カモ られる。 側溝に落ちたヒナを救いたい! カモ親子の救出劇を見守る“ネットの輪”...助けた本人に聞いた

野鳥図鑑(泳いでいる鳥)

カモ られる

「 」、 「 」、 「 」に、 上の明確な違いはなく、英語ではいずれも「 duck 」と呼ばれ、区別されないことが多いです。 「カモ」とは、カモ目カモ科マガモ属に属する の総称で、漢字では「 」と書きます。 マガモ、コガモ、オナガガモなど の 「カモ」の多くは で、日本より北の地域から のため日本にやってくる冬 として知られており、冬場の や 、 などに見られます。 単に 「カモ」といった場合マガモ 真鴨 を指すことが多く、 で 50~65cm、 1~1. 5kg程度、 は黄色のくちばしに、頭部が濃緑色、首に首輪のような白色のラインがある を持ち、 は黒とオレンジ色のくちばしに、黒褐色の斑がある褐色の体毛を持った個体が一般的です。 「カモ」は、世界中で古くから食用とされてきた鳥で、鴨鍋や鴨汁、鴨 などの で用いられるほか、 や でも多く用いられる です。 なお、 の 「カモ」には、1日5羽まで、網猟においては 期間を通じて合計200羽までといった捕獲制限が設けられています。 「アヒル」とは、カモ目カモ科マガモ属のマガモを に、 用、採 、 採集、 用などを目的として 化した鳥類で、漢字では「鶩」や「家鴨」と書きます。 成体で体長50~80cm、体重3~5kg程度、オス、メスともに黄色のくちばしと足に、白い体毛を持った個体が一般的です。 また、翼は退化して小さくなっており、長距離を することはできなくなっています。 「アヒル」は、北京ダックやローストダック、ターダッキンなど世界中で様々な に用いられるほか、 「アヒル」の卵を原料とするピータンや、 「アヒル」の を肥大させた なども食されます。 鴨肉と比較して脂が多いアヒル肉は日本においてはそれほど好まれず、 「アヒル」が に用いられることも一般的ではありません。 「アイガモ」とは、野生の 「カモ」と、家禽の 「アヒル」を した鳥類で、漢字では「合鴨」や「相鴨」「間鴨」と書きます。 体色や大きさなど外観は野生の 「カモ」と類似しており、 「アヒル」と比較して、野生の 「カモ」に近い味や であることから、 「カモ」の代用として鴨料理に用いられることもありますが、肉量が少ない、 能力が低い、成長に時間がかかる、生産 が高いなど欠点も多いことから、食肉用としてはそれほど多く流通していません。 食肉以外の 「アイガモ」は、愛玩用や狩猟用のおとり雑草除去のため に放す合鴨農法などに用いられます。 日本においては、食肉用の 「アヒル」を業者 で 「アイガモ」と呼ぶことが多く、 などおいて「合鴨」が料理名にに用いられている場合でも、実際はアヒル肉が用いられていることも少なくありません。 「カモ」…マガモ属に属する鳥類の総称 「アヒル」…マガモ属のマガモを原種に家禽化した鳥類 「アイガモ」…野生のカモと家禽のアヒルを交配した鳥類.

次の

野鳥図鑑(泳いでいる鳥)

