筆頭 者 と は。 本籍や戸籍の筆頭者がわからないのですが、調べる方法はありますか?

世帯主と筆頭者の違いは?|黒部市

筆頭 者 と は

戸籍は、本籍と筆頭者ごとに作成されています。 戸籍には、戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍という3つの種類がありますが、 いずれも、かならず本籍と筆頭者が記載されています。 そして、戸籍の中に2人いても、10人いても、 何人いたとしても、 筆頭者はかならず1人と決まっています。 ですので、戸籍の筆頭者とは、 その戸籍の代表者的な人として、考えても良いでしょう。 ただ、戸籍自体には、『筆頭者』という記載がどこにもありませんので、 その戸籍の筆頭者が誰なのかについては、 その戸籍を見た人が判断することになります。 つまり、その戸籍の筆頭者を探す時に、 『筆頭者』という文字を探しても、どこにも載っていないということです。 ただ、その戸籍を見た人が、 その戸籍の筆頭者が誰なのかを容易に判断できるように、 戸籍の筆頭者を記載する位置が決められています。 その戸籍の筆頭者を記載する位置としましては、 戸籍の中にいる人の記載順として、 まず最初に筆頭者が記載されてから、その他の人が記載されます。 たとえば、古い縦書きの戸籍であれば、 1枚目の一番最初に氏名が記載されている人が、 その戸籍の筆頭者ということです。 また、最近の横書きの戸籍であれば、 一番上に氏名が記載されている人が、 その戸籍の筆頭者ということになります。 つまり、一番最初に記載されている人が、 その戸籍の筆頭者という決まりがあるのです。 さらに、戸籍の筆頭者を容易に判断できる部分としましては、 古い縦書きの戸籍の場合には、一番右端に、 本籍と氏名欄があり、その氏名欄に記載されている人が、 その戸籍の筆頭者と決められています。 そして、最近の横書きの戸籍の場合には、一番上に、 本籍と氏名欄があり、その氏名欄に記載されている人が、 その戸籍の筆頭者となります。 以上のことから、その戸籍の筆頭者が誰であるのかを、 誰が見てもすぐにわかるように作られているのです。 スポンサーリンク ちなみに、昔の戸籍については、 筆頭者は『戸主』になっている戸籍もありますが、 戸主とは、筆頭者と同じ意味ととらえてかまいません。 簡単に言えば、昔は、戸籍の筆頭者のことを、 戸主と呼んでいたということです。 そして、筆頭者が戸主と呼ばれていた頃の古い戸籍では、 『戸主』という記載が、戸籍の氏名のすぐ上に記載されますので、 誰でもすぐに筆頭者がわかるようになっています。 普通は、戸籍の氏名の上には、夫や妻、 長男や長女、孫や養子といった記載があるのですが、 戸主の場合には、『戸主』と記載されているということです。 これらのことは、除籍謄本であっても、 原戸籍であっても、同じです。 ただ、昔の除籍謄本や原戸籍では、戸籍の一番最初の人の氏名の上に、 『戸主』といった記載があったのですが、 最近の戸籍には、『戸主』や、『筆頭者』という記載がありません。 ですので、その戸籍の筆頭者を一番簡単に判断するには、 古い縦書きの戸籍であっても、最近の横書きの戸籍であっても、 一番最初に記載されている『本籍』の下の『氏名』欄に記載されている人が、 その戸籍の筆頭者と判断できます。 ただし、古い縦書きの戸籍の場合には、 その『本籍』の下には、『前戸主』の氏名が記載されている場合があり、 その場合には、『戸主』という記載を探す必要があります。 『戸主』という記載のある人が、 その戸籍の筆頭者ということになるからです。 つまり、戸籍の筆頭者=戸主ということです。

次の

世帯主と筆頭者の違いは?|黒部市

筆頭 者 と は

質問 本籍や戸籍の筆頭者がわからないのですが、調べる方法はありますか? 回答 本籍とは、日本人の戸籍の所在地のことです。 本籍と住所とは別のものです。 住所と同じ場所に本籍を定めることもできます。 戸籍の筆頭者とは、戸籍の最初に記載されている人のことです。 基本的に、戸籍は夫婦と未婚の子で構成されますので、婚姻している人であれば夫または妻が筆頭者です。 筆頭者は、「婚姻の際、夫婦どちらの氏を称することとしたか」により決まります。 例えば、夫の氏を称することとした時は夫、妻の氏を称することとした時は妻が筆頭者となっています。 また、子は出生後、父または母が筆頭者となっている戸籍に入りますので、一般的に、一度も婚姻したことがない人の筆頭者は父または母です。 (養子縁組届・分籍届等の戸籍の届出をした場合は、別の人が筆頭者となっていることがあります。 ) なお、筆頭者が亡くなられたとしても、筆頭者はずっと変わりません。 調べる方法 本籍の記載のある住民票の写しを請求していただければ、本籍、戸籍の筆頭者ともに確認することができます。 なお、電話で本籍や戸籍の筆頭者をお教えすることはできません。

