マガポケ 進撃の巨人。 [講談社] 「進撃の巨人」ほぼ全巻99%OFF 最終回まで一緒に読もう!キャンペーン

「マガポケ」進撃の巨人も無料!漫画が無料で読み放題!アプリの使い方やおすすめ漫画を解説

マガポケ 進撃の巨人

マガポケって? 「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」などのマンガが無料で読める! マガポケは 「週刊少年マガジン」や 「別冊少年マガジン」などを刊行している講談社が提供しているアプリ。 公式で提供されているアプリですので、それぞれの少年誌で連載されている マンガがいち早く、タイミングによっては無料で読むことができる唯一のアプリです。 しかしこの「マガポケ」は「少年マガジン」を出版している「講談社」自体が運営しているので、このような違法性の心配もない、安心して利用できるマンガアプリであります! マンガを無料で読む方法 ポイントを使って読む 無料でマンガを読む手段として従来より利用されている方法であり、1話につき 20ポイント前後のものから、100ポイント以上のものもあります。 ポイントの貯め方としては、 以下の方法がございます: 動画広告を閲覧してポイントを貯める ゲームなどの動画による広告を閲覧してポイントを獲得することができます。 というボタンがありますので、こちらをタップ。 こちらの動画視聴によるポイント獲得は1日に3回まで閲覧することができ、1度で最大10ptも獲得、3回で30ptの獲得も可能になっています。 ポイントがもらえる対象話を読む マガポケではなんと、 「読むとポイントがもらえるマンガ」が配信されています。 マンガも読めるし、ポイントも貰えるし一挙両得ですね。 なお、画面右上のルーペアイコンが「 検索」となっており、マンガタイトルの検索を行うことができます。 また、「 ポイントプレゼントの対象となっている作品」が確認できるのもこのタブです。 また、今まで読んできた履歴から 「あなたへのオススメ!」として別タイトルのレコメンドもこのページ内で確認することができます。 それぞれ通常の紙面を購入するよりも安く設定されている定期購読プランとなっており、• 週刊少年マガジンは1冊300円(税込み)で販売されていますので、一部記事や袋とじなどは含まれていませんが、漫画を読む目的であればかなりお安く設定されています。 そして一途。 好奇心半端ない。

次の

無料漫画アプリ「マガジンポケット(マガポケ)」 好きな漫画をずっと無料で読める

マガポケ 進撃の巨人

マガポケって? 「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」などのマンガが無料で読める! マガポケは 「週刊少年マガジン」や 「別冊少年マガジン」などを刊行している講談社が提供しているアプリ。 公式で提供されているアプリですので、それぞれの少年誌で連載されている マンガがいち早く、タイミングによっては無料で読むことができる唯一のアプリです。 しかしこの「マガポケ」は「少年マガジン」を出版している「講談社」自体が運営しているので、このような違法性の心配もない、安心して利用できるマンガアプリであります! マンガを無料で読む方法 ポイントを使って読む 無料でマンガを読む手段として従来より利用されている方法であり、1話につき 20ポイント前後のものから、100ポイント以上のものもあります。 ポイントの貯め方としては、 以下の方法がございます: 動画広告を閲覧してポイントを貯める ゲームなどの動画による広告を閲覧してポイントを獲得することができます。 というボタンがありますので、こちらをタップ。 こちらの動画視聴によるポイント獲得は1日に3回まで閲覧することができ、1度で最大10ptも獲得、3回で30ptの獲得も可能になっています。 ポイントがもらえる対象話を読む マガポケではなんと、 「読むとポイントがもらえるマンガ」が配信されています。 マンガも読めるし、ポイントも貰えるし一挙両得ですね。 なお、画面右上のルーペアイコンが「 検索」となっており、マンガタイトルの検索を行うことができます。 また、「 ポイントプレゼントの対象となっている作品」が確認できるのもこのタブです。 また、今まで読んできた履歴から 「あなたへのオススメ!」として別タイトルのレコメンドもこのページ内で確認することができます。 それぞれ通常の紙面を購入するよりも安く設定されている定期購読プランとなっており、• 週刊少年マガジンは1冊300円(税込み)で販売されていますので、一部記事や袋とじなどは含まれていませんが、漫画を読む目的であればかなりお安く設定されています。 そして一途。 好奇心半端ない。

