眞子様 世間知らず。 眞子様の結婚問題は、秋篠宮家では解決できません。結局、小室さ...

眞子さまはまるで「人質」、秋篠宮さま「小室文書」への怒り|NEWSポストセブン

眞子様 世間知らず

去る2月6日、明らかとなった眞子さま(26)と小室圭さん(26)の「結婚延期」。 空前にして絶後と思われるこの発表は世間を驚かせた以上に、秋篠宮家のみならず皇室の深いトラウマとなりそうだ。 圭さんの父と祖父が相次いで不幸な亡くなり方をしていたこと、母・佳代さん(51)と元婚約者との間に430万円を超す金銭トラブルがあること、佳代さんがある時期に霊媒師に心酔していたという事実、祖母・角田八十子(かくたやそこ)さん(故人)と新興宗教の関係……。 お二人が婚約内定の記者会見をされた昨年9月からこちら、そういった内情が報じられてきたのはご存じの通りである。 一連の報道が宮内庁に「延期」を促し、と同時に、延期とは名ばかりの穏やかな破談に向けて台本が綴られ始めたのが、2月6日ということになる。 皇室ジャーナリストの山下晋司氏は宮家の苦悩を慮るようにして、こう話す。 「皇室経済法第6条にある通り、たとえご結婚で皇籍を離れるとしても、皇族であった方々には品位の保持に努めていただくという趣旨から、一時金(今回は約1億5000万円)が支給されることになっています。 難しいのは、この『品位』とは何だろうかということ。 究極的には、多くの国民の目から見て、皇族の地位にあった方にふさわしい振舞をされていると判断できるか否かなのだと思います」 宮内庁の関係者によると、 「借金と、その『ふさわしい振舞』は両立しないということになる。 だから破談に向けて進み始めたわけです。 あと、カネの問題と同じか、ひょっとしたらそれ以上に、新興宗教や霊媒師の存在を宮内庁は恐れたんでしょう」 この点、前出・山下氏は、 「信仰の自由は憲法が保障するところです。 結婚相手やその家族が宗教に関わっていたからと言って、一概に悪いと決めつけることはできません。 ただ、その宗教の性質、その宗教との関わり方が、多くの国民が眉をひそめるような類であれば、問題がないとは言えないのだろうというふうに思います」 とし、結局は品位の問題に行き当たると指摘するのだ。 yahoo. 眞子様も宮中で純粋培養で育った方だから、世間の事、裏社会の事、 実生活のことなど全く存じてないでしょう。 いとも容易く「海の王子」 の張り巡らした毒蜘蛛の巣に絡め取られてしまった。 最初に結婚の意思 を伝えられた秋篠宮殿下も雲上人だから、「本人の気持ちを尊重」など とのんびり構えて、事前に十分な調査を宮内庁に指示せずに、婚約発表 を許可してしまった。 様々なスキャンダル以前に、元皇族出にふさわしい生活スタイルなど経済的にできる訳ないことぐらいも分かってなかった。 ということは、小室親子は、最初から皇室から支出される1億5千 万の金で、借金の清算、帝国ホテルの結婚費用、新居の購入、生活費の 当面の費用を賄おうと目論んでいることも見抜けないほどに人柄が 純朴過ぎた。 宮内庁もこれは、秋篠宮家に一任しておけないと婚約延期 に出たのだ。 よくもまぁこれだけ、次から次へと生臭い話が出ますね。 どんだけ反感かっているのでしょう? 考えてみれば、こういった話が出る以前、まだ御祝いムードだった時点でも、あまり良い話題は少なかったですよね。 せいぜい、バイト仲間が「さわやかな人です」とか、勤めてる職場の上司が「頑張ってますよ」とか、当たりさわりの無い事ぐらい、『海の王子』なんてむしろ、黙っておけばイイのに、と思いました。 要するに、それぐらいしか言える事が無かったんでしょうね。 早急に撤収して欲しいですね。 そして、この母親は間違っても暴露本だの出さないように。 この国に住んでいたいならね。 あまり世の中をナメないでいただきたい、親子共々ね。

次の

秋篠宮家の眞子さまと小室圭さん、宮内庁がやっと破談へ動き出したようだ!

