お伝え させ て いただき ます。 後輩の「お伝えさせていただきます」が気になる件

「電話のあったことをお伝えください」って… 本当に伝えればいいだけ?〈ビジネスマナー〉

お伝え させ て いただき ます

目 次• 1.骨粗しょう症(ビスフォスフォネート系製剤) ビスフォスフォネート系製剤(以下BP製剤)は、骨粗しょう症やがんの骨転移などに対し非常に有効なため、多くの方々に使用されています。 しかし、最近、BP製剤使用経験のある方が抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると顎骨壊死が発生する場合があることが分かってきました。 海外での報告では、抜歯を行った場合、骨粗しょう症で、BP製剤の内服をしている患者さんでは1000人中1〜3人、悪性腫瘍に対して使用されたBP製剤の注射を受けている患者さんにおいて100人中6〜9人の方に顎骨壊死が生じたと報告されています 1,2。 顎骨が壊死すると、歯肉腫脹・疼痛・排膿・歯の動揺・顎骨の露出などが生じます。 がん患者さんの骨病変に用いられる新たな治療薬としてヒト型抗体製剤であるデノスマブが2012年に承認されましたが、BP製剤と同頻度で顎骨壊死が起こるとの報告があり 3、併せて注意が必要です。 BP製剤を使用している患者さんで、歯科受診時に注意が必要な処置は以下のものがあげられます。 (1)顎骨に侵襲の及ばない一般の歯科治療(歯石除去・むし歯治療・義歯作成など) 顎骨や歯肉への侵襲を極力避けるよう注意して歯科治療を行います。 治療後も義歯などにより歯槽部粘膜の傷から顎骨壊死が発症する場合もありますので、定期的に口腔内診査を行います。 (2)抜歯・歯科インプラント・歯周外科など顎骨に侵襲が及ぶ治療 1) 内服期間が3年未満でステロイド薬を併用している場合、あるいは内服期間が3年以上の場合は、BP製剤内服中止可能であれば、一般的には手術前少なくとも3カ月間はBP製剤の内服を中止し、手術後も骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤は休薬していただきます。 2) 顎骨壊死の危険因子(糖尿病、喫煙、飲酒、がん化学療法など)を有する方もBP製剤内服が中止可能であれば、手術前少なくとも3カ月間はBP製剤の内服を中止し、手術後も骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤は休薬していただきます。 3) BP製剤内服期間が3年未満で危険因子のない方に対しては、通常のごとく口腔外科手術を行います。 BP製剤の休薬・再開などについては、担当(処方)医師と充分相談の上決定し顎骨壊死の発生予防に努めますが、上記の処置方針に従ったとしても顎骨壊死が生じる危険性があります。 そのため、定期的な経過観察と口腔清掃の徹底が重要です。 表1 ビスフォスフォネート系製剤一覧表 3 剤型 製品名 適応症 注射用製剤 アレディア 悪性腫瘍による高カルシウム血症 乳癌の溶骨性骨転移 オンクラストテイロック 悪性腫瘍による高カルシウム血症 ビスフォナール 悪性腫瘍による高カルシウム血症 ゾメタ 悪性腫瘍による高カルシウム血症 多発性骨髄腫による骨病変および固形癌骨転移による骨病変 経口用製剤 ダイドロネル 骨粗しょう症 下記状態における初期および進行期の異所性骨化の抑制:脊髄損傷後、股関節形成術後 骨ページェット病 フォサマックボナロン 骨粗しょう症 アクトネルベネット 骨粗しょう症 62歳、BRONJ患者:口腔内に骨露出を認め (図1)、X線写真では右下顎に骨溶解像と腐骨の遊離を認める (図2)。 参考文献• Mavrokokki T. , Cheng A. , et al. : Nature and frequency of bisphosphonate-associated osteonecrosis of the jaws in Australia. J Oral Maxillofac Surg. 65: 415-423 2007• ビスフォスフォネート系薬剤に関わるインフォームドコンセント書式(日本口腔外科学会 編)• ビスフォスフォネート関連顎骨壊死に対するポジションペーパー(改訂追補2012年版:ビスフォスフォネート関連顎骨壊死検討委員会)• Yoneda T et al. Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaw: Position Paper from the Allied Task Force. Committee of Japanese Society for Bone and Mineral Research, Osteoporosis Society Japan, Japanese Society of Periodontology, Japanese Society for Oral and Maxillofacial Radiology and Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons, J Bone Miner Metab 28: 365-383(2010).

