巨人の星。 巨人の星の最終回のあらすじはネタバレ?魔球や名言についても!

巨人の星 (アニメ)

巨人の星

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年11月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2019年11月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2019年11月) 巨人の星 ジャンル 漫画 原作・原案など 作画 出版社 掲載誌 レーベル KC (文庫) KCDX 発表期間 - 巻数 全19巻 KC 全11巻(文庫) 全7巻 KCDX 漫画:新巨人の星 原作・原案など 梶原一騎 作画 川崎のぼる 出版社 (現:) 掲載誌 発表期間 - - 『 巨人の星』(きょじんのほし)は、原作:、作画:によるの作品。 本項では、続編である『 新巨人の星』についても併せて解説する。 作品解説 [ ] 主人公のは、かつて巨人軍の三塁手だった父・により幼年時から野球のための英才教育を施される。 プロ野球のに入団後、ライバルのややオズマらを相手にを武器に戦う。 いわゆる野球漫画の走りともいえる作品。 『巨人の星』(通称「左腕編」)は1966年から1971年まで『』に連載され、『週刊少年マガジン』連載直後にKC(講談社コミックス)全19巻で刊行された。 KCスペシャル版と1995年の文庫版では全11集である。 その続編『新巨人の星』は1976年から1979年まで『』に連載された。 『巨人の星』・『新〜』ともに系でTVアニメ化され、アニメ映画も7作品が製作されている。 左腕編と『新〜』の間の時期を描いた『巨人の星・外伝〜それからの飛雄馬』も読みきりで『週刊少年マガジン』に掲載されており、飛雄馬失踪(5年間)の開始から3年後を扱っている。 これは『新〜』の文庫版の巻末に収録されており、1978年掲載で『週刊読売』の『新〜』掲載期間と重なるが、の著書『巨人の星の謎』では「昭和48年」=であるとしている。 講談社漫画文庫『新巨人の星』で「新魔球の章」と『巨人の星・外伝』を収録した第6巻1996年版では、巻末に『新巨人の星』の初出が『週刊読売』1976年10月2日号 - 1979年4月15日号に掲載、『それからの飛雄馬』は『週刊少年マガジン』1978年2月12日号に掲載とある。 タイトル [ ] 作のSF作品『"Giants Star"』の邦題は、本作との重複を避ける意味から『 』になっている。 『巨人の星』が「巨人軍に属する星という名の選手」の意味であれば、英語の人名 Starr は最後の r が2つになるので、『空想英語読本』のマッシュー・ファーゴ(Matthew Fargo)は『 Starr Of The Giants』という題名を提案している。 タイトルの『巨人の星』はこれらの全ての意味を兼ねている。 誕生に至る経緯 [ ] 『巨人の星』が連載を始めるまで、野球漫画の決定版と言えば『』とされていた。 その『ちかいの魔球』を超える野球漫画を、ということで、マガジン編集部が梶原一騎を口説き落とした。 コンセプトは「の少年版」であり、一人の少年の成長を描いた人間ドラマの中で、野球という舞台が用意されたものだった。 当時東京ムービー企画部の今泉俊昭も「花形満が、飛雄馬が武蔵、という剣豪ドラマとして製作された」と語っている。 作画 [ ] 作画担当は梶原の原作執筆後に選定が行われ、「フレッシュな漫画家を」ということで、川崎のぼるが選ばれた。 だが、当時野球の知識が無く、また既に何本も連載を抱えており新しい連載を引き受ける余裕もなかった川崎は当初その依頼を拒否する。 川崎は何度も懇願されたため逃げ回っていたが、ある日、夜遅くに帰宅したところ家の前で編集部員に待ち伏せされ、そのまま翌朝まで懇願された。 結局は根負けし引き受けることとなった のだが、このように説得に時間がかかったためプロ野球の開幕に合わせて4月に予定されていた連載開始は6月に遅れることとなる。 川崎の作画により劇中のビジュアルが印象的に描かれ、大リーグボール2号の「高くあげた右足が土ぼこりを舞い立てる」コマを原作担当の梶原は絶賛したという。 消える魔球の原理は、川崎のぼるが描く飛雄馬の投球フォームを見た梶原が思いついたものともいわれる。 『新巨人の星』では、絵も一層緻密になり、人気漫画家となった川崎も他の連載を抱えながら作画を再開した。 アナウンサーや記者、観客、子供の顔はギャグマンガ風にデフォルメされており、川崎の別作品『』や『』の絵と共通点が見られる。 川崎のぼる作画以外による巨人の星 [ ] 1971年、『』で、の作画による漫画を掲載(12月創刊号から翌1972年3月号まで)。 1978年には、同誌での作画による『新巨人の星』のコミカライズを掲載。 翌1979年には秋月研二作画による『新巨人の星II』のコミカライズが『』に掲載された。 詳細は参照。 さらに2006年8月9日より『週刊少年マガジン』誌上で、梶原一騎・川崎のぼる原作、作画で本作のリメイク『』が連載を開始、2011年新年号まで連載された。 左腕編の旧単行本と文庫の関係 [ ]• (テスト合格まで)• 、美奈の死、巨人の星余話• 大リーグボール(オズマが1号を本塁打)• 、 第三部・青春群像編・大投手金田引退、伴のトレード、親友、危うし! 消える魔球(新春)• 、ふっきれ伴! 、刺客志願• (花形が消える魔球を打倒)、負け犬、ふりかかる火の粉(京子登場)、星さんが好き! 、青春のぬけがら(前)• 、車中のできごと、出た! 大リーグボール三号(文庫版巻頭の目次で「〜三号」、作中の副題で「〜3号」)• 大リーグボール三号(花形と明子の会食)、ある座談会、左門、覆面魔球に屈す! 、血染めの大リーグボール三号、大根切り攻略、父子の執念、飛雄馬のひみつ、目前の完全試合、9回二死、最後の対決! 、エピローグ(年明けまで) 副題の個所は必ずしも連載当時の区切りと一致しない。 冒頭、飛雄馬が長嶋に魔送球を投げつけ、星一家が最初に描かれた章(アニメ第1話「めざせ栄光の星」に相当)ではサブタイトルがなく、そのあとに「大リーグボール養成ギプス」という最初の副題が出ている。 また、有名な火だるまボールのノックは「火だるまボール」の章では描かれず、そこでは飛雄馬と王貞治の対決が描かれ、火だるまボールは「命をかけるねうち」で描かれる。 また、KCからデラックス版、そして文庫になった段階で、1つの副題の話が巻をまたいでいる個所があり、後半が収録された文庫では目次に前巻の最後と同じ副題があるだけで、後半の本編では副題は書かれていない。 『新巨人の星』の場合、「泥濘の章」、「鳴動の章」、「噴煙の章」、「青嵐の章」、「噴火の章」、「不死鳥の章」、「新魔球の章」の7章からなっており、『』連載当時、大型の別冊単行本全7冊が出て、講談社コミックス(KC)では全11巻、講談社のデラックス版と漫画文庫で全6巻となっている。 漫画文庫の第1巻には星の草野球代打稼業から伴の長嶋邸訪問までの「泥濘の章」と「鳴動の章」の前半、長嶋が星の右投げを見る場面を収録している。 時代背景 [ ] スポーツ界など、社会全体 [ ] 長嶋茂雄の巨人軍入団()に始まり、V9、中断をはさんで第一次長嶋政権の4年目()の中途、『新巨人の星』として完結した。 この時代は、日本が敗戦の混乱期から立ち直り、を経てを自認し始める頃に当たっている。 ()を前にした交通整備で、一徹のような日雇い労務者も仕事が急増し、収入が増えたことが描写されている。 当時高級品だったTV購入も、いわゆるお坊ちゃま学校だった青雲高校への飛雄馬の入学も、こうした五輪景気の建設ラッシュ期における一徹の昼夜兼行の超人的な働きがなければ不可能だった。 なお、インフラ整備や再開発はその後も続き、飛雄馬が生まれ育った長屋も取り壊されている。 登場人物(花形、伴、川上監督夫妻、)たちが海外に出かける、あるいは戻る場面では、舞台は。 乗客は建物から徒歩で飛行機に向かい、を使って乗降していた。 機材もナローボディ機材だった。 国内線での移動も多々あるが、は登場しない。 主要登場人物の中では、星一徹、川上哲治、水原茂らがへの従軍を経験している。 アニメ版オリジナルストーリーで水原の時代の強制労働体験、、など戦没野球選手の逸話も描かれた。 一方、主人公飛雄馬は、を知らないか、知識としては知っていても現地で日本語が通じることには驚いてしまう世代になる。 劇中で中国()側が飛雄馬たちを歓迎する文字「歓(歡)迎」「棒球団(團)」などは、戦後日本のだった。 一部の巨人選手は中華民国側の歓迎の印だったに驚いて、川上監督から説明を受けていた。 台湾キャンプ当時()は()の前。 速水は()ので代表候補だった。 なお、速水のキャラクター造形の参考にされたと推測されるもやはりメキシコオリンピックの代表選手である。 星飛雄馬が左腕投手として巨人に入団した当時、今のがサンケイアトムズ、が大洋ホエールズ、が阪急ブレーブスと、が東映フライヤーズ、が南海ホークス、は東京オリオンズ(物語後半でロッテオリオンズ)、が西鉄ライオンズだった。 また、は2005年新規参入のため当時存在していなかった。 まず、阪急は日本シリーズのパ・リーグ代表として何度も登場する。 、西本監督は飛雄馬の大リーグボール1号を打倒するため、スペンサーに花形そっくりの特訓をさせたが、1号の「最後の完成の姿」に敗れ、翌も阪急打線は消える魔球の前に沈黙。 阪急の長池は1968年の日本シリーズでは大リーグボール1号を続けて2球受け、最初はファウル、次に投飛で打ち取られた。 次ににはオールスターで対戦したが、飛雄馬が精神的に不調だったために1号は2球続けてバットに当たらず花形がカバー。 続いて飛雄馬の投げた「スピードの死んだ直球」を長池は激怒の一打。 これは左門の美技に阻まれた。 『新〜』ではの日本シリーズ、上田監督の阪急が広島に勝って日本一になるところを、伴が長嶋邸に向かう車のラジオで聴いていた。 、上田阪急は投手守備が未熟な右腕・飛雄馬をピッチャー返しで狙い、これはスクリュー・スピン・スライディングの応用で破られるものの、「巨人を破って日本一」の悲願を達成。 翌も打者・飛雄馬に本塁打を許すが、阪急を含めた各球団の打者の目も飛雄馬の速球に慣れて、巨人の日本一を阻む。 そこで飛雄馬は「大リーグボール右1号」の必要性を感じる。 末、二軍だった飛雄馬が速球投手としてプロ初勝利を飾った時の相手が東映フライヤーズ。 漫画では東映のユニフォームのチーム名が「FLYARS」となっているが、正しくは「FLYERS」である。 1970年のオールスターで飛雄馬と対戦した張本は東映フライヤーズの選手だったはずだが、胸の文字は筆記体で「Flyers」か「Fighters」かわかりにくい。 『新〜』の伴と長嶋の会話で張本移籍話が出たとき、原作ではすでに巨人のユニフォームを着た張本が描かれたが、アニメでは「Fighters」の文字と日ハム時代の張本のイラストが出た。 、巨人に入団したての長嶋が「国鉄スワローズ」の金田と対戦し、連続三振。 これは飛雄馬のクラスでも話題になっており、のちに1969年、飛雄馬と伴が参加した金田の引退記者会見でも、金田と長嶋が話題にしていた。 1967年、巨人OBのが「産経の新監督」として紹介され、1969年、飛雄馬が一度自滅した大リーグボール1号を復活させた時、対戦相手がアトムズ二軍。 1969年、星飛雄馬の消える魔球の投球フォームを初めて観た長嶋と王が、足の上げ方を「アトムズの別所監督の現役時代」と比較していた。 1977年、『新巨人の星』の花形満の入団当時はヤクルトスワローズになっている。 1968年、飛雄馬と伴が放送席で観戦したオールスターで花形は「近鉄の超速球・投手」と対戦してレフトフライに倒れ、次の1969年、飛雄馬が出場辞退したオールスターで、花形は「近鉄のエース鈴木」からヒットを放って、雪辱を果たしている。 1970年、飛雄馬は近鉄とのオープン戦でと投げ合い、左門の方法で大リーグボール2号に挑戦したを三振に打ち取っている。 また、報道陣のリクエストに応え、試合後に太田と握手もしている。 1970年、飛雄馬にとって「屈辱の"夢の球宴"」となったオールスターでは太田幸司と王貞治の対戦が描かれたが、結果は不明。 1969年〜1971年のも作中で利用され、左門が映画館内で痴漢に間違われる描写(実際は京子による示談金目当てのでっち上げ)があり「黒い霧の次はピンクの霧か」という描写がある(この出会いがきっかけとなり左門と京子は結婚する)• 中日に移籍した伴は南海とのオープン戦に代打で出場し、、のバッテリーに三振に打ち取られている。 その試合で、後にホームラン王を2度獲得するが一塁を守っている。 同じく1970年、飛雄馬が2度のオールスターで対戦した当時の野村克也は南海の選手兼監督(プレイングマネージャー)だった。 この試合で野村の後に飛雄馬と対戦したはロッテオリオンズ所属。 星一徹は我が子飛雄馬との戦いについて記者団に質問された際「西鉄の中西(太)監督に止めを刺し、休養に追い込んだのは、義理とはいえ父の近鉄・三原(脩)監督」と、同様の例に引いている。 『新〜』で1975年が舞台の「泥濘の章」では一徹が花形満に「を監督に迎えたがった酔狂な球団もある時世」と言っており、これは『新〜』連載開始当時の1976年に太平洋クラブライオンズがドローチャーに監督就任を要請した件と推測される。 