キング コング 嫌い。 ボクが、キングコング西野を嫌いなワケ(長いよ、これ)

キングコング梶原と上沼恵美子との感動&毒舌エピソードまとめ

キング コング 嫌い

キングコングってどんな芸人? キングコングは1999年に結成され、芸歴わずか2年でM-1グランプリの決勝に進出し、若くして多くの冠番組を手にした早熟の人気お笑いコンビです。 過去には上方漫才コンテストやABCお笑い新人グランプリといった数々のお笑い賞レースで結果を残したり、『はねるのトびら』で毎週コントを披露したりと、芸人らしい仕事で活躍をしていました。 一方、最近では西野は絵本やビジネス書の出版やオンラインサロンの経営といったビジネスの領域で活躍したりと、芸人としての仕事をあまりしていないように見えます。 その結果、「キングコングは芸人を辞めてしまった」「ビジネスの世界で成功した西野は泥臭いお笑いの仕事はしない」と言われることもありますが、実はそれは大きな間違いです。 西野は今でもテレビ東京の深夜番組『ゴッドタン』ではガッツリど真ん中のお笑い勝負をしています。 ここでは、キングコング西野が熱い芸人魂を見せた『ゴッドタン』の放送回について紹介したいと思います。 劇団ひとりVSキングコング西野 仲直りフレンドパーク(2016年7月2日放送) 2016年7月2日に放送された「劇団ひとりVSキングコング西野 仲直りフレンドパーク」は、ゴッドタンの過去の企画で因縁がある劇団ひとりと西野が様々な戦いを通じて仲直りするという趣旨の企画です。 「互いの服を破り合う対決」や「肛門シューティング」といった混沌とした戦いが繰り広げられる中、最も西野が芸人魂を見せたのが「自分の髪をどれだけ切れるか」という対決です。 ルールは単純で、劇団ひとりと西野が互いに後ろを向き、1回でより多く髪を切った方が勝ちという内容です。 お笑いだけでなくドラマやCMといった活動も手掛ける2人にとって、こんな1番組の企画で大量の髪を切る訳にはいきません。 しかし、劇団ひとり・西野はその場限りの笑いのために前髪を大量に切り落とし、見せつけ合います。 劇団ひとりと西野は、シーンの繋がりやスポンサーの存在を無視して、目の前の笑いを取りに行くという芸人魂を互いにたたえ合います。 ここから、2人は互いに芸人としての熱い想いと勇気を認め合う仲になります。 西野の夢 叶えたろかスペシャル(2017年6月4日放送) 過去にマジギライ1/5、ザ・大声クイズ、仲直りフレンドパークといったゴッドタンの名物企画に登場していた西野ですが、2017年6月4日に放送された「西野の夢 叶えたろかスペシャル」は西野を中心に据えた西野のための企画です。 2017年に、自身が描いた絵本を無料公開したり人妻との不倫を告白したりなど、自ら炎上するための燃料を投下するも、いまいち世間の注目を浴びれない西野を元気づけよう、というのが企画の趣旨です。 もはや恒例となった私服の破り合い対決など、ここでも西野は劇団ひとりと対決を行うことになります。 以降、年に1回のペースで西野と劇団ひとりの戦いを中心に据えた企画が行われるようになります。 西野をもう一度嫌いになろう(2018年11月3日放送) 様々な対決を通じて心が通じ合った劇団ひとりと西野ですが、2人は互いに嫌い合っている方が面白いはずだ、という考えのもと、もう一度西野を嫌いになろうとするのが今回の企画です。 この回では「本気のビンタ対決」や「尻の匂い嗅がせ合い対決」といった互いを嫌いになるための企画が行われます。 「尻の匂い嗅がせ合い対決」では、西野が劇団ひとりの尻に顔を近づけるも、「う〇こが付いている!」といって逃げ出します。 最終的に「う〇こじゃなく肛門の中のカスだから」という理由で西野は劇団ひとりのお尻の臭いを嗅がされるのですが、このセリフは『アメトーーク バラエティ観るの大好き芸人』の中でも、伝説のシーンとして語られています。 そんな中、最後の「毒霧対決」では互いに相手の顔に向かって毒霧を吹き合う予定でしたが、なぜか相手のお尻に向けてしたからウォシュレットのように水を吹きかけることになります。 劇団ひとりのお尻に向けて水をしたから吹きかけた際に「くっせえ! う〇こが返ってきたぞ!」といった西野は本物の芸人と言えるでしょう。 第2回西野をもう一度嫌いになろう(2019年11月2日放送) 第1回「西野のことをもう一度嫌いになろう」から1年後、再び西野のことが好きになってしまったという劇団ひとりが西野を嫌うために行われたのが「第2回西野をもう一度嫌いになろう」です。 この回では、仰向けになって寝ころび、相手が尻を出して徐々に近づけてくるのを、ギリギリのタイミングで「ストップ!」と言い止めるという「尻ベーダー対決」が行われました。 既に尻が顔に付いているにも関わらず「ストップ」の宣言をしない劇団ひとりに対し、尻を顔に付けながら「まだか!?もう付いてるぞ!?」と叫んでいる西野の姿はテレビ史に残るシーンです。 まとめ いいかがだったでしょうか。 普段はビジネス界で格好良い姿で活躍している一方、芸人としてテレビ番組に出る時はしっかりお笑い芸人としても活躍するキングコング西野は非常に格好良いです。 これからもゴッドタンで西野が活躍している姿を見るのが楽しみです。

