退職 の 挨拶 手紙。 メールはOK?退職の挨拶のマナー(メール・電話・手紙・スピーチの例文つき) |転職ならdoda(デューダ)

退職の挨拶状/定年退職挨拶状》書き方例文/メール/返事/文例/上司/年賀状

退職 の 挨拶 手紙

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の

【文例】退職のあいさつ(取引先へ)

退職 の 挨拶 手紙

3番目の段が、感謝を伝える部分。 退職の手紙でかなめとなります。 1、2段目から1行あけて書き始めるのが良いでしょう。 もし、退職祝いや餞別を頂いたり、送別会を開いてもらったときは、まず始めにそのお礼を述べます。 これは、退職に際して、手紙の相手との関係性で内容は変わってくる部分です。 それに続けて在職中お世話になったことへのお礼となります。 定型的な例文をまず紹介します。 型どおりのお礼の言葉のあとには、相手の方とあなたとの、具体的な事例を挙げて感謝を伝えると良いですよ。 何があったのか、その時どんなことを感じたのかを書きます。 膨らませた例文を参考にしてあなたらしいアレンジの手紙にしてください。 退職の手紙で感謝を伝える例文 お世話になっていた人が退職してしまうのは辛いことでしょう。 たった一人の人が職場からいなくなってしまうだけで、環境がガラリと変わってしまうことも多数あります。 環境が変わってしまい職場にいるのが辛い方は転職をするのも良いでしょう。 自分に合った企業へ転職をしたい方には「」がおすすめです。 無料で簡単登録ができるので、まずは登録してみることをオススメします。 職場の環境が合わないのはあなたが悪いわけではありません。 仕方がないことです。 思い切って転職をして仕事もプライベートも充実した毎日を送りましょう。

