ミミッキュに強いポケモン。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ドラパルト・ミミッキュが強すぎる!!簡単な最強パーティの作り方【対戦考察】

ミミッキュに強いポケモン

ミミッキュが強すぎる! ということでこんにちは、ここ最近の シングルレーティングの使用率で1位をキープし続けているミミッキュ。 第7世代の主ともいわれるこのミミッキュ。 特性 ばけのかわばかりが注目されがちですが、このポケモンってそれだけじゃないんですよね。 つーかただばけのかわがあるだけの凡ポケならここまで使用率は伸びなかった……。 そんなミミッキュの強すぎる理由について今回は語っていこうと思います。 何はともあれ「ばけのかわ」 冒頭でばけのかわだけの強さではないとは言ったものの、やはりミミッキュというポケモンを語るにあたってはばけのかわを外すことはできないですよね。 どくや天候ダメージなどでどれだけダメージを受けていようが、 一度だけならばけのかわがダメージを肩代わりしてくれるというもの。 ぶっちゃけ、カイリューのマルチスケイルの完全上位互換ですよね。 HP回復させたらマルチスケイルは戻るけどばけのかわが戻らないぐらいの違い?それでも圧倒的にばけのかわのほうが優秀ですね。 これによって圧倒的な行動保証があり、第7世代の積みエースが止めにくい環境の中、しっかりストッパーとして活躍してくれています。 困ったらとりあえずミミッキュいれておけばなんやかんや仕事してくれる、そんな信頼感があるのがこのポケモンですよね。 優秀過ぎる補助技 ミミッキュはゴーストタイプ複合ということで、補助技も豊富に揃っています。 物理アタッカーを機能停止にさせるおのび、問答無用で1体1交換をしていくみちずれ。 ばけのかわの行動保証を活かしたトリックルームの始動役から、のろいでの退場から。 すばやさ種族値96という絶妙な数値からのちょうはつで相手の展開を阻止したりと、本当に多彩。 積み技もしっかりと揃っていて、つるぎのまいによって自ら積んでアタッカーとして運用することもできます。 つめとぎも覚えますので、火力よりもじゃれつくの命中不安を意識するならこちらの採用もあり。 これだけ技が揃っているので、型が読みにくいのも難点ですね。 Zクリスタルをもたせたアタッカーからタスキを持たせてトリックルームの始動回数を増やしたり、ほかにものろい・いたみわけ型のようなミミッキュを受けにくる鈍足耐久ポケモンをハメ殺すような型まであって、安定した対策が取れないのがこのポケモンの最大の強みですね。 もうなんつーかわけのわからない型を開発するのやめてほしい。 のろい・いたみわけとか初見じゃマジでハメられますから。 ともに通りのいいゴースト技とフェアリー技は、 両方半減以下に抑えられるポケモンがカエンジシしかいないとかいう、なんとも一貫性の高いタイプです。 Zクリスタルを持っていることが多いポケモンですが、ゴーストZかフェアリーZかがわからないという点も、受けにくさに一役買っています。 耐性も優秀で、ノーマル・かくとう・ドラゴンと3つのタイプを無効ににすることができ、さらにむしも4分の1。 それに対して弱点ははがねとゴーストのみと、防御面でも非常に優れています。 耐久は低いポケモンではあるものの、弱点の少なさから一撃で落としにくいのがさらに強いところですね。 ただぶっ壊れかというとそうでもない? このミミッキュというポケモン、ここまで書いてきた感じではめちゃくちゃ強いポケモンに思われそうですが、じゃあぶっ壊れかというとそこまででもないと思うんですよ。 ばけのかわの行動保証は相当優秀ですし補助技と合わせるとたしかに厄介ですが、それでももともとの種族値がそれほど高くないため、ここまで揃ってやっと一線級という感じではあります。 ばけのかわを極力残していきたいので耐性が優秀な割にはサイクル戦には向きませんし、火力に関してもつるぎのまいを積んでやっと戦えるというレベルです。 すべての型を対策することは難しいものの、メジャーな型だけならある程度対処できるポケモンはいくらでもいますので、第6世代のガルーラのようなレートを牛耳っているってほどではないと思うんですおね。 ただまぁ、ばけのかわを貫通する手段とかはもう少しあってもいいのかなとも思いますけども。 現状かたやぶりか連続技でないと対処できていないですからね。 みがわりと同じ仕様でもいい気がしますけどね。 音技貫通とかね。 まぁこのへんは今言っても仕方ないですし、そこまで環境破壊しているわけではないのでいいのかなーとも。 それでもやはり強いのは強いですしね。 第7世代で対面結論パを考えるなら間違いなく入ってくるぐらいには。 ではそんな感じで。 ミミッキュが強すぎる話しでした~。 それではまたー。 apokaru.

