テレビ出演 [ ]• (1999年5月31日、)• (2003年10月26日、)• (2008年3月29日、)• (2010年10月18日、日本テレビ)• (2010年11月2日、日本テレビ)• (2010年11月6日、日本テレビ)• (2013年4月4日、)• (2013年8月28日、フジテレビ)過去も数回出演• (2013年2月16日、2月23日、フジテレビ)CM中ドラマ• (2013年10月9日、日本テレビ)• (2013年10月11日、2014年6月6日、日本テレビ)• (2013年3月6日、TBS)• (2014年3月16日、フジテレビ)• (2014年9月15日、日本テレビ)• (TOKYO MX)• (2015年4月18日、フジテレビ)• (TOKYO MX) 脚注 [ ] [].

次の

鹿児島の絶品ラーメン5選!「鹿児島ラーメン王決定戦」入賞のおすすめ店はココ!

ラーメン 王

新店情報、キャンペーン情報など当サイトで掲載いたします。 昼はランチをする会社員で賑わい、夜は仕事帰りの会社員でいつも賑わっている 「ラーメン王」。 ランチをするもよし、ラーメンを食べるもよし、お酒を飲むもよし。 そんな街中華のラーメン王をご紹介します。 お得な還元セールの情報も掲載しているので、要チェックです! これぞ町中華の代表!「ラーメン王」 ラーメン王は浦和駅北口を出てすぐ、JR線の高架下にある中華料理店です。 カウンター10席くらいと、テーブル席が5席くらいの小さなお店。 名前がいいですね。 ラーメンの王様ですよ。 店内はカウンター席とテーブル席どちらもありますが、席数は多くない上に常に混んでいるので、混雑する時間帯や還元セール(後述)のときは待つことも珍しくないので要注意。 ラーメン王の卓上セットはこんなラインナップ。 お酢、醤油、胡椒、ラー油、にんにく、すりゴマ、唐辛子。 ラーメン王のメニュー こちらがラーメン王のメニュー。 街中華の定番メニューが揃っています。 そして安い! ラーメンの王様が出す正油ラーメン これがラーメンの王様が提供する正油ラーメンです。 具はシンプルにチャーシュー、メンマ、かいわれ大根。 これぞラーメンの王道! チャーシューは肉厚で香ばしく柔らかくて、めちゃくちゃ美味しい。 スープはかつおの出汁がほんのりする鶏がらベースのスープ(たぶんね)。 優しい味で飽きがこなくて絶品です。 麺は街中華ではど定番の、中太ちぢれ麺。 スープとよく合います。 これで480円!安くてウマい!コスパ最強かよ!! 塩ラーメン こちらが塩ラーメン。 正油ラーメン同様、王道な塩ラーメンって感じです。 こちらも480円! 神コスパ!ワンコインセット なんと500円で正油ラーメンか塩ラーメンにプラスで、こちらの丼が付いてきちゃいます。 ラーメン食べかけやないか こちらは正油ラーメンとサーモン漬け丼セット。 サーモンの漬けというか、スモークサーモンな感じ。 しかし美味しい。 ワサビが嫌がらせかっていうくらい山盛り。 塩ラーメンとねぎとろ丼のセットはこちら。 これで500円って安すぎる!! チープな感じのねぎとろが逆に良いですね。 こちらもワサビがこんもり。 チャーハンももちろんウマい! 街中華と言ったら、炒飯も美味しくないとダメですね。 安心してください。 めちゃくちゃウマいです。 個人的に締めにラーメンも好きですが、締めのチャーハンも好き。 お酒を飲むにも最高なラーメン王 街中華と言ったら、居酒屋代わりとしても利用している人は多いはず。 ラーメン王も例外ではありません。 充実のおつまみメニューがあります。 当たり前のように安い。 もはや日高屋レベル。 酒好きにはたまらないザーサイ。 次の日もれなくネギ臭くなるけど、最高にウマいネギチャーシュー。 ラーメン王の餃子は本気でウマい。 一番オススメかもしれない。 そしてビールのお供に最高すぎる。 不定期開催の還元セール!生ビールが300円! ラーメン王は還元セールという、お酒がめっちゃ安くなるセールを不定期に開催しています。 期間中は通常450円の生ビール(スーパードライ)が300円!ウーロンハイ、レモンサワー、ハイボールは200円!最高だ!.