眞子様 世間知らず

眞子様と小室圭さんの結婚はいつ、どうなる? 先月行われた誕生日会見において、秋篠宮殿下は「昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と発言され、眞子さまと小室圭さんに何らかの見解を発表することを促された。 今後、お二人の結婚問題はいつ、どうなるのでしょうか? ひとつの節目として、 眞子様の父・秋篠宮様が提示されているタイミングが 2020年2月です。 というのも、冒頭で少し触れたように、眞子様と小室圭さんは2018年2月に、2年間の結婚延期を発表しており、そこからちょうど2年のタイムリミットを迎えるからです。 このタイムリミットを前に、 秋篠宮様は2019年11月のお誕生日会見で「(2020年2月のタイミングで)眞子様と小室さんが何らかの発表をする必要がある」と記者会見でお話されました。 ただ、この記事を作成しているのが2020年1月ですから、2月はもう1ヵ月後! しかも、先ほど触れたように、 小室圭さんの母・佳代さんの借金トラブルが未解決の上、小室さん本人もアメリカの弁護士資格取得を目指して留学中とあっては、このタイミングで結婚を発表するとは到底思えません。 次にキリがいいタイミングとしては、 小室圭さんのアメリカ留学が終了する2021年の夏ですが、そこまで何の発表もせずになぁなぁにできるとも思えませんよね。 ということで、 2020年2月のタイミングで、眞子様と小室圭さんから結婚の再延期が発表される可能性が高いのではという報道もあります。 秋篠宮様から何らかの発表を求められている&現状では結婚には踏み切れないという状況を踏まえると、結婚の再延期の発表が現実的かもしれませんね。 とはいえ、眞子様と小室圭さんの結婚には逆風が吹き荒れているのも事実で、 婚約解消すべきという声も相当高まっています。 眞子様と小室圭さんの婚約解消を求める世間の声やお二人の結婚の前に横たわる問題については「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク 眞子様と小室圭さんの相性占いの結果が残念なことに… 眞子さまと結婚へ 小室圭さんの「一発逆転」記者会見はあるのか?(デイリー新潮) — Yahoo! ニュース 母親の金銭トラブルが元で、眞子さまとの結婚が2020年まで延期された「婚約内定者」小室圭さん。 もう婚約解消した方が良いのではという声も少なくありませんが、このお二人の相性は良いのでしょうか? 世の中にはお二人の相性を占いで診断してくださっている方がいらっしゃるようで、その結果をご紹介します。 「女性自身」は 嵐の活動休止を的中させたという人気占い師「 Love Me Do(通称:ラブちゃん)」が眞子様と小室圭さんの相性を占った結果を2019年3月に掲載しています。 Love Me Doさんには是非ともおひさまになってほしい いつのまにかペンライト振ってますように — おさる 低浮上です NibuKasu46 (画像は人気占い師・ラブちゃんこと Love Me Doさん) ラブちゃんによる眞子様と小室圭さんの相性占い結果がこちら。 眞子さまと小室さんは惹かれ合う運命で、本来の相性もよいのですが、 小室さんは2021年に運勢が変わると出ています。 この時までに結婚することができなければ、残念ながらご縁がないのかもしれません。 出典:女性自身 眞子様と小室圭さんは「惹かれ合う運命で、本来の相性も良い」んですね。 しかし「2021年までに結婚できなければ、ご縁がない」とも! 2021年まであと1年。 先ほど触れたように、 小室圭さんのアメリカ留学が終わるのは2021年夏ですので、2020年中の結婚はかなりハードルが高そうです。 ということは、眞子様と小室圭さんは残念ながら婚約解消となるのでしょうか。 眞子様と小室圭さんの結婚問題の鍵を握るのはこのお方!? 小室圭さんの母親・佳代さんの近況やさまざまな炎上騒動については「」でぜひご覧ください。 ここで、賛成派の意見をご紹介します。 — 佳子さま萌え眞子さま萌え yuasharu33 エッセイストの小島慶子さんは眞子様と小室圭さんの結婚に賛成の意見を以下のように述べています。 望ましい結婚の形でないとしても、本人が幸せであれば、それでいいと思うのです。 もとよりひとりの人間として、 眞子さまには「結婚に失敗する自由と権利」もあるのではないでしょうか。 私は、眞子さまが、ご自分とお相手の方の意志のみでご結婚なさるということには賛成です。 (中略) 象徴天皇制のもとでは、天皇の基本的人権が制限を受けるという考え方がありますが、眞子さまは結婚されれば皇籍を離れるお立場ですし、お相手も一般の方。 人権の制限は最小限に留まると考えてよいのではないでしょうか。 出典:女性自身 眞子様が「結婚に失敗する自由と権利もある」というのが小島さんらしいですね。 