の正月、ハワイの人が星飛雄馬を「あの日本人はミスター・かしら」と言ったのを聞いて、伴宙太は「星、お前はクラウンライターライオンズの指名を断った江川と間違えられているぞ」と叫んだ。 原作では飛雄馬が青雲の面接を受け伴宙太と逢った場面(初期講談社コミックスKC2巻、文庫1巻)で、伴宙太の「なぜだまっとる、お前はおし(唖)か」の「おしか」が省かれ、飛雄馬の「だからおしになった」が「だからだまっていた」になっている。 また飛雄馬が長屋で伴に「自分を投げろ」と言った場面では「かたわになってもかまわん」が「大けがをしてもかまわん」になっている。 大リーグボールがオズマに打たれた後のオールスター(KC14巻、文庫8巻)で客からの左門への罵声の「百姓」が省かれ、「熊本に帰ってこえたごかついでろ」が「派手にプレーしてみろ」に、伴移籍の後のキャンプで長嶋が言った飛雄馬への助言(KC16巻、文庫10巻)で「めくら蛇におじず」が使われていたが、このが省かれ、セリフも大幅に書き換えられた。 アニメでのセリフの変更は、アニメ版の項目参照。 生活、娯楽面の描写 [ ] 末、花形の打撃練習を見た記者団の1人が「下手な記事など無用ノ介! 」と言っている。 この『無用ノ介』は当時、が『』に連載していた時代漫画のタイトル。 の初め、飛雄馬が橘ルミ、続いて日高美奈と出逢った辺りで、一徹と飛雄馬が当時を形容した「」という言葉を使っている。 飛雄馬が参加したボウリング大会の司会が大橋巨泉。 同年、飛雄馬が大リーグボール1号で中日のオズマと対決した場面で、観客が「男なら投げてみな、大リーグボール! 」と叫んだ。 1969年のに、飛雄馬は自身の挑戦精神を重ね合わせている。 1969年末〜初頭の伴トレードの時期には、登場人物の台詞で「アッと驚くタメゴロー」が出た。 1970年、消える魔球を打たれて勝手に帰宅した飛雄馬がテレビをつけ、野球中継からチャンネルを変えるとが「圭子の夢は夜開く」を歌っていた。 同年、大リーグボール3号を開発した飛雄馬が文字通り巨人のスターとなっていた当時、『』で当時の有名人と対談(司会者は、共演者は藤圭子と)、作中のマスコミ関係者がやと飛雄馬の対談を希望する場面もある。 吉沢京子は当時、梶原一騎原作の『』に出演中だった。 連載初期にはは相当な高級品として描かれていた。 星家の家計の逼迫さが誇張して描かれていたためもあるが、花形や伴ら富裕層の自宅にも複数台のテレビがあった描写はない。 星家のテレビ購入により一挙に親密になった長屋の住人達は、それ以降も星家を訪れ、ブラウン管を通して飛雄馬を応援した。 夏には明子がスイカをふるまったりするなど、星家はいつの間にかコミュニティの核となっていった。 が登場するのは『新〜』の時代からで、花形が大リーグボール1号を本塁打した際、ビデオのスロー再生を行うに際して「分解写真」という言葉が使われている。 原作では左門も花形も飛雄馬攻略にを駆使することはついになかった。 アニメの花形は親の会社の研究班に頼んで、飛雄馬の大リーグボール3号の投球フォームを分析させ、同じ魔球を投げるピッチングマシンを作らせている。 花形はさらに、アニメ『新・巨人の星』でヤクルトに入団した直後、コンピュータを使っていた。 後の野球漫画で必ずといって良いほど登場するも当時実用に耐えるものはなく、飛雄馬の球速が具体的に示されることはなかった。 作品でボールの速度が数字で示されたのは、一徹が花形のノックアウト打法について飛雄馬に説明した際、テニスと野球の球速を比較した場面くらいだった。 劇中で星飛雄馬の投球する姿を映した動画が出てくるが、大きなフィルムを使い、旧式の映写機(家庭用の8ミリフィルムタイプと推測される)で暗い部屋で見るタイプだった。 アニメ『新・巨人の星』で左門は「右投手飛雄馬」の攻略のために8ミリフィルムを使用したが、その再生の際、通常の映写方向だけでなく、反対側にも画像が出てしまっていた。 このとき、劇中画面では左で投げる「右投手飛雄馬」の様子が出ていた。 牧場の担当編集者が病院(診療所)で飛雄馬の「破滅」の秘密を録音したテープレコーダーも古い大型のだった。 ストーリー展開上の演出のためもあるが、1969年末または1970年初頭のの自宅ではが使われていた。 星一家が住んでいた長屋(東京・)の家には固定電話もなく、周囲の店の電話を経由するなど、不便な様子だった。 一徹が球場に電話して飛雄馬にアドバイスしようとしたときも、電話のあるらしいラーメン屋まで走るが間に合わず、飛雄馬は左門に本塁打を打たれてしまう。 9連勝の際、新聞記者が見出しにすると口にした「輝き渡る巨人の星」に感動した飛雄馬がその喜びを伝えようと、遠征先から寿司を注文してついでに折り返し電話するように伝えて欲しいと依頼する。 近所の公衆電話(タバコ屋らしい)から折り返すが、かなりの長話となり、十円玉が何枚必要だったかは不明。 飛雄馬と明子はマンションに引っ越して初めて「自宅に電話のある生活」を経験する。 原作で飛雄馬のマンションの部屋に電話がかかってきたのは川上監督からと京子から。 ただし、星一家の過ごした長屋が作中で取り壊されたとき(「青春のぬけがら」KC18巻、文庫11巻)、その工事現場のすぐそばに電話ボックスがあった。 旧作の頃(1968年)台湾キャンプで四苦八苦していた飛雄馬も『新』の末頃(初頭)には自費でへ自主トレに出かけるくらいになっていたほど、この10年間では日本人にとって身近なものになっていた。 年表 [ ] その他作中で言及のあった史実の出来事と作品の中の時代の流れ (飛雄馬誕生前の回想場面などは省く。 国鉄スワローズの金田正一が長嶋を4打席連続三振に打ち取る。 (作中の話の流れ)飛雄馬が長嶋に魔送球を投げつける。 飛雄馬が王貞治(当時早実高)、花形満と対決。 [水原] (作品で描かれた史実)王貞治25打席(または26打席)ノーヒット。 [川上] (作品で描かれた史実)荒川コーチの指導で王貞治の一本足打法完成。 38本塁打でホームラン王。 [川上] (流れ)左腕・星飛雄馬G入団(- )。 打撃テストで堀内から三塁打。 [川上] (史実)9月18日、巨人・阪神戦で大乱闘。 王が触身球(死球)を受けて倒れ、長嶋が本塁打。 (流れ)長嶋本塁打の後、花形が大リーグボール1号を予告本塁打。 飛雄馬が日本シリーズの対阪急戦で1号改良型を使用。 (史実)、やの流行。 [川上] (史実)決勝戦で松山商業と三沢高校が延長18回引き分け再試合の名勝負、逝去、巨人OBのが中日監督に就任、(1971年まで)、金田正一現役引退。 (流れ)飛雄馬がオーロラ三人娘と逢い、次いで日高美奈と出逢うが、日高美奈は病死。 一徹が中日コーチに就任。 金田引退記者会見で飛雄馬と伴が受付担当し、終了後、2人で金田を見送る。 飛雄馬たちが未来の世界に行き、と野球で対決する(『』)。 - (史実) [川上] (史実)巨人軍日本シリーズを6連覇(最終的にまで9連覇)。 (流れ)オズマ帰国。 伴が中日に移籍。 花形が2号を本塁打。 飛雄馬、大リーグボール3号を開発。 オズマがでの負傷がもとで死亡(アニメ版『巨人の星』)。 飛雄馬は一徹・伴コンビの中日相手に完全試合達成。 ただし最後のライトゴロの判定は微妙。 後に失踪。 番場蛮G入団(- )。 [川上] (流れ)年初、左門と京子の結婚式(『巨人の星』最終回、「エピローグ」)。 [川上] (史実)川上巨人V9。 (流れ)飛雄馬、宮崎の日向三高野球部を臨時コーチ。 番場蛮の活躍で川上巨人V9達成。 番場は胴上げ投手になる(アニメ版『侍ジャイアンツ』では最終回までの設定)。 [川上] (史実)長嶋茂雄現役を引退。 巨人V10ならず中日セ・リーグ優勝で川上監督勇退。 ニューヨーク・メッツ来日。 (流れ)番場蛮が試合後に急死(原作『侍ジャイアンツ』最終回)。 [長嶋] (史実)長嶋監督のもとで巨人軍最下位。 阪神の田淵が王貞治に代わって本塁打王となる。 の「赤ヘル旋風」。 (流れ)『新〜』第1話で飛雄馬が入った料理店のテレビで中継された試合は、原作では巨人・阪神戦だったがアニメでは巨人・広島戦で、、、が活躍。 飛雄馬は草野球代打、次に「野球人間ドック」でG復帰を目指す。 ビッグビルサンダー招聘。 同時期、伴宙太、左門より「左門メモ」入手。 カープがセV、阪急日本一。 長嶋の「来期、パ・リーグから左の大物打者を獲得予定」の言葉から伴宙太が「巨人、張本獲得」の計画を察知(アニメでは長嶋本人が「張本勲」の名前を告げた)。 [長嶋] (史実)がから巨人に移籍。 (流れ)張本がGに移籍と同時に飛雄馬がテスト生として巨人の練習と紅白戦に参加。 飛雄馬、右腕投手としてG復帰(- )。 掛布雅之がスクリュー・スピン・スライディングを敗る。 GセV、日本一は阪急。 飛雄馬は敢闘賞。 [長嶋] (史実)9月3日、王貞治756号ホームランを達成。 巨人軍セ・リーグ優勝、日本一は阪急。 がのドラフト指名を拒否して渡米。 (流れ)花形、ヤクルトに入団して球界復帰。 (史実)後半の独居老人の孤独死の増加。 [長嶋] (史実)がコーチとして巨人に戻る。 広岡ヤクルト優勝。 (流れ)年初、一徹と伴の協力で飛雄馬がハワイで特訓。 現地の人から江川卓と間違えられ、に目撃される。 この特訓で大リーグボール右1号・「蜃気楼の魔球」完成。 まず、ヤクルトの花形が蜃気楼を打ち、残りの他球団相手に飛雄馬が勝ち続けたことで漁夫の利を得たヤクルトがペナントレース(勝率争い)で浮上。 左門も蜃気楼を強打。 (流れ)アニメ『新・巨人の星II』終盤では花形が蜃気楼ボールの打倒直後に倒れ引退。 飛雄馬の活躍が続き、史実に反して巨人Vが実現。 星一徹没。 明子が花形の子を出産。 アメリカに向かう飛雄馬に江川が挨拶。 [長嶋] (史実)江川卓、巨人軍入団 (流れ)江川の投球練習に水木炎が乱入。 飛雄馬が現役を引退しG二軍コーチに。 水木炎G入団テスト合格。 [長嶋・第2期] (流れ)現役に復帰(? )した飛雄馬がと対決(ラジオドラマ「巨人の星'95」)。 主な登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 『新巨人の星』の登場人物を含め、本作に登場する主な登場人物を挙げる。 なお、に輸出放映されたアニメ版" Tommy, la stella dei Giants"シリーズにおける登場人物名は、現地の視聴者の理解のため星飛雄馬がトミー・ヤング、一徹はアーサー、花形はアレクサンダー・ミッチェル、左門はサイモン・ホールデン、伴はチャーリー・ベン(『チャーリー・レッド』説もあり)などと置き換えられている。 (ほし ひゅうま) - 本作の主人公。 生来は右利きであるが、父の厳しい躾により左投げ投手となる。 (ほし いってつ) 声 - 飛雄馬の父。 最終的には自身が敵と化し、飛雄馬の前に立ちはだかる。 魔送球の生みの親。 右投げ右打ち。 (ほし あきこ) 声 - 心優しき飛雄馬の姉。 母のいない星家唯一の女性でもあり、飛雄馬にとっては母親に限りなく近い存在。 巨人の投手となった飛雄馬と中日の打撃コーチとなった一徹が対立した際、家を出てガソリンスタンドで働く。 この時花形満と出会い、後に彼と結婚するきっかけとなった。 伴宙太も告白したがフラれている。 (ばん ちゅうた) 声 - 飛雄馬とは青雲高校からの友人。 義に篤く涙もろい。 物語後半では中日に移籍。 一徹と共に飛雄馬の敵となり、後に明子に告白するもフラれる。 『新巨人の星』では、再び飛雄馬の支援者になっている。 阪神に入団。 大リーグボール1号を苦心の末打つ。 リメイクである『新約「巨人の星」花形』では主人公を務める。 後に(星)明子と結婚し、飛雄馬の義理の兄になる。 新巨人の星では飛雄馬の復活を助けるも、本格的に投手として復活した後はかつての熱い思いが甦り、ヤクルトに入団。 再びライバルとなった。 (さもん ほうさく) 声 - 飛雄馬が高校時代に対戦した、熊本出身の巨漢スラッガー。 大洋に入団。 後に飛雄馬に惚れていた女番長・京子が、飛雄馬のために手の腱を切った際に自分も好きだった彼女に尽し、妻とする。 声 - 元アメリカ大リーグ・選手。 一徹のいる中日に契約選手として入団。 その際一徹に飛雄馬が子供の頃巻いていた大リーグボール養成ギプスをオズマ用にしたものを巻かされ、ヘロヘロになりながら、「イエッサーボス」といいながら振りまくり、花形が破りながらも自身をも滅ぼしかけた大リーグボール1号を完全攻略したが大リーグボール2号に敗れる。 帰国後はベトナム戦争に出征し、そこで受けた傷がもとで非業の死をとげる。 (はやみ じょうじ) 声 - 元候補生の巨人軍選手。 巨人入団テスト最終選考でのスパイクの紐作戦にて自慢の足を見せるも、夢中になった飛雄馬の魔送球の前に敗れるが、伴とともに補欠入団となった。 (まきば はるひこ) 声 - 、、 常にスケッチブックを持ち歩いている漫画家志望の青雲高校生。 後に漫画家となる。 飛雄馬が退学になった伴大造襲撃事件では、暗器(武器)を使って襲撃。 伴宙太は初め飛雄馬を疑い、闇鍋を行う。 牧場の悲しい身の上を知った飛雄馬は身代わりになるが、牧場は宙太に事実を告げる。 また、二軍登板の際に飛雄馬のスコアをつけ、左門が飛雄馬の球質の軽さを見抜くきっかけにもなっている。 (ひだか みな) 声 - の山奥の沖で働く。 飛雄馬の恋の相手。 癌で若くして亡くなる。 (きょうこ) 声 - 、新・新II:(現・小山茉美) 繁華街で名の知れた「竜巻グループ」の女番長。 通称お京さん。 後に左門の妻。 飛雄馬に大リーグボール3号のヒントを与える。 