ビットコイン おすすめ取引所。 【2020年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!|イケハヤ大学【ブログ版】

仮想通貨おすすめ取引所ランキング|ビットコイン口座開設の方法(18記事)|CoinChoice

ビットコイン おすすめ取引所

仮想通貨を買いたい!• ビットコインに手軽に投資したい!• 国内には多くの仮想通貨取引所や販売所があって一体どこを選べば良いのかわからない!• 初心者がまず最初に悩むところでしょう。 当サイトでは、おすすめの仮想通貨取引所を各社比較・各社特徴を簡潔にまとめてレビューしております。 ビットコイン初心者にやさしくて使いやすい、セキュリティー重視で安心安全な取引所を! そして各取引所を比較して取引コストもより低コストで最もお得に購入できる仮想通貨取引所をご紹介したいと思います。 結論から言うと、投資初心者におすすめできる仮想通貨取引所はです。 仮想通貨FX及び仮想通貨レバレッジ取引のおすすめの取引所をお探しの方は 取引所比較表や選び方に関してはこちら! もくじ• 投資初心者が仮想通貨取引所選びで押さえておきたいポイント 1.スプレッド及び手数料 まず買い入れコストを優先するならば、この項目を最も重要視してください。 実は、各社ビットコインの価格が毎日少し違います。 なるべく他社よりも安く表示されている取引所を選ぶことが1つ目のポイントです。 そして 買いと売りのスプレッドが狭い業者を選ぶこと。 または手数料が無料な取引所を選ぶことを心がけてください。 少しでも買い入れコストを低くして仮想通貨・ビットコイン投資をはじめることは大事な心がけです。 2.使いやすいスマホアプリの有無 各取引所ですが、スマホアプリ対応が未対応であったり、まだまだ使いにくい業者のほうが多いことが現状です。 これらは外出先での使い勝手で差が出ます。 なるべくスマートフォンから仮想通貨を売買しやすい取引所を選ぶことも大切です。 3.取扱い仮想通貨の豊富さ 3つ目は 取扱通貨ペアの豊富さです。 ビットコイン(BTC)をはじめ、主要コインをいくつか取り扱っている取引所を選びましょう! 時価総額が最も大きいコインは ビットコイン(BTC)ですが、2番めに大きなコインは イーサリアム(ETH)です。 3番目は リップル(XRP)です。 4番目は ビットコイン・キャッシュ(BCH)です。 どれも技術力や将来性も違いますので、ここは皆さんの先見の明にも差が出ます。 これだ!っと思ったコインから投資すればよいのではないでしょうか。 4.外部送金手数料 4つ目は 送金コストです。 仮想通貨は外部の取引所やウォレットに移動する際にコストが発生します。 例えばイーサリアムですと、0. 01ETHかかることがほとんどです。 一度の送金にて、数百円以上とられてしまうケースがありますので、その場合は送金手数料が無料の取引所を選びましょう! 当サイトでは、これらのポイントを総合的に抑えた取引所をランキング方式で比較してみました。 選んで納得、比較して納得! 初心者に最もおすすめしたい仮想通貨取引所をご紹介します。 その前に、 「そもそも取引所ってどうやって選べば良いの?」と思っている人は、以下の記事をご覧ください。 おすすめ取引所No1 GMOコイン 【はここがポイント!】 初心者に非常にわかりやすいインターフェース 使いやすく高機能なスマホアプリ クイック入金あり、入出金手数料無料! ビットコインの送金手数料無料 GMOコインの基本情報 取扱コイン 仮想通貨交換業 取引手数料 送金手数料 5種 取得済み 0〜0. その他の取引所は、4倍が最高値となっています。 スマートフォンアプリ「」は直感的で使いやすく、ひろぴーも外出先でよく利用しています。 またスプレッド (買値と売値の差)も国内トップの狭さなので、短期トレードをする人にもオススメした取引所です。 おすすめ取引所No2 BITPoint 【BITPointはここがポイント!】 BTC. ETH. XRP. BCH. LTC 電話対応サポート有り 満遍なく安定的に狭いスプレッド! 取引手数料と送金手数料が無料! とにかく取引コスト最優先したい方なら断然にです。 国内の取引所の中で売買するなら最もお得な取引業者の一つと言えるでしょう。 どれだけお得に購入できるかは、下記のリンク先に詳細のまとめページを作っておきました。 二つ目は外部アドレスへの送金手数料が無料のため、非常に使い勝手が良いです。 少額から初める人は間違いなく、にすべきでしょう。 毎月口座開設して入金するだけで3000円分のBTCキャッシュバックキャンペーンをしていることが多いです。 おすすめ取引所No. 3 Liquid by Quoine 【[liqudi]はここがポイント!】 BTC,ETH,BCH,XRP,QASH スマホアプリ有 ETHとXRPのスプレッドが最狭水準! レバレッジ4倍取引のサービスもあり! 本当に信頼がおける取引所だと思われます。 また相場の急変動でも安定的に稼働しており、Desktopアプリも スマホアプリも動作が軽く、取引が非常にしやすい点で文句なしのおすすめ仮想通貨取引所の一つになります。 上記キャプチャのように、取扱アルトコインの スプレッドも安定的に狭いことが特徴です。 4 bitbank 【はここがポイント!】 