ガルパ 最難関。 【ガルパ】今25最難関って何だ? │ ガルパ攻略情報局

【カオスw】ガルパにチュウニズムの最難関曲が実装されたのでやってみたら【バンドリ!】

ガルパ 最難関

Contents• 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」の楽曲詳細 難易度 EASY NORMAL HARD EXPERT EXPERT 楽曲Lv 10 15 20 28 26 総コンボ数 184 314 542 878 762 解放条件 実装日 2017年8月21日 BPM 158 時間 2分06秒 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」ってどんな曲? 作詞 織田あすか Elements Garden 作曲 藤田淳平 Elements Garden 歌 【】 CV:佐倉綾音 CV:三澤紗千香 CV:加藤英美里 CV:日笠陽子 CV:金元寿子 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」フルコン動画 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」のフルコン動画です。 HARD 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」のHARDフルコン動画です。 EXPERT 「Hey-day狂騒曲 カプリチオ 」のEXPERTフルコン動画です。 開幕からリズム難の連打があり、曲のままだが端にあるのがまたミスを誘う出オチになっている。 Aメロ終わりで交互4連打の亜種が3回来た後、Bメロは同時押し2連打からの同時フリックがあり、後半は同時2連打合計5回、同時フリック合計3回とここがちょっと忙しい。 途中で連打が間に合わなくなったり位置がズレることがないように。 更に不規則なジグザグのスライドがあり加減が難しい。 こればかりは慣れしかない。 サビはタップ+フリックは同時フリックでOK。 終盤はトリルの後の「リリース+フリック」に注意。 その後、Bメロ同様に同時連打からの同時フリックがある。 ラストは二重スライドの後の同時フリックで凡ミスしないように。 開幕はやはりリズム難の連打の出オチがあり、その後はスライド+タップが不規則でわけの分からないものになっている。 そして、短いスライド4連続がありそれぞれ始点と終点で同時押しするが、2つ目と3つ目のスライド終点では同時に単フリック、しかも出張配置もあって非常に難しい。 イントロ終わりの乱打直後の同時フリックも意外と難しい。 Aメロは何度かあるくの字スライド、大きなくの字の二重スライド、1ヶ所ある「リリース+フリック」、乱打に特に注意。 直後の「ホールド+螺旋階段+フリック+出張」も同様。 細かいスライド+螺旋階段、直後の乱打も要注意。 スライド終点で2まで出張させた直後に3フリック+6タップと振り回される。 直後にもフリックが2回あり気が抜けない。 その後はサビ前半同様に「ホールド+階段+フリック+出張」が2回ある。 間奏では同じ方向の短いスライドが7連続、始点での同時押しも5回あり、更に細かいジグザグのスライド、高速螺旋スライド、右手を出張させたままホールド、乱打に紛れ込んだ交互3連打と難所が続く。 その後は、ホールドしつつ2連打の後「リリース+フリック」、物量タップに紛れ込んだ単フリック、そして左手で高速連打、右手は高速乱打を交互に叩いてから同時フリックとあり、集中力や体力が要求され続ける。 この領域に入ると譜面を覚えようがもはや才能がなければ幾ら努力してもどうにもならないと思える。 若干エアプ気味 EXは効率がかなり良い方でHARDも良い方だが、それ以前の問題として難易度が全楽曲中TOP3に入るほどで、HARDですら特攻死する人が他の曲に比べて多いため、「God knows…」と共に地雷曲になる。 普段は歌詞を聴く余裕もないが「6番目のAfterglow」に合ったもので、歌詞の内容面でもゾッとするものになっている。

