ライン の メッセージ が 表示 されない。 LINEの通知は来るけど表示されない時の対処法5選

LINEアプリ通知されない(音が出ない、表示しない)、遅れて届く時の対処方法

ライン の メッセージ が 表示 されない

少し前のことですが、2016年7月6日の夕方頃より、「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません」というエラーメッセージが届く問題が、多数のユーザーの間で発生しています。 そこで、今回、Android版LINE 6. 2アップデートが公開されております。 また、あなたがAndroidスマホを使っていなくても、相手がAndroid版を使っていたり、Android版のアップデートに合わせたサーバー側の更新が、iPhone版にも影響に与えている可能性が考えられます。 そこで、まず、「Letter Sealing」のメッセージについてですが、友だちからのメッセージが、どういうわけか、次の「Letter Sealing」というメッセージに化けて表示されてしまいます。 そして、Letter Sealingとは、メッセージが復号されていない可能性があるため表示できませんので、友だちにメッセージの再送信を依頼してください。 また、「Letter Sealing」機能についてですが、Letter Sealing機能とは、ものすごく詳細を飛ばして簡単に言えば、メッセージを暗号に変換してから送ったり、受け取ったりするLINEの機能です。 そして「復号」とは、「暗号化解除」のことで、「暗号化されたメッセージを、元に戻すのに失敗した」というようなことを意味するエラーメッセージです。 そこで、まずは、対処法ですが、機種変更されないLINEアプリの最新版へのアップデートを試してみて、iPhone・Androidスマートフォン本体の電源を入れ直したり、LINEアプリを再起動してみてください。 そして、それらで解決しないことが分かってから、設定変更する対策(対処法)を試してみて見ましょう。 さて、設定を変更する機種変更されない対処法の 対策のポイントについてです。 ここでの機種変更されない対策のポイントは、一度このエラーメッセージに変わってしまったメッセージを元に戻すことはあきらめて、今後受け取るメッセージがエラーにならないように対策するというところで、設定を変更する対策(対処法)のポイントです。 ここで、設定を変更する機種変更されない 対策に(対処法 )ついてですが、その「設定」とは、「Letter Sealing」の有効無効を変更する設定です(iPhone・Android共通)。 まずは、対処法ですが、LINEの設定を開いて、「トーク・通話」の設定を開いて、そして、「Letter Sealing」の設定を確認してみてください。 そうしたら、まず、自分と相手が、それぞれ「オン」の設定か「オフ」の設定かを確認して、確認したら、二人で「オン・オン」「オン・オフ」「オフ・オフ」「オフ・オン」という、4つの組合せを試してみて見ましょう。 また、ちゃんとLetter Sealingのエラーにならずに送受信できるパターンを探してみてください。 知ってる方もいると思いますが、機種変更などで LINEアカウントを引き継ぐことがありますので、今回はそんな機種変更されないLINEアカウント引き継ぎ方法とその際に気をつけることです。 または、機種変更されない引き継ぎの際によく起こる「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」というLetter Sealingによるメッセージ非表示の問題が発生した時の対処法をご紹介していきます。 そうとはいえ、iPhone7plusに機種変更して格安SIMに乗り換える際に、機種変更されないLINEのアカウント引き継ぎで今回紹介するLetter Sealingで失敗した人はたくさんいると思います。 そこで、機種変更されないアカウントの引き継ぎ方法と注意点についてですが、まずはアカウントの引き継ぎに関してで、アカウントの引き継ぎをする前にメールアドレスを登録します。 大抵、ここは失敗しなかったんですが、機種変更されないメールアドレスを登録するについてですが、それではメールアドレスの登録方法を説明します。 まずは、LINEホーム画面で右上の「設定(ネジマーク)」をタップして、表示された設定メニューの「アカウント」をタップします。 ここで、《Letter Sealing(レターシーリング)とは》についてですが、スマートフォンやパソコンで利用できるメッセージングアプリ「LINE」で採用されている、メッセージの暗号化技術です。 