次の

キャリオクのCMが嫌いという声多数!嫌いな理由はキングコングがうざいから?

キング コング 嫌い

より引用 ナマステ! 嫌われ芸人といえばこの人。 キングコング西野亮廣さん。 「なんか嫌いだわ」って思ってる人も多いんじゃないでしょうか。 でもね、この人本当にすごいんです。 思考と行動がぶっ飛んでます。 カリスマ性すら感じます。 だけど全然その凄さを分かっていない人がたくさんいて、無意識に嫌ってちゃってる。 そんなキンコン西野さんが嫌いなあなたに、彼の凄さが嫌でも伝わる名言をまとめました。 一部の人からは「それやって稼げるの?」という声が。 それに対する西野さんの言葉がこちら。 いつまでやるつもりなの?「それ、稼げるの?」という論争。 クソつまんねーよ。 「なるほど、それは稼げるね」の範囲で動いていたら、見たことない未来なんて一生来ないよ。 新しいモノを作る能力と覚悟がないんだったら、せめて黙っとけ。 僕と僕の友人の目的は一つしかない。 「ただ面白いモノが見たい」 それだけ。 その為にはどうすればいいか、ということで動いています。 本気で面白いことをしたいんだよ。 お金になる・ならないは度外視して、自分が面白いと思うことを本気でやってみる。 周りの声なんか無視して、自分の心が躍ることをやってみる。 これ、超大事ですね。 分からなかったものが分かったときが一番面白い 子どもに対する西野さんの意見も本当に面白い。 絵本なんかを売っていると、親御さんから「この本は子供にも理解できますか?」と質問されることが少なくない。 大人の自分の方が子供よりも理解力があるという前提の質問に少し辟易するんだけれど、なにより勿体ないのが、 「分かるもの」だけを与えて、分からないものが分かる機会を奪っていることだよね。 「もう!そこが一番面白いのに!」と思ってしまう。 確かにそうなんですよね。 今まで理解できなかったことが理解できた時の気持ちよさ。 そして自分の目の前の世界が広がる感覚。 これがあるから新しいことを学びたいんです。 「お金」は信用を数値化したもの。 「信用持ち」はお金持ち 1日を50円で売るホームレス芸人の小谷さん。 そんな彼は実は「お金持ち」なんだってことを説明した西野さんの言葉。 金持ちっていうかいつでも現金化できる。 要は「信用持ち」ですね。 信用って、その気になりゃ土壇場でお金にできるから、「だからこいつって人生うまく回ってるんだな」と思って。 お金がない人とかすごい困ってる人っていうのは、信用がないんだなっていうのを、最近思って。 だから小谷ってこんな幸せそうなんだって。 自分の手元にお金が全然なくても信用さえあれば、大丈夫。 だって 信用は現金化できるから。 この考えに気づいている人ってほとんどいないんじゃないかな。 西野さんの思考の凄さが改めて分かりました。 ホームレス小谷さんの詳細についてはこんな記事を書きました。 「信用」の面積の大きさは、お金の稼ぎやすさ 「信用持ち」はお金持ち。 だから専門性というか「自分ができること」を複数作って三角形のようにつなげる。 それが信用の面積であり、これが大きければ大きいほどお金を稼ぎやすくなる。 クレジットの面積を広げたらお金が稼げるっていうか、現金化できる率が上がるよっていう。 これがすごいおもしろいなと思って。 でも僕ね、これも思ったんですよ。 じゃあ、明石家さんまさんはこれで言ったらどうなんだっていうことです。 明石家さんはここ(お笑い)だけやってるイメージじゃないですか? でもよくよく考えてテレビの歴史振り返ってみたら、明石家さんまさんって当時、芸人なのにテレビ出たんですよ。 