双子座 いつから。 12星座早見表

ふたご座(双子座)の基本的な性格は?

双子座 いつから

1:双子座の人周りにいる? あなたの周囲には、双子座の人はいますか? もしも双子座の人がいるなら、あなたはその人の二面性とも言うべき部分に驚いたことがあるかもしれませんね。 双子座は、その名前のとおり2人の子どもを模した星座です。 そして、双子座に生まれた人の性格は、星座の言い伝えのとおり、2人の人間のようになりやすいのです。 悪気があるとか、問題があるというわけではありません。 ですが、常に一所懸命な自分と、しごく冷静な自分が、ひとりの人間の中に同居しています。 常にどこか冷めているので、にぎやかなように振る舞っていても裏があるように見え、他人から、何を考えているのかわかりにくいと思われることも多いでしょう。 そんな双子座について、血液型別の特徴や、恋愛の相性を解説していきましょう。 2:血液型別!双子座の特徴 (1)A型 常に冷静で、ものごとをよく見極めています。 表面上は明るく振る舞っていることが多く、その冷静さを他人に感じさせません。 人とコミュニケーションを取るスキルが高く、なにごともチャレンジしては、緻密な計画で成功に導くことに長けています。 人からの信頼感もあつく、みんなのリーダーを任されることも多いでしょう。 頭の回転が速いので、目的に向かって最適なルートを選択するには、双子座A型の判断力は最適と言えそうです。 (2)B型 B型の双子座は、素早い行動力が魅力です。 とにかく、思った方向にすぐに前進していくクセがついていて、グズグズ考え込んだり、(もしかして失敗しちゃうかもしれない……)といったようなマイナス思考はなし。 やってみなくちゃわからない! 失敗したらしたで、別の方に進んだらいいじゃん。 これが、双子座B型の人の考え方でしょう。 しかし、そのポジティブさの根底には、やはり双子座ならではの冷静さが根付いています。 B型の人の多くは、ほとんど考えなしに興味のある方向へ突進していくことが多いのですが、双子座のB型はそうではありません。 「興味がある、そっちへ行きたい」 と感じた時点で、自分の中の半分を占める冷静な自分が勝率を計算し、 「そっちへ行っても良いかどうか」 をシビアに判断しているのです。 勝率が低いとみれば、双子座のB型は一気に興味をなくし、別の進行方向をすぐさま探すでしょう。 そういった意味で、双子座のB型には行動力と決断力が備わっているのです。 (3)AB型 双子座のAB型は、ときに暗い人に見られてしまうことがあるかもしれません。 双子座は、総じて自分の考えを人に伝えるのが得意で、コミュニケーション力のある星座です。 しかしAB型の人に限っては、あまり自分が何を考えているか人に伝えようとしません。 それはなぜかというと、自分の考えや意見が、なかなかわかってもらえない、理解してもらえないという経験を小さい頃からしてきたせいかもしれません。 双子座に生まれ、さらにAB型であれば、その賢さは他のどの星座や血液型よりも飛び抜けて素晴らしいものを持っているはず。 その分、他人からは、 「本当は何を考えているのかわかりにくい」 と思われてしまいがちです。 それでも、双子座AB型の人を理解してくれる相手もいます。 なので、無理に自分の主張を理解してもらおうとしなくても良いでしょう。 (4)O型 双子座O型の最たる特徴は、とにもかくにもその協調性でしょう。 元々コミュニケーションの才能に恵まれた双子座ですが、O型であればなおさら。 人との意思疎通をスムーズに行うことに長けています。 また、その協調性の高さから、人と人との橋渡し的存在にもなれます。 そのため、様々な場所から重宝される存在となりそうですね。 双子座O型の人は、こだわりが強く、こだわっている部分に関しては完璧主義の傾向も見られます。 しかし、たとえイライラしたり、完璧にできなくて落ち込んでも、その様子を周囲には見せないので、いつも明るい頑張り屋として通ることが多いでしょう。 3:双子座の恋愛運・どんな恋するの? 双子座の恋愛は、浮ついたところの少ない落ち着いた恋愛となります。 そもそも、双子座の人は、恋愛で盲目になることが嫌いです。 恋をすると周りが見えなくなるような事態は軽蔑しているし、自分がそのようになることはまずありません。 これは、双子座の人の中にある2つの魂、その片方が熱烈に相手を愛したとしても、もう片方がいつも冷静に、相手のことを観察し、分析しているためです。 恋の相手とは適度な距離感を保ち、あまり情熱的とは言えない、冷静で堅実な恋愛をします。 自分自身の頭の回転が速く、賢い双子座さんは、愚かな人と付き合うことを拒みます。 天然とか面白いといった人は、友人には良いですが、恋人やパートナーとしては絶対に嫌だと思うでしょう。 その相手と、どれだけ建設的な関係が築いていけるのか、ひいては家庭を運営するにあたってどれほどお互いに頼れるのかということを、シビアに計算しています。 情だけに流されず、冷静に前方を見据えた恋愛と言えますね。 4:双子座がハマる恋人の特徴5つ (1)頭が良い 頭の良い人、会話の中に知性を感じさせる人を好みます。 もちろん、学歴があることも、知性の存在を垣間見る条件としては有力な方法でしょう。 しかし、学歴のある異性であったとしても、会話の中に、何も考えていないのが丸出しになるような相手はいけません。 逆に極端な話、学歴のような知性を示す肩書きが全くなかったとしても、きちんと思考している、ものごとの真実を見極めることができている会話が可能ならば、その相手を好きになる可能性は充分あるでしょう。 (2)適度に抜け感がある いくら知性があるのがいいといって、ただ真面目な人は面白くありません。 かといって知性のない面白みは、双子座にとってはつまらない。 ものごとについて、ちゃんと考えているけれど、一方で適度に抜けていることで、双子座さんに安心感を与えることができるのでしょう。 双子座の人は異性に対する目線が厳しいと言われますが、本当にそのとおりですね。 (3)口論を嫌う 双子座は争いごとが苦手です。 特に、楽しくはしゃいでいるときは騒ぐのも良いですが、いさかいになったときこそ冷静になるとき。 大声をあげてお互いに口論をするなどというのは、あってはならないみっともない行為なのです。 もしも、パートナーとの間で意見のぶつかり合いがあったときには、声を荒らげて自分の主張をするような相手は一瞬でウンザリ。 