オーロラ3人娘 飛雄馬が一時期付き合うことになったタレント・橘ルミが所属する女性3人組のアイドルグループ。 大リーグボール [ ] 主人公星飛雄馬の駆使する一連の。 詳細はを参照。 ここでは簡略化した記述にとどめる。 大リーグボール1号 を狙う魔球。 巨人に入団した飛雄馬が「自分の球質が軽い」というプロとしては致命的な欠点を克服するため、漁師や禅僧の言葉をヒントに伴と特訓を積み重ねて完成させた。 当時大リーグの専売特許だった変化球の新発明を、日本人が最初にやったという意味で大リーグボール1号と名づけられた。 ボクシングや剣道を体験して磨いた洞察力でバッターの動きを予測し、バットにボールを命中させ凡打に打ち取り、ランナーがいれば併殺を狙う。 投球ごとに集中を要するため、疲労の激しいのが弱点。 大リーグボール1号進化形 作中では「大リーグボール1号の最も進化した姿」などと呼称された。 これは釣船の上で釣竿につるした五十円玉を狙って投球する特訓により、コントロールに更に磨きをかけたものである。 打者のエンドグリップ(五十円玉に大きさに近い)を狙う。 大リーグボール2号 消える魔球。 原理は要約すれば「グラウンドの土ぼこりをまとったボールが自身が巻き上げる土煙の中に保護色によって消える」というものである。 反則投球ではないのかという指摘は、作中では慎重に退けられている。 飛雄馬が自宅マンションの屋上で美奈という少女の鞠(まり)つきを見たのがヒントとなっている。 弱点は土煙を利用するために風や水に弱く、強風や雨天での試合では使えないことである。 大リーグボール3号 バットをよける魔球。 人差し指一本でボールを押し出すような、独特のアンダースローから投じられる超スローボール。 ホームベース上で推進力がほとんどゼロとなり、プロ選手のスイングの起こす風圧によってボールが浮き沈みして正確なミートが出来ないという原理。 張本勲いわく「大リーグボール1号の逆」。 弱点として、ボールを浮沈させるほどの強振をしないローパワーヒッターには弱い、という点がある。 そのために、ほかをノーヒットにおさえながら投手に安打を許すようなケースが多かった。 完成までに特訓を積み重ねたものの、ライバル達に次々と攻略された1号・2号と比較して、短期間で完成した3号は左腕の崩壊という犠牲を払った。 3号は、中日に移籍した星一徹の策で攻略されているが、体力自慢の伴ですら疲労困憊して一塁走塁がやっとという有様で、実質的には相打ちに 一徹は敗北を認めている 終わった。 アニメ『新・〜II』の最終回では亡くなる運命にあった一徹への手向けに、本来左の大リーグボール1号から3号を一球ずつ右で投げており、精神的疲労の著しい大リーグボールを次々と繰り出して(一球だけなら腕に負担のかかる3号も投げられる模様)飛雄馬の成長を表していた。 大リーグボール右1号 『新巨人の星』で左の代打専門として巨人に復帰し、後に右投手に転向した飛雄馬が開発した「蜃気楼の魔球」。 バッターとキャッチャー、それに主審にのみ、ボールが3つに分身して見え、観客や他の野手たちからは平凡なストレートに見える。 一徹が伴に説明した言い方では「消える魔球とは逆の変化」だが、作中でその原理は明かされなかった。 本物のボールには影がある、という点を見抜かれ花形や左門に攻略される。 キャッチャーもやはり影を見て捕球するため、晴れた日のデーゲームでしか使えないという弱点がある。 また投球ごとに大変な疲労を伴うらしく、3球続けて投げると続投が難しくなるほどだった。 『新・巨人の星II』では、原作とは原理が根本的に異なる魔球「蜃気楼ボール」として登場。 サイドスローで投げられたボールは、いくつもの分身をランダムに作り出し、捕球直前で元に戻る。 原作のような目立った弱点は無く、飛雄馬は勝利を重ねていった。 この魔球の弱点は「風に弱い」こと。 小さな竜巻を受けると、残像が消えてしまう。 大リーグボール養成ギプス 大リーグボール養成のために作られた、全身エキスパンダー。 花形はこれを最初に見て「理想的な訓練法だ」と言ったが、彼自身は一徹・オズマコンビより先に「大リーグボール打倒ギプス」を採用せず、鉄球と鉄バットの訓練を選んでいる。 「打倒ギプス」で特訓したオズマは普通の球でも本塁打できるようになるが、「鉄球鉄バット特訓」を選んだ花形は一時的に1号以外打てなくなった。 河崎実と重いコンダラ友の会著『「巨人の星」の謎』と著『』では、バネが身体の一部を挟む危険性を指摘している。 アニメ『新・〜II』では花形もギプスを採用。 星一徹が蜃気楼ボール打倒の為にギプスを作成し、鬼のコーチとして花形を特訓する。 より、ゲームプライズとして商品化されている(ただし、あくまでコスプレ用品であり、実用性は皆無)。 魔送球 肩を戦争で壊したが開発。 三塁から一塁送球の際に、ランナーをかすめて行く。 これを見たは、の話に例えて「ビンボール」と言い、一徹が退団するきっかけとなった。 飛雄馬も会得しており、使用したのは入団の際と自身の入団テスト時のみ。 また、この魔送球が大リーグボール2号の元になった。 『ちかいの魔球』との類似点 [ ] 文筆家で漫画家でもあるは、自著『』()の中で本作と『』(原作、作画)との類似点を指摘している。 『ちかいの魔球』の主人公が最初に投げた魔球は、ボールの後ろの空気の渦でボールが一瞬引き戻され、バッターの間合いを崩してしまうというもの。 次いで生まれた魔球は、ボールの残像により、ボールが4つに分身して見えるというもの。 3つめの魔球は、主人公が足を高く上げて投球すると、なぜかバッターの前でボールが消えてしまうというもの。 大リーグボール1〜3号の内容によく似ている。 『ちかいの魔球』作中では変化のメカニズムの説明はなく、夏目は、大リーグボール2号は『ちかいの魔球』の消える魔球を理論的に説明したもの、と評している。 こういった魔球の内容に加え、主人公がジャイアンツ所属の左投げ投手である点、主人公が魔球の開発にばかり執心な点、クライマックスで完全試合達成のために魔球を投げすぎて倒れる点、ライバルのバッターがタイガース所属で長髪が特徴な点など、両作品の内容が非常に似通っていることを指摘。 『ちかいの魔球』( - )と『巨人の星』(スタート)の両方をリアルタイムで読んでいたことを踏まえ、「はっきりいって『巨人の星』は『ちかいの魔球』のいただきです」と述べている。 当時の夏目は『巨人の星』が『ちかいの魔球』の「いただき」(パクリ)であることに気づいていたため、『巨人の星』に対し良い感情を持っていなかったという。 その一方で夏目は、『ちかいの魔球』にない「梶原一騎的」な部分こそが『巨人の星』の名作たる所以と本作の価値も認めている。 なお、『週刊少年マガジン』の元編集長であるは自著『』の中で自分が『ちかいの魔球』と『巨人の星』の企画者で、漫画家・原作者のプロデュースも行ったと書いており、両作に共通点があるのは担当者が同一だからとも考えられる。 特訓 [ ] 梶原一騎原作のスポ根漫画の特色として、 特訓が挙げられる。 とりわけ、『』と並んでスポ根漫画の代名詞的作品である本作は、作中に特訓という要素を組み入れる手法によって連続する対決のマンネリ化を打破し、長期に渡るストーリー展開でも持続性と緊張感を維持した。 これによって、主人公(飛雄馬)とライバル(花形・左門)との連続する対決も、互いに特訓を繰り返すことで切磋琢磨し、緊張感の維持を可能にした。 また、「次の展開」の場面で新たな強敵(オズマ)を登場させることによって、対決のステージをさらにレベルアップさせることも可能とした。 が指摘しているように、普通の練習が目標に向かってレベルを上げるのと違い、本作に限らずスポーツ漫画の特訓は最初から本番以上の負荷をかけ、しかもスポーツジムや球場などだけでなく冬山や原生林、海、工場などが舞台になることが多い。 星飛雄馬が最初に雪山にこもったのは長嶋茂雄の前例に倣ったものらしい。 3号は原作ではグラウンドでの投球だけだが、アニメでは一時、無断で失踪して竹やぶで投球練習している。 花形は1号打倒が自動車部品工場での特訓で、消える魔球に対する特訓は雪山だった。 蜃気楼の魔球を打つためにグラウンドで3つの球のうち、黒く塗ったものを叩く特訓をしたが、これはマスコミに非公開だった。 左門が飛雄馬の速球を打つためにやった「グラウンドで投手の位置を前にずらして打撃練習」は花形にもヒントを与えた。 その後、消える魔球を打つ練習は冬の九十九里浜で行った。 アニメでは3号打倒のため、弟・妹の協力で花形の鉄球・鉄バット特訓に近い訓練をしている。 オズマが1号を打つための「ギプス装着3連打」と、伴が2号を打つための「サッカーボール打ち」は普通のグラウンド。 星飛雄馬が1号を改良するためにやった特訓のうち、「川面に浮かぶ舟の上」、「霧の中」、「釣り糸につるして揺らした硬貨の的」は単に「悪条件」に入るもので、飛雄馬と伴はこの「悪条件」だけのために門限破りをし、日本シリーズ前半から外された。 特訓の目的は「グリップヘッドを狙う」ためで、「的が小さいから制球力を磨く」のが目標である。 飛雄馬はこれを事前に球団首脳に説明せず、特訓もグラウンドでしなかった。 特訓の「負荷」と「場所」の特殊さのために、星飛雄馬は勝手に行方不明となり、花形もスランプになって一度はメンバーから外れている。 勝手な挫折から特訓まで、左腕時代の星飛雄馬は思慮の足りなさと勝手な判断による規則違反、勝手な失踪がついてまわる男だった。 飛雄馬が「破滅と引き換えの一瞬の栄光」にこだわる余り、プロ入り3年で10歳代の内に引退し短命投手として終わっている。 だがそれも右腕投手として復帰したときは少し是正されていた。 イメージソング [ ] アニメ化される1年前の、からLPレコード「少年マガジン マンガ大行進」が発売、当時「少年マガジン」に連載されている漫画のイメージソングを集めたレコード で、本作もアニメ主題歌とは異なる、次の楽曲が収録された。 巨人の星• アニメ [ ] 『巨人の星』、『新・巨人の星』、『新・巨人の星II』としてTVアニメ化され、毎週土曜日の19時から19時30分までの30分番組として系列で全国放送された。 詳細は「」を参照 2012年12月から、インドの放送チャンネル「カラーズ」で、本作をベースにしたアニメ『』 が放映された。 インドで作られることになったのは、急速に経済成長を遂げ、原典及びアニメが作られた日本のに近しい国内情勢となっており、本作のような「スポ根もの」が当たる可能性を見出したため、とされる。 また、現地に進出している日本車や日本の家電メーカーの看板が劇中に登場するなど、日本製品のPRとしての側面もあり、やなどインドに進出している企業のスポンサーだけでなく、も支援を行っている。 リメイク版は当初からインドで放送することを念頭に置いたため• 登場人物は基本的にインド人(主人公の名前は「スーラジ」で「太陽」)• 舞台は経済成長で建設ラッシュが続く。 インドでは馴染みのない野球から、国民的な球技であるに変更。 など現地に合わせて設定を変更しているが、「元選手の父から、主人公が猛特訓を受ける」というストーリーラインや「裕福で才能のある美男子のライバル」「魔球」「養成ギプス」「ちゃぶ台 返し」などの特徴的な要素が再現されている。 インドでの放送に先駆けて、2012年11月26日、日本のバラエティ番組『』で、本作の一部映像が放送された。 ラジオドラマ『巨人の星'95』 [ ] の特別番組「あざやかにスポーツシーン」内でが放送された。 いまだ現役の飛雄馬がオールスターでと対戦する内容。 、らが声優を務めた。 「こひゅうま」と一徹が呼ぶ、飛雄馬の子供が登場するが、花形や左門は登場しない。 パチンコ [ ]• CR巨人の星(2002年、)• CR巨人の星2(2005年、高尾)• CRびっくりぱちんこ巨人の星(2011年、)• CR巨人の星〜情熱の炎〜(2016年、)• 元々はとのタイアップとして企画されたものであり、当初は演出の一部で清原との実写映像を使用する予定であったが、清原が逮捕されたことで急遽仕様変更が行われた。 CR巨人の星〜栄光の軌跡〜 2018年、 パチスロ [ ]• (2003年、)• 巨人の星II(2004年、アリストクラートテクノロジーズ)• 巨人の星III(2005年、アリストクラートテクノロジーズ)• 巨人の星IV 青春群像編(2008年、アリストクラートテクノロジーズ)• 頑固一徹(2011年、アリストクラートテクノロジーズ)• 巨人の星V 汗と涙と根性編(2011年、アリストクラートテクノロジーズ)• 巨人の星 猛虎花形(2013年、)• パチスロ巨人の星 情熱編(2018年、サンセイアールアンドディ) モバイル [ ]• 巨人の星 栄光の左腕(2003年、 )• 巨人の星(2011年、 ) パチンコ・パチスロシミュレーターアプリの配信も携帯電話端末向けにはされている。 プロモーションキャラクターとしての活用 [ ] 株式会社が運営するのプロモーションキャラクター(2010年)として、を宣伝大使とした「巨人の星」の登場キャラクターを使用している。 また、プロモーション用の特設サイトを用意、巨人の星の原画をもとに、、、、、等、各登場キャラクターが困ったときに、一徹が「で検索じゃ! 」とiタウンページで検索することを強烈に勧めるオリジナルコミックをパソコンおよび携帯電話上で展開している(全50話)。 また期間限定で同じく原画をもとにしたオリジナルテレビCMも全国で放映している。 