20代の頃から一人称が「わし」な人もいて、有名な人なら小林よしのりさん。 — 畷左門 yMNdvzrig8cthAJ 小林よしのりさんは眞子様と小室圭さんの結婚に賛成の意見を以下のように述べています。 わしは結婚に賛成です。 みんな小室さんのお母さんが抱える400万円の借金を問題にするけど、借用書があるわけでもないんだから気にする必要はないし、それでも世間が返せというなら、わしが400万円ぐらい肩代わりします。 それぐらいこの2人の結婚を応援したい。 とにかく眞子さまは小室さんが好きなんだから、皇族だろうと何だろうと、人の恋路を邪魔してはいけない。 結婚できないとしたら、眞子さまがあまりにかわいそうじゃないか。 出典:NEWSポストセブン 確かに1人の女性としての眞子様の幸せを考えると、かわいそうという話にもなるのかもしれませんが、 眞子様が今さら小室さん以外の男性と出会って結婚するというプロセスを考えると、道のりが長くて、小室さんとの結婚に固執せざるをえなくなっている気もするのは私だけでしょうか。 ようやく見つけた結婚賛成派の意見がこちら。 私は眞子様と小室さんの結婚は賛成だよ! ただ、眞子様の持参金と税金での警備は無しね! 本当に1からふたりで築くならいいんじゃないかな? — ゆきっち。 yu7ki7chan 私は、眞子様、佳子様の発言には賛成。 皇族も自由な意思を持った私達と同じ人間です。 小室圭さんとの結婚も当人同士が好きならば賛成。 小室家の借金を税金に充てるのは反対。 小室家でどうにかして下さい。 意見違う人と議論するつもりはありません。 つまり、積極的な賛成ではないわけです。 ここでも問題になっている眞子様が結婚するときの一時金(持参金)の詳細は「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク 眞子様と小室圭さんの結婚に対する反対派の声 一方、眞子様と小室圭さんの結婚反対派の意見は調べるまでもないかもしれませんが、ご紹介しますね。 私は小室さんに対し、「もう眞子内親王との結婚はあきらめて、男らしく身を引いたらどうか」と言いたい。 小室さんが皇室と関係を持つのにふさわしくない人物であるとの認識は、今や多くの国民が抱いているものでしょう。 母親に金銭トラブルがあり、それらの疑惑について小室さん自身が誠実に答えていない。 どうにも小室さんという人物に信頼がおけません。 皇室とは公的な存在であり、関係を持とうとする人には一定の品格が求められます。 残念ながら、小室さんはその基準を満たしていないように思えます。 出典:NEWSポストセブン 確かに借金トラブルは小室圭さんの母親と元婚約者の間の問題ではありますが、この状況で小室さんが放置できるものではなくなっていますし、 小室さんが「問題は解決済み」という認識を2019年1月に文書で発表して以降、動きがないのはどうかとも思いますよね。 小室圭がもっとしっかりしていれば。 留学なんかせず、必死に働いて返済すればいい話で。 2、3年必死に働けば返せる金額のはず。 借金があるから、お金がないから結婚に反対しているのではなく、誠実さがなく、眞子さまを苦しめていることに怒っている。 そして、結婚反対派の人たちも条件付き賛成派の人たちと同様「経済的に皇室を当てにしないのならどうぞ」というスタンスでした。 国民以前に眞子様と小室圭さんの結婚に猛反対したいのは、秋篠宮様と紀子さまですよね… 小室家のついでに!?バッシングされがちな紀子さまの噂は「」でぜひご覧ください。 スポンサーリンク まとめ 眞子様と小室圭さんの結婚はいつ、どうなるのかや、お二人の相性占いの結果、結婚に対する賛成・反対の声とともにご紹介しました。 眞子様と小室圭さんにとって節目となるタイミングは、2年の結婚延期を発表したリミットとなる 2020年2月ですが、現在の状況を考えると、ここで結婚を発表する可能性はかなり低いと思われます。 また、小室さんがアメリカ留学を終える 2021年夏が次の節目ですが、小室さんの母親・佳代さんの借金トラブルが解決していない限り、結婚が難しいことに変わりはないのではないでしょうか。 また、嵐の活動休止を的中させたという人気占い師「 Love Me Do(通称:ラブちゃん)」の相性占いによると、 眞子様と小室圭さんは「惹かれ合う運命で、本来の相性も良い」もの の 、 「2021年までに結婚できなければ、ご縁がない」ということで、2020年にケリをつけないと厳しいという占い結果になりました。 眞子様と小室圭さんの結婚には反対派の方が大多数だと言われていますが、条件付き賛成派・反対派に共通しているのは、「経済的に皇室を当てにしないのならどうぞ結婚してください」というスタンスでした。 眞子様と小室圭さんの結婚がいつ、どうなるのかは、誰より眞子様ご自身が気を揉んでらっしゃることでしょう。 小室圭さんの誠意ある、かつスピーディーな対応が求められていますね。