次の

「マガポケ」進撃の巨人も無料!漫画が無料で読み放題!アプリの使い方やおすすめ漫画を解説

マガポケ 進撃の巨人

第1話 二千年後の君へ 第2話 その日 第3話 解散式の夜 第4話 初陣 — 巨人がすべてを支配する世界。 巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。 だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。 ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。 そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。 だが、食べられたはずのエレンが謎の巨人の中から発見されたことによって、兵団員の内部に恐怖と疑念が生じてしまう。 意識を失ったエレンが目を覚ますと、そこには調査兵団団長エルヴィン・スミスの姿があった。 エルヴィンは巨人の謎が眠るとされるエレンの生家への調査を決意する。 順調かと思われた道中、突如としてアルミンの前に「女型の巨人」が現れて陣形を破壊する。 「女型の巨人」には知性があり、エレンを狙って突き進む。 捕獲から脱出した女型の巨人は、再度エレンを目指してくるが、仲間を殺された怒りに身を任せエレンは再び巨人化する。 リヴァイ班の仲間を殺されたエレンは女型の巨人との戦いに挑むが敗北。 駆けつけたミカサとリヴァイにより救出されるが、女型の巨人の捕獲には失敗してしまう。 アルミンはエレンを逃がす計画をし、憲兵団のアニに逃走の手助けを求める。 エレン、アルミン、ミカサ・アニは外壁を目指し、隠れながら街中を移動する。 地下道に入るのを嫌がるアニに対して、アルミンは女型の巨人の正体がアニであることを知っていると告げる。 アニはみんなの目の前で、女型の巨人に変身をする。 だが、アニは巨人の力を使い、水晶を作り出しその中で眠りについた。 一方、ウォール・ローゼが破壊された。 住民の避難や状況の把握に務める調査兵団のコニーたち。 巨人が数多く出現した南は、コニーの家族が暮らす村がある。 南に向かうコニー、ライナー、ベルトルトたち。 そして、新たな巨人「獣の巨人」が現れた。 立体起動装置など武器を持たないコニーたちは、城の内部で身を潜める。 城の外では調査兵団の先輩らが巨人と戦っていたが、遠方から獣の巨人が馬や岩を投げて、城を攻撃する。 調査兵団の先輩らが全滅し、コニーたちだけが残された。 万策尽きたと思われたとき、ユミルがナイフを持って城から飛び降りる。 次の瞬間、ユミルは巨人に変身した。 しかし、鎧の巨人は鋼の鎧に纏われ、武術に長けており、エレンはなかなか攻略できない。 エレンは、以前アニに教わった関節技で応酬する。 しかし結局、エレンとユミルは、ライナーとベルトルトに連れ去られてしまう。 しかし、巨人化したユミルに、クリスタを連れ去られてしまう。 クリスタは壁の秘密を知る壁教(ウォール教)の重要人物。 ライナー、ベルトルト、ユミルは、エレンとクリスタを連れて、森を抜け、ウォール・マリアを目指す。 そこへ、エルヴィン団長らがおびき寄せてきた巨人の大群が、ライナーたちと衝突することになる。 - スポンサードサーチ 第51話 リヴァイ班 第52話 クリスタ・レンズ 第53話 狼煙 第54話 反撃の場所 — ラカゴ村出身のコニー。 エルヴィン団長らを襲った巨人の正体が、ラカゴ村の住人であることが判明する。 そして、王政の命を受けた中央憲兵により、ウォール教のニック司祭が殺される。 目的はレイス家とウォール教の繋がりとエレン、クリスタの居場所の特定だった。 リヴァイ班は人里離れた場所でエレンとクリスタを匿いながら、エレンの巨人の硬質化の訓練をしていた。 一方、エルヴィン団長とナイルは、王都ミットラスへ向かっていた。 リヴァイとハンジは、サネスを拷問し、レイス家の秘密を聞き出す。 レイス家が本当の王家であることが判明。 一方、エルヴィンはピクシス司令を訪ね、王政の不正を暴くための協力を求める。 エルヴィンはヒストリア・レイスを女王に即位させる計画を打ち明ける。 リヴァイ兵士長らは、中央憲兵に不満を持つマルロとヒッチを仲間に迎い入れ、中央憲兵のアジトへ奇襲をかける。 一方、ハンジとモブリットは新聞記者と協力し、中央憲兵の不正を暴くことに成功する。 そして、エルヴィン団長の処分(処刑)が王政で決まったその時、ウォール・ローゼが超大型巨人と鎧の巨人に突破されたとの一報が入る。 礼拝堂の地下にある洞窟には、憲兵団対人制圧部隊が待ち構えていた。 ロッドはヒストリアに、エレンが継承している巨人の力について説明する。 ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナの壁を作ったこと。 人々が平和に暮らすために、人類の記憶を改竄したこと。 ロッドの長女でヒストリアの腹違いの姉フリーダがその巨人の力を継承していたこと。 フリーダが、エレンの父グリシャに食べられたこと。 始祖の巨人の力は、レイス家の血を引く者が持たないと真価を発揮できないこと。 しかし、レイス家の人間が始祖の力を得ても「初代王の思想」に支配され、人類は巨人から解放されないこと。 そして、エレンの巨人の力を奪うため、ロッド・レイスはヒストリアに、エレンを食べさせようとしていた。 調査兵団が壁の上から大砲で攻撃するが、ロッドには効果がない。 巨人になったエレンが大量の爆弾をロッドの口の中で爆発させ、巨人になったロッドを撃退する。 一方、リヴァイとケニー・アッカーマンとの関係が明らかになる。 ケニーの妹のクシェルの息子がリヴァイであり、ケニーはリヴァイの育ての親であった。 レイス家の礼拝堂の地下で、ケニーはロッドから巨人化する液体の注射器を1本盗み、それをリヴァイに託した。 エレンの記憶では、父グリシャ・イェーガーがキース・シャーディス教官と会っていた。 巨人の手がかりを求め、リヴァイ兵士長らとキースの元へ向かう。 キースは、グリシャとの出会いから、昔の話を語り出す。 ウォール・マリア内には、獣の巨人。 調査兵団の両手から攻撃を仕掛けるジーク、ライナー、ベルトルト。 獣の巨人は調査兵団の退路を塞ぎ、じわじわと追い詰めてくる。 超大型巨人・鎧の巨人と戦うエレンたち。 獣の巨人と戦うリヴァイ兵士長たち。 エレンは超大型巨人の蹴りで気を失い、ミカサやコニーたちは超大型巨人に雷槍を食らわすことを試みるが、超大型巨人の熱風により近くことができない。 一方、全滅状態のリヴァイ兵士長とエルヴィン・スミス団長らは、獣の巨人を倒すため、最後の賭けに出る。 獣の巨人をあと一歩のところまで追い詰めたが、車力の巨人にジークを連れ去られてしまったリヴァイ兵士長。 ひとまず、巨人との戦いを終えた調査兵団だったが、究極の選択に迫られることになる。 瀕死の重症のエルヴィン団長とアルミン。 彼らを助けるには、巨人の注射を打ち、一度巨人にしてから、ベルトルトらを食べさせ、元の戻すこと。 しかし、残された巨人の注射は最後のひとつのみ。 エレンたちは、エルヴィン団長とアルミンのどちらかを選ぶ必要に迫られる。 彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。 その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。 そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。 その目的はジークをエルディアへ連れ帰ることだった。 王家の血を引くジークを迎え入れたことで、全世界に対抗する力「地鳴らし」の発動条件を手に入れたエレン達。 だがそれは同時に、全面戦争へのカウントダウン開始の合図でもあった。 だが兵団は、エレンがジークに操られていた場合の危機を考慮し、二人を引き合わせることに躊躇。 そしてマーレからの義勇兵を拘束してしまう。 彼らはザックレー総統を殺害し、兵団の要人を拘束。 一方ジークを見張るリヴァイは、死闘の末に再びジークを捕らえる。 計画の鍵を握るのは始祖の巨人の力を持つエレンと、王家の血を引く巨人であるジークの接触。 リヴァイら調査兵団による包囲網を突破し、ジークは自由の身となるが、そこにマーレ軍が現れる。 そして、地鳴らしを発動した。 すべてのユミルの民へ告ぐ。 オレの名はエレン・イェーガー。 始祖の巨人の力を介し、すべてのユミルの民へ話かけている。 バラディ島にあるすべての壁の硬質化が解かれ、その中に埋められていたすべての巨人は歩み始めた。 オレの目的は、オレがバラディ島の人々を守ることにある。 しかし世界は、バラディ島の人々が死滅することを望み、永い時間をかけ膨れ上がった憎悪はこの島のみならず、 すべてのユミルの民が殺され尽くすまで止まらないだろう。 オレはその望みを拒む。 壁の巨人は、この島の外にあるすべての地表を踏み鳴らす。 そこにある命をこの世から駆逐するまで。 始祖の力を発動し、世界を滅ぼそうとするエレンを協力して止めるだ。 エレンを追うため港にきたハンジたちだったが、港はイェーガー派が占拠していた。 飛行艇とアズマビトを守りつつ、船を整備する時間を稼がなくてはならない。 ライナー、アニ、ピークが巨人となり、イェーガー派と戦うが、数に勝るイェーガー派の前に、劣勢になる。

次の