街コン まちこん。 街コン(まちこん)総合ポータルサイト 街こんひろば

佐呂間のまちコン『さろまちこん』

街コン まちこん

街コンと合コンって何が違うの? 「街コン」って名前は聞いたことあるけど、何をするのかイマイチわからないという方が多いのではないでしょうか。 すごく簡単に説明すると、 街コンとは「大規模な合コン」のことです。 お店に集まって、複数の男女でご飯を食べたり、お酒を飲みながら会話を楽しむところまでは普通の合コンと同じです。 では、街コンは合コンとの大きな違いは何でしょう? それは 合コンに比べて、参観者の人数がとても多いところなんです! 通常の合コンだと、男女合わせて多くても10人程度だったりしますよね? ですが、街コンは一度に 20名〜100名以上の参加者が集まるため、出会いの絶対数が合コンと比べて大きく違うのです。 これだけ多くの異性と出会える機会があるということは、それだけ 好きになる人、または自分を好きになってくれる人を見つける確率が高くなります。 出会い系サイトや恋活アプリのように、会う前にメッセージのやり取りをして、時間をかけてお互いを知っていくよりも、 「まずは直接会って話したい!」という方には最適なサービスです。 もくじ• 街コンとは? 街コン(まちコン)とは、地域振興を目的とした大規模なコンパイベントのこと 婚活にくらべ気軽に楽しく参加できるのが特徴で若い人を中心に盛り上がっている。 街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。 一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。 同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。 より引用 上記のようにWkipediaには書いてありますが、このままだと少し誤解が生まれそうなので補足させてください。 なぜなら、私も初めて参加する時にWikipediaを見て尻込みしてしまい、参加するかどうか、少し戸惑ったのを覚えているからです。 Wikipediaを見ると、 若い人、 地域復興、 100名以上などのキーワードが出てきてきますが、率直に言いますと・・・ 全然、気にする必要はありません! 私もよく利用していますが、 20代〜50代と多くの方が参加できますし、地域復興なども参加者自身が特に気にすることはありません。 参加人数も 30名以下で開催しているところもあり、大人数過ぎるのが苦手な方でも自分に合った街コンを選べば大丈夫です。 最近では街コンの定義も開催会社によって違うため、 誰でも気軽に参加しやすくなっているのが特徴です。 似たものに、婚活パーティーや恋活パーティーなどもありますが、最近ではこれらも街コンのカテゴリに含まれていたりします。 違いがわかりづらいと思いますので、簡単にまとめてみました。 街コン 恋活パーティー 婚活パーティー 目的 恋人が欲しい 恋人が欲しい 結婚相手を見つけたい 参加人数 2人〜4人 1人〜2人 1人 時間 3時間 2時間 1時間半 店舗移動 2〜4店舗 1店舗 1店舗 席 完全着席 立食または半立食 完全着席 ゲーム 開催会社による あり なし カップル発表 なし 開催会社による あり 男性料金 7000円前後 4000円~7000円前後 4000円前後 女性料金 3000円前後 3000円前後 2000円前後 補足上の表は一例です。 開催会社によっても違いますので、大体の目安にしてください。 この表を見て、気が付いた方もいらっしゃると思いますが、 「男性料金高くない?!」 確かに、少し高く感じるかもしれません。 ですが、その代わりに女性の参加率は上がります! 女性と楽しい会話をしながら、ご飯やお酒も楽しめるので、男性の方は、普段の飲み会代にプラスして、女の子の分も少し出してあげたと思って割り切りましょう。 逆に、 女性の方はとってもお得です! 美味しいご飯も食べられて、お酒も飲めるなら、それだけで元は取れていそうです。 男性の参加料金も高めなので、遊び目的ではなく、真剣な方が多いと思います。 また、これらはサービスの名称こそ違いますが、共通点があります。 それは、参加者の目的は素敵な人に出会いたい!