沢尻エリカ代役。 大河ドラマ『麒麟がくる』、沢尻エリカ被告の代役に抜擢された川口春奈さんに注目 どんな俳優?

沢尻エリカの大河ドラマの代役候補7人!剛力彩芽が有力で濃厚かも?

沢尻エリカ代役

川口春奈 来年1月19日放送開始のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演予定だった沢尻エリカ被告(33)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕・起訴(初公判は1月31日)され、代役として白羽の矢が立った女優の川口春奈(24)が、自身の所属事務所とNHKに対して「見返してやる!」と闘志を燃え上がらせているという。 その裏にあるのが、事務所の先輩・榮倉奈々(31)の存在だ。 実は、まず榮倉に代役オファーが届いたが、調整がつかずに川口にお鉢が…。 すでに10話分が撮影済みだった「麒麟がくる」だが、沢尻被告の逮捕で川口を代役にして急きょ撮り直し。 その影響で、放送開始を来年1月5日から同19日に延期する異例の事態となったのは本紙既報の通り。 沢尻被告の代役を務める川口が演じるのは、主人公・明智光秀の主君・織田信長の正妻・帰蝶(濃姫)。 第1話から登場する重要な役どころだ。 川口にとっては、大河が時代劇初挑戦。 NHKからのオファー受諾後、2週間余りで時代劇の所作を身に付け、12月初旬に撮影に合流した。 「時代劇特有のセリフ回しに加え、美濃地方の当時の方言を体得するのは難しい。 沢尻が数か月かけたところを川口は10分の1ほどの期間でマスターしなければいけなかったことになる。 非常に重圧がかかる撮影現場でも、弱音を吐かず前向きで、物覚えの良さも絶賛されている。 さすがに沢尻と同じ出演シーンは難しいため、違和感がない程度に減らして対処もしている」(NHK関係者) それでも薬物事件で逮捕された沢尻の代役という意味でも注目を浴びるのは必至。 しかも、昨今の大河ドラマは低視聴率にあえぎ、最終回を迎えた「いだてん~東京オリムピック噺~」は、一時期ワースト視聴率更新ばかりが報じられた。 そんな中での代役だ。 今後の女優人生を左右しかねない状況で川口は、周囲が驚くほど燃えている。 いや、それどころか、NHKと事務所に対してなぜか「見返してやる!」と闘志をムキ出しにしているというのだ。 「沢尻被告の代役オファーは、数人の女優に出されたがみんな断られた。 結局、最終的に受諾したのが川口だった。 それだけじゃない。 実はNHKは同じ事務所の先輩で朝ドラヒロイン経験者の榮倉奈々にオファーしていたんだ。 そんな複雑な事情を承知の上で、初めての時代劇に挑んでいるだけに、川口が「見返してやる!」と燃えているのも当然だろう。 これまでの川口といえば、2013年に初のゴールデン枠での主演ドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)が視聴率低迷で第8話で打ち切りに。 ネット上では「低視聴率女優」とのうれしくないレッテルを貼られ、一時期は所属事務所から「ネット閲覧禁止令」を出されたほどだった。 今は立ち直っているとはいえ、そんな暗い過去を払拭するためにも、今回の大河チャンスをモノにするしかない、と勝負に出ているのだろう。 「事務所『研音』の後輩で年下の杉咲花は、来年秋から放送が始まる朝ドラ『おちょやん』でヒロインに抜てき。 研音は事務所内の競争の厳しさで知られるだけに、川口も事務所内の地位でも巻き返したい気持ちは強いでしょう。 格闘家・矢地祐介と自身初めての熱愛をスクープされましたが、精神的な支えになっているようで破局させられるなどはなさそう。 公私ともに重要なタイミングともいえる」(前同) 代役決定後、撮影の様子が報じられるたびにネット上は「頑張れ!」など好意的な声が噴出。 かつてあったバッシングはほとんど見られない。 昨今のNHKと研音との蜜月関係を考えれば、崖っ縁だった大河を救った川口が、将来的に朝ドラ・ヒロインなど大役に抜てきされることも大いにあり得る。 まずは自身が全力を注ぐ大河で演技力を見せつけられれば…川口の大逆襲が始まりそうだ。

