あらため まして。 「改めまして」の意味と使い方・敬語|メール/この度は

ビジネスにおける「改めて、改めまして」の意味と使い方

あらため まして

家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。 今回は、「犬のしつけ」に換わる言葉を考えてみたお話。 本来しつけは、犬と飼い主と社会を幸せにするために行うのですが、「犬のしつけ=叱る」というネガティブなイメージが、大勢の中に刷り込まれてしまっています。 よりポジティブで幸せ感あふれるネーミングを、西川先生が提案します!(編集部) 「しつけの一環でやった」 よく子どもの虐待のニュース報道などで、親たちが口にする言葉です。 ブリタニカ国際大百科事典小項目事典によれば、しつけとは「社会生活に適応するために望ましい生活習慣を身につけさせること」、と出ています。 ということは、しつけができていないことは、イコール社会生活に適応できないことを意味する。 言い換えれば、しつけとはその子の将来を不幸なものにしないために必要なこと。 虐待事件の被害者の子どもは、不幸そのものです。 不幸せにしないために存在する「しつけ」、その結果として不幸を招く。 なんとも矛盾した話です。 「しつけ」イコール叱ること、が刷り込まれているなぜ「しつけ」の名の下で、虐待が行われるのか? それは、「しつけ」イコール「叱ること」という刷り込みが強くなされているからでしょう。 犬のしつけも同様です。 犬のしつけとは、その犬を将来不幸せにしないために、必要なこと。 悲しいかな、リードをぐいっと引っ張り首にショックを与える、手で犬の頭やお尻を叩く、そうした姿を今でも街なかでときどき目にします。 しつけの一環と答えるのでしょうね、そうした行為を行っている飼い主たちは。 「犬のしつけ」に換わる言葉はないものか私が家庭犬しつけインストラクターの認定を受けているJAHAの活動理念は、人と動物との共生です。 犬も幸せ飼い主家族、周囲の人たちも幸せ。 その共生社会の実現のためには、「犬のしつけ」は不可欠です。 しかし、しつけとは厳しいもの、犬にとって可愛そうなもの、といったネガティブなイメージを抱く飼い主たちがいる。 すでに20年以上にわたってこの仕事をしていますが、そのネガティブイメージを払拭するのは、なんとも難しい。 ならば、「しつけ」に換わる、別のいい言葉を見つければいいのではないでしょうか。 「幸育」ってのは、どうでしょう犬のしつけとは、飼い主が行う犬への教育ともいえるでしょう。 「犬のしつけ」をこれからは「犬の幸育」と呼ぶ。 犬も幸せ飼い主、周囲の人たちも幸せ、そうした社会の実現のために、不可欠な事柄。 自発的なアイコンタクトを飼い主に向ける犬、そうした関係にある犬と人に幸せホルモンのオキシトシンが増える。 そして、そうした関係を育むために必要な事柄。 「幸育」と言い換えるのは、的を射ている、そう思いませんか。 念のため、「幸育」って言葉、どこかで使われてないかって、ネットで調べてみました。 すると出ていました、人名として。 「ゆきなり」と読むそうな。 もっとも、私の提案の「幸育」の読みは「こういく」です。 「犬のしつけ」あらため「犬の幸育(こういく)」。 どうです皆さん、本誌「いぬのきもち」の編集に携わっている方々も含め、この言い換え、良くないですかね。 文/西川文二 写真/Can! Pet Dog School提供.

次の

文末で使う?「重ねて御礼申し上げます」の意味とメールでの使い方、英語表現を解説!