ということです。 参加者全員が同じ目的なので、 恋人を作れる確率もグッと高くなります! もちろん、恋人と結婚相手だと 「求めている対象が違うじゃないか!」と感じる方もいらっしゃるとは思いますが、 恋人も本当に好きでずっと一緒にいたいと思えれば、 最終的には結婚相手になると私は思っています。 この他にも、お酒を飲まないランチコン、野外で行うBBQコンや趣味コンなどもあります。 種類が多い割に、似通っているものが多く、非常にわかりづらいため、迷ってしまう方も多いと思います。 あまり考えすぎずに、 自分が楽しみながら参加できるイベントに申し込むことをオススメします。 素敵な方と出会い、恋人を作りたいという目的は、どのイベントでも同じだからです! 補足ちなみに街コンサイトでも、街コン、恋活パーティー、婚活パーティーなど複数取り扱っているところが多いです。 あまり区別せずに、自分の気になったイベントに参加することをおすすめします。 メリットは? 街コンにはメリットが沢山あります。 一度に多くの異性と出会える• 女性は参加料金が安い• 話せなくてもプロフィールカードやゲームの力を借りられる(イベントによる)• 自分でセッティングしなくていい• 好きな時間に参加できる やはり、 1番のメリットは多くの方に出会えることです! 多いだけではなく、異業種の方の話を聞くことも出来るので、話しているだけでも面白いです。 話すのが苦手な方でも、プロフィールカードやゲームのあるイベントを利用すれば大丈夫です。 意外と話せます! また、合コンのようにセッティングする必要もないので、自分の好きな時間に参加できることも、メリットの一つです。 注意点 街コンに参加する前に、確認しておくことがいくつかあります。 男性はお金がかかる• 長時間立ちっぱなしになる時もある 先ほども少し触れましたが、男性の参加料金は少し高めに設定されています。 男性にとっては少し考えてしまう部分かもしれませんが、ここは 飲み会 + 素敵な女性に出会える と思って、ポジティブに考えましょう。 男性の参加料が高いことは女性も知っている方が多いので、 「高いお金を払ってでも恋人を探したい!」 という真剣な気持ちは伝わるはずです。 また、イベントによっては椅子がなく、立ちっぱなしになるケースもあります。 補足免許証がない方は保険証、住民票でも大丈夫です。 社会人限定のイベントなどの場合は、名刺なども必要になるケースがあります。 参加する前に必要なものをチェックしましょう! どんな服装で参加したら良いの? どんな服装で参加したら良いのか、初めて参加する方は特に迷ってしまいますよね。 でも、安心してください。 私服で大丈夫です! 私も参加する時に迷いましたが、普段着のままで問題ありませんでした。 男性の方も特にスーツでなければいけないなどはありません。 仕事帰りに参加される方はスーツのままでも大丈夫です。 沢山います。 ただ、普段着のままでも良いのですが、ライバルと差をつけるためにも、「こんな格好がおすすめだよ!」というのを別記事にして書いてみましたので、参考にしてみてください。 初めて参加する人の割合は? 実際に行ってみたら、周りは経験者ばかりって感じだと、ちょっとついていけるのか不安になりますよね。 では、どのくらいの方が初参加なのでしょうか? 街コンでは、よく話の流れで 「参加は初めてですか?」 という、やり取りがあります。 私の経験だと、2回以上参加されている方よりも、 むしろ初めての方が多い印象でした。 半分位は初参加と考えていて、大丈夫だと思います! 一人参加でも大丈夫? 全然、大丈夫です! 私も一人で何度か参加していますが、同じような方が必ずいます。 心配な方は、一人参加にあたっての情報を、別記事にも載せてありますので、是非参考にしてください。 まとめ 以上が街コンについての概要になります。 街コンは合コンなどと違い、 参加人数が多く、一度に複数の方と出会うことが出来るのが魅力です。 男性、女性に関わらず、 1人参加の方や初めての方も多いため、気軽に参加することができます。 この記事を読んで「街コンは自分には合わなそう…」という方は、などの利用を考えてみてもいいかもしれません。 どちらにせよ、尻込みせずに時間を見つけて 色々とチャレンジしてみることが大切です!.

