英語 ドラマ。 海外ドラマの字幕で英語学習!勉強方法とおすすめのドラマ7選

海外ドラマで英語を勉強する大きな落とし穴

英語 ドラマ

海外ドラマは手軽で「リアルな英語」がいっぱい 英会話学習の目的といえば、もっともメジャーなものは 「英語を話せるようになりたいから」ではないでしょうか? それなら実際に、 英語が話されている場面を見て、英語が話されているのを聞くのが一番。 海外ドラマには、スラングや流行り言葉、ネイティヴ特有の表現など 「リアルな英語」がたっぷり詰まっています。 そういう意味で、まさに海外ドラマは非常に効果的な英語学習ツールの一つだと言うことができます。 同じく洋画を使った英語学習方法も効果的ですが、映画だと一つの作品が約2時間ほどと長く、習慣として毎日見続けるのは簡単なことではありません。 一方、 海外ドラマは一つのストーリーが20分〜1時間ほどとライトなものがほとんどなので、毎日見るとしてもさほど負担になりません。 また、映画では情景描写やアクションが比較的多く、時間の割にセリフが少ないのに対し、ドラマではストーリー展開が早く たくさんのセリフに触れることができます。 特に今回ご紹介する海外ドラマは、日常生活を題材にしているので、セリフが多く盛り込まれていて、英語学習に最適です。 現在ではやのようなネットサービスを使えば、月額1,000円ほどで国内外のドラマや映画などが見放題なので、わざわざDVD を買ったりレンタルしなくても、好きなときに好きなものをダウンロードして見ることができます。 【レベル別】海外ドラマを使った英語学習3ステップ 【初級者】英語の感覚を掴む いきなり字幕なし英語音声のみでストーリーを理解するのは難しいので、英会話初心者の方にはまず 「英語音声+日本語字幕」で見ることをおすすめします。 どのようなストーリー展開で、どの場面で誰がどんなセリフを言っているのかをざっくりと把握しましょう。 そして次に、 「英語音声+英語字幕」で見ていきます。 このとき、セリフの一言一句を字幕と照らし合わせる必要はありません。 リラックスした状態で、あくまで楽しみながら、 挨拶や短いフレーズ、自分の知っている単語を聞き取れるように集中しましょう。 そして最後は「英語音声のみ」に挑戦してみてください。 ストーリーは頭に入っているのでなんとなく理解はできるようになっているはずです。 「知っている表現や単語を一つでも多く聞き取れたらラッキー」というスタンスで気負いせずにするのがコツです。 これを繰り返せば、少しずつリスニングも鍛えられ、聞き取れる英語も増えていくことでしょう。 【中〜上級者】分かる英語を増やしていく 中上級者の方は、初めに 「英語音声のみ」がおすすめです。 いきなり全てを聞き取ることはとても難しいので、まずは 3割〜5割程度聞き取ることを目標にしてみてください。 そして次に 「英語音声+英語字幕」で、聞き取れたところ、聞き取れなかったところを確認します。 知らなかった単語や表現、お気に入りのフレーズなどはメモなどして後から見直せるようにしておくのもいいでしょう。 登場する単語や表現をほぼ掴めたら、仕上げにもう一度 「英語音声のみ」に再チャレンジしてみてください。 きっと初めより聞き取れる割合が多くなっているはずです。 今回紹介した学習法はあくまで一例です。 ストーリーが分からないのがストレスだと感じるのなら、中〜上級の方でも「英語音声+日本語字幕」から始めても構いません。 楽しくて「これなら続けられる」と思える自身の学習スタイルを確立していくことが大切です。 日常会話ならコレ!新旧からおすすめの海外ドラマを厳選! それでは、 日常会話学習に特化した、おすすめの海外ドラマを紹介していきます。 