ガラ ル マタドガス 育成 論。 【ポケモン剣盾】新ポケモン対戦考察(ガラルギャロップ、ガラルマタドガス)

マタドガス(ガラル)育成論 : 絶対仕事人!? 起点作りマタドガス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラ ル マタドガス 育成 論

HPに努力値を252降れば、防御は無振りだとしても、大抵の物理攻撃を耐えることが可能です。 また特性を「ふゆう」にすれば弱点が「はがね」と「エスパー」だけになり「ドラゴン」と「じめん」という対戦で使用頻度の高いタイプの技を無効にできる点も優秀です。 ガラルマタドガスの特性について シングルでのガラルマタドガスの特性は特に理由がなければ「ふゆう」を強くオススメします。 かがくへんかガス このポケモンがいる限り、場にいるすべてのポケモンの特性の効果が無効になり、発動しなくなる。 一見すると、とても便利そうな「かがくへんかガス」には決して無視が出来ない重大な欠点があります。 といった流れになるので、せっかくの「かがくへんかガス」の効果は適応外になります。 7世代だったらメガクチートやマリルリの「ちからもち」メガリザードンの「かたいつめ」などの無効化が可能なので、登場する時代がもう1世代早ければ…. といったところです。 また、環境トップのポケモンで無効にしたい特性の例として、パルシェンの「スキルリンク」ヒヒダルマ ガラルのすがた の「ごりむちゅう」メタモンの「かわりもの」などがあるので、決して外れ特性という訳ではないです。 メリットとしては、「ふゆう」と違ってグラスフィールドなどのフィールド系の技で恩恵を得られることが出来るといった特徴があります。 他には、地面に浮いていないので自分フィールド上の「どくびし」の効果を解除することが可能です。 とつげきチョッキの効果 特防が1. 5倍になるが、変化技がだせなくなる。 マタドガスといえば、「おにび」や「いたみわけ」などの優秀な補助技を持っていますが、今回は「とつげきチョッキ」型なので割愛します。 ワンダースチームは必須でどく技ほのお技でんき技は極論好みによります。 また、どくタイプの技ですが「クリアスモッグ」も候補になりますが、火力が足りないのでオススメはしません。 努力値振りについて 今回はHC252振りのオーソドックスな型を紹介していますが、 もし努力値振りを調整するのであれば、オススメの調整をご紹介致します。

次の

マタドガス(ガラル)育成論 : 絶対仕事人!? 起点作りマタドガス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラ ル マタドガス 育成 論