BTC. ETH. MONA. XRP、 LTC. BCH スマホからでも使いやすいブラウザ XRPの取引コストが国内最安! 取扱通貨はBTC、ETH、MONA、XRP、LTC、BCHの6種類となっており、メイン通貨と日本産のモナーコインを取り扱っているとことが特徴です。 しかし、その人の運用方法によって取引所ごとの向き不向きがあります。 そこで仮想通貨の運用タイプごとに、 取引所の使い分け方を紹介します。 まず運用方法を、5つのタイプに分類しました。 【現物取引派】が使い分ける取引所 仮想通貨で人気があるのはビットコインですが、リップルやイーサリアムも人気があります。 現物取引を行う際に最低限押さえたいポイントは、以下の3点です。 手数料が安い• 取引量がある• 取り扱い通貨が多い これらを満たした上、さらに各通貨ごとの取引量によって、大きく3パターンに分けられます。 ビットコイン BTC &イーサリアム ETH の取引量が多い• リップルの取引が多い• 他の取引所にはないアルトコインを取り扱っている ではビットコインとイーサリアムの取引所からみてみましょう。 理由は 4点です。 現物取引手数料が無料• 国内ビットコイン取引量が圧倒的に高い• 主要通貨4つ(BTC,ETH,XRP,BCH)の取り扱いがある• 100%コールドウォレットで保管されている についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: [liquid] 次にリップルの取引をする時に使う取引所をみてみましょう。 【FXトレード派】が使い分ける取引所 ボラティリティの激しい仮想通貨は、現物取引よりも取引高があり、 レバレッジを効かせたFX取引で大きな利益を狙えます。 しかしレバレッジの高さは取引所によって差があります。 【FXトレード派の使い分けポイント】 1.取引環境(サーバー・セキュリティ)の良さ 2.最大レバレッジの大きさ 3.取扱通貨ペアの豊富さ 4.コスト(スプレッド・手数料)の低さ これらのポイントを踏まえて、ひろぴーが使い分けている取引所は、です。 さらに ビットコインのスプレッドが500円程と狭く、加えて約定力も高い水準です。 またスマホアプリ「」は、FX初心者の方で使いやすいようにデザインされています。 についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: 次は「送金をよくする人」の取引所の使い分け方をみてみましょう。 【アービトラージ派&海外送金派】が使い分ける取引所 仮想通貨を決済・送金・保管など、実用的に利用する人もいることでしょう。 ビットコインは、海外への送金するときにわざわざドル用の口座を持つ必要もなく、いつでも30分程度で送金できます。 その様な人が使い分けている取引所は、です。 これは、通常6ブロックの承認が必要なところを3承認で完了させているのためです。 についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 参考記事: 最後に【長期保有派】が使い分ける取引所を紹介します。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 またその時には、3つの運用タイプごとに取引所を使い分けられます。 レンディングの運用タイプ ず〜っと寝かせたい人 比較的少額からレンディングしたい人 ビットコイン以外もレンディングしたい人 ではタイプごとに使い分ける取引所を紹介します。 貸出期間が1年間と決まっているので、 手続きさえ済ませてしまえば、1年間は気に掛ける必要がありません。 しかしサービスを利用できる期間は不定期なので、口座開設を済ませて、サービスの案内を気長に待ちましょう。 【まとめ】仮想通貨の取引所の選び方 2018年10月時点において、昨年末までは国内TOP3だった仮想通貨取引所のcoincheck、bitFlyer、Zaifはこぞって厳しい業務改善命令、及び業務低停止命令を金融庁から出されております。 共通ポイントはサーバーの脆弱性、顧客のウォレット管理の杜撰さ(金融コンプライアンス意識の低さ)です。 ハッキング被害がある3社は、こういったかたちで浮き彫りとなりました。 顧客を集めることだけを考えたサービスをしていた業者が軒並み経営が悪化していることがおわかりいただけるでしょう。 使いやすさだけを求めるだけでなく、こういった サーバーやセキュリティ面にも注意しておくと良いかもしれませんね! 【関連記事】 ・ 【取引所の選び方】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ひろぴーの仮想通貨ブログ「ビットコインFX」(以下、当サイト)の執筆者は、執筆の内容において正確性等を保つため最大限の努力をしておりますが、執筆時の日時、参照する情報の変化により、市場の状況は常に変化しておりますゆえ閲覧時点での情報の誤りあるいは内容が古くなっている場合があります。 また、それにより誤りや古い内容を予告なく訂正、削除することをご了承ください。 当サイトに掲載された記事、コラム、情報は執筆者個人の見解であり当サイトの見解を示すものではありません。 したがって、当サイトと執筆者は情報提供を目的としており当サイト及び執筆者の掲載情報により、不利益や損害、ユーザーが行った行動の一切について責任を負いかねます。 また、当サイトの無断転用を禁止いたします。