そして、Letter Sealingによってトーク外の第三者がトーク内容を見ることができないようにしていますし、Letter Sealingによってトーク内容のセキュリティを高めているのです。 つまり、機種変更などのLINEアカウントの引き継ぎのとき以外はLetter Sealing設定はONにしておき、アカウント引き継ぎの際に発生するのは、新しい端末でのアクセスを第三者とみなしてしまうためなんです。 要するに、今回防ごうとしている「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」という現象はセキュリティ的にはいい状態なわけです。 なお、動画が再生されない場合は、外部ブラウザでリンクを開いて、LINEを最新バージョンにアップデート後、iCloudに接続し、以下の操作を行ってください。 また、iTunesからのアプリのバックアップ/復元は、自己責任で行って、キャッシュデータはバックアップの対象に含まれないため、トーク履歴内の画像やスタンプが一部復元されない場合があります。 さらに、重要な画像は事前にLINE内の[アルバム]や[Keep]への保存をご検討ください。 そこで、iCloudに手動でバックアップする手順についてですが、[その他]([…]アイコン)>[設定](歯車アイコン)>[トーク]をタップして、[トークのバックアップ]>[今すぐバックアップ]をタップです。 なお、ログインする方法は、新端末で「ログイン」をタップし、「Facebookログイン」をタップします。 そうするとFacebookのログイン画面になるので、ログインしてからLINEに移り、引き継ぎ、LINEの引き継ぎのためにFacebookからLINEにログインするときに外部サービスへのアクセスが失敗しました。 また、しばらくたってからもう一度お試しくださいというエラーメッセージが表示され、ログインできないことがあります。 そこで、エラーになり引き継ぎできない場合は、Facebookにアカウントを複数持っていて、LINEと連携しているFacebookではないアカウントからLINEにログインしようとした場合に表示されます。 さらに、そちらのアカウントをFacebookから連携すれば、ログインでき、引き継ぎできるようになります。 ここで、事前にFacebook連携をしていない場合についてですが、FacebookからLINEにログインし、引き継ぎする方法は事前にLINEと連携していないとできないですが、旧端末がまだ残っているのであれば、旧端末のLINEからFacebookに連携できます。 加えて、連携するにはLINEの「設定」メニューをタップし、「アカウント」を選び、「Facebook」の欄の「連携する」をタップします。 しばらくすると「解除」に変わるので、そしたら連携できたということです。 なお、新端末でFacebookにログインして、Facebook内の設定でLINEと連携することもできますが、ただやはり事前に連携させておいた方が安心ですので、きちんと準備を済ませておきましょう。 ただし、旧端末を処分してしまうと、とても面倒になるので、引き継ぎが完全に終わるまでは旧端末はそのままの状態で保管しておきましょう。 ここで、新端末からメールアドレス登録はできるのかと言いますと、LINE引き継ぎのために新端末でLINEにログインすると、「メールアドレス未登録の場合」というアイコンが表示されます。 しかしばながら、ここからでは引き継ぎのためのメールアドレス登録ができないですので、新端末からメールアドレスは設定できないので、旧端末を処分してしまった場合はパソコンからの操作になります。 ただ、引き継ぎのためにはパソコンにFacebookをインストールして、ログインし、LINEの連携設定を行いましょう。 最後まで、LINE「 Letter Sealingメッセージが復号されていない」で表示されない原因・対処法についての記事を読んでいただきありがとうございます。 また、LINE「Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」の意味、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」が出た場合の対処法についても紹介しました。 さらに、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」を出さずに機種変更する方法、バックアップすることなども紹介してきました。