ガラルギャロップの考察 種族値、特性 原種の種族値は以下のようになります。 種族値的には素早さは高いもののそれ以外はあまり高くありません。 しかし、ガラルポニータが新特性の パステルベールを得たため、 毒無効かつ味方の毒を治すということで可能性は感じられますね。 また、可能性としては高くないですがギャロップに進化することでさらなる新特性、もしくはガラルリージョンフォルムは原種より種族値が強い(合計種族値は変わらなくても配分は変わりうる)こともあり得るでしょう。 何より見た目が可愛いので使ってあげたくトレーナーの方も多いのではないかと思います。 タイプ予想 ガラルポニータはエスパー単タイプでしたが、ガラルギャロップはどんなタイプになるのでしょうか。 考えられるのはそのままエスパー単タイプ、もしくはエスパーと何か他のタイプの複合タイプだと思います。 複合タイプとして考えられるのは炎(原種を取り戻す)、飛行(ペガサスに進化)、フェアリー(見た目的に)くらいでしょうか。 戦い方 メインウェポンとしてエスパータイプの攻撃技(思念の頭突き、サイコキネシス、新技)などが考えられますが、 エスパータイプの技ははがねタイプに通らないので、使いづらいのではないかと予想しています。 環境がどうなるかまだ分からないですが、いつの時代もドラゴンタイプは種族値が高くて強いためそれを無効に出来るフェアリータイプ、そしてドラゴン、フェアリー共に半減できるはがねタイプは強いのではないかと思います。 そういう意味ではがねタイプに通りづらいエスパータイプはカプ・テテフほどの火力があっても止められることがあるのです。 なので複合タイプとして炎があればはがねタイプに対しても戦えるのでアタッカーの可能性もなくはないかなという感じです。 そうでなければ対戦での使い道的にはパステルベールという特性を生かしたものになるのではないかと思います。 パステルベールという特性自体は味方の毒も治すことが出来るため、ダブルで強いのかというとダブルはそもそも毒があまり強くないのでなかなかきついと思います。 ということで シングルで毒無効という特性を生かした戦い方をしていくことになるでしょう。 覚える技 原種のギャロップの覚える使えそうな技としては つのドリルと 催眠術があります。 そして 朝の日差しといった回復技もあります。 運に頼ることになりますが、 毒を使ってくる相手に出して無効化して交代する相手に催眠術やつのドリルを使うということが考えられます。 しかしこの戦い方には天敵がいてそれが ギルガルドです。 ギルガルドは つのドリルは無効ですし、エスパー技も半減で耐久も高いのでかなりきついです。 強いのか 正直僕の頭ではこれ以上の使い方は思いつかないですし、この戦い方はわざわざ耐久力がそこまで高くないギャロップでやる必要がないのではないかと思ってしまいます。 例えばドリュウズも毒無効でつのドリルを覚えますので、タイプ耐性ももっと優秀なドリュウズは結構強いかなと思いますが、どうしても種族値的にもギャロップではきついかなという感じです。 その他グライオンは毒で回復し、かつハサミギロチン覚えるなどそういったポケモンは強いのですが、エスパーというタイプ自体耐性があまり優秀ではないというのもあります。 ギルガルドに対してもドリュウズやグライオンなら地面技で攻撃することが出来ます。 なので現状強いとは考えることが出来ないですが、カモネギのようにもしかしたら ギャロップがさらに進化する可能性もあるのでそこに期待するしかないのかもしれません。 ガラルマタドガス ということでガラルギャロップはさらなる進化でもしない限りはあまり使えないという予想をしてしまいましたが、次はガラルマタドガスです。 こいつこそ新特性を取得した期待のガラルリージョンフォルムのポケモンです。 種族値、特性 原種の種族値は以下のようになります。 種族値的には防御はかなり高く、体力に努力値を振ることによって物理耐久はかなり高くなります。 