太陽星座 月星座 組み合わせ。 太陽星座と月星座の相性をエレメントで考えよう

太陽星座と月星座の相性をエレメントで考えよう

太陽星座 月星座 組み合わせ

《表向きの顔と素の顔》 皆がよく知っている12星座占いは西洋占星術が簡略化されて誕生した占術です。 12星座占いは太陽星座で占っています。 ㅤㅤㅤ 太陽星座という言葉こそ馴染みはありませんが、 生まれた日の星座という認識はたいていの人が持っています。 ㅤㅤㅤ それほど認知度が高い太陽星座ですので、やはり西洋占星術でも重要な位置づけがされています。 よそ行き太陽、休日の月 太陽星座は育っていく中でだんだんと形になっていく性格なので物心がついたころから自覚が出てくるでしょう。 ㅤㅤㅤ それに対して月星座は持って生まれた性格なので幼い頃からすでにその星座の特徴が出ています。 ㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ 人前で見せる太陽星座の特徴と 素が出たときにあらわれる月星座の特徴をあわせ読むことで 基本的なあなたの性格を知ることができるのです。 ㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ 太陽星座と月星座だけであなたの性格がわかるくらい重要な星座だということは理解いただけたでしょうか。 ㅤㅤㅤ まずはこの2つの星座をしっかり読み解けば、あなた自身をより深く知ることができます。 ホロスコープを生成してあなたの太陽星座と月星座を確認してみましょう。 そう考えると太陽星座だけで占う12星座占いがどれだけざっくりした占いなのかがわかります。 ㅤㅤㅤ あなた自身のことをより深く知ると、本当にあなたが望むことがみえてきます。 そして、その後の人生をどう歩むべきか、考え方も変わってきます。 ㅤㅤㅤ 何かに迷ったとき、自分の心の中から聞こえてくるアドバイスだと思って西洋占星術を活用してみてはいかがでしょうか。 《相性はわかるの?》 太陽星座と月星座では基本的な性格のほかに、恋愛の相性を読み解くこともできます。 恋愛の中でもとくに結婚やパートナーとの相性について知ることができる星座です。 ㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ 基本的に同じ星座同士はお互いの性質を理解しあえるので相性が良いと判断できます。 ㅤㅤㅤ 太陽星座と月星座は個人の性格、すなわちその人の軸を作り上げる星座ですので この2つの相性が良いと普段から心が満たされやすくなります。 ㅤㅤㅤ 女性にとって月星座は本来の自分自身でいられる心のオアシスのような位置づけですので、 月星座と相性が良い男性と過ごせば無理をすることなくいつでもあなたらしくいられるのです。 ㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ そんな女性の象徴である月星座と結婚の相性を読み解くことができる星座は ずばり男性側の太陽星座です。 ㅤㅤ ㅤㅤㅤ 太陽星座は男性の象徴です。 常に周囲を意識して生きている男性はめったなことでは素の自分を見せることがありません。 ㅤㅤ 素の自分である月星座の性質より表面上の顔である太陽星座の性質を出して過ごすことが多いのでいつの間にか太陽星座の性質が本来の自分になっているのです。 ㅤㅤ なので女性側の月星座と男性側の太陽星座の相性が良いと、普段からありのままの自分を出しあえ、お互いに居心地が良いと感じられる関係になれるのです。 ㅤㅤ 居心地のいい関係はとても大切ですので 結婚する上で太陽星座と月星座の相性はかなり重要な判断ポイントとなるでしょう。