長続きしないでしょう。 パートナーが自分の主張を、理論だてて冷静に、きちんと説明することで、その相手の態度にあらためて惚れ直すようなことはあるでしょう。 (4)臨機応変な対応ができる 双子座の人は、ひとつの主張に固執するわけではなく、そのとき、そのときの状況に応じて、意見や態度を二転三転させることも珍しくありません。 これは、双子座が優柔不断なためではなく、頭の回転が速いので、状況に応じて最もふさわしい行動を取ろうとしているためです。 状況が変われば対応だって変わるのですが、双子座の変化についてきてくれる人でなければ争いになってしまうかも。 双子座の人は、自分自身の臨機応変さを認めてくれて、しかもパートナー自身も臨機応変な対応をしてもらいたいと考えています。 (5)束縛しない 双子座の人は、迅速な行動を取れる判断力や行動力を持ち合わせています。 それどころか、機を逃すと状況が変化することもわかっていますから、動きたいと思ったときにすぐ動きたいのです。 動きを邪魔するものに対しては、本能的な嫌悪感が働き、付き合おうとは思えなくなってしまいます。 束縛してこない相手が好きなのです。 5:双子座と相性が良いのはどの星座? 天秤座 双子座と同じく、冷静沈着が売りの天秤座は、相性が良い星座のひとつです。 天秤座といえば、公平性に長けた目線を持っていて、ケンカともなればイライラを絶対に表に見せず、根気よく話し合いで解決を図るような性格。 ジタバタしない、冷静で知的な関係を結びたいと思っている双子座にはぴったりです。 水瓶座 水瓶座もまた、知性の星と言われることの多い星座です。 水瓶座の知性は、一般人が奇抜に思えるほどの鋭いものが多く、頭の回転が速いことで知られる双子座もうならせることがあるでしょう。 一方で、水瓶座の人には強引さというものがなく、双子座にとって大変印象の良い星座となります。 双子座 同じ双子座同士は、賢くものごとを解釈し合うことができます。 なので、どちらかがもう片方の話についていけないようなこともなく、関係がスムーズに進展します。 双子座の場合は、相手の頭脳が自分の話の飛躍についていけないことまで考えて、思っていることの全てを話さない……ということもあるようです。 お互いが双子座であれば、相手もそれなりに自分のことを理解してくれるという安心感のもとでお付き合いできますね。 ケンカになったときに、お互い冷静な話し合いを好みますから、余計なトラブルが起きないというのも重要なポイントのひとつでしょう。 感情を爆発させることがないので、無用の別れも避けることができ、長続きするカップルがほとんどです。 6:双子座は賢くて冷静沈着! 特に相性が良いということでもない限り、双子座の人とお付き合いをするのは、ちょっと大変かもしれません。 なぜって、双子座の人は並外れた頭の回転で、どんどん、どんどん先に進んでいってしまうからです。 しかし、自分自身も勉強し、頭を使って考え、知性を身につければ話は別。 双子座の人と親しく会話をし、信頼してもらえる可能性は充分にあるでしょう。 あなたが双子座の人自身であれば、自分と同じように争いごとを嫌う相手と親しくお付き合いをすることをおすすめします。 イライラさせる相手は双子座さんの運気を落とすだけです。 お付き合いを切ることを考えても良いでしょう。 この記事を書いたライター 相川葵 A. Aikawa 女催眠術師としてテレビや雑誌などでタレント活動中。 本業は恋愛心理学ヒプノセラピスト(催眠心理療法士)占い師。

次の

12星座早見表

双子座 いつから

双子座の性格とは?基本的な10の特徴 双子座の性格? 知的好奇心が旺盛 双子座は、「思考第一優先で世の中の情報や知識に深い関心がある風のエレメント」を持つ星座です。 とにかく世の中のあらゆる事を知りたいという気持ちが強く、その為にいろんなところへ言っては情報を得ようとします。 それは他人の噂話かもしれませんし、最近駅前に出来た新しいカフェの事かもしれません。 知りたい内容のジャンルは特に絞らず、知りたいという気持ちが先行して行動をします。 双子座は、知りたい情報を得たら、さっさと次の対象へと興味を動かします。 知的好奇心旺盛ではありますが、情報を得たのちはすぐ他の対象へと興味を持ちます。 その為、外から見ると、「すぐに興味がコロコロ変わっていて軽い」イメージを持たれるかもしれません。 非常に若々しく、忙しない星座です。 双子座の性格? 流行に敏感で先見の明がある 新しいものが好きな双子座は、新着情報をゲットするために沢山のアンテナを張り巡らせています。 自分の興味のある、なしに関係なく情報が大好き。 そんな双子座は情報収集と解析することにも長けています。 今後流行るかどうかの見定める力も発揮します。 そんな先見の明をもつ双子座は流行の最先端を常に感じています。 ファッションやグルメ、はたまた地域の小さな情報までも、常にゲットしています。 特に興味のある情報については、人が知らないことを知ることを喜びとしているので、色々な方法で情報を得る行動力も双子座の魅力的なところの一つでもあります。 そして、優越感に浸ることで、達成感を得ます。 だからといって、人に自慢げにしないところも双子座のよいところです。 双子座の性格? ノリがいい 双子座の性格は、とてもノリがいいです。 その理由として明るく、とても行動力があります。 12星座の中でもおしゃべりがとても好きで、人見知りをしない性格のため 自分からどんどん話しかけていきます。 とくに、初対面の方ともすぐ仲良くなる事ができるのが双子座の性格でもあります。 好奇心旺盛な部分もあり、外に出る事をとても好みます。 そのため、情報量が多く誰とでも打ち解ける事ができができ会話が弾みます。 頭の回転も良いため、口がうまく会話が途切れる事もなく笑いが絶えない時間を過ごす事ができます。 とても明るい性格のため周囲からノリがいいと印象を受けることでしょう。 そんな性格なため悪い印象を受けることなく友人も多くいます。 双子座の性格? 繊細な一面あり 双子座の人は好奇心旺盛でおしゃべり好き、「楽しいがモットー」の人が多いですが、繊細な一面があります。 さみしがりやなので休みの度に遊びの予定を入れている人も多いのではないのでしょうか。 恋愛でも相手にべったりしたいときがありますが、その反面ひとりでいたい時もあります。 