備考 [ ]• 『』()で元日本代表の・選手であるがゲスト講師で登場し、小学校時代の夢はプロ野球選手であり、きっかけは「『巨人の星』の星飛雄馬に憧れて野球選手になろうと思った」と語っている。 また、劇中で星一徹が「野球で上手くなりたかったら走りなさい」と言った事から「野球選手になるには走るんだ」と思い、小学校まで1. 5kmあった道のりを往復3キロほぼ毎日走っていた事や中学校でも野球部に入って学校まで5キロの道のりを往復10キロ毎日走り、ある日、陸上部の顧問に頼まれて陸上大会に出場したところ、県の新記録を出して県大会2冠となり、野球より陸上の方が向いていると思い、陸上に転向したエピソードを披露している。 著「一徹おやじ」(『』に収録)では『巨人の星』をパロディにした内容となっており、一人娘である望美 のぞみ を主人公 語り手 に父の待望の男の子 望美の弟 が誕生し、名前を「勇馬 ゆうま 」(がモデル)と名付け、息子をプロ野球選手にするのが夢である父は勇馬のために「プロ野球選手養成ギプス」を作り、試着した父が自身の身体を痛める挿話が描かれている。 高校に進学した勇馬が入部した野球部に同輩としてバッテリーを組む事になる「番野」(がモデル)が登場する。 『王選手とちゃぶ台返し』あまりエピソードとしては語られないが、星飛雄馬に野球の神髄を教えたのは、父一徹ではなく、早実校時代の王選手だった。 「ちゃぶ台返し」という熟語の発祥(実はちゃぶ台返しそのものは作品には登場しない。 それを彷彿させるワンシーンはあるが前後のシーンからいわゆるちゃぶ台返しではないとわかる)となったこの作品で、真に評価されるべくエピソードは、この王選手と飛雄馬少年の出会いである。 また飛雄馬の巨人入団直後にも、王選手が失意の飛雄馬に聞こえるように、さりげなく長嶋と自分の入団当時の思い出を語ることで、飛雄馬に教訓を与えている。 エピソード [ ]• のヒット商品である「」には、本作の人気にあやかって「消える魔球」機能が搭載された。 ホームベース手前で羽目板が沈んでボールがボード下に潜り込む仕組みで、その後も「SFF」などに名を変えて同シリーズに使われ続けた。 が本作のテレビ作品化に動いたことがある。 当時東映が所有していた、(所属。 現:北海道日本ハムファイターズ)に因んでタイトルを 「東映フライヤーズの星」に変え、東映の資本下にあった(現:テレビ朝日)での放映を構想していたが、先にに放映権を獲得されたために叶わなかった。 脚注 [ ] []• 「第13章 "天井に輝く星"を目指した道程」『「奇」の発想』三五館、1998年6月1日、111頁。 『新〜』文庫あとがきより• この中には、現在アニメ『』の主題歌『』として使われる、『墓場の鬼太郎』が存在した。 インド版:(英語)• 2012年1月 なお、この記事が掲載された当時は作品名が正式決定しておらず、仮題で『ライジング・スター』となっている。 2012年12月• インド版「巨人の星」の裏に意外な人脈図:日本経済新聞• インドではちゃぶ台を使う文化がないためテーブル的な家具• 2012年1月 (2012年1月9日時点の)• - goo tv関東版,2017年3月13日放送分• 『日本 ジャパニーズ ヒーローは世界を制す』、1995年、92頁。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2010年8月)• 梶原一騎 『小説 巨人の星』1 - 5(講談社、1968)• 「劇画『巨人の星』を読む(第2部・第3部補遺)」 『社会学的世界 増補改訂版』 (恒星社厚生閣、2001)• と重いコンダラ友の会『「巨人の星」の謎』(宝島社、1993)• 『「巨人の星」から「ルパン三世」まで"アフター・ストーリー"全掲載!! ただし、この本は誤植が非常に多い。 著『水原勇気1勝3敗12S』 講談社文庫。 1992年に情報センター出版局より刊行された『水原勇気0勝3敗11S』を改題して刊行したもの。 『巨人の星』のデータを検証している。 著『「巨人の星」に必要なことはすべて人生から学んだ。 逆だ』(講談社文庫)• 著『空想科学読本2』、『空想科学漫画読本1〜4』 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 講談社コミックプラス• - 講談社コミックプラス.

次の

巨人の星とは (キョジンノホシとは) [単語記事]

巨人の星

本稿では、以下の作品群について述べる。 巨人の星(きょじんのほし)• 新・巨人の星(しん・きょじんのほし)• 新・巨人の星II(しん・きょじんのほしツー)• 巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満(きょじんのほし とくべつへん もうこ はながたみつる)• 巨人の星【特別篇】 父 一徹(きょじんのほし とくべつへん ちち いってつ) 目次• 概要 [ ] 『巨人の星』、『新巨人の星』をとして制作された一連のアニメシリーズ。 『巨人の星』、『新・巨人の星』、『新・巨人の星II』いずれも毎週土曜日の19時00分から19時30分までの30分のテレビアニメ番組として、制作、系列で全国放送された。 アニメーション制作は。 第1作目の『巨人の星』のみがの単独提供番組で、がを務めていた。 当時よみうりテレビのプロデューサーであった佐野寿七によると、『巨人の星』の放送開始に当たって、まずにアニメ化の話が持ち込まれたが、交渉は不調に終わった。 続いて日本テレビ、 と続けて企画を持ち込んだものの、いずれも話がまとまらずアニメ化は暗礁に乗り上げる。 そして最後に回ってきたのがよみうりテレビであり、ここでようやくアニメ化が実現する。 『巨人の星』はにDVD化されたほか、『新・巨人の星』はに初のソフト化が実現、DVD-BOXが発売された。 その後、、両作品のBlu-Ray Boxがから期間限定商品として発売された。 2002年10月には花形満の視点でテレビアニメ『巨人の星』全182話を再構成した『巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満』がで放送され、2007年4月から(現・日テレプラス)で、星一徹の視点でテレビアニメ『巨人の星』シリーズを再構成した『巨人の星【特別篇】 父 一徹』が放送された。 放映開始前にはモノクロのパイロットフィルム『人気マンガの傾向について 巨人の星』が制作されている。 内容は1967年当時の漫画の人気傾向のデータ、原作漫画の原画を使用したあらすじ紹介、飛雄馬の投球を描いたアニメーションで構成されていた。 このパイロットフィルムは発売の『巨人の星 Special Blu-ray BOX 1』に初収録された。 作品解説 [ ] アニメ版は原作の構図や表現方法をほぼ忠実に再現しているが、アニメ版独自のストーリーやダイナミックな表現方法もふんだんに盛り込まれた。 特に大リーグボール3号については、花形が専用のピッチングマシンを作らせ、攻略しようとしたものの、マシンがその力に耐え切れず爆発してしまう描写や、飛雄馬が大リーグボール3号を投げた後にあまりの激痛でうずくまり、医者に見せた所、無理な筋肉の酷使により危険な状態になるという描写など、大リーグボール3号がいかに危険な投法なのかを、原作以上に解説している。 このほか戦争や後楽園球場のシーンでは、実写映像が使われていたことがある。 リテイクの多発 [ ] 作画スタッフの大半が野球の知識がない素人だったため、リテイク(作り直し)が頻発した。 例えば、相手チームがをするシーン、守備側の巨人はとがバント処理に備えてチャージ(前進)するため一塁ベースがガラ空きとなる。 この場合二塁手(当時は)がカバーして一塁で捕球することになるが、出来上がったものを見ると、三塁線に転がった打球を長島が処理して一塁に送球したあと王が何食わぬ顔して一塁で捕球していた、ということがよくあった。 差別用語 [ ] 『巨人の星』の再放送第10話「日本一の日やとい人夫」は、DVDでは「日本一の父 一徹」に改題されている。 これは、「」が工事現場の人に対しての業界差別用語に当たるためである。 また、同話および第11話「青雲のせまき門」の回で、高校の面接中、伴PTA会長の声が消えているシーン、およびその他の回の一徹の回想シーンや『新・巨人の星』と『新・巨人の星 II』などにも、台詞で「日雇い人夫」と言ったシーンを取り除いたため、時々声が消されているシーンがある。 当時社会問題となり、読売テレビ(ytv)と東京ムービー、キョクイチの3社が相談し、発言を消す方針を取った。 その「日雇い人夫」は現在は差別用語とは解釈されないが、再燃させないために現在も消されている。 ビデオ・LDシリーズでも「日雇い人夫」と言っている部分の声が無音となり消されていたが、作品として成り立たなくなった(不自然な表現)などのこともあり、DVDでは「差別用語等使ってはいるが、原作者が差別を助長している意図がない」との断りが全DVDの最初に表示された上で復活している。 での再放送では、上記以外の差別用語・放送禁止用語も全て無音処理されている。 2010年10月からで行われている再放送では、上述の「日雇い人夫」の表現が含まれる第10話の放送冒頭に「作品中に、放送には不適切な差別的表現が含まれます」「一部の修正・削除をのぞき、作品性を尊重しそのまま放送しています」との断り書きを表示した。 その上で「僕の父は日本一の日やとい人夫です」という飛雄馬のセリフはカットされずに放送された。 しかし、他のエピソードでは特に断り書きは表示せずに、一部のセリフが無音処理されている。 一例として、飛雄馬のセリフで「父ちゃんは野球キチガイだ」という部分は伏せ字部分をカットされて(無音にされて)放送された。 再放送 [ ] 特にメインストーリーである『巨人の星』は人気が高く、何度も再放送された。 なお、上記にあるように現在では差別用語や放送禁止用語に当たる言葉の部分については、再放送時には無音処理されている。 による北海道での再放送では決まってスポンサーがであり、飛雄馬役のや製作元に依頼して「牧場をバックに飛雄馬が牛乳を一杯飲む」などの内容の独自のCMを展開していた。 巨人の星 [ ] 一徹と飛雄馬の父子特訓から、ライバル達と出逢い甲子園での激闘、巨人入団後に大リーグボールを開発して更なる激闘、左腕が崩壊し完全試合を達成、父子の闘いの終焉までが描かれているのが本作のメインストーリーである。本作のアニメ化に際してがに「この作品をなんとか世に出してください! 」と頭を下げたという。 原作の最終回は、父・一徹との最後の勝負に勝ち完全試合を達成してから後日、飛雄馬以外の主要な登場人物がみな出席している左門と京子の結婚式を、飛雄馬が一人、教会の窓の外から見届け、何処ともなく去って行く〜そのバックに十字架がかぶるという暗めのラストシーンで終わる。 アニメ版のラストは完全試合を終え傷つき倒れた飛雄馬を一徹が背負って、満場の拍手に送られてグランドを去って行くという感動的なシーンに変わっている。 最後は太陽に向かって飛雄馬がしっかりとした足取りで歩いて行くイメージシーンで物語は幕を閉じる。 さらに最終回ではエンドマークの後に、飛雄馬、明子、一徹、伴、花形、左門が登場、飛雄馬が代表して視聴者に「 3年半に渡りご好評をいただきました『巨人の星』は、今回で終了させていただきます。 長い間ご覧いただきまして、ありがとうございました。 」と挨拶して番組の終了を告げた後 、画面に次作『』のバカボン一家が現れ、飛雄馬がと握手しながら「 バカボン君、僕に代わって来週からよろしく頼みますよ。 」と述べるシーンが存在した。 DVDにも収録されているが、再放送では一部地域を除いて放送されていない(仮に放送してもバカボン一家との共演シーンは抜き)。 作中終盤の改変 [ ] 終盤の展開は、原作と比較してかなり改変された。 制作サイドは「アニメと原作は別物」という認識で取り組んでおり、また原作者の梶原も「アニメは佐野(寿七。 原作では、伴が中日に移籍する時の交換相手は特に描かれていなかったが、アニメでは投手の黒松圭一というオリジナルの登場人物を設定し、黒松を中心とした「伴の替りにきた投手」という話が作られている。 原作では、飛雄馬が左門に葉書を送るまで大リーグボール三号の秘密を知るのは、新聞記者から真相を知らされた牧場のみだったが、アニメでは花形(記者の役割は花形の召使の一人)に変えてあり、牧場の出番は激減した。 さらに、秘密を知った花形が引退を賭けて最後の勝負を挑むオリジナルストーリーが作られた。 また、左門も大リーグボール三号打倒の特訓を開始し、秘密をこの時点では知らなかったが個人的な勝負を挑んでくる話が描かれ、一徹も8ミリ映像を元に大リーグボール三号のフォームを真似るが、投げた所で腕に激痛が走り、その後の診察で飛雄馬の真相を知る話が描かれた。 最後の試合は、花形がスタンドで観戦し明子とも遭遇しており、左門も手紙を見た後に駆けつけ、原作と違って最後はアウトとはっきりと塁審が宣言し、原作のように完全試合が達成されたのかがはっきりしない結末ではなく、達成したことに改変された。 また、原作では伴は一徹から代打に出るように言われた時は弱気な発言をしていたが、アニメでは逆であり、好投する飛雄馬を見て一徹に自分を代打に出せと強く迫る描写があり、断られた後に怒ってバットを破壊し、その時の怪力を見た一徹が逆立ちを命じるに改変された。 