次の

【動画あり】街コンからお持ち帰りされてもOKな男の特徴8選と成功例

街コン まちこん

街コンと合コンって何が違うの? 「街コン」って名前は聞いたことあるけど、何をするのかイマイチわからないという方が多いのではないでしょうか。 すごく簡単に説明すると、 街コンとは「大規模な合コン」のことです。 お店に集まって、複数の男女でご飯を食べたり、お酒を飲みながら会話を楽しむところまでは普通の合コンと同じです。 では、街コンは合コンとの大きな違いは何でしょう? それは 合コンに比べて、参観者の人数がとても多いところなんです! 通常の合コンだと、男女合わせて多くても10人程度だったりしますよね? ですが、街コンは一度に 20名〜100名以上の参加者が集まるため、出会いの絶対数が合コンと比べて大きく違うのです。 これだけ多くの異性と出会える機会があるということは、それだけ 好きになる人、または自分を好きになってくれる人を見つける確率が高くなります。 出会い系サイトや恋活アプリのように、会う前にメッセージのやり取りをして、時間をかけてお互いを知っていくよりも、 「まずは直接会って話したい!」という方には最適なサービスです。 もくじ• 街コンとは? 街コン(まちコン)とは、地域振興を目的とした大規模なコンパイベントのこと 婚活にくらべ気軽に楽しく参加できるのが特徴で若い人を中心に盛り上がっている。 街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。 一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。 同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。 より引用 上記のようにWkipediaには書いてありますが、このままだと少し誤解が生まれそうなので補足させてください。 なぜなら、私も初めて参加する時にWikipediaを見て尻込みしてしまい、参加するかどうか、少し戸惑ったのを覚えているからです。 Wikipediaを見ると、 若い人、 地域復興、 100名以上などのキーワードが出てきてきますが、率直に言いますと・・・ 全然、気にする必要はありません! 私もよく利用していますが、 20代〜50代と多くの方が参加できますし、地域復興なども参加者自身が特に気にすることはありません。 参加人数も 30名以下で開催しているところもあり、大人数過ぎるのが苦手な方でも自分に合った街コンを選べば大丈夫です。 最近では街コンの定義も開催会社によって違うため、 誰でも気軽に参加しやすくなっているのが特徴です。 似たものに、婚活パーティーや恋活パーティーなどもありますが、最近ではこれらも街コンのカテゴリに含まれていたりします。 違いがわかりづらいと思いますので、簡単にまとめてみました。 街コン 恋活パーティー 婚活パーティー 目的 恋人が欲しい 恋人が欲しい 結婚相手を見つけたい 参加人数 2人〜4人 1人〜2人 1人 時間 3時間 2時間 1時間半 店舗移動 2〜4店舗 1店舗 1店舗 席 完全着席 立食または半立食 完全着席 ゲーム 開催会社による あり なし カップル発表 なし 開催会社による あり 男性料金 7000円前後 4000円~7000円前後 4000円前後 女性料金 3000円前後 3000円前後 2000円前後 補足上の表は一例です。 開催会社によっても違いますので、大体の目安にしてください。 この表を見て、気が付いた方もいらっしゃると思いますが、 「男性料金高くない?!」 確かに、少し高く感じるかもしれません。 ですが、その代わりに女性の参加率は上がります! 女性と楽しい会話をしながら、ご飯やお酒も楽しめるので、男性の方は、普段の飲み会代にプラスして、女の子の分も少し出してあげたと思って割り切りましょう。 逆に、 女性の方はとってもお得です! 美味しいご飯も食べられて、お酒も飲めるなら、それだけで元は取れていそうです。 男性の参加料金も高めなので、遊び目的ではなく、真剣な方が多いと思います。 また、これらはサービスの名称こそ違いますが、共通点があります。 それは、参加者の目的は素敵な人に出会いたい!ということです。 参加者全員が同じ目的なので、 恋人を作れる確率もグッと高くなります! もちろん、恋人と結婚相手だと 「求めている対象が違うじゃないか!」と感じる方もいらっしゃるとは思いますが、 恋人も本当に好きでずっと一緒にいたいと思えれば、 最終的には結婚相手になると私は思っています。 この他にも、お酒を飲まないランチコン、野外で行うBBQコンや趣味コンなどもあります。 種類が多い割に、似通っているものが多く、非常にわかりづらいため、迷ってしまう方も多いと思います。 あまり考えすぎずに、 自分が楽しみながら参加できるイベントに申し込むことをオススメします。 素敵な方と出会い、恋人を作りたいという目的は、どのイベントでも同じだからです! 補足ちなみに街コンサイトでも、街コン、恋活パーティー、婚活パーティーなど複数取り扱っているところが多いです。 あまり区別せずに、自分の気になったイベントに参加することをおすすめします。 メリットは? 街コンにはメリットが沢山あります。 一度に多くの異性と出会える• 女性は参加料金が安い• 話せなくてもプロフィールカードやゲームの力を借りられる(イベントによる)• 自分でセッティングしなくていい• 好きな時間に参加できる やはり、 1番のメリットは多くの方に出会えることです! 多いだけではなく、異業種の方の話を聞くことも出来るので、話しているだけでも面白いです。 話すのが苦手な方でも、プロフィールカードやゲームのあるイベントを利用すれば大丈夫です。 意外と話せます! また、合コンのようにセッティングする必要もないので、自分の好きな時間に参加できることも、メリットの一つです。 注意点 街コンに参加する前に、確認しておくことがいくつかあります。 男性はお金がかかる• 長時間立ちっぱなしになる時もある 先ほども少し触れましたが、男性の参加料金は少し高めに設定されています。 男性にとっては少し考えてしまう部分かもしれませんが、ここは 飲み会 + 素敵な女性に出会える と思って、ポジティブに考えましょう。 男性の参加料が高いことは女性も知っている方が多いので、 「高いお金を払ってでも恋人を探したい!」 という真剣な気持ちは伝わるはずです。 また、イベントによっては椅子がなく、立ちっぱなしになるケースもあります。 補足免許証がない方は保険証、住民票でも大丈夫です。 社会人限定のイベントなどの場合は、名刺なども必要になるケースがあります。 参加する前に必要なものをチェックしましょう! どんな服装で参加したら良いの? どんな服装で参加したら良いのか、初めて参加する方は特に迷ってしまいますよね。 でも、安心してください。 私服で大丈夫です! 私も参加する時に迷いましたが、普段着のままで問題ありませんでした。 男性の方も特にスーツでなければいけないなどはありません。 仕事帰りに参加される方はスーツのままでも大丈夫です。 沢山います。 ただ、普段着のままでも良いのですが、ライバルと差をつけるためにも、「こんな格好がおすすめだよ!」というのを別記事にして書いてみましたので、参考にしてみてください。 初めて参加する人の割合は? 実際に行ってみたら、周りは経験者ばかりって感じだと、ちょっとついていけるのか不安になりますよね。 では、どのくらいの方が初参加なのでしょうか? 街コンでは、よく話の流れで 「参加は初めてですか?」 という、やり取りがあります。 私の経験だと、2回以上参加されている方よりも、 むしろ初めての方が多い印象でした。 半分位は初参加と考えていて、大丈夫だと思います! 一人参加でも大丈夫? 全然、大丈夫です! 私も一人で何度か参加していますが、同じような方が必ずいます。 心配な方は、一人参加にあたっての情報を、別記事にも載せてありますので、是非参考にしてください。 まとめ 以上が街コンについての概要になります。 街コンは合コンなどと違い、 参加人数が多く、一度に複数の方と出会うことが出来るのが魅力です。 男性、女性に関わらず、 1人参加の方や初めての方も多いため、気軽に参加することができます。 この記事を読んで「街コンは自分には合わなそう…」という方は、などの利用を考えてみてもいいかもしれません。 どちらにせよ、尻込みせずに時間を見つけて 色々とチャレンジしてみることが大切です!.