何でもそつなくこなすので悩みはないと思われがちですが本当はデリケートで外出がおっくうになることまであります。 しかし悩みがありながらもまた違う楽しみを見つけ人生を謳歌する強さを持ち合わせています。 自分の評判を気にするあまり、子どもの頃からいい子を演じることも多かったのではないでしょうか。 ストレスを感じやすいので、双子座の人は休息や気の置けない友人との時間を持つようにしましょう。 双子座の性格? 深く考えるのは避けがち 双子座の性格の特徴は、深く考えるのは避けがちな傾向にあります。 双子座の方は風の性質を持っており、変化を好みます。 双子座のキーワードは、好奇心、きまぐれ、臨機応変、などです。 性格もオープンで気さくなため、双子座の周りには人が集まってきます。 常にアンテナを張ってていて新しい情報が好きなので、物事を深く突き詰めることは苦手です。 双子座に長々と話をしても途中から聞いていないことが多く、長くて面白くない話は、飽きられてしまいます。 楽しいことや、みんなでワイワイできる事が好きな双子座と話す時には、相手にお任せして話を聞いてあげるのがいいでしょう。 会話も上手なので自然とその場が明るくなって楽しくなるでしょう。 双子座の性格? コミュニケーション力が高い 双子座の人で共通して言えるのが、気負いなく人とお話ができる点です。 初対面は人によりけり、とっつき悪く感じる人もいますが、基本は「人と話すことが好き」であるため、一度会話の流れができると、がらりと印象が替わり、その話し安さに親しみが湧きます。 グループの中に一人いるだけで話のノリの良さに引き込まれ、潤滑油的存在になることでしょう。 これが場に合わせて繕っている感じも気を遣っている感じもないため、いつの間にかグループの雰囲気をよいものにしていきます。 静かで気を張り詰めた、居心地の悪い空間の中では、特にありがたい存在になるでしょう。 気軽な会話のやりとりは、ややもすると軽いイメージにもなりやすく、相手によっては「深刻さに欠ける」と伝わってしまう可能性もあります。 双子座の性格? 表層的で中途半端に終わりがち 双子座は飽きっぽいところがあるため、表層的で中途半端に終わりがちなところがあります。 習い事や資格、趣味を始めても極めるには至らず飽きたら新しいことにまた興味が移ったりします。 そんな双子座は多趣味だったり多才と言われなんでもそつなくこなすタイプですが、本当は自分に一番自信のあることがないのが悩みの種だったりもします。 双子座は恋愛においても相手のことで頭いっぱいな次期が最初はあっても、そのうち恋人の優先順位が低くなったりする傾向もあります。 とにかく興味の分野が多岐にわたるので恋愛一筋では生きることができないタイプです。 相手のことをまだ知り切っていないのに飽きて別れたりすることもあるかもしれません。 双子座の性格? いつまでも若く男女の隔てもない 双子座の性格は、いつまでも若く、男女の隔てなくつきあっていける魅力があります。 双子座は、繊細、臨機応変、好奇心、コミュニケーション能力、などがあります。 繊細で人の気持ちがよく理解でき、気さくで明るい性格の人が多いため、老若男女問わずいろんな人に好かれます。 好奇心旺盛で新しい情報に敏感なため、いつまでも若々しい人が多いです。 双子座のパートナーがいる場合や、お目当ての相手が双子座なら、たまにはグループで遊びに行くと、ムードメーカーになってくれるので楽しいデートになるでしょう。 双子座の恋人とマンネリになってきたら、新しくできたお店や、行った事のない場所をデートに誘うのも、刺激があって長続きするでしょう。 双子座の性格? 日によってキャラが変わる 二面性のある双子座は、日によってキャラが変わると言われています。 それは興味の対象が素早く変わるからかもしれません。 飽き性な双子座は好奇心旺盛でいろんなことに興味を持ちますが、すぐまた新しいことに興味が移る落ち着きのないところがあります。 音楽にハマっていると思えば読書にハマったり、多趣味なところがあるので幅広い分野で共通の趣味の友人がいるのではないでしょうか。 また、フレンドリーで付き合いの良い双子座ですが自分の都合を最優先します。 誰とでも気さくに話せてノリがいいと思われますが、自分勝手で冷たいと思われてしまうこともあります。 恋愛においても甘える時とひとりでいたいときがあり、気持ちがコロコロ変わる気分屋なところがあるので相手を疲れさせているかもしれません。 双子座の性格? 飽き性 好奇心が強く、心が傾いた方向に走っていく双子座は、周囲から見ると「飽き性」と思われることが多いのですが、本人はいたっって真面目、その時の自分の気持ちに正直に生きているだけなのです。 双子座にとっては「心の赴くまま」が正論で、むしろ何故周囲がそんなに否定的になるのか理解できない、といったところでしょう。 双子座の人にとって、自由さがない空間ほど居心地の悪いことはなく、どんな理不尽に思える環境にも自由に出入りできる通路は確保します。 しかし、世間や常識という中で生きているため、そこに絶えず葛藤は抱えていると言えます。 そうした葛藤をも自ら「素早く動き回る」ことで対処していこうともします。 何しろ「動いている的」は当たらないこともお見通しで、周囲からはやはり飽きっぽいというレッテルを貼られてしまうのでしょう。 双子座が得意とするのはコミュニケーションや間をもつこと 双子座の人は、コミュニケーションや間をもつことが得意です。 双子座の特徴は繊細で、柔軟性があるので、人間関係を円滑に築くのが非常に得意です。 人の感情に敏感なので、相手のテンポや間に合わせてコミュニケーションを取る事がとても上手です。 老若男女問わず、人に好かれる天性の才能があります。 双子座のパートナーがいる方は、会話が弾み楽しい毎日をおくれるでしょう。 悪気はないのですが、気まぐれな部分があるので、デートをすっぽかされたりすることもありますので、大切なイベントに出かけるときは、事前に確認するようにしておきましょう。 双子座の相手となら、グループデートでも楽しめる事ができます。 積極的に提案してみましょう。 双子座が苦手とするのは同じ場所にとどまり続けること 双子座の人は、基本的には同じところにとどまり続けるのが苦手です。 たとえば職場にしても、しばらくして慣れてきた頃に「ちょっともういいかな」と思って転職したくなってしまいます。 