テレビって、素人が出るものなんです。 要は芸人ていうのは噺家(なしか)さん、落語家さんですから。 落語家なのにテレビ出て、落語家なのにテレビの中では素人芸をやって。 鶴瓶師匠もそうですけど、落語家なのにテレビ出て役者やって、司会やったんですよ。 当時でいうたら、お笑いと家電くらい離れてて、芸人界からすっげーバッシングされたんですよ。 (北野)武さんもそうですよね。 お笑いなのに映画やっちゃったみたいな。 もともと、僕たちが芸人漬けにみたいに思ってる人も、クレジットの三角形が大きい人が結構多いです。 西野さんが叩かれる理由の1つなのが「芸人なのに絵本作家」という点。 批判する人からすると「芸人なのに余計なことすんじゃねえよ」ってことなんです。 でも、この言葉を読んで納得。 「なのに」っていうギャップが人やお金を吸いつけるんです。 もう一化けしたいなら、一番便利なものを切れ 2014年、2015年とライブのチケット2000枚をTwitterで売った西野さん。 そんな西野さんは2016年に4000人のお客さんを呼んでまたライブをします。 前の倍のチケットを売らないといけないのに、Twitterをやめます。 のぶみ でもさ、普通に考えたら、Twitterで2000枚売れるんだったら、Twitterプラス何かでやるじゃないですか。 西野 そうですよね! のぶみ 増やすっていう発想じゃなくて。 西野 じゃなくて。 4000ってなったときに、もうちょっと大発明がいると思って。 そんときに、あのやり方したら2000枚プラス300枚400枚500枚とかは、たぶんいくと思うんですよ。 でも4000ってなったら、またすごい大発明がいるなと思って。 とんでもない、お前そんなやり方すんのかっていうのがいるって思ったときに。 のぶみ それわかるわあ。 西野 じゃあ一番チケットが売れてるやり方ってTwitterだなと思ったら、まずそこをスパンっと切って。 のぶみ それでも結構な度胸ないとできないよね。 西野 こわいですよ。 切ったら切ったで、思いつかないと死ぬわけじゃないですか。 4000枚がドンと売れる方法を思いつかないと、僕死ぬわけじゃないですか。 のぶみ ちょっと待って、今は思いついてるんですか? 西野 全く思いついてないです! 結局、何かを得たいなら何かを捨てないといけない。 自分が今よりももっと成長するためにあえて一番便利なものを切る。 これってなかなかできないけど、これくらい自分を追い込みたい。 好きすぎるくらい、自分の作品を愛すること クリエイターとしての自分の作品への愛もすごい。 昨日、テレビのコメンテーターの話をいただいたけど断った。 僕は吐き気がするほどナルシストなので、他人の色恋沙汰に自分の時間を割きたくなくて、自分の作品を作って、届けることにしか興味がない。 こういうことを書くと、すぐに「キングコング西野、コメンテーターを批判!」となるんだけれど、そうじゃない。 僕と僕の友達らで作った作品が好きすぎるだけ。 これはめちゃくちゃ共感しました。 僕もブログを書くのが好きで、アホみたいなことに時間を削ぎたくない。 「作者が売ることに口を出すな」と言う人もいるんだけれど、 作品はお客さんの手元に届かないと生まれたことにならないので、僕は作品の親として育児放棄はせず、キチンと育つまで面倒を見ようと思います。 そして「届ける」も大事だなと痛感。 もっと力を入れないと。 自分がやるべき仕事しかやらない これも本当に面白い。 NONSTYLEは本当に面白いし、才能もある。 それに比べて僕は・・・。 まぁ面白いしモーレツに才能もあるんだけれど、しかし得意分野は超狭い。 