次の

暗号資産(仮想通貨)取引所おすすめ総合ランキング|みんなの仮想通貨

ビットコイン おすすめ取引所

銀行振込やクレジットカードも両対応で、初心者から経験者まで問題なくビットコイン売買を行える取引所です。 ビットフライヤーがおすすめの理由 初心者に優しい ビットフライヤーはビットコイン売買のやりやすさと安さ以外にも、サポートや用語集も充実しており、初心者に優しいサイトとなっています。 取引をしている上で、わからない言葉などがあった場合でも、ビットフライヤー内のサイトでいろいろ調べることが可能です。 用語集の他にも仮想通貨法の説明なども掲載されていて便利です。 法人としての信用性が高い ビットフライヤーは、ビットコイン・ブロックチェーン事業者としては、日本最大級の企業です。 日本を代表するたくさんの大企業がビットフライヤーに出資しており、セキュリティ対策が軍を抜いています。 bitFlyerのセキュリティシステムは、大手金融機関よりも強固な暗号技術を使っており、ウイルス、ハッキング対策も万全です。 ビットコイン取引をする上で最も重要なセキュリティ面が日本で1番充実しています。 買い付けのタイミングを図ったり取引所の注文を管理したりという手間がかからないため、初心者の人には優しいです。 手数料マイナスで取引回数が多い方におすすめ ザイフの取引手数料は驚愕のマイナス0. しかも、年率最大3. 6%の利殖ボーナス制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができるのも魅力の1つです。 取引所は数量が常に変動している上に、買い手がいないと売ることができないなどのデメリットがありますが、GMOコインは、いつでも確実にビットコインを売買ができるメリットがあります。 ビットコイン取引が最短で可能 GMOコインでは、口座申込から最短1日で取引が可能なため、国内の取引所の中でもトップクラスに早くビットコインの取引が可能です。 GMOインターネット 東証一部上場 グループで培われた金融サービスのノウハウを活かし、口座開設までのスピード改善活動を徹底している影響が大きいです。 特定のお店だけで使える「電子マネー」とは異なり、円やドルと同じように世界中で使える通貨になることを、目的として作られました。 最大の特徴は「管理者が存在しない」ということです。 これはパブリックチェーン全てに言えることでもありますが、ブロックチェーンと呼ばれる技術で作られており、ネットワーク参加者全員でビットコインを管理しています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」にてご連絡ください。

次の

ビットコインFXのおすすめ取引所を徹底比較!取引所選びで勝率が変わる?!