双子座の人は人に合わせるのが苦手な部分があり、組織からちょっとはみだしているぐらいが居心地が良いと思うことがあります。 自分のことをわかってくれなくてもいいから、人と一定の距離を置いて付き合いたいのです。 だけど同じところに居続けることで関係がナアナアになってしまうと相手に気を使うことが増えたり距離感が縮まってきてしまい、双子座の人にとって快適ではない環境になってしまうのです。 また本来、揉め事が苦手な双子座。 ちょっと気に食わないな、と思うと、自分から去っていくことが多々あります。 双子座男性は楽しめるが軽薄な一面 うっかり話をし出したら止まらなくなるのが双子座です。 人との会話能力に優れ、一緒にいる相手と楽しもうという気持ちに不自然さはありません。 同性も異性も「楽しい人だな」と感じてつきあうも、本人はそれほど相手にのめりこんだり、ずっと同じこと考えたり、繰り返し思い出したりもしていないので、暫く離れていると忘れていることも多く、がっかりさせられることもあります。 殆どの人はそうした自分の生活スタイルをもっていますが、相手からすると、会っている時に感じた親密さとの「差」を感じてしまうため、軽薄に映ることもあります。 だからといって本人に嘘はなく、相手も自分も一緒に楽しめる時間をもちたい、という心理が崩れることはありません。 そのため一緒に居るときには愛されつつも、何故か軽いノリだけが目立つ、適当な人という存在になっていることが多いと言えます。 双子座女性は独特の距離感でべったりは苦手 双子座の女性は、独特の距離感を持っており、恋人とべったりすることは苦手です。 気さくでおしゃべり好きで人に好かれる魅力のある女性ですが、双子座の性質に、風、男性性などがありますので、サバサバしていて男性的なので、べっとりと粘着質な恋愛を好みません。 あまりに束縛されたり、毎日毎日連絡をし合ったりすると、双子座の女性は、だんだんと重荷に感じて逃げたくなってしまう傾向にあります。 彼女が自分を愛してくれているか不安になるかもしれませんが、信頼して、程よい距離感をキープして、相手を尊重してあげましょう。 追いかけすぎたら逃げたくなるのが人間の心理です。 自分の魅力を伸ばして良い恋愛関係を保てると長続きしまするでしょう。 双子座の恋愛傾向は感情のぶつけ合いが苦手 双子座の方の恋愛傾向は、感情のぶつけ合いが苦手な人が多いです。 どちらかというと、人と浅く広く付き合って行くことが得意です。 双子座の特徴は、活発、好奇心、社交的、コミュニケーションなどがあります。 頭の回転がとても早く、話がうまいので、都合の悪い話になると、ごまかしたり、上手くまるめこんでしまい傾向があります。 本当に思ってる感情をストレートにぶつけて、深く話し合ったりするのは苦手のようです。 「双子」というとことから、二面性もあり気分屋なので、話し合える雰囲気の時を狙って機会を設けてみるのもいいかもしれません。 真摯に対応してくれないのであれば、今後の付き合い方を考えて行ったほうがいいかもしれません。 双子座の仕事の傾向は言語の扱いが得意 楽しめることはどんどん伝えていきたい、という気持ちを持つ双子座は、とにかく言語化する習慣が身についていきます。 美味しい料理を提供してくれる店や、通りすがりの道で起きた出来事や発見した場所など、面白い出来事だけでなく、人が心で味わうだけでなかなか伝えられないような感情面をも、さらりと表現することも得意です。 それは仕事でも同じで、要となる部分を実に巧みに人に提供することに活かされます。 勉強に励んで習得したのではないため、そこに力みはありません。 独自スタイルの言葉を使って様々なことが表現可能で、そのパワーは知らないうちに自分のペースに巻き込んでしまいます。 そして、最終的に相手との立ち位置が変わってしまうことさえあります。 双子座の金運はお金の重さは苦手だが動きは興味津々 明るく社交的、あるいは享楽的と言ってもいい双子座ですが、意外と儲け話というかビジネスの話にはかなり興味津々です。 簡単な儲け話だけでなく、かなり詳しい経済の解説などにも食いついてきたりします。 場合によっては、色々と話を聞き出して、さらに掘り下げてくることもあるでしょう。 とは言えシビアに財テクを実践しようとしたり、長期間じっくり頑張って、普通ではあり得ないようなお金を貯めたりするのは得意ではありません。 そもそもそれほど我慢が得意ではないタイプですし、欲しいものがあったら買ってしまう、ということを自分でも理解していますから、あくまで「お金を儲ける」という痛快さ、面白さだけを聞いたり読んだりして楽しみたい部分が強いと言えますね。 周囲に双子座がいたら程よい距離感を意識! 意外と独特の空気を放つ双子座。 個性的というよりは地味にその性質が見え隠れします。 「私はここはOKだけど、ここはダメ」という風に、あらかじめ自分のテリトリーに関して断りをいれてくる双子座も多いことでしょう。 対人関係でも、いきなりパーソナルスペースに入る勢いの調子で接するとドン引きされます。 しかし、はじめから敬語を使って顔色をうかがう行為をされるのもすごく苦手なのです。 最初はビジネスタッチくらいの距離感を持って、徐々にその距離を縮めていけば、あとはもう、最強のノリの良いパートナーとなること間違いなしです。 双子座はぜひ味方につけておくべき存在。 周りにもし、双子座の人がいたら、ぜひ試みてはいかがでしょうか。 双子座のラッキーアイテムは爽やかさを感じるもの 双子座のラッキーアイテムは、風をきるような爽やかな印象のものや、瞬時に情報を把握でき知的好奇心を満たすツールやコミュニケーションがとれるアイテム、軽快なフットワークをサポートするものが良いです。 知的な遊び心あるもの、好奇心を刺激する新製品や感動的なもの綺麗なもの、身軽になれるものが良いです。 知的好奇心を満たしつつ持ち運びができ、コミュニケーションもとれるモバイルパソコン、スマートフォン、タブレット• 描き心地と見た目ガ良い文房具、レターセット、キャラクターグッズ類• 情報収集のための情報誌、新聞、文庫本、インターネット、パソコンとパソコンソフト• 好奇心を刺激し情報力のあるTV、CM、映画、音楽プレーヤー• 身軽なフットワークのための自転車、スクーター• 軽快で身軽な流行感ある服• 遊び心ある販促品、新製品• 新しいコスメ、ペンダント.