次の

LINEの待ち受け画面で相手からのメッセージやトークの通知本文を非表示にするやり方は?

ライン の メッセージ が 表示 されない

少し前のことですが、2016年7月6日の夕方頃より、「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません」というエラーメッセージが届く問題が、多数のユーザーの間で発生しています。 そこで、今回、Android版LINE 6. 2アップデートが公開されております。 また、あなたがAndroidスマホを使っていなくても、相手がAndroid版を使っていたり、Android版のアップデートに合わせたサーバー側の更新が、iPhone版にも影響に与えている可能性が考えられます。 そこで、まず、「Letter Sealing」のメッセージについてですが、友だちからのメッセージが、どういうわけか、次の「Letter Sealing」というメッセージに化けて表示されてしまいます。 そして、Letter Sealingとは、メッセージが復号されていない可能性があるため表示できませんので、友だちにメッセージの再送信を依頼してください。 また、「Letter Sealing」機能についてですが、Letter Sealing機能とは、ものすごく詳細を飛ばして簡単に言えば、メッセージを暗号に変換してから送ったり、受け取ったりするLINEの機能です。 そして「復号」とは、「暗号化解除」のことで、「暗号化されたメッセージを、元に戻すのに失敗した」というようなことを意味するエラーメッセージです。 そこで、まずは、対処法ですが、機種変更されないLINEアプリの最新版へのアップデートを試してみて、iPhone・Androidスマートフォン本体の電源を入れ直したり、LINEアプリを再起動してみてください。 そして、それらで解決しないことが分かってから、設定変更する対策(対処法)を試してみて見ましょう。 さて、設定を変更する機種変更されない対処法の 対策のポイントについてです。 ここでの機種変更されない対策のポイントは、一度このエラーメッセージに変わってしまったメッセージを元に戻すことはあきらめて、今後受け取るメッセージがエラーにならないように対策するというところで、設定を変更する対策(対処法)のポイントです。 ここで、設定を変更する機種変更されない 対策に(対処法 )ついてですが、その「設定」とは、「Letter Sealing」の有効無効を変更する設定です(iPhone・Android共通)。 まずは、対処法ですが、LINEの設定を開いて、「トーク・通話」の設定を開いて、そして、「Letter Sealing」の設定を確認してみてください。 そうしたら、まず、自分と相手が、それぞれ「オン」の設定か「オフ」の設定かを確認して、確認したら、二人で「オン・オン」「オン・オフ」「オフ・オフ」「オフ・オン」という、4つの組合せを試してみて見ましょう。 また、ちゃんとLetter Sealingのエラーにならずに送受信できるパターンを探してみてください。 知ってる方もいると思いますが、機種変更などで LINEアカウントを引き継ぐことがありますので、今回はそんな機種変更されないLINEアカウント引き継ぎ方法とその際に気をつけることです。 または、機種変更されない引き継ぎの際によく起こる「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」というLetter Sealingによるメッセージ非表示の問題が発生した時の対処法をご紹介していきます。 そうとはいえ、iPhone7plusに機種変更して格安SIMに乗り換える際に、機種変更されないLINEのアカウント引き継ぎで今回紹介するLetter Sealingで失敗した人はたくさんいると思います。 そこで、機種変更されないアカウントの引き継ぎ方法と注意点についてですが、まずはアカウントの引き継ぎに関してで、アカウントの引き継ぎをする前にメールアドレスを登録します。 大抵、ここは失敗しなかったんですが、機種変更されないメールアドレスを登録するについてですが、それではメールアドレスの登録方法を説明します。 まずは、LINEホーム画面で右上の「設定(ネジマーク)」をタップして、表示された設定メニューの「アカウント」をタップします。 ここで、《Letter Sealing(レターシーリング)とは》についてですが、スマートフォンやパソコンで利用できるメッセージングアプリ「LINE」で採用されている、メッセージの暗号化技術です。 そして、Letter Sealingによってトーク外の第三者がトーク内容を見ることができないようにしていますし、Letter Sealingによってトーク内容のセキュリティを高めているのです。 つまり、機種変更などのLINEアカウントの引き継ぎのとき以外はLetter Sealing設定はONにしておき、アカウント引き継ぎの際に発生するのは、新しい端末でのアクセスを第三者とみなしてしまうためなんです。 要するに、今回防ごうとしている「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」という現象はセキュリティ的にはいい状態なわけです。 なお、動画が再生されない場合は、外部ブラウザでリンクを開いて、LINEを最新バージョンにアップデート後、iCloudに接続し、以下の操作を行ってください。 また、iTunesからのアプリのバックアップ/復元は、自己責任で行って、キャッシュデータはバックアップの対象に含まれないため、トーク履歴内の画像やスタンプが一部復元されない場合があります。 さらに、重要な画像は事前にLINE内の[アルバム]や[Keep]への保存をご検討ください。 そこで、iCloudに手動でバックアップする手順についてですが、[その他]([…]アイコン)>[設定](歯車アイコン)>[トーク]をタップして、[トークのバックアップ]>[今すぐバックアップ]をタップです。 なお、ログインする方法は、新端末で「ログイン」をタップし、「Facebookログイン」をタップします。 そうするとFacebookのログイン画面になるので、ログインしてからLINEに移り、引き継ぎ、LINEの引き継ぎのためにFacebookからLINEにログインするときに外部サービスへのアクセスが失敗しました。 また、しばらくたってからもう一度お試しくださいというエラーメッセージが表示され、ログインできないことがあります。 そこで、エラーになり引き継ぎできない場合は、Facebookにアカウントを複数持っていて、LINEと連携しているFacebookではないアカウントからLINEにログインしようとした場合に表示されます。 さらに、そちらのアカウントをFacebookから連携すれば、ログインでき、引き継ぎできるようになります。 ここで、事前にFacebook連携をしていない場合についてですが、FacebookからLINEにログインし、引き継ぎする方法は事前にLINEと連携していないとできないですが、旧端末がまだ残っているのであれば、旧端末のLINEからFacebookに連携できます。 加えて、連携するにはLINEの「設定」メニューをタップし、「アカウント」を選び、「Facebook」の欄の「連携する」をタップします。 しばらくすると「解除」に変わるので、そしたら連携できたということです。 なお、新端末でFacebookにログインして、Facebook内の設定でLINEと連携することもできますが、ただやはり事前に連携させておいた方が安心ですので、きちんと準備を済ませておきましょう。 ただし、旧端末を処分してしまうと、とても面倒になるので、引き継ぎが完全に終わるまでは旧端末はそのままの状態で保管しておきましょう。 ここで、新端末からメールアドレス登録はできるのかと言いますと、LINE引き継ぎのために新端末でLINEにログインすると、「メールアドレス未登録の場合」というアイコンが表示されます。 しかしばながら、ここからでは引き継ぎのためのメールアドレス登録ができないですので、新端末からメールアドレスは設定できないので、旧端末を処分してしまった場合はパソコンからの操作になります。 ただ、引き継ぎのためにはパソコンにFacebookをインストールして、ログインし、LINEの連携設定を行いましょう。 最後まで、LINE「 Letter Sealingメッセージが復号されていない」で表示されない原因・対処法についての記事を読んでいただきありがとうございます。 また、LINE「Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」の意味、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」が出た場合の対処法についても紹介しました。 さらに、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」を出さずに機種変更する方法、バックアップすることなども紹介してきました。