ビットコイン おすすめ取引所

レバレッジ取引とは レバレッジ取引とは口座に入れた資金に対して「レバレッジ」というものをかけて行う取引のことです。 レバレッジというのは日本語では「てこ」、「てこの原理」という意味の言葉です。 文字通り 資金にてこをかけることで、実際の額面以上の取引ができます。 例えば資金が10万円あったとき、現物取引では額面通りの10万円分しか取引はできません。 しかしレバレッジ取引で2倍のレバレッジをかけると最大で20万円分の取引をすることが可能になります。 同じ資金でも現物取引より大きな取引ができるのがレバレッジ取引です。 ビットコインレバレッジ取引のメリット・デメリット ビットコイン BTC のレバレッジ取引には、レバレッジ取引とFX取引の2種類があります。 アルトコインでのレバレッジ取引のことを総称して暗号資産 仮想通貨 FXやアルトコインFXと呼ぶこともあります。 通常の信用取引と同じように、ハイリスク・ハイリターンの投資をビットコイン BTC でも行うことができるので、 大きく損失を出すこともあれば、大きく利益を出すこともある、というのが取引上の性質です。 レバレッジ投資のメリット もっとも価格変動が激しかったときには、ビットコイン BTC は1日で20%以上も価格が上下することもあり、短期での大勝をしたいヤマっ気の強いトレーダーが大量に参入しました。 価格も右肩あがりだったので、ある程度のリスクの中で大きな利益をあげることができました。 また、ご存知の通り、ビットコイン BTC 価格は200万円超を境に下落をしています。 ただ、 価格の下落時でも利益を出せるのがレバレッジ取引の特徴です。 売りポジション(ショート)を保有することで、同じ倍率でマイナス相場でも利益を出せるため継続して取引を行う投資家がいます。 レバレッジ取引は下落時にも利益を出すことができる 現物取引では実際にビットコイン BTC を売り買いするために、まずはビットコイン BTC を買うところから取引を開始しないといけません。 そのためビットコイン BTC の相場が下落しているときは、利益を出すことが難しくなってしまいます。 一方レバレッジ取引ではビットコイン BTC を取引するわけではありません。 レバレッジ取引で取引するのは「 売りと買いの差額」です。 こういった形式を 差金決済と言います。 差金決済では差額を扱うため、買いと売りがワンセットになります。 買いから始めることもできれば売りから始めることができます。 するとその差額である20万円が残り、利益となります。 レバレッジ取引は普通の買うことで利益を出すこともできますし、売りから始めることで相場が下落していても利益を出すことができるのです。 レバレッジ投資のデメリット 一方でそのリターンの裏側には常にリスクがあります。 レバレッジ取引ではレバレッジをかけることで利益を大きくすることができる反面、 損益も大きくなってしまいます。 10万円で20万円分の取引をして、価格が半分になると一気に証拠金はゼロになります。 なので損切りをきちんとしないと損益が大きくなってしまいます。 そして 損益が資金の一定の割合を超えると「追証」という、追加の入金を求められます。 更に損益が膨らむと自動で決済されてしまいます。 ビットコイン BTC のレバレッジが始まった当時はまだ取引所や取引のシステムが未熟だったこともあり、追証や強制ロスカットによって借金を抱える人が多く表れました。 そのため当時はレバレッジをかけずに、買いポジション(ロング)で長期保有(ガチホ)しましょう、という呼びかけも多かったように思います。 今は制度も改善され、以前よりリスクは下がりましたがそれでも大きな含み損を抱える可能性は残っています。 レバレッジ取引のデメリットを抑える方法 レバレッジ取引のデメリットを抑えるには、 レバレッジ取引についてよく勉強して投資計画を入念に立てることが大切です。 特に利益や損益をどこまで我慢するか、どこで損切りをするかというのは重要です。 人間、儲かり過ぎると欲が出て利益を確定させるタイミングが遅れますし、反対に損益が出るといつか反転するだろうと思うものです。 そこで利益が出たとき、損益が出たとき、どのラインで決済をしておくかを決めておき、機械的にそれを守ることでレバレッジ取引のデメリットである高い損失を抱えるリスクを抑えることにつながります。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)の取引所の比較、選び方 ビットコイン BTC は暗号資産 仮想通貨 で最も有名な通貨ですから、大手の取引所であればたいていレバレッジ取引が可能となっています。 しかし海外となると、大手といえどもレバレッジ取引に対応していない取引所も。 そもそも日本在住という条件では、口座開設もできない取引所もあるくらいです。 今回お伝えする海外の取引所は、日本在住でもレバレッジ取引ができる取引所ばかりです。 海外取引所ならではの特徴も、あわせてお伝えしていきましょう。 レバレッジ取引所を選ぶ基準は以下の通りです。 1:暗号資産 仮想通貨 レバレッジの対応通貨ペア数 暗号資産 仮想通貨 取引所では、現物取引とレバレッジ取引で利用できる通貨数が異なります。 例えば、の場合、現物取引であれば5種類の通貨が取引できますが、レバレッジ取引の場合はビットコイン BTC しか取引できません。 