次の

【GAMERS LIFE】ゆう

ガルパ 最難関

開始時期 初期からです! 最大総合力 Poppin Party 255,632 Afterglow 251,678 Pastel Palettes 250,388 Roselia 249,373 ハローハッピーワールド! 過去にはスクフェスで1位や上位入賞を果たし、現在ではバンドリでも1位を獲得している。 さらには数少ない全曲ALL PERFECT勢でもある。 ゆうさんインタビュー 音ゲートッププレイヤーのゆうさんにお話をお伺いできた。 全曲APコンプのエピソードもある。 ランクも引退する直前は上から13番目だったと思います。 穂乃果のイベは実は4回走っており、最初の1回目は20位となりイベントを走る楽しさを学びました。 2回目が来た時は前回イベで1位取っておりその勢いのまま推しの穂乃果イベも1位を取るぞって意気込み挑みましたが、2位に終わりめちゃくちゃ悔しい思いをしてしまいました。 走ったイベントでは、ブーストにどのくらい金額をかけていましたか? ゆう:秋時雨 ガチャ95000円、イベ35000円 ホムパ ガチャ10000円 運が良かった 、イベに140000円でした。 走ったイベはどちらもCPを貯めて走る形式のイベだったため、初期からあるマラソン形式でした。 理想の編成をガチャを回して組んで走る対バン形式になるとこれより更にかかることになります。 イベント称号はどのくらい持っていますか? ゆう:こんな感じになりますね。 マラソンや対バンは寝てるあいだに抜かれ、差を広げられたら負けだと思います。 CPイベは違います、寝ないことも重要ですが自力があり曲を叩くのに自信がある方はあまり叩くのに自信が無い方に比べて少し多めに寝ても大丈夫です。 というのも仮に二人とも理想編成だとして、自信ある人はcp消化をexでフルコンし続け毎回26000p貰うとし、自信が無い人はexだと死ぬと判断しhardで24000pを貰うとします。 つまり前者は8時間ほど多く寝ても勝てるわけです。 ちなみに、ライブ設定ってどのようになっているのでしょうか?参考までに見てみたいです。 ゆう:人によっては判定調整を曲ごとに変えたり、タップ音のSEをナシにしたりしますが僕自身は全曲同じ設定です。 戦績 2015年 スクフェス 第7回Medley Festival 8位 スクフェス 第21回Score Match 5位 スクフェス 第8回Medley Festival 2位 スクフェス Magnetic today!! 2位 スクフェス 第22回Score Match 1位 スクフェス 第8回Medley Festival 2位 2016年 スクフェス 第9回Medley Festival 1位 スクフェス 第11回Medley Festival1位 スクフェス 夜空はなんでも知ってるみたい 1位 スクフェス 第4回Challenge Festival 1位 スクフェス 第13回MedleyFestival1位 2017年 バンドリ 秋時雨に傘を 38位 バンドリ イヴのホームパーティへようこそ 1位 2018年 バンドリ ガルパ杯準決勝出場.