次の

LINE「新着メッセージがあります。」の通知で本文が見れない時の対処法【2018年最新版】

ライン の メッセージ が 表示 されない

少し前のことですが、2016年7月6日の夕方頃より、「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません」というエラーメッセージが届く問題が、多数のユーザーの間で発生しています。 そこで、今回、Android版LINE 6. 2アップデートが公開されております。 また、あなたがAndroidスマホを使っていなくても、相手がAndroid版を使っていたり、Android版のアップデートに合わせたサーバー側の更新が、iPhone版にも影響に与えている可能性が考えられます。 そこで、まず、「Letter Sealing」のメッセージについてですが、友だちからのメッセージが、どういうわけか、次の「Letter Sealing」というメッセージに化けて表示されてしまいます。 そして、Letter Sealingとは、メッセージが復号されていない可能性があるため表示できませんので、友だちにメッセージの再送信を依頼してください。 また、「Letter Sealing」機能についてですが、Letter Sealing機能とは、ものすごく詳細を飛ばして簡単に言えば、メッセージを暗号に変換してから送ったり、受け取ったりするLINEの機能です。 そして「復号」とは、「暗号化解除」のことで、「暗号化されたメッセージを、元に戻すのに失敗した」というようなことを意味するエラーメッセージです。 そこで、まずは、対処法ですが、機種変更されないLINEアプリの最新版へのアップデートを試してみて、iPhone・Androidスマートフォン本体の電源を入れ直したり、LINEアプリを再起動してみてください。 そして、それらで解決しないことが分かってから、設定変更する対策(対処法)を試してみて見ましょう。 さて、設定を変更する機種変更されない対処法の 対策のポイントについてです。 ここでの機種変更されない対策のポイントは、一度このエラーメッセージに変わってしまったメッセージを元に戻すことはあきらめて、今後受け取るメッセージがエラーにならないように対策するというところで、設定を変更する対策(対処法)のポイントです。 ここで、設定を変更する機種変更されない 対策に(対処法 )ついてですが、その「設定」とは、「Letter Sealing」の有効無効を変更する設定です(iPhone・Android共通)。 まずは、対処法ですが、LINEの設定を開いて、「トーク・通話」の設定を開いて、そして、「Letter Sealing」の設定を確認してみてください。 そうしたら、まず、自分と相手が、それぞれ「オン」の設定か「オフ」の設定かを確認して、確認したら、二人で「オン・オン」「オン・オフ」「オフ・オフ」「オフ・オン」という、4つの組合せを試してみて見ましょう。 また、ちゃんとLetter Sealingのエラーにならずに送受信できるパターンを探してみてください。 知ってる方もいると思いますが、機種変更などで LINEアカウントを引き継ぐことがありますので、今回はそんな機種変更されないLINEアカウント引き継ぎ方法とその際に気をつけることです。 または、機種変更されない引き継ぎの際によく起こる「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」というLetter Sealingによるメッセージ非表示の問題が発生した時の対処法をご紹介していきます。 そうとはいえ、iPhone7plusに機種変更して格安SIMに乗り換える際に、機種変更されないLINEのアカウント引き継ぎで今回紹介するLetter Sealingで失敗した人はたくさんいると思います。 そこで、機種変更されないアカウントの引き継ぎ方法と注意点についてですが、まずはアカウントの引き継ぎに関してで、アカウントの引き継ぎをする前にメールアドレスを登録します。 大抵、ここは失敗しなかったんですが、機種変更されないメールアドレスを登録するについてですが、それではメールアドレスの登録方法を説明します。 まずは、LINEホーム画面で右上の「設定(ネジマーク)」をタップして、表示された設定メニューの「アカウント」をタップします。 ここで、《Letter Sealing(レターシーリング)とは》についてですが、スマートフォンやパソコンで利用できるメッセージングアプリ「LINE」で採用されている、メッセージの暗号化技術です。 