税務署の地図記号。 地図記号:地図記号一覧

【中学地理】地図記号と縮尺

税務署の地図記号

地図記号 大人には懐かしい、 地図記号。 地図記号とは、地図上で地形や施設・土地の状況などを表現するための記号で、小学校3年生の社会で習います。 現在、全部で161個あるそうですが、すべてを小学生で習うわけではありません。 地図に必ず 地図記号をいれる、という決まりがあるわけではないそうですが、もし 地図記号がなければ、「市役所」「小学校」「警察署」など地図が文字だらけになる可能性があります。 また、もし 地図記号が決められていなかったら、違う地図をみるたびにバラバラの記号を読み解かなくてはならず、大変わかりにくいです。 税務所でなく、税務署 小学生が学校で習う、 地図記号は、 地図記号のなかでも有名どころ?なものばかり。 例えば、 小・中学校、市役所、病院、郵便局、交番、警察署、消防署、税務署、裁判所、工場、温泉、城あと、田、畑、果樹園、神社、寺社など。 地図記号は由来があったり、そのものの形を表していることが多いので、記号の成り立ちを知ると、比較的簡単に覚えられます。 たとえば、 郵便局はポストに書いてあるマーク、 果樹園はリンゴの形、といったものです。 ところが、 地図記号自体は覚えられても、初めて目にする「 税務署」 は、そこがなにをする場所なのかを知るところからスタートするので小学生には大変です。 税務署とその 地図記号の成り立ちは、こう説明されるようです。 税務署は、国民や会社から税金を集める場所でお金を扱います。 昔は、電卓がなかったので、そろばんを使ってお金の計算をしていたため、税務署の地図記号は、そろばんのタマと軸の形を表しています。 ちなみに、 裁判所は、昔、市民に色々なことを伝えるために看板を立てていたため、立てていた板の形を地図記号とした、とされています。 そろばん や立て看板だということは覚えられても、 税務署、裁判所、という言葉のインプットが必要なうえ、税務署の「しょ」は「所」ではない!という点も間違えやすいです。 親が知らない地図記号 うえの 地図記号がなにを表しているかわかりますか? 時代とともに、新しく生まれた 地図記号があります。 左から、2002年に加わった、 博物館、 図書館、2006年に加わった、 老人ホーム、 風車です。 老人ホームと 風車は、 地図記号を決めている 国土地理院が初めて一般の人に 地図記号を決めてもらおうと行った公募によって選ばれたものです。 老人ホームは小学生が、風力発電用風車を図式化した 風車は中学生が考えたものだそうです。 つぎに地図をみたら、探してみてくださいね。

次の

子どもが税務署を知るきっかけは地図記号?!

税務署の地図記号

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0154 裁判所は「所」、警察署は「署」、この2つのショはどう違うのですか? A う~ん、今まで考えたことのなかったご質問ですねえ。 「署」の代表的な意味は、「署名」という熟語にあるように、「書き記す」という意味です。 しかし調べてみますと、それ以外にも、ズバリ、役所という意味があることがわかりました。 「署」の字の部首は、一番上にある「目」が横になった形をした部分(「よこめ」と言います)ですが、これは「网(あみがしら)」が変化したもので、もともとは網の象形文字なのです。 「署」の字の役所という意味は、網のように区分けする、という所から生じて来ているようです。 「所」の方は、基本的には「ところ」の意味で、非常に使用頻度の高い漢字です。 そのぶんだけ、特定のイメージを持たない字であるとも言えるでしょう。 そこから考えますと、「所」と書くよりも「署」と書いた方が、役所というイメージが強く出るのではないでしょうか。 警察署、消防署、労基署など、「署」の付くものを並べてみると、いかにもお役所然としているようにも思えてきます。 この印象が本当だとすると、裁判所が「所」なのはありがたいですね。 お役所を相手に訴訟を起こしても、公平に裁いてくれそうな気がしてきます。 もし「裁判署」だったら、確実に敗訴することでしょう。 また、派出所が「所」なのも、警察署と違って市民生活に溶け込んでいるようにも思えて、親しみがわくように思えてきたのですが、いかがですか? (注)その後、読者の方から、「署」には告発権があるが「所」にはない、というご指摘をいただきました。 法律的な定めがあるのかどうか、裏は取れませんでしたが、現実としてはその通りになっているようです。

次の

これ知ってた?分かると面白い地図記号の世界

税務署の地図記号

「この地形図の中に地図記号はいくつあるでしょう?」こんな質問や問題を出された経験はあるでしょうか?僕も子供のころ一生懸命探した記憶があります。 この質問が来ると子供たちは一生懸命に、地形図の中から知っている地図記号を探します「あった!神社!」「ここに交番!」素直で勉強熱心な子は隅から隅までくまなく地図記号を探します。 そこで出題者の大人は言うのです「ここに書かれている道、建物、その全てが地図記号です。 地形図は地図記号で出来ています」この時思いました「大人は何てずるいんだ」後にも先にも、このひっかけ問題が一番心に残っています。 もう地形図を見ることをやめてしまいたくなる絶望感。 そこから何とか持ち直して、いまは地図記号が好きなわけなのですが。 意地悪な大人もいますが、どうか地図記号に悪気はないので、出題者の事は嫌いになっても、地図記号は嫌いにならないでください。 地図記号は古くに作られたものなので、その由来も現代では少し首をかしげたくなるものが多くあります。 もう少し現代でもわかるような由来だったら覚えやすいのに!そう思っている人も多くいると思います。 僕もそのひとりでした、けれど由来を知ると不思議と愛くるしさのようなものが出てくるのです。 なので今回は個人的に由来の好きな地図記号5選を紹介します。 茶畑の地図記号を知っていますか?これも同じく黒丸が3つしかも同じ形で。 違うのは大きさだけ、配列も同じです。 茶畑の記号の由来はお茶の実を図案化したものなのですが、同じような史跡・名勝・天然記念物の記号、これだけ似ているのに変えないのには由来に秘密があるのだろう、と考えます。 この記号の由来は「特に意味はない」えぇぇぇ!こんなに似てるのにーーー!特に意味はないってーー!ならちょっと変えてくれてもいいじゃないの!せめて配列変えるとか、ギュッとくっつけちゃうとかー!意味はないなんて言われたら、何も言えないじゃないのー!正式な決まりで、特に意味はないって、昔ならではな感じがしてなんか愛くるしいです。 ちなみに村町役場の丸の地図記号も「特に意味はありません」 えぇぇぇ!地図記号って愛らしいですよね。

次の