『FRIENDS』 海外ドラマの中でもトップクラスに有名な作品と言っても過言ではないでしょう。 ニューヨークを舞台にした、同世代の男女6人の日常をコメディに仕上げたドラマで、あの安河内哲也氏も大好きな作品です。 登場する英語は短くて簡単なものが多く、ストーリーも面白くてシンプル。 多くの英語指導者やバイリンガルが『フレンズ』を使った英語学習を勧めています。 しかし、90年代〜2000年代半ばに放送されていた作品だけあって、使われている英語スラングのなかにはやや時代遅れのものが混ざっているのが欠点。 それでも日常英会話のベースを学ぶなら問題なく使えるおすすめのドラマです。 アメリカで2005年〜2014年まで放送されていた大人気コメディ・ドラマです。 物語は2030年、ある息子と娘の父親であるテッドが、自分がどのように母親と出会ったのかを話し始めるところから始まります。 ニューヨークに出て来た若きテッドが、 いかにして子供たちの母親と出会うに至ったのかの経緯を、親友たちとの交流と共にユニークに描き上げるストーリー。 日本ではあまり知名度が高くありませんが、ネイティヴにおすすめのドラマを聞くと、かなりの高確率でこのドラマが挙げられます。 『フレンズ』とは違い、 使われている英語が新しいのがポイントです。 フルハウスはNHKでも放送されていたので、見たことがある方も多いのでは?説明不要の面白さは、 アメリカンジョークの勉強にも最適!一話が約30分と短いので、毎日でも楽しく続けられるのではないでしょうか。 廃部寸前の合唱部が、歌とダンスの芸術性を競い合いながら全国大会を目指して奮闘する物語です。 舞台が学校だけあって、 使われている英語は日常的なものが多く、話すスピードも比較的ゆっくりで聞き取りやすいのもおすすめのポイントです。 また『glee』の大きな特徴は、歌や踊りなどのミュージカルシーンが多く登場すること。 適度に休憩を挟みながら、無理なく続けることができるでしょう。 1を記録したコメディ・ドラマ。 二人合わせてIQ360という頭脳を持つオタクコンビはルームメイトでもある。 そんな二人は天才でありながら、世間からズレている部分も多く、おまけにルックスはイマイチ…。 そんな二人の近くにある日、ブロンド美女が引っ越してきてドラマがスタートします。 このドラマの見所は何と言っても全てのエピソードがいちいち面白いところ。 天才オタクたちの風変わりな言動に爆笑必至です。 しかし、インテリ向けドラマかと言われれば決してそういう訳ではなく、 現代的で日常的な英語が中心なので、楽しみながら現代英語に触れることができます。 成功をつかもうとするエンジニアやアントレプレナーをめぐるストーリーが繰り広げられます。 登場人物も一癖ある個性派ぞろい、テック系のあるあるネタも満載です。 各エピソードの面白さもさることながら、 ITやテック系の用語が満載なのもポイント。 同じ業界で働き、仕事で英語を使いたい人なら必見のドラマです。 話すスピードも速く、くだけた表現を使う人物も多いため、少しチャレンジングな英語に挑戦したい中上級者にぴったりです。 コロンビア出身の年下の妻グロリアと結婚したジェイ・プリチェットや、同姓パートナーと結婚して養子を育てている息子のミッチェルなど、 現代的な多様な家族のあり方を反映した設定も魅力。 基本的に一話完結で、笑いの中にも温かみのある世界観、英語学習の合間にほっと一息できるはずです。 様々な人種、年齢の人物が登場するため、 世代や人種ごとの文化や話し方の違いも学ぶことができます。 英語のアクセントをからかわれるグロリアのエピソードは、英語を学ぶ私たちにも参考になります。 難しい単語や表現もあまり出てこないため、初心者にもオススメです。