次の

星座の歴史

双子座 いつから

明るく活発で、行動力がある双子座。 また、社交的で交友関係が広く、コミュニケーション能力が高いのも特徴です。 そんな双子座と相性が良い星座が何か気になりませんか? 相性が分かれば、相手への接し方も変わるはずです。 お互いに尊敬し合い、切磋琢磨できる良い関係を築けるでしょう。 天秤座は、何事にも抜群のバランス感覚を備えています。 それは人間関係にもあらわれ、周囲との調和を大事にし、争いごとを好みません。 双子座も人とは楽しい関係でいたいと思っているタイプですので、平和主義の天秤座に好感を持ちます。 また、天秤座は頭の回転が速く、会話も上手で知性的なので、同じく頭がよく教養の深い双子座と気が合うでしょう。 双子座はおしゃべりが好きで、明るい性格なので、社交的で友人知人が多いタイプ。 天秤座も陽気で社交的な性格なので、一緒にいると楽しい時間を過ごせます。 友達として、お互いの魅力を認め合い、信頼できるので安心感があるでしょう。 相性の良さは、仕事面でも発揮されます。 二人がチームを組むと、長所を伸ばし、弱点を補う理想的な関係を築けます。 双子座はデリケートなところがあり、傷つきやすいところがあります。 双子座が落ち込んでいるときに、話を聞きながらそっと励まして傍に寄り添ってくれるのが天秤座なのですね。 双子座と天秤座は、 恋人や結婚相手としても最高の相性。 恋愛に対して積極的で行動力のある双子座が、天秤座にアプローチして交際がスタートすることが多いでしょう。 天秤座は、恋愛において非常に会話を大切にします。 会話によってコミュニケーションをとりながら、相手の考え方や価値観を知り、徐々に好きになっていくのです。 ですので、会話が苦手な相手とは上手くいきません。 その点、双子座はコミュニケーション能力が高く、会話も得意です。 交際中もよく話しかけてくれるので、天秤座は安心して付き合えるようです。 二人とも明るい性格で楽しい雰囲気が好きなので、恋愛を満喫できるでしょう。 知的でスマート、そして美的感覚に優れてオシャレな天秤座に、双子座は夢中になります。 束縛されることが苦手な双子座を、自由に見守ってくれるのも天秤座の特徴です。 二人とも争いを避けるので、ケンカも少ないでしょう。 自分にない魅力をお互いに感じて、尊敬できる部分も多いはず。 結婚後も、お互いを思いやり、尊重し合え、いつまでもラブラブな関係が続きます。 水瓶座は独特の世界観を持ち、とてもマイペースな人。 世間が良いといっても、自分の基準に合わなければ取り入れません。 そんな個性が強い水瓶座に、好奇心旺盛な双子座は興味津々。 少しずつ水瓶座の特異な魅力に引き込まれていきます。 他人に興味があまりない水瓶座ですが、実は自分のことを話すのは大好き。 双子座は会話が上手で、相手の話を引き出すのも得意です。 ですので、水瓶座も熱心に話を聞いてくれる双子座に好感を持ちます。 お互いに束縛を嫌う性格なのも、気が合うところでしょう。 仕事の同僚としても、お互いの弱点を補い合いながら、協力して取り組めます。 独創的なアイデアを水瓶座が提供し、双子座が実行に移していくと大きな成果を上げることができます。 双子座と水瓶座は、 恋人や結婚相手としても好相性。 双子座が個性的な水瓶座を気に入り、アプローチして交際がスタートすることが多いでしょう。 水瓶座も双子座も、束縛せずに自由な付き合いができて心地良い関係を築けます。 とってもマイペースな水瓶座にも、双子座は上手に合わせて付き合うことができます。 二人とも頭が良いので、知的な会話を楽しむことができて、話題にも事欠きません。 また、アクティブで外出することも多い双子座ですが、家庭も大事にするので、水瓶座はそういった点も高く評価するでしょう。 水瓶座は、自分は自分、他人は他人というタイプで、自分と他人の間に線を引いています。 ですので、他で起きた問題は自分で解決して欲しいと思っています。 その点、双子座は失敗しても立ち直りが早い上に、自分で解決しようとするので、水瓶座は気が楽なようですね。 双子座は、社交的で明るい性格、そしてとてもアクティブでいつも動き回っています。 同じように、行動力があって活動的な牡羊座とはウマが合うでしょう。 話すことが好きで自分から積極的に話しかける双子座を、牡羊座は可愛らしく思うようです。 反対に、チャレンジ精神旺盛な牡羊座を、双子座は尊敬します。 失敗してもくよくよせず、気持ちを切り替えるのが上手いのも似ています。 お互いを励まし合いながら前に進むので、友人や仕事の同僚としても、心強いはず。 ただ、行動面では違いがあります。 牡羊座は、考えるよりも行動しながら調整していくタイプ。 一方で、双子座は計画を立ててから行動します。 ですから、仕事面でのアプローチは異なりますが、不思議と上手い具合に噛み合うのです。 社交的に見えて、実は人間関係に神経質で、心を開いている友人は少ないところがある双子座。 そんな双子座が心を開ける相手が、牡羊座なのです。 双子座は、しっかりと相談に乗ってくれる牡羊座を頼もしく思います。 牡羊座と双子座の恋愛や結婚も、 良い相性です。 どちらも恋に積極的で、気になった方からアプローチしますが、やや牡羊座から声をかけることが多いでしょう。 優柔不断な人が得意でない双子座は、何事にも白黒つけたがる牡羊座はストレスなく過ごせます。 注意点は、牡羊座の強引さや束縛が目立ってきた時です。 