さらに原種は鬼火で相手の火力を下げたり、痛み分けで回復することで物理を受ける役割をすることがありました。 特性に関してはふゆうとかがくへんかガスということでふゆうは言わずもがな地面を無効にすることが出来る優秀な特性です。 かがくへんかガスに関しては新特性で場のすべてのポケモンの特性を無効にして、発動もしないということで特にダブルで活躍が期待されています。 タイプ タイプは毒、フェアリータイプです。 抜群(2倍) エスパー、はがね、じめん(ふゆうの場合は無効)• 半減 くさ、 フェアリー、 あく• 四分の一 かくとう、むし• 無効 ドラゴン ということでタイプの耐性としては優秀なのではないかと思います。 ふゆうの場合は ドラゴンも地面も無効ということでガブリアスは手も足も出ないということになります。 ジャラランガも かくとうは四分の一でドラゴン無効ということでかなりきついでしょう。 さらに僕が注目していた ベロバー(その進化系)のあく、フェアリーも共に半減することが出来ます。 このように 物理アタッカーの多いタイプである、ドラゴン、かくとう、あく、じめん(ふゆうの場合)に強いのが結構強いのではないかなと感じます。 さらに原種は 大文字など炎技も覚えることが出来るので交代で出てきたはがねタイプにも負荷をかけることが出来るためかなり優秀なポケモンと言えるのではないでしょうか。 戦い方 先ほどから説明しているように シングルではタイプ耐性を生かした物理受けとして使うことがまず考えられるでしょう。 そのためシングルでは新特性のかがくへんかガスよりもふゆうの方がタイプ耐性も増えるため使いやすいかもしれません。 さらに期待されているのは ダブルにおけるかがくへんかガスです。 ダブルはここしばらく威嚇という特性を用いた戦い方が主流でした。 ダブルにおいて威嚇は相手2体の攻撃力を下げれるというすごく優秀な特性だったため、相手有利の盤面は威嚇のポケモンを交代で出して凌ぐというのが基本戦術の一つでした。 その 相手の威嚇を無効に出来るというのは大きなことです。 さらには 味方のマイナス特性も無効にすることが出来る可能性もあります。 有名なのはケッキングやレジギガスなどでしょう。 マイナス特性がなくなることで味方は強くし相手を弱くする可能性があるのです。 その一方で使い方も結構難しいかなと思っています。 マタドガスが場にいると自分のポケモンの特性も発動しないため、 自分も特性前提のポケモン(威嚇や天候やちからもちやふゆうやひらいしん)などのポケモンが使いづらくなってしまいます。 どこまでの特性が無効化されるのかはまだわかりませんが、少なくとも動画でふゆう、よびみず、威嚇は無効になっていたので特性が必須なポケモンをどう使うのかプレイングスキルが必要になります。 覚える技 原種の覚える技として使えそうなのは、 鬼火、 どくどく、 痛み分け、 道連れ、 毒びし、 火炎放射、 十万ボルト、 ヘドロ爆弾などがあります。 フェアリータイプなのでフェアリー技(ムーンフォースもしくはマジカルシャイン)は覚える可能性が高いでしょう。 シングルの場合は鬼火あるいはどくどくで物理受けとして役割を持てると思います。 回復手段が痛み分けか持ち物の黒いヘドロ、きのみ、たくわえる+のみこむしかないので回復を以下にするかは問題となるでしょう。 もともと 体力の種族値があまり高くないので痛み分けでも最初のうちは回復できると思いますが、半分回復技がないのは使いづらいところかもしれません。 しかし、攻撃技に関しても多彩では がねタイプ、フェアリータイプ、水タイプなど交代で出てきそうなポケモンに対しても負荷をかけられるので使い方次第では活躍できるのではないかと思います。 まとめ 今回はガラルのギャロップとマタドガスの考察をしてみました。 マタドガスには結構可能性を感じているのでぜひ早く捕まえて育てたいなと思っています。 しかしポニータも可愛いので育てようと思っています。 ソードシールド やる予定の方ぜひツイッターのフォローをお願いします。

