エクセル カウント イフ 複数。 エクセルのカウントイフで複数条件を満たすデータをカウントする方法

COUNT関数で0.5カウントはできますか?

エクセル カウント イフ 複数

カウントイフ COUNTIF で複数条件の集計はできるの? できます。 ただ、複数条件といっても AND なのか OR なのかで方法は違ってきます。 AND条件でデータをカウントする場合と、OR条件でデータをカウントする場合、それぞれに解説していきます。 複数条件を満たすデータの数を集計するためには COUNTIF S関数 を使います。 お気づきの方もいると思いますが、配列数式を使った方法は「東京都」「神奈川県」の条件を数式に直接入力しているため、セルD2およびE2の値を全く使っていません。 以上で、COUNTIF関数 や COUNTIFS関数 を使った複数条件を満たすデータをカウントする方法についての解説は終了です。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 COUNTIF関数・ワイルドカード COUNTIF関数を使い「~を含む」データをカウントする方法を解説。 ExcelのCOUNTIF関数で任意の文字列を含むセルをカウントする にはちょっとした工夫が必要なのです。 ヒントは「ワイルドカード」。 SUMIFS関数 ExcelのSUMIFS関数の使い方を解説。 集計・SUMIF関数 エクセルで月別に集計する方法です。 SUMIF関数を使って、1年間の日次 日別 売上げが羅列されたデータから、月別に集計した売上表を作成してみました。 PRODUCT関数 エクセルの関数を使って掛け算をする方法を解説します。 エクセルで 小数点以下の数値 をあつかうときに必要なのが、切り捨て・切り上げ・四捨五入 の処理です。

次の

エクセルCOUNTIF関数で日付を指定してカウントする方法!

エクセル カウント イフ 複数

使用例• 複数の条件を指定する 構文 COUNTIF 範囲, 条件 範囲の中で 条件を満たすセルの数を数えます。 引数「範囲」 引数「条件」の対象になるセルの範囲を指定します。 引数「条件」 数える条件を比較演算子やワイルドカードを使って指定します。 引数「条件」に使用できる比較演算子には次のものがあります。 任意の 1 文字 "あ? 引数「条件」は大文字と小文字を区別しません。 「」ではカウントされない次のものをカウントする方法を紹介します。 いずれも「IS~関数」で判定して、その結果が「TRUE」のものを条件にすればカウントできます。 あああ• "10"• '10• TRUE• FALSE• 空白 あああ 文字列をカウントするには「」を使用します。 文字列なら結果が「TRUE」になります。 セル「B10」には空白文字が入っています。 セル「B11」には何も入っていません。

次の

エクセルCOUNTIF関数で日付を指定してカウントする方法!

エクセル カウント イフ 複数

Excelのヘルプによると、 Excel でワイルドカード文字や比較演算子を使って目的のデータの一部 先頭または末尾の文字列、含まれる文字列 を検索条件として指定する場合、文字列値のみが検索され、数値データは検索されません。 こんばんは。 COUNTIF でするなら、このようになるはずです。 ただ、私個人で一回きりでしたら、 2さんの方法を使います。 別シートに、データ-区切り位置で、コンマ切り分けして、それで、COUNTIF に掛けます。 たびたび同じことをするなら、ユーザー定義関数を使います。 以下のようにしたら良いかと思います。 原理は、全部、コンマ付き数字を、分解させています。 一応、参考までです。 こちらは、そのまま、COUNTIFと同様に使えますが、カウントするのは数字のみです。 集計時にセルの使用している数はできるのですが、その中の何回、日にちが改っているかわからない為、全て1セル=1とカウントしてしまます。 複数日にちがある場合は、その結果をそのセルの結果をしたくどなたかお助いただければ助かります。 そこで、カンマの数を数えてようかと、countif A1:A30,"," としてみたのですが、答えが0となって数えることができないのです。 どなたか、解決方法を教えていただけると助かります。 Q 文章で説明するのがうまくできなさそうなので、画像添付いたします。 (画像参照)上の表が元データ。 下の表が、集計したい表です。 最終的に、業種が1の人で回答に1が含まれているもの、業種が1の人で回答に2が含まれているもの・・・といったかたちで、集計しようとしています。 また、業種も勘案したものを関数でどう書けばいいのかわかりません。 関数自体をあまり使ったことがないので、お恥ずかしい質問なのですが、やり方をご存じの方がいらしたら、是非教えて頂けるとありがたいです。 文章で説明するのがうまくできなさそうなので、画像添付いたします。 (画像参照)上の表が元データ。 下の表が、集計したい表です。 最終的に、業種が1の人で回答に1が含まれているもの、業種が1の人で回答に2が含まれているもの・・・といったかたちで、集計しようとしています。 A ベストアンサー 「10」とだけ入力されているセルが数値として認識されている可能性があります。 この場合、文字列での検索を掛けているために、数値のセルは無視されて、6と返されているのではないでしょうか。 ただし、いずれにしても文字列で検索する場合は、「1」と「10」の区別が難しいので、1ケタの数字は「01」と入力するとか、10以降を「a」「b」「c」と読み替えるとか、何かしら方法が必要かもしれません。 ちなみに、COUNTIF関数のお仲間で、複数条件を設定できるCOUNIFS関数というものもあります。 たぶん、ご希望の結果を出すのに適したものではないかと存じます。 Q ただいまエクセルと格闘中の初心者です。 関数等はオートSUMくらいしか使ったことがなく、必要時にいちいち調べているような状態です。 今回は文字列を含むとカウントするところで躓いております。 表の中から特定の文字列を含むとカウントするようにしたい時COUNTIFを使うと思うのですが、この場合正確にその言葉じゃなければカウントされませんよね? 例えば「ボールペン」「サインペン」「シャープペン」のようなペン類をまとめてカウントしたい時、ペンだけで認識してくれるようにすることは可能なのでしょうか? COUNTIF関連で探してみているのですが、中々思うような検索ができていません(もしくはわからずに見逃しているのかも?) エクセルにお詳しい方、アドバイスを頂ければと思います。 よろしくお願い致します。

次の