双子座は束縛や干渉されるのが苦手で楽しい恋愛をしたいので、牡羊座はその点を理解して接するとケンカも少なくて済みますよ! 以上が、双子座と相性が良いベスト3でした。 続いて、残念ながら双子座と相性が悪いワースト3を紹介していきます。 蠍座は感情を表に出すことが少なく、「何を考えているかわからない」と言われることが多いタイプ。 それは会話の中にも表れ、聞き役に回ることが多く、あまり自分のことを話しません。 おしゃべりが好きで、会話を楽しみたい双子座は、蠍座と言葉のキャッチボールができずに、寂しく感じるようです。 しかし、双子座が無理に話を聞き出そうとすると、蠍座は嫌気がさしてしまうでしょう。 双子座は明るくて社交性があり、積極的に行動します。 一方で、蠍座は他人とは狭く深く付き合い、性格的にも控えめです。 ですから、性格としてもタイプが異なるので、交わることも難しいでしょう。 友達として会話をしていても、どこか噛み合わないと感じるかも。 仕事面でも、コミュニケーションをはかりながら取り組みたい双子座と、黙々と自分のしごとをこなしていきたい蠍座ではアプローチが異なります。 チームとして一緒に仕事をしても、目指す方向がバラバラでスムーズに行かないことも多いでしょう。 双子座と蠍座の恋愛や結婚でも、 相性は良くありません。 双子座は恋愛を楽しみ、周りにも関係をオープンにしたい人。 反対に、蠍座はできるだけ恋は秘密にしたい人。 ですから、交際がスタートした後に、このことで揉めるかもしれません。 蠍座は、恋に消極的で受け身です。 双子座がアプローチして付き合うことになることが多いでしょう。 交際中は、双子座が積極的に話かけますが、感情を出さない蠍座に不満を抱くことが徐々に増えてきます。 蠍座からすると、双子座は口が上手くあまり信用できないところもあるようです。 また、蠍座は恋愛に一途で相手に対して独占欲が強くなってしまう面があります。 しかし、双子座は自由でいたいタイプなので、蠍座の思いが重くなってしまうでしょう。 結婚生活を上手く続けるためには、お互いの違いを理解しつつ、程よい距離感で接することが大切です。 蟹座は、周りの意見を第一に考え、自分のことは二の次と考える優しい性格。 双子座からすると、蟹座は自分の考えがなくてよく分からない人と感じてしまうこともあるようです。 しかし、表面的には社交的で何でも話してくれそうな双子座も、実は本心を相手に伝えるのは苦手なのです。 ですから、どちらも本音で意見を言わないので、なかなか話が進まないところがあるでしょう。 一方で、蟹座は自分から自己主張することが少ない分、他人に踏み込んでもらいたくないテリトリーがあります。 ですが、双子座が気にせずにそのテリトリーに入ってきて、蟹座がストレスを感じることが多々あるでしょう。 おしゃべりが好きな双子座は、余計な一言をいって蟹座を傷つけてしまうことがあるので注意してください。 友達や職場の同僚としても、考え方や価値観が違うので、関係がチグハグになりがちです。 蟹座は双子座の要求に応えようとし過ぎてしまい、双子座は蟹座をどう活かしてよいか分かりません。 二人で取り組むよりは、第三者に間に入ってもらって仕事をいた方が上手く行くでしょう。 双子座と蟹座の恋愛と結婚も、 相性が良くありません。 恋に積極的な双子座が、奥手な蟹座にアプローチして交際がスタートすることが多いです。 恋に関しても、なかなか本音で話さない二人なので、自然と信頼関係が薄れてしまうでしょう。 双子座は口が上手いので、蟹座は警戒してしまうこともあるようですね。 蟹座は一途で相手に尽くそうとしますが、恋愛を楽しみたい双子座は煩わしく思ってしまいます。 ただ、蟹座も双子座も家庭を大切にするタイプなので、結婚すれば協力関係を築けることが多いでしょう。 できるだけ本音で話すようにして、お互いを尊重して付き合えれば、上手く行くはずです。 双子座は、表面上は社交的に見えますが、実は他人に本音をさらすことは苦手です。 一方で、山羊座は自分を表現することが苦手で保守的。 また、双子座は明るくて社交的ですが、山羊座はシャイで初対面の人に心を開くのに時間がかかります。 ですので、双子座と山羊座が出会ってから、なかなか距離が縮まらずお互いに苦労するでしょう。 好奇心旺盛で楽観主義者の双子座は、保守的で慎重すぎる山羊座にウンザリするところがあるようです。 反対に、山羊座は双子座をお調子者で口が上手いと、あまり信用しないのです。 仕事面でも、考え方や進め方に違いがあり、噛み合いません。 山羊座は周りと協力するよりも、一人で黙々と取り組みたいタイプ。 周りと楽しく仕事をしたい双子座とは、タイプが異なるので一緒に協力して取り組むのは難しいでしょう。 山羊座は頑固で自分の意見を曲げないため、双子座が妥協しなければなりません。 できれば違うチームで働いたり、一緒に働く時はお互いに距離をとって干渉しなければ問題ないでしょう。 双子座と山羊座では、恋愛や結婚でも なかなか上手く行きにくい組み合わせです。 双子座は恋愛に積極的で、気に入ったらどんどんアプローチします。 しかし、山羊座は恋愛に対してとても慎重で、相手をよく知ってからでないと不安になって付き合うことができません。 また、モテるタイプの双子座の口の上手さがマイナスに出てしまい、軽くて信用できない人と思って山羊座は警戒するのです。 山羊座は恋に真面目で疑い深いので、異性の友達が多い双子座は浮気を疑ってしまうかも。 双子座は、用心深くて心を開いてくれない山羊座に嫌気がさしてしまうようです。 