次の

マタドガス(ガラル)育成論 : 【起点作り】NOT爆発、安全マタドガス【脱出パック】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ガラ ル マタドガス 育成 論

マタドガス Matadogas 英語名 Weezing 110 115 109 - 116 - 047 - - - 114 - - - - - - - - - - 251 - - 分類 どくガスポケモン 1. 2m 9. 5kg 紫 ガラルのすがた 3. 0m 16. 0kg 灰 20サイクル• 第二世代: 5120歩• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 173• 第五・第六世代: 172• 第七世代: 172• ポケモン徹底攻略• マタドガスとはのNo. 110のポケモンのこと。 初登場は。 35で• でLv. 35で ガラルのすがた ポケモンずかんの説明文 、、 ごくまれに とつぜんへんいで ふたごの ちいさい ドガースが れんけつしたまま でることがある。 漢字 ごくまれに 突然変異で 双子の 小さい ドガースが 連結したまま 出ることがある。 、 2つの どくガスの せいぶんが ながい じかん ふきだまる ばしょで ふたごの ドガースが でるらしい。 、、 ゴミのなかに ふくまれている どくガス バイきん ほこりを きゅうしゅうして いきている。 漢字 ゴミの中に 含まれている 毒ガス バイ菌 ほこりを 吸収して 生きている。 、、 どちらかが ふくらむと かたほうは しぼむ ふたごの ドガース。 いつも たいないの どくガスを まぜている。 漢字 どちらかが ふくらむと 片方は しぼむ 双子の ドガース。 いつも 体内の 毒ガスを 混ぜている。 、 たいないに ふくまれる どくガスを ぎりぎりまで うすめると さいこうきゅうの こうすいができる。 ゴミからでる どくガスを すうたび からだが ふくらみ なかの においが くさく なっていく。 、 くさった なまゴミから でる ガスが だいすき。 そうじを しない いえに すみつき かぞくが ねしずまった まよなか ゴミばこを あさる。 漢字 腐った 生ゴミから 出る ガスが 大好き。 掃除を しない 家に すみつき 家族が 寝静まった 真夜中 ゴミ箱を 漁る。 、 ふたごの からだを こうごに しぼませたり ふくらませたりして どくガスを まぜている。 まぜるほど どくそが つよまり くさくなる。 漢字 双子の 体を 交互に しぼませたり 膨らませたりして 毒ガスを 混ぜている。 混ぜるほど 毒素が 強まり 臭くなる。 どくガスを とくしゅな ほうほうで うすめると さいこうきゅうの こうすいが できあがる。 ゴミから でる ガスが さいこうの ごちそう。 ・、 ゴミから はっせいする ガスを たべて おおきくなる。 ごくまれに 3つごの マタドガスが みつかる。 漢字 ゴミから 発生する ガスを 食べて 大きくなる。 ごくまれに 3つ子の マタドガスが 見つかる。 ゴミからでる どくガスを すいこみ たいないで まぜあわせ さらに きょうれつな においを まきちらす。 漢字 ゴミからでる 毒ガスを 吸いこみ 体内で 混ぜ合わせ さらに 強烈な 臭いを まきちらす。 2つの からだで ガスを まぜる。 むかしの ガラルでは そこらじゅうで すがたを みかけたらしい。 漢字 2つの 体で ガスを 混ぜる。 むかしの ガラルでは そこらじゅうで 姿を 見かけたらしい。 ガラルのすがた たいきの きたない せいぶんを きゅうしゅうし きれいな くうきを フンの かわりに はきだしている。 漢字 大気の 汚い 成分を 吸収し きれいな 空気を フンの 代わりに 吐き出している。 ガラルの マタドガスよりも くうきを すいこむ ちからは すこし よわいが つくりだす どくそは きょうりょく。 漢字 ガラルの マタドガス よりも 空気を 吸いこむ 力は 少し 弱いが 作りだす 毒素は 強力。 ガラルのすがた こうじょうが たちならび くうきが よごれていた むかし。 なぜか このすがたに へんかした。 漢字 工場が 建ち並び 空気が 汚れていた むかし。 なぜか この姿に 変化した。 種族値 第1世代 65 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 出現場所 レベル 入手方法 赤・緑・青 Lv. XX をさせる。 XX をさせる。 ク Lv. XX をさせる。 FR Lv. 32 1階、2階、3階 Lv. 55 - - Lv. 55 外 Lv. 56 入口 Lv. 58 奥 Pt Lv. 52 Lv. XX をさせる。 52 外 Lv. XX をさせる。 XX をさせる。 色違い;深緑• 通常の姿のマタドガスはまで特性はふゆうのみだったが、から通常特性2にを、隠れ特性にを手に入れた。 単の最終進化形の中で唯一の威力が20のポケモンである。 ガラルのすがたのデザインは、双子であること、頭にある煙突のようなものと追加されたフェアリータイプから、「フェアリー式蒸気機関車」をモチーフにしたものと思われる。 では既にガラルのすがたも実装されており、レイドバトルでのみ入手できる。 におけるマタドガス• のポケモン。 ではが別個体を借りて使用した。 では映画撮影の煙幕係として登場。 におけるマタドガス におけるマタドガス• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の