次の

初心者から上級者まで!英語学習におすすめ海外ドラマ20選

英語 ドラマ

イギリス英語を勉強する為のお勧めテレビドラマ・ベスト10の紹介 日本では多くのアメリカのテレビドラマが放送されレンタルチェーンのTSUTAYA等で、アメリカの連続テレビドラマのシリーズをDVDでレンタルされている方も多いと思います。 そして中にはアメリカのテレビドラマを英語学習の教材として使っている方も多いと思いますのでファンの方も多いですよね^^。 そしてアメリカで人気のテレビドラマは、日本のメディアでも度々紹介されケーブルテレビ等でも放送されています。 しかしイギリスで人気のテレビドラマは日本ではまだあまり知られていない作品が多いと思います。 そこで今回は私がお勧めするイギリスの人気テレビドラマのセレクションを紹介したいと思います。 イギリスのテレビドラマを観ればイギリスの文化や現代カルチャー、イギリス人のユーモア、国民性を感じる事が出来ると思います。 そして同時にイギリス英語の勉強には大変効果的です。 イギリス英語を専門に勉強している方には是非、イギリスのテレビドラマや映画を使ってイギリスのカルチャーを一緒に英語の勉強をして欲しいと思っています^^ イギリス英語を勉強する為のお勧めテレビドラマ・ベスト10 映画・ドラマを使った学習記事:• イギリス英語を勉強する為のイギリスのテレビドラマのお勧めリスト イギリス英語を専門に勉強している人にとっても、ドラマを使った学習法では、イギリス英語のアクセントを理解する上でとても役に立つ教材になるでしょう。 イギリスのお勧めテレビドラマ 1. Downton Abbey ダウントン・アビー) このドラマはイギリスのITVというチャンネルで放送されています。 2010年に初めて放送され、現在ではとても人気のドラマになりました。 またこのドラマはアメリカでも人気があります。 このドラマのストーリーは20世紀の前半というセッティングで、クローリー家という貴族のような家族が中心になったストーリーです。 家族のメンバーは様々なスキャンダルやアドベンチャーに巻き込まれています。 このドラマの脚本は多くのテレビ関係の賞を受賞していますし、ドラマの俳優やコスチューム本格的です。 英語圏の国の中でも人気が高いドラマです。 このドラマは でも観る事が出来ます。 イギリスのお勧めテレビドラマ 2. Doctor Who ドクター・フー) ドクター・フーは世界で最も長く放送されているSFテレビドラマです。 そして、英語圏の国の中でとても愛されているSFドラマです。 大体毎年新しいシリーズがBBCによって製作されています。 ドクター・フーの役を演じる俳優はよく変わりますので、イギリス人の間では「一番上手なドクター・フーは誰だ?」という話し合いは多いですね(笑)。 ドクター・フーというキャラクターは、女性のアシスタントと一緒にタイムトラベルをして悪者達と戦っています。 ドクター・フーの一番有名な敵は「ダーレック」というロボットのようなエイリアンです。 多くのイギリス人は、子供の時にダーレックの事が怖くてしょうがなかった!(私もそうでした)笑。 この「ブリティッシュイングリッシュマスター」という教材はイギリス人の私が書き下ろしたイギリス英語を学習する為の専門教材です。 制作・編集も私が手がけたので英語のニュアンスも完璧です。 ネイティブのイギリス人が使う自然なフレーズや、 アメリカ英語との違いを中心に イギリス英語の文法、発音、スペルについてもアメリカ英語と比較しながら詳しく紹介しています。 教材内では、イギリスのカルチャーも紹介していますので、イギリス英語以外にも、 イギリスのカルチャーに興味がある方にも是非読んでもらいたい内容です。 イギリス英語の音声も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使ってこの音声教材でいつでもイギリス英語が勉強出来ます。 イギリス英語のイディオム専門教材 この教材「ブリティッシュイングリッシュイディオムマスター」は イギリス英語のイディオムを学習する為の専門教材です。 本教材では イギリス英語特有のイディオム表現や諺、その他にも マニアックなイギリス英語のイディオムを紹介している日本でも珍しいイギリス英語専門の辞書教材です。 イギリス人の日常会話やイギリスの映画、テレビドラマ、新聞、小説等に使われているイディオムをコツコツと集め、イディオムの歴史やルーツを調べて日本人のイギリス英語学習者の為に分かりやすく解説しています。 1つのイディオムにつき2つの例文を掲載しているので、イディオムの使い方やニュアンスもしっかりと学習できます。 この教材もmp3の音声が付属しているので、場所を選ばす空いた時間を有効に利用していつでもイギリス英語のイディオムが勉強出来る教材です。