次の

月星座と太陽星座のギャップ。自分のなかの二面性に葛藤を感じたときの対処法。

太陽星座 月星座 組み合わせ

太陽が通る道を黄道と呼んでいて、太陽の力がそれぞれの星座にどんな影響を与えているのか、チェックしていきます。 太陽星座で分かるのは、人生の一大テーマ。 「今の仕事を続けていっても良いの?」「恋愛や結婚はいつ頃出来るの?」など人生の大きな節目をチェックしていきます。 太陽星座を見ていくと、自分がどこに向かってどこに進もうとしているのか、その方向性に気付ける場合があります。 それぞれの星座の良い所を見つけて、さらに長所を伸ばしていくのが太陽星座の考え方。 太陽星座のロジックを分かるようになると、自分の得意分野に気付けるようになり、仕事も恋愛も前向きな発想ができるようになります。 ムーンパワーが各星座に与える影響を、チェックしていきます。 うさぎが餅を付いていたり、女性が編み物をしていたり、その見方は国によって様々。 想像力をかき立ててくれる月は「その人の裏の素顔」を表しています。 生まれ持っている性質や本来あるべき姿・心の奥にある欲望を教えてくれるので、月星座を知ると「本当の自分に出会える」ようになります。 一生懸命仕事を頑張っているのに、幸せな気持ちを感じられない。 恋人がいるのに、どこか心が不安定なまま。 このような揺らぎやすい気持ちにヒントを与えてくれるのが、月星座です。 隠された課題に気付けるようになると、自分が何の為に生まれたのか分かるようになります。 12の星座で表される、太陽星座と月星座。 とてもよく似ているので、どちらがどう違うのか迷ってしまう場合もあります。 昔からの格言に例えるなら、まさに建前と本音が当てはまります。 一般的には建前は嘘・本音は本当の気持ちと言われていますが、必ずしも現実の世界ではそうとは言い切れません。 本音ばかりを追求していては角が立つ場合もあるし、建前ばかりに拘っていては「自分の感情」に蓋をしなくてはならなくなってしまうからです。 仕事も恋愛も、自分のこだわりばかり押し付けていては上手く回っていかなくなる場合もあります。 表向きの顔でもある太陽星座、裏向きの顔でもある月星座、どちらもバランス良く知っているからこそ万事スムーズに流れていくのです。 「最近何もかも調子が悪い」と思ったら、両方の占いを取り入れてみるのもおすすめです。 太陽星座は「自分が何日に生まれたのか」生年月日を元に調べていきます。 例えば6月1日生まれの人の場合は、5月後半から6月後半を区切りにしている双子座になります。 ・牡羊座(3月21日~4月19日) ・牡牛座(4月20日~5月20日) ・双子座(5月21日~6月21日) ・蟹座(6月22日~7月22日) ・獅子座(7月23日~8月22日) ・乙女座(8月23日~9月22日) ・天秤座(9月23日~10月23日) ・蠍座(10月24日~11月21日) ・射手座(11月22日~12月21日) ・山羊座(12月22日~1月19日) ・水瓶座(1月20日~2月18日) ・魚座(2月19日~3月20日) 12の太陽星座はそれぞれ、4つのエレメントに分類されます。 活動的な火は牡羊座・獅子座・射手座、安定志向の地は牡牛座・乙女座・山羊座、インテリ型の風は双子座・天秤座・水瓶座、流れる感性が美しいのは水の蟹座・蠍座・魚座になります。 誕生日で区切られている12の太陽星座ですが、その年によって区切りの日付が変わっていく事もあります。 星座と星座の境目に誕生日がある人・太陽星座の占いがぴんと来ない人は、誤った星座である可能性も。 運命の地図と呼ばれるホロスコープで「自分の太陽星座をもう一度チェックしておく」と正しい太陽星座に出会えるようになります。 ホロスコープで太陽は、「〇」に「・」が入った、特有のマークで表されます。 ホロスコープの円盤には12星座のマークが半時計周りに描いてあります。 ホロスコープのサイトで生年月日を入力した時に「太陽のマークがある場所」が太陽星座の位置になります。 ホロスコープが読めるようになると、自分の正しい太陽星座や天体の位置について深く調べられるようになります。 月星座を正しく知るためには、何年の何月何日にこの世に生を受けたのか、正しく把握しておく必要があります。 生まれた時の時間も分かると、より細かな月星座に辿り着けます。 「生まれた時の時間までは分からない」という場合は、誕生日など分かっているデータを元にその人の人生を占っていきます。 太陽星座と異なり、同じ誕生日であっても「星座が変わってくる」のが月星座の特徴です。 同じ12月1日の誕生日であっても、深夜に生まれたのか早朝に生まれたかによって、自分の星座が変わってきます。 太陽星座がざっくりした星座であるならば、月星座はよりデリケートな占星術。 「なぜ365日の数ある日の中から、わざわざその誕生日に生まれてきたのか」ルーツを探れるのが、月星座の醍醐味。 月星座について深く知ることは、自分を知ることに繋がっていきます。 最近では生年月日や生まれた時間を入力すると、簡単に月星座を算出できる計算機も生まれているので、こうした機械を利用するのも1つの手です。 太陽星座と月星座、2つの占いは相反するようで実はとても仲良しの占いです。 太陽星座が世間体の顔を表すならば、月星座は表面に表われてこない「その人の本心」を教えてくれます。 