次の

伝言で「電話があった事お伝え下さい」

お伝え させ て いただき ます

まずは前半部分。 「お伝えいただける」の意味は… 「伝えてもらえる」と解釈できます。 「いただける」の部分は謙譲語「いただく」の可能表現をつかっています。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 どれも「〜できる」という意味になりますね。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 お伝え = 伝えること• お(ご)~いただける = 「〜してもらえる」の意味の敬語(謙譲語)• すると「お伝えいただけますか」の意味は… 「伝えてもらえますか」 のように解釈できます。 ようするに「 伝えてほしい!」「 伝えてください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわりに「~してもらえますか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お伝えいただけますか」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「伝える」• 可能形にして「お伝えいただける」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「お伝えしていただけますか」は間違い敬語となりますのでご注意を。 この場合、謙譲語「お(ご)」をなくして「伝えていただけますか」とすれば正しい敬語になります。 理由は長くなるので省きますが、あくまでも「お伝えいただけますか」をつかうことをオススメします。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 【使い方】伝えてほしい!と伝えるビジネスシーン 「お伝えいただけますか」の使い方 意味のとおりで何かしら「伝えてほしい!」と言いたいビジネスシーンに使います。 だからと言ってメールにつかったら失礼とかではなく、ビジネスメールでもまぁ違和感はありません。 たとえば、• 【例文】xxさんにお伝えいただけますか。 【例文】xxとお伝えいただけますでしょうか。 ようするに「伝えてほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 そこで、• 【例文】お伝えいただきたく存じます• 【例文】お伝えいただきたく、お願い致します• 【例文】お伝えいただければと存じます• 【例文】お伝えいただければ幸いです• 【例文】お伝えくださいますようお願い致します など、自分の意思や願望をつたえる敬語を代わりにえらびます(下の例文ほど丁寧な敬語になります)。 いっぽうで電話対応や会話では「〜いただけますか?」を多用します。 これは好みで分かれるところ。 おっさん営業マンのたわ言だと思ってスルーしてもらっても構いません。 まぁとにかく、 「〜いただけますか?」はシーンをえらばずに使える、とても便利な敬語フレーズ。 上司や目上など社内に限らず、取引先など社外にも使える丁寧な敬語ですね。 敬語の解説 念のため敬語の解説を。 「お伝えいただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「伝える」• 仮定「たら・れば」で「お伝えいただければ」• もとになる単語「伝える」• 仮定「たら・れば」で「お伝えいただけたら」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 ほかにも使える丁寧な敬語 これまで紹介した例文のほかにも… 他にもビジネスメールでよく使う敬語には• 「伝えてください!」とストレートに言うのではなく遠回しに自分の意思や気持ちをつたえる、とても丁寧なフレーズですね。 ニュアンスとしては 「伝えてもらいたいと思うのだけど…」みたいなイメージ。 あまりに堅苦しくて大げさかもしれませんが、とにかく目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズになります。 「お伝え いただきたく存じます」 でも十分に丁寧ではありますが…• 意味と違い・使い方 「お伝え いただきたく存じます」vs「お伝え いただければと存じます」の意味と違い。 どちらも言いたいことは結局のところ「伝えてほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 謙譲語「いただく」に仮定の「たら・れば」をくっつけると「 いただければ」という敬語になります。 したがって「お伝え いただければと存じます」のニュアンスとしては「よかったら伝えてもらえたらと思うのだけど」というような感じになります。 「お伝え いただきたく存じます」でも遠回しにあなたの希望を伝える敬語なのですが… 「お伝え いただければと存じます」だともっと大げさになります。 かな〜り遠回しにお願いをしているわけで、目上・上司・取引先への言葉づかいとしてはこの上なく丁寧ですね。 そんなに丁寧にする必要あるの?って思うくらい。 まぁ、ひとつのオプションとしてお好みでお使いください。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「お伝え いただきたく存じます」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「伝える」• 「お伝え いただけますか?」 「お伝え いただきたく存じます」 「お伝え いただければと存じます」 だけでなくシンプルに、• 【例文】お伝え いただきたく、お願い致します としても十分に丁寧です。 意味としては「伝えてもらいたい、お願いします」 言いたいことは結局のところどれも同じく「伝えてほしい」なのですが…敬語の使い方がそれぞれ違うため、なんとな〜くニュアンスが違ってきます(どれをつかっても丁寧です)。 たとえば、• 【例文】xxの件でお伝えいただきたく、お願い致します。 【例文】xxをお伝えいただきたく、お願い申し上げます。 のようにして使いますね。 あなたの意思が伝わらずぼんや〜りとしたメールになって「結局なにが言いたいの?」ということになりかねません。 そんなときに活躍するのが「お伝え いただきたく、お願い致します」です。 「お伝え いただきたく存じます」だと「伝えてもらいたいと思います」という意味であり、 「お伝え いただきたく、お願い致します」だと「伝えてもらいたい、お願い!」というような意味になります。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 文章のバランスを考えてお好みでお使いください。 敬語の解説 一応「お伝え いただきたく、お願い致します」の敬語の成り立ちをまとめておきます。 もとになる単語「伝える」• したがって上司・目上やビジネスメールで使うのにふさわしい表現、と言えるでしょう。 ビジネスメール例文 なお繰り返しにはなりますが… ビジネスメールでは疑問文「お伝えいただけますか?」よりも、 「お伝えいただきたく存じます」 「お伝えいただければと存じます」 「お伝えいただければ幸いです」 などの敬語がオススメ(おっさん営業マンのたわ言)。 ビジネスメール例文:部署のみんなに伝えてほしい メール件名: 【広報誌】貴部署紹介のお願い 営業部 ノマド部長 突然のご連絡、大変失礼いたします。 具体的には以下のとおり、企画しております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 お取り計らいのほどお願い申し上げます。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 お伝えください• お伝えくださいませ• お伝えいただけますか?• お伝えください• お伝えくださいませ• お伝えいただけますか• お伝えいただけますでしょうか• お伝えいただきたく、お願い致します• お伝えいただきたく存じます• お伝えいただければと存じます• お伝えくださいますようお願い申し上げます• お伝えいただきますようお願い申し上げます• お伝えくださいませ• お伝えいただきたく、お願い致します• お伝えいただきたく存じます• お伝えいただければと存じます• お伝えいただきますようお願い申し上げます• お伝えいただけますようお願い申し上げます• お伝えくださいますようお願い申し上げます• お伝えいただければ幸いです• お伝えいただければ幸甚に存じます• お伝えいただけますと幸いです• お伝えいただけましたら幸いです• お伝えいただけますと幸甚に存じます• お伝えいただけましたら幸甚でございます• お伝えいただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。