一方でDMM Bitcoinの場合は、レバレッジ取引では6通貨の通貨が取引できますが、現物ではそれほど多くありません。 レバレッジ取引で取扱のある通貨を調査しましょう。 2:レバレッジ倍率が何倍であるか レバレッジ倍率の選択肢を把握しておきましょう。 以前は国内であれば最大25倍までの取引が可能でしたが、現在ではレバレッジ規制がかかっており、最大4倍程度までの取引所が大半です。 暗号資産 仮想通貨 は価格のボラティリティが大きいので大損をしてしまうリスクを減らして、投資家を保護するというのが目的の一つだと予想されます。 しかし海外の取引所では日本のように規制がされていないところもあります。 3:取引所のレバレッジに関する取引ルール レバレッジ取引は取引所によってそのルールも、手数料も異なります。 特に、取引に関するルールとしては、証拠金維持率や追証あり・追証なし、強制ロスカットの有無などを確認しておきましょう。 「 証拠金」というのは取引をするために、 最低限必要な資金のことです。 例えば100万円分取引をするとき、レバレッジ2倍であれば50万円あれば取引ができます。 この50万円が証拠金となります。 そしてこの証拠金の現在している取引に対する割合を「 証拠金維持率」と言います。 そして取引の中で損益が大きくなり、証拠金維持率が下がると追加の証拠金である「 追証」を求められたり、強制的に現在の取引を決済させられる「 強制ロスカット」をされてしまうことがあります。 証拠金や証拠金維持率の計算方法がよくわからない人は口コミや評判を参考にすると良いでしょう。 また以下の記事でもレバレッジに関する用語を解説しているので、ぜひ見てみてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所3選! ビットコイン BTC のレバレッジ取引ができる取引所はたくさんありますが、その中でも特におすすめの取引所をお伝えしていきましょう。 国内取引所1:GMOコイン 東証一部上場企業のGMOインターネットが運営する取引所。 GMOクリック証券の運営も行っているので、 金融事業のノウハウも備えている国内最大手の取引所です。 特にGMOコインは専用のスマホアプリである「ビットレ君」をリリースしています。 スマホやタブレットからでもパソコンと変わらない操作性でレバレッジ取引ができるため、ずっとパソコン前にいる必要はありません。 ビットコイン BTC をレバレッジ取引するのであれば、 一番おすすめの取引所といえます。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所2選! 日本だと25倍までのレバレッジ取引しかできませんが、海外ではなんと100倍というレバレッジ取引もできます。 ここではレバレッジ取引ができる海外取引所をお伝えしましょう。 海外取引所1:BitMEX BitMEXは、 少額資金で取引したい方におすすめの取引所です。 ビットコイン BTC は最大100倍、イーサリアムも最大50倍のレバレッジ取引が可能。 またBitMEXは「追証なし」のサービスを導入しています。 証拠金維持率が0%になると強制決済する仕組みなので、急激な相場変動で追証による借金の心配もありません。 海外取引所2:CryptoGT(クリプトGT) CryptoGTは、 キプロスに拠点を構える暗号資産 仮想通貨 取引所です。 1倍・10倍・25倍・50倍・100倍、そして最大200倍ものレバレッジをかけることが可能。 日本語にも対応しているので、日本人でも利用しやすい取引所ともいえます。 ビットコイン BTC のレバレッジでの購入方法を画像つきで紹介 レバレッジ取引の購入の仕方を解説します。 基本的には現物とさほど違いはありません。 GMOコインでビットコイン BTC をレバレッジで購入 GMOコインではシンプルな手順でビットコイン BTC をレバレッジ取引形式で注文することができます。 ビットコイン BTC の現物取引が可能な取引所を紹介 どの暗号資産 仮想通貨 取引所でもビットコイン BTC の現物取引は可能です。 取引所を選ぶ基準の一つであるビットコイン BTC を取引する際の手数料を以下にまとめました。 取引所名 手数料 0. 01~0. そのほか様々な分野からビットコイン BTC の現物取引におすすめの取引所を以下の記事で紹介しています。 ぜひ参考にしてください。 ビットコイン BTC のレバレッジ取引はGMOコインがおすすめ この記事のまとめ• 国内の暗号資産 仮想通貨 取引所でレバレッジ取引を行うことができる• 海外の暗号資産 仮想通貨 取引所では100倍ものレバレッジ取引が可能なところもある• 国内の取引所であれば「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「BITPoint」がおすすめ• 海外の取引所であれば「BitMEX」「CryptoGT」がおすすめ さて、日本や海外でレバレッジ取引ができる、おすすめの取引所をお伝えしてきました。 国内であれば信頼性が高く、スマホからでも快適に取引できるGMOコインが、それでも物足りないという人は海外の取引所であるBitMEXが、信頼性の面でおすすめです。 堅実に取引するのか、それとも高いレバレッジ倍率で攻めるのか、自分のトレードスタイルに合った取引所を選びましょう。

次の