他にも試合内容は大幅に追加されており、一徹の執拗なバント攻撃に対して、飛雄馬は外野手を内野の守備に就かせて野手の数を増やすという対抗策に出たり、ラスト1球前に飛雄馬は捕手に大リーグボール三号の弱点を教えたりするなど、原作になかった場面が多数描かれた。 飛雄馬の左門への手紙の内容も「京子と一緒になれ」から、「伴と明子の仲を取り持って欲しい」になった。 最終回の変更 [ ] このアニメ版の最終回では当初、飛雄馬はを達成し、最後の一球を投げたあとマウンド上で死亡する予定であり、一徹が飛雄馬の墓前で土をかけて泣く、というものだった。 そのシナリオも完成し、絵コンテの制作作業も開始されていた。 しかし読売テレビ東京支社の営業の最高責任者だった中野達雄はその悲劇的な結末を知って激怒し、「主人公の飛雄馬が死んでもうて、なんで『巨人の星』なんや!? 」と猛反対した。 プロデューサー以下の制作スタッフがどんなに説得しても、中野は飛雄馬を殺すことを頑として承知しなかった。 結局、最終回のシナリオを一から書き直すことになり、飛雄馬は死なないことになった。 また、のからの強硬な反対もあった。 飛雄馬役の古谷徹も、後の取材で最終回が変更されたことを初めて知った。 このほか、最後の大リーグボール3号を投げた後の判定が、原作では一塁にボールが来るのと伴がベースにタッチするのがほぼ同時で判定が曖昧になっているのに対して、アニメではボールが一塁に来た後に伴がベースにタッチしており完全にワンテンポ伴のベースタッチが遅いため明確にアウトの判定になっている。 視聴率 [ ] 人気漫画のアニメ化とあって、放送開始にあたり「視聴率25パーセント以上」という厳命が下ったという。 1971年4月には裏番組『』に視聴率を追いぬかれ10パーセント台に落ち込むが、最終回では再び20パーセント台を記録した。 以下はビデオリサーチ調べ、関東地区。 初回放送分 - 18. 1パーセント• 第23話 - 21. 4パーセント(初めて20パーセント越え)• 第94話(1970年1月10日放送) - 36. 7パーセント(最高視聴率。 『』と並ぶテレビアニメ歴代5位)• なお、再放送でも、1980年2月19日放送分にて28. 2パーセント(歴代25位)を記録している。 スタッフ [ ]• 原作:(作)、(画)• 作画監督:• 美術デザイン:小山礼司(68話以降)• 撮影監督:• 録音監督:山崎あきら• 音楽:• ナレーター:• 協力:• 資料提供:(91話)• 制作:、• 『巨人の星』のレコードとは1969年6月までに計42万枚のセールスを記録。 「ゆけゆけ飛雄馬」を収録したレコードは数社から発売され 、イントロの違い(テレビ版と同じ効果音・歓声が入っているもの、子どもの掛け声が入っているもの、イントロなしでいきなり前奏が始まるもの)によって3種類あるが、歌と演奏そのものは3種類とも同音源が使われた。 の楽曲「」はこの曲のイントロをそのまま使用する等、効果音を多くサンプリングしている。 「思い込んだら」の歌い出しを「重いコンダラ」と視聴者が勘違いしたことから、現在ではのことを俗称として「コンダラ」と呼ぶことが定着している(を参照)。 次作『天才バカボン』の20話Aパート「運動会はパパにまかせろ」で本曲が使われたことがある。 また先述の新番組予告編でも、バカボンパパのナレーションで「 思い込んだら知らない道を、行くが男のど根性にご勘定に魚釣りなのだ!! 」と、歌詞の一部が流用された。 1988年8月に関西ローカルで放送された特番『・アニメ30年史』にゲスト出演した番組プロデューサーの佐野寿七の証言によると、当初第一候補として用意されたものはもっと現代的なメロディーと歌詞だったが、スポンサーサイドなどの反応が悪く、現行の歌を「こんなののようなイメージの古い歌は採用されないだろう」と思いながら聞かせると圧倒的な支持を得て決まったという。 番組で佐野が口ずさんだ「めざせ巨人の星」のほか、の歌唱による「レッツゴー飛雄馬」なる歌も制作されていた。 1』に収録された。 続編『新・巨人の星』のオープニングではが「行け行け飛雄馬」(曲名が漢字表記に)として歌い、ささき版は『新・巨人の星II』のエンディングでも使用された。 オムニバスCD『超空想ベースボール』では旧・新の両テーマ曲が収録された。 「ゆけゆけ飛雄馬」の収録曲。 ソノシートなどで副主題歌として紹介されていたが、番組での使用は少なく、エンディングでも『ゆけゆけ飛雄馬』が使われた(再放送時にエンディングとして使われたことはある)。 ジ・エコーズはが在籍したコーラスグループ「」の変名で、『』の主題歌なども歌った。 劇中でオーロラ三人娘のヒット曲として使われた。 パチンコ『CR巨人の星2』やバラエティ番組『』(日本テレビ系列)のオープニングテーマとして使われている。 アニメ『巨人の星【特別編】猛虎・花形満』のエンディングにも使われている。 三人娘は花形と直接関係ないので、この『特別編』ではエンディングにしか出て来ない。 4月7日に、、山下玲子、山下真希、橋本市子によって結成されたオーロラ5人娘がカバーしている。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 放送日 1 めざせ栄光の星 1968年 3月30日 2 悪魔のギブス 4月6日 3 王貞治との対決 4月13日 4 死のノック・アウト打法 4月20日 5 幻のスイッチピッチャー 松岡清治 4月27日 6 超人ランナー 伊上勝 5月4日 7 虚栄のボール 5月11日 8 もえろライバル 佐々木守 5月18日 9 真実へのピッチング 松岡清治 5月25日 10 日本一の父 一徹 6月1日 11 青雲のせまき門 斉藤次郎 6月8日 12 鬼の応援団長伴宙太 伊上勝 6月15日 13 根性のうさぎとび 辻真先 6月22日 14 あざだらけのミット 松元力 6月29日 15 嵐のマウンド 松岡清治 7月6日 16 早すぎた登ばん 斉藤次郎 7月13日 17 宿命の対決 7月20日 18 一番恐ろしい敵 松岡清治 7月27日 19 狙われた左腕 辻真先 8月3日 20 のこりかす監督 8月10日 21 テストされる星監督 8月17日 22 拒否された特訓 8月24日 23 スケッチブックの秘密 松岡清治 8月31日 24 謎のへそ作戦 島修司 9月7日 25 汗と涙の背番号1 松岡清治 9月14日 26 栄光への第一戦 9月21日 27 迷いの失投 9月28日 28 根性の延長戦 辻真先 10月5日 29 泥だらけの決勝戦 10月12日 30 山から来た挑戦者 さわきとおる 10月19日 31 飛び込んで来た浪速っ子 松元力 10月26日 32 一本足のホームラン 11月2日 33 甲子園へのVサイン 辻真先 11月9日 34 甲子園大会開幕 松岡清治 11月16日 35 魔球対豪速球 さわきとおる 11月23日 36 悲運の強打者 辻真先 11月30日 37 執念の男・左門 斉藤次郎 12月7日 38 涙のストライク 12月14日 39 雨の中の闘志 12月21日 40 血ぞめの決勝戦 伊上勝 12月28日 41 よみがえれ飛雄馬 1969年 1月4日 42 怒りのやみうち事件 宇佐美寛 1月11日 43 友情のやみなべ 1月18日 44 みがわり退学 吉田喜昭 1月25日 45 失われた目標 さわきとおる 2月1日 46 川上監督へのおくりもの 松岡清治 2月8日 47 押しかけた十一球団 島修司 2月15日 48 父・一徹のスパイク 松岡清治 2月22日 49 燃えあがる入団テスト さわきとおる 3月1日 50 堀内に挑むライバル 山崎晴哉 3月8日 51 二度目の魔送球 松岡清治 3月15日 52 栄光の背番号16 3月22日 53 花形・左門の入団決定 辻真先 3月29日 54 ゆけ,多摩川グラウンド 4月5日 55 王・長嶋への挑戦 松岡清治 4月12日 56 無視された左腕 4月19日 57 王・長嶋涙の教訓 さわきとおる 4月26日 58 消えゆく先輩 松岡清治 5月3日 59 血みどろの千本ノック さわきとおる 5月10日 60 ばか正直の飛雄馬 斉藤次郎 5月17日 61 飛雄馬の初月給 5月24日 62 はじめての勝利 5月31日 63 限りなき前進の誓い 辻真先 6月7日 64 雪玉のひみつ さわきとおる 6月14日 65 盗まれたスコアーブック 松岡清治 6月21日 66 金田投手のアドバイス 6月28日 67 落日の中の胴上げ 7月5日 68 おそるべき予言 辻真先 7月12日 69 つかみとられたホームラン さわきとおる 7月19日 70 左門の予告ホームラン 7月26日 71 かえれ不死鳥 斉藤次郎 8月2日 72 めかくしのバッター 8月9日 73 謎の特訓 辻真先 8月16日 74 一徹の見た幻 松岡清治 8月23日 75 大リーグボール誕生 8月30日 76 宿敵・花形との対決 さわきとおる 9月6日 77 花形・捨身の挑戦 9月13日 78 鬼のグランドキーパー 松岡清治 9月20日 79 オールスターのできごと 辻真先 9月27日 80 魔の鉄バット 10月4日 81 破竹の九連勝 島修司 10月11日 82 巨人・阪神の死闘 さわきとおる 10月18日 83 傷だらけのホームイン 10月25日 84 左門の築いた城 松岡清治 11月1日 85 根性の門限やぶり 斉藤次郎 11月8日 86 秘密兵器との対決 山崎晴哉 長浜忠夫 11月15日 87 片目の大リーガー 松岡清治 林すみ子 11月22日 88 野球ロボット・オズマ 吉田喜昭 11月29日 89 不吉の背番号13 12月6日 90 ロボット対人形 松岡清治 12月13日 91 栄光のピッチング(沢村栄治物語) 林すみ子 12月20日 92 折り合わぬ契約 辻真先 斉藤博 12月27日 93 新しい年のはじまり 林すみ子 1970年 1月3日 94 飛び立つ星 辻真先 林すみ子 1月10日 95 手さぐりの青春 松岡清治 出崎哲 1月17日 96 水原監督と父一徹 吉川惣司 1月24日 97 宮崎キャンプでの噂 山崎晴哉 斉藤博 1月31日 98 姉,明子の道 伊東恒久 林すみ子 2月7日 99 運命の出合 遠藤正史 2月14日 100 炎の青春 伊東恒久 斉藤博 2月21日 101 美奈のひみつ 山崎晴哉 林すみ子 2月28日 102 落日の悲しみ 竹内泰之 吉川惣司 3月7日 103 飛雄馬よいずこえ〔〕 山崎晴哉 林すみ子 3月14日 104 おちゆく星 松岡清治 3月21日 105 オズマの執念 伊東恒久 斉藤博 3月28日 106 鬼コーチ一徹の誕生 鈴木良武 吉川惣司 4月4日 107 大リーグボール打倒ギブス 竹内泰之 4月11日 108 絶望のペナントレース 松岡清治 林すみ子 4月18日 109 飛雄馬立つ!! 伊東恒久 斉藤博 4月25日 110 燃える千本投球 山崎晴哉 林すみ子 5月2日 111 命がけのキャッチ 松岡清治 吉川惣司 5月9日 112 迷いの二軍戦 鈴木良武 出崎哲 5月16日 113 大リーグボール復活 竹内泰之 5月23日 114 見えないスイング 伊東恒久 斉藤博 5月30日 115 巨大な敵. 父一徹 山崎晴哉 吉川惣司 長浜忠夫 6月6日 116 不安の中の四連勝 鈴木良武 小林かおる 長浜忠夫 6月13日 117 不気味な予感 竹内泰之 斉藤博 6月20日 118 吼えろ若獅子 山崎晴哉 石川輝夫 長浜忠夫 吉田茂承 6月27日 119 大リーグボールの死 伊東恒久 吉川惣司 長浜忠夫 7月4日 120 飛雄馬への予告 松岡清治 遠藤正史 7月11日 121 泥まみれの背番号16 小林かおる 7月18日 122 大リーグボール二号のヒント 山崎晴哉 7月25日 123 川上監督の新作戦 竹内泰之 出崎哲 8月1日 124 すばらしい兄・左門 伊東恒久 吉川惣司 長浜忠夫 吉田茂承 8月8日 125 ズックのボール 山崎晴哉 8月15日 126 花形と姉,明子 斉藤博 長浜忠夫 8月22日 127 テストされる川上監督 鈴木良武 出崎哲 長浜忠夫 吉田茂承 8月29日 128 必殺の大リーグボール二号 竹内泰之 吉川惣司 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 9月5日 129 一徹の秘策 松岡清治 小林かおる 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 9月12日 130 左門の挑戦 伊東恒久 斉藤博 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 斉藤博 9月19日 131 消える魔球の推理 鈴木良武 遠藤正史 楠部大吉郎 遠藤正史 9月26日 132 天才・花形の敗北 竹内泰之 小林かおる 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 10月3日 133 大投手・金田の引退 松岡清治 出崎哲 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 香西隆男 10月10日 134 狙われた伴宙太 伊東恒久 吉川惣司 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 10月17日 135 去りゆくオズマ 松岡清治 小林かおる 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 遠藤正史 10月24日 136 親友 伊東恒久 石川輝夫 楠部大吉郎 斉藤博 10月31日 137 消える魔球の手がかり 山崎晴哉 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 11月7日 138 しごかれる伴宙太 鈴木良武 小林かおる 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 香西隆男 11月14日 139 花形・左門の執念 竹内泰之 出崎哲 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 11月21日 140 川上監督の決意 松岡清治 吉川惣司 11月28日 141 大リーグボール二号の危機 山崎晴哉 斉藤博 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 斉藤博 12月5日 142 ひきさかれた友情 伊東恒久 吉田茂承 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 12月12日 143 血涙の別れ 松岡清治 吉川惣司 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 遠藤正史 12月19日 144 鬼の弟子,伴宙太 鈴木良武 出崎哲 12月26日 145 はばたけ不死鳥 竹内泰之 小林かおる 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 1971年 1月2日 146 O. N魔球への挑戦 山崎晴哉 楠部大吉郎 1月9日 147 伴の替りにきた投手 松岡清治 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 香西隆男 1月16日 148 グランドの孤独者 山崎晴哉 斉藤博 楠部大吉郎 斉藤博 1月23日 149 起ち上がれ伴! 