次の

【バンドリ!ガルパ】Hey

ガルパ 最難関

スカイノーツとアークノーツが難しくて楽しい。 アーケアは落下式音ゲーで、ガルパやデレステみたいな感覚の音ゲーです。 ただし、アーケアには他の音ゲーとは違う新感覚と呼べる要素があります。 それが「 スカイノーツ」。 これがアーケアというゲームが新感覚音ゲーである理由です。 スカイノーツとは アーケアでは普通の音ゲーにもあるようなノーツをフロアノーツと呼び、下を流れるノーツがフロアノーツに当たります。 このノーツは濃紺の判定ラインに来たら押します。 そして、フロアノーツと違いレーンに浮いている薄い色のノーツがスカイノーツです。 このノーツはフロアの判定ラインの上側にある薄い色のラインに流れてきたら押します (厳密にはスカイノーツには普通とは違う判定を持ちます)。 このスカイノーツという独自のシステムが、本来であれば4キー(判定ラインが4つ)のアーケアを実質8キーの音ゲーにしています。 見る分だと簡単そうですが、これが想像以上に難しい。 俺もYou Tubeで見たときは意外とできそうって思ったけど、やってみるとかなり混乱します。 最初は通常の判定ラインでスカイノーツを叩こうとしたり、スカイノーツの判定で通常ノーツを叩いたりと訳が分からなくなりました。 ただ、慣れてくるとこのスカイノーツがかなり面白くなります。 アークノーツとは アークノーツは、スカイノーツのロングノーツバージョンだと思ってもらって問題ありません。 ただし、これも厳密には普通のノーツと違う判定を持ちます。 レーンから浮いている、赤い棒みたいなのがアークノーツです。 これもスカイノーツ同様薄い色の判定ラインで処理します。 アークノーツの最大の特徴は自由度が高いところ。 このアークノーツ、浮いているだけではなく通常レーンに降りてきたり、斜め上に曲がったりとやりたい放題なノーツです。 これは伝わりにくいのでぜひやってもらいたいです。 また、アークノーツは一度話すと判定が途切れるので、デレステやDEEMOみたいに指の入れ替えができないのも特徴です。 そして、アークノーツは判定ラインで処理するというよりはアークノーツ自体が判定ラインです。 他の音ゲーである、このノーツが来たらここの判定ラインを押すというよりはアークノーツ自体を押してなぞります。 ただでさえスカイ判定と通常の判定で混乱しているところに、アークノーツという自由なノーツがやってきます。 これだけでも難易度が高い音ゲーなのがわかりますね。 難しい曲ほどスカイ(アーク)ノーツが難しくなる さっき書いたとおり、アークやスカイは普通の音ゲーとは違う感覚でやるので他の音ゲーよりも難しくなります。 そしてこのスカイ、アークノーツは最高難易度であるFUTUREになると、さらに複雑になってきます。 スカイ、アークノーツは通常であればスカイの判定ラインを叩くんですが、下に降ってくると通常の判定ラインで叩くこともあります。 これが下だけでしか叩かないフロアノーツとは違うところです。 そして、アークノーツは自由自在なノーツなので、難しい曲だとアークノーツ同士で交差させたり、片方でフロアとスカイの高密度を処理させたりしてきます。 アークは指の入れ替えができないので、交差になってくると一気に難易度が上がってきます。 こういうノーツは難しいと同時に、他にはないような新鮮な要素なので楽しい気持ちでプレイできます。 そして慣れてくると、出来なかった曲が出来るようになってきて達成感がすごいあります。 他のスマホ音ゲーと比べても難しい 遊ぶ音ゲー自体少ないので詳しくは分からないけど、アーケアは他の音ゲーと比べても十分難しいと思います。 アーケアには最難関曲で有名な「Grievous Lady」という曲があります。 この曲の理論値達成者は19年4月時点でわずか5人しかいません。 もう一つの最難関局である「Fracture Ray」に至っては4月時点で理論値達成者はいません。 どちらも曲が配信されてから1年は経つというのに、改めてアーケアの難しさが伝わります。 そもそも、この2つの曲はプレイするのにある課題を達成しなければいけなく、この課題が難しすぎて曲を解禁することすら出来ない人も多くいます(俺もその1人なんだけど…)。 比較として、俺がよくプレイしているガルパというゲームがあります。 こちらの最難関曲は六兆年と一夜物語ですが、アーケアで言うところの理論値であるAP達成者は多くいます。 体感的にも六兆年はクリアが安定してできるけど、アーケアの最難関はその解禁作業すら全然出来ないレベルです。 これだけでも、アーケアがいかに難しい音ゲーなのかがわかりますね。 ただし、これだけ難しい音ゲーだけどアーケアは爽快感が半端ない音ゲーです。 少しづつ難しい曲が出来てくるようになると楽しくなってきます。 神曲のオンパレード アーケアはとにかく神曲が多い。 特に課金曲は良曲が多いです。 アーケアは基本無料のゲームなので、課金するのをためらう人が多いと思います。 もし課金するのを迷っているなら課金することをおすすめします。 5曲入りの楽曲パックが600円ぐらいで買えるので、特別高くもなく敷居も低いです。 これが高いかどうかは人によるけど、俺は購入して損はないと思います。 特に、「Luminous Sky」と「Vicious Labyrinth」というパックは神曲勢揃いなので、買っておいて間違いはないです。 ちなみに、この2パックはさっき書いた最難関曲が収録されているパックでもあります。 ただし、このパックは難易度が全体的に難しく、初心者だと心が挫折しかねないです。 ただ、「Axium Crisis」や「Ether Strike」の曲や演出は素晴らしいので是非プレイしてもらいたい。 無料曲も素晴らしい アーケアはもちろん無料曲も素晴らしい。 無料曲にはデフォルトでプレイできる楽曲と、ワールドというストーリーモードをクリアして入手できる楽曲があります。 その数は39曲で、他の音ゲーと比べても多めの曲数です。 そして、いまでも無料曲は増えていっているのでそこも良い点です。 まだ課金するレベルではないという人でも、無料曲で十分楽しめます。 せっかくなので俺が好きな無料曲を紹介。 まだ始めたばっかなのであまり詳しくないので大目に見てください。 Lost Civilization この曲はデフォルトでプレイできる曲で、かっこよくて好きな曲です。 難易度が9なので、難しいけどリズムが楽しい曲です。 この曲に限らず、この作曲のLaurさんの曲は好きな曲が多い気がします。 Suomi この曲は、ワールドで解禁できる曲で楽しい感じの曲です。 この曲は、アークノーツがかなり使われていてアーケアの練習にも使える曲です。 ノリノリなリズムが良いです。 inkr-usi この曲は、デフォルトでプレイできる曲でファンタジーチックな曲です。 最初、アーケアの操作に不慣れな頃はこの曲をずっとやっていました。 曲調が好きなのもあるけど、難易度がfutureの中では簡単なので入門におすすめな曲です。 演出が神がかっている アーケアは演出がすごい音ゲーです。 音ゲーはその性質上、どうしても演出を入れるのは難しいですが、アーケアはトレースノートという判定のないノーツを使うことで演出を作り出しています。 他にも、リズムに合わせたソフランやノーツが突然止まったり、初見殺しではあるものの楽しい演出をしてくれます。 また、アークノーツを使った演出も面白い。 まさにSuomiはその代表曲でもあります。 アークやトレースノートを使った演出は、アーケアのみに許された素晴らしい演出です。 まとめ 紹介というか、ただハマった理由を書いただけな気がするけど…アーケアはあまり音ゲーに詳しくない俺からすると新感覚で面白い音ゲーです。 操作も、難しいとは書いたけどガルパに近い操作性ではあるので、ガルパから入ることは全然できます。 曲、演出が神で新感覚の音ゲー、割と今更なので結構やっている人は多いと思うけど、ガルパはやっているけどアーケア知らないって人は気分転換にやっていみるのも良いかもね。

次の