次の

目上に使う?ビジネスでの「よろしくお伝えください」の意味と伝え方

お伝え させ て いただき ます

」 という言い方だとすっきりするのでは。 それともう一つ、この文だと非常に違和感があるのは、最初の「ご報告」ではないでしょうか? 「報告」とは部下が上司にするもの、というニュアンスが強いので、いかに「ご」を付けても お客様から自分の会社に送信された連絡事項が 「ご報告」ではしっくり来ません。 結局、私ならこう書く、というのは 「お問い合わせ(の件)は、すでに(弊社の)担当に伝えております。 」 「ご指摘(の件)は、すでに(弊社の)担当に伝えさせていただきました。 」 A ベストアンサー どちらもありえますが、着眼点が違います。 それぞれ通常の形(常体)に戻すと、 (イ)「お話しした通り」……「話(はな)した通り」 (ロ)「お話した通り」……「話(はなし)した通り」 となります。 (イ)は「話す」という動詞であり、その動作・行為に注目しています。 一方、(ロ)は「話」という名詞で、その内容に注目しています。 「話(はな)したっけ?」と「話(はなし)したっけ?」を比較してみてください。 この考え方では、どちらかというと(イ)が適切となる場面が多いかもしれません。 また、非常に細かい問題ですが、 (イ)は動詞が謙譲語「お話しする」、(ロ)は動詞が常体「する」、という違いもあります。 ですので、もし謙譲語が適切な場面であれば、話し手は「話す」という動詞を意識していると考えられますから(イ)、 もしも常体、または単なる丁寧体が適切な場面であれば、話し手は「話」という名詞を意識しているでしょうから(ロ)、 というのも一つの目安になりえるかと思います。 どちらもありえますが、着眼点が違います。 それぞれ通常の形(常体)に戻すと、 (イ)「お話しした通り」……「話(はな)した通り」 (ロ)「お話した通り」……「話(はなし)した通り」 となります。 (イ)は「話す」という動詞であり、その動作・行為に注目しています。 一方、(ロ)は「話」という名詞で、その内容に注目しています。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 「お(ご)~する」あるいは「お(ご)~致します」という言い方は、敬語の中では謙譲語に属します。 (厳密に言うと「致します」の「ます」は丁寧語) 謙譲語は動作をする人がへりくだることによって、その動作を受ける相手を敬うことになります。 たとえば、「私があなたをご案内します」だと「私」がへりくだることで、案内される「あなた」に敬意を表すわけです。 したがって、「(私が)(社内の担当者に)お伝えいたします」と言った場合は、「私」が「伝える」という動作の相手である担当者にへりくだって、担当者に敬意を表したことになってしまいます。 もちろん社外の人に「結果は後ほどお伝えいたします」というような場合は、「伝える」という動作の相手が社外の人ですから、その人を敬ったことになり、まったく問題はありません。 「父が申しておりました。 」の「申す」なども同様の謙譲語で、父をへりくだらせることで、話相手に敬意を表すことになります。 「お(ご)~する」あるいは「お(ご)~致します」という言い方は、敬語の中では謙譲語に属します。 (厳密に言うと「致します」の「ます」は丁寧語) 謙譲語は動作をする人がへりくだることによって、その動作を受ける相手を敬うことになります。 たとえば、「私があなたをご案内します」だと「私」がへりくだることで、案内される「あなた」に敬意を表すわけです。 したがって、「(私が)(社内の担当者に)お伝えいたします」と言った場合は、「私」が「伝える」という動作の相手である担当...

次の