オセロに黒い面と白い面があるように、どんな人にも社会で見せる顔・プライベートで見せる顔の2つの面があるもの。 表の顔と裏の顔をチェックし、恋愛運や結婚運を相対的に調べていくのが「太陽星座と月星座の組み合わせ」です。 太陽星座と月星座を掛け合わせると、表面の顔ばかりではなく裏面の顔も分かるように。 細かく人格を調べていけるので、自分や恋人の「知らなかった素顔」に気付けるようになります。 2つを掛け合わせると、好きな人との相性がさらに分かるという事です。 恋の行方を知りたい時、結婚に結び付く恋か読みたい時、宇宙からのメッセージを届けてくれます。 表の性格と裏の性格のボーダーラインが薄くなり、いつでも何処に行っても「同じ性格」でいられるようになります。 いわゆる竹を割ったような明るい性格の持ち主が多くなり、何か問題が起きても逃げずにエネルギッシュに前に進んでいこうとします。 太陽と月のダブルのパワーが重なっていくので、良い面だけが2倍に前に伸びていくようになります。 泉が湧くように、内側から明るい力が湧きやすいタイプです。 力強さやハングリー精神が増す一方で、目の前の課題にこなす事で一杯になってしまい、自分のケアがおざなりになる問題も。 一生懸命になり過ぎて周囲との歩調が合わなくなる事もあります。 上に伸びていく時こそ、周囲への気遣いや思いやりを忘れないように心がけていくと幸せがさらに増えていきます。 健康面で何も問題がないのに疲れやすかったり、何不自由のない幸せな生活をしているのに心が晴れなかったり、つまずきを感じやすい関係になります。 外に出ると静かなのに家の中に入ると途端にお喋りになったり、職場では文句1つ言わないのに自宅に帰ると横柄な態度になったりする人もいます。 体の中に正反対のスイッチを2つ抱えている状態になるので「凝りを解してあげること」が必要になってきます。 「私の中に2つの人格が存在している」とまずは現状を認めてあげて、それぞれの個性を認めてあげるようにしていくのです。 否定をせず今のポジションや心の中を1度客観的に見つめてあげられるようになると、抱えていた問題に気付け「次に進むためのヒント」が分かる場合もあります。 完璧主義をやめる・良い人をやめるなど、何かをやめるだけでも、つまずきが解消されるケースがあります。 思いついたら実行する血気盛んな一面があり、考えるより前に足が動いていきます。 動いて結果を出す、アクティブ型です。 相手の出方を見守っている所があり、恋愛では保守的な一面も。 遠回りしても幸運を掴める、亀さん型です。 1つの事をじっくりやるのではなく、同時に複数の事をやっていくのが得意な性格。 社交的な性格なので、広く浅く多くの知人がいます。 きちっとしているのが好きで、下品だったり乱雑だったりする環境に嫌気がさす場合も。 綺麗好きの星座です。 めげない強い性格なので、必ず勝ちを掴みます。 約束は1度取り交したら何があっても守る、律儀で真面目な性格。 芯の強さが評価されて、遅咲きながらも幸運に恵まれていきます。 失敗をするのが嫌いなので、用意周到に何でも準備しようとします。 人間関係の好き嫌いはありますが、愛に包まれた優しい性格です。 「究めること」が得意で、恋より仕事を選ぶ傾向も。 大勢よりも1人の時間を好みます。 束縛されるのが嫌いで、自由を追い求めて大空を飛ぶ小鳥のようなタイプです。 起きない悩みを数えているうちに、心が病んでしまう日も。 与えられた仕事は手抜きせず行える、とても勤勉な一面もあります。 人の痛みが分かる、思慮深い星座です。 移り気なので、周りの人を振り回す日もあります。 感性が鋭く、芸術分野で成功するタイプです。 弱い者の立場に立って考えられる、慈悲深いロマンチストです。 小さな少女のまま大人になったような、可憐で可愛い性格をしています。 遠くの世界を見るよりも、足元の生活をきっちり固めていきます。 計画的に動けるので、プランを決めてから行動に移すタイプです。 気持ちを素直にあらわすのが得意で、皆と上手くやっていけます。 おねだりするのが上手く、人の力で次のステップに進んでいきます。 年上に可愛がられる、おしゃまな性格です。 人の心に寄り添うのが上手い、聞き役のスペシャリスト。 他人を助ける事で、自分の徳を積んでいきます。 トップに立つよりもサポートの側に立つと、上手くいく性格です。 嘘を付かず人の悪口も言わないので、多くの人から信頼されます。 自分勝手な行動をしない、学級委員のようなタイプ。 良い子でいたいと願うあまりに、ストレスをため込んでしまう癖もあります。 1人でいるのが耐えられず、虚しい気持ちを埋めるために恋する日もあります。 色々な人と交流を深められる、社交家です。 生きたいように生きているので、他人の忠告が耳障りに感じる日も。 恋人同士になっても、束縛し合わない自立した関係を好みます。 プライベートゾーンに入られるのが嫌で、図々しい人に警戒心を露わにする日も。 自分の空間がないと落ち着かない、繊細な一面もあります。 甘えた環境にじっとしているのが苦手で、自分から追い込む所も。 自分に厳しく他人にも厳しい、ストイックな性格です。 他人のひと言が頭を離れず、次のステップに踏み出せない日も。 細やかでとても気が利く、どこに行っても重宝される人です。