山羊座も恋人に相手に甘えることや、感情を表すことが下手なので、双子座とどう接したらよいか分からなくなってしまいます。 二人が良い関係を築くには、双子座は山羊座に不安を与えるような言動や行動を控え、山羊座は双子座に心を開いて信用することです。 以上が双子座と相性の悪いワースト3の解説でした。 続いて、双子座との相性で4位~9位まで順番に解説します。 それでは、順番に紹介していきたいと思います。 4位 双子座同士の相性 双子座と4番目に相性が良いのが、 同じく双子座です。 同じ星座のため、考え方や価値観など共感できることが多いようです。 おしゃべり好きな双子座同士が揃うと、話題が尽きないため楽しい時間を過ごせるでしょう。 二人とも家でじっとしているのは苦手で、外出する機会が多くなります。 好奇心旺盛な二人ですから、様々な経験をすることができて満たされるようです。 双子座は本音を話すことが苦手で、相手を不安にさせることがあります。 しかし、同じ星座で考えが分かるので、責めることなく、程よい距離感で付き合えるでしょう。 仕事の同僚としても、しっかりと意思の疎通ができ、協力して取り組めます。 失敗しても、お互いを励ましながら、弱点を補い合える良い関係と言えます。 双子座同士の恋愛と結婚も、相性が良くて長続きするでしょう。 二人とも恋に積極的なので、どちらからともなく声をかけ、気づいたら交際しているような感じでしょう。 似た者同士で安心感があり、リラックスして付き合えます。 交際中も楽しい思い出をたくさん作り、会話も弾んで友達の延長のような恋愛となることが多いです。 しかし、好奇心旺盛な二人ですから、マンネリ化するようなことは少なく、何かしら刺激を求めるので飽きません。 結婚しても、お互いを尊重して、家庭を大事にするので、幸せな生活を送れることでしょう。 双子座は外交的で明るく、おしゃべりが好きなタイプ。 家の中でじっとしているのが苦手な行動派でもあります。 一方で、牡牛座は内向的で物静かな性格をしています。 このように、性格的には異なる部分も多いですが、意外と気が合うのがこちらの組み合わせ。 初対面では、双子座が積極的に話しかけて楽しい雰囲気を作ります。 人見知りな牡牛座は、そういった気遣いが嬉しいようですね。 表面的には社交的でも、本音は隠しなかなか心を開かないのが双子座。 しかし、牡牛座は穏やかで優しい雰囲気があるので、双子座も安心して付き合えると感じます。 友達や職場の同僚としても、短所を補い合い、長所を伸ばせる良い関係を築けるでしょう。 失敗したら落ち込みやすく、気持ちの切り替えが苦手なのが牡牛座です。 そんな時は、気持ちの切り替えが上手な双子座が励ましてくれます。 反対に、人間関係では意外と神経質な双子座を、牡牛座がそっとサポートするでしょう。 恋人や結婚相手としても、 牡牛座と双子座は好相性です。 シャイで受け身の牡牛座に、積極的で社交上手な双子座からアプローチすることが多いはず。 明るくて楽しい雰囲気の双子座に、牡牛座は少しずつ心を開いていきます。 一方で、牡牛座のおっとりとした優しい雰囲気に、双子座は癒されるようです。 ただ、牡牛座は恋愛に一途ですが、嫉妬深さと独占欲があります。 口が上手く異性の友達も多い双子座を、牡牛座は疑ってしまうかもしれません。 恋愛を楽しみたい双子座は、それを重く感じてしまい、喧嘩の原因になりそう。 しかし、もともとは相性が良い二人。 ですから、そういった面に気をつければ、結婚しても上手く行くでしょう。 獅子座は明るくてポジティブな性格で、楽しいことが大好き。 双子座も社交的で明るい性格なので、一緒にいてワイワイ楽しめるでしょう。 また、獅子座は自信家で、リーダーシップを発揮して周りを引っ張っていきます。 そういう面を双子座は頼もしく感じ、尊敬するようです。 一方で、双子座の頭の回転の速さや、コミュニケーション能力の高さを獅子座は魅力的に見えるでしょう。 ただ、獅子座のプライドの高さと子供っぽさが顔をのぞかせると、双子座はストレスを感じます。 反対に、双子座はおしゃべりは好きですが、本音をなかなか言わないので、獅子座は本心がどこにあるか不安になってしまうようです。 友達や職場の同僚としては、楽しい雰囲気で心地よい関係を築けるでしょう。 二人とも行動力があって前向きなので、成果は上がります。 特に、褒められたり注目されると力を発揮する獅子座を、双子座が上手に気分をのせてあげると上手くいきますよ! 双子座と獅子座の恋愛や結婚も、相性は どちらかというと良いと言えます。 お互いに恋に対して積極的ですが、獅子座がリードすることが多いでしょう。 二人とも明るくて楽しい恋愛を好むので、基本的には気が合うはず。 獅子座の素直でストレートな表現は、白黒はっきりするのが好きな双子座を満足させます。 会話の上手い双子座は、リップサービスも得意なので、獅子座の自尊心をくずぐるポイントを知っていて喜ばせます。 ただ、交際する上でそれぞれ注意点があります。 獅子座は思ったことを口にするタイプなので、余計な一言を言って双子座を怒らせてしまうことが多々あるでしょう。 双子座は、恋愛においても本心を隠しがちなので、獅子座は「何を考えているかわからない」と困惑してしまいます。 まず相性が良いと感じる点は、二人とも明るく前向きで行動力があるところ。 ですから、関係が上手くいっている時は、楽しくて一緒にいて心強く感じるでしょう。 また、失敗してもくよくよせず、立ち直りが早い点も似ています。 