伊東恒久 石川輝夫 楠部大吉郎 香西隆男 1月30日 150 刺客志願 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 2月6日 151 対決,その前夜 竹内泰之 小林かおる 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 遠藤正史 2月13日 152 対決!! 星対伴 鈴木良武 出崎哲 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 2月20日 153 魔球打たる! 小林かおる 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 斉藤博 2月27日 154 敗れた鬼 松岡清治 石川輝夫 楠部大吉郎 香西隆男 3月6日 155 花形の奇策 伊東恒久 吉川惣司 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 3月13日 156 大リーグボール2号の敗北 金子裕 出崎哲 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 斉藤博 3月20日 157 傷だらけの負け犬 竹内泰之 斉藤博 楠部大吉郎 遠藤正史 3月27日 158 女番長,お京 山崎晴哉 小林かおる 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 4月3日 159 借りを返せ! 伊東恒久 石川輝夫 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 香西隆男 4月10日 160 左門の恋 松岡清治 小林かおる 楠部大吉郎 斉藤博 4月17日 161 飛雄馬の母 山崎晴哉 吉田茂承 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 4月24日 162 仕組まれた罠 伊東恒久 斉藤望 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 斉藤博 5月1日 163 京子の真心 - 長浜忠夫 出崎哲 楠部大吉郎 椛島義夫 5月8日 164 すべてか! ゼロか! 竹内泰之 長浜忠夫 小林きよ子 楠部大吉郎 香西隆男 5月15日 165 友情のファインプレー 松岡清治 長浜忠夫 小林かおる 楠部大吉郎 遠藤正史 5月22日 166 悪夢のオールスター 楠部大吉郎 椛島義夫 5月29日 167 新たなる門出 鈴木良武 長浜忠夫 出崎哲 楠部大吉郎 遠藤正史 6月5日 168 大リーグボール3号 山崎晴哉 長浜忠夫 斉藤博 楠部大吉郎 斉藤博 6月12日 169 謎のアンダースロー 伊東恒久 長浜忠夫 小林かおる 楠部大吉郎 香西隆男 6月19日 170 覆面魔球 金子裕 長浜忠夫 石川輝夫 楠部大吉郎 椛島義夫 6月26日 171 かえってきたオズマ 山崎晴哉 長浜忠夫 楠部大吉郎 遠藤正史 7月3日 172 オズマの死 伊東恒久 長浜忠夫 吉田茂承 楠部大吉郎 椛島義夫 7月10日 173 壊れたピッチングマシン 鈴木良武 長浜忠夫 出崎哲 楠部大吉郎 香西隆男 7月17日 174 白い血の秘密 松岡清治 長浜忠夫 斉藤望 楠部大吉郎 遠藤正史 7月24日 175 勝利の若獅子 山崎晴哉 長浜忠夫 小林かおる 楠部大吉郎 椛島義夫 7月31日 176 左門のスピン打法 伊東恒久 長浜忠夫 出崎哲 楠部大吉郎 遠藤正史 8月7日 177 正捕手への道 竹内泰之 長浜忠夫 吉川惣司 楠部大吉郎 椛島義夫 8月14日 178 生命(いのち)を投げる魔球 金子裕 定形美佐夫 長浜忠夫 御厨恭輔 楠部大吉郎 香西隆男 8月21日 179 青白き炎の挑戦状 山崎晴哉 奥田誠治 楠部大吉郎 遠藤正史 8月28日 180 覚悟の登板 松岡清治 出崎哲 楠部大吉郎 椛島義夫 9月4日 181 決死の完全試合 鈴木良武 石川輝夫 楠部大吉郎 遠藤正史 9月11日 182 輝け! 巨人の星 伊東恒久 斉藤博 9月18日 放送局 [ ] この節のが望まれています。 よみうりテレビ(制作局):土曜 19:00 - 19:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 18:00 - 18:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 18:00 - 18:30(1970年9月まで)• :土曜 19:00 - 19:30(1970年10月より)• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 18:00 - 18:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 19:00 - 19:30• :土曜 18:00 - 18:30• :土曜 18:00 - 18:30• :土曜 19:00 - 19:30• (当時の放送エリアはのみ)• (当時の放送エリアはのみ)• (当時の放送免許エリアはのみ)• ゲームソフト [ ] にからゲームソフト『』が発売されている。 これはミニゲームをクリアすることで本作のハイライト映像が楽しめるという作品だった。 制作・系列 枠 前番組 番組名 次番組 新・巨人の星 [ ] あらすじ(新) [ ] 昭和50年秋、行方不明だった飛雄馬は人里離れた山奥に住み、有料で弱小草野球チームの助っ人打者を引き受ける日々を送っていた。 そんな折、探偵を雇うことで飛雄馬の姿を捉えた花形は飛雄馬と再会。 花形邸で姉の明子とも再会する。 「野球地獄とは縁を切って第二の人生(花形コンツェルンの会社で)を歩むよう」花形より諭されるが、どん底に喘ぐ長嶋監督を救うため、既に引退し伴自動車工業の常務に納まっていた伴と彼がコーチとしてアメリカより呼び寄せたビッグ・ビル・サンダーの協力の下、昭和51年春の宮崎キャンプのテスト生を経て巨人へ再び入団する。 すっかり白髪になり老け込んだ一徹は飛雄馬の球界復帰に「大どんでん返し」の秘密があると語る。 その秘密とは元々右利きだった飛雄馬を左投げのほうが投手として有利であるという理由から敢えて左利きへと矯正させたこと、さらに大リーグボール養成ギプスは右手にも有効であり、飛雄馬は右投手として不死鳥の如く復活するというものだった。 大リーグボール3号の投球が原因で左肩を損傷したために復帰当初は代打専門の打者としてビッグ・ビル・サンダーより授かった殺人スクリュー・スピン・スライディングを武器に阪神の掛布と死闘を繰り広げる。 飛雄馬に右投げ投手として巨人のエースへ返り咲くことを願う伴はビッグ・ビル・サンダーを阪神のコーチに就任させることで掛布にスクリュー・スピン・スライディングを破らせ飛雄馬を開眼させる。 凄まじい剛速球だがノーコンに悩む飛雄馬を見かねた父・一徹が生み出した大リーグボール養成ギプス右投手用による特訓の成果でノーコンを克服する。 昭和52年春、敢えて同じテスト生を経て、しかも阪神ではなくヤクルトで飛雄馬と同じ背番号3番を背負い復帰した花形、そしてビッグ・ビル・サンダーの門下生でブラジルからやって来たロメオ南条ともに飛雄馬は見事勝利する。 前作との設定の違い [ ] 原作の前作最終回で提訴試合に発展した判定は「完全試合達成」という結果になり(アニメでは最初から完全試合達成だった)、左手の指を動かせなくなったはずの星飛雄馬は、復帰のため「左肩を壊した」という平凡な設定に変わっている。 飛雄馬が花形の車の中で過去を語る最後の一球の直後の回想シーンでも、飛雄馬が左肩を抑えている場面に変わっている。 ただし、第1話後半の回想シーンは前作最終回のシーンがそのまま使われている。 また、飛雄馬はアニメでは一徹に負ぶさって球場を後にしたはずが、この続編では「マウンドから担架で、球場出口から救急車で運ばれた」ことになっている。 そして同じく回想シーンでは、各球団は当時のユニフォームではなく現行(番組制作時)のユニフォームとなっている。 姉・明子の回想シーンでは本来の赤いワンピースから青(紺?)に変更されている。 その他 [ ] 一話目の冒頭では、史実の長嶋の引退試合の映像が使われたが、DVDとBlu-rayではカットされている。 また、その他にも放送時は史実の映像が使われていたが、カットされている。 主要人物(新) [ ] 詳細は「」を参照 巨人軍の危機にテスト生として再入団。 代打専門選手から右投手として復活を果す。 飛雄馬の引退と共に中日を引退。 現在は家業である伴重工業の専務であるが、飛雄馬のカムバックに協力する。 引退し、家業を継いで常務として働いていたが飛雄馬のカムバックに刺激され、ヤクルトにテスト生として入団。 再び打倒飛雄馬に燃える。 飛雄馬の姉で旧姓は「星」。 現在は花形満夫人。 星の世代では大洋で唯一現役を継続していた。 兄妹とは同居しているが、京子と結婚した。 飛雄馬と明子の父。 前作と比べ過激さは潜め丸い性格になっているが、野球の事になると鬼を魅せる片鱗を残している。 飛雄馬に「大リーグボール養成ギブス・右投手用」を送り、援助した。 意外に甘党でなども食す。 ビル・サンダー 伴がアメリカから呼び寄せた飛雄馬の専属コーチ。 後に阪神のコーチとなり敵となる。 元飛雄馬のチームメイトの先輩で、本作の巨人軍監督。 飛雄馬に期待する余り、厳しい要求もすることがある。 前作でも共に戦ったチームメイトの先輩。 四番で一塁手。 右投手に転向した星がコントロールに苦しむのを見かねて、ザトペック投法(ノーワインドアップ投法)を伝授した。 これは、実際に王が高校時代に投手をしていた時に使用している。 楠木(くすのき) 巨人のブルペン捕手。 右投手として再起した星の面倒をみた。 前作での伴宙太の様な役どころ。 怪我により、野球生命を断たれた弟がいる。 一度は実家の家業を継ぐために引退を決意したが、長嶋監督や飛雄馬の要請もあり現役を続行する事を決心した。 ロメオ・南条 ブラジル出身の日系人。 ビル・サンダーの教え子でサンダーが去った後に阪神に入団し星の前に立ちはだかる。 他のライバルと同じく、引き続き『新巨人の星II』にも登場する。 走攻守揃ったアベレージ・ヒッター(高打率打者)であるが、ホームランを打つ描写も多い。 スタッフ(新) [ ]• 原作:、• 協力:東京読売巨人軍• 音楽:• 作画監督:、• 美術監督:• 録音監督:山崎あきら• プロデューサー:佐野寿七、稲田伸生• 制作:、 楽曲(新) [ ] 主題歌シングル(SCS-377)は1977年10月発売。 挿入歌・イメージソングの初出音盤は1977年12月発売のドラマ入りLP(CS-7048)で、そのうち「想い出よ今は…」と「はばたけ飛雄馬このときに」は翌3月にシングルカット(SCS-404)された。 1978年12月25日発売の企画LP「英語盤 ささきいさお アニメヒットを歌う」(CZ-7018)に、「よみがえれ飛雄馬」の英語版「HYUMA COME BACK」(カラオケは同一音源、英詞はDonald P. Bergerによる)が収録された。 1984年11月発売のLP『アニメ・サウンド・メモリアル 新巨人の星』(CX-7192)には、「HYUMA COME BACK」も含む全9曲が収録された。 