次の

ミミッキュ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミミッキュに強いポケモン

ダメージ以外の効果や、状態異常、天気や道具、特性によるダメージなどには影響しない。 一度フォルムチェンジすると、場から離れてもバトル中は元に戻らない。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 [『ミミッキュZ』を持たせると『じゃれつく』がZワザになる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の

【Sランクポケモン】なぜミミッキュは最強なのか【初心者向け育成と対策】

ミミッキュに強いポケモン

CV:(第73話の番組表及びエンディングクレジットで判明。 と兼任) 「キー……」「ギギッ……」「クカッ……カカカッ……」(効果音) 概要 『』において、のメンバー・ の手持ちとなった。 何故か という種に対して強い憎悪を抱いており、の通訳によれば「 好きでこんな姿をしているわけではなく、むしろその姿こそ最大の憎しみ」とのこと。 の図鑑説明と比べ随分殺伐としている。 後に登場したのミミッキュはピカチュウとも仲良くしていたため、この個体だけの事情である模様。 また、ゲームでの愛嬌のある鳴き声とは対照的に、アニメでの鳴き声は かなり特徴的で不気味。 金属音を思わせるようなものが混じった独特のものである。 作中では ゲットまで 初登場は第3話。 元々はハウオリシティ郊外の裏の森に野生として住んでおり、ポケモンゲットのため森を散策するロケット団の目の前に飛び出してきた。 ピカチュウそっくりだが 首が折れ曲がるその姿に、ロケット団は一瞬戦慄。 しかしムサシは「よく見たらちょっと可愛くない?」と気に入り、ゲットしようとニャースをけしかけるが、布をめくり 「何か」を目にしたニャースは突然倒れ、不安と幸せと恐怖を絶え間なく繰り返す悪夢を凄まじいやつれ顔で見続けた。 物音に気づきロケット団がミミッキュの前から去ったあと、フィールドワークで訪れたと遭遇。 今度は打って変わって 彼のに並々ならぬ敵意を向け、バトルすることに。 そのまま利害関係の一致からロケット団に手を貸すと自ら申し出るが、第4話にてムサシが普通のを投げると、片っ端から弾き返してしまう。 しかし、ムサシが秘蔵のを(半ば強奪して)使ったところ、あっさりゲットされる。 (というよりゲット されに行った) それ以来、出てくる度にサトシのピカチュウを付け狙うという因縁が生まれた。 ゲット以降 第12話では ピカチュウの布を脱衣した本体のまま海水浴を行い、目が合ったニャースが再び死にかけている。 この時ニャースが見たミミッキュの本体は、黒いもやのような姿をしていた。 また、ミミッキュの化けの皮に描かれている顔は 水性のマジックで描いていたのか、海水で顔部分のインクがにじんだことで一層不気味な風貌になり、これにはさすがにムサシ達をも震え上がらせた。 事あるごとにミミッキュの中身がニャースの視界に入り、ニャースが悪夢に合うギャグが繰り返されている。 現在ロケット団本部にいるは、わざと布をめくってニャースに見せる悪戯をした。 第38話では、サトシたちとの戦いで"ばけのかわ"が破れてしまう。 「この機会に別の物にしたら?」と、ムサシに様々なもの バケツや帽子など に着せ替えられたが、よほどピカチュウの布にこだわりがあるのか機嫌を損ねてしまう。 見かねたムサシは布を縫い直し、に盗まれそうになっても必死に取り返した。 ミミッキュはやや涙目になって喜び、これをきっかけにムサシにも若干心を開くようになった。 性格・特徴 普段から怨嗟や恨み節めいた恐ろしいことを呟いている荒み切った性格で、ポケモンの言葉がわかるニャースとを度々震え上がらせている。 初対面時にも、ニャ-スが怯えて翻訳を拒否するほど恐ろしい文言を垂れまくっていた。 仲間になった後もピカチュウと戦うこと以外にはやや無関心で、普段は割と自由に行動しており、ピカチュウ以外との戦闘もそっぽを向く。 ただムサシとの関係はそんなに悪くはないようで、ピカチュウとの戦闘の際は指示に背くことはなく、ボールから出ていることも多い割にムサシの元から去ることもない。 第38話の騒動をきっかけに、ピカチュウ以外が相手でもムサシのいうことを聞くようになったが、ピカチュウが視界に入ると優先的に攻撃してしまうことは変わっていない。 ニャースは初対面時に殺されかけた恐怖が尾を引いているのか、ミミッキュが視界に入っただけで怯えている。 