次の

戸籍の筆頭者およびその配偶者のどちらか一方または双方がすでに亡くなっているが、転籍したい場合はどうしたらよいですか。|武蔵野市公式ホームページ

筆頭 者 と は

筆頭者(ひっとうしゃ)とは、 戸籍の中にいる人の代表者で、 戸籍の最初に表示されている人のことです。 現在の戸籍は1組の夫婦と、 その子供(未婚)の家族単位で構成されおり、 戸籍ごとに本籍と筆頭者の氏名が記載されています。 通常、夫婦の内、夫が戸籍の筆頭者になるのですが、 稀に妻が筆頭者になることもあります。 筆頭者については、結婚して夫婦2人の戸籍を作る時に、 夫婦でどちらが筆頭者になるのか決めることになりますが、 結婚後は、筆頭者になった方の氏を名乗ることになっているのです。 つまり、夫が筆頭者であれば、 その戸籍の中にいる家族全員が、 夫の氏を名乗ることになります。 逆に、妻が筆頭者であれば、 その戸籍の中にいる家族全員が、 妻の氏(旧姓)を名乗ることになるのです。 なお、戸籍の中に「筆頭者 誰々」という記載があるわけではなく、 戸籍の先頭部分に、 「本籍 ・・・・」と「氏名・・・・」が記載されています。 つまり、戸籍の先頭部分に「本籍 ・・・・」、 「氏名 ・・・・」と記載されている人が、 その戸籍の筆頭者ということになるのです。 また、戸籍の筆頭者が亡くなったとしても、 筆頭者が他の誰かに変わることはありません。 戸籍の筆頭者が、離婚や転籍によって戸籍を出た時も同じで、 一度筆頭者になった人は、 その先、戸籍が閉鎖されてもずっとその戸籍の筆頭者のままです。 なぜなら、役所が戸籍を探す時には、 戸籍の本籍地と筆頭者で検索して探しているため、 戸籍の筆頭者がころころ変わると複雑になってしまうからです。 スポンサーリンク また、よく間違えやすいのが、 筆頭者は世帯主のことではないかと考えてしまうことです。 たしかに、筆頭者も世帯主も、 代表者という意味では同じかもしれません。 しかし、世帯主というのは、同じ家に住み、 生計も同じ人達が集まっている世帯の代表者のことです。 そして、一般的によく知られている住民票は、 住居と生計が同じ人の集まりごとに作成されており、 その代表者が世帯主として登録されています。 たとえば、親、子、孫の3世代が一緒に住んでいて、 生計も同じ場合、 世帯主は親の時もあれば、子の時もあります。 しかし、戸籍の筆頭者については、 親の戸籍と、婚姻している子は別々の戸籍となり、 それぞれの戸籍に筆頭者がいるわけです。 また、夫婦とその子供のみの家族の場合でも、 住民票の世帯主は夫で、 戸籍の筆頭者は妻になっていることもあります。 逆に、住民票の世帯主が妻で、 戸籍の筆頭者は夫になっていることもあるということです。 つまり、戸籍の筆頭者と、 住民票の世帯主は、 まったくの別物ということです。 そのため、戸籍の筆頭者を調べる時に、 世帯主が誰なのか考えるのはあまり意味のないことになります。 しかし、戸籍の筆頭者を調べる方法の1つに、 住民票で確認するという方法もあります。 なぜなら、住民票を取得する時に、 その人の「戸籍の本籍と筆頭者入り」での発行を希望すれば、 その人の戸籍の本籍地と筆頭者も住民票に記載されるからです。 つまり、戸籍の筆頭者がわからない場合には、 その人の住民票を取れば、 その人の戸籍の筆頭者が誰なのかがわかるということです。 さらに、戸籍の筆頭者と、世帯主の両方を知りたい場合にも、 住民票を取ればどちらもわかることになります。 ただし、「戸籍の本籍と筆頭者入り」で、 住民票の発行を希望しなければ、 戸籍の筆頭者の記載のない住民票が発行されてしまいます。 ちなみに、戸籍の筆頭者というのは、 昭和23年頃から今までに作られた戸籍の代表者のことで、 それ以前に作られた古い戸籍では、戸主(こしゅ)と呼ばれています。 そのため、筆頭者も戸主も、 戸籍の代表者という意味では同じで、 違いは、昭和23年頃よりも前の戸籍か後の戸籍かの違いです。 戸主についてと、戸主と筆頭者の違いについては、 のページで、 わかりやすくご説明しています。 除籍謄本の取り寄せでお困りのあなたへ 当サイトでは、具体的に次の4つのお困りの状況によって、 それぞれ簡単に解決することが可能です。 ・ ・ ・ ・ スポンサーリンク.

次の