次の

街コン(まちこん)総合ポータルサイト 街こんひろば

街コン まちこん

街と合コンの「コン」をつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味がある。 は2004年に栃木県で開催された「」で、その後11年後半から全国各地に広まった。 街コンという呼び方が生まれるまでは「巨大合コン」「大型合コン」などと言われていた。 しかし、 株 リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」が、各地の街コンをプロデュースするために発足しサイトを立ち上げる際に、呼び名を統一するため「街コン」と命名した。 ただし、それぞれの街コンは街コンジャパンに属する人が主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催している。 街コンジャパンのサイトでは、各地の街コン情報を集め、掲載している。 街コンは通常同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の飲食店の飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。 受付は各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なる。 多くの場合、受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。 年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるが、飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つだ。 1回の開催で数百人から千人を超える参加者があるため、低迷する景気対策にもなっている。 また、街コンの開催は土曜日・日曜日の午後が多く、飲食店にとってはアイドルタイムと呼ばれる来店が少ない時間帯であるため、売り上げにも貢献している。 更に同じ地域内に住む人同士の出会いの機会が高くなる点も多くの人に受け入れられている理由の一つである。 特に近年は少子化による若年層の人口減などで結婚に結びつくいい出会いの機会が減っていると言われるが、未婚率増加を解消する効果もある。 ただ、近年は街コンの人気をビジネスに利用する動きがあり、本来の飲食店の活性化と出会いの場をセッティングするという目的から逸脱したケースもある。 そこで12年に全国街コン協議会が発足。 公式サイトを通しての情報発信、SNSで非公開での情報交換、全国街サミットの開催などを通して、街コン本来の趣旨を伝えるとともに街コンのモラルの維持に努めている。 12年6月現在、全国街コン協議会に加入しているのは、宇都宮市の「宮コン」、広島市の「ひろコン」、前橋市の「前コン」、新潟市の「潟コン」、福島市の「福コン」、仙台市の「せんコン」の6つ。 ただ、それ以外にも、協議会に所属せず、独自に開催される街コンは多い。 中でも2000人規模で開催される東京・恵比寿の「恵比コン」や、独身の20代限定という東京・渋谷の「渋谷若者コン」など特色のある街コンも増えている。 金廻すみ子 ライター / 2012年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 市民が参加し、街ぐるみで行われる合同コンパ(合コン)のこと。 とも表記する。 や市民団体、自治体などが開催母体となり、市街地の活性化を目的として行われる大規模な市民参加の懇親会である。 2~数名の同性が1グループとなり、割安な参加費を支払って登録すると、半日ほどの制限時間内は、商店街の参加店で自由に飲食に興じることができ、同時にほかのグループとの出会いを楽しめるという内容が一般的である。 街コンは栃木県宇都宮市で2004年(平成16)に開かれた「宮コン」という市内活性化のためのイベントが始まりといわれている。 地域の活性化と若い男女に出会いの場を提供するという趣旨が話題をよび、その後数百人が参加する大規模なイベントが日本各地で催されるようになった。 地元の街づくりや高齢者を支援している市民団体などが企画、市の広報などを通じて参加者を募り、引きこもりがちな高齢者に出会いを演出し、友達づくりの場にしてもらうといった、高齢者向けの街コンも人気が高い。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の