次の

悠仁親王が眞子様につけたあだ名が天才的!?紀子様や同級生へのイキリもヤバい!

眞子様 世間知らず

それから今日でちょうど2年である。 昨年11月、秋篠宮さまは誕生日会見で「何らかのことは発表する必要があると私は思っております」とおっしゃったが、本日(2月6日)の時点でとくに発表はないようだ。 どうしてだめなのでしょうか」というお気持ちらしい。 小室さんの母親の金銭トラブルや父親と祖父母の自殺などのさまざまな情報が流れており、眞子さまの結婚を心配する声があふれている現状で、なぜこのようなお気持ちになられるのだろうか。 「ほれこみ」 まず、眞子さまは「ほれこみ」の状態と考えられる。 「ほれこみ」とは、フロイトによれば対象の過大評価である。 しばしば恋愛対象を理想化して、欠点が見えなくなる。 「あばたもえくぼ」という言葉があるが、まさにその状態だろう(「集団心理学と自我の分析」)。 「ほれこみ」の状態に陥ると、場合によっては無批判になり、相手に従属するようになる。 その点では催眠術と似ている。 恋愛の場合は恋愛対象、催眠術の場合は催眠術師に従属するわけである。 こういう状態に陥りやすいのは世間知らずで純真な人だが、眞子さまはその典型のように私の目には映る。 それを象徴するのが、今年1月の「歌会始の儀」で詠まれた「望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな」という歌である。 ストレートに解釈すれば、「月に兎が棲んでいると信じる純真な心を持ち続けたい」という思いが読み取れるが、うがった見方をすれば、 「小室さんは週刊誌でいろいろ書かれており、結婚に反対する人もいるが、それでも私は信じ続けたい」という一途な思いを詠まれたという解釈もできる。 いずれにせよ、純真な心を持ち続けたいとか、信じ続けたいとか思う人は、「ほれこみ」の状態になりやすい。 恋愛対象の欠点を指摘する人が周囲にいても、本人は聞く耳を持たず、批判のまなざしも向けようとしないのだから、当然だろう。 「Pity is akin to love(可哀想だたほれたってことよ)」 こうした「ほれこみ」の状態に拍車をかけているのが、「Pity is akin to love」の心理ではないか。 この言葉は、直訳すると「あわれみは恋の始まり」だが、夏目漱石が『三四郎』の中で引用し、「可哀想だたほれたってことよ」と俗っぽく訳して、有名になった。 この心理が眞子さまの一途な恋心に少なからず混じっている可能性が高い。 日本一の名家で何不自由なくお育ちになった眞子さまだからこそ、不遇な境遇で育った小室さんへのあわれみが強く、それを恋心と混同しておられるように見受けられる。 しかも、この種の恋心は、小室さんへのバッシングが激しくなるほど強まる。

次の