本日(5月29日)放送のフジテレビ『ハミダシター』の聞き役(MC?)は芸能界で僕が一番向いているから、「なんとしてでも僕にやらせろ!」って感じなんだけれど、あんな変態的な番組は数少ない。 僕は負け戦には興味がなくて、「これは他の誰よりも、自分がやった方がいいな」という仕事しかしないようにしている。 自分と合わない仕事をしても成果は出ない。 成果が出ないと、自分が本当にやるべき仕事のオファーとか来るチャンスも来なくなる。 だから自分がやるべき仕事をしっかり選んでそれだけをやる。 本能で語るやつは信用できるからギャルと子供が好き これもついついうなずいてしまった名言。 理性よりも本能に興味があって、何よりも、ギャルと子供が出す答えを信用しています。 理屈をゴネるヤツの言葉は、だいたいどこかで聞いたことあるものばかりで寒すぎて震える。 今でも平気で「出る杭は打たれるけど、出すぎた杭は打たれないからね…」とワイングラスを傾けて横顔で語るヤツがいるけど、頭が沸いてんじゃねーかと思う。 なんで、その手垢でベタベタな台詞を皆が知らないという設定で話を進めてるの? 人と喋ったことないの? 信じられない。 そんなバカよりも、「なんかイイ!」「話が長い!つまんない!」と本能で語るヤツの方が信用できるので、ギャルと子供が好きです。 それっぽい理由ってつければつけるほど、嘘っぽくなりますよね。 僕は途上国で起業したい。 協力隊が終ったらネパールで始める。 それについて「なんで?」って聞かれることがあるけど、「やりたいから」としか言えない。 「戦略的KY」(空気読めない)を貫く 「空気を読む」ことを「KY」とか昔みんな言ってましたね。 西野:芸人が踏み外さなかったら、もうすることがなくなる。 要は、戦略的KY(空気読めない)でいいと思うんです。 正しいことって誰だってできるし、空気なんて誰だって読めるんだから、みんなが右に行っている時に、左に行く。 この役目を芸人がしないと、「誰がするの?」って思います。 空気を読むことからは何も新しいことは生まれない。 空気を読めないんじゃなくて、あえて「空気を読まない」。 日本社会においては叩かれるけどこういう人がいるから新しいものが生まれる。 「ウォルト・ディズニーを倒す」 人前で言ったら恥ずかしくなるようなデカすぎる野望を語っています。 記者 今回ゴミ拾いを考えられて、たぶん西野さんの頭の中には次のこともあるんじゃないかと思いますが、「こんな野望があります」みたいなことがあれば言える範囲でいいので教えてください。 西野 え〜、 「ウォルト・ディズニーを倒す」っていうのはありますね。 ディズニーランドみたいな街をつくって、おもしろいことをして、最終的にはウォルト・ディズニーを倒したいですね。 あいつ結構おもしろくて、僕と同じ歳くらいでいろいろやってるんですよ。 今ちょっと押されてるんですけど、最終的には倒したいなっていうのはありますね。 記者 頑張ってください(笑)。 西野 はい……なんかスベっちゃいましたか? 「到底倒せそうにない」みたいな雰囲気が出てましたね。 スベるとかスベらないとか考えずに素直に自分の思ってることを公言する。 これってなかなかできない。 「向かい風」も進むための才能 最後はこちら。 西野さんのこの言葉を知って、彼に対する見方が変わりました。 個人的には一番好き。 でさ、俺が言いたいのはさぁ、向かい風も進むための才能なんだよ。 すごい嫌なこともね。 たぶん、チビとかさぁ、運動ができないとか、勉強ができないとかさ、恥ずかしいやん。 なんか隠したがるやん。 友だちとなるべくおんなじ感じにしたいやん。 嫌なことって消したいからさ。 でも消す必要なんて全然ない。 