「想い出よ今は…」「はばたけ飛雄馬このときに」は、ささきいさおの『Single Collection』(COCC-15199〜203、1998年6月20日年発売)で、「姉さんありがとう」、「友情」、「HYUMA COME BACK」は同『DELUXE COLLECTION 〜男の詩スペシャル〜』(COCX-30275〜9、1999年3月20日)で、それぞれCD化されている。 一方、こおろぎ'73がメインボーカルの「飛雄馬ひとり往く」「多摩川の四季」は未CD化。 タブチ・カケフ 井内秀治 6月3日 36 自滅の死四球 山吉康夫 6月10日 37 決戦! 飛雄馬対左門 金子裕 岡崎稔 6月17日 38 奪還! 栄光のV1 永丘昭典 6月24日 39 逆転! 日本シリーズ 荒木芳久 出崎哲 7月1日 40 驚異! 殺人ライナー 岡崎稔 7月8日 41 真実のカムバック賞 城山昇 川田武範 7月15日 42 父一徹の贈り物 金子裕 井内秀治 7月22日 43 闘志に燃えた友情 荒木芳久 岡崎稔 7月29日 44 始動! 宿命の星・花形 今沢哲男 8月5日 45 喧嘩屋マックの挑戦 金子裕 出崎哲 8月12日 46 輝け栄光! 王貞治 城山昇 岡崎稔 8月19日 47 ミスター虎の正体 荒木芳久 山吉康夫 8月26日 48 試練のテスト生・花形 城山昇 永丘昭典 9月2日 49 華麗なる復帰 今沢哲男 9月9日 50 右投手用ギブスの成果 金子裕 出崎哲 9月16日 51 コンピューター対飛雄馬 山吉康夫 9月23日 52 はばたけ飛雄馬 荒木芳久 今沢哲男 9月30日 コミカライズ(新) [ ] 画でに連載。 読者目線のキャラクターとして、飛雄馬が当初「飛田(とびた)」と言う偽名で下宿していた八百屋の息子・マー坊がレギュラー登場している。 放送地域 放送局 放送日時 系列 備考 読売テレビ 土曜 19:00 - 19:30 制作局 札幌テレビ 青森放送 日本テレビ系列 秋田放送 日本テレビ系列 山形放送 日本テレビ 山梨放送 北日本放送 福井放送 ・ 日本海テレビ 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 広島テレビ 日本テレビ系列 山口放送 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 西日本放送 日本テレビ系列 当時の放送免許エリアは香川県のみ。 北陸放送 木曜 19:00 - 19:30 四国放送 日曜 18:30 - 19:00 日本テレビ系列 長崎放送 火曜 19:30 - 20:00 TBS系列 熊本放送 木曜 19:00 - 19:30 宮崎放送 南日本放送 火曜 19:30 - 20:00 木曜 19:00 - 19:30 制作・系列 土曜19時台前半枠 【当番組より】 前番組 番組名 次番組 新・巨人の星II [ ] あらすじ(新・II) [ ] 右投手として復活した飛雄馬は、ライバルの花形・左門、南米から助っ人として阪神に入団したロメオ・南条らと激闘を繰り広げる。 しかしモーションに欠陥があり、投球が見破られるという弱点が見つかったため、二軍で調整をすることになる。 投球モーションの改善には成功したが、飛雄馬は自身の強化のために魔球を編み出すことを決意。 カーに乗り込み、時速162キロメートルのスピードの中でヒントをつかみ、後輩の丸目太と特訓の末、新魔球 「大リーグボール右1号(蜃気楼ボール)」を完成させる。 飛雄馬はこの魔球を駆使して一軍に復帰、勝利を重ねていた。 シーズン終了間際、花形は 「ツバメ返し打法」で「蜃気楼ボール」を打ち破るが、その特訓と魔球を打った時の反動で現役を引退する。 ストーリー終盤では、花形と明子の間に子供ができた。 飛雄馬はリーグ優勝した勢いで、これまでの 4種類の大リーグボールを駆使して完全試合・日本一を成し遂げたが、その息子の勇姿を見取り、一徹は一人息を引き取る。 そして飛雄馬は、野球留学のためアメリカへ旅立つ。 設定の変更 [ ] 『新』から半年の空白を開け再開された。 正式な続編として制作され、『新』から登場したロメオ・南条、楠木などのキャラクターも序盤では引き続き登場している。 加えて新キャラクターも追加され新機軸を試みた意欲作である。 本作では、前2作と大きく異なり、飛雄馬の生活感や人間味が感じられるよう、試合の無い時に寄る「巨人寿司」が新たに舞台として設定された。 また、看板娘で飛雄馬を慕う妹的な少女・幸子や、かつての伴を彷彿させる青雲高校の後輩・丸目太などが新たに登場し、野球だけでない飛雄馬の普段の生活が表される事が試みられた。 「巨人寿司」では伴も良く出入りしており、飛雄馬を中心とした和気藹々としたやりとりが表現されていた。 ただし、その反面、野球のシーンの比重が下がり、比較的あっさりと描かれるようになった。 オリジナルストーリー 初期は原作ベースの展開だったが、中盤以降は、原作を下敷きにしたとは思われるがアニメオリジナルの物語が増え、阪神の難波や、元大リーガーのゴスマンとの勝負、そして飛雄馬と心を通わせた咲坂洋子との恋などが描かれ、最終回では、原作と全く異なる結末となった。 最終回の変更 「」の項目にあるように、原作とアニメでは飛雄馬の右腕時代の結末は大きく異なっている。 『新・巨人の星』最終回の舞台は78年だが、現実の巨人はV逸でヤクルトに優勝を明け渡した。 原作では花形が魔球を故障せず打ったため漁夫の利でヤクルトが有利になったことが描かれ、シーズン中に飛雄馬の活躍も終了しており、続編の「巨人のサムライ炎」では、現実通りヤクルトが優勝したことになっている。 一方、アニメでは原作での「蜃気楼の魔球」から「蜃気楼ボール」へと変更となり、投げ方が原作のオーバースローからサイドスローに変更され、変化の仕方も3つから複数変化へ変更され、原作と異なり終盤に左門と大洋首脳陣たちによって原理が明かされた。 史実ではヤクルトが優勝するはずだったが、巨人を優勝させた。 その日本シリーズでは、星飛雄馬が大リーグボール左1号、2号、3号、右1号を織り交ぜ完全試合を達成。 巨人が日本一を獲得。 飛雄馬が完全試合を達成した瞬間、明子が花形の子供を産み、伴が見守る中で一徹がその生涯を閉じた。 翌年、飛雄馬は巨人を退団し、野球留学のためアメリカへと仲間やライバルたちが見送る中、船で旅立っていった。 新登場主要人物 [ ] 詳細は「」を参照 サチコ 男子に交じって少年野球をする、活発な少女。 しかもポジションは投手であり星飛雄馬に憧れている。 実家は「巨人寿司」で飛雄馬、伴、丸目などを持て成す事もある。 その反面少々ませており飛雄馬を「飛雄馬くん」などと呼び、プロ野球での成績が悪いと非難する時もある。 自称、飛雄馬のガールフレンド。 サチコの父 「巨人寿司」の店主。 無償で飛雄馬や丸目に寿司を振る舞うが、見返りに伴などに試合のチケットを催促する時もあった。 丸目太 元青雲高校のレスリング部主将で飛雄馬や伴の後輩にあたる。 後に退学し巨人軍へ入団。 「大リーグボール右1号(蜃気楼ボール)」の受け手となり飛雄馬をサポートして行く。 少々我が強いところがあり、飛雄馬や伴のみならず監督の長嶋も扱いには手を焼いている。 彼の登場により前作『新』の楠木は自然消滅した。 難波爽 打倒・星飛雄馬の切り札として阪神に入団。 実は不治の病に侵されており、余命が長く無い。 丸目とは学生時代から因縁がある。 飛雄馬のカムバックに感銘を受け、尊敬している。 咲坂洋子 タレントで人気でもある。 容姿端麗であるが非常にが強い女性で困った人を放って置けない性格であり、外見よりも飛雄馬は彼女の内面に魅かれる事になる。 彼女も飛雄馬の優しい性格に魅かれていたが、自分の中にかつての恋人「日高美奈」を見ていた飛雄馬に決別を決心し、兼ねてから要請があった海外取材の仕事を請け日本を去って行った。 スタッフ(新・II) [ ]• 原作:、• 作画監督:、• 美術監督:• 録音監督:山崎あきら• 音楽:• 協力:東京読売巨人軍• 構成:• レイアウト:荒木伸吾• 美術設定:阿南孝夫、青木勝志、清水一利• プロデューサー:福尾元夫、赤川茂• 各話リスト(新・II) [ ] 話数 サブタイトル 脚本 演出 放送日 1 明日の栄光をつかめ! 1979年 4月14日 2 対決! 飛雄馬対花形 4月21日 3 吠えろ! 南米の虎 4月28日 4 左門の握った秘密 今沢哲男 5月5日 5 王貞治の忠告 永丘昭典 5月12日 6 高校球界の暴れん坊 金子裕 今沢哲男 5月19日 7 丸目 野球に賭けろ!! 永丘昭典 5月26日 8 型破りの新入り 6月9日 9 めざせ! 大リーグボール 城山昇 今沢哲男 6月16日 10 大リーグボールへの壁 荒木芳久 永丘昭典 6月23日 11 完成! 大リーグボール右一号 今沢哲男 6月30日 12 驚ろくべき魔球 金子裕 永丘昭典 7月7日 13 蜃気楼ボールの秘密 城山昇 7月14日 14 見えた!? 蜃気楼ボール 今沢哲男 7月21日 15 悲運の天才児、難波 金子裕 永丘昭典 7月28日 16 燃やせ! 青春の炎 山吉康夫 8月4日 17 恐怖・死神ゴスマン 荒木芳久 8月11日 18 飛雄馬の恋 城山昇 8月18日 19 愛の二死満塁 永丘昭典 9月1日 20 魔球攻略作戦 荒木芳久 今沢哲男 9月8日 21 激烈!! ツバメ返し打法 金子裕 山吉康夫 9月15日 22 蜃気楼ボール破れる!! 永丘昭典 9月22日 23 新たなる出発 今沢哲男 9月29日 コミカライズ(新・II) [ ] 秋月研二画で1979年5月号から10月号に連載。 放送地域 放送局 放送日時 系列 備考 近畿広域圏 読売テレビ 土曜 19:00 - 19:30 日本テレビ系列 制作局 北海道 札幌テレビ 青森県 青森放送 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 岩手県 テレビ岩手 秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 山形県 山形放送 宮城県 ミヤギテレビ 関東広域圏 日本テレビ 山梨県 山梨放送 静岡県 静岡けんみんテレビ 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 現:静岡朝日テレビ。 第11話まで放映。 1979年7月に静岡第一テレビの開局に伴い、NNNを脱退。 日本テレビ系列 第12話から放映。 富山県 北日本放送 福井県 福井放送 中京広域圏 中京テレビ 鳥取県・島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 山口県 山口放送 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 徳島県 四国放送 日本テレビ系列 香川県 西日本放送 当時の放送免許エリアは香川県のみ。 愛媛県 南海放送 高知県 高知放送 福岡県 福岡放送 大分県 テレビ大分 フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 福島県 福島中央テレビ 月曜 18:00 - 18:30 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 新潟県 新潟総合テレビ 火曜 18:30 - 19:00 フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 長野県 信越放送 金曜 19:00 - 19:30 TBS系列 石川県 北陸放送 木曜 19:00 - 19:30 長崎県 長崎放送 火曜 19:30 - 20:00 熊本県 熊本放送 木曜 19:00 - 19:30 宮崎県 宮崎放送 鹿児島県 南日本放送 火曜 19:30 - 20:00 沖縄県 琉球放送 木曜 19:00 - 19:30 制作・系列 前番組 番組名 次番組 巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満 [ ] 2002年10月23日-10月26日までにて4夜連続放送。 全13話。 2003年10月にのリーグ優勝記念として再放送された後、CSのアニメ専門チャンネル・、などでも放送された。 の動画配信サイト「東京ムービーONLINE」でも視聴可能。 飛雄馬のライバル・花形満の視点から旧作アニメの既存の映像を編集し、新作カットを織り交ぜて再構成した再編集版。 これまでは原作漫画にしか描かれていなかった花形の生立ち、恋愛や心理描写などを織り込んで仕上げている。 大リーグボール1号打倒の際大怪我を負った花形が入院した時明子が見舞いに行ったエピソード、大リーグボール3号の過投のための飛雄馬の再起不能の大怪我が発覚した際のに近い苦悩と葛藤、現役引退・花形モータース社長就任の記者会見のシーン等が追加された。 また、花形と明子の結婚式に関しては、『新・巨人の星』の原作とアニメでは飛雄馬が祝電をよこしたのみで不在だったことになっているが、このアニメ【特別編】では飛雄馬が正装して式場に現れている。 シリーズ全体から見ると、一部、パラレルワールドのような細かい設定の違いがある。 テレビアニメ『巨人の星』全182話の再構成であり、『新巨人の星』以降には触れられていない。 途中、通常の代わりに、作品中に登場した「ミツルハナガタ2000」(の項目参照)のCMが流れる。 エンディングは、旧作アニメ中に登場したオーロラ三人娘が歌った「」。 