次の

見るだけじゃダメ!海外ドラマで英語力を磨く4つのステップ

英語 ドラマ

ぜひご覧ください! 「英会話ができる」ってどういう状態? 、「英会話ができる」とはどんな状態をいうのでしょうか? 日常的に使っている「英会話」という言葉には、「英語を聞く」「英語を話す」という2つのスキルが含まれています。 この2つがどれくらいできれば、「英会話ができる」ということになるのでしょう? 本書の著者さんは、アメリカで暮らした経験から、重要なのはリスニング力だと言っています。 例えば、僕の文法や発音が変でも、ある程度のレベルを超えていれば理解してくれますし、僕が外国人だということもわかっているので、ヘンテコな英語を話しても何とも思っていません。 しかしです、外国人だからという理由で、気を使ってゆっくり平らな発音で話してくれるなんてことは一切ありません。 つまり、大切なのは「できるだけ高度なリスニング力」。 スピーキング力はネイティブほどペラペラでなくてもいいのです。 では、英会話の要(かなめ)となるリスニング力はどうやって磨けばよいか、見ていきましょう。 まずは自分のレベルを知ろう 「英会話ができるようになりたい」という願いは一緒でも、レベルはさまざま。 自分のリスニング力のレベルを知るところから始めましょう。 まずは、やさしい英語のアニメやドラマのDVDを用意します。 「やさしい英語」とは、一時停止してじっくり字幕を読んだときに、まあまあ意味がわかるレベルのもの。 さんのおすすめは、ジブリアニメ。 全体的なストーリーをわかっていれば英語でも理解しやすいですし、もともと日本語なので、日本語をどう英訳するかという視点で見ることができるからです。 また、英語字幕を表示できて(日本語字幕はなくてもOK)、日常的な会話が含まれているがおすすめ。 DVDの用意ができたら、テスト開始です!• DVDを英語字幕が出るように設定する• 音声のボリュームをゼロにする• 2、3分の会話シーンを適当に見つける• 一時停止しながら、英語字幕を読んでいく これをひととおりやってみて、どれくらい英語がわかるか確認しましょう。 ほとんど意味がわからないなら【レベル1】、50パーセントくらいわかるなら【レベル2】です。 ほとんどわかるという人は、次に音声が出る設定にして、英語字幕を読みながらセリフを聞いてみてください。 字幕にはついていけるけれど、セリフは聞き取れないようなら【レベル3】。 字幕とセリフが一致して聞き取れるようなら【レベル4】です。 レベル別勉強法はこれ! 【レベル1】語彙・文法力をしよう まず、「リスニング力のテストなのに、どうして字幕を読むの?」と思った人もいるかもしれませんね。 それは、「読んでわからない英語は、聞いてもわからないから」です。 いえば、「聞き取れるものは、読んでもわかる」ということ。 字幕を見ても意味がわからなかった人は、 リスニングの前に基本的な語彙や文法の力を磨く必要があります。 本書に掲載されている350語を覚えたり、中学レベルの基本的な文法書をおさらいしたりしてみましょう。 【レベル2】英語字幕を多読しよう 【レベル1】を卒業して、【レベル2】に到達するには、英語字幕をひたすら多読しましょう。 この方法は英語字幕でDVDを見まくるだけなのですが、いくつかポイントがあります。 単語がわからなくても気にしない• 音が聞き取れなくても気にしない• 英語字幕がなんとなくわかるくらいを目標にする 本とは違って、ナチュラルスピードの会話と同じ速さで読まされるのが、DVDのいいところ。 登場人物の表情やしぐさなどが、英語を理解するヒントになるのもポイントです。 英語の意味は何となくわかればOK。 また、 辞書でのは本当にまったく意味がわからない単語か、くり返し出てくるキーワードだけにしましょう。 毎日の学習時間は、15~20分くらい。 ゆるく楽しく続けるのがおすすめです。 リスニング力養成はもの。 気長にやっていきましょう。 【レベル3】フォニックスと字幕シャドーイングに取り組もう 英語字幕にはついていけるけれど、セリフは聞き取れないのがこのレベル。 「英語字幕を見ながら、セリフを聞き取れること」を目指しましょう。 さんのおすすめは「フォニックス」を学ぶことです。 フォニックスとは、英語の文字と発音のルールのこと。 本書にも簡単にまとめられていますが、専門書もあるので、このレベルの人は手に取ってみてくださいね。 また、 字幕シャドーイングというトレーニングもおすすめ。 これは字幕を見ながら、俳優が話すセリフに少し遅れて発音していく方法のこと。 最初は字幕あり、慣れてきたら字幕なしでやってみましょう。 早口の英語が聞き取れるようになるだけでなく、アクセントやリズム、イントネーションをまねすることによって発音も良くなります。 【レベル4】ディクテーションに挑戦しよう 英語字幕のスピードについていけて、セリフもかなり聞き取れるのが、この「レベル4」。 「レベル4」の人におすすめの学習法は、ディクテーションです。 ディクテーションとは、英語の音声を聞いてノートに書き取っていく方法。 ディクテーションをするときは、もちろん英語字幕はオフです。 聞き取れないと、全部書き出すことはできないので、高度なリスニング力を養うのにぴったりの学習法ですね。 さんによれば、ディクテーションのポイントは次の3つ。 ワンシーン以上書き取りしないこと• そのへんの紙切れを使わないこと• 答えを見ないこと ディクテーションにときは、必ず専用ノートを用意。 聞き取れなかった理由を、記録していきましょう。 「エネルギーも集中力もいるのですが効果は抜群」とさんが太鼓判を押すこの方法ですが、 「レベル4」未満の人はやらないこと。 難し過ぎて挫折してしまうおそれがあるからです。 英語学習は、やはり自分のレベルに合ったやり方でことが大切。 レベル診断をしたのもそのためですから、無理はしないようにしましょう。 まとめ 好きなドラマや映画なら、確かに楽しく英語に触れられますし、「これなら自分もできるかも!」と思いますよね。 ただ、ボーッと映像を流しているだけでは、やはり英語力アップは実現できません。 自分のレベルを知り、そのレベルに合った学習法で学ぶことが、リスニング力アップの近道です。 本書ではスピーキングについても、レベル診断とレベル別学習法を掲載。 両方やれば「英会話」の力がぐんとアップするはず。 ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね!.

次の