次の

ラーメン王 (らーめんおう)

ラーメン 王

人物 [ ] 生まれ。 などを経験。 免許を取得している。 日本協会(JSA)認定シニアソムリエ、ワインエキスパート。 SAKE DIPLOMA、チーズプロフェッショナル協会(CPA)認定チーズプロフェッショナル 1995年、当時交際のあった女性が応募して出場したの「ラーメン王選手権」で第3回、第4回と連続優勝し、その後ラーメン評論家として活動することとなった。 「神の舌を持つ男」がで「和歌山ラーメン」「Wテイスト」「スープOFF」など数々のブームを起こし、「インスパイア系」「鶏白湯ラーメン」などのジャンルも確立。 また、数種類の麺を一杯の丼の中で合わせたり、数種類の香味油を使い分けて複数のメニューを提供するといった技法を考案した。 2003年、食のであるゼッター(現:ゼッター)を設立。 2005年、株式会社cache cacheを設立。 初のスープ春雨&火鍋専門店「七宝麻辣湯」やワイン・パイチューBAR「LeBrassage et la Distillation」を経営。 合宿型ラーメン屋開業塾「食の道場」では塾長に就任しており、日本を代表する料理人100人以上で構成された組織「超人シェフ倶楽部」では初年度の理事を務めた。 ラーメン本の執筆をはじめ、「お台場ラーメンPARK in 福井」などのイベントやのプロデュース、の開発コンサルタントなど食全般に活動の幅を広げて現在に至る。 食べ歩きのスタイルとしては「一つの食を極める為には様々な食を知る必要性がある」をモットーにラーメンに限らずほぼ毎日毎食、様々な料理を外食している。 評論の公平を期するため特定のを飲み、その感じ方で味覚の状態を把握している。 少食であり、例えばラーメンを食べる場合は基本的に麺を半分にして注文する。 小学生時に自身の味覚が人並み以上に発達していることに気づき、中学生時には漫画「」を読んで食の世界に興味を抱くようになる。 以来食べ歩きや極少量の食品を溶かした水を利きするなど独自の方法でを訓練して自身の味覚に絶対の自信を有するようになった。 その味覚の鋭敏さは「」中の味覚検査で実証された。 以前はオレンジ色の服をトレードマークとして着用していたが、膨張色だからという理由で近年は黒い服を着用していることが多い。 ブログやtwitterなど閲覧無料のwebサイトであまりラーメンについて言及しないのは、お金を払ってラーメンの情報を購入してくれる会社や読者に対する仁義であるとしている。 ラーメン本 [ ]• 『ラーメン王』()1998年• 『業界最高権威 TRY認定 ラーメン大賞』(講談社)2000年(第一回)より現在にかけてTRY審査員として参加• 『通販ラーメン厳選110杯』()2002年• 1ラーメンガイド2007』(双葉社)2006年• 『ラーメンの真髄』(KKベストセラーズ)2007年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2008』(双葉社)2007年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2009』(双葉社)2008年• 『石神秀幸ラーメンSELECTION2010』(双葉社)2009年• 『神ラーメン』(双葉社)2011年• 『石神秀幸のラーメンマップ東京』(幹書房)2012年• 『ラーメン最強うんちく』(晋遊舎)2014年 レシピ本 [ ]• 『石神秀幸のチョキチョキクッキング』()2009年 漫画本 [ ]• 『』連載の『』『』(原作:、作画:)にも協力している。 『』連載の「」では原作者。 (作画:大谷じろう)1999年 テレビ出演 [ ]• (1999年5月31日、)• (2003年10月26日、)• (2008年3月29日、)• (2010年10月18日、日本テレビ)• (2010年11月2日、日本テレビ)• (2010年11月6日、日本テレビ)• (2013年4月4日、)• (2013年8月28日、フジテレビ)過去も数回出演• (2013年2月16日、2月23日、フジテレビ)CM中ドラマ• (2013年10月9日、日本テレビ)• (2013年10月11日、2014年6月6日、日本テレビ)• (2013年3月6日、TBS)• (2014年3月16日、フジテレビ)• (2014年9月15日、日本テレビ)• (TOKYO MX)• (2015年4月18日、フジテレビ)• (TOKYO MX) 脚注 [ ] [].

次の