「ニャゴシエーター」と自称し、あらゆる凶暴なポケモンと関わったこともあるニャースにしては珍しい が理解はできる 反応である。 一方のミミッキュがニャースをどう思っているかは言及されていないが、突然ニャースのすぐ傍に寄ることが度々あり、「近寄るな」と言われても寄ってくるなど、少なくともニャースに対する嫌悪意識はない模様。 ロケット団がバトル以外の娯楽イベントに参加する時には、ムサシたちのノリと勢いと悪巧みについて行きながらおとなしく行動している。 やロケット団との初対面時のように見境なく攻撃を仕掛けるわけでもないあたり、図鑑説明の通り本質的には寂しがり屋なのかもしれない。 話が進むにつれ、ニャースたちもミミッキュをそれほど怖がらなくなってきており、一同で商売に励む際には自身も手伝ったり、ムサシたちに のフェアリーポーズを指南して特訓を一緒に行うなど、絆は深まってきている。 ムサシがほとんど指示しなくてもフィールドを最大限に生かしたテクニカルな戦い方ができる。 接近戦の強さはピカチュウ以上。 や同時生成もできるが、これは今までのロケット団の手持ちどころか他のポケモンにも中々見られない芸当。 前例はののみと言えばその凄さがわかるだろう。 特性も発揮されており、弱点であるはずのピカチュウの「」を無傷で受け流してしまった。 尚、戦闘中隙あらばピカチュウの頭部位を立て直しているが、さすがに一度の戦闘で何度も受け流せないようだ。 の技「」で攻撃を妨害されこそすれ、それで ダメージを受けた描写がない。 物理技が中距離に届く。 「シャドークロー」はリーチが長くて軌道自在、「ウッドハンマー」は弾状攻撃を打ち返せる。 ゲームでは 習得レベルが46である「じゃれつく」を使える時点で相当な実力者であることがうかがえ、実際サトシたちのポケモンを例外なく苦戦させており、バトルで気絶まで追いやられたことは一度もない。 ついにZワザ、しかも専用技「ぽかぼかフレンドタイム」 ロケット団にあるまじき威力 を取得。 普段の絆のおかげで不発もない。 以上のように、噛ませ犬的な扱いを受けることが多い歴代のロケット団のポケモンとは明らかに一線を画すポケモンである。 第12話では との連携でサトシのポケモンを敗北寸前まで追いやり、第24話では のを倒している。 第76話ではサトシからも 「やっぱりあのミミッキュは強い」と評されており、実際この時も終始ミミッキュはピカチュウを圧倒していた。 ピカチュウが偶然を習得しなければ、確実に勝利していたであろう。 第129話ではの個体のピカチュウ(ボルト)にも容赦なくノックダウンさせており、モブの個体にも周りのポケモンを跳ね除けて襲いかかったが、そのせいでムサシ&コジロウのひたすら生き延びる作戦を失敗させている。 サトシのピカチュウと鉢合わせになった際はそれまで以上に殺意を表しており(その際サトシにムサシのミミッキュの事を感づかれている)、試合終了になった後にも不意打ちをかけてきたが、間一髪のところでムサシによってボールに戻されている。 後にコジロウがゲットしたも、を殺傷する生態が知られているため、「ロケット団は 歴代でも屈指の戦力を手に入れたのでは?」との声もある。 しかし、そんなミミッキュもには逆らえないようだ。 タイプ相性的にミミッキュの方が相当有利なはずなのだが、それを黙らせるキテルグマの強さは底を知れない。 ただし、第76話で真剣勝負の最中に回収されかけた時は、キテルグマに誠意のこもった依頼を行い、バトルを継続させる許可を貰っている。 決着がついて基地に帰らされる時には、ミミッキュだけが優しく抱えられてカートに乗せられた。 (その後もミミッキュのみ丁寧に抱えられたりしている) 114話でキテルグマがブチギレた際にはミミッキュもロケット団同様に青ざめていた。 関連イラスト 関連タグ 別れ 最終回でサカキからカントーへと帰還命令が出され、ムサシは状況を考えた末、ミミッキュへアローラに残るよう伝えるが、それに焦りを感じたのか単身でサトシとピカチュウを襲撃。 しかしその最中、海面に映った 自分の醜い姿をハッキリと見てしまった事で己への絶望が蘇り、それ迄の凶暴性が失せ、サトシ達にも心配される程に憔悴してしまう。 その夜、心配し探しに来たニャースへ初めて弱音を打ち明け、それを聞いた彼は「 憎しみからは何も生まれないニャ。 おミャーもそろそろ前を向いて生きていい頃ニャ」と諭す。 その言葉を受けて涙を拭い、ムサシ達との別れを受け入れ、ヒドイデやヌイコグマといった仲間たちと生きていく事にしたのだった。 関連記事 親記事.

次の