そして、Letter Sealingによってトーク外の第三者がトーク内容を見ることができないようにしていますし、Letter Sealingによってトーク内容のセキュリティを高めているのです。 つまり、機種変更などのLINEアカウントの引き継ぎのとき以外はLetter Sealing設定はONにしておき、アカウント引き継ぎの際に発生するのは、新しい端末でのアクセスを第三者とみなしてしまうためなんです。 要するに、今回防ごうとしている「メッセージが複合されていない可能性があるため表示できません。 」という現象はセキュリティ的にはいい状態なわけです。 なお、動画が再生されない場合は、外部ブラウザでリンクを開いて、LINEを最新バージョンにアップデート後、iCloudに接続し、以下の操作を行ってください。 また、iTunesからのアプリのバックアップ/復元は、自己責任で行って、キャッシュデータはバックアップの対象に含まれないため、トーク履歴内の画像やスタンプが一部復元されない場合があります。 さらに、重要な画像は事前にLINE内の[アルバム]や[Keep]への保存をご検討ください。 そこで、iCloudに手動でバックアップする手順についてですが、[その他]([…]アイコン)>[設定](歯車アイコン)>[トーク]をタップして、[トークのバックアップ]>[今すぐバックアップ]をタップです。 なお、ログインする方法は、新端末で「ログイン」をタップし、「Facebookログイン」をタップします。 そうするとFacebookのログイン画面になるので、ログインしてからLINEに移り、引き継ぎ、LINEの引き継ぎのためにFacebookからLINEにログインするときに外部サービスへのアクセスが失敗しました。 また、しばらくたってからもう一度お試しくださいというエラーメッセージが表示され、ログインできないことがあります。 そこで、エラーになり引き継ぎできない場合は、Facebookにアカウントを複数持っていて、LINEと連携しているFacebookではないアカウントからLINEにログインしようとした場合に表示されます。 さらに、そちらのアカウントをFacebookから連携すれば、ログインでき、引き継ぎできるようになります。 ここで、事前にFacebook連携をしていない場合についてですが、FacebookからLINEにログインし、引き継ぎする方法は事前にLINEと連携していないとできないですが、旧端末がまだ残っているのであれば、旧端末のLINEからFacebookに連携できます。 加えて、連携するにはLINEの「設定」メニューをタップし、「アカウント」を選び、「Facebook」の欄の「連携する」をタップします。 しばらくすると「解除」に変わるので、そしたら連携できたということです。 なお、新端末でFacebookにログインして、Facebook内の設定でLINEと連携することもできますが、ただやはり事前に連携させておいた方が安心ですので、きちんと準備を済ませておきましょう。 ただし、旧端末を処分してしまうと、とても面倒になるので、引き継ぎが完全に終わるまでは旧端末はそのままの状態で保管しておきましょう。 ここで、新端末からメールアドレス登録はできるのかと言いますと、LINE引き継ぎのために新端末でLINEにログインすると、「メールアドレス未登録の場合」というアイコンが表示されます。 しかしばながら、ここからでは引き継ぎのためのメールアドレス登録ができないですので、新端末からメールアドレスは設定できないので、旧端末を処分してしまった場合はパソコンからの操作になります。 ただ、引き継ぎのためにはパソコンにFacebookをインストールして、ログインし、LINEの連携設定を行いましょう。 最後まで、LINE「 Letter Sealingメッセージが復号されていない」で表示されない原因・対処法についての記事を読んでいただきありがとうございます。 また、LINE「Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」の意味、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」が出た場合の対処法についても紹介しました。 さらに、LINE「 Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。 」を出さずに機種変更する方法、バックアップすることなども紹介してきました。

次の