拝見させて頂きました。 間違った敬語の使い方に注意! 「~させていただきます」|ホームページ制作

「させていただきたく存じます」の意味と使い方!言い換え表現も紹介

拝見させて頂きました

「させていただきました」は「させてもらった」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてもらった」を丁寧語の形で敬語にすると「させてもらいました」になります。 「させてもらった」は相手の利益になるようなことを相手の許可のもとで行うことを意味する言葉です。 このため、相手の利益にならないような場面や、相手の許可を得ていないような状況で使うのは誤用にあたります。 正しい使い方なのか 「ご連絡させていただきました」は、言葉自体は正しい敬語表現です。 しかし、状況によってはやや高飛車な印象を与えてしまうこともあります。 相手から何度も連絡して欲しいと言われていた、連絡することが相手の利益になる、というような場面で「ご連絡させていただきました」を使うのは正しい使い方です。 面接を受けに来た人に対して採用の連絡をする場合などは「ご連絡させていただきました」の正しい使い方にあたります。 相手の利益にならない、または相手の許可を得ていない状態で連絡した、という場面では誤用になります。 飛び込み営業で電話をかけて「ご連絡させていただきました」などの使い方は相手に高飛車な印象を与えてしまう恐れがあります。 敬語「させていただきました」の使い方 相手のためになるわけではないことを「した」と敬語で伝える場面で「させていただきました」を使うのは誤用です。 よく誤用される言葉であるために気にする人は少ないと考えられますが、失礼な表現にあたります。 「お話ししたいことがあって訪問させていただきました」「当社の商品をお伝えしたくてこちらの資料をお持ちさせていただきました」「御社を志望させていただきました」「失礼させていただきました」などは、間違った使い方になります。 相手の許可を得ていない 相手の許可を得ていないような事柄を「した」と伝える際に、「させていただきました」を使うのは間違った敬語表現になります。 「お役に立ちそうな資料をお持ちさせていただきました」は、いつも資料を持って行っている相手なのであれば問題ありませんが、そうでない場合は相手の利益になるのだろうけれど、まだ相手の許可を得ていないと考えられるために誤用にあたります。 「突然ご連絡いたしまして恐れ入ります。 わが社の商品をご紹介させていただきます」は、利益になるのかもしれないけれど、あらかじめ紹介する許可を得ていたわけではないだろうと推測されるために誤用にあたります。 相手の利益にならない 「ホームページを見て応募させていただきました」「営業を志望させていただいております」などは、相手の許可は得ていると考えられますが、応募や志望を伝える段階で「相手の利益になる」と断定しているようなニュアンスになってしまうため、高飛車な印象を与えてしまいます。 相手の求めに応じて説明する場面などで使うのは正しい 「この商品を説明して欲しいのだけれど」などの要望を受けて説明する場面では「させていただきます」「させていただきました」を使っても問題ありません。 相手の利益になることを相手の許可のもとで行っているため、正しい使用法になります。 「志望」や「応募」であれば「利益になる」と断定することが高飛車な印象になる場合があります。 しかし、「お客が購入しようとして説明を求めている商品」は「相手の利益になる」と断定した表現をして問題ありません。 「ご説明させていただきます」「以上、商品についてご説明させていただきました」などの使い方をします。 敬語「させていただきました」の例文 「させていただきました」をよく使う場面での敬語表現を例文を交えてご紹介します。 確認させていただきました 部下の仕事の確認をした、などの場面では「確認させていただきました」を使います。 「書類を確認させていただきました。 これで問題ありません」などの使い方をします。 お客に頼まれて何かを確認した、という場面でも使います。 「確認させていただきましたが、水漏れの原因は水道管の破裂です」などの使い方をします。 上司の仕事を確認した、というような場面では使用しません。 「誤字脱字、計算ミスがないかを確認いたしました。 ありませんでした」というような形で、「いたしました」を使います。 ご連絡させていただきました 「ご連絡させていただきました」は間違った使い方をしやすい敬語です。 相手の求めに応じて、相手の利益になるような連絡をする場面で使います。 「何度もお誘い頂いたので、ご連絡させていただきました。 食事会、参加しようかと思います」「面接の件で連絡させていただきました。 お日にちは何時がよろしいでしょうか」などの使い方をします。 「させていただきました」に近い表現に「やっておいた」があります。 「やっておいた」は敬語にすると「やっておきました」「やらせていただきました」になります。 また、「させていただきました」にやや近いニュアンスで使われる表現に「余計なお世話かもしれませんが」があります。 これらの敬語表現もご紹介します。 やっておきました 「やっておきました」は「させていただきました」と同じく、相手の利益になるようなことを相手の許可のもとでやった、と伝える場面で使います。 「資料の整理をさせていただきました」は「資料の整理をやっておきました」に言い換えることができます。 余計なお世話かもしれませんが 「相手のためになるようなことを、まだ相手の許可は得ていないがやろうと思う」と、へりくだった形で伝える表現が「余計なお世話かもしれませんが」です。 「余計なお世話かもしれませんが、部屋を片付けておきました」「余計なお世話かもしれませんが、貴方がこの前家に忘れて行った傘を持って来ました」などの使い方をします。 「させていただきました」を使いこなそう! 「させていただきました」は「させてもらった」を謙譲語の形で敬語にした表現です。 「させてもらう」は「相手の利益になるようなことを、相手の許可のもとで行う」という意味です。 相手の利益にならないかもしれないことをする場面で「させていただきました」を使うと誤用になります。 また、相手の許可を得ていないような場面でも使ってはいけません。 「ご連絡させていただきました」は、その連絡が相手の利益になりかつ相手の許可を得ている場面でしか使用しません。 そうでない場面では「ご連絡いたしました」という敬語表現が適切です。 「させていただきました」と「いたしました」で迷った場合は「いたしました」を使うという手もあります。 「させていただきました」というべき場面で「いたしました」の方の敬語を使ったとしても失礼にあたることはありません。 「させていただきました」の正しい敬語表現を押さえておきましょう。