次の

沢尻エリカの大河ドラマ代役は?本命4人をNHKドラマウオッチャーがズバリ

沢尻エリカ代役

主要キャスト!麒麟がくるの濃姫はどんな役? 麒麟がくるという大河ドラマ。 今回の主人公は 明智光秀なんです。 麒麟って言えばよくCMに出てくる泡の出る飲み物のメーカーにありますけど 笑 、あれって神獣なんです。 天下統一で争いが絶えない戦国時代。 真の王になった時に現れる 神聖な存在を意味する麒麟と、明智光秀がどう点と線で結ばれるのかっていうのが気になりますよね〜。 で、明智光秀のいとことして 濃姫が登場するんです。 幼い頃から知っている仲で許婚の関係。 大河ドラマの面白みとして実は両思いみたいな設定ですね。 実際に許婚の関係だったかどうかは資料がないため明らかにはなっていないようですが。 しかし、歴史で学んだ通り濃姫は織田信長の妻になってしまうんですよね。 光秀って最終的には本能寺の変で信長を死なせて少しの間だけ天下統一を取ってますが、夫を失った濃姫の心情と光秀への気持ちを絡めるとこの濃姫役、光秀や信長に負けず劣らずの 重要なポジションだと思います。 沢尻エリカ代役女優が濃姫役を演じた場合の条件…撮影期間とか 現在急ピッチで代役を探していて、もし代役が見つかった場合。 濃姫役を引き受けた女優さんが演じることを引き受けるとき際に番組側として必要となる条件は何でしょう? それは 短期間でセリフを覚えて、演技を行うこと。 役者さんなら簡単なことでしょ?って思うかもしれませんが、なにせ放送予定通りに演るにはすぐにでも取りかからないといけません。 撮影終了後に編集しなければなりませんしね。 麒麟がくるの大河ドラマって6月から始まってて、沢尻さんが逮捕された現在で10話くらい終わってるんですよね。 ということは少なくとも10話分をものすごい急ピッチでセリフを覚えなければならないし、撮影や編集に臨まなければならない。 代役の女優さんが効率よくスピーディに撮影が進む方法としては、いかにセリフを早く覚え、撮影中のNGを無くすかということが重要となっています。 あとは1話ごとに濃姫の心情や環境の変化が激変していれば それに沿った話し方やしぐさもかわってくると思います。 プロの女優さんはそういう細かい心境の変化も演技力といて表現していくので、一番気を付けなければならない。 そういう 精神的なプレッシャーは高いのではないかと考えます。 ということで代役に選ばれる女優さんには 沢尻さんと同等かそれ以上の実力を持った女優さんが求められますね。 Sponsored Link 最悪は放送延期も覚悟で! しかし…ベテラン女優さんに限って皆忙しいし、沢尻さんの演技力も優れているのでなかなかそれに見合った女優さんのスケジュールを確保するのは 難しいと思います。 一部のネット上の意見では「沢尻さんの出演シーンをそのまま活かして、ドラマが始まる時に 字幕で事情を説明しておけばいいんじゃない?」という声もありました。 でも、他の民放局と違ってNHKは公共放送。 悪い事をした内容が内容なだけに字幕で済ますというのは、受信料をもらっている立場からすればそういう措置は批判を浴びるので実現は難しいでしょう。 選ばれる女優さんの体調やスケジュールの事を考えると、ここは無理せず 放送延期をした方が賢明じゃないかなぁっていうのが私の個人的な思いでもあります。 何はともあれ、今回の大河ドラマの質は落とさず、面白い内容のものであって欲しい!.

次の

NHK大河「麒麟がくる」松たか子緊急投入!?沢尻代役・川口春奈に不安の声

沢尻エリカ代役

薬物事件の影響で女優沢尻エリカ被告(33)が降板したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、いよいよ始まる。 だが、一連の騒動で撮り直しと放送開始の延期を余儀なくされただけでなく、前年の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が同ドラマで歴代最低視聴率を記録してしまっただけに、NHKとしてはもう失敗を繰り返したくない。 そこで視聴率アップの秘策として、女優松たか子(42)のサプライズ起用が浮上しているという。 沢尻被告は昨年11月、合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。 翌12月に保釈。 現在は都内の病院で薬物治療をしているとされ、今月31日の初公判を待つ身である。 NHKは、女優川口春奈(24)を代役に抜てきしての撮り直しを余儀なくされ、大混乱に陥った。 再撮の費用は3億円以上に上るとされる。 当の川口は時代劇の経験がないため独特の所作やセリフまわしなど一から演技指導を受けたが、「致し方ないのですが、現場でかなり浮いてしまっているそうです」(ドラマ制作スタッフ)。 やはり演技は沢尻被告と比べて見劣りしてしまうそうで、「信長の正妻役ということもあって気品があるだけでなく強さも必要なのですが、沢尻と違って川口ではそうした強い女性像を出すことができず、かなり心配の声が上がっていると聞きます」(テレビ関係者)。 私生活にもイチャモンがついたという。 川口は、昨年12月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技団体ベラトールの大会にお忍びで来場。 交際相手でRIZINのお祭り男こと矢地祐介(29)の応援に駆けつけたが、「川口がカメラで映されると、会場は騒然となりました。 大河がスタートする前の大事な時期に、危険なイメージがある格闘技の試合会場に足を運んだことは、ドラマにとってマイナスイメージにつながりかねないのではないか…と、NHK局内では心配の声が上がっている」(芸能プロ関係者) また、前年の「いだてん」の二の舞いも危惧されている。 同作は全47話の平均視聴率が8・2%とドンズべリ。 1桁は大河史上初で、もちろん歴代でもワーストを更新した。 松のサプライズ起用だ。 「役どころは未定ですが、松など過去に大河に出演した大物女優を視聴率対策で担ぎ出すのではないか、とささやかれ出しました。 松は大河ドラマ『秀吉』(1996年)で秀吉の側室となる茶々役を演じて高い評価を得ており、今回白羽の矢が立つのではないかと言われています。 ドラマスタート後、沢尻が出ていれば…と言った論調が高まらないためにも初回から高視聴率を取らなければと、スタッフの士気は高まっています」(前同) 今年の大河には、がぜん注目が集まりそうだ。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区).

次の