もったいない、そんなん。 せっかく向かい風が吹いてるんだから、これは消すんじゃなくて、利用した方がいいよっていうお話。 ほら、日本一嫌われてる俺がさ、毎日ゲラゲラ笑ってさ、今日もヤーってやって……。 エンジンじゃなくて風で前に進む「ヨット」。 追い風の時はもちろん進めるけど、向かい風の時も帆をうまく傾ければ前に進める。 でもそもそも風が吹いていない無風状態の時は全然前に進めない。 「追い風」は、才能や恵まれた環境のこと。 「向かい風」は、ストレスやコンプレックスなど、自分が嫌だと思ってること。 嫌なことだけど、風は吹いているわけだからうまく使えば前に進んでいける。 これがすごーく刺さりました。 このときのTED動画も超面白いので本当におすすめです。 みんなが嫌いだから自分も嫌い?そんなクソださい思考は捨て去ろう 嫌われ芸人キングコング西野さんの目が覚めるような名言。 今まで嫌いだったあなたも、「おお…」と思っちゃうような言葉ばかりだったはず。 西野さんに関連して言いたいことはたった1つ。 「みんなが嫌いだから自分も嫌い」 こんなだっさい思考はもう捨てちゃいましょう。 みんながこう考えるから自分も同じように考える。 それって完全に思考停止ですよ。 そして西野さんのように、人と違うことを恐れ、嫌われることを怖がらなくていいんです。 人と違う意見を持ってるってことはそれだけ人と違う視点を持ってるということ。 これって超かっこいいですよ。 僕も嫌われることを恐れずに、もっと自分の考えを出していきます! 西野さんの言葉をもっと追いたい人はFacebook のフィードがおすすめ。 ちなみに彼のビジネス書は、革命的な面白さ。 僕はすでに3度読み返しました。 <Googleでも出てこない! たった1時間でやりたいことが溢れ出る感動の雑談!> 1988年生まれ。 鎌倉市出身。 早稲田大学政治経済学部卒。 働くのが夢だった大企業で人事になるも「やりたいことがわからない」で約3年悩むも、ひょんなことからコーチングを受講。 たった3日で「やりたいこと」に気づき、その実現のために退職。 2015年から2年間、青年海外協力隊としてネパールでボランティア活動に従事。 現在は日本とネパールでデュアルライフ。 「やりたいことがわからない」を解決するプロとして、コーチングのプロコーチをやりつつ、ネパールでの事業を準備中。 スターウォーズ、ラーメン、たらこパスタが大好き。 124•

次の

嫌いな人ほど刺さる!嫌われ芸人キングコング西野の名言11選

キング コング 嫌い

キングコングの梶原雄太が28日に関西テレビで放送された「快傑えみちゃんねる」(金曜、後7・00)に出演。 嫌いな芸能人として大物歌手Hの名前を挙げた。 この人物、司会の上沼恵美子も同調。 「うるさいわ」と嫌いな理由を口にしていた。 名前の部分はピーが入り、オンエア上は分からなかったが、「H」とだけヒントが明かされた。 嫌いな理由について追及されると、「いろいろあったんです」と言葉を濁し、上沼が察したように「エラそうにされたん?」と聞くと、「どエラそうにされまして」と打ち明けた。 上沼は「私もあんまり好きやない」と同調。 「うるさいな、(あの人)。 もううるさいわ」と口うるさすぎることへの不満を表明。 梶原と同意見であることを明かした。 上沼は70年代前半、フジテレビ系で「ハイヌーンショー」という番組をやっていたが、当時、そのHが新人コーナーで登場したことを振り返り、「北海道から出てきた純粋な青年やったのに。 (今は)おでこも広なってな。 だんだんね、有名になっていくに従ってな」とヒントを暴露していた。

次の