次の

「させていただく」正しい敬語メール編。使いすぎ注意!別の言い方は

拝見させて頂きました

拝見させていただくは正しいのか ビジネスでもよく聞き、メールでも見かける「拝見させていただく」は、「拝見」と「させていただく」に分解することができます。 拝見の意味 「拝見」とは、見ることをへりくだり、目上の人に対して使える言葉=謙譲語です。 接頭語などを必要とせず、言葉単体で見ることを謙譲語として表現できる便利な言葉です。 させていただくの意味 「させていただく」は、相手の許可を受けて、事柄や動作から恩恵を受けるときに使う表現です。 基本的には相手から許可も恩恵も受けることから、「いただく」と謙譲しています。 拝見させていただくは間違い ビジネスシーンではよく使われますが、「拝見させていただく」は本来、二重敬語であり間違いです。 丁寧に表現したい気持ちがあっても、二重敬語で過剰な謙譲をすると、中にはかえって嫌味な感じを受けてしまう人もいるでしょう。 拝見を使った正しい表現 先にご紹介したように、「拝見」は、単体ですでに謙譲語です。 目上の人に対しても「拝見します」で十分であり、正しい敬語です。 しかし、「拝見します」では敬語として足りない感じを持ってしまう人も多いでしょう。 拝見いたしますは正しいのか 拝見を使った他の丁寧な表現には、「拝見いたします」がよく使われます。 本来であれば、「拝見いたします」も文法的には「する」の謙譲「いたす」を使っているため二重敬語です。 しかし、文法的には間違っている表現ですが、現在では一般的に使われている表現で、辞書にも拝見の使用例として載せられています。 「拝見いたします」は、間違っているとはいい切れないでしょう。 「拝見します」で丁寧さが足りないと感じる場合、「拝見いたします」も本来は二重敬語だと理解した上で、いい換えても問題ありません。 拝見を使った例文 「拝見」は謙譲語です。 自分の動作をへりくだる言葉であるため、他人がみるときには使いません。 ビジネスシーンでも使える拝見を使った例文は以下の通りです。

次の

「拝見させていただく」が二重敬語でなく正しい理由

拝見させて頂きました

日本語には約24万語以上の語彙があると言われています。 広辞苑 第6版より 日常よく使う言葉、と日常は使わないが、聞いてわかる言葉があり、前者を使用語彙、後者を理解語彙と言います。 その中でも成人の日本人ネイティブスピーカーで、理解語彙は4万語から5万語彙、使用語彙は1万語から2万語ぐらいと言われてます。 日本語には他の国とは違い、敬語という言葉が存在します。 最近ではビジネスシーンで日本人ネイティブスピーカーでさえも、使い方が分からなかったり、「拝見いたしました」など、間違った文法でサービスをするシーンも見た事があります。 2007年に文化審議会国語分科会から「敬語の指針」が答申され、従来の「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3分類から、5分類になりましたが、ここでは、3つに分けてお話ししていきます。 敬語には「尊敬語は」、「謙譲語」、「丁寧語」があり、これからは謙譲語の一つである、「拝見いたしました」にスポットを当てていきます。 敬語の中には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 (1)尊敬語 相手の行動・動作について、その人物を立てて述べます。 例)「ご覧になる」 (2)謙譲語 自分の行動・動作をへり下って話すことで、相手に対して敬意を言い表します。 例)拝見する」 (3)丁寧語 相手に対し敬意を表して丁寧に話すことです。 例)「見ます」 尊敬語は話の中心・話し手(主人公)が歳上・目上の方の場合に使い、謙譲語は話し手が自分自身の場合の時に自分をへり下って、相手を立てる時に使うと頭にあるとわかりやすいでしょう。 「言う」の尊敬語は「おっしゃる」、謙譲語は「申し上げる」、丁寧語は「言います」と他にも言い換えられる動詞があります。 敬語の一般的表現 最近のビジネスシーンでも、よく見られる言葉です。 この「拝見いたしました」は「拝見する(謙)」+「いたす(謙)」と「謙譲語」+「謙譲語」と二重で敬語が使われていることになります。 「拝見いたしました」のように二重に敬語を並べることを「二重敬語」と言います。 「拝見いたしました」の二重敬語は文法的に誤りと言われており、二重での敬語を使い続けることは適切ではありません。 「拝見する」の動詞だけで立派な敬語なので、「拝見いたしました」(拝見+いたしました)と、付け加える必要はなく、「拝見しました」と、そのまま堂々と使って行くことが望ましいです。 上の表を見て頂いて表の中にあるものは2回続けては使えないと覚えてください。 「拝見いたしました」ですと、「拝見する」「いたす」と両方表の中に記載されてます。 「拝見させていただきました」 ビジネスメールを送る時にも、要注意です。 取引先相手にメールを送るとき、「お世話になっております。 先日は素敵な食事会にお誘いいただき、ありがとうございました。 早速ですが、メールに添付された資料を拝見いたしました。 」「レポートのメモを拝見いたしました」なんて書きますと、相手の方にもビジネスマナーがなっていません。 正しい使い方として「メールに添付された資料を拝見しました。 」「原稿の下書きを拝見しました。 」となります。 自信がなければ、「拝見する」の代わりに「見ました」「見させていただきました」「確認いたしました」と言い換えてみてください。 それでも「拝見する」と書いた方が相手もこの人はしっかり敬語使えてるな、と印象付けるにはもってこいです。

次の