友達や職場の関係でも、失敗した場合はお互いを励まし合いながら、前向きに行動できます。 ともに社交的なので、一緒にいると友達も多く賑やかになるでしょう。 好奇心が旺盛で、チャレンジ精神を持っているので、二人でいると飽きないはず。 恋人や結婚相手としても、マンネリ化しにくい関係です。 二人とも、考えるよりまず行動するタイプなので、知り合ってから交際がスタートするまでは早いでしょう。 続いて、相性の合わない点です。 射手座は社交的ですが、自分が主体と考えるところがあり、協調性に欠けます。 ですから、射手座の協力的でない態度が目立つようになると、双子座は不満を抱くでしょう。 また、双子座はおしゃべりで会話を楽しみたいタイプ。 しかし、射手座は話を聞くのがあまり好きではないため、話が一方通行になる点が双子座をがっかりさせます。 双子座は話すことが大好きな分、余計な一言で射手座を怒らせてしまうことがあるようです。 射手座も怒ると感情的になり、自分からはなかな謝ろうとしません。 それと、恋愛と結婚では、射手座が熱しやすく冷めやすいところがあります。 ですので、気が合わないと思ったら、あっさりと別れを告げるかもしれません。 双子座は本音を隠そうとしますが、射手座はあいまいな返答が好きではありません。 射手座には、できるだけ分かりやすくストレートな表現を心がけると良いでしょう。 双子座と射手座が良い関係を続けるためには、このような性格の違いをお互いに理解して付き合うことが大切になります。 乙女座は、常識や道徳を大事にし、自分にも他人にも厳しい性格です。 一方で、双子座はまずは行動ありきの人で、あまり深く考えずに初めてしまい、非常識と思えることをして失敗する場合もあります。 そういう面で、乙女座は双子座を警戒してしまうところがあるでしょう。 しかし、乙女座も常識を押し付けてしまうと、双子座は反感を持って話を聞かなくなります。 反対に、乙女座は几帳面で神経質なところがあるので、双子座は一緒にいて疲れてしまうことがあります。 ただ、双子座のコミュニケーション能力の高さには、乙女座も一目置くでしょう。 また、乙女座がきっちりと計画を立ててコツコツ努力する姿に、双子座は好感を持つようです。 仕事のパートナーとしては、タイプが異なる二人なので、意見が衝突することあります。 しかし、お互いの魅力を認めている部分もあるので、程よい距離感を保てば上手くいくはずですよ。 双子座と乙女座の恋愛と結婚も、 あまり良い相性とは言えません。 奥手な乙女座に、双子座がアプローチして交際がスタートすることが多いようです。 乙女座は、恋愛において相手に誠実さと信頼を第一に考えます。 双子座は口が上手くて軽い印象を持ってしまい、乙女座はあまり信用できないでしょう。 乙女座は完璧主義なところがあり、それを相手にも求めてしまいます。 双子座は、乙女座が相手に求める条件のハードルが高すぎて、ウンザリしてしまいます。 一方、双子座は恋愛は楽しむものと思っているので、乙女座の真面目さは窮屈に感じるでしょう。 自由でいたい双子座にとって、徐々にストレスが溜まってしまいます。 ただ、お互い違う性質を持っているので、刺激的な関係とも言えます。 魚座は、周りの空気を読みながら、調和を保とうと努力するタイプ。 自分の考えを抑えてでも、場の空気を優先します。 ですから、双子座からすれば、何を考えているか分かりにくい相手になります。 同じように、双子座も本音をあまり話さないので、二人の心の距離はなかなか縮まりません。 そして、人間関係においては、二人ともナイーブな点があります。 ですので、本音を話して相手に嫌われることを怖がってしまうようです。 友達としても、表面的な付き合いに終始してしまい、仲良くなることは難しいでしょう。 職場では、表面的には合わせることができますが、信頼がおけるパートナーとはなりにくいようです。 双子座と魚座は、恋人や結婚相手としても、 上手く行きにくい関係と言えます。 双子座が声をかけて、交際がスタートすることが多いでしょう。 魚座は相手に尽くす恋をして、徐々に相手色に染まっていきます。 しかし、楽しい恋愛をしたい双子座は、それを重く感じてしまいます。 魚座は相手に気に入られようと、あれこれと世話を焼こうとしまうが、それが双子座には逆効果になってしまうのですね。 しかし、魚座は双子座が喜んでくれるはずと思って尽くしているので、なぜダメなのか分かりません。 双子座は自由に振る舞いますので、魚座を振り回してしまいます。 そして、魚座が精神的に参ってしまうというパターンが多いでしょう。 二人の関係を良くするためには、双子座は魚座の気持ちを受け入れてあげる心の余裕を持つことです。 魚座は、双子座を束縛したりせずに、自由にさせてあげることをおすすめします。 以上が、双子座と他の星座の相性ランキング4位~9位の内容でした。 双子座の性格や恋愛の傾向などは、相手の星座との相性に密接に関係していることは分かりましたね。 例えば、明るくて社交的な性格の双子座は、同じように社交性がある星座と気が合いました。 また、双子座は表面的には誰とでも仲良く接することはできますが、実は本音を話すのが苦手です。 ですから、同じように感情を表さない性格の星座とは、距離が縮まらず仲良くなるのが難しいようです。 このように、相性というのは、それぞれの星座の性格、価値観、恋愛観、結婚観と関係があります。 これらを理解するだけでも、人間関係をスムーズに築けるでしょう。

次の