花形満 - 井上真樹夫• ナレーション - 小早川正昭• レポーター - 小形満 主題歌• オープニングテーマ「ゆけゆけ飛雄馬」• エンディングテーマ「クールな恋」 特別篇スタッフ• ディレクター - 矢吹 光正• 構成 - 渡邊大輔• 構成監修・絵コンテ - 小林治• 構成協力 - 伊東恒久• 演出 - 原田奈奈• キャラクターデザイン・作画監督 - 横手博人• 色彩設計 - 伊藤純子• 美術監督 - 宮野隆• 撮影監督 - 江川信介• 録音監督 - 加藤敏• アニメーション制作 - 東京ムービー• プロデューサー - 松元理人、長谷川徳司• 製作・著作 - トムス・エンタテインメント、WOWOW サブタイトル• 第1話 運命の出会い• 第2話 戦いの序曲• 第3話 甲子園への道• 第4話 決勝戦の真実• 第5話 チャンスを掴め• 第6話 蘇れライバル• 第7話 秘密特訓• 第8話 戦慄のホームラン• 第9話 許されない愛• 第10話 執念の特訓• 第11話 友情のファインプレー• 第12話 最後の対決• 第13話 永遠のライバル 巨人の星【特別篇】 父 一徹 [ ] 2007年4月3日-6月26日までにて放送。 全13話。 『巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満』以来、5年ぶりの作品となる。 飛雄馬の父、の視点から『巨人の星』、『新・巨人の星』、『新・巨人の星II』の旧作アニメの既存の映像を編集し、新作カットを織り交ぜて再構成した再編集版。 これまでは原作漫画にしか描かれていなかった、一徹の飛雄馬に対しての虐待に近い猛特訓、心理描写、中日打撃コーチ時代、孤独死までなどを織り込んで仕上げている。 途中、CM代わりに、作品中に登場したアイドルグループ「オーロラ三人娘」の公演情報が流れる。 エンディングは、テレビシリーズ『巨人の星』オープニング『ゆけゆけ飛雄馬』の2番が使用されている。 星一徹 - 加藤精三• 星飛雄馬 - 古谷徹 特別篇スタッフ• 潤色 - 伊東恒久• 絵コンテ - 小林治• ディレクター - 矢吹光正• 演出・作画 - 小田仁• アニメーション制作 - 東京ムービー• 製作・著作 - トムス・エンタテインメント サブタイトル• 第1話 父は子の羅針盤• 第2話 父ちゃんは日本一• 第3話 非常の親獅子• 第4話 親子星へのVサイン• 第5話 ズックのスパイク• 第6話 飛び立つ吾が子• 第7話 火達磨の時代• 第8話 鬼コーチ一徹の挑戦• 第9話 鬼の子の反撃• 第10話 友情の絆を断つ• 第11話 不覚、鬼の泪• 第12話 生命の魔球・3号• 第13話 永遠の星をめざせ! 映画版 [ ]• 巨人の星(1969年) 初の映画化で、第1話から第33話までの再編集ブローアップ版。 同時上映は『』。 巨人の星 行け行け飛雄馬(1969年) 「」の第1回として上映、飛雄馬が高校野球で花形と対決し、巨人に入団するまでの第38話から第52話を再編集ブローアップ。 同時上映は『』と『』。 巨人の星 大リーグボール(1970年) 「東宝チャンピオンまつり」で上映。 飛雄馬がデビュー戦で左門に打たれ、大リーグボール1号(改良前)を誕生するまでを描いた第70話から第77話を再編集ブローアップ。 同時上映は『』(リバイバル)・『』・『』の3本。 巨人の星 宿命の対決(1970年) 「東宝チャンピオンまつり」で上映。 花形が大リーグボール1号(改良前)を打つまでを描いた第79話から第83話を再編集ブローアップ。 同時上映は『』・『アタックNo. 1 涙の回転レシーブ』・『』(人形アニメ)の3本。 新・巨人の星(1977年) 初期エピソードを再編集。 配給は東宝ではなく。 当時、(外部活用) を積極的に進める方針を打ち出していた東映社長が 、テレビ局関係との提携としてとの提携作として製作した(同時上映『』も)。 東映で東京ムービー作品が公開されるのは、に「」で公開された『』(アニメ第1作)以来。 同時上映は、この年ホームラン世界新記録を達成したの活躍を描いたドキュメンタリー映画『BIG-1物語 王貞治』で、巨人軍が舞台の映画が2本上映された事になった。 新・巨人の星(1978年) 「東宝チャンピオンまつり」最終興行で上映。 第17話のブローアップ版。 同時上映は『』(リバイバル)・『 』(第2作。 テレビブローアップ版)・『』(東京ムービー制作アニメ版)・『 』の4本。 巨人の星(1982年) 公開前年に巨人が8年ぶりに日本一になったのを記念して、冒頭部分に当時の巨人の主力選手(ら)がリアルなタッチのアニメで登場する場面が追加されている。 また、劇伴は全て渡辺岳夫自身の手で現代風なものに書き直され、アフレコも新録されている。 公開2年後のには、で『春休みアニメロードショー』としてテレビ初放送された(19:00 - 20:54。 なお19:30 - 20:54は『』枠だが、本作は『土曜トップスペシャル』扱いはされなかった)。 主題歌「マイ・チャンプ」作詞:、作曲:渡辺岳夫、歌:・森みどり ネット配信 [ ] トムス・エンタテインメントがに開設した「TMSアニメ55周年公式チャンネル」に、から『巨人の星』の第1話から第3話までが配信、この後同年から『新・巨人の星』・『新・巨人の星II』・『猛虎 花形満』の3作より、それぞれ第1 - 3話までが配信、更に『巨人の星』から新たに第43話・第92話・第97話が「『巨人の星』誰も知らない星飛雄馬セレクション」名義で追加配信された。 各作品とも、第2・3話は2019年までの配信となる。 この後からは、同年に死去したが登場した第168話が配信されている。 なお『猛虎 花形満』以外の3作品の制作クレジットは、初放送と同じ「制作 よみうりテレビ 東京ムービー」でクレジットされている。 バラエティー番組やCMなどでの登場 [ ]• 系列で放送された、『』(『巨人の星』放送直後の土曜19時30分 - 20時00分に放送)という著名人を競わせたの一コーナーで、1969年9月6日に「」というアニメが放送された。 これは飛雄馬達がアトムの住む未来に行き、アトムと野球の試合をするというコラボレーション企画だった。 なお、アニメ制作はで、演出を担当したのは(当時・喜幸)だった。 アトムの声優は違う人が演じていた。 このシーンは、後年日本テレビ系列のクイズ番組『』の「アニメ特集」でクイズになった事がある。 問題は「投手・飛雄馬VS打者・アトムの対決の勝者は? 」で、1球目は速球を空振り、2球目は速球をファウル、そして3球目はスローボールを空振りし、答えは「アトムの三振」だった。 1971年に系列で放送された、原作・制作アニメ『』第1話で、エツ子が手玉に取る野球部員に、星飛雄馬・花形満・左門豊作そっくりのキャラがいた。 なおこの話には、『巨人の星』と同じ東京ムービー作品の『』から、鮎原こずえや早川みどりそっくりのバレーボール部員も登場した。 1979年公開の劇場アニメ『』でタブチの妻であるミヨ子がテレビで『新・巨人の星』を見ている場面がある。 両作品ともの製作である。 日本テレビ系のクイズ番組『』で本作のキャラクターが出題したことがある。 また、系の討論番組『』でも、で飛雄馬・一徹・明子が出演したことがあった。 関係では1990年代半ばに、が学生向けのリクルート用CMに、花形満のみ、『』の魔王や『』のギルモア博士とともに登場した。 頃にの「」の「大リーグシート 完成篇」および「感動編」の2種類のCMでと共演した。 にはの炭酸飲料「」、には「」CMキャラクターに使用されたこともあり、(実写)と競演した。 ラジオ番組「聖飢魔IIの電波帝国」で、星飛雄馬と悪魔が対決するというラジオドラマが放送される回があった。 飛雄馬はあらゆる魔球を投げるが、全て悪魔達に打ち返されてしまう。 「魔」球なので悪魔達には棒玉であり、もしカーブやストレートだと簡単に打ち取れるという落ちだった。 直接的な競演ではないが、初代オリジナル版の1社協賛への縁(新・新IIは複数協賛)から、大塚製薬の清涼飲料水「」のにから長年巨人の実在の選手をイメージキャラクターに起用させていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『動画王』vol. 7 キネマ旬報社、1998年、65頁• フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 2』講談社、2004年、75-76頁。 『テレビアニメ魂』• 「COLUMN『巨人の星』を終わらせた番組」『別冊 特撮秘宝』vol. 3、、2016年3月13日、 pp. 87-89、。 発売時点では、後の・に相当する企業がまだ成立していなかったため、(TBS)傘下のが楽曲の出版権を持った。 「スポ根TVヒッツ! 」(、子どもの掛け声ヴァージョンを収録)のライナーノーツより• 『河北新報』1971年8月7日 - 9月25日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1968年4月6日 - 1970年9月26日付朝刊、テレビ欄。 『河北新報』1970年10月3日 - 1971年9月18日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1968年3月30日 - 1971年9月18日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1968年4月6日 - 1971年1月30日付朝刊、テレビ欄。 『読売新聞』1969年9月27日付朝刊、テレビ欄。 『北日本新聞』1968年4月6日付朝刊、テレビ欄。 アナウンサーはからの新録に変更されている。 『』1978年10月号、、全国放映リスト 47 - 49頁。 『』1977年10月10日 - 11月6日付朝刊、テレビ欄。 『』1978年9月26日、10月3日付、テレビ欄。 『アニメージュ』1979年10月号、徳間書店、全国放映リスト 70 - 71頁。 『 』 、1984年3月31日付ラジオ・テレビ欄。 『だから僕は…』 外部リンク [ ]• - の連載記事、2003年6月2日。 (2003年6月28日時点の)• - プレイリスト• - プレイリスト.

次の

巨人の星の星飛雄馬一人クリスマスパーティーが悲しすぎる

巨人の星

巨人の星の星飛雄馬一人クリスマスパーティーが悲しすぎる 巨人の星をご存知ですか? 元巨人の選手だった父、星一徹のスパルタ教育で大リーグボール養成ギブスなんかを身に着け、魔球を開発し、ライバルと死闘を繰り広げながらも打ち勝っていく物語です。 消える魔球とかも衝撃的でしたが、今なお愛されているこの漫画は非常に色々な意味で斬新かつ面白いです。 中でも衝撃的過ぎる内容は、 巨人の星で星飛雄馬が企画したクリスマスパーティー…。 皆で仲良く楽しみながら盛り上がるはずのクリスマスパーティーが、巨人の星だとどうなってしまうのかを紹介しましょう。 巨人の星のクリスマスパーティーはなぜ企画された? 事の始まりは、父の一徹にビシバシ鍛えられたお陰で、巨人に無事入団したものの、疲労の為に飛雄馬が入院する所から始まります。 飛雄馬の悲しいクリスマスパーティーのカウントダウンがスタートするきっかけを与えたのが、オズマ。 彼は病室にお見舞いに来た際に飛雄馬に「俺には、野球に関係ない友人は1人もいない。 お前には?」と聞きます。 「俺とお前は野球ロボットだ」 この一言で飛雄馬は深く心をえぐられて、痛く傷ついてしまいます。 「俺はロボットなんかじゃない!」と病室でも枕を叩き、悔しがります。 そして、飛雄馬は「自分は野球ロボットじゃないということを証明してやる!」と意気込んで、クリスマスパーティーを企画するわけです。 巨人の星・星飛雄馬企画のクリスマスパーティー当日 皆で楽しむためにどれだけの時間をかけて部屋を綺麗にしたのでしょう。 星飛雄馬は自分で壁まで塗っていました。 そして野球帽では無く、三角帽子に身を包み、すっかり気分は楽しいクリスマスパーティー。 しかし、10時になっても誰一人来ないわけです。 ああ、なんてこと。 一人ぼっちの飛雄馬! そして電報が。 左門は「来年はこの左門、命ばかけて大リーグボールを打ちこんでみせますたい!パーティーはそれからでん!お遅なか!」 左門は飛雄馬を思いやって心を鬼にしたそうです。 また、兄弟たちと星飛雄馬よりも先にクリスマスパーティーの約束もしていたようで、当日は兄弟たちとクリスマスパーティー。 そして花形満は「君と僕との間に交わされる言葉はこれのみ!勝負!」 ここで飛雄馬はぐしゃぐしゃと座席の紙を握りつぶすわけです。 しかし、まだ望みはある!飛雄馬の姉のあきこです。 さすがにお姉さんは来るでしょう。 ところが… 「ザンネンユケヌ アキコ」 まさか、姉のアキコも。。。 姉さんは父の陰謀で来なかったといわれていますが、実際はどうだったんでしょうか? とにかく飛雄馬企画のクリスマスパーティーには誰一人としてこなかったわけです。 そして、飛雄馬は暴れます。 出てくるのはオズマの「野球ロボット」という言葉。 テーブルクロスをさき、壁にケーキを投げつけ、暴れまくりな飛雄馬ですが、「俺は人間なんだぞ。 」「人間なんだぞ。 」 最後は床に座って泣きます。 ああ、こんなクリスマス、実際にあったらトラウマとなってしまいます。 YouTubeに動画がありましたので、詳細を知りたい方はぜひ見てみてください。

次の