次の

内面を表す「月星座」と、外に表れる傾向を示す「太陽星座」の相性を知る

太陽星座 月星座 組み合わせ

太陽星座と月星座 月星座はこのところ注目されていて、ご自分の月星座を知っている方も増えてきています。 太陽星座の内容、性格がピンときていなかった方は月星座の方が自分らしいと納得されているかもしれません。 月星座は自分の本能であり、ピュアな部分なので受け入れやすい。 太陽星座はこの人生で目指す生き方をあらわすので、資質はあるがまだモノにしていない状態。 特徴を知って自分の中に眠っている太陽星座を生かす努力が必要です。 太陽星座と月星座の要素を組み合わせてオリジナルの人生観を確立することが大切。 実は太陽星座だけ見ていても、月星座だけ見ていても人生は満たされません。 本能と人生の目的を果たしていこうとするのが魂の欲求だから。 太陽星座と月星座の組み合わせは144通りあります。 似ている特徴であれば相乗効果を得ることは比較的しやすい。 異なっている特徴であれば、自分の中に葛藤ができてしまいなかなか自分を生かしきれないことも。 特に隣あった星座は特徴が異なっているので特徴を融合させる。 牡羊座と牡牛座。 ご存知の通りこれらは12星座の1番目と2番目です。 見切り発車で突進していく牡羊座に対して、石橋を叩き壊すくらい慎重な牡牛座。 この二つの簡単な特徴を挙げてみても異なることが見て取れると思います。 太陽星座:牡羊座、月星座:牡牛座だった場合 「誰よりも早く行動したいのに、なぜか慎重になってしまって踏み出せない」という葛藤が心に生まれる場合があります。 ここで太陽と月星座について知らなければずっとこの葛藤に苦しむかもしれません。 では自分の中の二つの側面を融合させてみましょう。 「慎重に状況、情報などを精査して、誰も行ったことのない境地に着実に向かっていく」 こうすれば太陽、月星座が満たされます。 自分の中の葛藤がスーッと溶けていくことでしょう。 人生の中で長く葛藤がある場合は太陽星座と月星座を比べてみましょう。

次の