次の

退職の挨拶を手紙で:お客様や取引先に送る場合の書き方や例文を紹介

退職 の 挨拶 手紙

退職が決まり、最終出社日が近づいてくると、気になるのが退職の挨拶。 特に新卒で入社した会社を退職する際や、退職の経験が少ない場合は、挨拶で何を伝えれば良いのか迷うものです。 「先に退職した先輩は、部署の朝礼で退職のスピーチをしていた…。 自分も話すの?」 「取引先から、退職の挨拶メールが届くことがあるけど、自分の場合はどこまでの範囲で送るべき?」 「とてもお世話になった人に退職挨拶の手紙を送りたい。 何を書けば?」 そんな声をよく聞きます。 そこで今回は、転職による退職や出産等の家庭の事情などケース別に、退職挨拶のスピーチ、退職報告のメール、手紙の文例をご紹介します。 ぜひ、退職前の最終出社日前に確認し、準備にお役立てください。 退職の挨拶|スピーチ、メール、手紙の内容例 スピーチで退職挨拶する際のポイント お世話になった社員に対して行なう退職挨拶。 業務の引き継ぎ、レンタルPCや社員証の返却など、何かとバタバタしている退職日や最終出社日に、急に挨拶を要請されて何を言うか困った…とならないよう、事前に準備しておくことが重要です。 会社によって退職スピーチのタイミングは様々ですが、朝礼や夕礼、退社後の送別会でスピーチを要請される場合が多いはずです。 退職スピーチの時間は多くても3分以内程度。 時間が長すぎても、聞く側の社員が疲れてしまいますので、端的に、ゆっくりと、感謝を込めてスピーチをすることがポイントです。 スピーチの際、退職理由などについては触れる必要はありません。 「一身上の都合で本日、退職することになりました」と伝えればOK。 もし、退職理由がネガティブなものだったとしても、そこに触れることは厳禁です。 退職後の転職先がどこであれ、いつまた縁があって一緒に仕事をするかはわかりませんし、世の中の人のつながりは狭いもの。 悪い噂は広まりやすいとも言われます。 立つ鳥跡を濁さず。 最後の印象を良くしておくことをお薦めします。 このたび、一身上の都合で退職させて頂きます。 新卒で入社して3年。 初めて社会人となったこの会社で、多くの方にご指導をいただきましたことを重ねて感謝申し上げます。 社会人として、多くのことを学ばせていただきました。 この会社で学んだことや、経験したことは、私の人生において何者にも代えがたい財産だと思っております。 この経験を今後に生かすと共に、場所は変わっても皆様にご恩返しができるよう、頑張っていきたいと思っています。 これまで本当にありがとうございました。 皆様には大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。 結婚後も仕事を続けるつもりでおりましたが、配偶者の転勤に伴い、遠方への転居が必要となりました。 この会社でやり残したことが多々あるのですが、退職させていただきます。 皆様のこれまでのご指導を忘れず、新しい場所でも頑張って参ります。 重ねて感謝申し上げますと共に、今後の皆様の健康とご活躍をお祈り申し上げます。 ありがとうございました。 メールで退職挨拶する際のポイント 退職のスピーチや社内を回って挨拶など、お会いできる方には口頭で挨拶が可能ですが、退職日当日までになかなか会えない方には退職報告のメールを送りましょう。 退職挨拶のメールを送信するタイミングは様々。 しかし、退職が決定し、社内で退職情報がオープンになってから、最終出社日までに送信しましょう。 情報がオープンになっていないタイミングでのメール送信は厳禁。 無用な心配事が起きる場合や、引き継ぎに悪影響を及ぼす可能性もあります。 また社外の取引先などへの退職挨拶は直接会って、後任を紹介して引き継ぎをすることを推奨しますが、どうしても会いに行くタイミングがない場合は、退職挨拶のメール内に、後任の紹介などを必ず盛り込みましょう。 退職報告と引き継ぎがきちんとできていない場合、取引先の会社への不信感を醸成してしまいます。 辞めるから後は知らないではなく、社会人として去り際をしっかりしておくことで、良い印象を与えることができます。 退職挨拶のメール文面は、これまで退職する方から受け取った内容も参考になります。 退職メールを受け取った時の気持ちを思い起こして、受け取る側の気持ちになってから文面を作成しましょう。 本来であれば、直接お伺いしてご挨拶するべきところですが、 メールにて失礼させていただきます。 在職中は大変お世話になりました。 皆さまの叱咤激励のおかげで、 ご迷惑をかけながらもやってくることができました。 今後もこの会社で得た経験を活かし、頑張っていきたいと思います。 重ねて感謝を申し上げます。 ありがとうございました。 末筆ながら、皆様のご健康と今後のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 突然のご連絡となり、お詫び申し上げると共に、在職中に大変お世話になりました。 重ねて感謝申し上げます。 どうぞよろしくお願いいたします。 末筆ながら、今後の貴社の心よりお祈り申し上げます。 ————- 署名 ————- 手紙で退職挨拶する際のポイント 退職挨拶を手紙(ハガキ)で送ることは、メールに比べると、より丁寧な印象を与えることができます。 近年は、メールでの退職挨拶が一般的ですが、お取引先の役職者の方や、士業の方、医師の方など地位の高い方に対しては、手紙で退職の挨拶状を作成したほうが良いでしょう。 手紙を送る相手があまりに多い場合は印刷会社を利用して挨拶状を作ることも問題ありませんが、数人の場合や、誠意をしっかりと伝えるためにも、手書きで手紙を書くのがベターです。 また、手紙とメールで大きく違うのは、文章の書き方です。 いわゆるビジネスレターとしての書き方に準拠することが絶対のマナーとなっています。 具体的には、手紙の頭語となる「拝啓」、結語となる「敬具」を必ず入れること。 そして、前文として「時候の挨拶」を必ず入れた後に、本文を開始。 本文は「さて、私儀~」「さて、私こと~」を必ず入れて、退職の報告をしましょう。 在職中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 後日改めて〇〇〇〇がご挨拶に伺いますので、変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。 末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 多年にわたり格別のご厚情を賜り 心から御礼申し上げます。 何卒、今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 取り急ぎ書面をもって失礼とは存じましたが、ご通知方々ご挨拶申し上げます。 末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 スピーチ、メール、手紙それぞれに特性がありましたが、お世話になった方々へ感謝の気持ちが伝われば、円満な退職になるはずです。 ぜひ、参考にしてください。

次の