あらため まして

「人を動かす」唯一の方法とは プロジェクトチームの誰かが間違った行いをしたとき、あるいはチームの方針通りに動いてくれなかったとき、あなたはどうするか? 時には相手を非難してその行為や考えをあらためさせようとするケースもあるのではないだろうか。 だが、カーネギーは、「人の気持ちを傷つけることで人間を変えることは絶対にできず、まったく無益である」と断じる。 「他人のあら探しは、何の役にも立たない。 相手は、すぐさま防御体制を敷いて、何とか自分を正当化しようとするだろう」と。 そして、感情的になって非難することなど「どんな馬鹿者にもできる」とも。 たしかに、仮に言い負かすことができたとしても、それによって相手があなたの意見に納得して、考えを変えてくれるとは限らないし、ましてや好意を寄せてくれることもないだろう。 では、間違った行動をとっている人や、自分の意図と異なる行動をとる人を、自分の思いどおりに動かそうとするとき、カーネギーならどうするのか。 その主張はいたってシンプルだ。 それは、「自ら動きたくなる気持ちを起こさせること」だという。 そして、そのために「相手の欲しがっているものを与える」ことが唯一の方法であるとも。 「ある欲求」に注目することで、人を動かす 「相手の欲しがっているものなんて人それぞれでは?」と思う人もいるかもしれない。 カーネギーはその疑問に対し、「相手を論理の動物だと思ってはならない。 相手は感情の動物」である、とその理由を解説していく。 この欲求は、食欲や睡眠欲と同様にとても強い欲求でありながら、自分で解消できるものではない。 他者とのコミュニケーションが必要となるため、自分だけで満たされることがない。 だから、あなたが相手の「自己の重要感」を満たしてあげることが効果的なのだと続ける。 ただ、闇雲に「すごいね」と褒めるのではない。 どんな小さな部分でもいいので、決して批判せずに心から、そして具体的に称賛するのが大切だという。 カーネギーのメッセージを人生に活かす いつも怒ってばかりいる上司、どうしても好きになれない友人、言うことを聞かない子ども…。 付き合うことがどんなに難しい相手でも、いや、難しい相手だからこそ、よりよい関係性を築くチャンスが眠っているともいえる。 カーネギーは、本書を通して、こうしたポジティブな姿勢を貫く。 その姿勢には、人間に対する底しれぬ愛情の深さを感じる。 まるで、人を動かすため必要なのは、テクニックではなく、人を愛することなのだと言うように。 もちろん、本書を読み終えたからといって、あらゆる人間関係の悩みがすぐに解消できるわけではない。 また、すべてのテクニックを一度に頭に入れて、一度に実践できる人間などそうはいないだろう。 ゆえに、事あるごとに読み返し、1つずつ学び、実践してみるのがこの本の読み解き方となるだろう。 すでに読んだ人も、これから読んでみようという人も、「生涯にわたって読み込んでいくべき一冊」として末永く付き合ってみてはどうか。

次の

「つきましては」の意味と正しい使い方!間違う前に例文で理解!

あらため まして

「人を動かす」唯一の方法とは プロジェクトチームの誰かが間違った行いをしたとき、あるいはチームの方針通りに動いてくれなかったとき、あなたはどうするか? 時には相手を非難してその行為や考えをあらためさせようとするケースもあるのではないだろうか。 だが、カーネギーは、「人の気持ちを傷つけることで人間を変えることは絶対にできず、まったく無益である」と断じる。 「他人のあら探しは、何の役にも立たない。 相手は、すぐさま防御体制を敷いて、何とか自分を正当化しようとするだろう」と。 そして、感情的になって非難することなど「どんな馬鹿者にもできる」とも。 たしかに、仮に言い負かすことができたとしても、それによって相手があなたの意見に納得して、考えを変えてくれるとは限らないし、ましてや好意を寄せてくれることもないだろう。 では、間違った行動をとっている人や、自分の意図と異なる行動をとる人を、自分の思いどおりに動かそうとするとき、カーネギーならどうするのか。 その主張はいたってシンプルだ。 それは、「自ら動きたくなる気持ちを起こさせること」だという。 そして、そのために「相手の欲しがっているものを与える」ことが唯一の方法であるとも。 「ある欲求」に注目することで、人を動かす 「相手の欲しがっているものなんて人それぞれでは?」と思う人もいるかもしれない。 カーネギーはその疑問に対し、「相手を論理の動物だと思ってはならない。 相手は感情の動物」である、とその理由を解説していく。 この欲求は、食欲や睡眠欲と同様にとても強い欲求でありながら、自分で解消できるものではない。 他者とのコミュニケーションが必要となるため、自分だけで満たされることがない。 だから、あなたが相手の「自己の重要感」を満たしてあげることが効果的なのだと続ける。 ただ、闇雲に「すごいね」と褒めるのではない。 どんな小さな部分でもいいので、決して批判せずに心から、そして具体的に称賛するのが大切だという。 カーネギーのメッセージを人生に活かす いつも怒ってばかりいる上司、どうしても好きになれない友人、言うことを聞かない子ども…。 付き合うことがどんなに難しい相手でも、いや、難しい相手だからこそ、よりよい関係性を築くチャンスが眠っているともいえる。 カーネギーは、本書を通して、こうしたポジティブな姿勢を貫く。 その姿勢には、人間に対する底しれぬ愛情の深さを感じる。 まるで、人を動かすため必要なのは、テクニックではなく、人を愛することなのだと言うように。 もちろん、本書を読み終えたからといって、あらゆる人間関係の悩みがすぐに解消できるわけではない。 また、すべてのテクニックを一度に頭に入れて、一度に実践できる人間などそうはいないだろう。 ゆえに、事あるごとに読み返し、1つずつ学び、実践してみるのがこの本の読み解き方となるだろう。 すでに読んだ人も、これから読んでみようという人も、「生涯にわたって読み込んでいくべき一冊」として末永く付き合ってみてはどうか。

次の