カモ られる

・ カモを見に出かけよう・ 出かけよう。 といっても、大仰なことは何もありません。 カモは日常の範囲でも、日頃歩くルートを少し変えてみるだけで、見られることが多いのです。 ここではあくまで、日頃の散歩や、ちょっとした旅行に、カモを見る楽しみを取り入れてみよう、というくらいの視点でいきます。 とすると、準備するものは、これといって特に無かったりします。 あれば便利かなと思うのは双眼鏡や単眼鏡。 いっぱい種類を見たいとか、カモ以外の鳥も楽しみたいという人は、ポケットサイズの野鳥図鑑があると便利です。 「」さんのも便利ですが、水辺での携帯電話の取り扱いには、くれぐれもお気をつけて。 また携帯はマナーモードにしておくと、不意の着信で鳥たちを驚かせることがなくなります。 写真を撮ろうという方は、当然、カメラをお忘れなく。 これは別のコンテンツで詳しくご説明します。 ただ、夢中でカモを見ていると、ちょっと不安定な足場などに行きたくなることはあります。 無理は禁物。 と前置きしますが、一応備えるとしたら、できるだけはき慣れたスニーカーに、撥水スプレーを吹き付けておくと良いでしょう。 虫除けスプレーもあると便利です。 カモの大半は渡り鳥で、日本に留まっているのは冬場です。 ただ、カルガモ、オシドリの2種類は例外で、一部の地域(四国でのオシドリなど)を除いて、通年見られます。 特にカルガモ親子は東京の都心部でも見られることで有名です。 旅行の場合、行き先が上高地や日光なら、夏場でもマガモが見られる可能性があります。 また北海道では繁殖する種類もいるため、これも夏場にキンクロハジロなどに出会える可能性があります。 カモの行動する時間帯は、種類によってまちまちです。 夜行性のものもいます。 ですからあまりこだわらず、行ける時に行ってみましょう。 夜行性のものなら昼間は水辺でお休み中ですから。 カモがいる場所は、言うまでもないことですが、水辺です。 まず確実なのは広めの池。 特に葦など身を隠せる植物が水辺に群生していれば、そこにカルガモがいる可能性はかなり高いです。 餌付けを行っているような場所だと、わんさかどっさりいて、しかもぺたぺたと歩いてきて、餌をねだってくることもあります。 東京の不忍池などが有名です。 河川は、流れの速くないところ。 都市部でも水辺なら安全ということで、渡り鳥も案外立ち寄ったりするものです。 秋葉原あたりの神田川でホシハジロを見かけた時は、「こんなところにもいるんだなぁ」と、ちょっとびっくりしました。 空っ風吹きすさぶコンクリートジャングルを、ちょっぴり忘れることができます。 日頃の通勤経路や散歩のルートで、川にちょっと気をつけてみてください。 案外いたりするものです。 カルガモ親子が広く親しまれているのは、こういうシチュエーションで出逢う可能性があるから、という理由も大きいのです。 川の河口、港、干潟などにもたくさんのカモがいます。 ただ、これらの場所のカモは、近づかせてくれないことが多いですから、双眼鏡や単眼鏡を用意しましょう。 オシドリは水辺で背の高い木のあるところを好みます。 条件さえ合えば都市部でも住み着くことがあり、代表的な場所としては仙台市中心部を横断する広瀬川。 百万都市のど真ん中でも群をなして川を泳いでいます。 農地があるところであれば、水田を見てみましょう。 カモたちの冬場の主食は、水田の落ち穂や、種類によっては用水路のタニシなど。 但し双眼鏡や単眼鏡などの拡大鏡は必要なものと考えておいた方が無難です。 200メートル先の人影にも警戒して、逃げてしまうことがあります。 最後に、とても重要なことですが、朝夕は空を見てみましょう。 隊列を組んで飛んでいくガンやカモが見られます。 間近で見るばかりがカモではありません。 雁行は伝統ある、日本の美しい風景です。 彼らは野生動物です。 その立場を尊重して下さい。 鳥の中では大ぶりといっても、やはり小動物。 彼らにとっては本能的に、人間は「コワい生き物」です。 人間が狩猟をしてきた歴史も当然ありますし、食物連鎖という摂理もあります。 これは仕方のないことです。 向こうから近づいてきてくれるような場所や、都市部の川のように物理的に近づけないと向こうが判断しているような場所なら、ある程度は話は別ですが、そうでない場合は、彼らを驚かせないように気をつけて下さい。 ちょっとした身振り手振り程度でも、驚いて逃げてしまうことがあります。 中には500メートル先の人影を見ただけでパッと逃げてしまうような、デリケートな感性の持ち主たちもいるのです。 人間の暮らしの中に鳥たちを引きずり込むのではなく、鳥たちの姿を「遠くから控えめに見せていただく」という、謙虚な姿勢が良いでしょう。 餌をあげるのは必ずしも良いこととは限りません オオハクチョウやオナガガモのように、餌付けに喜んで応じてくれて、人間に慣れてくれる種類もいます。 でも、それは、必ずしも良いことではありません。 中には自分で餌を採らなくなり、人間に甘えきってしまうような個体も出てきたりすることがあるのです。 それは彼らの生存にかかわることでもあり、前の項目でも挙げた通り、「野生動物の立場」を踏みにじっていることにもなります。 また、餌付けが行われていない場所では、仮に与えても、カモたちはそれを食べようとはしません。 そうなると、その餌は水底に沈み、水質汚濁の原因になります。 そして、彼らが自前で調達してくる餌と、人間が用意してくる餌は、その内容が違います。 餌付けにはよく食パンが使われますが、これには野生の鳥たちは通常口にしないもの、たとえば鶏卵や牛乳、バターといった動物性油脂が含まれます。 これが彼らの健康や生態に、何らかの影響を与える可能性もあるのです。 餌をあげるのは、自治体などが公認している場所で、それも控えめに。 できればあげない方がいい、ということを覚えておいて下さい。 あえて用意していくのであれば、お米など彼らが自前で調達してくるのと同じものや、焼麩など水に沈みにくいものが良いでしょう。 伊豆沼(宮城県栗原市)の野鳥観察館サンクチュアリセンターでは、水鳥用に調製した餌を有料で用意していたりします。 こういうものでしたら安心して食べてもらえます。

次の

マガモ

カモ られる

が孵化してすぐ,あるいは数日以内に巣を離れる性質。 類や類,類,など地上性のやの雛は,孵化時になどの類よりかなりした状態になっており,目が開き,体がで覆われ,歩き回ることができる。 孵化するとすぐに巣を離れ,親鳥について歩くものが多い。 離巣性の雛の巣立ち後の状態は,生息場所やの仕方により異なる。 類の雛は孵化時には飛んで逃げられるほど体が発達しており,親鳥の世話を受けずに独立し,食べ物もでとる。 ズグロガモ Heteronetta atricapilla は性で,仮親に抱卵されて孵化した雛はすぐに独立できる。 についても違いがあり,カモ類やチドリ類などの雛は自分で食べ物をとるが,カイツブリや類,類などの雛は,巣を離れたあとも親鳥のとった食べ物を与えられる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 鳥類の雛 ひな が孵化 ふか 直後、あるいは孵化後の比較的早い時期に、自力で巣を離れる性質をいう。 カモ類、シギ類やチドリ類、キジ類など地上営巣性の種でこの性質が発達している。 これらの種の雛は孵化時にすでに開眼しており、身体は綿毛に覆われ、まもなく立ち上がって歩いたり、走ったりすることができる。 しかし、すぐには自力で餌 えさ をとれないので腹腔 ふくこう 内に卵黄を蓄えている。 また、なるべく短時間で全卵が孵化を済ませるために、孵化が近づいた雛たちは、卵の殻を通して互いに音声で連絡をとり合いながら、孵化を同調させるという事実も知られている。 これらの性質が進化してきた背景には、地上に営巣することに対する捕食の危険性が考えられる。 カモメ類は地上営巣性で雛の諸形質も離巣性のものに近いが、捕食者が近づきにくい離れた小島や断崖 だんがい などに営巣するため、雛は長い間巣にとどまり、親の給餌 きゅうじ を受けている。 [山岸 哲] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内の離巣性 の言及.

次の